白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ドコモ特価BL喪明け条件 契約歴だけでなく「解約歴」も重要なファクターに

ドコモの割引施策適用不可状態、通称「特価BL」が始まって2年と1ヶ月が過ぎました。

そろそろ喪明けをする人が出て来るのかな?と先月の時点では思っていたのですが・・・どうやらドコモの特価BLはソフトバンクの「総合判断」より解除条件は厳しい模様です。

ソフトバンクの場合は明確な条件というのは公式には公開されていないと思いますが、ドコモでは2015年8月末時点で以下のように、割引利用回数の関する上限について言及がされました。
d0262326_19153316.png
上記は新規/MNP利用時の各種割引対象として上げられたものです。機種変更の場合は回数ではなく期間が定められており、
2014年9月以降に発売された機種を以下に該当する回線でご購入の場合、「月々サポート」の対象外です。
・ 過去6か月以内に機種購入手続きがなされている回線でのご購入
・ 過去6か月以内にXiからFOMAへの契約変更がなされている回線でのご購入
・ 過去6か月以内に、持ち込みになった機種でドコモを新規契約されている回線でのご購入
こうした条件が付けられているので、最短でも半年はブランクを作らないと割引が効かなくなっています。

☆「ドコモ 月々サポート提供条件

ソフトバンクの割引施策適用不可(このブログでは勝手に「プチ総合」などと呼んでおります)の場合、ある程度の期間を空けておけば再び割引を使って契約が出来るようになる報告が多数あります。

上記の記事はもう3年も前に書いたものですが(内容は随時更新してあります)、SBの場合は最短で半年~1年程度契約をせずにおとなしくしていれば喪明けすることが多いです。

同じように考えるとドコモの特価BLもある程度の期間を置けば再び割引が使えるようになるのでは・・・と期待していたのですが、結局2015年8月に最後の契約をしたきり、満2年以上契約をしていないのに特価BLが継続しているという情報を複数聞いています。

最近私が仕入れた情報によると、割引の回数をカウントは機種変更の場合に「6ヶ月」が基準とされているとおり、あくまで特定の期間内の利用回数に基いていて、(公式にも”当社の定める一定の基準”とありますし)、現在契約している回線数・過去の全履歴による適用回数などが基準になっているわけではないようです。

また、直近の解約歴、特に2年契約の途中解約がNGになっている可能性が高いという話を耳にしました。

端末購入サポートの違約金発生などは多分関係ないのですが、短期解約はソフトバンク/ワイモバイルでも厳しい判定がされるので、ドコモも同じようです。

あとは、特価BL中でも月サポ・端末購入サポート・家族まとめて割が使えなくなるのは公式でアナウンスされている通りですが、下取りプログラムは通常利用可能です(下取りも断られたという情報も見かけたことがあるのですが、公式的にはOKということなので、店鋪独自判断の可能性が高い)。クーポン(ウェブで出ているものや、DMで送られているものも)はダメです。

ドコモ回線を持っていないと使えないキャンペーンが最近出始めているので、機種購入割引とは関係ないdocomo with機種でなるべく安く維持費を抑えるか、まっさらな状態で2年放置すればたぶんドコモでも喪明けするはずです(ずっと割引適用不可が続くことはないはず、とは聞いています)。

ドコモの特価BLの判定基準はもちろん一般には明かされていませんので、まだ推測の域を出ないものですが・・・一度特価BLなってしまった場合は維持費を下げて最後まで完走させることを優先したほうが良いかもしれません。2年の月サポが続いている場合はもちろん、端末購入サポートで13・14ヶ月目で解約を考えていた場合などですね。

ソフトバンクでも短期解約はタブーなので、ドコモでも同じようにBL条件のファクターに採用するというのは妥当な線だと思います。iPhone X発売時期にドコモへのMNP転入を狙っている方はもう一度過去の履歴を見直して、いろんな想定をして運用ルートを考えておいた方が良さそうです。



by ke-onblog | 2017-10-08 19:53 | 白ロム転売法 | Comments(21)
Commented by owner at 2017-10-08 23:43 x
特価BLで新規docomo withっていけそうですかね?
docomo with自体には6か月制限が見当たらないのですが。
Commented by ななし at 2017-10-09 01:20 x
周りで明けたって話聞かないんですよね
ネットでも継続のが圧倒的ですし明けたって書き込み殆どない
ガセネタレベルですら出てこないですからねぇ
むしろ2年前より入る基準が厳しくなってるような気がしますYO
Commented by 通りすがり at 2017-10-09 07:15 x
直近の解約歴は、短期解約で無く2年満了解約でもカウントされている気がします。
私の履歴としては、2017/2に機種変更2回線(端末購入サポート)、2017/3に2年満了MNP転出1回線、2017/4に2年満了単純解約2回線で、2017/9に月サポ適用不可判明でした。
この2年以上の間、違約金を払うことは一切していませんので。
Commented by ke-onblog at 2017-10-09 09:22
> ownerさん

新規も断られたというような話も見かけたことがありますが、機種購入割引ではなくプランに対する割引としているため、適用可としているお店なら大丈夫です。6ヶ月の制限も現状はありませんね~(月サポ機種からすぐにドコモウィズに変えてもOKだったはずです)
Commented by ke-onblog at 2017-10-09 09:25
> ななしさん

ですね~。私もいろいろと手を使って機会があれば調べているのですが、厳しいらしいです(´∀`;)
Commented by ke-onblog at 2017-10-09 09:29
> 通りすがりさん

なるほど~、割引目当ての再契約を一切認めないという方針なのかもですね。。。機変で割引を使っている・MNP転出履歴などの複合的要因もまだありえそうですが、一旦完全にドコモから離れて長期期間を空けるくらいやらないと喪明けしない可能性がありますね(´Д`;)
Commented by びわごん at 2017-10-09 11:06 x
こんにちは。

もう2年近く新規で契約していませんが、これだと通る気がしませんね〜
2月に購入サポート付きで6回線機種変更して、全て違約金を払っていますので...(笑)
Commented by ke-onblog at 2017-10-09 15:43
> びわごんさん、こんにちわ~

過去○ヶ月、○年分の割引適用回数だけで判断・喪明けというわけではなさそうなのは間違いなさそうなので、これから1年半くらいは大人しくしていないと許してもらえないかもですね(´∀`;)
Commented by かえる at 2017-10-09 22:53 x
特価BLの変化としては、4月から割賦契約ができるようになったと思いますが、どう考えます?
個人的には適用回数だけだと思うんですが、新規だけで考えると今の状況に反するので、やっぱり、機変の回数も含んでいるのかもしれませんね。
Commented by かえる at 2017-10-09 23:01 x
4月からの割賦契約ができるようになったことを考えると、次の試金石は4月ですかね。どう考えます?あと、ドコモとしては適用回数を見てるだけで十分機能すると思うので、回数だけだと思うけど、新規だけだと今の状況に反するので、機変も回数の対象になってるんでしょうね。
Commented by ke-onblog at 2017-10-10 01:23
> かえるさん

各キャリアの特価BL・総合判断基準は時期ごとに変動する可能性があるので、特定の時期からの経過期間での判断は無意味だと考えます。そういう意味ではこの9-10月は緩くてもいいくらいでしたけれど(苦笑) 新規/MNPと機種変更の割引は別扱いなので、それもまた一緒くたには出来ないのかもしれませんね。
Commented at 2017-10-10 12:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2017-10-10 18:30
> shogunさん、こんにちわ~

最近の事例はよく把握していませんが、そのくらいの割引適用回数ならまだ大丈夫だと思います。特価BL対象になるまでは多少の解約歴があっても割引が使えるのではないでしょうか。
Commented by うなぎマン at 2017-10-11 16:14 x
こんにちは〜 ご無沙汰です^
この締め出しは規制タイミング狙ったやり方ですよ
短期だろうが長期だろうが、契約履歴は全て残ります 二十年前もデータあります 経験上からです
まあ言えるのは短期解約、短期機変 喪明けは遠のくのは間違いないです
さすが腹黒詐欺業界ですよ笑





Commented by ke-onblog at 2017-10-11 20:23
> うなぎマンさん

割引を使いすぎる金にならないユーザーはいらないというのはビジネス的には解らないでもないですが(笑)、逆にこういうところで緩いキャリアとどちらが将来的に生き残れるのか興味深いです(締め出されるようなユーザー数は全体から見ればたかが知れているでしょうけれど^^;)。
Commented by 日野 at 2017-10-29 01:10 x
こんばんは。割引利用回数の上限の具体的な数字がわからないため動けないでいます。短期解約しない・二年完走など最低限の事をしていたとしても上記の上限に到達したら特価BLになるって事ですよね?

例えば1名義で2PI→(一年後ぐらいに)+2PIの4回線とかでもMNP月サポ享受したら特価BLになる可能性もあるって事でしょうか?
もし仮に、二年以内の上限が「4」みたいな設定されてれば該当するでしょうし、累積回線契約というのもどの程度の数字が設定されてるのかわかりませんし…
乞食行為せず節約的な人も特価BLになってるので最近の基準がさっぱりわかりません
Commented by ke-onblog at 2017-10-29 06:24
> 日野さん、こんばんわ~

未だに具体的な上限は判りませんが、短期解約なしでも特価BLになりえるという可能性はあるそうですね。

適用条件の問題もありますが、上記の記事のように「解約→再契約」という事自体をドコモとしては歓迎しておらず、直近に解約そのものがあることを嫌うようですね。これは最近auでも審査基準にしているようですが・・・

例えば(あくまで例なので、この条件でBLになるというわけではない)、2年間のうちに2PI+2PIしてからさらに1回線追加できても、2PI+2PIの回線を最初の2PI満期解約直後に1回線追加しようとするとBLになる、みたいなことがありそうです。

単純な累計回数だけで決まるのなら、もっと特価BL明けをした人・特価BLになったケースを少数分析するだけで推測が出来ないと可怪しいので、明確な基準を考察すること自体が無意味だと最近は思うようになりました(´∀`;)
Commented by 日野 at 2017-10-29 13:04 x
ありがとうございます。他の記事で書かれてあるように様々な行為を数値化したポイント制を導入してるのかなーと自分も思ってます。それだったら「解約→再契約」が軽微ながら特価BLに近づく行為なのも納得できます。

めちゃくちゃ適当な例えですが、MNP…4pt、新規…3pt、機種変更…2ptなど
委任状契約…5pt、番号保管…3pt、名義変更…2pt、ルーター化…1ptとか
他にもPOもカウント、短期解約・未納絡みなど、累計回線数…○pt✕n回線などなど
あらかじめ定められた合計ポイント(仮に総合50ptとか)に到達したら特価BL。

こういう感じなら昨今の多様化した特価BLも説明がつくような…
ですが仮にポイント制だとしても、こちらは境界線がわからない以上どう立ち回れば良いのやら(笑
あまりリスクを犯さず探り探りやってみようと思います。
Commented at 2017-10-31 22:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2017-11-01 06:24
> 名無しさん

いろんな情報を参照しているのは間違いないなさそうですね~。問題は各項目の「重み」なので、詳細はやっぱりわからないですね。
Commented by 名無し at 2017-11-01 13:21 x
180日以内の解約で特価BLはあってると思います
特価BL明けるの最低5年らしいです
ドコモはいまやMNPは店舗限定台数限定特価しかないので明けるのおとなしく待つだけ無駄な気がします
機種変大回転してた方が儲かります
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。