白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

日本未発売のZenFone3 Zoom RAM3GB版が安くて良さげ(ZE553KL)

ASUS端末事情は複雑すぎて最近はほとんどついて行けていませんけれど、もう間もなく2017年のメインストリームモデルとしてZenFone4シリーズも出るらしいですね。

ZenFone4は流行を取り入れてダブルレンズカメラになるそうですが、カメラ重視のZenFoneシリーズでは「Zoom」という光学ズームに対応したシリーズもあります。

初代ZoomはZX551ML、そして現在販売されているモデルが表題のZenFone3 Zoomの国内向けモデル版「ZenFone Zoom S(ZE553KL)」ですね。
d0262326_15323397.jpg
海外ではこのZenFone Zoom Sが「ZenFone3 Zoom」という名前になっている・・・のですよね。ASUSはネーミングセンスがちょっと残念(´Д`;) 

「ZenFone」という一つのコンセプトブランドで展開しているので仕方が無いとも言えますが、シリーズごとに「Laser」「Max」「Go」「Selfie」「Zoom」「Deluxe」「Ultra」「AR」「Live」といった派生モデル(これで全部かな?(´∀`;))と、そこから旧モデル・新モデルが混在しまくり、さらに画面サイズ違い・RAM/ROMの容量違い・国別のモデルがあるので、機種名から特徴が判りやすいようで、逆に分かりづらいです。

ASUSの販売戦略は私の知ったことではありませんが、このZE553KLについては、国内ではRAM 4GB/ROM 64GBモデルのみが販売されており、お値段はおよそ6万円です。

☆「ASUS ZenFone Shop」/ 59,184円

国内版ZE553KLの主なスペックは、5.5インチフルHD, Snapdragon 625, RAM 4GB, ROM64GB, 12Mズームレンズカメラ(光学2.3倍)、13Mインカメラ、nano SIM×2枚のDSDS対応。本体重量は約170グラム。

LTE/3Gの対応バンドは台湾・日本・香港・シンガポール・フィリピンモデルは同一で以下の通りです(国内向け以外はたぶん技適マークが出せないので、そのあたりを気にする人は注意)。

FDD-LTE B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28

TD-LTE B38/B39/B40/B41

キャリアアグリゲーション 2CA対応

WCDMA B1/B2/B5/B6/B8/B19

光学ズームが出来るスマホというのは確かに面白そうですが、5000mAhの大容量バッテリーを搭載している点も面白いです。

しかし、イマドキSnapdragon 625搭載機種で6万円ですか・・・。ZenFone3 ZE520KLの海外版ならスナドラ625のRAM4GB/ROM 64GB版でも4万円はしないはず。

Zoomシリーズはカメラ重視ということで処理能力にはそこまで力を入れない(スナドラ625でも大半のアプリはさくさく動きますけど)という方針は理解できますが、6万円はお手軽に買えるお値段ではないでしょう。

一方、海外に目を向けると一部の国ではより安価に買える「RAM 3GB/ ROM32GB」モデルのZenFone3 Zoomが存在するようで、先日アメリカのアマゾンでは300ドルを切るセールをやっていたりしました。

☆「Amazon.com ASUS Zenfone 3 Zoom ZE553KL-S625-3G32G-BK

海外でのRAM 3GBモデルの定価は329ドルです。日本に送る場合は送料が33ドルほど掛かるものの、およそ4万円で輸入可能です。

Zoomはカメラ撮影をたくさんしたい人が買うモデルでしょうからストレージが大きい方がありがたいのはわかりますが、ゲームをしないのならRAMは3GBでも十分な気がします。SIMスロットと排他利用なのでDSDSは出来なくなっちゃいますが、micro SDカードも利用可能(最大2TB)。

バッテリー容量は5000mAhで同じですし、「大容量バッテリー搭載のカメラスマホ」という魅力は3GBモデルでも同じです。

US版の対応バンドは以下の通り(細かいスペックは「ASUS USA ASUS ZenFone 3 Zoom」を参照)。
Cellular and Wireless: 4G: FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/17/28
対応バンドとRAM/ROMが違う以外は日本を含むアジア版と同じスペックのはずです。これで2万円の価格差なら、RAM3GBのほうが魅力的に見えるのは私だけではないはず。

RAM 3GBモデルはアジア圏では売られていない?のか、SIMフリースマホの輸入代理店として有名なエクスパンシス・Etoren・1shopmobileなどには在庫が無いようです。

全世界のASUSを調べたわけではないのでどこで安い3GBモデルが買えるのは把握しきれていませんけれど、アメリカとカナダ,ブラジルのホームページには3GBモデルがあります。

アメリカの定価が329ドルであり、セール時にはもう1割くらい安く買えるタイミングは今後もありそうなので、安くなったら海外で買ってみるのも良いかもしれませんね。

eBayではRAM 3GBモデルやROM 128GBモデルなど日本には無い組み合わせのモデルが多数出品されています。

☆「NEW ASUS ZenFone 3 Zoom ZE553KL 64GB / 4GB 5.5" LTE Dual SIM UNLOCKED | eBay

台湾から輸入するとおよそ5万円。海外での販売価格も4GB/64GBモデルはおよそ5~6万円なので、まだ安く輸入するのは難しいようです。

ZenFone4も楽しみですが、ASUSのスマホは発売から時間が経過・型落ちするとすぐに安く買えるようになったりすることもありますので、ZenFone3 Zoomのスペックなら3~4万円くらいになればお買い得感が出て来るかな?と思います。それを待てない人はアメリカから3GBモデルを輸入してみるのもありかもしれません。

今すぐ日本モデル(RAM 4GB)が買いたいのならば、楽天市場にある各種SIMフリースマホ取扱店(量販店系が良いでしょう)で買い物マラソンと合わせて実質1~2割引くらいは狙えると思います。

☆「楽天市場 ZenFone Zoom S(ZE553KL)



by ke-onblog | 2017-08-06 16:41 | 端末輸入 | Comments(6)
Commented by ななし at 2017-08-07 04:05 x
日本のASUSはおま国価格すぎますよねぇ
Zen5の頃に蒔いた芽を刈ってるだけなんでしょうが
Zen3の初期値とか正直高すぎて逆に目を瞠りましたし
ソフトもあまり良い出来じゃないですしねーアップデするだけ国内よりマシですが
Commented by ke-onblog at 2017-08-07 07:37
> ななしさん

ZenFone3もあの価格ですら日本でバカ売れしているところをみると上手くやっているなという気はしますが、HuaweiとASUSのどちらが国内市場で生き残っていけるのか見ものですね。
Commented by 記事と関係ないですが at 2017-08-07 16:23 x
茸のりんご7ですが、MNPでコンなし、下取り用意なし、月サポなしの場合32と128gbとそれぞれ一括いくらなら行った方がいいとおもいますか?ちなみに端末は不要ですw条件はかけほくらいですが上旬なので日割りがお得感うすいですね。
Commented by ke-onblog at 2017-08-08 01:52
> 記事と関係ないですがさん

月サポ無しの条件の相場は私は知りません。特価BLで買うのならドコモwithのほうが良いのではないでしょうか。
Commented by マダオ at 2017-08-09 00:03 x
今現在、ZenFone zoomをメイン機として使っていて、結構電池の消耗が激しく3000mAhでも1日と持たないので、ZenFone Zoom Sでは5000mAhに上げたのは解るんですが、このシリーズの最大の売りは何といっても光学ズームなんですから、そこを光学3倍ズームから光学2.3倍へ落としたのは、かなりいただけないですね。

もっとも、デュアルカメラで光学ズームを再現するのには限界があったのかも知れませんが、それでも機種名にZOOMと銘打っているのですから、そこは少々の厚みや重さは度外視してでも、頑張ってスペックは下げないで欲しかったですねぇ。

おそらく、このての製品を求める層と言うのは、そこらへんは気にせず、むしろカメラとして考えた場合、ある程度の厚みや重さがあった方が使い勝手がいいと考えると思うんですよね。

なので、スマホとしてもカメラとしても非常に中途半端で、この後継機はすごく惜しい感じがしてなりませんね。
Commented by ke-onblog at 2017-08-09 06:16
> マダオさん

本当にそうですよね!そもそものターゲット層が格安スマホユーザーでも普通のハイスペックユーザーでもなさそうなのに、肝心のカメラ機能が微妙にしてしまうと台無しですね~。

ズームなら拡張パーツ利用前提とは言えMoto ZシリーズでHasselblad True Zoomが10倍、iPhone7 Plusだって望遠レンズ側で2倍ズームと言えますし、大容量バッテリーはユニークで評価されそうですがASUSが目指すべきところは難しいポジションだったかもですね(´∀`;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。