白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:LINEスタンプ( 19 )

スタンプのアイデアはあるけど、実際にどんなふうに代行業者とやりとりをして作っていくのかが知りたいという人向けです。

私は代行業者の中でも値段が安く、契約条件が良いところを探しまくった結果として「スタンプファクトリー」さんにお願いしました。

業者選びにはいろんなポイントがあるのですが、私がスタンプファクトリーさんを選んだ理由は以下の4点。

・料金が全部込みで98000円と業界でもかなりの安さだったから
・リジェクト時の修正が無制限で無料
・スタンプが通らなかった場合は全額返金(私がオーダーした頃にはこの保証はまだ無かった)
・スタンプの著作権を譲渡してもらえるから

いずれのポイントも重要なのですが、特に私が重視したのは2つ目「修正無料」と4つ目「著作権」です。

修正について、他社では1回の手直しは無料というところは多いのですが、それ以上は数千円~数万円くらいの有料オプションになってしまいました。私の場合は今回が初のスタンプ作成で勝手も判らなかったため、何度でも修正できるという安心感が嬉しかったです。

4つ目の著作権も重要です。私の場合はブログぐらいしか宣伝方法はないのですが、キャラクターを何かの商品に使ったりするには著作権が無いと何も出来ません。

このブログにも広告用バナーや記事中にスタンプを使ったりしていますが、こういうことも著作権があってこそ。

スタンプの代行作成はちゃんとした契約条件が明らかになっている業者を選びましょう。中には流行に乗っただけの怪しい業者もありましたので、値段だけで飛びつかないように気をつけてくださいね。


さて、実際のスタンプ作成段階のお話ですが、スタンプファクトリーさんの場合は事前に取引の流れを解説したマニュアルを送ってもらえます。基本的にはそれに従って作業を進めていくだけで販売までこじつけられます。

LINEのスタンプ登録作業などは決まった手順を行うだけなのでだれでも調べれば出来ます。一番気になるのは「スタンプのイラスト化」あたりだと思いますので、そのあたりを重点的に解説してみます。

スタンプファクトリのホームページでは「特定の人物」を元にスタンプを作ります、といったキャッチコピーが出ていますがこれは人物じゃなくてもOKです。

オリジナルのキャラクターの場合は「作品の雰囲気」を伝えるだけでイラスト化をしてくれます。

下記が実際に私が発注した案件→出来上がったキャラの「ビジネコ」です。

私の注文した内容は以下のとおりです(オーダーした原文そのまま)。
ネコをモチーフとした、ビジネス情報・セール情報・お得な節約情報をやりとりする際に使いやすいスタンプにしたいです。
利用者ターゲットは男女問わず、子供よりはビジネスマンや企業アカウントでも使える汎用性の高いものを希望します。
ビジネコのデザインイメージは、ネコ自体のカラーは白。
スーツ着用(紺か青で、白いネコに映える色でお願いします)
ネクタイの代わりに赤い首輪(黄色の鈴、デザイン的に難しければネクタイでも良いです)。
スタンプの種類によって四角いメガネ(インテリ風)を付けてほしいです。
楽しい雰囲気のスタンプにはポップでカラフルな文字を、暗い・硬い雰囲気のスタンプには明朝フォントなどの利用をお願いします。
文字は大きめで読みやすいものを設定して下さい。


これは「アンケートフォーム」としてスタンプファクトリーにメールに添付して送りました。フォームに文字数制限は無いので、アイデアを出来るだけ細かく伝えたほうが希望のものが出来上がってくるはずです。
d0262326_16422751.png

このオーダーで3種類のキャラクターを提案してもらいました。本来はここから1つを選んだりするのでしょうけれど、私の場合はスタンプによって性格の異なる「3匹のネコ」として、全部を採用しました。この場合も追加料金などはなく、引き受けてもらえました。

3匹には特に名前は付けていませんが、シチュエーションによって「A/B/C」と3種類を使い分けるように追加注文を出し、本スタンプの作成をお任せしました。

スタンプ作成発注から完成まで私の場合は1ヶ月ちょっとが掛かりました。年末年始を挟んだのですが、予め案内されていた程度の日程でした。納期はクリエイターの忙しさにも依るでしょうから、あまり急かしすぎない方が良いでしょう(笑) どの業者でも大体1~2ヶ月くらいになっているはずです。短い納期のやっつけ仕事で手抜きな作品を収められるより多少待ち時間があっても良いスタンプを作ってもらう方がずっとマシです。

スタンプファクトリーのスタッフさんとのメールのやり取りは10往復も無かったはずです。

・初オーダー時
・前金の支払い時
・アンケートフォームの送受信
・ラフイラストの確認
・半金残高の支払い時
・本スタンプ納品時

この6回位ですね。私のスタンプは一度もリジェクト(審査による却下)なく通過しましたので、結局修正を依頼することもなくスムーズな取引でした。

承認率100%は伊達じゃないってことですね~

クリエイターに直接の伝手がなくて、どんな業者に頼もうか悩んでいるならスタンプファクトリーはオススメです。売れるかどうはかさておき、販売までは私もトラブルなくちゃんと到達出来ましたので(笑)

☆「LINEスタンプ作成代行業者 スタンプファクトリーHP
by ke-onblog | 2015-04-18 16:43 | LINEスタンプ | Comments(0)
いや~長かったです!1月に申請した白ロム転売法オリジナルのLINEスタンプが本日4月16日より、正式に承認・販売開始される運びとなりました。申請日を含み、99日目でのリリースです。
d0262326_18413228.png

(今気づいたのですがこのサンプル、一時期流行った例のドラ○ナイというやつに似てますねw 流行したのは今年の1-2月、スタンプを作ったのは昨年なので全く知りませんでしたけど)

今日この日を待ち焦がれて動き出したのは昨年の11月末のこと。いい感じのスタンプ作成代行業者を発見したのをきっかけにアイデアを練り、発注、納品待ち、LINE Creators Marketへの登録、そしてひたすらの「待ち」でした。

待ちきれなくて何度もこのブログで進捗(と愚痴)を報告しながら気晴らしをして参りました(笑)

今までは一部サンプルのみを公開してきましたが、下記が私の作ったスタンプです。iOS,Android版のスタンプショップ→クリエイターズスタンプで販売中です。

http://line.me/S/sticker/1090539
タイトル :お金は大事!ビジネコ スタンプ
説明文:おさかなよりビジネス情報・お得な情報が好きなネコのシチュエーションキャラクタースタンプ。サラリーマン・起業家や法人、お買い物・節約など、お金大好きな人向けです。

個人売買やビジネス情報をやりとりする際に使いやすい絵柄を考えたつもりです。LINEをお使いの皆さま、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

LINEをお使いでない方もぜひこの機会に始めてみてはいかがでしょうか。ツイッターやFacebook等で拡散して頂けるだけでも嬉しいです。読者の皆様の力が頼りです!

スタンプの作成プロセスや販売状況報告はまた後日やりたいと思いますので、興味のある方はお付き合い下さい。

判っていたことではあったのですが、やっぱりこれだけ待たされると・・・ドナ目的で仕入れた端末が売れた時と同じくらいスッキリしました。

ビジネスとしての本番はこれからですが、ひとまず今晩はゆっくり眠れそうです(´∀`)

白ロム転売法オリジナル【LINEスタンプダウンロードはこちらから】 よろしくお願いします!

白ロム転売ラインスタンプ

by ke-onblog | 2015-04-16 18:50 | LINEスタンプ | Comments(4)
1月にLINEスタンプを登録してから早3ヶ月。全く進展がありません(´Д`)

確かに審査速度は早くはなっているようなのですが、それよりも審査待ちとなっていた保留スタンプが多すぎてまだまだ順番が回ってきません。。。

今日4月11日でLINEのクリエイターズスタンプとして販売されているものは80000個を超えていますね。私がスタンプを申請した1月8日には41000個くらいだったのに。発売時期が遅れるのも残念なのですが、ライバルがどんどん増えていくのも困りものです^^;

最近スタンプの承認数をチェックするのもうんざりです。
d0262326_951551.png

今月も安定して毎日1000個くらいのスタンプが出ています。

私のスタンプのIDは約17万。最近の申請分ではIDが23万くらいですかね~。

1月時点8日時点で 販売中41000個/申請数170000個 = 承認率 24%だったのが、

4月11日時点で 販売中80500個/申請数230000個 = 承認率 35%まで進んだってことですね。

4月に入ってからIDが15~16万くらいのスタンプの承認が始まっていますので、私のも今月中には承認して欲しいです。ほんともう、お願いしますm(_ _)m




by ke-onblog | 2015-04-12 09:59 | LINEスタンプ | Comments(2)
新たなビジネスの予感。

以前このブログでは英語版・タイ語版などのLINEスタンプを作成する代行業者として紹介したA-Link(アーリンク)が新しい商品を出してきました(アーリンクに関する過去記事はこちら→英語のLINEスタンプが作れる作成代行 A-Link タイ語にも対応)。

☆「世界230カ国に販売!オリジナルLINEスタンプ制作-A-link

以前の20万円~でスタンプ作成をするプランに加えて、「LINEスタンプ超速ハーフプラン」という物ができてますね。

これはアーリンク側がすでに作ったスタンプに共同出資し、売上の50%(今だとスタンプ価格の実質17.5%ですが・・・)をシェアするという方式です。

スタンプ自体はすでに完成しているので、あとは登録して売るだけというお手軽すぎるプラン。

ぶっちゃけて言えば自社でこのスタンプを出さないのは自信が無いからでしょうか?だって売れる自信があるなら自分で登録して売れば良いのですから。

販売されているスタンプの質は悪くないものもあるようですが、企業としては確定した利益が先に欲しいといったところなのでしょう。

でもこの価格は安いですね。スタンプ1セットで78000円(税別)。

以前私が別の業者に発注したものでは10万円が掛かりました(詳しくは過去記事を御覧ください)。私の作ったスタンプではスタンプ全体のアイデア・キャラクター設定・各スタンプのイラストに関する詳細な指示をこちらからオーダーしています。完成まで1ヶ月ほど掛かりましたし、アイデアもそれなりに頑張って考えました。手間とお金が掛かっている分だけ販売権利・著作権も完全にこちらのものですが、約8万ですぐに完成したスタンプを手に入れられるのも悪くはないビジネスに見えます。

っていうか本当に面白いですね。このビジネスモデルを真似したいくらいです。安く働いてくれるクリエイターをたくさん抱えれば、LINEスタンプの売上関係無しにリスクが小さいですね(顧客へのスタンプ販売や広告にはもちろんリスクはあるわけですけど)。

LINEスタンプ超速ハーフプランで販売されるスタンプは当然ながら全て1点ものになるため、良いデザイン・アイデアのものがあれば早い者勝ちになります。

78000円をペイするには・・・1スタンプ約100円として、30%がグーグル・35%がLINEに持って行かれますので、約4500個で元が取れます。

芸能人とか影響力のある人が自演で広告したらボロ儲け?


☆「体験記:98000円でLINEスタンプが作れる代行業者「スタンプファクトリー」に発注してみた
by ke-onblog | 2015-03-21 09:45 | LINEスタンプ | Comments(2)
雑なグラフで申し訳ないのですが、昨日もお伝えしたようにこの数日LINEのクリエイターズスタンプ承認数が急激に増えている件で、今日も追加調査をしてみました。

その結果・・・
d0262326_172014100.png

2015年1~2月頃は1日に平均200個~250個くらいのスタンプがオンセールになってきたのですが、3月15日頃を境に1日1000個弱の承認数に!!!

単純に考えて4倍くらい審査速度が上がっているって思っていいのではないでしょうか(毎回言ってますが、あくまで承認数からの推測なので、審査の合格率が良くなっているケースでも承認数速度はアップするはずというのは解っています)。

このスタンプ販売数をカウントしはじめた1月8日に私もスタンプを登録したわけですが、実はこの日に同じくスタンプを登録したユーザーさんがすでに承認をうけて販売されているらしいのです。おそらくその方は過去にもスタンプの登録・販売実績があるために2回め以降の審査が早かったというのもあると思うのですが、そろそろ私の番が来てもいいのでは・・・と浮足立ってきました(´∀`)


これまではスタンプ審査待ちは2~3ヶ月は当たり前、2014年後半になれば半年待ちの人もザラだと言われてきましたが、これからは4倍速として遅くても1ヶ月半くらいで通っちゃうのかもですね~。

2月に入ってからスタンプ売上の分配比率が落とされてしまいましたが、審査が早くなるなら数撃ちゃあたる戦法がやり易くなりますね (ΦωΦ)
d0262326_17351791.png

スタンプ作成代行業者「スタンプファクトリー」を使って作ってもらったサンプルを以下のスタンパーズサイトにアップしています。

☆「http://www.stampers.me/stamp/31342

販売開始されたあかつきにはこれを使ってブログ読者さんと遊べるかな?と思ってます。

皆さんもアイデアがある人はこれから参入しても意外と早く成果を得られるかもしれませんよ~
by ke-onblog | 2015-03-17 17:46 | LINEスタンプ | Comments(0)
昨年12月にLINEはスタンプの審査に関して2015年2月頃を目処に新しいシステムを導入し、劇的に承認までの待ち時間が短くなるとしていました。

2月中は結局今までどおりの承認スピードだったようですが、ここ3日間ほどの承認数が急増しているのです。
d0262326_15442818.png

この差は有意ではないでしょうか?春だから春っぽいスタンプを優先して審査して通している可能性もありますけども。。。

私のスタンプも登録してからすでに70日ほど放置プレイが続いていますが、早く承認されないかな(´∀`)

私の作ったスタンプはスタンパーズにてサンプルを公開中です(「Love」ボタンを押してくれると嬉しいです)

☆「http://www.stampers.me/stamp/31342



by ke-onblog | 2015-03-16 15:53 | LINEスタンプ | Comments(2)
春頃までに出ればいいな~と思って作ってもらったLINEスタンプ。今日で申請から丁度50日目になりました。

スタンプIDは17万台直前で1月8日の申請、同22日に審査中に変わった後は一切音沙汰なく一ヶ月以上が経ってしまいました。

承認されるまで一般的には申請から2~3ヶ月程度が掛かると言われていましたからまだ待ち時間は折り返し地点レベルですが、ちょっと嫌気が差してきました・・・。

LINEは昨年12月頃にこんなメッセージを出しています。
「審査期間の短縮化」については、最優先の課題として対応しております。具体的には、審査スタッフを大幅拡充し、審査体制のスピードアップに取り組んでいるほか、大量のスタンプ登録データを迅速に処理できるようシステム面の改修を行っています。早ければ2015年2月前後にシステム改善が完了し、販売開始までの期間が大幅に短縮化される見込みです

で、その結果がこれですよ・・・(記録開始日が1月8日、一番新しいのが2月27日分です)
d0262326_18265647.png

1月も2月も、全く変わってねー。1次関数の回帰直線でR^2値が0.99・・・。

もちろん販売数が一定なだけで裏では審査スピードが上がって弾きまくっているだけ、という可能性もあるのでこのグラフだけから承認速度が変化していないとは断定できないのですが、でもまぁ、変わっていないですよね(笑)

システムの改善で大幅に速度向上するのは楽しみですが、それ以外の審査要員の増強やスピードアップはまったくされていないんじゃないですかね・・・。

中には半年以上待ち続けている人もいるようなので50日程度で何を言うか、と思う方もいらっしゃるかもですがこの待ち時間は残念すぎ。

先日LINEのCreator Marketの管理画面にクリエイター向けのアンケートもきていましたが、販売開始できない状態でそんなもの送られても・・・。多くのアンケート回答は「審査が遅すぎ」で埋まっているんじゃないですかね。

私が申請する前にこのスピードアップの話題があったので暖かくなるころには販売が始められるかな?と期待していましたが、このままではまだ倍以上の待ち時間が必要かもしれません(´Д`)


by ke-onblog | 2015-02-28 18:34 | LINEスタンプ | Comments(0)
毎日調べるのは面倒ですが、週一くらいなら。。。

1月に自分でLINEスタンプの申請をした日から、LINEのアプリ上で販売されている承認済みスタンプ数の経過を記録して、その増加具合などを分析してみたいと思います。

ドコかのサイトでこういうのってやってないかしら?(笑)

とりあえず私のチェックしたデータを元にして適当に計算していきたいと思います。


・2015年1月8日 スタンプ販売数:約41000個

・2015年1月26日 スタンプ販売数:44061個

・2015年2月9日 スタンプ販売数:48277個

・2015年2月15日 スタンプ販売数:49643個

まだ4点しかデータがないですけど。

グラフにするとこんな感じ。ちょっと手抜きで申し訳ないですけど。
d0262326_18141955.png


なんとなく判ってましたけど、2月になっても全然承認スピードアップしてネー。後ろ2点での増加数は1366個/6日≒227個/dayですね。

現時点で販売されているスタンプは5万足らず。申請されたスタンプは20万超。ID17万の私のスタンプがリリースされるのはまだまだ先。

来週もまた数をチェックしていきたいと思います(覚えていたら)。



by ke-onblog | 2015-02-15 18:19 | LINEスタンプ | Comments(1)
スタンプ代行業者にお願いして作ってもらったLINEスタンプを登録してちょうど昨日で一ヶ月が経ちました。1月22日に審査中に変わり、その後音沙汰はありません。

ところで、LINEのCreators marketでは昨年に公式でスタンプ審査に関するシステムを改善し、従来に比べて劇的に速くなるという宣言をしていました。


過去のお知らせは消えてしまう仕様みたいなので公式サイトから引っ張ってこられませんが、確か「早ければ2015年2月前後に」って書いてあったはずです。

なので、別にこの2月に入ったら急速に審査がスムーズに進むぞ!ってわけでもないのですよね・・・。システム改善のアップデートが終わったというお知らせも特に無いので、まだ準備中なのでしょう。


ですが、よくよくスタンプの承認数をチェックしてみると多少は審査スピードがアップしているのか?というポジティブデータもあります。

このブログで1月26日の日記を見ると、記事を書いていた夕方の時点で公開さていたスタンプの数は「44601個」となっています。今(2月9日18時)の数は「48277(iOS版は48279)」ですね。

このあいだが14日間ですから、1日あたりの承認数は約262個(1/26-2/9)ですね。

で、26日時点の日記では過去の承認数を同じく計算しており、そのときは「1日あたり200個弱(1/8-1/26)」としているのです。

つまりここ2週間の間に承認される速度が30%ほどアップしている、ってことですね~。

まぁ、これはあくまで「承認されている数」による推測なので、「審査する速度」が上がっているかどうかを直接見ているわけではありません。例えば申請されるスタンプの質が上がっていて、以前は500個審査して200個合格だったものが、同じく500個審査して260個合格だったという場合にも同じ計算結果になっちゃうので。


と、スタンプの発売が待ち遠しいのでデータで遊んで気を紛らわせいる日々です。

ついでにスタンプIDの発行状況を見ると、1月8日時点の私のスタンプIDが約17万。で、2月上旬の今現在は20万を超えています。1ヶ月ほどで承認されたスタンプは1万にも届かず(7~8千くらい)、申請数は3万を優に超えていると。

リジェクトされる割合が分からないのでなんとも言えませんが、申請時期が遅くなればなるほど承認待ちの行列はどこまでも伸びているのでしょうか・・・(゚Д゚)




by ke-onblog | 2015-02-09 18:07 | LINEスタンプ | Comments(0)
私の作ったLINEスタンプは1月22日に審査中になった後、何の変化もありません。早く販売開始されないかなと思いますが、まだまだ先は長そう。

販売開始を待っている間にもいろいろ情報収集を続けていますが、ちょっと面白そうなスタンプの作成代行業者を見つけました。

過去に調べたサービス:LINEスタンプ作成代行サービスの比較 発注するまでに調べたサイトたち

上記は昨年12月時点で調べたものですが、今回チェックするA-Link(アーリンク)は初登場です。

私が使った代行サービス「スタンプファクトリー」は1セット98000円という激安でしたが、アーリンクは20万円~。料金面は正直他社のほうが安いところはいくらでもある気がしますが、ここのサービスは外国語バージョンの作成を請け負ってくれるところです。

20万円、というのも1セットではなく日本語+英語の42種類×2セットなので、1セットあたりの料金はスタンプファクトリーと大差ありません。

私は日本だけで売れれば良いかと思って日本語のバージョンだけを申請したのですが、今思えば外国語版も作っておけば良かったかな、と。言語を書き換えるとまた審査し直しになるので、今のが通ってから考えようかな・・・。


アーリンクでは20万円で日本語+英語が作れますが、さらに+3万円でタイ語にも対応します。タイでは日本に続くほどLINEの普及率が高いのだそうです。日本で流行らなくても海外でウケるスタンプ、というのもありえますよね。LINEは日本でのみ異常な普及率とは言え、どんなに頑張ったって1億人。2014年夏頃には世界で10億ダウンロードに到達しており、海外の方が市場は今後大きくなりそうです。
(10億DLといっても10億人ユーザーがいるってことではないですけどね。私もスマホ毎にそれぞれアカウント持ってますし)

アーリンクの料金プランは3つあります。

「世界まるっとプラン 20万円」・・・日本語+英語スタンプ
「著作権お渡しプラン 30万円」・・・日+英+著作権譲渡
「完成スタンプお直しプラン 3万円」・・・文字を他言語に対応させる修正

20万プランでは著作権はくれないんですね・・・。スタンプファクトリーは10万円プランでも著作権をくれましたけど。ここが少し残念。作ったキャラをブログのイメージキャラクターとして使う~なんてことも著作権が無ければ出来ませんので。

また、アーリンクでは作成後の修正はやってくれません。その代わり3点ずつラフ・完成スタンプをこまめにチェックして確認が進んでいくので、その過程で審査に引っかかりそうな案の修正をその都度要求することは出来るでしょう。

料金が20万円から、というハードルもありちょっと上級者向けの代行業者って感じです。すでにスタンプの作成経験があり、グローバル展開を目指すなら投資してみるのも良いでしょう。


最安値でスタンプ代行をするなら「スタンプファクトリー レベニュープラン 39800円」がオススメです。先月までは29800円だったので値上がっちゃいましたけど、これでもまだ業界最安値でしょう。報酬の半分をスタンプファクトリーとシェアすることになりますが、少額投資で始められるので売れるかどうか不安なアイデアはこちらで試し打ちしてみましょう。
by ke-onblog | 2015-02-06 07:54 | LINEスタンプ | Comments(0)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン