白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

特価BLでも買えるdocomo with対応Galaxy Feel SC-04Jが15日に発売

割引施策不可契約者の救世主、docomo with対応スマホの第二弾 Galaxy Feel SC-04Jの発売日が6月15日に確定しました。

先に発売されたarrows Be F-05Jもタフな初心者向けスマホが欲しい人には悪くなかったですが、もう少し高スペック・多機能な端末が欲しい人はGalaxy Feelです。
d0262326_16512849.jpg
Galaxy Feelは4.7インチサイズとなっており、2017年夏モデルでは最小のディスプレイ。
d0262326_08113984.png
Galaxy Feelのライバルとなるサイズ感のAndroidスマホだとarrows Be F-05J, MONO MO-01J, Xperia X Compact SO-02Jなどがあります(スペック比較は「 ドコモ夏モデル Galaxy Feel SC-04J 2年以上使えば実質0円以下 docomo with対応」のページに書きました)。

SC-04Jの販売価格は 36,288円。docomo withによる割引は月額1,500円(税込なら1620円)になりますので、月サポ機種と同じように2年間使う前提なら実質マイナス2,592円ということになります。

☆「docomo Galaxy Feel SC-04J 詳細ページ

販売価格以外のキャンペーン・運用はarrows Be F-05Jと全く同じだと考えていいでしょう。シンプルプラン+docomo withでシェアグループに追加するのであれば最安3円維持が可能になります。
arrows Beは販売価格28,512円に対し、現在オークション等では18,000円~19,000円ほどまで白ロム価格は落ちてきてしまっています。機種の性能を思えばもう少し高い水準で止まるかな?と予想していたところですが、流通数が多すぎたようで(苦笑)

arrows BeはSnapdragon 410/ RAM 2GB/ ROM 16GBという構成であり、サブスマホ・初心者向けなスペックとなっています。1~2年前の格安スマホでもこのくらいのスペックのモデルがいくらでもあるため、今更このレベルのスマホ白ロムを欲するユーザー層は少なかったのかもしれません。

一方、販売価格はF-05Jより8千円高いものの、SC-04JはExynos 7870(Antutu benchmarkなら4.5万点くらい。ベースとなっているGalaxy A3(2017)がRAM 2GBでそのくらいです)、RAM 3GB/ ROM 32GBとなっており、実用上の使い勝手は格段に上でしょう。

この機種の実利用可能時間は170時間となっていますね。まだ細かく調べていないのですが、たぶんドコモのスマホで最長ではないでしょうか? 私は最近Xperia X Compactをメインスマホとして使っているのですが、SO-02Jの利用可能時間は95時間とされているので、およそ2倍。

防水防塵対応・おサイフケータイ対応・指紋認証・3000mAh・ワンセグ対応・ハイレゾ対応で4.7インチというほどほどにコンパクトなモデル、というと他のSIMフリースマホではなかなか無いスペックのポジションに滑り込めそうです。

「防水防塵・おサイフケータイ・ワンセグ」という特長を無視すれば3万円前後でもっと高スペックなSIMフリースマホはいくらでもあるものの、まず「おサイフケータイ」に対応している時点でSIMフリースマホの数はAQUOS, arrows,あとは最近発表された「NuAns NEO [Reloaded]」など限られたモデルしかありません。


国産スマホに拘る人にはarrowsが良いと思いますが、実用面ではGalaxy Feelはかなり良い線をいっているように感じました。特価BLの人でも買えるということで自分用にドコモで契約したい人もいるでしょうし、白ロムとしてもそこそこ需要があるのではないかと。

オンライン経由で機種変更する場合は今日12日までの予約分が「ドコモ 対象機種購入で最大5万dポイントプレゼントキャンペーン」の事前予約による当選確率2倍対象になりますので、購入を決めているのなら今日中に予約しておきましょう。docomo with機種購入による77,777dポイントの抽選キャンペーンも7月31日までの購入で対象(自動エントリー)となります。

事前購入手続きは明日6月13日10時から始まりますので、発売日に手に入れたい人はすぐに手続きが出来るように明日の入荷連絡をチェックしましょう。

また、Xperia XZ Premium SO-04Jも6月16日(金曜)から発売開始となりますので、月サポが付けられる人はそちらも注目です。


by ke-onblog | 2017-06-12 17:41 | スマホニュース | Comments(8)
Commented by ななし at 2017-06-12 23:23 x
茸内の対抗馬だとMO-01JですかねRAMとROMと諸機能違いますが
他社だとP9プレミアムとか?実運用時間に差がありますが
simロック解除済みの白ロムが25kくらいならちょっと気になりますね
親に渡してたHTC626が不調みたいなんでMO-01Jを考えてたんですが待ってみます
Commented at 2017-06-13 07:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2017-06-13 08:05
> ななしさん

そうですね~、MO-01Jが処理能力的には近いようです。MO-01Jは安いのですがワンセグ・指紋認証・おサイフケータイ機能が削られているので、多機能さを欲するなら断然SC-04Jの方が良いでしょうね~。ほどなくして2万円台には値下がりそうなので、もう少しだけ親御さんにはDesire 626で耐えてもらいましょう(笑)
Commented by ke-onblog at 2017-06-13 08:09
> キリヒトハさん

そう考えると防水やおサイフケータイといったガラパゴス機能を重視しない人にとって、nova liteはやっぱり異常なコスパの高さですね(笑)

うわ、発売時期間違ってますね! アレは表の複製機能で一度作ったものをそのまま流用しながら書き換えることが多いので、よくミスります(´∀`;) すぐに直しておきます、ありがとうございました!
Commented by ハイレグデビューしたい at 2017-06-13 15:11 x
間違えましたwハイレゾデビューしたいのですが、どうせならBluetoothとノイズキャンセルに対応したヘッドセットに対応した機種の方が良いのですがこの機種では無理そうなのでSO-01JかSO-02Jあたりがお手頃でしょうか?ハイレゾだけで妥協するならsol26とか安く手に入りそうですがタッチ切れの無償修理に失敗して萎えておりますw

MNPで月サポ適用できる名義が二人利用出来れば某機種を上手く千恵を絞って購入出来れば定価で買っても色んな意味で実質的に非常にローコストで契約出来て、30GBで2000円台とかが可能で羨ましい限りですので1500円引きなんてショボく思えてしまいますよねw
Commented by ke-onblog at 2017-06-13 19:48
> ハイレグデビューしたいさん

ソニーのイヤホンと合わせるのならやっぱりXperiaシリーズが良いかもしれませんね。au回線でもよければSOV34はかなりお買い得な感じがします。
Commented by ななし at 2017-06-13 23:17 x
Desire 626いつ買ったのかなって見てみたら15年末で2万くらいみたいでした
スナドラ410RAM2ROM16でも1年半前なら2万オーバーでもコスパがいい言われたんですよね
あの頃だとSIMフリーでnanoシムそのまま使えるのがそもそも多くなかったこと考えると今は進んでますなぁ
Commented by ke-onblog at 2017-06-14 12:04
> ななしさん

昨今のスマホは進歩が減ったようにも見えますが、特に競争が激しい2~3万円前後の格安スマホは1~2年も経てば性能面・コスト面での飛躍は大きいですよね。ちょうどスマホの買い替えスパンもそれくらいでしょうし、いい時代になったものですね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。