白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

docomo with AQUOS sense SH-01Kの白ロムが2.5万円前後で割安に

今月10日に発売されたばかりのdocomoの最新スマホ AQUOS sense SH-01Kの白ロムがヤフオクで早速値下がりしはじめました。

ドコモでの販売価格自体が定価3万456円と格安でしたので仕方がないところですが、、、SIMロック解除済みの白ロムもあっという間に定価割れです。
d0262326_21203813.png
昨今では2~3万円程度の価格で買えるSIMフリースマホでも十分日常利用なら耐えられる格安スマホも多くなりましたが、発売日から1週間も経っていない、シャープ製の防水・おサイフケータイ対応のドコモモデルが2.5万円。

ハイスペックモデルが欲しい人にはSH-01Kはカメラや処理性能など全体的に物足りないと思いますが、スマホで動画を見たりLINEやTwitterなどのSNS、地図機能くらいしか使わないのならSnapdragon 430搭載のSH-01Kでも十分快適に使えるでしょう。特に、高いお金を出したくないという理由で2~3年以上前のスマホを今でも使っているような人の買い替え用なら、docomo with対象機種で安売されている白ロムはオススメです。

現在のdocomo with 機種の白ロム相場(新品・SIMフリー化済み)は、

・arrows Be F-05J 14,000円~15,000円 (定価 28,512円)
・Galaxy Feel SC-04J 22,000円~25,000円(定価 36,288円)
・AQUOS sense SH-01K 25,000円~27,000円 (定価30,456円)


と言った感じです。私はGalaxy Feelを持っていますが、電池の持ちの良さ重視ならSC-04Jもオススメです。スペック・機能性はSH-01KもSC-04Jもあまり変わらない(パネルなどは全然違うのですが、この価格帯のスマホを買う人はそこまで拘らないでしょう)ですね。両社ともUIが結構独特なので、今までのAQUOSシリーズを使ってきた人にはSH-01Kが良いでしょう。

もう一つ、SC-04Jはナビゲーションキー(ホームボタンの両サイドにあるタッチ式キー)の、戻るボタンが右側にあるので、これも慣れるまでは違和感があるかも。
d0262326_21424891.jpg
最近のS8/S8+/Note 8などの画面内にあるタイプは確か入れ替えが出来るそうですが、SC-04Jは入れ替え不可。SH-01Kは一般的なAndroidスマホと同じように、デフォルトで左側が戻るボタンになっています。

docomo with の割引目的で端末を買う側の人にとっては、価格は下がりはしましたが、まだ現在発売中の3機種の中ではSH-01Kが有利でしょう。SC-04Jより6千円安く買えるのに、白ロム価格は若干SC-04Jより高く売れるので。使える公式の割引・キャンペーンはどちらもほぼ同じであり、SH-01Kの場合は発売記念でシャープの家電製品(ヘルシオグリエ・コードレスサイクロン・プラズマクラスタースカルプエステ・超音波ウォッシャー)が当たるキャンペーンも2018年2月28日までやっています。

(応募はSH-01Kに入っているアプリから行うので、白ロムの購入者も応募できる?かもしれません。申し込みは「1回線」ではなく、「1台につき1回」となっているので、端末のIMEIで判断するなら出来るでしょう。かつて、Galaxy Feelを含む夏モデルでやっていた「新機種をもっと便利に使おうキャンペーン特典」は、白ロムでもポイントが貰えました。キャンペーンについて詳しくはシャープに問い合わせて下さい)

AQUOS senseのSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」がおよそ3.3万円で市場に出ることが確定したので、MVNO回線とのセット購入であればもっと安く買えるようになる可能性も高いながら、機能面を考えればSH-01Kの2.5万円でも激安なので、白ロムで機種変更をしたい人にとっては狙い目の機種になると思います。

☆「ドコモ docomo with AQUOS sense SH-01K


by ke-onblog | 2017-11-14 21:58 | キャンペーン情報 | Comments(10)
Commented by すろうにん at 2017-11-15 00:47 x
オクでこちらの端末をウォッチしてたら、
△判定の端末が結構削除されてたのですが、
ランク出品者の△判定端末はずっと残ってたりして、
運営側もその辺の実績を担保に違反出品者の基準を決めてるのかもしれませんね(笑)
Commented by Androidマン at 2017-11-15 07:55 x
親切だとは思うのですが左右に固定された表示で光らすギミックにするよりも、左右に●表示のみで光るギミックにすれば、個人の趣向に合わせてシステム設定のみで左右入れ替えなどにも対応しやすいとは思うのですけどね~
Commented by ke-onblog at 2017-11-15 09:03
> すろうにんさん

元より赤ロムを流すような人間がごく一部でも居る事自体が残念ではありますが、個人ではなくストア出品なら△OKにしているあたり、実績や身元保証がやっぱり大事ということですね~。
Commented by ke-onblog at 2017-11-15 09:09
> Androidマンさん

ご存知で書かれているのかもですが、XiaomiのMi5あたりがまさにそのスタイルですねw 慣れてしまえば全然気にならないですが、左右のキー動作が違う機種を同時に2台以上使っているとよく間違えるので、次期Feelがあるのならばユーザーに合わせられるような仕組みにして欲しいですね。
Commented by きりはら at 2017-11-15 10:25 x
私もfeelユーザーですがキー配列に慣れないのでall in one gestureで入れ替えて使ってます
Commented by ke-onblog at 2017-11-15 12:18
> きりはらさん

こんなアプリがあるのですね!アプリの操作も慣れ次第なのかもですが、すべて統一してしまえば機種の独自操作にも依存せず気楽に買い替えが出来るようになりますね~
Commented by にぱいあーる at 2017-11-16 10:29 x
Galaxyは昔から右が戻りですよねえ。
あと中華も大半が右が戻りがデフォルトなので、むしろそっちに慣れてしまってます。
一時期は、オンスクリーンは左が戻り、画面外ボタンは右が戻り、と大勢が決まっていて使い分けしやすかったのですが、最近はまたグシャグシャですね。
逆に最近のはオンスクリーンは変更が効く場合が多いので、だいたい右が戻りにしてます。
Commented by わくわく at 2017-11-16 14:49 x
なかなかwith機種はいい感じですね。
結局家族用に買った筈のARROWS beが回り回って自分用になってしまいましたが(苦笑)しかし皆が謂うほどはダメではなくトータルバランスが良いので案外使いやすくていい感じです。
もちろん同じ値段なら当然SH-01Kでしょうが。
Commented by ke-onblog at 2017-11-16 16:57
> にぱいあーるさん

右戻りに慣れていらっしゃるとはさすがですw 利き手やクセと同じで、一度慣れてしまえばどちらでもスムーズに操作は出来る程度の違いってことなのですよね。いずれにせよ初めてAndroid → iPhoneへ買い換えたユーザーが感じる「戻るボタンはどこ?」よりはマシですかね(笑)
Commented by ke-onblog at 2017-11-16 17:12
> わくわくさん

おぉ~、arrows Beをお持ちですか!ゲームや写真機能などに拘らなければdocomo with機種のお買い得感は半端じゃないですよね~。

安い機種には安い機種なりの良さがあり、iPhone Xのような壊れやすそうな高級機でも、将来の高い下取りが期待できるわけでもないので、消耗するまで使い倒す気楽さで利用できる点が良いなと思います(笑)

arrowsの低価格モデル・SIMフリーモデルはいつまで経ってもスペックアップしないな・・・とも思うのですが、現行機以上の性能向上より、同じレベルでいいのでより安く・より丈夫(長く使える)なスマホを求めているユーザー層も少なくないってことなのかもですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。