白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[悲報]ふるさと納税 山形県米沢市 ノートパソコンの返礼品を7月で受付終了へ

6月末まで実施されていたふるさと納税の食品祭は大変に盛り上がったのですが・・・またふるさと納税関連で残念なニュースが。

山形県米沢市にはパソコンの生産工場がある関連で、これまでNECやレノボの最新ノートパソコンをふるさと納税を行うことで貰うことが出来ました。還元率も比較的高く、高収入な方々には人気の自治体であったのですけれど、2017年4月より総務省から返礼品に関する規制通達が米沢市にもあったようですね(´Д`;) 本当に余計なことばかりしてくれます・・・

米沢市では2017年7月31日を以って現在取り扱っている返礼品からパソコンの受け付けをすべて終了、その他の返礼品についても9月末をめどに打ち切り、10月からは内容を見直した取扱品で再開するとの通知が出ています。

米沢市では平成27年度の実績で19億5800万円ものふるさと納税による税収があったとされていますが、パソコン類が無くなっても大丈夫なんですかね・・・。

米沢市のふるさと納税税収のランキングは11位で、約2万9千件の申請があったということです(総務省-ふるさと納税に関する現況調査結果による)。

返礼品を改めることで税収がどうなろうが各自治体の選択の結果ですから一個人としては何も言うことはありませんけれど、国産のパソコンで地域振興にもちゃんと繋がっていそうな返礼品すら規制されるのは残念なことですね~。

とりあえず今の返礼品は7月いっぱいは申請が出来ますので、NECやレノボの最新ノートパソコンをふるさと納税で実質2000円で手に入れたい人はラストチャンスを逃さないように申請を急ぎましょう。

7月3日時点でも最新モデルが返礼品にはラインナップされています。

☆「ふるなび 山形県米沢市のふるさと納税返礼品(パソコン・電化製品)

例えば、7月に追加されたモデルだと「 Lenovo ThinkPad X1 Carbon」という14インチのウルトラモバイルノートPCがあります。
d0262326_04545701.jpg
27万円(スタンダードパッケージ)と35万円(高性能パッケージ)の寄附で貰えるモデルがあり、上位のモデルだと、

・ディスプレイ:14.0型 FHD IPS液晶 (1920×1080)、光沢なし
・重さ:約 1.13kg
・バッテリー駆動時間:15時間
・CPU:Core i7-7500U
・RAM:16GB
・SSD:512GB
・オフィスなし

このような構成で、レノボの公式サイトでは定価29万円 → webクーポン利用で17.7万円で売られています。機種の細かいスペック・特長を見たい人は公式サイトでチェック出来ます(ふるさと納税返礼品と全く同じ仕様かどうかはわからないので、詳細が気になる人は自治体・レノボの担当にお問い合わせください→「山形県米沢市返礼品 Lenovo ThinkPad X1 Carbon詳細」)

☆「レノボジャパン公式 ThinkPad X1 Carbon

割引後の価格でも寄付額の半額近いので、たしかに「上限目安を3割にせよ」という指示がある現状では継続が厳しかったのかもですね。

10月以降、現状以上にオトクな返礼品が米沢市から出て来ることは期待薄です。パソコンを新調したいと思っている方はこの機会を逃すと次は無さそうなので、年収に合わせて最大限にオトクになる寄附額を確認し、申請を出しておきましょう。

☆「ふるなび ふるさと納税控除の収入別目安

レノボのハイエンドThink Padが貰える35万円の寄附をするには単身(または共働き)の場合で年収1500万円ほど、夫婦と子供二人の世帯だと1600万円ほどでしょうか。そこまでの年収が無くても貰えるお得な電化製品もありますので、まだふるさと納税で節約を行えていない人は早くやらないとどんどん状況は悪化していってしまうかもです・・・

米沢市以外にパソコンを扱っている自治体だと長野県の飯山市(iiyamaブランド・マウスコンピュータ)・安曇野市(VAIO)もありますが、そちらも時間の問題かもしれません(´Д`;)


by ke-onblog | 2017-07-04 06:00 | ふるさと納税 | Comments(1)
Commented at 2017-07-04 09:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。