白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Galaxy Note Fan edition(FE, 旧note7) S8+の価格を上回る 輸入版が買えるショップ

まさに「ファン向け」としか言いようのないアイテムですが、需要はあるようです。

2016年秋冬モデルとして国内でも発売の予定はありながらも、バッテリーに致命的な不備があり急遽販売停止、文字通りの「炎上」となったGalaxy Note 7。端末は回収騒ぎとなり、1年遅れで改修された「Galaxy Note Fan Edition(FE)」が7月7月に韓国でリリースされました。
d0262326_20093115.jpg
人的被害すら起こり得る問題だったのでNote信者も改宗して別の大画面モデルへ難民は逃れたか、今年の夏モデルGalaxy S8/S8+への買い替えを行った人も多かったはずですが、Galaxy Note FEの価格設定は強気なショップが多いようです。

Unlocked Samsung Galaxy Note 7 FE ( Fan Edition ) SM-N935 S K L 改修版 限定商品 (Blue)

新品価格
¥99,000から
(2017/7/13 20:14時点)

もう国内のアマゾンマーケットプレイスにも出品がありますね。お値段は海外版Galaxy S8+のデュアルSIMモデルレベル。

国内版のGalaxy S8 au版のSCV36なら7万円前後、S8+ SCV35は8万円前後、ドコモ版のSIMロック解除済みSC-03Jも9万円前後で買えるようになっていますので、FEを輸入する方が今は高いです。

☆「エクスパンシス Galaxy Note Fan Editionicon

エクスパンシスにも今日在庫が入荷しており、価格は87,700円でのスタート。送料は無料ですが関税を考慮するとおよそ9万2千円弱になるはずです。

☆「イオシス Galaxy Note在庫

数量は限定的だったようですが、イオシスのアキバ中央通り店に99,800円(税込)で入荷していました。13日にシルバーが売り切れ~というツイートが出ていましたので、買いに行く前に在庫の確認をしたほうが良いでしょう。

あとはebayにもいっぱい在庫があります。絶好の転売ターゲットになっているようで(苦笑)

☆「eBay Galaxy Note FE

お値段は出品者によって多少の幅はありますが、売れているセラーの場合は93,000円前後です。

韓国での販売価格は約70万ウォン(7万円)だったはずなので、3割以上のプレミアム価格ということになりますね。

Galaxy Note FEは5.7インチ。ディスプレイのサイズだけであればGalaxy S8の5.8インチ・Galaxy S8+の6.2インチより小さいということになりますが、Noteシリーズの「Sペン」対応・ホームボタンもまだ前面にあります。

CPUはSnapdragonではなくExynos8890、RAM 4GB, ROM 64GB, バッテリー容量は3200mAh。

Galaxy Note Fan Editionの型番は「SM-N935」になります。問題のあった旧モデルは「SM-N930(およびそのシリーズ)」だったので、まず無いと思いますが旧モデルの在庫を買わないように気をつけて下さい。背面にも「Fan Edition」の文字が入っていますので見た目でも判るはずです。

LTEの対応バンドは以下の通り。
LTE : Band 1 / Band 2 / Band 3 / Band 4 / Band 5 / Band 7 / Band 8 / Band 12 / Band 17 / Band 18 / Band 19 / Band 20 / Band 25 / Band 26 / Band 28 / Band 38 / Band 39 / Band 40 / Band 41
遠からずGalaxy Note8が出るという噂もありますし、これを9万円以上出して輸入しようという方はやっぱり相当なファンだけかもですが・・・それでもGalaxyシリーズを全部揃えたい!S8/S8+が大画面であっても「Noteシリーズ」とは別物と考える人には欲しいアイテムなのかもですね。

限定数は40万台ということですが、これが多いのか少ないのかはよく分かりません(笑) プレミアム価格がいつまで続くかは分かりませんが、2万円以上現地価格と開きがあることを考えると、韓国旅行のついでに買ってくるのなら良いかもしれません(店頭で即買えるのかどうかは知りませんけど)。


by ke-onblog | 2017-07-13 20:44 | 端末輸入 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。