白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

機種変値下げのドコモGalaxy S7 edge SC-02HとS8+のお得度・白ロム価格を比較

6月15日にiPhone6s/6s Plusが新規・機種変更でも端末購入サポートが使えるようになった陰で、型落ちしたGalaxy S7 edge SC-02Hの月サポも増額されました。

GalaxyシリーズではS8/S8+がものすごい人気になっていますので新しいもの好きの人は迷わず新型に行くと思われますが、端末にはあまり興味のない人はどちらを選ぶべきなのかな?という点を考察してみたいと思います。

SC-02Hの新価格では、機種変更でも月サポ3,000円超えというなかなかインパクトのある額になっています。
d0262326_11432113.png
一方のGalaxy S8シリーズの機種変更価格はドコモスマホの中でもトップクラスの高額になっており、値下げされたS7 edgeとの対比を見ると、とても買いやすく見えます。その影響か、ドコモのオンライン在庫はすぐに完売しました(まだ予約購入は可能)。

☆「docomo Galaxy S7 edge SC-02H

MNPで買う場合にはSC-02Hが一括15552円、S8/S8+も実質15,552円となっていますので迷わず新型に行くところだと思いますが、機種変更での3万・4万円という価格差は大きいですね。

ただ、月サポだけを目当てに機種変更をしたいというのなら、SC-02Hがとても有利かというとそんなことも無いようです。

Galaxy S7 edge SC-02Hの白ロム価格相場は去る3月の年度末に、機種変更向けにも端末購入サポートに入れられていた関係で相場が大きく下がりました。

au版のS7 edge SCV33に比べればまだ高い相場ではあるものの、2017年6月時点でもまだあまり価格は戻ることなく新品未使用品のSC-02Hはオークションで50-55kくらい出せば買えそうです。

機種変更の実質価格が2万円であることを考えれば、家族まとめて割や旧モデルからの買い替えで下取りを活用等のキャンペーンを駆使・dポイント消費目的と考えればそれなりと言ったところでしょうか。

SC-02Hの白ロム価格相場は2017年3月~6月まで取引ごとに幅はあるものの、落札平均では5万円台前半くらいで安定しています。今回機種変更で1万円値下げされたこと・需要が新型のS8/S8+に移ったことで今後若干の相場下落が起こる可能性があります。

まだドコモではS7 edgeの取り寄せ購入も受付けていることから。すぐに在庫が無くなって希少価値がで出る・後発機種にトラブルがあって白ロム需要が増えるということも無さそうなので、中短期でSC-02Hの白ロムが値上がるということは無いでしょう。


Galaxy S8+ SC-03Jの場合は機種変更で実質64,800円という高額な負担はあるものの、端末価格は10万円を超えています。ヤフオクでの落札額には多少ばらつきはありますが、思った以上に粘りますね~

SIMロック解除済みかつ制限○であれば、今でも12万超えの落札も見られます。そこまで出せばRAM 6GBモデルのグローバル版も買えちゃうレベルなのですが(笑)ここまでの一時的なものだと予想していましたが、やっぱり需要が高いようです。

☆「ドコモオンライン Galaxy S8+ SC-03Jを見る

細かい割引を無視して比べても、「S8+白ロム11-12万円-実質負担6.5万円」という差ならSC-02HよりもSC-03Jのほうが・・・ということですね。ただし、S8+は発売日の6月8日直後はやや品薄気味でしたがもう普通に上記の公式オンラインショップでもすぐに買えるようになりましたので、今後は多少相場が落ち着いてくるものと予想しています。

また、2年完走前提の「端末売却額-実質負担額」の差が3万円程度なら、docomo withで1620円×24回の割引(38,880円)を受けてもあまり変わらないとも言えます。特に今はGalaxy Feelが人気も高いようですし。

また、Galaxyに拘らないのであれば16日に発売されたばかりのXperia XZ Premium SO-04Jも白ロム価格はプレミアム化しています。まだサンプル数が少なすぎるので「価格相場」という程ではないものの、実質価格4.5万円に対して10万円超えの落札があったようですね~

機種変更で月サポが切れた回線をどう運用しようか迷っている人は、純解約をせずに通常利用する回線ならdocomo withだけなく、新機種の人気端末をスピード勝負で狙いに行くというのも良いかもしれません。

特価BLで割引を適用して回線を増やすことが出来ないというのならdocomo withで月額280円回線を作る事もできますし、回線整理・サブ回線の調整を行うのなら新機種登場・価格変更直後の白ロム価格が下がる前に動いたほうが良さそうですね。


by ke-onblog | 2017-06-18 12:48 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。