白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

au下取りプログラム 11月21日から画面割れiPhoneを減額の大改悪を実施

少し前から噂はちらほらと出ていましたが、auショップの店鋪SNSでも情報が漏れ始めたため、やはり確定的のようです。

auでは11月10日にもAndroidスマホ類の下取りを大幅に減額したばかりですが、さらに条件の改悪ですか・・・。事前に下取り用端末を準備して人は要注意ですね。



他社では画面割れ・水没はずっと昔から減額対象ですし、auの場合も2016年3月までは画面割れはNGでしたので、もとに戻っただけとも言えるのですが。

関連記事:(2016年4月29日  auの下取りプログラム適用条件が緩和!画面が割れていても動けば割引OK

現在のauで下取りに使いやすい端末は、タダ同然で手に入る「その他スマホ 8,640円」か、Xperia Z3の21,600円などがありました。通常動作品だとまだZ3は1.3~1.5万円くらいが中古白ロムの相場だと思いますが、画面割れのジャンクで良ければその半額くらいで入手も出来たでしょう。その節約術が今後は使えなくなるということになります。

iPhoneの下取りはiPhone 6で16,200円ですね。これもジャンクOKだと思えば悪くない下取りですが、「ドコモ 下取りプログラム」では22,000円です。画面割れNGにするのであれば、全体の査定をアップして欲しいところですね~

MVNO市場の拡大に伴って、中古端末をキャリアが回収するのではなく、一般買取店やリサイクルショップ・個人間のリユースを促進するという意味では、キャリアの下取りプログラム悪化は順当なところではありますが・・・肝心の携帯買い換え自体の負担が高く感じるようになってしまっては、スマホ自体の買い控えも起こりそうです。昨今のスマホは電池の持ちなどを気にしなければ2~3年以上使えるスマホも多いですしね。

auで下取り込みの案件を狙って、画面割れのジャンクスマホをストックしていた人は、今週中に急いでなんとかしたほうが良さそうです。

画面割れの減額がどの程度のものなのか次第ですが、iPhoneユーザーでは画面がバキバキに割れたものも使っている人もよく見かけますし、いざauに持っていったら割引に使えません、というような事態になりかねません。ジャンクのiPhoneでも買取店やオークションでなら結構高値で売買されていますので、21日以降の下取り変更額と、市場の「画面割れiPhoneの価値」のギャップに注意が必要です。安くなりすぎるようなら、キャリアの下取りなんて端から使わない(あるいは別途下取り用の白ロムを用意する)ほうが良いケースもあります。


by ke-onblog | 2017-11-15 18:25 | 白ロム転売法 | Comments(4)
Commented by びわごん at 2017-11-16 03:02 x
こんばんは。
画面割のiPhone6、Xperia Z3には大変お世話になりましたが、ついに終わりですか。
幸い先月で使い切ったので、今後はオンボロAndroidですかね〜
Commented by ke-onblog at 2017-11-16 10:02
> びわごんさん

まだいくらまで下がるのか不明ながら、他社と同レベルまで下がる可能性が高いので終わりっぽいですよね~(ノД`)  ちょうどいいタイミングで使い切っているとは、さすがですw

無くなって感じる、ジャンク下取りのありがたさですね(苦笑)
Commented at 2017-11-16 12:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2017-11-16 17:04
> Androidマンさん

貴重な情報ありがとうございます!世の中いろんな人がいますね~(´Д`;) 少額とは言え普通に詐欺なのですぐに足がつきそうなものですが・・・手を変え品を変え場所を変え、大きな動きをしない場合はなかなか検挙まで届かないのかもですねぇ。モバイル端末や白ロムなどは、やっぱりそれなりに信頼できるところから買ったほうが良いですね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。