白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

au SIMロック解除変更から10日 白ロム価格相場への影響

2017年11月30日、auショップに大量にスマートフォンの白ロムが持ち込まれ、ロック解除作業が行われていたという話も見かけましたけれど、auでは2017年12月1日よりSIMロック解除に関わるルールが変更されました。

従来では購入後101日経過するまでSIMフリー化が出来なかったiPhoneやAndroidスマホでも、本体代金を一括払いしていれば(支払情報がauのシステムに反映された後)すぐにロック解除が可能になりました。

一方では、これまで可能だった本来の購入者ではない端末の所有者によるSIMロック解除(白ロムの持ち込み解除)が出来なくなったことを受けて、すでに元の契約者本人の手を離れた、キャリアロック状態のままの白ロムは、通常の方法ではロック解除が不能になったはずです。

関連記事: 2017年auスマホのSIMロック解除ルール変更で何がどうなる?白ロム運用・格安SIM利用時の注意点

白ロムのロック解除はドコモ・ソフトバンクではもともと出来ない(ドコモの旧モデルでは受け付けているモデルもある)ため、他社と横並びになったと言えばそれまでですが、auの一部モデルはSIMロックを解除しないと同じau系列の格安SIM回線で使えないため、影響が及ぶ範囲が大きいものと推測されます。

この変更により、auの白ロムを購入して運用する場合にはいろいろと注意が必要になったわけですが、事前に予想された白ロム価格相場への影響としては、

・SIMロック未解除かつ、解除しないとMVNOで使えない機種 → 価値下落
・SIMロック未解除かつ、解除しなくてもMVNOで使える機種 → 相対的に価値微減
・SIMロック解除済みの新しい機種の白ロム → 流通数が増えて、相場は下がる
・SIMロック解除済みの比較的古い機種の白ロム → 今後手に入りにくくなるため、一時的に価値が上がる?


こんな傾向が予想されるところでした。その結果は、、、
d0262326_19333772.jpg
いろんなショップの相場を全て把握しているわけではないので一概には言えないのですが、白ロムを販売する各種ネットストアでは、SIMフリー端末としてかなりの付加価値を付けて売りたいという思いがあるようです。

ネットショップで検索すると、SIMフリー化端末には分かり易く「解除済み」と記載をするショップが増えた気がします。楽天やヤフーで検索すると、めちゃくちゃいっぱい出てきますね(笑) 

例えばですが、ゲオモバイルの楽天市場店ではauのGalaxy S7 edge SCV33の美品(Aランク)が少し前まで3万円台前半で売っていたはずです。

それが今では、

・SCV33 Aランク ロック解除済み/未解除 53,146円
・SCV33 Bランク ロック解除済み/未解除 47,832円


・・・ロック解除品を値上げするのは判るのですが、未解除品も同じ値段で、2万円も値上がっています(´∀`;)

と見せかけて、

・SCV33 Aランク 未解除 35,704円
・SCV33 Bランク 未解除 32,134円


の価格設定のまま売られている在庫もあります。ゲオモバイルの楽天市場店は状態が同じなら一律で価格を付けていると思ったのですが、12月1日以降で「ロック解除版」という価格帯カテゴリーを新たに作ったせいなのか、新旧価格が混在しています。

白ロムの価格は流動的に変化するものなので、端末が値上がりすること自体はおかしな事ではないのですけれど・・・ちょっとゲオのロック解除版は高すぎでしょう。今はもうスーパーセールでポイント還元率が高いというわけでもないのに。

Androidの場合はいろいろとauモデルには対応周波数帯の問題でクセがあるので微妙ですが、iPhoneの場合は素直にSIMフリー版と同じように振る舞うはずなので、安売りされているiPhone 8がオークション等ではお買い得かもしれませんね。

8の64GBロック解除版がヤフオクで7.3万円~8万円というのが直近でありますが、普通にアップルストアで買えば8.5万円です。ヤフオクのキャンペーンでポイント還元などを使えば、購入者にとってもそこそこなお買い得感があったことでしょう。

auのiPhone 8 64GBはショップではコンテンツや下取り込みならば一括0円にキャッシュバックまで付けてばら撒いているショップも少なからずあるみたいですし。

今も販売が続いているau機種は、今後ますますロック解除済みの端末が市場に増えてくると予想されますので、安売りが加速する年末・年度末シーズンの値下がりペースには注意が必要になるでしょう。

11月末に駆け込みでロック解除した旧端末の白ロムも、あまり高い価格を付けていると後続の新機種のロック解除在庫が割安になればそちらに需要が取れるはずなので、売るタイミングと値付けのバランスが難しいですね。ショップ的には折角コストを掛けて白ロムをSIMフリー化したのだから高く売りたい・・・と思うかもですが、auのAndroid端末のSIMフリーモデルの希少性は今後薄れていくことでしょう。そもそも、今のauの新機種(2017年8月以降発売のモデル)はロック解除せずともau系MVNOで使えるはずですし。

また、12月1日からは確かに一括支払いをしていればSIMロック解除が出来るようになりましたが、2018年1月以降、今度は端末購入サポートを適用して購入した場合にドコモと同じくauも101日待たないとロック解除が出来なくなるので、auの端末購入サポート機種を買うのなら12月中が良いでしょう。

今後auの白ロムを買う場合には、用途に応じて安いSIMロック未解除版を買ったり、SIMロック解除版を買う場合も価格相場から外れていないか、よく確認してから検討するべきですね。


by ke-onblog | 2017-12-10 20:13 | 白ロム転売法 | Comments(4)
Commented by yoh at 2017-12-10 21:20 x
先月の記事でgeoの非ロック解除のshv39が36k程で売られている情報を見て定期的にチェックしていたところ、今月になってロック解除済みのshv39(Aランク 本体のみ)が36kで出品されていたのでおもわずポチっちゃいました。
情報ありがとうございます

Commented by ke-onblog at 2017-12-10 23:34
> yohさん

お~!解除済みのSHV39が出ていたのですね! 本体だけとは言え美品の解除済みSHV39はオークションでは50k前後でもおかしくない相場ですね。その価格なら私も欲しかったです(笑)
Commented at 2017-12-11 12:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2017-12-11 20:46
> ブラックサンダルさん

値段も性能もいい感じですよね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。