白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:白ロムコラム( 437 )

今日は面白い白ロムキャンペーンもなかったので日頃思っていたことを書いてみます。


スマートフォン全盛時代の現在、未だにガラケー・携帯電話機種を使い続け、スマホに変更しないのはなぜ?みたいな記事を見かけますね。今日も某ニュースサイトに出てました。

もちろん私も転売用はもとより、スマホが好きなので1人で何台も持っています。家族の回線も白ロム転売に使ったりするので、普通の人よりはいろんなスマホを見てきたつもりです。

が、未だにガラケーを使い続ける人の気持ちも良くわかります。スマホはいろんなことが出来て便利ですが、だからといって無いと困るか、と言われればそうでもない場合のほうが多いですし。

所詮はスマホはおもちゃ、パソコン代わりだと思います。携帯を持っていて、モバイルパソコンがあればスマホは別に無くても出先で仕事は出来ます。ネットを見るくらいならガラケーでも出来るわけです。

スマホを持ちたい、スマホで遊びたい、と言う人はスマホを買えばいいし、ガラケーで十分な人はそれでいいのですよ。

全員が高級セダン・スポーツカーを買いたいわけではないのです。軽自動車で十分だ、というのと一緒だと私は思いますね。

今の日本のキャリアは「全員がスマホを買って当たり前」みたいな売り方をするのは気に入りませんね;;

もっとガラケーも優遇してくれれば白ロムとして売れる気がするんですけどね~。



by ke-onblog | 2013-07-09 13:06 | 白ロムコラム | Comments(0)
最近auに手を出していなかったので気付かなかったのですが、auのLTE対応端末のネットワーク制限(確認)はもうなくなったのですかね?

今年2013年の1月頃、auのネットワーク利用制限携帯電話機照会機能を使うとLTE対応端末でかならず「△ ネットワーク制限の可能性アリ」や、そもそも照会が出来ないような状態になっていたと聞きました。

その影響で、auのLTE機種の白ロム買取を中止した専門ショップが多数出て話題になりました。

今でもその影響は続いているのか、白ロムショップの買い取り価格を比較するサイトの「スマフォ買取価格比較 au XperiaUL SOL22」によれば、最新機種のはずのエクスペリアを1万円台でしか買い取らないショップもあるんですよね。

ショップとしては、赤ロムになってしまう可能性のある端末を扱うリスクがあったわけですから、買取価格の値下げも仕方がない状況だったのでしょうけど。

しかし、7月現在はもうチェックできるようになったのでしょうか??つい先ほど、とあるオークションに出ていたXperiaUL SOL22の型番をチェックしたところ、普通に制限無しの「○」判定となりましたけど。


いつからチェック可能になったのか、あるいは制限が掛からない端末だけ○なのか、ネットで調べたけれどよくわからず。どなたか知っている人がいたら教えてください(笑)

でも、かりに今は制限チェックが可能なのだとしたら、買取価格が低いショップって何なのだろう。。。ひょっとしてXperiaULって不良在庫なんですかね。



by ke-onblog | 2013-07-09 02:21 | 白ロムコラム | Comments(0)
ドコモの社長のインタビューにて、ドコモ夏モデルとして発売されていたXperiaA SO-04Eがこれまでに80万台以上売れて、この期間ではiPhone5を上回る売り上げだったという記事が出ていました。

すごいですね、80万台。ひょっとして、春モデルのXperiaZを超えてるんじゃないでしょうか。

XperiaAはスペックもデザインも申し分ないハイエンド機種でしたし、確かに大衆受けしそうな良機だったようですし、なんといってもドコモの安売りが効きましたね。

おかげさまで、白ロムは値下がりが激しかったですが・・・。でも今は大分価格も落ち着いて、ケータイ★アウトレットでは5万円台で新品が買えますね。定価より2万円以上安いので、個人ではちょっとMNP転売も参入しづらいくらい安いですけど。

公式でさえMNPで買うと最初から実質0円という優遇販売をしたので、まぁ、売れるでしょうね。抱き合わせやコンテンツありなら一括0円というところもありましたし、白ロム転売できた人もいたようです。

ただ、ドコモは秋以降、発売するスマホ機種の数をグッと減らすと宣言しているため、これからは転売しにくくなるんかな~とちょっと心配です。機種を絞って安売り、というのなら転売のチャンスはありますが。

短期的ではありますが、iPhoneを超える人気の機種はそうそう無いかもですが、iPhoneだけが売れる市場では転売もしにくくなりますから、いろんな選択肢をぜひとも残して欲しいところです。



by ke-onblog | 2013-07-05 15:24 | 白ロムコラム | Comments(0)
ちょうど先月の頭にも,確かドコモがアイフォンを取り扱い始めるのではないか、というような噂が飛び交っていましたが、今月もまた新しい噂が出ていますね。

今度は、iPhoneの廉価版の発売動向です。フランスの「Nowhereelse」という情報リークサイトで画像付きで開発機と見られる新iPhoneが発見されたとのこと。

廉価版iPhoneの噂は去年から出ていますが、本体の色が赤や黄色、緑などのカラフルなバージョンが用意されているそうです。まるでiPodシリーズのようですね。

本体画像だけでなく、価格についても16GBモデルの販売価格が349ドル、約3万5000円で発売されるとしています。

今のiPhone5が5万円ちょっとくらいなので、2~3割安くなるみたいですね。

発売時期は2013年夏~秋、1年間ルールから見ると9月か10月あたりがXデーとなるのでしょうか。

もう発売見込みの時期まで2ヶ月ほどしかありませんから、工場では製品が作り始められていてもおかしくないです。

廉価版のiPhone, iphone5Sが欲しいかどうかはともかく、白ロム転売のチャンスであることには変わりありません。

夏はまだまだこれからですが、今年の秋は、スマホ業界がまた盛り上がりそうですね。



by ke-onblog | 2013-07-01 23:41 | 白ロムコラム | Comments(0)
今日、なんだかドコモの2013年春モデルスマートフォンであるXperiaZ SO-02Eがヤフーニュースなどで取り上げられて話題になっていますね。

2013年2月9日に発売され、5月末には生産終了、現在は販売もほとんど終了しています。したがって、これからXperiaZを買いたいならば白ロムしかない、という状況になってプレミア感が出てきていますね。

白ロムの買取額は買い取り価格比較 docomo XperiaZ SO-02Eのページによると、6月時点でマックス4万円台後半になっています。普通のショップ買取でこの価格は驚異的です。他の機種なら3万円以下でしょう。

ハイスペックでデザインもカッコイイXperiaZは海外でも人気だそうですが、ドコモは追加生産などは行う気がないようです。もっと作れば絶対売れると思うんですが、ドンドン機種を入れ替えていくという日本の風潮に引きずられていますね。

人気機種でもそれ以上売らない、という戦略がよいのかどうかは私には知ったことではありませんが、白ロム転売の観点からはウェルカムです。3月頃に一括0円で売られていた機種が、今でも数万円で売れると。

状態良く保存していたなら中古でもかなりの買取額のようですし、今のうちに在庫をかき集め、最高に高騰したところで売り捌けば真に「転売」が出来ちゃいそうです。


とはいえ、やはりスマホは時間が経てば経つほど性能的には時代遅れになっていくので、高く売れるのは夏から秋頃までが限界でしょう。冬になればもっとスペックの高い後継機 Xperia Honamiというのが出るようですし。

販売終了後に白ロム相場が高騰すること自体はこれまでにもありましたが、ここまで顕著な例はやはり珍しいです。XperiaZ恐るべし、です。



by ke-onblog | 2013-06-17 21:30 | 白ロムコラム | Comments(0)
さて、昨日発表されたドコモの2013年夏商戦の新機種。ネット上でもいろいろと情報が出ていますね。

特に今回にドコモが力を入れているのが、SONYのXperia新シリーズのSO-04Eと、サムスンのGALAXY S4 SC-04Eですね。何がすごいって、やはりMNPのサポート額です。

SC-04Eなんて、MNPを使えば毎月3465円割引、SO-04Eも3,255円引で、両方とも実質負担が発売日から0円とは。

本体が7~8万円ですから、実際に店頭で販売されるとなると、MNP一括5~6万円くらいまではすぐに出てくるかもしれませんね。

どちらの機種もものすごく売れそうではあるのですが、やはり数が出回ると白ロム転売は厳しくなっていきます。新機種の転売を試みるならば、発売日後2~3日以内には売却完了を目指したいところですね。

白ロムの価格設定ですが、おそらくどのモデルも発売日での転売でも定価以上のプレミアをつけるのは無理でしょう。おそらく転売業者もこぞって参入してくるでしょうから、発売日時点で6万円半ばくらいまで値下がりするのではないでしょうか。

あとはどのくらいケイタイショップが頑張ってキャッシュバックキャンペーンを打ち出してくるかは来週以降の発売日を待たなければ予想は難しいですが、これまでにこのブログで紹介したような人気店舗の情報を随時チェックしてみる価値はありそうですね。

すでに新機種はドコモラウンジという全国にある展示オフィスに置いてあるみたいなので、自分でアマゾンやヤフオクなどで売りたい場合には予めどんな特徴があるのかを体験しておくのもいいですね。



by ke-onblog | 2013-05-16 16:57 | 白ロムコラム | Comments(0)
ドコモさん、2013年夏モデルから機種を減らすなんて話もありましたが、今回も11機種も新しいスマホ、タブレットを発表してきましたね~。

今回の発売で、いくつもの機種が型落ちになりました。GALAXYS3 SC-03Eや人気のアクオスフォンゼータ SH-02Eも型落ちです。きっとすぐに投売り来ますね、これは。

今週程度ならまだ白ロムの相場には影響は出てこないと思いますが、週末過ぎたら白ロム価格が暴落しそうなので、旧モデルを転売しようと思っている人、中古で売ろうかなと思っている人はマジで急いだ方が良いですね。

かつて、新モデル発表前後の1週間で白ロム相場が1万円以上落ちた、なんていう例もいくらでもありますし。

今回の注目機種は、もちろんサムスンGALAXY S4 SC-04E。これ、MNPを使うと発売日から実質0円なんです。ドコモ正規でこの価格なので、量販店やケイタイショップなら一括0円は難しいかも知れませんが、ある程度キャッシュバックが付いて、実質支払いはマイナスになることでしょう。

シャープのAQUOS PHONE ZETA SH-06Eも、超人気となったIGZO液晶タイプですから、かなり売れそう。

2013年夏モデル、もう明後日から販売が開始される機種もあります。欲しい機種があるなら今のうちにMNPの転出番号とかを取得しておくのもありですね。

うまく転売できるように、キャンペーン情報は随時チェックしていきましょう。もちろん旧機種のキャッシュバック増額なども、当サイトで発信していきますので、乞うご期待!



by ke-onblog | 2013-05-15 19:47 | 白ロムコラム | Comments(0)
最近ショップに行くと、「050plus」というサービスを紹介してくるお店が増えてきました。機種変更やMNPの手続き時に割引の条件として加入強制のところもあります。

ではこの050プラスとは何者なのか、と。

簡単に言ってしまえば、これはアプリを経由して通常の電話番号とは異なる「050から始まる番号」を取得し、アプリを持っている人同士で通話すると、通常の通話料よりもめちゃくちゃ安く電話が出来る、というものです。

安く、というか050同士なら無料なんですけどね。

これは別に怪しいサービスではなく、NTTが公式にやっているものです。

月額料金は315円で、一般電話や050以外の通常の番号への通話もちょっとだけ安いので、電話をよく利用する人には本当に便利なアプリです。が、通話を全くしない人、白ロム転売用に契約して全く使わない人には不要なものなので、契約期間が過ぎたら即解除でいいでしょう。

普通に使う人なら050plusを活用するのは節約にいいシステムです。他にもMNPをするといっぱい有料コンテンツが強制されますが、この050plusだけは使ってもいいかな、とわたしもよく思います(っていうか、メイン回線では使ってます)。

使ったことの無い人はお試しアレ。詳しくは下のNTT公式ホームページに料金の仕組みなどがあります。

by ke-onblog | 2013-05-13 10:59 | 白ロムコラム | Comments(0)
今日は機種変更やMNPをする際になぜか加入させられる「ドコモオプション」について解説します。これは白ロム転売ヤーじゃなくても知っておいた方が良いことですね。

ドコモオプションは「ドコモOP」などとも書かれます。Optionの頭文字です。その名の通り、ドコモのオプションサービスの加入を意味します。

このドコモOPというのは正式なサービス名称ではなく、ショップなどが勝手に言っているだけのようで、明確な定義があるわけではありません。

ちなみにドコモ公式でオプション、といえば「メロディコール」、「留守番電話」、「キャッチホン」、「転送でんわ」を合わせて420円で使える「オプション割引」というサービスのことです。


一般的にケータイショップがオプション加入を要求してくると、以下のようなものが含まれます。

・iチャネル
・dマーケット(spモード、iモード)
・iコンシェル
・ケータイデータお預かりサービス
・NOTTV
・iBodymo
・地図ナビ
・オプションパック(「メロディコール」、「留守番電話」、「キャッチホン」、「転送でんわ」)
・ドライブネット
・050 plus
・ケータイ補償お届けサービス 

だいたいこんなところでしょうか。これらはそれぞれ毎月150~500円程度の利用料金が掛かります。これらに強制的に加入をさせることで元が取れるので、ショップはその分本体の価格を割り引いてくれるわけです。

ドコモOPという場合には、有料コンテンツ契約は普通含みません。OP自体も有料なので有料コンテンツといえば、そうなんですけどね。なので、「有料コンテンツなし」と書かれていても、通話料・基本料金以外に月額有料の発生するサービスには加入しないといけないわけです。


オプションの内容によっては、割り引かれたはずの価格よりも総合的に高い金額を払わされるトラップも多数あります。ちゃんと利用できるサービスなら良いのですが、契約して一度も見ていないNOTTVのお金を払い続けている人、なんてのも多いのではないでしょうか。

こういったドコモOPは契約時に最低1~2ヶ月は維持してください、といわれることが多いです。約束よりも前に解除してしまうとキャッシュバックなどを受けられないこともあるので、何が何でも解除してしまうのはいただけませんが、期限がきたら忘れないうちに即解除しましょう。


ドコモOPはなんだかあくどい商売のようにも見えますが、きっちり解除さえすればオトクなことも多いので、契約前にはしっかりと見極めましょう。



by ke-onblog | 2013-05-13 10:42 | 白ロムコラム | Comments(0)
あっという間にゴールデンウィークも残すところあと二日となりました。テレビをつければ高速道路の渋滞・帰国ラッシュの空港ニュースがたくさんやっていますね。

今年は最大10連休だったわけですが、携帯会社・ショップはここぞとばかりに大きなキャンペーンを出して安売りをしていたお店も多く、白ロム転売用に機体を手に入れるにはいいタイミングでした。

あさってからはまた通常レベルまでキャッシュバックが戻ってしまうところもあるでしょうから、今日・明日がラストチャンスですね。


ヤフオクなどで売るなら何時でも出品できますが、白ロムショップの業者買い取りに下取りに出す場合は、さすがに業者も買い取りサービス・査定はお休みのところが多いですね。宅配サービスがあるところなら受け取ってはもらえるでしょうけれど、査定が終了するまではゴールデンウィーク明けはちょっと時間が掛かるかも知れません。

そして、ゴールデンウィーク終了後の今週後半には各ショップで白ロムの在庫が一気に増え、その後の買取査定が落ちることも十分に考えられます。業者だって同じ機種を何台も売るのはツライですからね。

ということで、もし白ロムをショップに売るならば早めに手続きをしておいた方がよいです。見積もりだけならネット上ですぐに出来、宅配用のダンボールなどの手配もやっているところはありますので、休みのうちに申し込んでおくのが良いでしょう。



by ke-onblog | 2013-05-05 12:38 | 白ロムコラム | Comments(0)