白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

中国から輸入した250円のiPhone X用ガラスフィルムを貼ってみる

本体に12万円も支払っておいても、やっぱり通信料・周辺機器・アクセサリーは安く済ませることが出来るのなら、可能な限り安く買えるアイテムでなんとかしたい貧乏性の私は、iPhone X向けに海外からガラスフィルムを先に輸入しておきました。

ようやくiPhone Xが手に入ったので、せっかくなので装着してみることに。

今回使うのはギアベストで9月に買った「Gearbest-Tempered Glass Screen Protective Film for iPhone X」です。そういえば、iPhoneの発表会前に売られていたので、当時はまだ「for iPhone 8」になってました(笑)

11月12日時点の価格は246円、輸入時の価格は330円でした・・・Σ(゚д゚lll) 競合製品がどんどん出てくれば安くなってしまうので、これは仕方ないですね。
d0262326_02415820.jpg
このフィルムは全画面を覆うタイプではなく、やや小さめに作られています。最近のiPhoneはディスプレイガラスのエッジ部分がラウンド形状なので、サイズが大きすぎるとその分だけフィルムが浮きやすくなりますが、この製品は浮き(接着していない部分)はほとんどありません。

d0262326_02415895.jpg
放置してあった撮影用マットの上で貼ったところ、ホコリが・・・(苦笑)ホコリさえなければ、ほとんど空気は入らないピッタリサイズです。気泡もちゃんと貼れば入りません。
d0262326_02415995.jpg
角部分にもホコリが。ホコリが入らなければこうした浮きは出ません(他の角部分は大丈夫だったので)。

このフィルムはインカメラの部分に掛からないようにカットされています。
d0262326_02475864.jpg
フィルムを貼った状態で、全く問題なくFace IDが利用できています。
d0262326_02415832.jpg
ディスプレイの表示部分に対してはピッタリサイズですが、画面全体の面積から見ると1mmくらいカバーできていないため、ほとんどの保護ケースと干渉することはないでしょう。
d0262326_02415860.jpg
中央にも一つホコリが・・・。やっぱり、ちゃんと準備して貼らないとダメですね(´∀`;)

私が使っているケースは「Spigen ラギッド・ クリスタル」です。この隙間が気になる人は全画面タイプを買った方が良いと思いますが、この300円以下のガラスフィルムでもディスプレイを保護する目的ならば十分そうです。

私はちょっと貼るときに手を抜いたので失敗気味ですけれど(苦笑)、ホコリさえ入らなければ元のガラスパネルと変わらない操作性・透明度ですね。画面全体に対してはやや小さめであるため、表示領域に合わせてピッタリ貼らないとパネル表示境界が見にくくなるので気をつけて下さい。

総じて、品質は問題ないと思います。ギアベストから送料無料の方法で輸入すると2~3週間は掛かりますので、iPhone購入とタイミングを合わせたいのなら先に注文しておきましょう。

これと同じとみられる製品は、アマゾンには見当たりません。この輸入品はインカメラ部分の形状がちょっと特殊で、他の安物のフィルムはもっと広くインカメラ部分が開いているようです。こちらのフィルムの方がカバー範囲が広いので、多少保護力が高い?かもしれません。

貼り直しは出来ないことはないですが、ホコリが入ってしまった場合の復帰は難しい(取り除く過程でさらにゴミが入る可能性の方が高い)ので、予備も含めて2~3枚買っておく方が良いでしょう。

私は派手にホコリが入ったので、とりあえず剥がれてこないか・すぐに割れないか2~3日様子を見て、次のフィルムに張り替えようと思っています( ゚∀゚)アハハ~

iPhone X用のガラスフィルム商品はたくさん売られていますが、パッケージが違うだけで中身は中華通販で買えるものと全く同じであることも少なくないため、節約を目指すならiPhone Xを買う前にフィルムの個人輸入にチャレンジしてみましょう(海外通販品では、配送トラブルや届いた時点で破損している可能性もなくもないので(苦笑)。

関連記事:海外スマホをGearbest(ギアベスト)で安全に購入する方法・個人輸入手順

by ke-onblog | 2017-11-12 06:45 | 端末輸入 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。