白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ソフトバンク 基本料金0円の電気プラン「自然でんき」はおうち割セットが使えず

先日、iPhone8/8 Plusの発売に合わせて携帯会社を乗り換えた場合に、固定回線やネットショップ、クレジットカードなども丸ごと切り替えることを前提に、どんな関連サービスがあるのか改めてドコモ・ソフトバンク・auそれぞれの関連事業を調べていました。

各社のネット回線や通販サイトの利用は私も普段からしばしば調べているのでそれなりに最新の情報を知っているつもりではありますが、2016年から始まった電力自由化による携帯貨車の電気事業のことをすごく久しぶりに調べてみると、発表当時から拡大された提供エリア・プラン・割引が少し変わっているようでした。



2017年9月時点では、ソフトバンクの電力サービスには大きく分けて3種類のサービスがあるようです。

・ソフトバンクでんき (Powered by TEPCO)
・おうちでんき
・自然でんき


・・・初見だと何が違うのか解らないネーミングですね(´∀`;) っていうか、私も「ソフトバンクでんき」という一括りのサービスなのかと思っていました。「自然でんき」は2017年2月からサービス適用が始まったらしいのです。ニュースはいつも目を通しているはずなのに、私は初めてその存在を認識しました(笑)

おおざっぱにいうと、ソフトバンクでんき(Powered by TEPCO)は東京電力系のサービス、「おうちでんき」は東京/北海道/北陸/九州【以外】のエリアで使えるサービス、自然でんきは再生可能エネルギーの発電所が近くにあるエリアだけで使えるプラン、という違いがあります。

ソフトバンクのモバイル・固定回線とセットの割引「おうち割でんきセット」が適用出来るのは、以下のプランです。
スタンダード、バリュープラン、プレミアムプラン(東京電力エリア) おうちでんき(東北電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア)
【スタンダード、バリュープラン、プレミアムプラン(中部電力エリア、関西電力エリア)およびFITでんきプランにつきましては、2017年1月31日(火)をもって新規受付を終了いたしました。】
「自然でんき」というサービスはセット割引には使えないのでソフトバンクユーザーかどうかは節約に関係ありません。でも、ちょっと面白いプランです。
d0262326_23533371.png
普通の電力会社だと電気を全く使わなくても基本料金が生じている(東電の場合は契約アンペア毎に異なり、10Aで280.80円、20Aで561.60円~という感じで大きなアンペア数ほど高くなる)と思いますが、ソフトバンクの自然でんきではこの基本料金が0円です。使った分だけ料金が発生するらしいので、一人暮らしであまり家に帰らない・仕事の都合で遠隔地に部屋を借りている場合のような極めて電気の利用量が少ない月がある場合には効果的かもしれません。

ただ、この自然でんきはその名の通り、再生可能エネルギーの割合を高く確保できるエリアでしか提供されておらず、2017年9月時点では北海道・東京・関西電力の3エリアでしか契約できません。

それぞれの電気使用状況・契約エリアで節約効果が異なるので、「このプランに変えると○○円安くなる」という一般論・例はあまり役に立ちません。各家庭の検針票でのシミュレーションチェックをやらないと本当に安くなるかどうかは判らず、価格が割高になるケースもいくらでもあります。

詳しい提供エリア・料金シミュレーションは公式サイト「ソフトバンクでんきのページ確認出来ます。申し込み・シミュレーションには検針票が要ります(検針票の個別番号で申込可能なエリアかどうか判定がある)ので、手元に用意して各自やってみましょう。

我が家でも確か発表直後にソフトバンクでんきに変えた場合に節約になるかどうかのシミュレーションをやっており、その時は全く節約にならないということが判って以来ずっと興味が無かったのですけれど、人によっては新しく出てきたプランで節約が可能かどうか再検討してみる必要がありそうです。

私が試しにソフトバンクでんきのシミュレーションで入力したところでは電力会社を変えても微々たる節約にしかならない or 逆に割高になる場合のほうが多そうでしたが、切り替えはネットから簡単に申し込めて、場合によって宅外にある電力計のスマートメーターへの交換が生じるくらいでほとんど手間がかからないはずです。

私は電力自由化サービス関連の情報を追いかけていないので、ここ数日で調べたソフトバンクでんき, auでんき以外のことはよく知りません。ソフトバンクでんきではメリットが無い・申し込みエリアではないという場合は「エネチェンジ」という比較情報サイトで、一気に複数の電力サービスのプランシミュレーションが出来ますので調べてみましょう。この比較サイトでもシミュレーション条件も各種変更出来ますが、ソフトバンクでんきのセット割引までは考慮していないので微調整は各自でやる必要がありそうですけど。

節約になりそうな電力プランがあるサービスがあるかどうか、最新のプランや特典状況を久しぶりに調べてみるとオトクに使えるサービスが見つかる可能性もあるでしょう。

個別のサービス自体は携帯プランを調べるよりは簡単ですが(笑)、電力事業者・プランがかなりたくさんあるので最適なプランを探し出すのは結構難易度が高い節約方法ですねぇ。


by ke-onblog | 2017-09-19 06:15 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。