白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2017年7月ドコモ下取りプログラム XperiaZ3の価値が下落 3社の割引比較

いつまでも優遇が続くとは思っていませんでしたが、こういうタイミングで値下がる事があるということは今後の参考のためにも覚えておくべき事例です。

携帯キャリアでは3社ともにこれまでに使っていた携帯・スマホの下取りによって割引・ポイント還元による比較的大きな実質値引きを受けることが可能です。ショップの販売価格は下取り込みで表記されることもあるくらい、もはや下取りは定着した文化と言って良いでしょう。

各社の下取りプログラムの価格設定はその都度変更され、機種・メーカーによって多少の優遇・不遇が見られます。

ドコモの下取りにおいてはここ数ヶ月、白ロムを入手→下取りに出すという手法が可能なパターンで使いやすかった(下取り額ー白ロム価格の差が大きい)端末としてiPhone5s/6, Xperia Z3, Z3 Compactを私はオススメしていたのですが・・・もうこの手はちょっと古くなってしまいましたね。

iPhone5sは6月1日から、そして2017年7月1日の価格変更ではXperia Z3シリーズの下取り額が値下げされてしまいました。
d0262326_20381082.png
価格は月の途中でも突然変更されることもありますので、最新情報は公式サイトにて確認して下さい。

☆「ドコモ 下取りプログラム

2017年5月までiPhone5sは最大15000円→現在は11000円、Xpeia Z3 SO-01GとZ3 Compact SO-02Gは22,000円→17,000円に割引額が下がりました。

docomoでは新規・MNP時であれば他社端末の下取りが出来ますので、比較的安くなっていたソフトバンクやauのXperia Z3の白ロムを安く買って下取りに出すとオトクだったのですが、、、

今の中古白ロムの価格相場はiPhone5sならもう1万円はせずに入手は容易でしょう。安いものを探せば7000~8000円くらいで用意出来るはず。普通に中古iPhoneが使いたいのなら5sの白ロムは結構オススメですが、下取り用は厳しいですね~

Xperia Z3は最近「ノジマオンライン 中古・白ロム一覧」でよく安売りされており、今は12000円~最安なら9600円(非ジャンク)で売られていたのも見かけたことがあります。今日も11,000円~で401SO, SOL26が買えますので、悪くはないです。

下取り用として買うなら値下りはしてしまいましたがまだ価格差も大きいXperia Z3か、あるいはiPhone6ですね。
d0262326_20381086.png
5sはガッツリ下がってしまいましたが、6は22,000円をキープしています。

iPhone6の白ロム価格相場も若干下がっており、ノジマだと14000円くらい出せば余裕で買えます。d曜日に買えば実質13,000円くらい。これで下取りとの価格差が9000円相当になりますので、Xperia Z3を8000円以下で手に入れられないのならiPhone6を買ったほうが有利と言えるでしょう。

ここでau・ソフトバンクの下取り(他社乗り換え時)のiPhone5s/6, XperiaZ3の価格も比べてみましょう。

(docomo/au/SBの順番)
・iPhone6 
22,000円 / 21,600円 / 21,600円
・iPhone5s 11,000円 / 11,880円 / 12,000円
・Xperia Z3 17,000円 / 21,600円 / 21,600円


このようになっており、Xperia Z3の価値はdocomoだけが引き下げた状態になっています。au, SoftbankにMNPする際に下取り端末を用意するのならiPhone6/5sよりもZ3シリーズ等のほうがオトクになりやすいでしょう。

ソフトバンクの場合は、
Xperia™ ZL2、Xperia™ Z2、Xperia™ Z3、Xperia™ Z4、Xperia™ Z5、Xperia™ X Performance、Galaxy S5、Galaxy Note Edge、Galaxy S6 edge、Galaxy S6、Galaxy S7 edge、Galaxy Active neo、Galaxy A8、Nexus 5X、HTC 10
以上の機種が一律で21,600円割引対象なので、この中で一番安いのは・・・Xperia ZL2(SOL25)ですかね。ヤツはバッテリーに問題を抱えていることが多いので、下取り審査中にちゃんと動作してくれるかどうか不安がありますが(苦笑)

☆「ソフトバンク のりかえ下取りプログラム 価格一覧

iPhone5sの発売は2013年9月、iPhone6が2014年9月、Xperia Z3/Z3 Compactも2014年の秋モデルです。

Xperia Z3が投げ売りされたのが2015年春のことでしたので、安売り時に買って使い続けてきたのならもう丸2年を超えている人も多いハズ。Z3はとても良い機種でしたがさすがに2年も使い込めば電池のヘタリや不具合も出ているかもなので、そろそろ買い替え時期ですね。中古で売っても2万円以上の査定が付くことはまずありえない(傷が多ければ1万円すら危うい)ので、今のうちに下取りに出した方がオトクかもしれません。

同じようなタイミングで行くと、次にiPhone6, Xperia Z4あたりの価格が下るのは2018年の夏前ということになりますので、その頃に下取り用端末を仕入れる場合は白ロムの価格相場と下取り価格をチェックし、月跨ぎのタイミングで価値が下がってしまう前に下取りの適用を出来るように行動したいところです。

キャリアの下取りプログラムについては中古市場の拡大の邪魔になっていると考えている某団体もありますので、あまりにも行き過ぎた優遇をすると業界からの反発も出ちゃうかもですし、下取り用端末はなるべく直前に仕入れ、いくらその時にお買い得でも在庫を持ちすぎるのは危ないですね(´∀`;)


by ke-onblog | 2017-07-04 21:14 | 白ロム転売法 | Comments(2)
Commented by ojisan at 2017-07-05 15:19 x
今月PIするつもりで、先月のうちにZ3を仕入れてしまって痛い目に遭いました…こんなに下がるなら少し高くてもiPhone 6にするべきだった。
2台で1万の減額はでかいです!
Commented by ke-onblog at 2017-07-05 20:26
> ojisanさん

ぎゃー(゚д゚)!まさにドンピシャのタイミングでハマってしまわれましたか~。直前になるとリーク情報がショップの案件内容から漏れ聞こえてくることもありますが、下取り値下げのタイミングは簡単には予想出来ないですよね...

月末・月初めで割引が増える時期を狙い撃ちするのは下取り面でも少しリスクが伴うということの勉強代・・・にしても痛いですね(´Д`;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。