白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:端末輸入( 251 )

今日4月28日はXiaomiの2017年フラッグシップモデル 「Mi6」の発売日であり、初回在庫分が販売されたはずですが、瞬殺・・・というか予約分だけでまったく需要においついていないようです。

スナドラ835搭載・RAM 6GBでデュアルカメラ・防滴という超ハイエンドスペックでおよそ4万円という価格になったため、どの程度人気が出るのか興味があったところですけれど、あまり話題にならなかったMi5sと違い、人気があるようですよ(´∀`;)
d0262326_19382286.jpg
今日発売日になったのはRAM 6GB/ROM64GB・RAM6GB/ROM 128GBのブラックとホワイトモデルだけ?なのでしょうか。Mi6にはブルーとセラミックブラックモデルもあるのですが、Aliexpressを見る限り殆どのショップはブラックとホワイトしか在庫を手に入れられていないようです。

☆「AliExpress.com New Original Xiaomi Mi6 Mi 6 Mobile Phone Snapdragon 835 6GB RAM 64GB ROM Octa Core 5.15" 12MP 1920x1080p NFC Fingerprint ID FDD

MC-Martでもブラックとホワイトだけ。どちらも499.99ドル。
d0262326_19480035.jpg
Mi6はブルーがキレイな色だったので、青を狙っていた人も居ると思いますが、Xiaomiの公式サイト上では2次販売分として予定されている5月5日10時スタートの予約はホワイト・ブルーが選択肢になく、ブラックしか取り扱いがなくなっています。

Xiaomiのフォーラムに投稿されている記事によると、昨日4月27日時点で事前予約をしているユーザーは100万人を超えており、Xiaomiのフラッグシップモデルで通常用意される初回在庫は8万台くらいしか無いらしく、事前登録した人の大半が今日Mi6を手に入れられていないのではないかと締めくくられています。

登録した人が全員購入希望者であるかどうかはわかりませんけれど、これだけ注目度が高いと現地でも品薄になっているのかもしれません。

アリエクスプレスにはそれなりの数が出ているので、これが買い占め→転売によるものなのかどうかはわかりませんけれど(苦笑)、国内のスマホ事情とは異なり海外では通販業者が直接メーカーから入荷ルートを持っているところもあるみたいなので(発売直後からショップのカスタムROM版が出回っていますし)、品薄過ぎて超プレミアム価格になるということはなさそうです。

先程のアリエクスプレスの499.99ドルというのが、おそらく初回在庫分の販売価格相場になるのでしょう。先日クーポン情報を紹介しましたけれど、1ヶ月くらい先の出荷分に関しては460-470ドルくらいで受け付けている中華通販サイトもあります。

中華通販サイトではよくあることですが、同じサイト内においても出荷時期の違いで販売価格が異なることがあります。たぶんGeekbuyingで販売予定のある在庫は初回出荷分ではないために、安く設定されているのだと思われます(出荷予定は今日から見て3週間以内)。有名なGearbestでは出荷予定は6月17日以降とされています。

☆「Only $489.99 for Xiaomi Mi 6 6GB 64GB Smartphone Blackクーポン【XIAOMI6】適用時 469.99ドル

470ドルという価格設定は品薄によるプレミアム化の結果ではなく、輸出価格としては妥当なところです。でもいちMi6が早く欲しいのならGeekbuyingよりAliexpressで手配したほうが早いかもしれません。ただし、Aliexpressでは各販売ページでそれぞれの在庫数が表示されているものの、販売されていない?ブルーも「999 pieces available」や「8987 pieces available」とすべてのカラーで同一台数入荷したかのように記載していたセラーもいたので、ショップ選びには注意して下さい。最近はアマゾンのマケプレ詐欺もひどいものですが、中華サイトでは実物在庫がないのに通販で受け付けていることなど日常茶飯事のようですので(苦笑)

Xiaomiの日本代理店になったTJCでもすぐにMi6を扱うということは出来ないはずですので、すぐに手に入れて使いたいという人は輸入ルートを慎重に考えてみましょう。プリオーダーが終わると価格が上がるショップ(入荷済み在庫のほうが高くなるというのは過去にもMi5sのとき見かけました)、出荷予定日もサイトによってマチマチです。Mi6の発売日は確かに今日4月28日のはずですが、すべての中華サイトが「発売日に出荷予定の予約」を受け付けているとは限りません。

ちなみに今、Mi5の3GB/64GBモデルの価格相場は半額の230ドルくらい、Mi5s 3GB/64GBモデルは280ドルくらいです。新モデルもスペックはとても魅力的なのですが、Mi5/5sのほうはとても軽量で個人的にはとても気に入っています。Mi6が安くなるまで待ってから・・・と考えているのならMi5あたりを買って来年くらいMi6に乗り換えると今より100ドル以上は安くなっていることでしょう。


by ke-onblog | 2017-04-28 18:04 | 端末輸入 | Comments(0)
今日は中華通販輸入に関するちょっとした失敗談を。

今巷で話題のSamsungの新型スマホGalaxy S8, S8+の輸入価格は発売直後だけあってかなり高額です。eBayを使って輸入したとしても10万円を切るのは難しく、ネタ用に買うにはちょっとハードルが高いなと思っていました。

そこで最近私がチェックし始めた中華通販サイトの一つ、「Sunsky」というショップの新着商品にこんなものがあったので、つい衝動買いしていまいました。
d0262326_05335905.jpg
☆「Samsung Galaxy S8 Dark Screen Non-Working Fake Dummy Display Model

外側だけの模型、いわゆるモックアップ。まだ正式発表されてからそれほど時間が経っていないのに、もう作られているのですね~

お値段は1個あたり6.74ドル~。このショップは業者用にたくさん買うと単価が安くなるというシステムを標準搭載しています。

この商品だけなら、たぶん普通に買えたと思うのですが、SunskyにはGalaxy S8以外にもたくさんのモックが売られており、ついそちらにも目移りしてしまって・・・
d0262326_05390018.png
私が注文したのはGalaxy S8の他、P10 Plus, iPhone7 Plusのレッドバージョン、Galaxy S7 edge, Apple Watch、それからついでにXperia X Compactのガラスフィルム。合計でたった29ドルでした。

送料が15ドルもするのですが、それでもモック1個あたりなら1000円以下のコストで買えるのなら良いか、と思って注文してしまいました。支払いにはPaypalが使えます。

意気揚々と注文したまでは良かったのですが、そういえばモックの輸入には何か色々と問題があったような・・・と支払いまで完全に済ませた後、過去にチラリと見た情報を思い出しました。

そこでググってみると、

☆「Ready For 海外スマホのサンプル(モックアップ)を輸入したい!

そうでした、去年このクラウドファウンディングを見かけていたのでした。

上記の企画では「保土ヶ谷モックセンター」さんという業者がモックの直接買い付けをするためにお金を集めたという話(残念ながら失敗されたようですが)なのですが、この関連サイトに「過去にモックを輸入しようとして没収された」とあるのです。

そう、モックは税関に引っかかることがあるのですよね。。。

更に調べると、こんな情報もありました。

☆「LH MAGAZINE 税関に没収!?悲惨なる個人輸入体験記

こちらの方も、やはりiPhoneのモックを中国から輸入しようとして失敗されています。没収までの流れは詳しくサイトに書かれているので、モック輸入に興味のある方は必読です。

上記体験記の中にも出てくるように、日本の税関では海外から輸入できない商品があると、それを国内に入ってきたところでチェックして、止められてしまいます。

よく聞くのは日本の薬事法で引っかかる海外の製品や、ブランドのコピー品です。昔は日本でもブランドの偽物・パクリ商品はたくさんあったような気がしますが、今はいろいろと規制で厳しいようで。私が関わったことのある輸入だと、バッテリー・電池が輸送できないので、電池だけ外して輸入したということなら過去にもありました(これは税関の問題より、輸送業者の問題かもですが)。

モック輸入の場合に引っかかる原因は商標権侵害でしょうね。これが特にアップルの製品では厳しそうですね~。

Sunskyで扱っているGalaxy S8には目立つロゴがなさそうなので多分大丈夫かな~とは思うのですが、レッドバージョンのiPhone7 Plusは完全にアウトかな、と(苦笑)

iPhoneのモックアップは1個5ドルちょいだったのでそれが届かないだけなら、まぁそれはそれで構わないとも思ったのですが、上記の体験談に書かれているようにDHLを使って輸入した場合には倉庫での保管料金や廃棄のためのさまざまな手続きなど煩雑な厄介事に巻き込まれる可能性があり、それは精神衛生上よくなさそうなので、間に合うならキャンセルしようと思い、Sunskyに問い合わせました。

中華通販サイトでは注文のキャンセルではけっこうトラブルが多いと聞くので戦々恐々としてコンタクトを取ったのですが、すぐに注文を取り消してくれました。
d0262326_06033683.png
Sunskyのマイページには「注文をキャンセルする」みたいなメニューはありません。キャンセルしたい場合は注文ページに記載されている担当者に直接連絡(スカイプ・Facebook・メール・電話・チャットなど、多数の手段あり)を取る必要があります。私はチャットタイプのメッセージを利用しました。

送った内容は以下のような感じ。

私「注文をキャンセルしたい。アップル製品の偽物は日本に輸入できないと聞いたので、注文を全てキャンセルするかアップル製品を除いたものだけを買いたいので、何とかして」

Sunsky担当「あなたの注文に、ダミーの模造品があることが確認できました」 「これは偽物ではなく「模型」であり、これまでに客に発送したけど問題はなかった」「もう箱詰めされているので、送らせて欲しい」「でも、キャンセルしたいのであれば出来る。どうする?」

私「模造品であることはわかっているのですが、それは「アップルの正規品」ではないでしょう?アップルのロゴ付きの非正規製品は日本では商標権侵害により税関で止められたケースを聞いています。問題がなければ買いたいのはやまやまだが、リスクが高すぎるのでやっぱりキャンセルで」

Sunsky担当「わかりました。問題はありません。ではオーダーはキャンセルし、返金します」

私「サポートありがとう。また別の商品を注文するのでそのときは宜しくね」

最初のメッセージ返信まで3時間くらい掛かりましたが、その後のやりとりはリアルタイムですぐに返ってきました。その数時間後には上記スクショの通り、マイページに進むと「Paid」から「Cancelled」に変わっていました。返金についてはまだ完了していませんけれど、Paypalを使っているのでちょっと時間は掛かるかもですがそのうち処理されるでしょう。

ということで、時間と手間はロスしましたが先駆者のおかげで金銭的な損失は回避出来そうです。スムーズで明確な問い合わせが出来たのでSunskyの担当さんの対応は好印象でした。

Sunskyはスマホ用のパーツがすごく豊富なので、修理用の部品輸入などには使えると思います。送料がやや高めなので、少量を扱う個人よりは業者向き。

中華通販の利用に慣れていればスマホのモックを輸入注文すること自体は簡単なのですが、商標権侵害はどうにもならないっぽいのでApple製品のモック個人輸入はどうやらやめたほうが無難そうです。運良く税関に止められなければ買えちゃうかもですが、引っかかった場合に購入価格以上のコスト・手間が掛かるのはいただけません。

今回もしキャンセルが間に合わなかったらそれはそれでネタにはなるかなと思いつつ、先人の貴重な体験談があるのに同じ轍を踏む必要もないと判断して注文キャンセルに至った、というお話でした。

モックを買うならすでに日本に入ってきたものか、メーカーロゴの無いものにしたほうが良さそうです。モック輸入は面白そうなのですが、クラウドファウンディングでは上手くいかないくらいなのでビジネス的には需要不足ですかね(苦笑)

モックが買えないのならやっぱり実機を買うか・・・。でも1台に10万円出すくらいなら、貧乏性な私は型落ちした3万円くらいの機種を3台買いたいと思ってしまうので悩ましいです(´∀`;)


by ke-onblog | 2017-04-26 06:53 | 端末輸入 | Comments(6)
スマホ単品で使うだけならば同等性能以上で割安な新機種・Moto G5 Plusがつい最近発売されているので、2016年モデルの在庫処分なのかもしれません。

モトローラブランドのスマホでは「Moto G」シリーズが一般向けに人気がありますが、一方で拡張モジュールによってさまざまな機能を付加出来る「Moto Z」および「Moto Z Play」も2016年モデルとして国内でも発売されていました。
d0262326_11443969.jpg
光学ズームが出来るカメラ機能・スピーカー・プロジェクターや、2017年に発売予定のワイヤレス充電・車載ホルダー(Incipio Vehicle Dock)なども追加され、ガジェットマニア向けなスマホとなっています。

Moto ZはSnapdragon 820搭載の上位モデル、Moto Z Playはスナドラ625搭載のミドルスペックモデルとして、それぞれ85,000円・53,300円(税別)にて販売されていたはずです。

SIMフリースマホであることを考えても他のDSDS機種と比べて「単なるスマートフォン」として見てしまうと割高な価格であったので興味があってもなかなか手を出せないところだったかもですが、中華通販サイトにて大きく値下げが進んでいます。

☆「 $292.55(€269)for Moto Z Play 5.5 inch 3GB RAM 64GB ROM

通常価格は4万円ほどなので日本の価格に比べれば安いですが、クーポンコード【BGMotoZP】を適用すると8千円も値引きされ、300ドルを切れます。
d0262326_11530912.jpg
4月26日追記:さらに値下がり、28,500円で買えるようになっています。クーポンコードは変わっていません】
d0262326_19233855.png

日本の技適があるかどうかはわかりませんが、言語設定は日本語もデフォルトで選べるようです。国内版ではROMが32GBだったのに対し、中国モデルはROM容量も64GBと大きくなっており3万円強で買えるなら割安と言えそうです。

Moto Z Playには販売国でいくつか対応バンドに違いがあります。banggoodのサイトには以下のように書かれています。
2G: GSM/EDGE 850/900/1800/1900MHz CDMA BC0
3G: UMTS: B1/2/5/8 TD-SCDMA B34/B39
4G: FDD-LTE B1/3/7/26 TDD-LTE B38/B39/B40/B41
これは中国モデルですね(http://www.motorola.com.cn/products/moto-z-play)。Moto Z PlayにはシングルSIM版を販売して居るエリアもあるはずですけれど、中国モデルなら「双卡双待」です。

ちなみに日本モデルはもっと対応バンドが豊富です。
4G LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B19/B20/B28/B38/B40/B41
DSDSのみを目的とするのであれば同じスナドラ625搭載・RAM 4GBなMoto G5 Plusが4万円弱で買えるのでそちらをオススメしますが、中国でMoto Modsを使って遊んでみたい人にはこのくらいの値段なら良いかもですね。国内利用にはバンド対応が残念ですが、日本モデルではMoto Zで8万円・Moto Z Playでもまだ5万円以上します。

拡張モジュールのMoto Modsはたぶん全世界共通なので、アクセサリーは日本で買ったほうが安くなりそうです。

モトローラ トゥルーズームカメラ(MotoMods) ブラック 国内正規代理店 ASMRCPTBLKAP ASMRCPTBLKAP

新品価格
¥28,894から
(2017/4/22 12:25時点)


by ke-onblog | 2017-04-22 12:27 | 端末輸入 | Comments(2)
5.8インチ・6.2インチの防水ファブレットとなるGalaxy S8/S8+、いよいよ海外で発売日を迎えました。

日本ではまだ正式発表すらされていませんが、間もなく登場することでしょう。新型Galaxyは使いやすさ・便利さはまだ触ったこともない私にはなんとも言い難いところですが(苦笑)、デザインを見るだけでも昨今のスマホには無い新しさを感じさせますね。

国内向けにどのモデル(RAM・ROM容量の違うモデルが海外ではいくつか存在する)が投入されるのか私はまだよく調べていないのですけれど、現在eBayに出品されている一番高いモデル Galaxy S8+のRAM6GB/ROM 128GBモデルの価格は12~13万円ほどとなっており、かなりの高額になりました。

発売日は国・取り扱い業者によって違うみたいなのでeBayで輸入する場合は出荷日に注意して買わなければなりませんが、韓国・アメリカの出品者は4月21日から発送を始めているとの記載が見られます。ドイツもかな? イギリスは4月28日のようです。
d0262326_01040936.jpg
すでにタワーを築いている出品者も(笑)S8+が30台以上あるので、300~400万円分。

☆「eBay Samsung Galaxy S8+ Plus SM-G955

写真を見るとSK Telecom向けのS8+ 6GB/128GBモデルであることがわかります。細かい型番は「SM-G955NZKESKO」ですかね。

韓国SK Telecomでの定価は、

・Galaxy S8  935,000ウォン=約9万円
・Galaxy S8+ 64GB 990,000ウォン=約9.5万円
・Galaxy S8+ 128GB 1,155,000ウォン=約11.1万円


となっています(http://shop.tworld.co.kr/tshop/html/html/gate/galaxyS8/index.html)。

発送はFedexで無料、BINプライスは1,187.49ドル(4月21日時点)です。1ドル109円として、およそ13万円。

若干のプレミアム価格ですが、最速輸入を試みるのなら安いほうかも。他の出品・他の輸入方法を採っても同じくらいのコストが掛かりそうです。

☆「eBay Galaxy S8+ SM-G955F 4GB/64GB

こちらはアメリカから4月28日出荷予定のトップセラーで、本体価格が957.97ドル+送料23ドル。S8+で10万円を切るのは難しいようです。

手軽なところでエクスパンシスでもS8のDual SIMモデルの価格が確定しました。

☆「Expansys Samsung Galaxy S8 Dual-SIM SM-G950FDicon」/ 100,145円(送料無料・税別)

RAM4GB/ROM 64GBの一番安いグローバル向けデュアルSIMモデル・G950FDでも価格は10万円超え。S8+の価格はまだ出ていませんが、やはり関税別途で12万円前後が予想されます。


【4月25日追加:エクスパンシスのS8+価格が116,890円で案内されています → エクスパンシス Samsung Galaxy S8+(64GB, Dual)icon

エクスパンシスでは7万円以上の購入で送料無料になります。関税は別途かかりますので、S8で115k、122kくらいになりそうです。

☆「Etoren Galaxy S8シリーズ

もう一つ日本から簡単に輸入できるショップ、イートレンではS8が855ドル・S8+が996ドルに設定されています(両方デュアルSIMモデル)。

それぞれ日本円表示だとS8が94,235円・S8+では109,775円(税込み)になっており、日本への送料は約2,000円であるためエクスパンシスより安く買えそうです。

☆「Amazon.com Samsung Galaxy S8+ Factory Unlocked

アメリカのアマゾンで出ているS8+ 4GB/64GBモデルは1290ドル!上記は日本への直送にも対応していないので、どのみち買いづらいところですけれど、販売されているシングルSIM版の「SM-G955F」はスナドラ835ではなくExynos 9 Octa 8895となっていますが・・・Exynosは主にヨーロッパモデルに搭載されているはずなので、出品者はアメリカでも在庫の出処は違うのかも。

Verizon,T-mobile、AT&T向けのS8/S8+はSnapdragon 835(RAM 4GB)となっているので、販売元によっても仕様が違う点に注意して下さい。

AT&Tでの販売価格はS8が749.99ドル・S8+が849.99ドル。ちなみにこれはiPhone7の128GB/256GBモデルの価格設定と同じですので、日本での販売価格も同じレベルであるとすればSIMフリーモデルで9万円と10万円(日本でGalaxyのSIMフリー公式モデルが出ることはないでしょうけれど)、キャリアでの実質価格は3~4万円くらいでしょうか。iPhoneの実売価格は優遇されていることを考慮して、もう+1万円くらいの実質負担額になるかもですね。

ドコモ版Galaxy S7 edge SC-02Hは現在の価格こそ新規・MNPで一括1.5万円・機種変で実質3.1万円になっているものの、発売当時の2016年5月時点の価格はMNPでも実質48,600円・新規/機種変更では64,800円でした。

輸入モデルを買う場合は、以下のような予算を確保する必要がありそうです(送料・関税込みのトータルコスト)

・S8 RAM 4GB/64GBモデル  10~11万円
・S8+ RAM 4GB/64GBモデル 10~12万円
・S8+ RAM 6GB/128GBモデル 12~14万円

日本で使うのなら素直に国内発売を待つことをオススメしますが、金に糸目を付けず速攻で手に入れたい人は予約販売ではなく実物在庫を持っている出品者から輸入すれば4月中に入手することも出来そうですね。


by ke-onblog | 2017-04-22 06:20 | 端末輸入 | Comments(0)
デュアルカメラ・Snapdragon 835・防滴対応・ステレオスピーカー・RAM 6GBという超絶スペックで新登場したXiaomiのフラグシップスマホ Xiaomi Mi6の発売を4月28日に控え、各中華サイトがアップを始めました。
d0262326_08203518.jpg
すでに幾つかのサイトでは予約受付も始まっており、クーポンが出ているサイトもあります。Mi6は旧モデルよりも現地価格が上がっていますので昨年末に比べて円高傾向の今はチャンスといえばチャンスです。

中華通販サイトでかなり価格設定がバラついていますので、ショップ比較も重要です。

4月21日時点最も安そうなのは、Xiaomi端末でしばしばセールを行っているGeekbuyingのクーポン利用です。

☆「Only $489.99 for Xiaomi Mi 6 6GB 64GB Smartphone Blackクーポン適用時 469.99ドル

価格が随時更新されているみたいなので最新情報はショップサイトで確認してください(19日時点では481.99ドルだったはずなのですが、値上がってます)。

Mi6にはブラック・ホワイト・ブルー・セラミックスブラックの4種類があるのですが、通常モデルのブラックにのみ適用できるクーポン【XIAOMI6】を適用すると、20ドル引きで470ドルになります(ブルー・ホワイトには使えませんでした)。
d0262326_08261565.jpg
1ドル109円として、およそ51230円。通常送料は無料、入荷次第3-5営業日で発送されるDHLを指定すると+14.71ドル。輸送保証をつけると+1.99ドル。

Mi6の現地価格が約4万円なので、それなりに安いです。昨年10月にXiaomi Mi5sを発売直後に輸入した時には1,999元(当時の相場で約3万円)であったのに対し、アリエクを使って3.5万円ほどでした(去年の10月上旬頃はまだ為替相場は輸入に有利でしたので)。

他の中華サイトもいくつか見てみましょう。今後値下げされる可能性もありますので。

☆「Banggood Xiaomi Mi6」/ 499.99ドル (55,430円)

☆「AliExpress.com MC-mart Original Xiaomi Mi6 Mi 6 Mobile Phone Snapdragon 835 6GB RAM 64GB 」/ 499.99ドル

上記のMCマートは昨年私がMi5sをまさに輸入したショップですが、現時点ではGeekbuyingには及ばず。発売直後は付属の無料同梱品も付いていないことがあるので要注意。

☆「Gearbest Xiaomi Mi6」642.04ドル

ギアベストはいつも予約品(アラート)の価格設定が適当で、実際の販売価格はもっと安くなるはずです。なお、今はGearbestのPaypal円決済がトラブルを起こしているみたいなので、何か買うときはドル決済を選びましょう(円決済では今も1ドル114円レートで固定されているみたいなので損でもあります)。

☆「Light in the Box PreSale XIAOMI MI6 6GB 64GB」/ 57,709円

おそらく半年も経てば現地価格並の値段まで中華通販サイトの価格も下がってくることは期待できますが、発売直後に手に入れたいマニアな方は、中華サイトとアリエクあたりの価格チェックをしてみましょう。4月28日10時から中国では販売が始まるはずなので、早ければ5月頭くらいには出荷を始めるサイトもあるはずです。

by ke-onblog | 2017-04-21 11:30 | 端末輸入 | Comments(3)
来ましたね!Xiaomiのハイエンドモデル Mi6が正式発表され、価格・詳細スペックが明らかになりました。
d0262326_19382286.jpg
ちらほらとリーク情報は見かけていましたが、Miシリーズもデュアルレンズ化です。

主なスペックを列挙すると、

5.15インチフルHD(Mi5/5sと同じ)、スナドラ835 2.45GHz、RAM 6GB, ROMは64GB/128GB(ガラス板と陶瓷尊享版の2種)、バッテリー容量3350mAh、カメラ12M+12Mピクセル(f 1.8, 2.6)。

Antutuのベンチスコアは184292点で、Galaxy S8を超えるそうな。

カメラは一眼レフのようにボケを作れる”变焦双摄”。Mi5シリーズから搭載されている4軸OISにも対応、光学2倍ズーム?にも対応しているとの記載があるっぽいです。

そして、こちらも目玉の一つでしょうか。生活防水仕様になったようです。
d0262326_19550279.jpg
中国のAppleと言われたこともあるXiaomiですが、Mi6はiPhone7に機能面で寄せてきていますね(笑) 中華スマホでは防滴仕様でもかなり珍しいですね~。

スピーカーも本体上下のステレオになったようです。本体下のスピーカー穴以外にも、iPhone7と同じように通話用スピーカーの部分からも音が出るのかな?

SIMスロットはnano×2枚、たぶんDSDSでしょう。
FDD-LTE (频段 B1,B3,B5,B7,B8)
TD-LTE (频段 B38,B39,B40,B41)
TD-SCDMA (频段 B34,B39) WCDMA (频段 B1,B2,B5,B8)
GSM (频段 B2,B3,B5,B8) CDMA1X/EVDO (频段 BC0)-Xiaomi
色はブルー・ブラック・ホワイトとセラミックブラック版の4種類があります。ブルーがすごくカッコよく見えます。
d0262326_19480035.jpg
前面の指紋認証は物理ボタンではなく、Mi5sから変更になった感圧式ですかね。5sと同じならiPhone7のようなクリック感は無いと思いますが、慣れるとボタン式よりも楽です。
d0262326_20094804.png
USB Type-Cは旧モデルから同じですが、3.5インチイヤホンジャックが無いようです。こんなところまでiPhoneのマネをしなくてもいいのに・・・

また、本体の重量がガラス版で168 g、セラミックス版で182gとされており、Mi5時代の120グラム台の軽量さは失われました。これも残念です。

中国での価格は2499元~。今は1元15.8円ほどなので、日本円にして約4万円です。Mi5s Plusが2299元、Mi Note2が2799元となっていますので、発売開始直後の中華ショップでの販売価格は5万円前後くらいでしょうか。

6GB/128GBモデルが2899元、セラミックス版が2999元だそうです。従来のMi5/5sよりかなり価格が上がってしまいましたが・・・RAM6GBとデュアルカメラと防滴対応による価格上昇としては妥当なところでしょう。

発売日は・・・4月28日?でもまだXiaomiの公式サイトでは予約ボタンがクリック出来ないです。

4万円ならHuawei honor8と同じくらいの価格ですから、それでスナドラ835・RAM 6GBは激安と言えるのでしょうけれど、、、人気は出るでしょうか?

現在Mi5は230ドル前後、Mi5sでも270ドルくらいが相場です。Mi5sの発売からもまだ1年も経っていないわけですが、すでに価格は下がりきっている感もあるため、旧モデルの大幅な値下がりはあまり期待できないか・・・過剰在庫を持っているショップなら、在庫処分セールがあるかもしれません。

Mi5sも悪くはなかったですがMi5に比べて進化点が少なかったので、Mi5から買い替えるのならMi6は面白いかもしれませんね。

Happy Shopping at GearBest.com, Enjoy Free Shipping Worldwide on all the Best Gears and Upscale Men's Clothing!

by ke-onblog | 2017-04-19 20:18 | 端末輸入 | Comments(10)
日本でもドコモ・auからの発売が確実視されているSamsungの新型スマホ Galaxy S8およびGalaxy S8+のアクセサリーが早くも中華サイト・Banggood.comでセールになっています。

海外での発売日は4月21日からのはずですので、海外版を入手してすぐに使い始めたい人は先にアクセサリーを手配し始めたほうがよいでしょう。

Galaxy S8/S8+のアクセサリーセールに使えるクーポンも出ています。
d0262326_21595699.jpg
セールページは以下。対象は保護フィルム・ケース・Type-C USBのケーブル類から、ワイヤレス充電用のQiアクセサリーもありますので、Galaxy S8購入予定以外の場合でも使えるアイテムはあります。

☆「25% OFF Phone Accessories for Samsung Galaxy S8 & S8 Plus

商品をカートに入れてから使えるクーポンコード「25s8」を適用すると、25%値引きになります(一部使えない商品もあるっぽいです)。

低価格なTPUケースなら200円~、ハードケースも手帳型ケースも1500円~くらいで輸入できます。こうしたものが日本のアマゾンに入ってくると2~3倍くらいのお値段で出回るわけですね(苦笑)

d0262326_22092131.jpg
Galaxy S8シリーズもエッジ部分がラウンドガラスなので、フィルムを貼る場合は全面タイプのガラスカバーがあります。これも通常997円→クーポン適用で748円という激安っぷり。

☆「0.26mm 9H Arc Edge Colored Tempered Glass Screen Protector For Samsung Galaxy S8

日本で売られているガラスフィルムもこうした中国メーカー製品を日本語のパッケージに入れただけで、ガラスフィルム自体のクオリティはまったく同じということもあります。まぁ、本当に低クオリティなものもありますけども(苦笑)

Banggoodの商品は基本的にすべて送料無料ですが、アクセサリー類でオプションをつけない場合はトラッキングコードも分かりませんので、必要に応じて保険・追跡番号通知オプション・有料配送などを選びましょう。

日本でのGalaxy S8発売は5月くらいになると思われますが(過去にはGalaxy S6 edgeが4月に発売されているので、もしかしたら夏モデル発表より先に発売するかも??)、その場合も中華サイトから送料無料の発送方法を選ぶとちょうど良い頃合いになりそうです。前回私もBanggoodからXpeira X Compact用のガラスフィルムを輸入しましたが、やっぱり3週間ほど掛かりました。
中華サイトは値段は安いですが多少のリスクと配送に掛かる時間の問題は避けられませんので、Galaxy S8の需要を見込んでそろそろ仕入れを始めておくべきですかね。為替面でも輸入が有利になってきていますし、高額なスマホ本体の輸入は怖いという方もまずはアクセサリー輸入から始める良い機会です。

Galaxy S8は関係ないですが、Xiaomi Mi Band2が安売りされています。

☆「20% OFF for Xiaomi Miband 2」/ 19.99ドル クーポンコード【mibd2】

今の為替相場だと昨年私が輸入したときの半額くらいですね(´∀`;) アマゾンでは3千円ちょいなのでかなりお買い得です。

Mi band2はフィットネスバンドとしても時計としても使える面白アイテム。電池がとても良く持ちますので、散歩・ウォーキングのお供にもオススメです。


by ke-onblog | 2017-04-18 22:20 | 端末輸入 | Comments(3)
少し前にネットで話題に(?)なっていたらしい、iPhoneの本体カラーを自由に変更できるという「あいりぺColor」というサービスが面白いなと思って見ていました。

3月末から販売開始されたiPhone7 Product RED Special Edtionのクオリティはさすがに純正だけありキレイなレッドカラーになっていましたが、あいりぺカラーというサービスでレッドだけでなく、ブルーやグリーンといった全20色ものカラーに変更できるというユニークなものだそうですね。

あいりぺカラーのサービスは「本体の塗装」だそうです。個人で綺麗に色を塗るのは特殊な設備が必要でしょうから難しいとしても、「交換パーツ」での色変更は比較的簡単に出来そうです。

☆「Sunsky

このSunskyというサイト、面白いです。スマートフォンのリペアパーツがかなり充実しています。個人向けというより修理業者向けのパーツサイトで単品購入も可能ですが、基本は数十個レベルで仕入れるユニット販売をしているようです。

iPhone用の修理パーツあたりは日本の通販ショップでも取扱いがありますが、Xperia, Galaxy, HTC, LGなどのパーツが揃っているのは珍しいです。各機種のタッチパネル・交換用バッテリー・内部パーツ・内部用のネジまでかなりの種類があります。

価格は超激安ってほどではないものの、Aliexpress並。支払いにPaypalが使えます。

d0262326_07002433.jpg
例えばiPhone7をレッドカラーに出来るパーツは1個あたり27.8ドル~(100ケース(1000個)購入で最安24.89ドル。5月1日まで20%クーポンコード「RED7利用可能)。

☆「6 in 1 for iPhone 7 (Back Cover (With Camera Lens) + Card Tray + Volume Control Key + Power Button + Mute Switch Vibrator Key + Sign) Full Assembly

アップルのロゴがなく、上下のラインも純正品は赤かったはずですが(笑) ラインの色が別バージョンのパーツもあります。

他にもカラーパーツがいっぱい。透明なバックパネルまであります。
d0262326_07072019.jpg
iPhone6/6sやPlusシリーズ用など、いろんな種類が15~25ドルくらいで売ってます。

分解するとアップルの保証対象外になる可能性が高いため、通常は街の修理業でも自己修理も利用の推奨はしませんけれど、初めからジャンク品として購入したiPhoneを修理するのなら、ちょっと変わったパーツで直してみるのも面白そう。

なお、あいりぺカラーのホームページにも書かれていますが、こうした「非公式パーツ」での交換サービスを有償で提供すると法的な問題が生じる可能性がありますので、個人で楽しむレベルに留めておきましょう。スマホの改造・修理は自己責任でどうぞ。

iPhoneの修理は国の登録制度もありますので、普通に修理したいのならアップル公式か正規に登録されたサービスを使いましょう。

総務省の指定する「登録修理業者」は2016年1月時点では3社しかありませんでしたが、2017年3月では18業者にまで増えています。


by ke-onblog | 2017-04-17 07:26 | 端末輸入 | Comments(0)
昨晩一気に円高が進み、久しぶりに1ドル109円台に乗せていますね~。

2017年に入ってから円高が進み続け、ついに2016年末頃に比べて10円以上円高になりました。
d0262326_03535041.png
https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/detail/?code=USDJPY=FX

1ドル100円台はまだ遠いものの、2017年に入ってからでは最も円高になりました。1ドル120円を突破した時にはこのままどこまで行くのだろうと思ったものですが、再び輸入に有利な相場になってきて、また海外から何か輸入したいなという欲求がウズウズと。

中華端末であれば大抵のスマホは国内のSIMフリースマホ価格相場からは到底考えられないほどに安いのはもう当たり前として、その中でも最近人気が高いモデルはXiaomiのRedmi Note 4Xや LeEco Le Max2, Lenovo ZUK Z2などがあります。

いずれもミドルハイ~ハイエンドクラスの性能を持ちつつ、200ドルを切る低価格が魅力です。

すでに海外での相場はかなり下がりきった状態で、これ以上の「ドル価格設定」はそうそうなさそうなレベルまで安くなっていたものの、ここに円高効果でさらに安く輸入が可能となっています。

例えば下記のアリエクのショップでは、Redmi Note 4XとZUK Z2が最安値級です。

☆「AliExpress Fantacy Technology

2017年に発売されたばかりのXiaomi Redmi Note4のスナドラバージョンである「Note 4X」は先月であれば輸入価格は1.8万円~2万円くらいになっていたはず。それが上記ショップでは約150ドルまで下がっています(色によって価格が多少違います)。

1ドル109.7円として、Redmi Note 4X 3GB/32GB ゴールドだと153ドル=16800円ほど。送料も無料です(有料オプションもあります)。

Snapdragon 625/RAM 3GB/32GBという組み合わせはZenFone3と同等です。ディスプレイは5.5インチ・バッテリー容量4100mAhのファブレット機種としては1.7万円というコスパの高さはもはや異常。

個人輸入に自信がないのであればNote 4Xは「Etoren.com」でも取り扱いがありますけど、現在のお値段は202ドル基準・22,347円+2千円ほどの送料が掛かります。輸入代行費用として8千円の差は安いといえば安いですが、本体価格の5割増しと考えてしまうと、やっぱり個人輸入の節約効果は絶大です。

また、Fantacy Technologyではレノボの人気ハイエンド機種 ZUK Z2も安いです。Snandragon 820, RAM 4GB/ROM 64GBモデルで、170ドルを切っています。

少し前ならZUK Z2は複数の中華ショップで在庫処分が行われ、155ドルという価格でセールになったこともありますが、その後は180ドル前後まで相場が戻ってしまいました。
上記のセール時は1ドル115円ほどでした。1ドル109円台でもまだこれを超えることは出来ていないものの、アリエクの最安値級167.41ドル=18400円くらいで買える計算(他のショップで161ドル表記のショップもあるのですが、日本への送料が10ドル以上掛かるので、たぶんこのFantacy Techが最安値)。

ZUK Z2はディスプレイが5.0インチとなっており、他のハイエンドモデルでは5.2-5.5インチが多い中で比較的コンパクト&バッテリーが3500mAhという大容量なところが人気ポイントのようです(日本ではアレなのですが、4G+3GのDSDSにも対応していますし)。

数ヶ月単位の為替トレンドは完全に下を向いているように見えますので、これからまだ円高が進む可能性だってもちろんあるわけですが、しっかりと1ドル109円台になるのは4ヶ月ぶりくらいなわけです。

スマホは欲しいと思ったときが買い時とよく聞きますが、円高の場合はさらにお買い得度がアップしますので、今は欲しかったスマホやガジェット・アクセサリーの輸入を検討しはじめて損はない相場ですね。

☆「 AliExpressで海外のSIMフリースマホを激安で輸入する方法

Lenovo ZUK Z2 64GB SIMフリー スマートフォン , Network: 4G , 指紋認証機能 , 5.0 inch ZUI 2.0 Qualcomm Snapdragon 820 Kryo Quad Core 2.15GHz , RAM: 4GB ROM: 64GB , (ブラック) [並行輸入品]

新品価格
¥29,415から
(2017/4/12 04:57時点)


by ke-onblog | 2017-04-12 04:59 | 端末輸入 | Comments(7)
日本でも公式に出ることは確定といって良いほどなので、あえて海外モデルを輸入する必要は必ずしも無いながら、海外通販サイトを見ると各所で2017年夏モデル Galaxy S8およびGalaxy S8+の関連商戦が始まっているようですね~

昨年夏には国内向けにGalaxy S7 edge(SC-02H, SCV33)が取り扱われ、肝心のエッジ部分の使い勝手はイマイチと言われつつも、やはり高い人気がありました。その後、爆発・炎上してしまったお陰で急遽2016年秋冬モデルから削除されてしまったGalaxy Note7から、ファブレットサイズとなるGalaxy S8(5.8インチ)&S8+(6.2インチ)の需要が反動的に高まっているのかもですね。

日本ではたぶん4月下旬~5月頃に発売されるのでしょうけれど、海外の早いところでは4月中旬の発売が予定されており、もう予約も始まっているということで、海外向けの輸出入が活発になりそうです。

そう思ってeBayを覗いてみると、Galaxy S8シリーズの特集ページまで作られていました。
d0262326_01064970.jpg
S8,S8+の本体はもちろん、専用アクセサリーもたくさん出ています。

Galaxy S8はワイヤレス充電に対応していますので、Qi用のワイヤレスチャージャー・旧シリーズから大幅にデザインも変わったのでケース・ガラスフィルムもすべて専用のものが必要になりますので、アクセサリーメーカーは手ぐすねを引いているところでしょう。

☆「eBay Samsugn Galaxy S8 and S8+ Accessories

Galaxy S8、S8+の価格はやっぱり安くはないですね・・・ざっと見たところではS8の4GB/64GBモデルが10万円超え。いわんやS8+の輸入先行入手を目論むのであれば、それ相応の予算を準備してければならないでしょう。

☆「eBay Galaxy S8+ Plus SM-G955F 64GB

こちらはアメリカからの出品。即決価格は969.53ドル、日本円にしておよそ11万円ほどですが、すでに100台近くが売れています。

☆「eBay Galaxy S8+ Plus SM-G955 Black 128GB 6GB RAM

こちらは韓国から出品されている、最上位モデルのS8+ 6GB/128GBバージョン。出荷は発売次第、お値段は1250ドル・・・14万円! これも11台売れています。

S8の型番は「SM-G950x」になるようです。サムスンのスマホは型番によってバンド対応がかなり違うこともあるので、輸入する場合は型番の表示・対応周波数によく注意して下さい。

「x」のところはA,T,V,W,F,FD,K,L,Sなどが今後出てくるものと思われます(S7 edgeのときは国別・キャリア別に細かく分かれていた)。どのバージョンかは各国のSamsungの公式サイトを参照すると良いでしょう。eBayではスペックデータを他のサイトからパクって掲載しているだけの出品者も見受けられるので。

そして搭載されるチップもExynos 9 Octa 8895版とSnapdragon 835版があるため、これも要注意。過去のモデルでは電池の持ち・発熱などに結構差が出たとも聞きます。どちらが良いのかは現時点では不明なのでなんとも言えません。

韓国・カナダからの出品には発売日の2017年4月21日以降発送、アメリカ・イギリスからの出品を見ると発売日は2017年4月28日と書かれています。日本での発売日は現時点では不明ながら、ebay経由ならたぶん国内販売より早く手に入れられるのではないでしょうか。最速は現地に飛ぶことだとは思いますけど(笑)

Galaxy S8+が日本で発売されれば、数少ない「6インチ超えの防水スマホ」になります。これも国内においては強いアピールポイントになりそうですし、何と言ってもあのデザインは近未来を感じさせますよね。
d0262326_01385258.jpg
狭額なモデルは日本でもシャープのAQUOS CRYSTALがありましたし、直近ではXiaomiのMi MIXもハイエンドの縁無しモデルとしてごく一部では盛り上がったようですが、販売規模はGalaxy S8/S8+とは桁違いになるのでしょう。

ただ、個人的には型落ちとなるGalaxy S7 edgeが今は白ロムで3万円台で買えることのほうにも最近物欲を刺激されています。S8/8+を買う予定は今のところ考えていないのですが、比較用に買うならたぶん今が買いどきなのですよね・・・
一つ前のGalaxy S6 edgeでさえ新品白ロムは3万円前後なので、au版のSCV33が4万円前後というのは本当に破格。SCV33の投げ売りはかなり続いたので今後もしばらくの間は安く買えそうなので、Galaxy S8の10万円は高すぎるという方は型落ちモデルのS7 edgeもアリだと思います。

ドコモ版は先日機種変更向けの端末購入サポートが打ち切られたので、今後の値下がりは次の価格変更があるタイミングまでは起きにくいでしょう。白ロムで買うなら今はSC-02HよりSCV33です。


by ke-onblog | 2017-04-11 02:08 | 端末輸入 | Comments(2)