白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:キャンペーン情報(携帯以外)( 160 )

先月までやっていたYahooプレミアム会員登録で1500円分のTポイントが貰えるキャンペーンが5月も延長しています。

キャンペーンの内容は前回と同じく、「プレミアム会員登録」+「Tカードの登録」または「プレミアム登録」+「お買い物(オク・Yショップ・ロハコ)」を同じ月に行うことです。

過去記事:Yahooプレミアム会員登録新CP 1500Tポイントが貰える2種類の方法

Yahooプレミアムの会費は月額462円なので、実質3ヶ月無料です。

また、動画サービスの「プレミアムGYAO!」の月額料金800円が最大3カ月まで無料になるので、ゴールデンウィークに動画をガッツリ楽しみたい人にはちょうどいいでしょう。

*過去に無料お試し系キャンペーンを適用したことのあるYahoo IDだとキャンペーン適用外になることがあるので、会員登録時の表示を良く確認して下さい。
d0262326_1525746.png

この表示がでなければ、動画無料キャンペーンは対象外かもしれません。

☆「Yahoo!プレミアム


by ke-onblog | 2016-05-04 15:03 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
携帯業界も自治体も、総務省には逆らえませんか・・・

ヤフーニュースのトップに興味深い記事が出ています。見出しの「ふるさと納税で赤字になった自治体」という話題はともかく、ふるさと納税での売上げ(?)ランキングが出ています。

☆「控えめ返礼品あだに…ふるさと納税赤字」 

ふるさと納税で黒字を出しているトップは、長崎県の平戸市で14億円もの黒字化に成功しているそうです。

黒字になるほど人気があるということは、つまりそれだけ魅力的な返礼品・納税するメリットがあるということですよね(ΦωΦ)フフフ…

平戸市の返礼品を見てみると、ここは納税額に応じてポイントを付与し、そのポイントに応じて返礼品カタログから商品を選べるという方式を採っています。

他の上位自治体を見てみると魚介類やお肉など食品関連も多いのですが、7位の長野県飯山市ではパソコン・タブレットの返礼品を取り扱っていました。

長野県といえば精密加工産業が有名な印象がありますが、マウスコンピュータのタブレットやパソコンが返礼品として入っていますね。

ですが、、、その飯山市では4月1日から一部の返礼品を取りやめています。
飯山市では、ふるさと納税に関する平成28年4月1日付の総務大臣通知を踏まえ、4月初めより一部返礼品について、取り扱いを休止させていただきました。

当市ではふるさと納税募集にあたり、本来の制度目的に沿った運用を行っており、その結果、多くの皆様のご賛同をいただき、雇用の創出、観光・農業振興等、様々な面で地域活性化に効果をあげています。しかしながら、今回の総務大臣通知では、当市で取り扱ってきた一部返礼品が、転売等のおそれがある資産性の高いものに該当するということが示されていることから、今後は該当すると思われる返礼品にかかるふるさと納税の新規募集をしないことといたしました。 ふるさとチョイス 
どの商品が取扱終了となったのかは確認出来ませんでしたが、やっぱり金券・商品券系でしょうか。こうしてわざわざアナウンスを出すほどなので、名指しで批判された返礼品が飯山市にはあったのでしょう。

総務省からの通達はあくまで「自粛を求める」ようなものだったため、強制力は無かったはずなのですけどね・・・。あまり良くない流れです。

こうなってくると、以前紹介したようなiPadやXperiaなどの取り扱い安い製品が除外される日も近いかもしれません(´Д`;) 

関連記事:ふるさと納税でiPad, Xperiaを貰うなら今のうちかも 総務省が転売を阻止

「控えめな返礼品だと赤字になる」と分かっているのに、オトクな商品はやめろというお国の命令に従い、さらに廃れていく地方自治体・・・。もう好きにすれば良いと思います。


以前調べた焼津市ではiPad mini4はまだ在庫がありますが、iPad Air2は品切れになっていますね。Xperia Z2 Tabletもなくなってる?(今更Z2も無いですけど)

何事も程度の問題かもしれませんが、制度の改悪が今後も進みそうなので、欲しい商品はやっぱり早めにゲットしたほうが良いということなのでしょう。

☆「ふるさと納税サイト「ふるなび」


by ke-onblog | 2016-04-13 19:02 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(3)
かなり前にプリモバのアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンをやっていた頃に紹介したことのある、ギフト券売買の専門サイトで出品手数料が無料になるキャンペーンが4月末→6月末(延長されています)まで行われています。

売ることの出来るギフトの種類に制限がありますが、アマギフ・LINEプリペイドカード・Google Playカードなど、不要なギフト券がある場合はヤフオクより有利に売れる可能性がありますね。

☆「Giftissue ギフティッシュ

通常は販売した額面の2.14%を手数料として取られ、かつある程度安くしていないと買い手が付かないのでオークションサイトと比べてあまり出品者としてのメリットは大きくないな・・・と思ったものですが、ヤフオクの手数料が引き上げられちゃいましたので、手数料無料キャンペーンも合わせて相対的に有利になってきました。

販売方式はオークションではなく、売り手が自由に値付けをできます(額面以下の値段であることが必須)。

一方、買い手としてもギフト券がかなり安く買えます。2-3%くらいの割引ならオークションでも見つかりますが、今在庫を見てきたところでは最高でアマゾンギフト券が6%オフというのがありました。このギフティッシュはコードでの取引が原則なので、購入してからすぐに使えるようになるのもメリットといえばメリットです。

今買えるギフト券だと・・・

アマゾンギフト券/9,500円分→ 9,025円  95%
iTunesギフトカード /10,000円分 →8,500円  85%
Google Playカード/2,000円分→ 1,880 94%
LINEプリペイドカード/200円分→100円 50%

こんな感じです。さっきまで6%オフのアマギフがあったのですが、記事を書いている間に売り切れました(´∀`;)

iOS用のアプリでも売買が出来るようになっているので、ギフトが買いたい・売りたいという場合は価格相場をチェックしてみる価値がありそうです。

購入時は事前にアカウントに入金が必要、売却利益の払い出しにはコストが掛かるので、そのあたりも含めて良く計算して使いましょう。少額で引き出すと、手数料分で不利になりかねません。




by ke-onblog | 2016-04-09 12:38 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
先月の「最大2ヶ月無料+最大3000Tポイント」に比べるとお得感がガクっと減ってしまいましたが・・・でも貰う方法は手軽になりました。

4月1日からのYahooプレミアム会員登録の新キャンペーンが始まっており、2種類のキャンペーンが同時展開しており、いずれかの条件を満たすと1500円分のTポイントが貰えます。

☆「Yahoo!プレミアム

プレミアム会員になっていないIDで上記ページに進むと、中央付近(PCの場合)に表示されるローテーションバナーがあり、そこに2種類の画像が出るはずです。
d0262326_1462798.png

これと、
d0262326_1465980.png

これ。

両方のページ共に貰える最高額は1500円分で同じなのですが、条件が違います。

上の青いバナーでは「プレミアム会員登録」+「Tカードの登録」、下の桜色のバナーは「プレミアム登録」+「お買い物(オク・Yショップ・ロハコ)を1円以上」というのが付与条件。

それぞれのページから登録が必要なので、1つのIDで両方は無理ですね。

また、過去に以下のキャンペーンを使ってプレミアム登録をしたことがあるIDも対象外です。
・2015年10月1日(木)~2016年3月31日(木)に実施していた、Yahoo!プレミアム会員登録とヤフオク!かYahoo!ショッピングかLOHACO利用で1230ポイントもらえる!キャンペーン
・2015年10月1日(木)~2016年3月31日(木)に実施していた、Yahoo!プレミアム会員登録とTポイント利用手続きでもれなく1230ポイントもらえる!キャンペーン
・2016年3月17日(木)~2016年3月31日(木)に実施していた、Yahoo!プレミアム会員登録とヤフオク!かYahoo!ショッピングかLOHACO利用で1230ポイント・さらにYahoo!ショッピングのショッピングクーポン取得で、合計最大3690ポイントもらえるキャンペーン

先月の3000ポイントキャンペーンの時にもバナーが表示されないという方がいらっしゃいましたが、今回もバナーが出ない・上記条件に該当するIDの場合はポイントが貰えないので、、、この手のキャンペーンは年中出ていますが、今回は「2015年の10月1日~」のキャンペーンを使った人が対象外になっているので、半年がキャンペーンの喪明け期間のようです(笑)

前回のキャンペーンでは500ポイント×6ヶ月間、クーポン発行を繰り返さないとポイントが沢山貰えませんでしたが、今回はクリア条件がシンプルです。

Tポイントカード連携済みのIDでも青いバナーの方も対象になりますので、3月に加入できなかった・間に合わなかった人はトライしてみるのもいいでしょう。今回の期限は4月30日までです。


by ke-onblog | 2016-04-04 14:16 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
3万円なら安いかな?

レノボはもともと安いノートパソコンが多いですが、その中でも特に安い小型のモバイルノートパソコン Flex 3が決算セールで50%OFFとなる限定クーポンが出ています。

【*本キャンペーンは終了しました。最新の価格は公式サイトで各自確認して下さい】

☆「レノボ Lenovo Flex 3


スペックは価格相応なのでそれほどでもないですが、重さ1.39kgとほどほどに軽量で液晶面をグルっと回してタブレットみたいに使うことも出来るコンバーティブルPCです。

ウェブサイトには40%引きになる「IDEASPQ4」というクーポンコードが出ていると思いますが、【JPTIMESALE0313】というコードを入れると、3月13日までは50%引きになります。/終了しました

*3月14日以降は無効になりますのでご注意下さい。

OSはWindows 10 Home 64bit、画面はタブレットとしても使えるようにタッチパネル対応です。

最近は安価なWindowsタブレットもありますが、Flex3は一応スタンダードノートパソコンとしての立ち位置なので、CPUはCeleron プロセッサー N2840、ハードディスクも500GBを搭載しています。ハードな処理が必要な用途には向きませんけれど、ネット経由や本体に保存した動画・写真を楽しんだり、ちょっとした目的で使うのならありでしょう。

格安な8インチWindowsタブレットだと2万円前後の商品が多いですが、+1万円で少しちゃんとしたノートパソコンっぽい使い方もしたいかも。。。という微妙な要求に応えられるモデルですね。

今時の若者はパソコン無しでスマホのみ、というスタイルの方もいらっしゃるそうですが、スマホ+こういうモバイルサブPCが1台あると便利だと個人的には思います(もっと言えば、私は何台スマホがあったところでパソコンの無い生活なんて考えられませんけども^^;)。


by ke-onblog | 2016-03-11 16:18 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(1)
3月は携帯の買い替えシーズンでもありますが、パソコンもまた買い替え・買い増しをしたい人が増える時期ですね。

新品のパソコンを買うのなら当然純正の周辺機器・付属品がセットになっていることと思いますが、中古パソコン・ジャンク品などを購入して激安でノートパソコンを手に入れようとした場合、電源ケーブルが付いていないことがあります。

よくこのサイトで紹介しているノジマの中古コーナーはその最たるもので、多くの中古パソコンは電源ケーブルが別売りです。

☆「ノジマオンライン 中古・白ロム一覧

ノートパソコンの場合はバッテリーがついていれば少しの間は使えるかもしれませんが、もちろん給電できなければ日常利用は出来ません。電源ケーブルはメーカーで取り寄せる事もできるかもしれませんが、純正品アクセサリーはぼった○りレベルの価格設定がされていることもありますね・・・

メーカーによって異なりますが、通常の100V用ACアダプターだと7000円~10000円くらいでしょうか。せっかく安い中古のノートパソコンが手に入っても、電源だけで1万円も払うのはバカバカしいところ。

メーカーの純正品でない、互換性のACアダプターというものもあるにはあるのですが、ノートパソコンというのは細かく入力・出力の規格が決められていることもあり、規格の合わない電源を使い続けるのは危険です(一時的に使えても、過負荷を与え続けることになって寿命を縮めたりすることもあるでしょう)。

ノジマのオンラインショップでは、別売りではあるのですが最近ノートパソコン用の電源ケーブルが入荷しており、1個あたり1000円~2000円程度で国内メーカーパソコン用の機器があります。

例えば、

・ソニー純正 VGP-AC19V48-879(19.5V 3.3A 65W) 1080円 → 数多くのVAIOノートに使われているアダプタ

・NEC純正 PC-VP-WP12 1080円 → Lavie S, LaVie G タイプSなどに使われています

・東芝純正 PA3714U-1ACA-893 1080円(19V 3.42A)→ 複数のダイナブックシリーズに使われています


他にも「PC-VP-WP124-696」「PA3714U-ACA-559」「VGP-AC19V48-597」など、電流・電圧は同じに見えるのに型番が少しずつ違うケーブルがいっぱいあります。

買いたいパソコンに合うケーブルを探すのもいいですが、逆にこれらの安く買えるACアダプタを確保してから、そのケーブルが使えるノートパソコンを「電源ケーブルがないからジャンク扱い」という理由で安く売られている在庫を探すのも面白いかもしれませんね。


by ke-onblog | 2016-03-04 07:02 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
Yahooの年会費無料クレジットカード「Yahoo Japanカード(YJカード)」では明日午前中までの申し込みでキャンペーンが切り替わる予定になっています。

2月29日午後追記:3月31日分までの条件が出ました。ポイントは最大7000ポイント継続で、ちょっと条件が変わりました。大した悪化でもないですが、2回の買物が必要?みたいです。詳しくは申し込む前に確認してみてください。


昨年からこのYJカードのキャッシュバック情報をたびたびチェックしていますが、登録で貰えるTポイントは時期によってポイントの額と、最大ポイント付与まで貰うための条件がコロコロ変わります。

今は「最大7000Tポイント」&条件は超緩め、です。現行のキャンペーンは昨年12月から続いており、一度期間が延長されて2月29日午前11時29分までの申し込み分の条件となっています。

「7000ポイント」という最大額は過去1年分のキャンペーンを振り返ると特に大きな額ではありません。これまでには8000ポイント・10000ポイント・11111ポイントという時期がありました。

8000ポイントだったのは昨年夏頃、その後10000ポイントに増え(秋頃)、ヤフーグループ企画の「11月11日 いい買い物の日キャンペーン」で最大の11111ポイントになっていたはずです(詳しくは当時のブログ過去記事でも漁って見て下さい)。

最大1万円ポイントの頃には、「2ヶ月連続でクレカで2万円以上の買物をすること」というような結構ハードルの高い条件が課せられていました。YJカードをメインで使うのなら2万円くらいは構わないという人ならOKなのですが、メインクレカを他に持っていたり、ポイント目当て(笑)の場合はちょっと大変という印象でした。

そして現行のキャンペーンでは、

初回登録・・・3000ポイント即付与
初回利用(登録から2ヶ月以内に1円以上)・・・4000ポイント付与

これで7000ポイントです。1円の商品があるかどうか判りませんがYJカードは年会費登録費用も一切掛かりませんので、最大で6999円分のポイントがそのまま貰えることになります。


携帯やネット回線の契約キャッシュバックだとこの2月や3月は一番盛り上がる季節ですが、調べてみるとクレカのキャンペーンは夏頃に増える傾向にあるとか。たぶんボーナスシーズン・夏休みシーズンで利用者が増えるからでしょうね(YJカードの昨年のポイント付与も確かにそんな感じで推移していました)。

3-4月にキャンペーンがなくなるというわけではないのですが、この時期は新社会人などは特にキャンペーンを増額させなくても必要に駆られてクレカ作りますよね。そう考えると、明日以降のYJカードのキャンペーンは良くなる可能性は低いのかも? 現在のキャンペーンもすでに「好評につき延長」した結果で7000ポイントなわけですから、そこからすぐに上げてくるかどうかは微妙だと予想します。

ちなみにYJカードのポイントバックが通常の5000円分だけだった時期も昨年はありました。キャンペーンが一旦終わって、空白の時期があるのです。その後また7000ポイントやら10000ポイントやらで条件が変わって登場するようなので、もし明日の午後以降5000ポイントに戻るようなら、急ぎでないならカードを作るのは少し待つことをオススメします。

どこまでも待てるのなら、11月まで待ちましょう(笑)YJカードは何枚もは作れませんので、キャンペーン適用は1発勝負です。

by ke-onblog | 2016-02-28 21:04 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(9)
昨日は静岡焼津市のiPad, Xperia Z2 Tabletがふるさと納税の返礼品にあってお得というお話をしました。その続きでふるさと納税の特集サイトで他によさ気なものが無いかな~と見ていると、「感謝券」という汎用性の高そうな返礼品を用意しているところもありますね。

ふるさと納税という性質上、どうしても貰えるものは地域の特産品が多く、食べ物が多いんですよね。納税による控除があるので実質2000円くらいで高級食材が貰えるというお得感は良いのですが、食べたら終わり、賞味期限があるという制約がある返礼品がほとんどです。

焼津のiPadはそういう意味ではかなり珍しいアイテムなのですね。

関連記事:2016年もiPad mini4, Xperia Tabletがふるさと納税で貰える焼津市すごい

とはいえ、ちょっと年収が少なくて10万円・15万円の前納税をするのは辛いよ、という方もいるでしょう。

納税額の小さいものになるとやっぱり食品が多いのですが、中之条町ではその町で使える「感謝券」というものが納税額の半額分貰えます(5万円収めたら、25000円分)。しかもプラスαで地域の特産品付き。

☆「ふるなび-中之条町のふるさと納税

納税額は10000円からでもOKみたいですね。上限も無いみたいです。

10万円納めれば、5万円分として使える感謝券が貰えるわけです。10万円で5万円分では損じゃないか!とふるさと納税の仕組みを知らない方は思うかもですが、そうではありません。収入次第なのですが、10万円分以上がそのまま控除になる収入のある方にとっては2000円の実質負担で5万円分の金券が貰えていることになるのですから・・・詳しくは上記サイトや総務省の政策ページで勉強してください。

貰える感謝券の換金は出来ません。直接の換金は。(あとは言わなくても判りますよね?(ΦωΦ)フフフ… 調べるとちょっとニュースにもなっているようなので、良い子は適切な使い方をしましょう)

中之条町は四万温泉という温泉観光が有名で、そこの宿泊施設やアウトドアツアーにも使えるそうです。感謝券の有効期間は1年あるので、家族旅行や誰かへのプレゼントとしても使えるかもしれませんね。

あと、ここはクレジットカード振り込みが出来ますね(iPadの焼津市は郵便振替のみでした)。つまりはポイントのつくクレカを指定すれば、ポイントも貰えるかな?

どうせ支払わなくてはならない住民税ですが、ふるさと納税を使うと本当にお得です。かつてはいろいろと申請に手間が必要だったようですけれど、今は通販感覚でネットから支払いを申し込むだけで良いとは。

知っている人だけ・やった人だけが得をするサービスですが、これも「行き過ぎた還元」とか言って規制が入らなければ良いですね(´∀`)


by ke-onblog | 2016-02-14 18:15 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(2)
昨晩はちょっとドル円が戻してしまったようですが、一旦戻ったように見せかけてドーン、というのも良くある流れ・・・

昨日からamazon.comでタブレットやスマホをチェックしていると、やっぱり日本で普通に売られている機種というのはそれほど海外を経由したところでお得感が小さめな傾向です。特にスマホは日本へは送れない商品も多いので、難しいみたいですね。

では日本では発売されていない新商品系を狙うのならありか・・・ということで、珍しいモバイル端末で安い機種を探したほうが面白そうです。


Nvidia Shield K-1 8.0-Inch 16 GB Tablet


こちらのタブレットはIT機器のグラフィック関連製品で良く名前を見かける「NVIDIA」が作っているゲーミングタブレット、というやつです。AndroidタブレットなのですがCPUにはNVIDIA Tegra K1、 NVIDIA Kepler GPUが利用されたビデオゲームに特化させたモデルです。

でもRAMは2GB, ROMは16GBでちょっとメモリー関連は小さいですね。ビデオ性能について私はあまり詳しくないですが、GPUが強ければRAMは2GBでもスムーズに動くってことなのでしょうか。


並行輸入品は日本ではおよそ4~5万円で売られているようですが、amazon.comでは本体のみで199ドル・専用のBluetoothコントローラーセット(Wi-Fi接続のコントローラーだそうです。初稿時は間違ってましたm(_ _)m)で258ドルになっています。両方とも日本へ配送が可能です(2月12日時点)

SIMフリーではなく、普通のWi-Fi接続専用8インチタブレットで40kというと下手なノートパソコンくらいのお値段ですが、直輸入なら25kくらいで済みます(1ドル112円換算)。

発売は2015年11月になっていますが、日本ではたぶん売っているショップはまだ少ないはず(ググると秋葉原のJan-gleというショップでは取扱いがあったようです。さっきウェブで見たところ在庫切れでした)。

Wi-Fi専用タブレットの8インチモデルなら1万円以下の商品も世の中にはありますが、ゲーム専用のタブレットが欲しいという方には安く手に入れるチャンスなのかもしれません。
by ke-onblog | 2016-02-13 09:32 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(2)
前回の記事に続き、アメリカアマゾンでもうひとネタ。

amazon.comでは日本に送ることが出来る商品とそうでないものがありますが、どれが発送できるのかは個別にチェックしていく必要があります。

全く同じ商品でも販売主の差によって配送の可否が異なるため、オプションをあり・なしだけでも配送状況が異なります。

例えばこちらのASUS製のスタンダードノートは、本体のみは約375ドルで日本への配送は不可(This item does not ship to Japan.)と出るのですが、amazonのマウスセットを選ぶと何故か日本に送れるようになります(笑)


ASUS F555LA-AB31 15.6-inch Full-HD Laptop

この機種は日本では直接販売されているモデルではないようです。見た目の雰囲気があの会社のノートブックに似ていますね(´∀`)

ワイヤレスマウスセットで386ドル=約43000円となるのですが、国内のアマゾンでは並行輸入品として約9万円で売られています・・・。

ASUSのノーパソだと国内でも買えるモデルも多く、「ASUS公式オンラインショップ」で扱われているアウトレット品なら同じサイズのノートPCも4万円くらいで買える機種もあります。

でも、このF555LA-AB31というモデルはちょっとスペックが高め。

CPUは第5世代のCore i3-5010Uなので世代落ちはしていますが、簡単な用途なら問題なく動くはず。RAM 4GB, HDD, 500GBなどは普通ですが、ディスプレイがフルHD(1920×1080)です。

ASUSの低価格モデルはほとんどが1366×768ドット (WXGA)になっており、フルHD仕様のモデルは10万円クラスの上位モデルばかりです。

9万円の価値はもちろん無いですが、でも4万円台ならかなりリーズナブルに感じます。


他に日本に送れるものだと、スマートウォッチの「Motorola Moto 360 Sport - 45mm, Black」は300ドル。日本の並行輸入販売品は50k。これはエクスパンシスから買ってもやっぱりあまり変わりませんが・・・

日本に直接送ることの出来る商品は大手メーカー品が多いです。メーカーがアマゾン経由で直接販売していない、二次販売品の場合はほとんどが「This item does not ship to Japan.」と表示されちゃう気もしますが、日本へ発送可能かつ安い商品を探すのはゲーム感覚でなかなかおもしろいですね。
by ke-onblog | 2016-02-12 14:37 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン