白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

すごく久しぶりにドコモ機種を新品開封しました。

先日お風呂用スマホとして活躍してくれていた304SHがお亡くなりになったので、一時的にauのAQUOS SERIE mini SHL24を使っていました。
このSHL24はゲオジャンクでボロボロの状態でゲットした格安品だったのですけれど、ディスプレイの飛散防止フィルムを剥がしたらキレイな面が出てきたので、一時しのぎ用ならなんとかなるだろうと。

でもダメでした(´∀`;)

普通に室内で使う場合はなんともないのですが、お風呂場のような高湿度な場所ではディスプレイにわずかでも曇り・水滴が付いてしまうと、タッチが過剰に反応してしまい、まともに操作できないくらい暴走してしまいました。

開発者モードでタッチ位置を可視化すると、触っていない部分を常時タッチしているかのように動作してしまっており、パネルを拭いても元にもどりません。こうなってしまったら一度ディスプレイを消灯させて、再度点ければ解消されるのですが、毎回そんなことはやっていられません。

設定画面でディスプレイのタッチ感度調整というのも出来るものの、やはり水滴が付いてしまう前後での暴走を止めることは出来ていません。

304SHもディスプレイに飛散防止フィルムが貼られているタイプの画面でありましたが、こんなふうに暴走することは一度も無かったです。もちろん水滴が付いた状態だと誤動作をすることもありましたが、ストレスがたまるほどおかしな動きはせずに使えていたのに。。。

もともとこの飛散防止フィルムは剥がして使うものではないことはわかっているつもりでしたが、フィルム込みでタッチ操作が通常動作するようにちゃんと設計されているのですね(´∀`;)

かといってこれから追加でSHL24用のフィルムを買うのもなんだか馬鹿らしい(本体が1980円でしたし)と思ってしまったので、スペックはそこそこ高く、防水性・軽量性に優れるXperia X Compact SO-02Jを入手しました。養分で。

色はブラックにしました。ピンク・ブルーは将来手放すときに価値が低くなりそうなので(笑)
d0262326_13393784.jpg
もう発売から3ヶ月も経っているのでこちらのサイトではレビューは書かないつもりですけれど、やっぱり良いですね~。SHL24も4.5インチでコンパクトなのですが、その分バッテリーが小さくて使っていると電池の持ちが悪いです(中古であることも大いに影響していると思いますけど)。

その点Xperia X Compactは旧シリーズから容量が2700mAhに増えており、公称で約95時間の実利用が可能ということなので普段使いも込みで便利に使えそうです。

ドコモの公式価格は本体価格は新規・MNP・機種変更ともに購入サポ(およびおとりかえ割併用)一括15,552円。

☆「ドコモ Xperia X Compact SO-02J

白ロムで買うのなら45k前後が相場です。
白ロム価格は3月になればもう少し安くなる可能性もありそうですが、普通にドコモ回線で使うのなら下取りプログラム・はじめてスマホ割・学割・家族まとめて割などをうまく組み合わせて機種変更をするのも良いでしょう。


# by ke-onblog | 2017-02-25 13:57 | 白ロムコラム | Comments(0)
以前よりSnapdragon820搭載のハイエンドクラスの処理能力を持ちながら、価格は格安スマホ級の端末として知られるZUK Z2がクーポン利用で更にやすく輸入出来るようになっています。

ここしばらくは180ドル(2万円前後)が相場だと思っていたのですが、Banggoodにてクーポンが出ており、これを適用すると154.79ドル=1万8千円弱に割引されます。

☆「Banggood Lenovo ZUK Z2 5.0 inch 4GB RAM 64GB ROM Snapdragon 820

クーポンコードは「zuk2017」です( → クーポンは早期終了してしまったようです。また追加情報があれば更新します)。会員登録をしてサインイン後、カゴに入れてからカート画面でクーポンを入力・APPLYを押すと適用されます。
d0262326_22475683.png
このスペックで1万8千円を切るというのはもはや異常なまでのコスパですね~。ZUK Z2には上位モデルのRAM 6GBモデル「ZUK Z2 PRO」もありますが、今回のクーポン対象は4GB/64GBモデルのホワイトのみです。

ギアベストでもクーポンが出ていて20500円くらいでしたので、Banggoodの今回のクーポンセールは圧倒的です。アリエクなどを使っても180~190ドルくらいが相場のはず。

このクーポンは2月28日まで有効ということなので、購入を検討する場合はお早めに。今日はもうすぐ1ドル111円台に届きそうですし、なかなか良いタイミングかもです(´∀`)


# by ke-onblog | 2017-02-24 22:58 | 端末輸入 | Comments(8)
ちょっと購入を真面目に検討していたHuaweiから新発売されたばかりのSIMフリースマホ Huawei nova liteにこんなクーポンがあったのですね・・・
d0262326_20345878.jpg
多くのMVNOでは定価は2万円前後で販売開始となっているエントリーモデルのnova liteが、発売を記念してNTTコムストア系列のgoo SimSellerの本家サイト(ヤフー版・楽天版は対象外)で使える、5,000円値引きクーポンを同サービスが展開している「gooポイント」という会員サイトで発行出来ます。

☆「goo SImseller Huawei nova lite発売記念キャンペーン

こんな感じで、0ポイントで交換出来るクーポンが出せます(初めて使う場合は「ポイント利用登録」が必要です)。
d0262326_20391472.png
使い方は簡単で、発行されたクーポンの番号をgoo Simsellerのnova lite 購入画面で「備考欄に記載」することで値引きが適用されます。購入画面では19800円のままになっていますが、そのまま注文してOKです。後日キャンペーンに修正された価格でメールが届くということです(詳しくは上記のSimSellerのキャンペーンページに書いてあります)。

goo SimSellerでは「らくらくセット」販売の場合は開通済みのSIMが本体にセットされて届くので回線契約が必須のはずですが、このクーポンによる購入はらくらくセットではなく通常のSIMパッケージセット販売だと思われますので、回線契約は任意でしょう(goo SimSellerではnova liteのらくらくセット販売も現在やっていますので、間違えないようにしてください。らくらくセットもクーポン値引き対象外です)。

他社の音声SIMセットならもっと大きな割引もあるかもですが、端末だけが欲しい場合はたぶんここが最安値ではないでしょうか。

クーポン発行期限まではまだしばらくありますが、もう在庫切れ間近なので欲しい方は早めに注文したほうが良いかもしれません。

売り切れの場合は、Tポイントで最大25%還元くらい(アカウントにより最大還元率は異なります。私のIDだと26倍になってます)が狙えるヤフー版が良いでしょう。

☆「Yahooショッピング版 NTTコムストア Huawei nova lite」/(*こちらはクーポン対象外なので注意)

SIMのセットでも良いのなら、ニフモで最大20000円キャッシュバックもやっています。データSIMとのセットでも8000円が貰えます(適用条件・還元時期に注意してください)。ニフモのnova lite端末価格は18,900円(税別)。

☆「NifMo 端末+SIMセットキャッシュバックキャンペーン

私は・・・ちょっとまだ悩んでいます。。。 明日、別のスマホが届く予定なので(´∀`;) P8 lite, P9 liteを今買うくらいならnova liteがお買い得でしょう。某フランス発のスマホより安いです(笑)


# by ke-onblog | 2017-02-24 20:49 | キャンペーン情報 | Comments(0)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン