白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

楽天セールで投げ売りされたhonor8 ヤフオク取引価格状況を分析

楽天スーパーセール、そして楽天モバイル店における半額販売が続くHuaweiのハイスペックスマホ honor8のセール後の価格状況を分析してみました。

私もセール最終日前に市場店にてhonor8のデータSIMセットを24,994円にて購入し、、、ケースとフィルムを買って装着しただけで満足して放置しています(笑)
d0262326_00412975.jpg
今回の楽天セールでは、タイムセール・数量限定セール・そして楽天モバイルの公式サイトにて、少なくとも数千台単位の在庫がばら撒かれました。

honor8の発売当時(2016年秋)の価格は42,800円(税込み 46,224円)であり、楽天でのセット契約をすると1万円引きくらいまでのセールならば5月以前にもやっていました。それが今回は楽天モバイルの初期事務手数料込みで2~2.5万円へ一気に値下げされました。

この「三木谷割」とも呼ばれる投げ売りによりこれまでにもたくさんのSIMフリースマホの価格が崩壊してきたわけですが(笑)、今回は特に台数が多かったため、どのように価格推移をするのか気になっていました。

すでに最初の楽天スーパーセール開始日であった6月17日から2週間以上が過ぎましたので、ざっとヤフオクの落札データを使って価格推移を追跡してみましたので、今もホールドしている人・将来の楽天セール参戦時の参考にしてみてください。

*今回集計したのはヤフオクで新品として出品されているものに限定し、価格が外れている(落札相場の半額以下)ものは除外、送料設定は無視していますので悪しからず。

では、まずは5月末頃から7月1日までの落札分布です。
d0262326_05173576.png
6月22日あたりから急激に取引数が増えていることがひと目で判りますね~。

今回のサンプルは59件分です。22日以降の取引数が50件。

まだセールが始まる前の5月末~6月前半では最高42000円~35000円前後で取引されています。セール情報が公開された後の取引である6月18日・19日ではすでに3.3万円ほどに下がり、その後も落札額は下落傾向です。

d0262326_05173834.png
こちらは22日分から3日間毎の落札額を4期分にわけ、平均化したもの(第4期間・7月分は1日・2日の2日分)。17日時点で即購入した人たちが入手・即出品出来たタイミングが22-24日くらいになっているのでしょう。

第2期から第3期で一気に1割近く取引額が落ちました。この頃になると楽天市場店だけのセール分ではなく、楽天モバイルのサービスサイトで購入した分も入ってくるのかもですね。

今回、音声SIMのセットは17日販売分が24,732円→22日販売分が19,955円に値下げされたわけですが、入手日が3日ずれるだけで落札相場は2千円以上下げていますので、初回セール分で買ってしまった人が単純に5千円損だったというわけではなかったかもしれません。

第3期から第4期にかけてもまだ最低落札額26,000円~32,000円くらいまで幅がありますが、7月に入ってからは価格の下落に歯止めが掛かっているように見られます。

サンプリングした取引端末の色分布は以下の通り。
d0262326_05173905.png
ピンクは「サクラピンク」なので「桃」より「桜」でしたが、スルーしてください(´∀`;)

やっぱりhonor8のイメージカラーでもあるサファイアブルーが圧倒的に多かったですね~。ブラックが人気第2位というのも妥当なところでしょう。ゴールドはやっぱり市場全体からちょっと飽きられているので敬遠した人が多かったようです。

ちなみに色ごとの落札平均額も出していますが、これはサンプル数が少ない&落札日の影響の方が大きいでしょうから有意性のあるデータではなさそうなのでグラフにはしていません。

でもせっかく計算したので数値だけ出しておきましょう(6月22日以降の落札分を集計)。

・青 平均 29,987円
・黒 平均 31,260円
・桃 平均 30,642円
・白 平均 29,574円
・金 平均 29,995円

同じ日・同じ色でも2~3千円くらい落札額に幅が出ることは普通にあるため、誤差範囲と言ってしまえばそれまでですが・・・若干ブラックが高めに見えますね。

ちなみにこのようなヤフオクデータ抽出は「オークファン」を使うと簡単に出来ます。無料の一般会員でも出来ますので、ヤフオク相場を知りたい人はやってみましょう。

今回の記事で使っているような細かい条件分岐での落札データダウンロードはプレミアムコース(月額980円)に、落札データダウンロードオプション(月額515円)を付ければ出来ます。ビジネスで使うのならこれくらいは必要経費ですので、ヤフオクでの売買ビジネス、あるいはオークションを使ったマーケティング・アドバイザーを名乗るのなら使いこなせると説得力のあるデータを顧客に見せつけることが出来て便利です。

☆「オークファン 落札データダウンロードサービス

今後も楽天モバイルではオトクなセールが出る可能性はありますが、リリースまでの時間をいかに早く動けるかが勝負になるということが分析データからも一目瞭然、というお話でした。

現在honor8は楽天モバイルで21,400円にてデータSIM・音声SIMともに販売中です。「楽天モバイルエントリーパッケージ」を使って購入したとしてデータSIMでの最低維持コストを見積もるとおよそ2.8万円になります。

購入者側から見ると契約・解約の手間をオークションを使うことで省略出来るというメリットはありますので、今の3万円前後という価格は売る側にも買う側にもバランスの取れた相場のようですね~。セールは今も続いていますし、グラフを見る限りまだ下がりきっているという段階ではないため、もう少しこれから値下がる余地もあります。今も何十台もオークションに出品されていますので(笑)

honor8はダブルレンズによって一眼レフのようなぼかしを楽しめる機種。
d0262326_06230763.jpg
こんなのも簡単に撮れます。

honor8が3万円で買えるのなら十分お買い得だと思いますので、回線契約をするのが面倒な人はオークションやフリマサイト、回線も使いたい人は楽天モバイルで買ってみるのも良いかと思います。

☆「楽天モバイル 」(サファイアブルーは7月2日時点で売り切れ)


by ke-onblog | 2017-07-03 06:31 | 白ロム転売法 | Comments(4)
Commented by ブラックサンダル at 2017-07-03 13:52 x
物欲的に欲しいですが、買ったら内の人に怒られそう。MATE 9と被る、、、でも欲しいな、、、特別な使い方を編み出せば、、内の人を説得できるかしら〜白ロム様羨ましい。(文書書くの得意じゃないから、ブログ始まりますの口実は無理が、、)愚痴
Commented by ke-onblog at 2017-07-03 21:21
> ブラックサンダルさん

Mate9との2台持ちはサイズ以外のスペックが確かに被りすぎて、どちらか一台あれば十分かもですね^^; 楽天セールのおかげで1ヶ月足らずで1万円近く値下がったので、中古のMate9でも売れば新品のhonor8が買えちゃうかもですね(笑)
Commented by ななし at 2017-07-04 05:04 x
気がつくの遅かったんですがUQのP10なんかもかなり投げてたんですね
今だと初月分丸々と事務手数料分が余分ですけど回線が欲しい人はいいかな?
楽天に比べると告知とかに差があるのかオクや買取は露骨には下げてないみたいです狙い目かも!
Commented by ke-onblog at 2017-07-04 06:55
> ななしさん

セット購入の割引は端末購入サポートとおしゃべりプランが必須なことが多いので即解約や回線を使わないのなら勿体無いですが、UQならメイン回線を移しても快適に使えるので1回線はあってもいいですね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。