白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2017年5月も継続中!おトクなふるさと納税でもらえる商品券系返礼品

4月にふるさと納税の返礼品に関する総務省の指導が発動し、納税(自治体への寄付)で貰える商品の価値が大きく下がることが懸念されるなか、ゴールデンウィーク中に実家に帰省した機会に家族分のふるさと納税を代わりにやっておこうと考えている人も多いかもしれません。

この5月から「上限を3割以下にせよ」という指示に従って実際に悪化してしまったふるさと納税関連のサービスもあるのですが、まだGW期間中であればおトクな商品券系返礼品が残っていますので、まだふるさと納税をやっていない家族分の申請や、家族・親族にプレゼント代わりに返礼品を選ぶ場合は連休中に選んで納付を済ませておきましょう。
上記の日記において4月16日時点の還元率の高い商品券を用意している自治体を9つ紹介しました。このうち、2017年5月3日時点でも取り扱いが続いているものと現在の人気ランキングをチェックしてみました。

・静岡県小山町のサーティ・ワンアイスクリームの商品券  ランキング2位→ 1位 (還元率4割)
・長野県小谷村のモンベルポイントバウチャー ランキング3位→2位(還元率5割)
・群馬県中之条町の感謝券+特産品 ランキング4位→3位(還元率5割+α)
・長野県小谷村のコールマンオンラインポイント ランキング1位→4位(還元率5割)
・長野県小谷村のネスレプレミアムクーポン ランキング6位→5位(還元率5割)
・岐阜県関市の世界の山ちゃん お食事券 (前回12位以下)ランキング6位(還元率4割5分)
・群馬県草津町の「くさつ温泉感謝券」 ランキング8位→7位(還元率5割)
・静岡県南伊豆市のふるさと寄附感謝券 ランキング9位→8位(還元率5割)
・大阪府泉佐野市 ピーチギフトセット ランキング11位→9位(還元率5割+α)
・群馬県みなかみ町の「みなかみハピネスチケット」 ランキング10位→10位 (還元率5割)

*「ふるなび 返礼品カテゴリー別ランキング」から、同じ返礼品で価格だけ違うものはランキングから除外して順位を表記しています(ふるなびサイト内では金額が違うものは別々で順位付けされています)。

上位10位まで、4月中旬から還元率は変更されていませんでした。順位は若干入れ替わっていますが定番のサーティワンアイス・アウトドア商品がある小谷村は人気が高いですね~

すべての自治体で寄付額に対して額面で3割を超えていますので、今後条件が悪化してしまう可能性が高いジャンルです。欲しいものは今のうちに貰っておきましょう。

商品券以外だと、東日本大震災で大きな被害があった福島県南相馬市に寄付することで各種ファッションブランド品が貰える「noma-style.com」というサイトがあり、ここではそれほど数は多くありませんがメンズ・レディースの衣類やファッション小物が貰えます。

赤ちゃん用のおんぶ・抱っこひもアイテムが有名な「エルゴベビー」のベビーキャリアもあります。寄付額6万円で貰え、公式価格が24,840円なので、お得度もまずまず(種類によって寄付額は異なります)。

自分用に欲しいものが特にない場合には、ふるさと納税を使ってプレゼント用に何かを貰うのもアリでしょう。ただし申請から返礼品の到着まで1~2ヶ月掛かるので、タイミングを間違えないように(すぐに必要なもの・欲しがっているものには向きません)。

ふるさと納税のサイトでは登録者=納税者となるため、1つのアカウントでは自分自身の寄付以外は出来ませんので、家族分の納税を行う場合はそれぞれでIDを作る必要があります。ウェブサイトからの手続きではクレジットカードの名義さえ一致していれば家族が代理で入力すること自体は問題ありません。

☆「ふるなび ふるさと納税利用の流れ

一方で返礼品の送り先は納税者の住所と異なっていてもOKなので(通常は納税者の登録住所と配送先は別途登録出来ます)、家族の元へ直接返礼品を送ることが可能な自治体もあります(納税サイトによっては返礼品の送り先=納税証明書(受領証明書)の送り先住所になる場合もあるので気をつけて下さい。例えば楽天のふるさと納税がその仕様になっていたはずです)。

今後各自治体の返礼品は順次「上限3割」に合わせて調整を予定しているところもあり、いつ条件が悪化するかわかりません。欲しいものが特に思い当たらずまだ今年度分のふるさと納税が終わっていない人は、時間のある連休中に家族とサイトを見ながら相談してみると良いでしょう。


by ke-onblog | 2017-05-04 01:36 | ふるさと納税 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。