白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:端末輸入( 259 )

今日はアマゾンのサイバーマンデーセールでmicroSDカードの値引きをしているようですが、本家アメリカでやっていたブラックフライデーセール時に輸入した商品が先程到着しました。

購入日から数えて3週間弱掛かりましたが、日本のセールなど話にならないほど安く買えました。
d0262326_16180663.jpg
SanDiskのmicro SDCXカード 64GBと、ワイヤレスイヤホンです。ブラックフライデー時にそれぞれ13.99ドルと14.69ドルで日本へ直送が可能でした。

細かい話はブラックフライデーのセール時に書きましたのでそちらを参考にどうぞ。

それぞれ現在のアマゾン(米)での販売価格はSDカードが19.99ドル、イヤホンは23.99ドルで売っていますので、3割強の値引き率だったということに。

SDカードなんて今は国内でも比較的安く買えますので、どうしても輸入しなければならないというものではないものの、日本のアマゾンではこのSDカードは3千円弱で売られています。

SanDisk microSDXC 100MB/s 64GB Ultra SD変換アダプター付属 サンディスク SDSQUAR-064G 海外パッケージ品 [並行輸入品]

新品価格
¥2,540から
(2017/12/10 16:23時点)

上記のものとパッケージも全く同じでした。当時のレートでおよそ1600円でしたので、およそ半額です。
d0262326_16251448.jpg
実は今、この日記を書きつつSDカードの読み込み・書き込みテストを以前紹介したSDカードの偽装を見破るツールを使ってチェックしています。
d0262326_16262029.png
結果が出るまでまだ小一時間くらい掛かりそうですが、、、今、25GBくらいまで来ました。

変な業者から輸入するとSDカードにも偽物が混じっているという話もよく聞きますが、今回はアマゾンが販売・出品したものだったので、楽観視していましたがどうやら大丈夫そうです。

ブラックフライデーのセールでは64GBのSDカードが13.99ドルで売られていた他、128GBは28.5ドル、200GBも49.99ドルで販売されました。

単品で買っても複数買っても送料・輸入手数料はほとんど変わらないので、こうした小物はある程度まとまった数を輸入したほうがお得でした。

一緒に購入したワイヤレスイヤホンも、ちゃんと動いてます。音質がすごく良いというわけではないですが、ストリーミングの音楽を聴くくらいなら全く問題ないですね~。イヤホン部分のパーツは結構大きく感じましたが、重さはほぼ気になりません。こちらは電池の持ちや操作感などをもう少し把握してから、気が向いたらレビューします(´∀`;)

同じくEssential Phoneの安売りも行われるなど、今年のアメリカのブラックフライデーセールはなかなかおもしろかったですね。

同時期にSDカードやイヤホンを注文した方のところにもそろそろ届く頃かと思います。開封せずにマーケットへ回す方も多いかと思いますが(笑)、一応中身の故障チェック・偽物チェックなどをしてから使い始めるのが良いでしょう。

日本のアマゾンではもちろんすぐに購入できる・トラブル時も日本語で対応してもらえるなどのメリットは大きなものですが、急ぎではない・壊れにくい・小さい/軽い商品ならば海外のアマゾンセールを使って個人輸入にチャレンジしてみるのも楽しいと思います(本当に日本のアマゾンと同じような感覚で買えるので、「個人輸入」なんて大それたものですらないですが)。

・・・そうこう書いている間に、SDカードのテストは40GB(書き込み)まで来ました(→無事完了しました。偽装/エラー無し・書き込み平均15MB/s, 読み込み72MB/sでした)。特に使いみちも考えず輸入しましたが、書き込み速度は15~16MB/sくらいで安定しているみたいなので、コンデジにでも使おうと思います。


いちばん儲かる!Amazon輸入ビジネスの極意

新品価格
¥1,836から
(2017/12/10 16:54時点)


by ke-onblog | 2017-12-10 16:57 | 端末輸入 | Comments(2)
やっぱりずば抜けて安かったので、一気に売れまくったようです。

昨晩紹介したアメリカのアマゾンサイバーマンデーセールで登場しているSIMフリースマートフォンのEssential Phone(4GB/128GB)と4K対応 360°カメラのセットセール品が、昨日は「in stock」で販売中となっていましたが、11月29日入荷予定分の販売に表示が変わりました。
d0262326_05443940.png
また、表示も「This item does not ship to Japan」という記載に。でも、この状態でも日本の住所に配送できるようです(少なくともエラーは出ない)。

☆「Essential Phone with World’s Smallest 4K 360 degree Camera」/399.0ドル(11/27時点)

アマゾンのセール販売品は日本と同じく規定数が売り切れると標準価格まで在庫があっても値が戻ってしまうことがあるので、迷っている人は時間ギリギリまで悩んでいると終わってしまうかもしれません。

なお、注文は1アカウント1セットしか注文できませんので、並行輸入販売用に大量輸入は出来ません(´∀`;)

Essential Phone(Essential PH-1)は5.7インチのQHD(2560×1312ピクセル)ディスプレイ・Snapdragon 835搭載・RAM 4GB・ROM 128GB・デュアルメインカメラ(13メガ+13メガ(モノクロ) f/1.85)・3040 mAhといったスペック。現行の2017年夏~冬モデルとほぼ同等の性能を持った大画面スマホです。

これが、2万円相当の360°カメラとセットになって400ドルというのですから、安くてハイスペックなSIMフリースマホが欲しい人には良いですね。

すでにAndroid 8.0にもアップデート可能であり、システムもほとんど素のAndroid。

防水防塵も「IP54」の規格に対応しています。よくあるIP68(耐塵+水没保護)に比べると弱い?(2文字目の「4」は、水没系ではなく水飛沫に対する保護性能を表す試験をパスしているというもの)かもですが、多少の雨や水がかかる程度ならOKのはずです。

グローバル展開を前提に作られた端末なので対応周波数帯もなかなか豊富です。

CDMA EV-DO Rev. A: 0, 1, 10
FDD-LTE: 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 11, 12, 13, 17, 20, 21, 25, 26, 28, 29, 30, 66
TDD-LTE: 38, 39, 40, 41, 42, 43
TD-SCDMA: 34, 39 -(Essential Phone 日本語の公式ページ

すべてのスペック情報は上記の日本語サイトに書いてあるのでチェックしてください。

360°カメラは、USBのインターフェイスでつなぐのではなく、スマホ本体にマグネットで接続+ワイヤレスのまま動作するという世界最小の4K360°カメラなのだそうです。
d0262326_06051293.jpg
私も「Geoptic iO」というiPhone用の360°カメラを持っていますが、普段はあまり使い道がないものの、イベントや観光地などで使うと面白いです。飲み会や打ち上げでは、狭めの個室でもカメラをグルッとみんなで取り囲んで記念撮影とかにも使えます。

動画や写真を専用のアプリやビューワーで読み込めば(Youtubeなども対応)、VR画像・動画になるはずです。

360°カメラのスペックは通常価格は約200ドル、アマゾンの通常販売価格が170ドルになっています。

☆「360° for Essential Phone

Essentialの360°カメラを日本で売っているところは見たことがありませんが、Essential Phoneの本体のみでも6万円~、付属カメラも安く見積もっても1万円程度の価値はありそうです。

Snapdragon 835搭載機種としては技適を無視すればXiaomi Mi6がたぶん今は最安値の端末かと思いますが、それでも3.6万円くらいが先日の独身の日セールでの最安値だったはず。今回のEssential Phoneはカメラとセットで400ドルという価格なので、中華スマホを超えるコスパと言っても過言ではないでしょう。

アマゾンの通販はアメリカ版でもほとんど英語を意識せず、日本のアマゾンと同じ感覚で簡単に使えますので(日本へ配送できるものに限る。現地のみで利用できるダウンロードコンテンツや転送が必要な場合は、それなりの手順が必要)、買いたい人は買えるうちに買っておきましょう。


by ke-onblog | 2017-11-28 06:26 | 端末輸入 | Comments(0)
これはマジで安いですね!

先日も少し紹介しましたが、Android 8.0にアップデートすると日本の技適マークが出せるということで、国内のキャリア・MVNOでも合法的に通信が出来るかもしれない、Snapdragon 835搭載のハイエンドスマホ Essential Phoneが、アマゾンのサイバーマンデーでセールになり、なんと400ドルを切っています。

しかも!360度の天球カメラもセットになっている?ようですね。

☆「Essential Phone with World’s Smallest 4K 360 degree Camera」/399.0ドル(11/27時点)

360度カメラの価値がどれくらいのものなのかまだ調べきれていませんが、一般的な全方位カメラは1~2万円はするはず。

(→360度カメラ、米アマゾンでは170ドルで売られていますね。とすれば、通常600ドル超えのセットが400ドルなわけですね~)

Essential Phoneの通常価格は449ドル(発売当時699ドル)に今は値下げされており、その時点でも相当お買い得感があって悩ましい価格でしたが・・・すごく心惹かれます。

カートに入れると、自動でカメラも入ります(2itemsと表示)。通常配送で日本に直輸可能で、9-12営業日程度が掛かる見込みです。

送料・手数料として8.48ドル、輸入手数料として32.6ドルが追加でかかりますが、それでもトータル440ドル。
d0262326_20094483.png
セールは明日の17時まで続くはずですが、それまでに在庫切れ・価格変更がされる可能性もありますので、欲しかった人は早めに注文しておきましょう。

Essential Phoneの国内相場は6万円台後半くらいでしょうか。海外のSIMフリースマホということで一般的な需要があるき種ではないながら、スナドラ835機種でこの価格は破格ですね~

サイバーマンデーでは他にもガジェット・スマホ系が出てきそうですね。引き続き何かお得感のあるものがあればチェックしたいと思います。

☆「Amazon.com Cyber Monday Deals Week

by ke-onblog | 2017-11-27 20:14 | 端末輸入 | Comments(0)
アメリカのアマゾンで本格的にブラックフライデーのDealが始まりました。

日本でよくやっているアマゾンのセールと同じく、対象商品はどんどん追加されていくので随時価格と相場をチェックしていかないと安く買えるチャンスを逃してしまいますね。

以下、セールで安そうな商品を随時追加していくので、海外輸入に興味のある方はお付き合いください。

*日本に直送可能な商品のみをピックアップしていますが、販売者・在庫状況によっては直輸入出来ない場合もあるので購入画面でチェックしてください。日本の住所を予め登録しておけば、カートに入れて決済手続きを進めていくと発送出来ないものはエラーが出るのですぐ判ります。

☆「AELEC S350 Wireless Bluetooth Headphones」130ドル → 14.69ドル

耐汗仕様のノイズキャンセリング機能付きワイヤレスヘッドホン/ヘッドセットが89%OFF。輸入手数料(日本に送った場合)+5.32ドル。日本のアマゾンでは並行輸入品として16k~(売れているかどうかは知らない)

☆「Save up to 30% on select SanDisk memory products

Class10のmicro SD 64GBが13.99ドル~など。日本でも3千円くらいだせば買えますけど、3つ買って(このセールでは3個が上限のようです。他の容量と組み合わせればもっと注文出来るはず)トータルで50ドルで輸入可能。1個あたり1850円くらいで輸入できる計算です。携帯ショップではお馴染み、iXpand 64GBもありますよ(笑)

128GBのmicro SDCXも28.5ドルとかなり安いです。日本だと5千円超えなので、パソコンのバックアップ用やデジカメ用などにも良いかもですね。

[追記]24日17時~、64GBは14.99ドル/128GB 29.99ドルへ若干値上がり。日本のアマゾンセールでもたまにセール後に値上がりすることがありますけれど、Black Fridayも最初が安いようです。

☆「Garmin Approach S20 Golf Watch」129.99ドル

トラッキングツールで有名なガーミンのゴルフ用ナビゲーションウォッチデバイスです。日本用ではないのですが、日本のゴルフコースも読み込める・・・のでしょうか(日本で発売されているモデルは、国内・海外両方のデータが見られるようです「S20」も「S20J」同じ製品だと国内アマゾンの紹介文にあるので、たぶん大丈夫でしょう)。国内価格は2.6万円~

☆「OontZ Angle 3 Portable Bluetooth Speaker」24.99ドル

アマゾンのベストセラー商品の一つで、防水対応のワイヤレススピーカー。送料+6.66ドル。日本のアマゾンでは並行輸入が7千円くらい?になっています。

☆「Bluedio F800 Active Noise Cancelling Foldable Over-ear Wireless Bluetooth Headphones」/37.99ドル

日本では約7千円で売られている、ワイヤレスタイプのアクティブノイズキャンセル機能付きヘッドホン。送料は9.5ドル。

米アマゾンの細かい輸入方法・登録方法などは過去に解説したことがあったかどうかすら覚えがないのですが、ほぼほぼ日本のアマゾンと同じ使い方で購入できます。注意点は住所の入力(英語の順番で記載する)くらいなもので、変な商品を掴まなければ、ショップとやりとりをすることはまずありません(私も何度か使っていますが、一度もトラブルに遭ったことはない)。

イヤホンとSDカードをセットで注文してみました。
d0262326_07455844.png
送料・手数料は合わせて6ドルほどで、合計約35ドル。標準配送で到着まで3週間ほど掛かるようですね。クリスマスには間に合うでしょうか。また届いたら報告します。

☆「WD 4TB Black My Passport Portable External Hard Drive - USB 3.0

4TBで100ドルのポータブル外付けハードディスク(国内価格は1.7万円強)。そこそこ安いですが・・・ハードディスクは物理的に壊れやすいのでちょっと輸入のリスクは高めでしょうか。

アジア系の通販サイトを使うより断然簡単なので、ブラックフライデーセールをチェックして安いものを仕入れてみるのも良いかと思います。

☆「Amazon.com Black Friday Deals

by ke-onblog | 2017-11-24 01:28 | 端末輸入 | Comments(5)
日本国内でもいくつかのサイトでブラックフライデーに便乗したセールを実施していますが、本家であるアメリカのアマゾンで、ブラックフライデーセールが始まったようです。

日本のアマゾンでは12月からサイバーマンデーセールをやるようですが、アメリカのアマゾンでも比較的簡単・安全に輸入が出来るので、お手軽に海外通販で楽しみたい方はチェックして見る価値はあるでしょう。

amazon.comではブラックフライデーセールの専用ページも出来ています。

Amazon.com Black Friday Deals

品物の取り揃えは日本と同じくあらゆるジャンルがあるため、ブラックフライデーセールもファッションやおもちゃからキッチン、エレクトロニクス関連など何でもありますが、日本に直送できるかどうかは商品ごと・販売者ごとに異なるのでよくチェックしてコストを計算する必要があります。

今少し見てきたところでは、ブログのタイトルにも書いたようにGalaxy Note 8が通常時より大幅に値下げされています。

☆「amazom.com Samsung Galaxy Note8 (US Version)


日本でもドコモとauから発売中のNote8は、白ロム相場はまだ11~12万円程度と高めで推移しています。アメリカでも通常は900ドル超えが定価なのですが、現在は約18%となる、779.99ドルへ値下げされており、日本へも直送が可能になっています。

国際送料・手数料が合計で70ドル程かかりますので、1ドル111円として計算すると約9.4万円で輸入できることになります。有名インポートショップ通販のエクスパンシスなら9.9万円+関税、イートレンでは送料込みで10.3万円くらいになりますので、アマゾンの方が1万円近く安くなるはずです。

ただ、モデルはUSバージョンということで、型番は「SM-N950U」です。SIMフリーではありますがバンドがグローバル版とは異なるので、使いたい国のネットワークで利用できるかよく調べてから買いましょう。
3G UMTS/B1(2100),B2(1900),B4(AWS),B5(850),B8(900)
3G CDMA/ BC0(800),BC1(1900),BC10(800)
3G TD-SCDMA/ B34(2010),B39(1880)
4G FDD LTE/ B1(2100),B2(1900),B3(1800),B4(AWS),B5(850),
B7(2600),B8(900),B12(700),B13(700),B17(700),B18(800),
B19(800),B20(800),B25(1900),B26(850),
B28(700),B29(700),B30(2300),B66(AWS-3)
4G TDD LTE /B38(2600),B39(1900),B40(2300),B41(2500) 
- Samsung US-Galaxy Note8(Unlocked, Specification)より)
輸入に関わる送料・料金が発生するため、何でもかんでも安く買えるわけでは無いながら、日本では直接買えないアイテム・並行輸入品として割高になっているものを安く買えるチャンスならありそうです。


by ke-onblog | 2017-11-23 19:29 | 端末輸入 | Comments(2)
もうこれ以上冬モデルスマホを買っても何に使うんだ?というくらい端末が増えてきてしまっているので購入を戸惑っているのですが・・・これも気になります。
d0262326_09583789.jpg
Snapdragon 835搭載スマホの中で、中華端末を除けばたぶん最安値となるアメリカのAndroidを開発したチームが作ったという、Essential Phoneに、最新のAndroid 8.0へのソフトウェアアップデートを行うと国内の技適マークが出せるという情報が多数ネット上に出ているようです。

それらしい番号を総務省のHPで検索しても出てこない?ので詳細は不明ですが、日本から正式に出てくるようならお値段のほうにも期待できそうですね。このモデルはブランド・ロゴを使わず、ロイヤリティフリーで安く作ることをコンセプトにしているらしいですし。

Essential Phoneには、すでに日本語のサイトもあります(予約ページに行くと海外のサイトに飛ぶので、今のところ説明だけ日本語ということっぽい?)。

☆「https://www.essential.com/jp

最近は「Android One」プロジェクトの端末ならいくつかありますが、ハイエンドで素のAndroidに近いシステム・早いアップデートが期待できそうな端末はあまりないので。

Essential PhoneはiPhone XやAQUOS R Compactのように、スマホ前面にあるインカメラがディスプレイにめり込んだ、Edge to Edgeデザインの端末です。

主なスペックは上記のHPに記載がありますが、5.71インチ(2560×1312ピクセル)・13メガのデュアルレンズカメラ・RAM 4GB/ROM 128GBがデフォルトです。本体重量は185グラムなのでiPhone Xより少し重いですが、背面には指紋認証センサーがあります。

で、この端末は2017年夏頃に海外では発売されており、当時は定価699ドルだったはずです。それが今は大幅に値下げされて、アメリカのアマゾンで449.99ドルで日本に直輸入も可能で販売中です(Shipping ,import feeは別途44ドルほど掛かる)。

☆「Amazon.com Essential Phone 128 GB Unlocked

数日前には499ドルになっていたような気がするので、今がお買い得かもしれません。もうアメリカのアマゾンはブラックフライデーウィークに入ったので、その影響での値下げとも取れます。

送料込みでおよそ500ドル、1ドル112として5.6万円でスナドラ835・ROM128GBのSIMフリーの大画面スマホが手に入るのなら、かなり安いでしょう。技適がない場合はXiaomiのMi6に価格で敵いませんが、技適あり・システムのアップデートサポートも中華スマホよりは期待出来そうです。

小型機種でも良いならドコモの「Xperia XZ1 Compact SO-02K」が実質2.6万円で先日売り出されたので、こちらも将来的には白ロムが安くなる可能性もありますが、今はまだSIMロック解除版白ロムは非常に高値で売買されています。

私も今すでに手元に複数のSnapdragon 835搭載機を持っていますが、いずれの機種もレスポンスは十分によいです。昨日の日記にも書きましたが、スナドラ835搭載機種は長く・ガッツリ使うメインスマホ用に買いだと思います。

Essential Phoneにしても格安スマホと言われる端末ほど安くはありませんが、クオリティが微妙な端末を1~2年で買い換えるより、スナドラ835搭載機なら3~4年は最前線で使えるレベルのまま(ただし電池消耗は除く)、各社の最先端機能が体験出来ることでしょう。

日本で発売するとしても450ドル、5万円以下の価格設定は難しいかもしれませんので、海外から先に手に入れてしまっても良さそうな感じですね。

ブラックフライデーは今週金曜、11月24日が本番です。米アマゾンでは各種安売が期待できるので、Essential Phone以外の海外端末やスマホアクセサリーなども安く輸入できるチャンスがありそうなので、楽しみです。

アメリカのアマゾンは日本のアマゾンとは別のアカウントが必要になりますが、言語表示以外の仕様がほとんど日本版と同じなので、あまり英語が得意でない場合にも簡単に輸入ができる(直送出来ないものは転送業者利用などが必要。どうしても日本で買うことが出来ないような商品以外は、逆に割高なケース多)のがメリット。

アメリカのアマゾンセールではプライムデー、そしてブラックフライデーセールが最大規模なので、面白いものが出てないかセールをチェックしてみる価値はあるでしょう。

☆「Amazon.com 2017 Black Friday Weeks Deal

by ke-onblog | 2017-11-19 10:24 | 端末輸入 | Comments(4)
本体に12万円も支払っておいても、やっぱり通信料・周辺機器・アクセサリーは安く済ませることが出来るのなら、可能な限り安く買えるアイテムでなんとかしたい貧乏性の私は、iPhone X向けに海外からガラスフィルムを先に輸入しておきました。

ようやくiPhone Xが手に入ったので、せっかくなので装着してみることに。

今回使うのはギアベストで9月に買った「Gearbest-Tempered Glass Screen Protective Film for iPhone X」です。そういえば、iPhoneの発表会前に売られていたので、当時はまだ「for iPhone 8」になってました(笑)

11月12日時点の価格は246円、輸入時の価格は330円でした・・・Σ(゚д゚lll) 競合製品がどんどん出てくれば安くなってしまうので、これは仕方ないですね。
d0262326_02415820.jpg
このフィルムは全画面を覆うタイプではなく、やや小さめに作られています。最近のiPhoneはディスプレイガラスのエッジ部分がラウンド形状なので、サイズが大きすぎるとその分だけフィルムが浮きやすくなりますが、この製品は浮き(接着していない部分)はほとんどありません。

d0262326_02415895.jpg
放置してあった撮影用マットの上で貼ったところ、ホコリが・・・(苦笑)ホコリさえなければ、ほとんど空気は入らないピッタリサイズです。気泡もちゃんと貼れば入りません。
d0262326_02415995.jpg
角部分にもホコリが。ホコリが入らなければこうした浮きは出ません(他の角部分は大丈夫だったので)。

このフィルムはインカメラの部分に掛からないようにカットされています。
d0262326_02475864.jpg
フィルムを貼った状態で、全く問題なくFace IDが利用できています。
d0262326_02415832.jpg
ディスプレイの表示部分に対してはピッタリサイズですが、画面全体の面積から見ると1mmくらいカバーできていないため、ほとんどの保護ケースと干渉することはないでしょう。
d0262326_02415860.jpg
中央にも一つホコリが・・・。やっぱり、ちゃんと準備して貼らないとダメですね(´∀`;)

私が使っているケースは「Spigen ラギッド・ クリスタル」です。この隙間が気になる人は全画面タイプを買った方が良いと思いますが、この300円以下のガラスフィルムでもディスプレイを保護する目的ならば十分そうです。

私はちょっと貼るときに手を抜いたので失敗気味ですけれど(苦笑)、ホコリさえ入らなければ元のガラスパネルと変わらない操作性・透明度ですね。画面全体に対してはやや小さめであるため、表示領域に合わせてピッタリ貼らないとパネル表示境界が見にくくなるので気をつけて下さい。

総じて、品質は問題ないと思います。ギアベストから送料無料の方法で輸入すると2~3週間は掛かりますので、iPhone購入とタイミングを合わせたいのなら先に注文しておきましょう。

これと同じとみられる製品は、アマゾンには見当たりません。この輸入品はインカメラ部分の形状がちょっと特殊で、他の安物のフィルムはもっと広くインカメラ部分が開いているようです。こちらのフィルムの方がカバー範囲が広いので、多少保護力が高い?かもしれません。

貼り直しは出来ないことはないですが、ホコリが入ってしまった場合の復帰は難しい(取り除く過程でさらにゴミが入る可能性の方が高い)ので、予備も含めて2~3枚買っておく方が良いでしょう。

私は派手にホコリが入ったので、とりあえず剥がれてこないか・すぐに割れないか2~3日様子を見て、次のフィルムに張り替えようと思っています( ゚∀゚)アハハ~

iPhone X用のガラスフィルム商品はたくさん売られていますが、パッケージが違うだけで中身は中華通販で買えるものと全く同じであることも少なくないため、節約を目指すならiPhone Xを買う前にフィルムの個人輸入にチャレンジしてみましょう(海外通販品では、配送トラブルや届いた時点で破損している可能性もなくもないので(苦笑)。

関連記事:海外スマホをGearbest(ギアベスト)で安全に購入する方法・個人輸入手順

by ke-onblog | 2017-11-12 06:45 | 端末輸入 | Comments(0)
今日は11月11日、日本では「いい買い物の日」関連のキャンペーン・セールがたくさん出ていますが、海外通販系では「Single Day」として、独身の日セールが盛り上がっています。

最近私は中華端末の情報を追いかけられていないので、あまり個人輸入系サイトのセール内容を把握できてませんけれども、大手メーカー製のスマホが輸入できるエクスパンシスでも11.11セールが開催されており、まもなくドコモから発売される予定のSony Xperia XZ1 Compactのグローバルモデルがちょっとだけ安くなっています。

☆「エクスパンシス 独身の日セール商品icon

Sony Xperia XZ1 Compact G8441 は57,900円→56,200円へ、送料分くらいの値下げ。値引き幅は大したことないですけれど、発売直後のXperiaでSnpadragon 835搭載機種ということを考えると、この価格は結構安いですね~。ドコモモデル「Xperia XZ1 Compact SO-02K」の定価は77,760円、機種変実質2.6万円~となっています。

他にも、

・Sony Xperia XZ Premium Dual G8142ロッソ 73,500円
・Google Pixel2 G011A 104,200円
・Galaxy Note8 (256GB) SM-N9500 120,000円


この3機種はスナドラ835搭載機のハイエンドモデル、

・Mate 10 Dual ALP-L29 73,500円
・Pixel XL(5.5インチ) G-2PW2200(128GB) 85,000円/84,600円


も割引価格になっています。

・・・スペックが高い機種ばかりなので仕方がないですが、買いやすい価格ではないですね~。

他の中華通販系だと、

☆「Gear Best 11.11Daily Flash Sale
☆「Geekbuying 11.11 Shopping Spree
☆「TOMTOP 11.11 Shoppipng Carnival
☆「Banggood 11.11 Price Storm

各サイトでクーポン配布やタイムセール(フラッシュセール)が始まっています。

独身の日セールはアリエクの運営元でもある、Alibabaが始めたと言われる中国のネットセールキャンペーンです。なので、アリエクスプレスでは特に力が入っています。

☆「AliExpress 11.11 Global Shopping Fes.

アリエクでは3日からプリセールが始まり、日本時間だと11日17時から本番のセールが始まります。それぞれのショップで使える値引きクーポンも出ていますね。

高い商品をこの時期に買うと到着まで時間が掛かったり、トラブルも多くなりそうなので、スマホやタブレット本体を輸入するのはちょっと怖い気がしますが、11.11関連のセールでは目玉商品としてスマホアクセサリーが特に安く輸入できることが多いので、iPhone Xや新しい冬モデル向けのケース・フィルム・充電器などをテキトーに注文してみるのなら良いかもしれません。


最近の私はApple AirPodsのように、左右独立型のワイヤレスイヤフォンに興味があるのですが・・・安物買いの銭失いになりますかね(苦笑) トップメーカが2~3万円で売っているような製品が2~3千円で輸入できるので、さすがに胡散臭さが拭えず手を出せていません(´∀`;)

すぐ壊れてしまうようなら多少高くても良いものを買ったほうが良さそうに思いますので、海外通販は「もともと日本で買ってもそこそこ安く、壊れにくい(物理的・電子的に)製品」を狙うのが賢いのでしょう。

海外通販だからといって必ずしもすべてのセール品が安いとは限りません。全く同じ製品がアマゾンでも変わらない価格で売っていたりするものもあります。

フラッシュセールは短時間で売切れてしまうものもあると思いますが、価格の安さだけに騙されず、よく製品の仕様を見てから輸入にチャレンジしたいところです。

by ke-onblog | 2017-11-11 10:12 | 端末輸入 | Comments(0)
国内でも海外でも、ネット通販ではさまざまなトラブルに遭う可能性があります。

私もいろんなタイプのネット通販トラブルに遭遇したことはありますけれど、つい先日またしてもちょっとした問題が起きたので、事の顛末を参考用に書き残しておきます。対応自体は問題は無かったのですが、日本ではあまり起きないレベルのトラブルです。
d0262326_16401110.png
今回問題があったのは、ガジェット系通販で日本国内でも大きくPRを出しているGearbest(ギアベスト)です。おそらくこのブログの読者の皆様の中でも使ったことのある人は多いでしょう。

私が該当のオーダーを行ったのは1ヶ月以上前になる8月末頃。iPhone 8/8 Plus/Xの発表前のことでした。

iPhone Xを買う気満々なので、事前に海外からアクセサリーを取り寄せておこうと思い、ギアベスト経由でプロテクター・手帳ケース・ガラスフィルム複数種類と、Apple Watch用の交換ベルト、さらにワイヤレス充電器などもついでに注文しました。

GearbestではPriority Lineとして比較的料金の安いオプションで7-15営業日くらいで届く発送方法の指定も出来たので、今回はそれも使いました。

すると注文から10日ほどした頃、ワイヤレス充電器と一部のスマホ保護フィルムだけが届きました。
d0262326_16465848.jpg
iPhone 8 Plusも充電できるので重宝しています。

充電器のレビューはこちら: GalaxyS8/S8+が急速充電出来る純正ワイヤレス充電器 EP-PG950を安く買う方法

それは良いのですが、同時に注文していた他のフィルムやケースが届きません。

私が予約した時点で、発送されていない商品の予想発送日が3日後くらいになっていたのですよね・・・今思えば、ちょっとした予感はありました。

日本のアマゾンでも複数の商品を注文すると、最短日時で届けるために同じ送料のまま複数個に分散して発送されることはあります。今回のギアベストの注文でもおそらくそんな感じで、先に在庫のあるものだけ送って、後から少し遅れるのかな?と・・・

しかし、最初の商品が届いてから1週間経っても発送の連絡はありませんでした。

この時点で、Gearbestに一度問い合わせをしてみました。

上記は9月6日の日記ですけれど、この時まさにギアベストに日本語で問い合わせを試しに送っていたのです。

その結果、10数時間後に返信がありました。書かれていた内容を要約すると、

・注文された商品はまだ確かに発送出来ていない
・倉庫在庫が無く、バックオーダー(取り寄せ)中である
・キャンセルするか、別の商品を注文するか、このまま待ってもらうかを選んで欲しい
・待つ場合、7-15営業日くらいが掛かりそう

との内容が英語で送られてきました。日本語のサポートが出来るということだったのでわざと日本語だけで送ってみたのですが、返信は英語のみのようです。ちゃんと問い合わせた内容には的確に返答出来ているので、まぁ良いでしょう。変な日本語を使われるよりは英語の方が意思疎通は楽です。

注文していたのはiPhone X用のアクセサリーがメインでした。まだiPhone Xの発表前でしたけれど、どうせ発売日は遅れるだろう(9月22日ならまだ間に合うくらいの日程)と思われましたので、注文は取り消さず、そのまま待つことにしました。入荷したら直ぐに発送&連絡をしてほしいというメッセージを返しておきました。

そして・・・2週間以上が経過しても、相変わらず連絡はありません。

現状はどうなっているのかもう一度問い合わせを行うか~と思いギアベストで注文一覧をチェックし、ふいに注文した商品がほかのサイトで安く買えるようになっていたら・・・と思いつきました。

すると、Gearbestで注文していた商品がギアベスト内でフラッシュセールになっており、購入時点よりも数百円安くなっていたのを見つけた瞬間、キャンセルを決めました(´Д`;)

しかもその時点でもまだ該当の商品は在庫有りの状態ではなく、5日後くらいの発送予定日が記載されていました。

在庫もないのによくやるな~と。そしてずっと入荷を待っていた私には1ヶ月以上前の数割高い支払い額のままで買えと??? 冗談じゃありません。

時間が経てば安くなるのは当然ですし、1ヶ月くらいの待ち時間は海外通販をやっていれば序の口です。でも、この合わせ技はダメでしょう。発送時点での差額を返金請求しようかとも思いましたが、ここからまださらに待たされることになりそうだったので、注文自体のキャンセルを申し入れました。

メッセージには「前回のメッセージから充分に待った。もうこれ以上は待てないので、キャンセルと返金を」と。

すると数時間で返事が来ました。

・該当の商品は高い人気があり、入荷時期が遅れてこちらも困っている
・キャンセルする場合はオリジナルの支払い方法、またはGB Walletへの返金が出来る
・GB Walletでの返金の場合はポイントを1ドルにつき2ポイント分付与する(1ポイントは約2円?)


というメッセージが返ってきました。私はいろんな海外通販サイトを使うので、特にギアベストにこだわりもないのでPaypalに返金してもらうよう返信しました。
d0262326_17132515.png
すると48時間以内には返金するという旨のメッセージがあり、実際にはほんの数時間後にPayPalに返金が実行されていたようです。

在庫管理のいい加減さにはウンザリしましたが(苦笑)、サポートは非常に迅速かつ丁寧なメッセージで好感が持てました。

ということで、今回得られた教訓は「海外通販で届くまで商品を待ち続けるのも良いが、数週間以上掛かっているのならその間にキャンセル→再注文したほうが安くなる場合もあるので気をつけろ」です。

特に新製品の場合は値下り速度が早いこともあり、実直に待っていてはぼったくられる可能性がありますよ、というお話でした。在庫が無いのに売り続け、1ヶ月以上前に注文した商品すら発送していない状況でセールをするなんて、まず国内の通販では無いでしょう。

注文時点でこのような展開を予想することは難しいでしょうし、ギアベスト自体の対応も問題はありませんでした。不良品が届いたり、発送されたのに届かないケースよりは全然軽いトラブルですが、気をつけていなければ損をする(後から買った人と同じタイミングで届くのに、高いお金を取られる)可能性があり、これを避けることが出来たのは僥倖でした。入荷状況をチェックせずに放置していれば、間違いなくそのまま発送されてしまったでしょうから。

海外通販はすでに価格が底値まで下がり、あまり価格が変動しないレベルまで値下がったタイミングを狙ったほうが、在庫も十分あるでしょうから安全な取引が出来るかもしれませんね。


by ke-onblog | 2017-10-03 17:38 | 端末輸入 | Comments(0)
おそらく日本でもドコモが2017年冬モデルとして発売するであろうソニーの新型コンパクトスマホ Xperia XZ1 Compactの海外版がエクスパンシスに入荷(予約分も9/21から販売)しています。
d0262326_09373261.jpg
Xperia X Compactはミドルハイレベルにスペックを抑えたモデルとして比較的安い価格で提供(ドコモなら一括1.5万円、定価6.4万円)したことでヒットしました。

他にもドコモの比較的小さいディスプレイのスマホだとMONO MO-01J(4.7インチ)、5インチクラスのGalaxy Feel SC-04J, arrows Be F-05J、AQUOS EVER SH-02J(5.0インチサイズを「小さい」と表現する時代になったのですね(´∀`;)、などがありますが、いずれもロースペック~ミドルスペッククラス。

Android機種としてのハイエンドコンパクト機種としてはXperia Z5 Compact以来ということになるでしょうか。

同じく冬モデルの5.2インチ版 Xperia XZ1に比べるとサイズが小さい分スペックもところどころ小ぶりになっているのですが、Xperia X Compactに比べればカメラ・CPU・RAMもアップしているので価格が結構高くなると予想していたのですが、このくらいの価格ならアリかもしれません。

☆「エクスパンシス Sony Xperia XZ1 Compact G8441icon」/ 57,900円(送料・税別)

配送にヤマトを使った場合でおよその購入コストは62,000円ほどになるはずです。

同じように2017年夏モデルとして発売されたSnapdragon 835を搭載した他社ハイエンドモデルに比べると、6万円という価格はある意味ではお買い得といえるのかも。

Xperia X Compactに比べて、スペックには以下のような大きな変更があります。

・スナドラ650 → スナドラ835
・カメラ23メガピクセル → 19メガピクセル(ピクセルサイズがアップ)
・RAM 3GB → 4GB


旧型シリーズと4.6インチのHDディスプレイ・バッテリー容量は2700mAhで同じながら、CPU/RAM/カメラというスマホのメインとなるところが大きく変わったので、X CompactとXZ1 Compactは別物のスマホと考えたほうが良いくらいです。

スナドラ835搭載の他機種の多くは5.5インチ以上の大画面モデルが多く、4インチ台のSnapdragon 835機種は他にはないと思われます。

・Galaxy Note 8  6.3インチ
・Galaxy S8/S8+  5.8インチ/6.2インチ
・Essential Phone 5.7インチ
・Xperia XZ Premium  5.5インチ
・HTC U11 5.5インチ
・Nubia Z17 5.5インチ
・ZenFone4 Pro 5.5インチ
・One Plus 5 5.5インチ
・AQUOS R 5.3インチ
・Nokia 8 5.3インチ
・Xiaomi Mi6 5.15インチ

スナドラ835搭載機種はだいたいこんなところでしょう。ディスプレイが1番小さいMi6でさえ5.15インチ 重さ 168グラム~です。

もちろん大画面・高解像度のディスプレイが必要であると考えるのならXZ1やXZ Premiumを買えばXZ1 Compactの上位互換と言えるのかもしれませんが、片手で使いやすいお手軽感のあるハイエンドモデルを欲していた人には、数少ない選択肢になりそうですね。

海外版のXperia X Compact F5321や国内版の SO-02Jの新品白ロム相場は42,000円~45,000円くらいですので、+2万円弱でハイスペック→ハイエンドモデルレベルまでアップグレード出来ると考えれば、悪くない選択でしょう。

海外モデルであるMi6やOne Plus 5などは日本に輸入しても4~5万円前後という格安で買えるものの、他の夏モデルで6万円まで下がっている機種は他にはないでしょう。トップメーカーの夏モデルハイエンドは今でも7~9万円での価格が市場相場です。

噂ではAQUOS R Compactとしてシャープも今冬期モデルを用意しているという情報もありますので、もしかしたらそちらもライバルになるかもしれませんけれど、SIMフリーでは売られないでしょう(・・・そうとも限らないか?今のSH-M0xシリーズも一応ありますし、「AQUOS R」というブランドの統一感で事業を拡大したいのならぜひ出して欲しいところですけども)。


おそらくドコモからXperia XZ1 Compact SO-02Kとして、10月末~11月上旬頃に登場する見込みですが、Z5 Compactからちょうど2年になるので、買い替えの時期としては悪く無さそうです。

X Compactみたいに機種変更特化型価格として売り出すのなら、定価7~8万円(ドコモの販売価格)・実質2.5万~3万円くらいからのスタートが予想されます(SO-02Jは発売時に機種変実質26,568円→2017年2月1日から一括1.5万円)。

Antutu Benchmarkでのスコアならスナドラ835とiPhone 7が同じくらいなので、処理能力が高い&小型というだけならiPhoneのほうがむしろ今はお買い得とも言えるかもしれませんけれど、iOSとAndroidという根本的な違いがあるため、そのあたりはお好み次第ということで。

今はFOMAからの機種変更ならXperia X Compact SO-02Jは一括5,832円まで値下げされていますが、普通にXiからの機種変だと半年以上価格が改定されていないことになるので、逆にお買い得という感じではなくなってきました。それでも人気が高いのはやはりコンパクトスマホとしてのバランスの良さなのでしょうけれど。

☆「ドコモ Xperia X Compact SO-02J

XZ Premiumの画面が小さくなっただけといえばそれまでなのかもですけれど、これこそを待っていた、という人もそれなりに居そうですね。


by ke-onblog | 2017-09-21 11:56 | 端末輸入 | Comments(0)