白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:ソフトバンクエアー( 70 )

昨日からソフトバンクエアーの契約とセットに出来る「おうち割 光セット」についていろんなパターンで料金・維持費を考えているのですが、家族で使う場合は大容量データシェアプランは割高になってしまっている可能性があります。

おうち割 光セットは以前は「スマート値引き」と呼ばれていたサービスとほぼ同様ですが、スマート値引きもそうだったようですが家族でパケットを分け合う新プランの「家族データシェア」を組んでいると、ネット回線との割引が対象外なのですねぇ。。。

子回線だけでなく、親回線にもスマート値引きが効きません。「データシェアプラス」の場合は親回線はOKですが、子回線には効きません。
家族データシェア、データシェアプラス(子回線)など一部のサービスやキャンペーンは、本ページ(おうち割光セット)に掲載している割引が適用されません。
新Wi-Fiセット割との併用はできません。
家族おトク割と併用の場合、割引額が大きいほうを優先適用します。

子回線はダメだろうな~という気がしますが、親回線もNGですか。

昨日シミュレーションしてみた「iPhone6s(家族4人分)とSoftbank Air」の維持費は1ヶ月あたり4人分合計でおよそ28000円(本体分割、新規契約)でした。

詳しくはこちら→「ソフトバンクiPhone6sとSoftbank Airへ乗り換え(新規&ネット契約変更)した場合の維持費シミュレート

上記はホワイトプランでパケフラに4回線それぞれが加入したと仮定しています。1人あたりの維持費は7000円ほど。

ホワイトプランとスマ放題(通話し放題)の料金だけを比べるのはナンセンスではあるのですが、ホワイトプランのパケフラ4回線=月間28GBまでモバイル通信ができるのに対し、スマ放題+データシェア30GBプランでわけあった場合(最安値維持のために4回線ともスマ放題ライトにします)、

iPhone分割 3900円×4
親回線 (1700+300+22500円)×1.08
副回線 (1700+300+500円)×1.08 ×3
学割分 -1620円×4
月月割 -3230円×4

スマホ4台分=30760円

ここにさらにSBエアーの維持費6000円弱が上乗せされますので、4人分の維持費は約3万7千円ほどになり、1人あたりだと9000円ほどの月額料金です(iPhone6sの分割を含む)。

文字だけで書いてもわかりづらいかもですが、データシェアプランでスマホ4人分の契約をするより、ホワイトプランのパケフラで4回線+Softbank Airの月額維持費の方が安いのですよね。

通話をものすごく使うならスマ放題・スマ放題ライトの方がいいのかもしれませんが、、、何か計算が間違っているかな・・・

ギガ学割の値引き幅はスマ放題+大容量プランだと月額1620円、ホワイトプランだと1008円なので一見お得感があるのですが、おうち割光セット(スマート値引き)が適用外になることですべてのお得感が吹き飛びます。

逆に言えば、今もしファミリーでソフトバンクの大容量プランを家族でシェアしており、回線数がそれなりに沢山ある(3回線分くらい)のなら、そのままホワイトプランに切り替えてソフトバンクエアーかソフトバンク光を追加してやれば、維持費が下がる可能性があります。

固定回線分の料金が丸々浮かせることが出来る可能性がある、と言い換えることも出来ます。

家族データシェアって、何かもっとお得に使える方法はあるのかな・・・ドコモみたい子回線で月サポが維持費を上回るサブをぶら下げているのなら良いですが、そうでないならホワイトプランにバラして、光セット割を使ったほうがお得に見えます。

ホワイトプラン向けのセット割4回線分で、Softbank Airターミナル2の維持費が完全に打ち消せますので、家族で利用していることが大前提の話ではありますけれど。

条件設定は各家庭のスマホの使い方によって異なるとおもいますので、必ずしもデータシェアよりスマ放題個別契約・ホワイトプラン個別契約が有利とも限らないのですが、条件が揃っているのならプランの組み換え・ネット回線の切り替えも考えるべきです。


この試算はホワイトプランのセット割引が500円→1522円にアップしている今だからこそなりたつものでもあるので、割引狙いでソフトバンクエアーを追加するのなら今のうちです。

今使っているネット回線の分割工事費用や契約満期になっていない場合も、「春の乗り換えキャンペーン」で最大30000円分までなら違約金がキッシュバックとして返ってきますし。

っていうか、SBはデータシェア対象外というルールを見直すべきでしょう。せっかくの「おうち割」としてファミリー向けのキャンペーンなのに、と思っちゃいますね。

*契約ルール・料金は2月時点の情報に基づいて計算しています。価格やプランは変更される可能性があるので、各自公式サイトで最新情報をチェックしてから検討してください。

☆「SoftBank Air
by ke-onblog | 2016-02-10 07:11 | ソフトバンクエアー | Comments(2)
昨日は夜間の速度制限について書きましたが、今回はもう少しポジティブな内容で行きましょう。

私が契約したSB Airは昨年12月に発売された新型受信機、「エアーターミナル2」というモデルです。この機種は一昨年~去年の12月まで販売されていた(今も旧型を扱っているショップもあるかもですが、ウェブ申し込みはもれなく新型が届きます)エアーターミナル(ver.1)に比べて下り最大速度が2倍以上にアップしました。
d0262326_2075362.jpg

ベストエフォートでは旧型110Mbps→新型261Mbpsという速度です。

私が昨年調べたところだと、旧型のエアーターミナルだと最高速度は60~70Mbpsくらいの報告例が多かったようです。

しかし、1日半にわたってエアーターミナル2を使ってスピードテストを繰り返したところ、旧型モデルのクチコミ速度より新型の方が最高速度はかなり出るようです。

実際の接続速度は昨日レポートしたようにばらつきがあるので、とても恣意的なピックアップですがスピードテストで良かった結果だけ抜き出すと、なかなかすごいですよ(笑)

速度は全て下りのデータです。

・2/7 19:45 78.74 Mbps
・2/7 19:14 79.60 Mbps
・2/7 19:03 87.43 Mbps
・2/7 18:59 101.77 Mbps
・2/7 18:49 97.86 Mbps
・2/7 18:02 93.67 Mbps
・2/7 17:20 88.93 Mbps
・2/7 13:07 92.85 Mbps
・2/7 9:30 96.18 Mbps
・2/7 8:14 103.02 Mbps


12時台でも30Mbpsくらいまでは出てますので、やっぱり格安SIMやモバイルルーター系とは段違いです。昨年栄華を極めたmineoのdプランスタート直後でもここまでは出てませんでした。

上り速度はいつ測っても5~8Mbpsです。上りはデータを大量にアップロードしなければ気にならないのですが、、、光に比べるとやっぱり遅いですね。

ちなみに1日半ですでに4GB以上データ通信させていますが、ソフトバンクエアーは通信量による速度制限は無いので、夜間制限時以外はいつまででもこの速度が出るはず。

固定回線代替だとWiMAX2+がライバルになるかな~と思っていましたが、毎日数ギガレベルでハードに使う場合は差が感じられるのではないでしょうか(WiMAXは最上位のギガ放題プランでも3GB/3日で速度制限が掛かる)。

まぁ、スマート値引きを考慮しない場合はSB Airのほうが料金が相当高いので、このくらいは差がないとやってられませんけど。

夜の制限もユーチューブやニコニコ動画などの動画サイトが見られないほど遅くはないので、多くの人にとっては固定回線として使ってもストレス無く使えるでしょう。

夜間はそれほど使わず、主に日中や深夜~早朝帯にネットを使いたいという人にはソフトバンクエアーは向いているかもしれません。ギガビット級の光回線とは比べられませんが、最高速度は十分に出ているな~という印象です。たぶんこれは新型ならではの速度なので、このくらいの速度を求める方は旧型ではなくエアーターミナル2を選ぶことをオススメします。

その他、料金や詳しいサービスは公式サイトで確認して下さい。

☆「SoftBank Air

ソフトバンクエアー契約の手順・設定方法は画像付きで下記のページにまとめました。

☆「モバイルびより-Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ


by ke-onblog | 2016-02-07 20:08 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
まだ使い始めて1日も経っていない状態ではありますが、ソフトバンクエアーは速度制限掛けてますね。他所のクチコミで予め覚悟はしていましたが、2016年2月現時点でも制限をしているのは間違いないです。

断言するには早過ぎるという気持ちもあるのですが、あまりにもあからさまなので。これを確認するために契約したと言っても過言ではないくらいなので、もう書いちゃいます。

とはいえ、ソフトバンクエアーは制限を掛けているから全く使えない、ということを言いたいのではないので、勘違いしないでくださいね^^;

比較対象の問題ではありますが、今晩体験した制限が掛かっていたとしても、一般人なら特に何も感じること無くネット生活が送れるレベルでしょう。


ではもう少し具体的なデータを出しながら解説してみます。ひとまず最初に昨日実験したデータを見ていただきましょう。
d0262326_1432827.png

青色がダウンロード速度、橙色がアップロード速度、黄色のポイントがpingです。

下り速度は最も遅い結果で4Mbps,最大では80Mbpsを超えました。エアーターミナル2のベストエフォートは下り261Mbpsとのことですが、100Mbpsは今のところ超えていません。

(→追記:2月8日に最高123.49Mbps出ました!100Mbps超えを何度も叩き出していますので、最高速はかなりのものです)

通常時の通信速度は大きくばらつきがあり、ほんの数分だけ測定のタイミングを変えるだけで速度が上がったり下がったりしました。

電波の受信状況は悪くないはず。電波強度はターミナル2本体にある「LEVEL」というボタンを押した時だけランプで表示されますが、何度か確認しても常にマックスの青いランプが3つとも点灯していました。それなのに、ここまでばらつきがあります。

バラつきの原因は良く判りませんが、最も遅い4Mbpsという速度ならよほど高画質な動画でなければ止まらず見られるレベルです(例えばNetflixのHD動画視聴の推奨は5Mbps, SD動画で3Mbps)。

昼日中(測定日は土曜)の平均速度は10~20Mbpsといったところでしょうか。瞬間的に速度が上がったり下がったりすることを除けば、特に日常利用に支障はないレベルだと考えます。格安SIMのようにお昼だけ1Mbps以下になって全く使いものにならない、というような現象は昨日は観測されませんでした(12時台でも70Mbpsを超えているタイミングもあった)。

UHDの超高画質な動画(25Mbps以上が必要)を見たい場合はソフトバンクエアーやWiMAXなどのモバイル回線では役不足です。


で、問題の夜間速度制限ですね。グラフを見れば一目瞭然(文字とタイムスケールが見難くてすみません^^;)ですが、19時台までは40~80Mbpsくらいでていたのに、20時を過ぎた途端に何度測定しても10Mbpsを超えませんでした。

線グラフを選んだのはちょっと失敗だったかなと思いますが、19時→20時の切り替わりをよく見ると、次第に下がっているのではなく、いきなり速度が落ちているのです。

一方でアップロード・pingは夜間も全く変化がなく安定しました。

ダウンロードに関しても、昼間に見られた一時的な低速状態が無くなり、8Mbps前後で安定していました。

そして先ほど25時を過ぎたところで速度は急激に回復。これはもう、制限が掛けられているとしか思えません。

夜間に別に制限をかける事自体は公式サイトにも書いてあることであり、そこは問題ではありません。サービスの紹介ページにも、
ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。

と、はっきりと記載がありますので。ただ、契約初日からあからさまに制限を掛けた状態を体験することになるとは^^; やっぱりこの制限はもう日常のものなのでしょうか。

なお、通信量による制限は掛けられていないはずです。昨日一日で1GB以上通信させていますが、現時点ではソフトバンクエアーでは短期3日間や1ヶ月での総容量通信の上限はありません。

毎日夜間が遅くなるのなら、それはそれでも構わないのです。夜間制限時その速度(5-8Mbps)で安定し、その速度でやりくり出来るのなら、良いのです。でも、「ソフトバンクエアーは下り261Mbpsでいつでも制限なく快適!」と思って契約すると、がっかりするでしょう。

ソフトバンクエアーを検討する場合は、そのあたりを勘違いしないように気をつけて下さい。夜に普通のネットサーフィンレベルなら問題ないと思いますが、超高画質な動画を快適にたくさん見たい場合は物足りないかもしれません。


以上の話をまとめてみると、

・制限している時間帯は20時~25時(翌1時)でほぼ間違いない

・制限時の速度は下り6-8Mbps程度で安定
・制限時でも、YoutubeのHD動画くらいなら全く問題なく再生可能
・制限時/非制限時ともに上りは常時5-6Mbps,ping 25msくらいで全くブレない

・お昼時はたぶん制限していない
・非制限時は3-80Mbpsくらいまでばらつき大
・30~50Mbpsくらいは普通に出る


過去に調べたクチコミ情報とほぼ同じですね(参考:固定回線に替われる?ソフトバンクエアーの実速度や利用制限)【追記】:この状態はエアーターミナル3・2017年3月時点でもほとんど変わっていないということです。

まだ1日しか使っていない状態では結論は出せませんが、今日の感じであれば私なら固定回線代替として使えなくもない、という感じでした。特に今はスマホへのWi-Fi接続だけで使っているので、スマホ用サイトや動画の閲覧には全く支障ありませんでした。

ただ、やっぱり普通のマンションタイプの光回線より維持費が高く、夜間の速度制限を考えてしまうと事情が無ければ間違いなく光回線を使うことを選びます。

ソフトバンクエアーにしかないメリットもある(電波さえ拾えば設備に依らず使える、引越し先にも契約をそのままに移動できる、工事が一切必要ない、など)ので、どう考えるかはその人次第です。

昨日の感じなら5Mbpsくらいは常時キープできそうなので、Softbank Airが使えるエリア内ならば速度面ではADSLよりはマシかな、とだけ言っておきます。ADSLは基地局からの遠さ次第で実測度が未知数なところが多いので、どちらも不確かであるならソフトバンクエアーの方をオススメします(接続が悪いなら、受け取りから8日以内なら解約も可能です。ADSLでは工事が発生してしまえばタダで解約はできないでしょう)

ソフトバンク回線・ワイモバイル回線とセット割引を適用できれば維持費も比較的安く済むため、学生の一人暮らし・単身赴任で長期間同じ場所で使い続けるかどうかわからない人(大学生だと在学中に1~2年で土地勘が判ってきて、より近い場所・安い物件に引っ越す人も多いですよね)は検討してみましょう。

☆「SoftBank Air」/2017年3月31日までの申し込みで28,000Tポイント付与キャンペーン実施中


by ke-onblog | 2016-02-07 02:39 | ソフトバンクエアー | Comments(10)
Softbank Air、それなりに快適です。このあとの夜間速度規制がどの程度なのかは、これからチェックが必要ですけれども。

今(19時13分)、測定した結果は下り51.98Mbps,上り5.22Mbpsです。

ソフトバンクエアーはSBのスマートフォンでも使われている「Softbank 4G(AXGP)」というネットワークを使っています。受信機にはインターネットケーブルは必要なく、電源コードをつなぐだけですぐにネットに繋がります。

現在自宅では光回線も利用しているのですが、そちらはモデム→無線LANルーターを介して電波を飛ばしているため、電源周りがごちゃごちゃします^^; それに比べるとソフトバンクエアーのスッキリ感はいいですねぇ。

本体のサイズは小さくもないですが、特に邪魔になるほど大きくもなく。
d0262326_1991530.jpg

せっかくなので同じソフトバンク4Gを使う4.9インチサイズのAQUOS PHONE Xx 203SHと比べみると、こんな感じです。

さて、ソフトバンクエアーは電波を受信するためにスマートフォンや携帯と同じようにSIMカードが必要です。

初代のエアーターミナルだと本体の横側にSIMスロットがあったようですが、エアーターミナル2の場合は本体の下(裏側)にあります。
d0262326_19121619.jpg

SIMカードはソフトバンクエアー専用のもので、サイズは「標準SIM」サイズなんですね~

カード表面には「Air(Dual)」と書いてありますが、何がデュアルなのかはよく判りません。MIMOのことでしょうか(初代エアーターミナル版と同じかどうかも判りません。どなたか知っている方はいらっしゃるかな?)

AXGPを使える機種ならスマホやルーターに差し替えて使えるのでは・・・と思いましたが、やっぱりそういうわけにはいかないようですね。

そもそもソフトバンクのスマホで標準SIMサイズの4G機種ってあるか?と思いましたが、ありますね。

201HWという機種が標準SIMかつ、AXGP対応です(ソフトバンクスマホのUSIM一覧はこちら)。

・・・え、試さないととダメでしょうか(笑) さすがに通常利用の範囲を逸脱している気がするのでやりたく無いですが・・・故障した時に怒られそうですし(´∀`;) それにSBのSIMはスマホ同士でさえ互換性がないSIMもあるので、やっぱり繋がらないでしょう。

逆も多分ムリです(ソフトバンクスマホのSIMを、ソフトバンクエアーに挿す)。SBのスマホ回線はかなり前に解約済みなので試せませんけど(だからスマート値引きもないのです。ネタだけのために買いましたからw)。


【追記】後から気付きましたが、よく考えたらSoftbank Air本体側のAPNを書き換える設定が無いので、本格的なハックでもしないかぎりムリですね。良くあるモデム・ルーターのような詳細設定は可能です。


ソフトバンクエアー用のSIMカードは届いた段階で初めから本体に刺さっています。SIMカードはスマホや携帯と同じく貸与という扱いなので、本体を購入していた場合でも解約時に返却が必要だそうです(破損・紛失時の再発行は有償、とだけ書いてあります)。


今のところ固定回線としての利用に問題は感じません。速度がブレることがありますが、3部屋分くらい離れても接続は切れません。

光回線が引けるなら普通に光を契約したほうが幸せになれると思いますが、ADSLよりは断然速く(基地局から遠い場合)、契約・接続操作が簡単というメリットはなかなか大きいですね。



by ke-onblog | 2016-02-06 19:41 | ソフトバンクエアー | Comments(4)
届きました、Softbank Air, Airターミナル2。
d0262326_11213750.jpg

開封の儀をやろうかなと思ったのですが、シンプル過ぎてネタにもならないです。

今回は写真を撮ったりしながらの初期設定なのでちょっと時間が掛かっていますが、本当に接続が簡単です。接続に3分掛かりません。

「受け取る」→「箱を開ける・ビニールを取る」→「ACアダプタを挿して電波受信チェック」→ SSIDをスマホで確認し、本体に書かれたパスワードを入力する、これだけで繋がりました(パスワードやセキュリティなど各種接続設定はやりたければ後から出来ます)。

所詮エアーターミナル2はただのインターネット回線用受信機なので、特に本体のレビューも何もないですが^^; そのあたりの写真はまたのちほど・・・


そんなことより気になるのは速度ですよね!さっそくスマホを接続させてガシガシとスピードテストをやってみました。
d0262326_11323718.png

う~ん、なんでしょう・・・上り速度とpingは安定しているのですが、下り速度がばらつきまくり。

さらに詳細なスピードテスト結果はこちら→ソフトバンクエアーターミナル2 実測度と夜間速度制限について

設置場所では電波は青ランプ(受信強度の強い場合に光る)が3つともすべて点灯し、エリア的にはAirターミナル2の最大速度である261Mbpsの受信が可能だと聞いています。なお接続には5GHzのWi-Fiを使っています。

今この記事を書きながら測定しているものでも、5~50Mbpsくらいまでコロコロと速度が動いています^^;

今日は休日ですし、どうかな・・・お昼時に5Mbpsを切らなければまぁ、それなりってところでしょうか。通常の通信速度はソフトバンクの4G, AXGP相当ですから多少のばらつきがあるのはそうなんだろうな~とは思いましたけど。

これからお昼、夕方、夜間もスピードテストを続ける予定なので、それらもまとめて後ほどデータ化します。

とりあえずソフトバンクエアー契約後の第一報はこんなところで。

接続までの容易さは評価できます。マジでシンプル&スピーディーでした。

☆「SoftBank Air
by ke-onblog | 2016-02-06 11:45 | ソフトバンクエアー | Comments(4)
いよいよ今日ソフトバンクエアーターミナル2が手元に届くはずですが、その前に契約手続きに関するメモを忘れないうちに書いておきます。

細かい契約の流れは後日わかりやすくまとめますが、およそ公式サイトに書いてある通りの日程でした。

今日で申込日を含めて6日目です。それまでにソフトバンク側から来た連絡については以下のものがありました。申し込み進行状況の参考にどうぞ(繁盛期ではなく通常時なら日程は同じくらいになるはず)。

・1日目(申込日)・・・動きなし
・2日目・・・登録したPCメール宛に申込受付の旨が届く
・3日目・・・携帯電話番号宛にSMS(ご利用開始のご案内)が届く
・4日目・・・(お昼にエアーターミナルが出荷されている)
・5日目・・・PCメール宛にエアーターミナル出荷のお知らせが届く(午前中に最寄り営業所に到着)/3万円キャッシュバックキャンペーンの証明書貼り付けシート・重要説明事項がそれぞれ封筒で届く(2通)
・6日目・・・エアーターミナルが届く→利用開始(予定)


こうなりました。3日目に届いたSMSの内容にはエアーターミナルの支払い方法手続きを含みます。ここで手続きをしない場合はコンビニ振り込み票が発行されるそうなので、もう1通郵便が届くのかもしれません。

5日目に届いた最大3万円キャッシュバックキャンペーンに関する案内は今の期間限定でしょう。
d0262326_6305958.jpg

キャンペーンの案内と領収書の貼り付けシート、そしてそれを送る封筒が入っていました。私は使う予定はありませんけど・・・

キャッシュバック額は回線切り替えに掛かった費用によって異なるので、詳しくは公式サイトで条件を確認してください。CB期間は5月8日までです。

☆「SoftBank Air


by ke-onblog | 2016-02-06 06:35 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
今朝方、ソフトバンクからメールが来ていました。昨日(2/4)エアーターミナルを出荷した、と。

申し込みから4日目で受信機の出荷となりました。サイトの案内には7日くらいで届くとされていましたが、今はまだ混雑する時期でもないのでスムーズに進んでいるようですね~

配送日が指定されており、明日6日に届くみたいです。お休みに届いてくれたほうがすぐに接続を試せるのでありがたいですが、頑張れば5日目でも届きそうですね。

たしか「出荷連絡をする」とは申し込み案内ガイドには書いてなかった気がします。届く日の予想が全く付かないのかと思っていたので出荷連絡をくれるのは良いのですけど、どうせなら最初から書いておけばいいのに(どこかに書いてあったのならもっとわかりやすくしてほしい)。

ちなみに配送業者は佐川急便。プリモバもいつも佐川です。

6日に受け取れる予定なので、今回は「利用開始まで申込日を含めて6日」となりそうです。店頭申込なら即日契約も出来るかもですが、ウェブでもまぁまぁ早かったですね~

回線工事が必要な一般的な光回線なら2~3週間は掛かるのではないでしょうか。今私が自宅で使っている光回線は、確かムリをいって1週間くらいで工事に来てもらった記憶がありますが(笑)

混雑時期なら1ヶ月待ちとかも普通にありますし、急いでネットを契約したい場合にはソフトバンクエアーを選ぶというのもありなのかもしれません。

*もちろんソフトバンクエアーも時期や契約住所によって必要な日数は前後する可能性があるので、私の体験談は一つの目安・参考程度にとどめてくださいね。

☆「SoftBank Air

ネットでは申し込みをしたのに全然連絡が来ない、というようなクチコミを見かけたのですが、少なくとも今はそんなことはないようですね~。


by ke-onblog | 2016-02-05 07:23 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
ソフトバンクの自宅向け固定回線の一つ、Softbank Air(ソフトバンクエアー)を申し込むにあたり、気になって知らべた内容を記録しておきます。

今回は料金請求に関する話題です。

格安SIMを契約するときなどは初月が無料になったり、割引キャンペーンの適用時期などを考えて少しでもお得に、安く申し込めるタイミングを考えるのが常識(?)です。ソフトバンクエアーでも同じように、申し込みの時期を調整する効果があるのか調べてみました。


結論から書きますと、現状では「開通日を調整するメリットはほぼ無い」です。

ほぼ、とちょっと奥歯に物が詰まった表現にしたのは申し込む日によって契約のタイミングがずれることもある、という意図があるのですが、、、まぁ、普通に使いたい時に申し込めばOKです。


では調べた内容の詳細解説を。

まず、現状ではソフトバンクエアーの契約に無料期間キャンペーンなどの設定はなく、月のどこで使い始めても初月の料金は日割り計算されるため、ネットが早く使いたいなら月の途中だろうが月末だろうが関係無いです。

YahooBB加入特典の料金値引きは契約月を含めて25ヶ月効き、初月も日割りで適用されます(締め日は月末)。月末利用開始でも、2年縛りの最後までちゃんと割引適用されますので、問題ありません。

契約月の割引も日割りで「1ヶ月目」として消費されます。エアーターミナル2の場合は3ヶ月目分まで-1,184円の値引きなので一応月初めに使ったほうがお得といえばお得なのですが・・・もちろん使った日数分の基本料金が掛かるので、やっぱり使いたい日程で自由に使えば良いと思います。

ちなみに解約月は日割り計算はされず、解約月分満額請求され、解約手続き後もすぐに打ち切られるのではなく月末までサービスが有効になっているはずです。ということは解約のタイミングも月が切り替わる前に手続きを済ませておけば、細かい日程調整は不要ということですね。

関連:YahooBBヘルプ 開通月、解約月の利用料金

一方で、契約期間に関する仕様からはタイミングによって「2年縛り」の日数がずれます。
”SoftBank Airの契約期間は2年間(SoftBank Air の課金開始日の属する月を1ヵ月目として、24ヵ月目の末日まで)です”

こうなっていますので、課金日が月末に近いほど2年契約の日数は短くなります。例えば2016年2月1日に使い始めても、2月29日に使い始めても、どちらのケースも契約期間の最終日は2018年の1月31日となるはずです。

このあたりを詳しく考えると複雑なことになるのですが、契約日=課金開始日ではなく、
”サービスのご利用料金は、契約成立日の翌日を1日目として8日目より発生し、翌月に請求します”

となりますので、課金に関する日数を調整したい方はこの「8日間」も計算にいれて下さいね。


開通日の調整方法は簡単です。ウェブから申し込んでエアーターミナルを出荷させておき、宅配の受け取りをしなければいつまでも開通しません。出荷から30日を過ぎると契約がキャンセルされてしまう仕様なので、それまでに受け取ればOKなはずです。

これはネット回線工事が無いソフトバンクエアーの利点の一つと言えるのかもしれないですね。普通は工事日が決まってしまえば、混雑期であれば簡単には次の予約を取りづらくなりますから。

☆「SoftBank Air

*上記の内容は2016年2月に問い合わせたり、公式サイトの記述を参照しています。ルールが変わる可能性もあるので、気になる方はご自身で最新情報を確かめてから申し込んで下さい。


by ke-onblog | 2016-02-04 11:22 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
携帯の安売りがなくなるとネタがなくなると思ってつい・・・

以前よりこのブログでは何度も話題にしてきたソフトバンクエアー(Softbank Air)ですが、多くの方がソフトバンクエアーについて調べるためにこのサイトにやってこられるようですので、ここは人柱になってみようかと。

よく見られているのは下記のページです。

固定回線に替われる?ソフトバンクエアーの実速度や利用制限
ソフトバンクエアーターミナル2 レンタルと分割で掛かる費用比較

今は自宅回線には普通の光を使っているので必要というわけではないのですが、今後固定回線として実際の利用に耐えうるのか、レポートしていきます。


といっても、まだ手元にはソフトバンクエアーの受信機(エアータミナル)は届いていません。申し込みをしたのは2月1日なので、およそ7日で届くということなので週末あたりには開封の儀?が出来ることでしょう。

まず初回レポートは、登録時の連絡・お知らせメールについてメモを書き残しておこうと思います。これから登録する場合の参考にしてみてください。

申し込みは以下のオンラインサイトから行いました。2年以上使うつもりは今のところ無いので、もちろん総合費用が安いレンタルです(web申し込みの場合はもれなくレンタルになります)。

☆「SoftBank Air

スクショなどを使った細かい登録方法については後日まとめる予定ですが、普通にサイトの申し込みボタンをクリックして、各種個人情報の登録をすれば、ものの数分で終わります。
d0262326_1741791.png

上記のページが出たら、登録は完了しています。

登録時にメアドを入力するのですが、普通こういったサービスでは申し込み直後に「受付しました」というような自動メールが送られることが多いのですが、ソフトバンクエアーの場合はそれがありませんでした。

いや、無いということもないのですが、すごく遅いです。今回は私は2月1日(月)の朝に申し込みをして、「【SoftBank Air】お申し込み受け付けのお知らせ 」というメールを受け取ったのが2月2日の夕方です。

また、上記のスクショにある「SMSでの支払情報の登録」は本当につい先程、2月3日の夕方に届いたのでした。

今回はオンラインから登録しましたが、住所的には我が家はエアーターミナル2で最大261Mbpsを受信できるエリアに入っています(エリアはウェブサイトで確認できます)。申し込みから今現在まで特にソフトバンクから電話確認などはなく、このままターミナルが届けばすぐに利用開始が出来る流れですね。

工事が必要ないので工事日の調整・打ち合わせも当然必要なく、今のところ申し込みは本当に簡単です。

今日が申込日を含めて3日目。3営業日目です。ネットで情報を調べると申し込みをしてもメールが届かない、といったこともあるようですが、私は「2日目にパソコンメール」、「3日目にSMS」が送られてきました。

今は2月初旬なのでまだそれほどインターネット申し込みの混雑する時期には早いはず。これから2月下旬・3月から4月あたりまでは申し込みから審査、利用開始までの日数が延びる可能性はあります。

あまりにも連絡が遅いのなら登録情報やメアドが間違っている可能性があるため、確認しなおした方が良いでしょう。登録した即日には連絡が来ないので、「自動メールが来ないから間違えたか?」と思って何度も登録しなくてOKです^^; 落ち着いて2~3日は待ってみましょう。


とりあえず初回はこんなところです。ではターミナルが届いたらハードに使い倒してみようと思います。万一接続が悪かったら即解約しますけど。

今使っている固定回線があと半年で契約更新になるので、先んじてSBエアーに手を出してみました。本当はWiMAXを契約しようかとも思ったのですが、それだとありふれすぎてつまらなかったもので(´∀`)

つなぎ放題というソフトバンクエアーの実力とやらを、早く確かめてみたいものです。


by ke-onblog | 2016-02-03 18:51 | ソフトバンクエアー | Comments(4)
ちょっと適用範囲が限られるのですが、あまりキャンペーンの出ないソフトバンクエアー(Softbank Air)向けのキャッシュバック施策が1月15日から始まっているようです。

キャンペーン名は「春のまるごと乗り換えキャンペーン」となっており、ソフトバンクエアーおよびSB光の固定回線+ソフトバンクのスマホ・タブレットなどのセット契約した場合(かつての「スマート値引き」のことです)に最大30000円の還元があります。

☆「SoftBank Air

細かい条件はいろいろとあるので上記公式サイトで要確認ですが、大きなポイントは、

1. 5月8日までにSoftbank Airを契約すること(エアーターミナルは1・2どちらでもOK)

2. SB Air利用開始後4ヶ月以内に、新規・機種変・MNPいずれかで「おうち割 光セット」を適用できる携帯・スマホ・タブレット等を契約してセット割(スマート値引きの適用)に組み込むこと

3. 現在利用中の「他社固定回線サービス」の違約金・撤去費用の領収書を提出すること


以上3点がポイントです。1と2の条件はまぁ、「セット割」の促進キャンペーンということなので。問題は3つ目です。

今回のキャッシュバックは「現在利用中の固定回線から乗り換える」というコンセプトになっており、他社回線から移行するために掛かる費用をSBが負担するというものです。

そのため、貰えるキャッシュバック額が提出した「違約金・撤去費用の領収書」の金額によって異なります。
・違約金・撤去費用の合計が1円以上5,000円以下の場合…キャッシュバック金額 5,000円
・違約金・撤去費用の合計が5,001円以上10,000円以下の場合…キャッシュバック金額 10,000円
・違約金・撤去費用の合計が10,001円以上15,000円以下の場合…キャッシュバック金額 15,000円
・違約金・撤去費用の合計が15,001円以上20,000以下の場合…キャッシュバック金額 20,000円
・違約金・撤去費用の合計が20,001円以上25,000円以下の場合…キャッシュバック金額 25,000円
・違約金・撤去費用の合計が25,001円以上の場合…キャッシュバック金額 30,000円

こんな感じなので、実質のキャッシュバック損益は5000円以下になっています。全く負担が無いよりはマシですけど・・・

撤去費用2万円~となると、他社で光回線契約→即解約のレベルです。

「今契約した回線は最近使い始めたばかりだけど、今すぐ解約して引っ越さなければならなくなった。引越し先ではSoftbank Airを使いたい」というような事情があるのなら、ありですかね。

あとは「安さに惹かれて契約したけど遅くて使えない回線で、すぐに他の回線に乗り換えたい」とか(ただし、SB系列の回線から乗り換えはキャンペーン対象外です)。

携帯回線の方はMNPではなく新規・機種変更でもOK。プリモバはセット割引に使えないのでダメです。

詳しいキャンペーン条件ついてはPDFファイルが公開されています(http://cdn.softbank.jp/ybb/set/data/terms/pdf/condition-marugoto-norikae01.pdf)。

違約金・撤去費用の領収書は、ウェブで申し込みした場合は後から支払い証明書類の添付用シートが送られてくるそうです。

あとは・・・いつも書いていますが、エアーターミナルの契約をするときは分割ではなくレンタル推奨です(詳しくはこちらに書きました→ソフトバンクエアーターミナル2 レンタルと分割で掛かる費用比較)。

「最大3万円」というと巨額CBに見えますが、あくまで「違約金・工事費の残債が沢山ある人」がお得になるというキャンペーンですので、今の回線から乗り換えて適用できるか良く確認してみてください。


by ke-onblog | 2016-01-26 18:00 | ソフトバンクエアー | Comments(0)