白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ドコモGalaxy Feel SC-04J 白ロム価格情報 SIMフリーでも割安感

先日からドコモの夏モデルGalaxy Feel SC-04Jを買って遊んでいます。docomo with目当てで契約する人も多いと思いますけれど、相場価格が安くなりすぎた時には手放さずにおろしてみるのもアリかもしれません。
d0262326_00102522.jpg
各種レビューはモバイルびよりのサイトにて行っていますが(こちらの読者層だと端末自体に興味を持つ人が少ないかと思いまして(笑)、「妥協をしない、ワンランク上のコンパクト」のフレーズは伊達ではないです。

もちろん2017年のハイエンドモデルと比べると新鮮味のある機能や特長はほとんどなく、機変端末購入サポートに入れられたXperia X Compactと比べても見劣りする部分もあるのですが、電池の持ちが良い+防水+おサイフケータイ+ワンセグ+指紋認証+Always On Display機能など、基本的な機能は一通り対応しているので万人受けする端末。最初はガラケーユーザーのスマホデビュー用にちょうど良いかな?と思っていましたが、むしろスマホ依存症レベルでよくスマホを使う人のメイン機種にオススメです(高性能ゲームをしたい人は除く)。

レビュー記事モバイルびより-SC-04J関連一覧

docomoの販売価格は3.6万円。月々サポート・端末購入サポート割引は付きませんがdocomo withで月額1,500円の永年割引が効きますので、22ヶ月以上使うと月サポ機種の実質0円以下と同等以上の割引を受けた場合と同等です。

☆「docomo Galaxy Feel SC-04Jの機能・価格をみる

このdocomo withは家族のシェアグループにぶら下げておくと最安月額280円(spモードも外せば3円維持も可)にはなりますが、脱キャリアをした人がわざわざ単回線で契約する場合にはそこまで安くない・MNP転入してもdocomo with割引が増えるわけでもない(新規/機種変/MNPも一律毎月1500円割引)ので、サブキャリアやMVNOで使いたい人はSIMロック解除がされたSC-04Jの白ロムを狙うのが良いです。

ドコモでは機種代金を一括支払いすれば即SIMロック解除が可能です。端末購入サポート機種だと100日待つ必要あり・月サポ機種だと高めの一括負担がありますが、docomo withのF-05J, SC-04Jは定価が安めの設定にされていますので、多くの購入者は機種代は一括払いをしていることでしょう。

そのため、市場に出回っているdocomo with端末の白ロムはSIMフリー化後のものが多く、他の端末のようにSIMロック解除済み端末に付加価値が少なく、安く手に入ります。ドコモ系のMVNOで使う場合は別にSIMロック状態でも関係ないのですが、ワイモバイルやau系・海外SIMでも使いやすくなります。
d0262326_00350427.jpg
ソフトバンク系のSIMはしっかりと繋がります。au系はB1しか対応していないので繋がりはするものの、ちょっと不安定(実験済み)。ドコモ系以外で使うならワイモバが良いでしょう。

→Galaxy FeelにソフトバンクSIMを挿してスピードテストを実施した結果は以下のページに掲載中。


2017年7月下旬時点でのGalaxy Feel SC-04Jの白ロム価格相場は新品未使用・SIMロック解除済みで26,000円~32,000円というところです。

☆「ヤフオク SC-04J 落札歴

ヤフオクには大量の在庫があり、7月25日時点でも軽く50台くらいが出品中ですね~。まだ発売から1ヶ月と10日しか経っていませんが、落札歴も300台超え。

発売直後は定価をやや超えた36,000円~38,000円ほど、1週間以内には3万円台前半、6月下旬には30,000円~33,000円前後に落ち着いています。

そこからさらに7月に入ると2万円台に突入する落札歴が目立ち始め、最も安いところでは24,000円くらいで落札されているものもあるほど。

同じくdocomo with対象のarrows F-05Jが定価2.8万円に対して15,000円~18,000円くらいでの売買が行われていることを考えると+1万円弱という相場は妥当なところでしょう。

☆「メルカリ SC-04J

メルカリもヤフオクと似たような相場です。「箱だけ」などのトラップに気をつければ、d曜日に買えば多少安く買えそうです。

☆「楽天 SC-04J

楽天市場系では最安31,000円~(SIMロック解除済み)。こちらも高ポイント還元のキャンペーンを狙えれば・・・

☆「Yahoo SC-04J白ロム

今日は5の付く日なのでヤフー系のポイントアップも狙えますが・・・今ある在庫だと実質3万円を切れるかどうかくらい。

☆「ムスビー

ムスビーにも3万円前後でSIMロック解除済み・赤ロム保証のある在庫があります。

☆「アマゾン SC-04J

アマゾンギフト券がたくさんある、ドコモのdケータイ払いを使って10%還元を狙えばアマゾンでも3万円を切る在庫があることも。

☆「イオシス SC-04J

イオシスはまだ安くないです。SIMフリー化済は35,800円、SIMフリー化していないものは32,800円。店鋪で即買えるというメリットを除けば、SIMフリー化済のものが32,800円でもやや高いくらい。もっと在庫がガバーっと入れば値下がる日もそのうち来ることでしょう。

2万円台後半という価格は十分に安いと思いますけれど、SC-04Jの白ロム価格変化はまだ止まっていません。そろそろ下げ止まるかな~というところ(F-05Jも然り)。

ちょっと古めの機種ならば過去に端末購入サポ入りした白ロムでGalaxy Feelより全体的にハイスペックなモデルも4~5万円程度で買えます。

しかしバッテリーの持ちだけならGalaxy Feelのほうがどのドコモスマホよりも上なので、日常利用用途で一台手に入れてみるのも良いかと思います。

処理能力的にはSIMフリースマホであれば2万円を切るnova liteやP9 liteより若干劣ります(関連記事:Galaxy Feel SC-04J Antutuベンチマークスコア比較)。でもRAMは3GBありますし、大抵のアプリは普通に動きます。iPhone7の滑らかな動きと並べてしまうとAntutuのベンチマークは結構カクつきは目立ちますけども、マップやSNS利用がメインなら普通に使えます。

SIMフリーの格安スマホでは防水・おサイフケータイ機能付きのものは少なく、Galaxy Feelのライバルはarrows・AQUOSの一部モデルくらい。arrows M03・SH-M03は楽天モバイルで安売りされた分があるため総コスト2万円以下で買えるものの、Galaxy Feelのほうが総合的に上のはず。で、SIMロック解除済みのSC-04Jと価格差が数千円レベルなので、下手なSIMフリースマホを買うよりもSC-04Jの白ロムのほうがコストパフォーマンスにも優れるでしょう。

SC-04Jのスペック・機能性でSIMフリーならば2.5万円は安いです。これはは未使用品・新品の相場ですけれど、まだ発売から1ヶ月ちょっとしか経っていないため、電池が劣化するほど使い込まれていることも考えにくいので状態に拘らない人なら美品中古の白ロムを探せばもっと安く買えるチャンスもあるはず。

かんたんモードにするとアプリアイコン・文字サイズを大きくすることも出来ますので、小さい文字が読みづらくなってくる年齢層の初めてのスマホ用にも良さそうです。


by ke-onblog | 2017-07-25 11:17 | 白ロム転売法 | Comments(7)
Commented by あお at 2017-07-28 14:09 x
はじめまして。いつも楽しく拝見しております。

SC-04Jに関連して質問がありまして、
こちらの機種を購入するとSIMが新しいタイプに変わるかと思いますが、古いSIMと新しいSIMで何か違いがあるかご存知ですか?
(そもそも新しいSIMなどではない?オンラインでiPhone7から機種変更しようとするとSIMが変わるため新しいのかと)

家族の回線についてこれを契約して維持費を安くしようと思っており、機種変更しつつ元々のSIMフリー端末を使おうと思ってまして。
機種変更後に新しいSIMだと何か制約があると嫌だなと気にしております。
Commented by ke-onblog at 2017-07-28 16:24
> あおさん、はじめまして!

SC-04Jでは通常のドコモ用nano SIM(nano UIM)が利用されています。現在の「古いSIM」の種類が分からないと変更になるかどうかちょっと確実なことはわかりませんが、同じnano SIMならばドコモではSIMフリー機種での利用制限等はなく、入れ替えて使えるはずです(iPhoneで旧プランの「 Xi パケ・ホーダイ for iPhone」を契約中の場合のみ、iPhone以外でのパケット通信が出来ないかもしれません)。

ドコモのSIMカードは製造時期によって供給元が変わり・色や機能が少し変わることはありますが、基本的にサイズさえ同じならiPhoneでもAndroidでもSIMフリーでも変わらず利用できると思います。詳しくはwikipediaにいろんな種類のカード情報が書いてありますので、興味がおありでしたら以下のページを参考に見てみて下さい。

ja.wikipedia.org/wiki/ドコモUIMカード
Commented by あお at 2017-07-28 23:55 x
色が変わったのと、初めてドコモオンラインにてSIM交換が必要となったので、e-SIMではないけれどその類のものかと疑ってしまいました。

通常のnanoSIMと同様とのことで安心しました。また詳しいサイトのご連絡ありがとうございます。

ちなみに、このサイトきっかけでmi5を買ったり、今ではXiaomi製のカバンまで使っていたり、GearBestでポチポチ購入したり、お陰様で色々と幅を広げさせてもらいました(笑)ありがとうございます。
Commented by ke-onblog at 2017-07-29 01:43
> あおさん

今のところドコモではeSIM用端末はdtab Compact d-01Jだけであり、そのeSIMも登録さえ済んでしまえば他機種に入れ替えて使うことは出来るみたいですね(ただしeSIM対応機種以外での差し替えは一応動作保証対象外)。

初めて使うときの心理的ハードルは高めですが、中華通販は使い始めるとハマっていきますよね~。私自身もたぶんこのブログをやっていなければ中華通販に手を出すことが無かったかもしれません(笑)
Commented by ke-onblog at 2017-10-03 08:23
> miyagi_sepakさん

SO-03D!Xperia acroとは懐かしいですね^^;

ただ、残念ながらSC-04JとはSIMカードのサイズ(SO-03Dは標準サイズ、SC-04Jはnano)が違いますので、そのままではSIMを入れ替えることが出来ません。SIMカードをカットすれば通話は出来るかもしれませんが、完全に保証外の使い方になるのでお勧めは出来かねます(失敗するとSIMカードの再発行料金がかかります)。

料金的な問題でFOMAプランを継続されているのでしたら、ドコモのシンプルプラン(家族でパケットシェア出来る場合の専用プラン)か、この際格安SIMサービスに切り替えることを検討されたほうが良いかもしれません。
Commented at 2017-10-04 00:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2017-10-04 10:57
> miyagi_sepakさん

おサイフケータイ付きDSDSスマホは欲しい人が多そうですね^^; そのうちファーウェイが出しそうな感じもありますが、、、いつまで待てば良いのかわからない現状では厳しいですね。

SC-04Jは使いすぎなければガラケー時代を彷彿とさせるほど電池がよく持つので、今までSO-03Dでもなんとかやってこれたということでしたらきっと劇的な電池の持ちの向上が体験できると思います。

SC-04Jの白ロムはSIMロック解除がされていることが多いので、そうした在庫を手に入れればワイモバイルでも使えます。メイン回線利用としてネットにもそれなりの快適性を求めるのならドコモ系MVNOで使うよりも便利なこともありますので、いろんな可能性を検討されると良いと思います^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。