白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Gearbest Xiaomi旧モデル Mi5s RAM3GBモデルが244ドルまで値下り 約2.8万円

このところ急速な勢いで最新モデル Xiaomi Mi6も値下りを続けている最中ですが、もう少しお手軽に買える機種が欲しい人は型落ちしたMi5sもちょっと安くなっています。
d0262326_06071194.jpg
Mi5sは2016年秋に発売された5.15インチのスタンダードサイズなスマホです。メモリは3GB/4GBとあるのですが、今回ギアベストでフラッシュセールで値下がりしているのはエントリーモデルのRAM 3GB/ROM 64GBの組み合わせです。

☆「Gearbest Flash Sale Xiaomi Mi5s Gold」/ クーポンコード 【Mi5HG4G

昨年私が輸入した時には全く同じモデルが3.6万円ほどしたのですけれど、上記のクーポン適用で243.99ドル・日本円決済なら27,492円で輸入可能(通常送料無料、優先配送でも+460円)です。適用回数は200。

d0262326_07094373.jpg
International ver.とは書かれていないのでどのROMが焼かれているかは不明ですが、たぶんショップのカスタムROMが入っているのかな?Mi5sにはGoogle Playが使える公式グローバルROMもありますので、必要に応じて書き換えて使うのが良いかと思います(→Xiaomi Mi5sにGlobal ROM(MIUI 8.0.3.0)を導入してみた 日本語フォントに対応)。

Mi5sはさらに旧モデルのMi5から半年程度でモデルチェンジがされたため、インパクト的にタイミング的にも中途半端なモデルであった印象しか残っていませんけれど、Snapdragon 821搭載・バッテリー容量やカメラはMi5よりアップグレードされており、指紋認証も物理ボタンからタッチ式に変わっています。

スナドラ821は国内だとASUSのZenFone 3 Deluxe(最上位モデル)やZenFone ARといった限られたモデルにしか搭載されていないですけれど、Mi5sもAntutuベンチマークなら15万点くらいでます(ただし、連続で使いまくると発熱も結構します)。

購入当時のレビューはいくつか書いていますので、どんな端末なのか把握していない人は参考にどうぞ。


日本語化もしてます。

端末としては悪くないと思うのですけれど、発売からずっとMi5の割安感のほうが目立ち、あえてMi5sを買うメリットがやや小さめでしたね(笑)

でも、いまMi5を輸入しても3GB/32GBモデルでも220ドル前後ですので、ストレージが64GBにアップして+25ドル程度ならアリではないでしょうか。

Xiaomiのスマホに限らず、格安の中華スマホもある程度まで相場が値下がるとそれ以上安くなることは難しく、Mi5sの場合はすでに2017年1月時点で270ドルくらいまで下がっていました。

ここから半年掛かってようやく2-3千円ほど安くなったということになります。それでも他の中華通販サイトでは260ドル前後が現在の相場なので、GearbestのこのセールはAliexpressなどを含めても最安値級のはずです。

中国の公式サイトでの販売表示価格は1999元、およそ3.3万円。もはや輸入価格の方が安いレベルに(もちろん現地の一般店舗等ではセールや値引きがあるのでしょうけれど)。

国内での売買相場はオークションだと3万円台前半、アマゾンでは4万円ほどで売られているようです。28000円で輸入して3万円ちょいで売っていては薄利過ぎですが、、、アマゾンの価格でも売れるならまずまず?でしょうか。

Mi6が今380ドルくらいまで値下がっています。Mi6に比べて5sが有利な点というと価格以外では本体の軽量さ(Mi5sは145グラムであるのに対し、Mi6は168グラム・182グラム(セラミックス版))くらいですけれど、お手頃感のある中華スマホが欲しい人には悪くないと思います。

関連記事:海外スマホをGearbest(ギアベスト)で安全に購入する方法・個人輸入手順

Mi5s用手帳ケースのレビューもモバイルびよりの方で書いていますので興味のある方はどうぞ。

by ke-onblog | 2017-07-01 09:45 | 端末輸入 | Comments(9)
Commented by ブラックサンダル at 2017-07-01 12:27 x
正直、これ買うなら。LE PRO3買った方がマシ、バッテリー持ちだし、ほぼ完備機だし。カスタムrom多いだし。(会社が潰れるがは別の話し、、、苦笑い)
Commented by ke-onblog at 2017-07-01 12:45
> ブラックサンダルさん

Le ecoは5.5インチなのでライバルは別ですね~。
Commented by ブラックサンダル at 2017-07-01 13:15 x
ごめん、cpu rawスペックでしか物見てなかった、、、確かに大きさでスマートフォン選ぶ人居ますね
Commented by ななし at 2017-07-01 23:22 x
中華はマイナーチェンジ版のが微妙なこと多いですよね
多分旧モデルが恐ろしく値下げされてお得感が強くなるからだと思いますが
Mi5sもMi5が200ドルくらいですし差額分考えるとウーンってなっちゃいます

あ、LeecoのX520買ってみました今回は海外通販なので時間かかりますが着いたらご報告しますね!
Commented by ke-onblog at 2017-07-02 07:07
> ななしさん

少しずつMi5と5sの差も小さくなっているのですが、日常利用(もちろん海外での利用を想定、という体)でならスナドラ820も821も変わらないですからね(´∀`;) 

X520は1万円半ばで買える機種としては最安値レベルでスナドラ652搭載というコスパは良いですね~。
Commented by アラン at 2017-07-03 21:53 x
こちらのサイトに触発されて、どうしても個人輸入してみたくて5sを購入しました。
4月にgeekbuyingで30302円でした。
本当は5が欲しかったのですが、素直に(海外で)使うつもりだったので、対応周波数で5sにしました。
geekbuyingでOfficial global ROM版を購入しましたが、送られてきたのはショップROMだったのと、そこからブートローダーをアンロックしなくても、Updaterアプリで公式MIUIが焼けたことをお知らせしておきます。
Commented by ke-onblog at 2017-07-04 06:51
> アランさん

GeekbuyingもXiaomiスマホは安いことが多いですよね!

Officialと書かれているのにカスタムROMというのはちょっとアレですが、出荷前にすでブートローダーがアンロックして書き直してショップROMにしている場合はすぐに公式ROMに書き換えられると考えれば結果オーライですかね(´∀`;)  海外モデルはどのみち1度は自分でROMを入れてから使ったほうが安心できますし(笑)
Commented by ブラックサンダル at 2017-07-04 07:34 x
しかし、メモリが3GBのはネックだよな、、、最低4Gb欲しい所だね
Commented by ke-onblog at 2017-07-04 19:36
> ブラックサンダルさん

そうですかね?私はスマホなんて3GBあれば十分に感じますが、 Mi5sの場合は4GB/32GBモデルもありますが、逆に割高なので購入候補にはなり得ないですね(苦笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。