白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:キャンペーン情報( 1786 )

もう明日から12月です。

12月は年末年始に向けて携帯・スマホの値下げが少しずつ始まるタイミングとなりますが、早速ドコモに動きが見られます。

d0262326_07175110.png
ドコモの公式オンラインサイトでは、価格変更・値引き変更が行われる前日あたりから、対象種別の購入手続きが出来なくなりますので、特定の機種の値下げ・価格変更のフラグとも言えますが、11月30日時点で以下の機種がメンテ入りしています。

・iPhone 7全容量
・iPhone 7 Plus 全容量
・Xperia XZs SO-03J
・Disney Mobile on docomo DM-01J


iPhone 7/7+はすでに在庫が少なくなり始めているショップも見られますが、12月のこのタイミングで値下げ・・・年度末まで在庫が保つかどうか、少し気になりますね。

Xperia XZsはすでに11月17日の時点でMNPでは端末購入サポートに入れられたところですが、さらなる値下げが実施されます。XZ1は人気があるみたいですが、よほど売れていないのでしょうか。。。

☆「ドコモ Xperia XZs SO-03Jをみる

価格変更・割引種別変更に伴い、12月1日から家族まとめて割の対象も変更される見込みなので注意して下さい。

☆「家族まとめて割

家族まとめて割と言えば、iPhone Xの入荷は最近でこそ増えてきましたが、現在のまとめて割対象期間分が11月30日で区切りとなるため、iPhone X予約・購入者に対して何らかの救済措置があると予想されます(まだどうなるかは良く判りませんが、関係しそうな人は最新情報をチェックしておきましょう)。

11月30日→12月1日は例年キャンペーンが大きく入れ替わる時期なので、明日10時以降に新着情報をチェックしてから年末年始の予定を立てるのが良いでしょう。


by ke-onblog | 2017-11-30 07:33 | キャンペーン情報 | Comments(13)
楽天、ワウマ、dケータイ払いプラス関連など、12月1日前後は各ECショッピングサイトでバンバンキャンペーンが出てきます。条件次第ではかなりの高還元・大幅値引き案件がありそうなので、見逃さないようにしたいものです。

まずは明日から始まる、ひかりTVショッピングのタイムセール系の施策、恒例のGOGOバザールの年末バージョンがスタートします。

11月30日の昼12時より、日替わりで数量限定の超目玉書品が登場予定。
d0262326_22220808.jpg
☆「ひかりTVショッピング GOGOバザールicon

目玉商品は半額相当のぷららポイントバックがある上に、LINEと連携で20倍+12月1日から始まるドコモの「dポイント 冬のスーパァチャンス」が併用可能なので、ポイント還元を含むと最大で99%還元まで行くみたいです。

LINE連携分は「ポイントたま~るキャンペーン」として、最大6000ポイントまで貰えます。
d0262326_22291648.png
たま~るCPは購入金額に応じてポイントが貰えるタイプ。同種の還元は以前にもやっていたことがあったはず。20%ということなので3万円分の購入で最大還元まで届くようなので、それほど巨額の買い物をしなくてもお買い得度が高くなります。

上記のページにある50倍還元だけではなく、ひかりTVのLINE登録をしておくと届く限定セールもあるので、事前に登録しておきましょう。

冬のスーパァチャンスで最大倍率到達には「dカード」が必要なので、持っていない人は作っておきましょう。まだセール期間中に間に合うはずです。

いずれもエントリーが必要なので、セールが始まる前に連携・準備をしておきましょう。

ひかりTVショッピング

by ke-onblog | 2017-11-29 22:34 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ファーウェイスマホを発売日から値引きすることで定評のあるNTTレゾナントが、Mate 10 Proでも期待に応えてくれました。
d0262326_00033085.png
DSDV(デュアルSIM・デュアルVoLTEスタンバイ)対応で最高峰のスペックを誇るMate 10 Proの定価は89,800円(税別)と、価格もSIMフリースマホ最高峰の設定になっていましたが、過去には私もnova liteを買ったりもしたNTTレゾナントが運営する goo SimSellerの本家および系列店において、明日11月30日から先行販売が開始され、SIMパッケージセット(契約任意)で1万円引き・SIM契約セット(らくらくセット)なら2万円引きになります。

☆「goo SimSeller Mate10 Pro (らくらくセット・通常販売)」らくらく69,800円/通常79,800円(税別)

らくらくセットの場合は音声SIM契約必須で、最低利用期間があるので注意して下さい。

さらに、ヤフー店・楽天店でもSIMパッケージセット分が販売予定なので、Tポイント・楽天ポイントでがっつり還元を狙えば、そこそこ実質負担は安く買えそうです。

☆「goo SimSeller Yahoo店 Mate10 Pro

☆「goo SimSeller楽天市場店 Mate10 Pro


全サイト価格は同一・10時スタートです。ヤフー・楽天店でそれぞれYJカードや楽天カード、ソフトバンク/ワイモバ、楽天モバイルの会員だったりするとポイントアップが狙えるでしょう。

まだまだ高額な部類ですが、発売直後にすぐ試したい・SIM回線はすでに持っていて不要な人向けではお得感があります。

早期の売り切れ(入荷までに長い待ち期間の発生)がありえるので、欲しい方は明日10時になったら即買ったほうが良いかもしれません。

また、エキサイトモバイルでも本体価格79,800円となり、SIMセットで7100円or10100円のキャッシュバックキャンペーンの告知が出ています(12月1日午前までの注文が対象。CBは13ヶ月後振込時まで維持が必要)。

☆「エキサイトモバイル

IIJでも79,800円(税別)に、音声SIMセットで10,000円アマギフプレンゼントあり。

☆「IIJmio」/12月1日発売

楽天モバイルでスーパーホーダイセットなら、2万円引きの69800円。

☆「楽天モバイル 」/発売中(一部店鋪では12月8日~)



by ke-onblog | 2017-11-29 00:05 | キャンペーン情報 | Comments(0)
通常モデルのZenFone4の売れ行きがイマイチ・・・なのかどうかは知りませんけれど、11月に追加で発表された低スペック版「ZenFone4カスタマイズ」が、IIJmioでちょっとお買い得になっています。

通常版のZenFone4(ZE554KL)はSnapdragon 660, RAM 6GB/ROM64GBが標準となっていますが、カスタマイズモデルはスナドラ630&RAM 4GB。

通常モデルの価格が56,800円であるのに対し、IIJmioのカスタマイズモデルの定価は44,800円とされていたと思いますが、現在キャンペーンで5千円値下げされて39,800円(税別)になっています。
d0262326_05425057.png
SIMカードとセットで買う場合は、ZenFone4(通常モデル)および4 Pro, 4 Selfie Proなら5000円分のアマゾンギフト券も貰えます(11/26時点ではZen4カスタマイズモデルには、セット購入特典は無いようです)。

39,800円という価格は、旧モデルのZenFone3(ZE520KL)の発売当初の価格と同じですね。ZE520KLはスナドラ625, RAM 3GB/ROM 32GBで4万円だったので、カスタマイズモデルのZenFone4が4万円なら、そこそこかと思います。

スナドラ630搭載の機種だと、モトローラのMoto X4があります。Antutuベンチマークだと7万点前後のスコアが出るので、スナドラ660だとベンチスコアは10万点くらいらしいですが、廉価版でも一般的なゲームは十分に遊べるレベルでしょう。

カスタマイズモデルでもカメラ機能やDSDSなどの特長は変わりませんので、スマホにゲーム性能を求める人以外は、カスタマイズを選ぶべきでしょう。

ただし、IIJのZenfone4カスタマイズモデルおよび他機種のキャンペーン価格での購入は、IIJmio会員限定です。SIMの追加契約は無しでキャンペーン価格になりますが、既存ユーザーまたは新規会員だけの特別価格というわけですね。

IIJでは現在200万回線突破を記念したキャンペーンもやっていますので、既存ユーザー・新規ユーザーになってZenFone4カスタマイズモデルを安く買うのなら、忘れず応募しておきましょう。

☆「IIJmio

ZenFone4のカスタマイズモデルはイオンモバイル、DMMモバイルでも取り扱いが発表されています。ZenFoneシリーズは発売から時間が経つと値下げされやすいので、すぐに買いたい人はキャンペーン・特典を使う、それ以外の人は半年~1年くらい待ってからがお買い得だと思います(´∀`;)

ZenFone4およびカスタマイズモデルの機能やスペックはASUSのサイトでチェックしてください。ZenFone4もカスタマイズモデルも、型番は同じ「ZenFone 4(ZE554KL)」になっているはずです。

☆「ASUS ZenFone4



by ke-onblog | 2017-11-27 06:07 | キャンペーン情報 | Comments(0)
回線契約無しでこの価格なら・・・まだ高いですが、すぐに最新・ハイエンド機種を試したいのならば、他で買うより割安になりそうです。

今日はブラックフライデー関連のセールが各所で出ており目移りしてしまうところですけれど、ひかりTVではいつもの様にメルマガ読者向けクーポン+d曜日のポイントアップにより、各種SIMフリースマホの還元CPが重なっています。

その中の一つがZenFone4 Pro(ZS551KL)。歴代ZenFoneの中で最上位モデルとなる、Snapdragon 835+RAM 6GBのハイエンドモデルです。

定価は96,984円と超高額な国内価格設定になっていましたが、やはり早いタイミングで値引き販売をしないと・・・ということでしょうか。

☆「ひかりTVショッピング ZenFone4 Pro ピュアブラックicon」/ 91,976円(税込み)

ショップページの商品タイトルには「64GB」と書いてありますが、ミスでしょう。Proには128GBモデルしかないので(下の商品説明には128GBの記載あり)。

この価格に対し、メルマガクーポンが10000PT+通常購入ポイント5倍 4595 PT +dケータイ払いプラス利用で4595dポイントになり、

実質負担額 91976-(10000+4595*2)=72,786円相当で買えるという計算です。

SIMフリースマホとして安いとは言い難いですが、スペック的なライバルはGalaxy Note 8やiPhone 8 Plusといった10万円超えの端末になりますので、7.3万円なら「比較的安い」とは言えるでしょう。ASUSのスマホとして妥当な価格と言えるかどうかは微妙ですが。

キャリア向け端末とは違い、DSDSに対応(au VoLTEも可)するという点を重視するのであればiPhoneやGalaxy, Xperiaの白ロムでは出来ない使い方が出来るので、差別化は出来ているでしょう。

他にもZenFone4(スナドラ660)や4 Selfie Pro、Huawei P10/P10 Plus, P9に使える5,000ポイントクーポンもあります。このあたりはいつものセール内容です。

☆「ひかりTVショッピング メルマガ登録方法icon

by ke-onblog | 2017-11-24 17:45 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ニフモの既存ユーザーは全力で買ってみてもいいかも?

nitfyの格安SIMサービス、NifMo(ニフモ)がサービスインから3周年を記念して、さまざまなキャンペーンをやっています。その中の一つで、新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーが機種変更をする場合でもSIMフリースマホが半額になるという、非常に珍しいキャンペーンを出しています。

在庫限りということなので、売り切れに注意です。
d0262326_20441469.jpg
セールの対象機種と価格は以下の通り(税別)。

・arrows M03 18,800円
・ZenFone3 Max 18,800円
・ZenFone3 (ZE520KL) 16,667円
・ZenFone3 Laser 13,334円


新規契約の場合、ニフモでは音声プランでもデータプランでもキャッシュバックがあるため(最大2万円)、既存ユーザーが買うには微妙な価格。ZenFone3 は良い機種ではありましたが、もう1年前のモデル。いまの市場価格相場は3万円弱程度が妥当なところでしょう。

しかし、既存ユーザーが機種変更をする場合でもOK(同額販売)というのが太っ腹ですね!また、すでにニフモを1年以上使っているユーザーの場合は機種変更手数料3000円も無料になります(SIMフリーの機種変でお金取ってたの?って感じですけど)。

購入サポートのような購入後の違約金はないはずなので、音声回線で1年を超えて、そろそろ解約・MNP転出しようかと考えている人が、最後に端末を購入してから・・・というのもありのはずです。購入可能なのは1人3台まで。

あとはツイッターでSIMフリースマホが当たるキャンペーン・1GB×3ヶ月データ通信容量 プレゼントキャンペーンもやっています。

☆「NifMo

他社のMVNOもこういうのをやってくれればいいのに。1年でMNP弾にするのも良いのですが、毎年スマホが半額で機種変し続けられるなら回線を維持しようという人も増えそうなものですけど(笑)


by ke-onblog | 2017-11-20 20:49 | キャンペーン情報 | Comments(2)
iPhoneをいっぱい持っているマニアなら、もしかして・・・

今日11月20日からドコモのプリペイド式カード「dカードプリペイド」がApple Payに対応したことを受けて、新キャンペーンがスタートしました。全く出費をせずに最低1000円相当iDチャージプレゼント、500円以上の利用でさらに500円のiDチャージが貰えるおトクなキャンペーンです。
d0262326_13091754.jpg
キャンペーンは2種類に分かれており、1つは登録・もう1つは指定金額以上の利用が条件となっています。

2017年11月20日から2018年1月31日までの期間にdカードプリペイドを作り、Apple Payに登録するだけで1,000円相当のiDチャージが貰えます。

そして、2018年2月28日までにApple Pay/dカードプリペイドを使って500円以上の買い物をすると500円分のiDチャージがさらに貰えるという内容です。

キャンペーン自体はよくあるドコモのポイント配布・還元系施策なのですが「dプリペイドカード」は、ドコモユーザーでなくても作れて、dアカウントの数だけ発行が可能です。

ドコモの携帯回線数ではなく、dアカウントの数だけ、というところがポイント。

dアカウントは一人でいくつでも作ることが出来るので・・・Apple Payを登録できる端末×1500円分のiDチャージがいくらでも貰えてしまう?ような気がします。

キャンペーンの対象機種は「iPhone 7以降とApple Watch Series 2以降のApple Pay対応機種 」です。iPhone 8/8 Plusや、もちろん最新のiPhone Xでも可能。

dアカウント・dプリペイドカードはドコモ回線がなくても作れるので、「ドコモのiPhone数」ではなく、全キャリア・SIMフリーモデルでも応募可能なはず。

すでにdカードプリペイドと紐付けられたdアカウントではキャンペーンの対象外になります。
入会対象期間中にdカード プリペイドを複数枚お申込みいただき、それぞれのカードをApple Payに設定された場合、最初にApple Payを設定したdカード プリペイドに特典を進呈いたします
という記載もありますが、これは「同一のdアカウント」で登録した場合のようにも読めます。

同一名義でたくさんdアカウントを作りまくった場合はもしかしたらドコモの判断でキャンペーンの対象外になるかもですが、とりあえず出費ゼロで貰える登録分(1000円チャージ)だけでも、端末分だけ申し込んでみる価値があるかもしれません。

*まだ細かい利用規約・条件を把握していないので、各自よく確認してから参加して下さい。

☆「dカードプリペイド × Apple Payスタートキャンペーン

また、Apple Pay関連ではプリペイドカードではなくdカード/dカードGOLD」を作って登録すると、最大2500円相当(2000dポ+500円チャージ)も貰えますので、iPhone Xを買ったのならこちらも11月中に加入・登録をオススメします。GOLDの場合は年会費が1万円掛かりますのでドコモユーザー以外はもとを取るのが難しくなりますが、ノーマルの方は年会費無料・翌年以降も1回でも使えば無料になるので、作って損はないでしょう。




by ke-onblog | 2017-11-20 13:28 | キャンペーン情報 | Comments(0)
11月はdケータイ払いの大規模ポイント還元対象には入っていないひかりTVショッピングで、実売価格もそこそこ安いHuawei P9のお買い得感が高まっています。

本体代金自体が価格.comの最安値&メルマガ読者用に配信されているクーポン+キャンペーン考慮で実質3万円強になります。

☆「ひかりTVショッピング P9 Titanium Grey ZHUA-P9icon」41,800円(税込み)

P9は現在の一般市場価格も4.2万円前後です。後継機種のP10がすでにあるため型落ち機種ということにはなりますが、ライカのダブルレンズカメラ・Kirin955搭載による十分なハイスペックモデル。DSDSには非対応ですが、本体重量も約144グラムと比較的軽量で使いやすい端末として人気があったはずです。

この41,800円の販売価格に対し、

・ぷららポイント 10倍 4,180pポイント
・クーポン利用時 5,000pポイント 
・dケータイ払いプラス(d曜日)5倍 2,090dポイント


この3つの還元が適用され、1ポイント1円とすれば実質30,530円相当の負担でP9が買えるということに。ポイント還元分も1万円相当を超えていますが、dポイントを消費して購入してもぷららポイント分は減りません(dケータイ払い分はぷらら/dポ両方の値引き後価格に対して付与)ので、期間限定のdポイントをある程度使って購入するのも良いかもしれません。

ひかりTVのSIMフリー端末販売はMVNOとのセットではないので、もちろん回線契約は要りません。

メルマガクーポンの期限は19日までですが、d曜日は金・土曜日の17日・18日だけなので注意してください。同じ5000PPクーポンはP10, P10 Plusにも使えます。P10 lite向けには3000PPクーポンが出ています。


by ke-onblog | 2017-11-18 16:36 | キャンペーン情報 | Comments(2)
普段はゲオは白ロムを仕入れる時にしか私は使わないのですが、iPhone Xの本格的な出荷が始まって型落ちのiPhoneを買い集めたいのか、ゲオモバイルのオンライン買取にて新しいキャンペーンがまた始まっています。

ゲオモバイル ネットで買取

☆「ゲオモバイル

類似のキャンペーンを11月12日までやっていましたが、11月13日~12月26日までの期間中にゲオモバイルのネット買い取りを申し込むと、

・iPhone X, iPhone 8/8 Plus, iPhone 7/7 Plus 10,000円アップ
・iPhone 6s /6s Plus 5,000円アップ
・iPhone 6/6 Plus 3,000円アップ
・iPhone SE/5s/5c/5 1,000円アップ
・Androidスマホ 20%アップ


となります。iPhone Xだと64GBモデルは72800円、256GB 84400円なので、1万円アップしたところで・・・。ゲオの新品買取はあまり高い査定ではないので、未使用品の売却にはキャンペーンを提供したところで弱いでしょう。

しかし、例えばiPhone 6s 16GBモデルならau版の未使用品 19,800円・中古品18,000円・中古最低価格11300円(画面割れ・水没系ジャンクはネット買取対象外)となっており、そこそこ状態が良ければ中古1.8万円+キャンペーン上乗せ5千円=2.3万円を狙えるでしょうか。

キャリアの6s下取り額はauとSBで17,280円ドコモで26,568円割引相当となっていますので、auやSBの下取りプログラムを使うより高く売れる可能性があります。

ネット買取は梱包材・送料・手数料、すべて無料、買い取った端末はデータ消去ソフト「blancco」で完全初期化をしているので、セキュリティ面も問題はないでしょう。

同じ端末の査定額は店鋪よりネット買取のほうが高く設定されているらしいので(状況によって店鋪と同額になることも)、査定額を調べてキャリアの下取りに使うより値引き額が大きくなりそうなら、ゲオに売ってみるのも良いでしょう。


by ke-onblog | 2017-11-17 20:42 | キャンペーン情報 | Comments(7)
今月10日に発売されたばかりのdocomoの最新スマホ AQUOS sense SH-01Kの白ロムがヤフオクで早速値下がりしはじめました。

ドコモでの販売価格自体が定価3万456円と格安でしたので仕方がないところですが、、、SIMロック解除済みの白ロムもあっという間に定価割れです。
d0262326_21203813.png
昨今では2~3万円程度の価格で買えるSIMフリースマホでも十分日常利用なら耐えられる格安スマホも多くなりましたが、発売日から1週間も経っていない、シャープ製の防水・おサイフケータイ対応のドコモモデルが2.5万円。

ハイスペックモデルが欲しい人にはSH-01Kはカメラや処理性能など全体的に物足りないと思いますが、スマホで動画を見たりLINEやTwitterなどのSNS、地図機能くらいしか使わないのならSnapdragon 430搭載のSH-01Kでも十分快適に使えるでしょう。特に、高いお金を出したくないという理由で2~3年以上前のスマホを今でも使っているような人の買い替え用なら、docomo with対象機種で安売されている白ロムはオススメです。

現在のdocomo with 機種の白ロム相場(新品・SIMフリー化済み)は、

・arrows Be F-05J 14,000円~15,000円 (定価 28,512円)
・Galaxy Feel SC-04J 22,000円~25,000円(定価 36,288円)
・AQUOS sense SH-01K 25,000円~27,000円 (定価30,456円)


と言った感じです。私はGalaxy Feelを持っていますが、電池の持ちの良さ重視ならSC-04Jもオススメです。スペック・機能性はSH-01KもSC-04Jもあまり変わらない(パネルなどは全然違うのですが、この価格帯のスマホを買う人はそこまで拘らないでしょう)ですね。両社ともUIが結構独特なので、今までのAQUOSシリーズを使ってきた人にはSH-01Kが良いでしょう。

もう一つ、SC-04Jはナビゲーションキー(ホームボタンの両サイドにあるタッチ式キー)の、戻るボタンが右側にあるので、これも慣れるまでは違和感があるかも。
d0262326_21424891.jpg
最近のS8/S8+/Note 8などの画面内にあるタイプは確か入れ替えが出来るそうですが、SC-04Jは入れ替え不可。SH-01Kは一般的なAndroidスマホと同じように、デフォルトで左側が戻るボタンになっています。

docomo with の割引目的で端末を買う側の人にとっては、価格は下がりはしましたが、まだ現在発売中の3機種の中ではSH-01Kが有利でしょう。SC-04Jより6千円安く買えるのに、白ロム価格は若干SC-04Jより高く売れるので。使える公式の割引・キャンペーンはどちらもほぼ同じであり、SH-01Kの場合は発売記念でシャープの家電製品(ヘルシオグリエ・コードレスサイクロン・プラズマクラスタースカルプエステ・超音波ウォッシャー)が当たるキャンペーンも2018年2月28日までやっています。

(応募はSH-01Kに入っているアプリから行うので、白ロムの購入者も応募できる?かもしれません。申し込みは「1回線」ではなく、「1台につき1回」となっているので、端末のIMEIで判断するなら出来るでしょう。かつて、Galaxy Feelを含む夏モデルでやっていた「新機種をもっと便利に使おうキャンペーン特典」は、白ロムでもポイントが貰えました。キャンペーンについて詳しくはシャープに問い合わせて下さい)

AQUOS senseのSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」がおよそ3.3万円で市場に出ることが確定したので、MVNO回線とのセット購入であればもっと安く買えるようになる可能性も高いながら、機能面を考えればSH-01Kの2.5万円でも激安なので、白ロムで機種変更をしたい人にとっては狙い目の機種になると思います。

☆「ドコモ docomo with AQUOS sense SH-01K


by ke-onblog | 2017-11-14 21:58 | キャンペーン情報 | Comments(10)