白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

おサイフケータイ&防水SIMフリースマホ SH-M04がヤマダで21800円(回線契約任意)

同じような特徴を持った機種としては富士通のarrows M03もあるのですけれど、こちらもけっこう安いです。

ヤマダ電機のウェブ公式サイト「ヤマダウェブコム」にて毎週末開催されているタイムセールにて、シャープのSIMフリースマホ機種 SH-M04がヤマダのMVNO「ヤマダニューモバイルSIMカード」とセットになって、税別21800円で売られています。

☆「ヤマダウェブコム タイムセール会場

SH-M04の一般量販店での販売価格は29,800円です(価格.comの最安値でも多くのショップが同額一位)。ヤマダのタイムセール品で税込み23,544円ほどなので超破格というレベルではないものの、防水対応・おサイフケータイに対応した機種なので使い勝手は良いです。

UQモバイルで販売されている AQUOS L(SHV37)と同等スペックのはずですから、私もトライアルで2週間実際に使ってみたところでは通常利用向けであれば十分なスペックという感じでした。CPUはスナドラ430で、Antutu Benchmarkだと42000点です。

SH-M04は5.0インチのIGZOディスプレイを採用しています。大きすぎず小さすぎず、程よいサイズ感。本体のエッジ部分も丸くカーブしたデザインなので持ち安いです。本体の重量は138グラムとなっており、ちょうど4.7インチのiPhone7と同じですね。

バッテリーの持ちもよく、電池容量2700mAhで実利用可能時間は公称で約115時間とされています。

メインカメラは13メガピクセル、サブカメラは5メガです。特別にすごい機能があるわけではないですけれど、多彩なオート撮影モード・マニュアルモードもあり、結構遊べますよ。

SH-M04もVoLTEには対応していますが、これはドコモ向けのみですかね?au回線の3G通信・通話はできないはずです。
対応バンド4G:Band1(2.0GHz)/Band3(1.7GHz)/Band19(800MHz)/Band26(800MHz)
対応バンド3G:Band1(2.0GHz)/Band6(800MHz)/Band19(800MHz)
ちなみにUQのAQUOS LはSIMフリーで、ドコモ系MVNOやワイモバのSIMをSIMを挿しても使えました。

ヤマダのタイムセール品はSIMカードはセットで付いてきますが契約が必須ではないので、単品でこの値段はかなり安いと思います。楽天モバイルでは音声回線セットで18800円・6ヶ月縛り付きのデータSIMでも21,800円(契約事務手数料別途)です。

また、スマホではないところではレノボのモバイルPCもけっこう安いです。

☆「ヤマダウェブコム YOGA BOOK ZA150019JP 32GB microSDカードセット」/税込み 42,800円

一般市場価格がパソコン単品で5万円前後、価格.comの最安値が46,000円ほどのはずです。私はこの春にモバイルPCとしてMatebookを買いましたが、このYOGAブックも候補の一つとしてショップに見に行きましたよ~
d0262326_18300454.jpg
この機種はキーボードがかなり特殊な、タッチ式になっているのですよね。私は「パソコン」として鍵打感が欲しかったので早々に候補からはずしましたが、10インチサイズで約690グラムという軽量さ・バッテリー駆動時間13時間というのは魅力です。

CPUは Atom x5-Z8550、 RAM 4GB, ストレージは64GBです。

付属のエレコム class10 micro SD 32GBは1500円~2000円くらいの価値がありますし、5万円はちょっと高いな~と当時思ったものですが、4万円台前半ならこういうのもありかも。

最近ヤマダウェブコムのタイムセールのチェックを怠っていたのですが、何度も同じ製品がタイムセールに再登場することもありますし、入れ替わることもあってたまにチェックすると面白いものが見つかるかもしれません。

ちなみに過去に登場したタイムセール品としては、

・ニンテンドースイッチ
・Moto G4 Plus
・arrows M03
・フリーテル REI

などがありました。タイムセール時間はほぼ「毎週土日の18時から6時間」とされているようですが、連休・祝日などで時間が変わることもあるかもしれません。入荷台数が表示されないので何がどのくらい在庫があるのか不明ながら、人気のあるセール品はそれこそ瞬殺レベルで売り切れます。

タイムセール以外だとアウトレット品コーナー、ウェブ購入→最寄りの店舗受け取りサービスでポイントが貰えるキャンペーン(おみせde受取り)などもありますので、場合によっては店鋪で買うよりも安く買える製品もあるでしょう。

ヤマダウェブコムの利用には会員登録が必要(商品を配送する必要がありますからね)です。ヤマダウェブコムのアカウントは「ヤマダモール」でも共通で使えるようですね。

ヤマダの店頭で作れるカード会員登録とは別途ウェブコムでの登録が必要です(ケイタイde安心とも別です)。タイムセールに気づいてから初めて登録していては間に合わないかもなので、とりあえずアカウントだけは作っておきましょう。

店頭やケータイサイト会員で貯めたポイントを使うためには共通化作業が必要ですので、それぞれの登録につかったメールアドレスが同一であれば統合が可能らしいのでやっておきましょう。

☆「ヤマダウェブコム ポイントの共通化について


by ke-onblog | 2017-05-07 18:38 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。