白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:キャンペーン情報( 1826 )

突如として登場したHuaweiの格安スマホシリーズの新機種、nova lite 2がいきなり音声SIMセットながら1万円を切っています。
d0262326_17291746.jpg
ファーウェイ端末の安売りでは定番となっているgoo SimSellerにて、音声回線のセット申し込み「らくらくセット」で購入すると、他社では2.5万円前後の一括価格となっているnova lite 2がいきなり9,800円(税別)に発売記念価格になっています。

昨年初代のnova liteを私もここから購入しましたが、音声SIMセットとは言え、セットとなるOCNモバイルONEの縛りは6ヶ月・短期解除違約金も8,000円と比較的安いので・・・即解約前提でも通常購入よりちょっと安いはずです(他社がいくらで売るのか全部確認はしていませんが、端末価格が安い「NifMo」で22,223円)。

☆「goo SimSeller

nova lite2はDSDSではありませんが、デュアルカメラ搭載・nova 2と同じCPUのKirin 659を搭載、RAM 3GB ROM 32GBといったミドルレンジのスペックです。処理性能としては価格相応~高コスパ程度なのですが、それよりも本体のサイズ感のほうが個人的には良いな~と思います。

nova liteも5.2インチサイズで軽量なモデルでしたが、nova lite 2は約5.65インチの縦長ディスプレイに進化しつつ、ボディサイズは約72.05×150.1×7.45mm、本体重量は143グラムとかなりの軽量さです。4.7インチのiPhone 6sとちょうど同じ重さですね。

ベゼルレスのデザイン的にも、廉価版Galaxy S8といったところでしょうか。デュアルカメラといってもGalaxy Note8やiPhone Xほどのクオリティは望めないにしても、お手軽にボケを再現出来るカメラを低価格帯のnova liteシリーズにも採用してきたというのはなかなか面白いですね。

・・・と、もともとnova lite 2の価格が9800円は安いな~という日記を書こうと思ってここまで書いてきましたが、goo SimSellerのnova lite 2のとなりに出ている、honor9も安いですね! 8じゃないですよ、9です。
d0262326_17440241.jpg
これ、楽天の3年縛り・スーパーホーダイセットより安いじゃないですか・・・。この価格差なら、nova lite2よりこっちの方がよいのでは?(笑)

12,600円の特価は2月16日までの限定セールだそうです。らくらくセットの解除料・違約金回りをあまりよく把握出来ていませんが、縛りは同じ6ヶ月で?この価格でいいんですかね。だとしたら相当お安いので、欲しいかたは在庫があるうちに買ったほうが良いかもしれません。

OCNの公式ページから特価購入(セット購入ページから。SIMカードのみの契約・端末のみのでは特別割引はありません)が出来ますので、プラン・提供条件をチェックしてから買いましょう。

☆「OCNモバイルONEの格安スマホ


by ke-onblog | 2018-02-07 17:51 | キャンペーン情報 | Comments(3)
先月私が申し込んだときにはあまり深く考えずにiPhone8を選んでしまったのですが、ソフトバンクのスマホデビュー割ではiPhone8以外にも対象機種があり、一括0円やキャッシュバック付きで買える機種もあります。

機種性能的にはiPhone8がダントツだとは思いますが、全く同じプラン運用でも機種ごとに異なる割引によってイニシャルコスト・ランニングコストに差が出るため、おとくケータイ案件で、ざっと2年分の必要経費を機種ごとに比較してみようかと思います。

どの機種を選ぶかは自由ですが、価値の高い端末が欲しい・維持費が安い方がいい・キャッシュバックが多い方がいいなど、目的に合わせて選択する参考にどうぞ。

*以下のキャンペーン情報は2018年2月12日までの問合せで有効となりますが、在庫状況次第で販売が終わる可能性もあるので、早めに手続きを始めて在庫を確保したほうが良いかもしれません(特にAQUOS。先週は在庫なしだったので、再入荷分が少しあるくらいでしょう)。

なお、すべて契約条件はスマホデビュー割+MNP+下取り(ガラケー)を含み、ネットのセット割は含まない条件で試算しています。計算を簡単にするために1ヶ月目からすべての割引が効くとして、24ヶ月間分だけを比較します(実際の初月は日割り。各機種共通なので同条件における総額比較には影響しないはず)。

また、オプションはすべて初日・無料期間内に解約するとして、0円で計算します。

【キャンペーンID:0109, iPhone8 64GB】


・本体価格 一括40,000円
・1ヶ月目  
通話し放題:2,916円    
WEB使用料:324円
パケット20GB : 6,480円    
スマホデビュー割:-2,614円
機種特別割引:-1,430円
下取り:-200円
【合計】5,476円(税込)

・2ヶ月目~
通話し放題ライト:1,836円    
WEB使用料:324円
パケット1GB : 3,132円    
スマホデビュー割:-2,614円
機種特別割引:-1,430円
下取り:-200円
【合計】1,048円(税込)

2年合計:40000+5476+1048×23=69,580円
(上記の他、事務手数料/振込手数料/ユニバ料金が掛かります)

【キャンペーンID:2580, DIGNO G 白】

・本体価格 一括0円+4万CB
・1ヶ月目  
通話し放題:2,916円    
WEB使用料:324円
パケット20GB : 6,480円    
スマホデビュー割:-2,614円
機種特別割引:-280円
下取り:-200円
【合計】6,626円(税込)

・2ヶ月目~
通話し放題ライト:1,836円    
WEB使用料:324円
パケット1GB : 3,132円    
スマホデビュー割:-2,614円
機種特別割引:-280円
下取り:-200円
【合計】2,198円(税込)

2年合計:-40000+6626+2198×23=17,180円

【キャンペーンID:0104, AQUOS Xx3 mini】


・本体価格 一括0円
・1ヶ月目  
通話し放題:2,916円    
WEB使用料:324円
パケット20GB : 6,480円    
スマホデビュー割:-2,614円
機種特別割引:-1,860円
下取り:-200円
【合計】5,046円(税込)

・2ヶ月目~
通話し放題ライト:1,836円    
WEB使用料:324円
パケット1GB : 3,132円    
スマホデビュー割:-2,614円
機種特別割引:-1860円
下取り:-200円
【合計】618円(税込)

2年合計:5046+618×23=19,260円
(上記の他、事務手数料/振込手数料/ユニバ料金が掛かります)

【キャンペーンID:2581, Xperia XZs】

・本体価格 一括3万円
・1ヶ月目  
通話し放題:2,916円    
WEB使用料:324円
パケット20GB : 6,480円    
スマホデビュー割:-2,614円
機種特別割引:-1,660円
下取り:-200円
【合計】5,246円(税込)

・2ヶ月目~
通話し放題ライト:1,836円    
WEB使用料:324円
パケット1GB : 3,132円    
スマホデビュー割:-2,614円
機種特別割引:-1660円
下取り:-200円
【合計】818円(税込)

2年合計:30000+5246+818×23=54,060円

以上4種、すべてスマホデビュー割+MNP、2ヶ月目から1GBプラン+5分カケホにするという全く同じ条件で運用が出来るモデルです。

もう一度総額だけを抜き出すと、

・iPhone 8 64GB 69,580円
・DIGNO G 17,180円
・AQUOS Xx3 mini 19,260円
・Xperia XZs 54,060円


ということになります。

さらに、2018年2月時点の各機種の白ロム相場(SIMフリー化後)を見てみると・・・

・林檎 72k前後
・DIGNO 10k前後
・AQUOS 22k前後
・Xperia 45k前後

といったところでしょうか。相場はここから更に下がることが予想されるので、最後は各自で相場を調べて算数をしてください(´∀`)

このように、パッと見だとDIGNOの一括0円+CB4万円付きが安いようにも見えますが、端末の価値を含んだ総額では他機種のほうがお買い得感があると言えます。すぐにキャッシュが欲しいのならDIGNOも良いですが、在庫があるうちはAQUOSのほうが良いかもしれませんね。

おとくケータイでのスマホデビュー割は、MVNOからの転入もOKです。「ガラケーを使っていた」という自己申告のみでOKですので、総合判断でさえなければハードルは極めて緩いです。

各機種の上記価格での購入にはキャンペーンIDを問合せ時に記載することが必須となっていますので、「キャンペーンID:xxxについて詳細をしりたい」とだけでも、問合せフォームの一番下の記入欄にコピペして送信しておきましょう。

以下、すべてスマホデビュー割用のIDです(2018/02/12まで有効)。

【キャンペーンID:0109, iPhone8 64GB】
【キャンペーンID:2580, DIGNO G 白】
【キャンペーンID:0104, AQUOS Xx3 mini】
【キャンペーンID:2581, Xperia XZs】

☆「おとくケータイ.netお問い合わせフォーム

具体的な契約までの流れを知りたい人は「SB代理店 おとくケータイの申し込み手順・準備するもの・必要日数の流れ解説」を参照下さい。こんな解説読まなくても細かく担当者が案内してくれるはずですけども、初めて使う場合は問合せ前に流れだけでも把握しておくと良いでしょう。

by ke-onblog | 2018-02-06 07:05 | キャンペーン情報 | Comments(20)
昨年の冬モデル発表会時に登場して話題となった2画面スマホの発売日がようやく近づいてきました。
d0262326_06070619.jpg
スマホの前後両面にディスプレイを表示させる事もできる、今季のスマホではぶっちぎりのオモシロ端末となるであろうM Z-01Kは、国内ではドコモのみが販売します。今のところSIMフリーモデルが出るという話も聞いたことはないので、発売直後はマニア向けに需要がありそうです。

具体的な発売日は2月4日時点では不明ですが、公式サイト上には「2月上旬」の表示になっていますので、早ければ今週~来週くらいには発売開始になるのではないでしょうか。

Z-01Kは最新ハイエンドのスナドラ835ではなく、2016年夏~冬モデル相当のスナドラ821(Xiaomi Mi5sやZenFone3 Deluxeなどと同じ)を採用していますが、性能的には十分に高性能な仕様になったため、価格はやや高めです。

公式価格は本体定価92,664円、月サポ2079円、実質42,768円です。MNP時は実質26,568円。

☆「ドコモ M Z-01K 価格・キャンペーンページ

Z-01K用には各種共通キャンペーン・割引が利用できますが、Z-01K専用のキャンペーンとして購入者に最大1万dポイントが当たる施策が用意されています。
d0262326_06151488.png
50名に1万ポイント、合計で250万円相当のポイントが総数1250名に当たります。これがiPhoneやXperiaであったなら当選確率は微妙なところですが、Z-01Kを買う人数はたぶんそこまで多くないでしょうから、多少は当たりやすいのではないでしょうか(笑)

発売日前に予約をしてから購入すると当選確率が2倍になるため、発売直後に機種変で手に入れるのなら今のうちに予約しておきましょう(購入後に専用サイトからIMEIやドコモの携帯番号などを入力して応募が必要)。

また、オンラインショップでは同時期に50名に1人の確率で1万dポイントが当たるキャンペーンもやっていますので、ウェブ購入をすれば両方に当たる可能性もあります。

☆「50名に1人、1万ポイントプレゼントキャンペーン

ドコモで過去に発売された2画面スマホ MEDIAS W N-05Eの白ロム相場をチェックしてみると、2017-2018年になっても新品未使用品だと2~3万円以上の価格が付くようです。性能を考えれば5年も前のN-05Eに3万円はあまりにも高すぎる気がするのですが、滅多にないデザインの2画面スマホをどうしても使いたいという人もいるのかもしれません。

イロモノ端末なので在庫が増えすぎると白ロム価格は下がりそうですが、発売直後は高めで推移する可能性もありそうなので、ちょっと楽しみですね。

ドコモでまだ発売されていない冬モデルだと、V30+ L-01Kのコラボモデル JOJO L-02Kもありますが、想定よりも予約が入っていないそうなので・・・さすがに月サポ無しは高すぎだったようです。

通常モデルのV30+ L-01Kもまだ流通量が少なく、ドコモモデルの白ロムはかなり高値になっています。同梱のDaydream view(定価1.2万)は一気にヤフオクでは価格が下がっていますけれど(´∀`;)

M Z-01Kも定価は高めなので、期間限定のdポイント等を一気に消費したいのなら事前予約キャンペーン狙いで発売直後に入手できるように準備しておくのが良さそうです。


by ke-onblog | 2018-02-05 06:36 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ドコモの公式オンラインショップの携帯販売と一緒に行っている、アクセサリー販売サービス・ドコモセレクトにて、2月1日から新しいポイントプレゼントキャンペーンが始まっています。

ドコモが提供している有料系サービス+商品購入の条件を満たすと1000 dポイントが貰えるので、すでに加入中の場合・これから新しくアクセサリーとサービスを使ってみたい回線があれば、期間中に試してみるのも良さそうです。


キャンペーン名は、シンプルに”ポイントGetキャンペーン”です。対象期間は2018年2月1日から4月30日までの3ヶ月。

対象となるサービスは、

・dヒッツ(月額500円。300円コースは除く)
・dTV (月額500円)
・dTV ch (月額780円)
・dアニメストア(月額400円)
・DAZN for docomo(月額980円)

の5つです(いずれもドコモユーザーの場合の月額料金)。

dヒッツの場合はアクセサリーの購入1000dポイント、残りの4サービスではGoogle Chromecastもしくはドコモテレビターミナルの購入でも1,000ポイントが貰えます(エントリー不要)。

貰えるポイントには上限があり、
本キャンペーンの適用は、1回線につき同月内の最大進呈ポイントはオーディオ商品1,000ポイント+Google Chromecastもしくはドコモテレビターミナル1,000ポイントの合計2,000ポイントとなります。
とされています。どこで文章が区切られているのか分かりづらい日本語ですけども、オーディオアクセサリーを1つ買うと1,000ポイントが貰える・クロムキャストかテレビターミナルも買えばもう1000ポイントが貰える、ということのようです。

また、「1回線につき同月内」という注意書きがわざわざあるということは、それぞれの月で対象商品+サービス加入を行えばまたポイントが貰えるということなのでしょう。

ドコモセレクトの商品はとりわけ価格が安いわけではありませんが、dポイントを消費して買うことが出来ますので、この機会にオーディオ商品を買っておきたいのならばキャンペーン対象商品をチェックしてみましょう。

なお、31日の無料お試し期間があるサービスでも、例えば「2月28日利用開始→3月31日末時点で維持&4月1日サービス解約」といったスケジュールになるため、無料期間だけでポイント付与対象になることは難しそうです。

☆「ドコモセレクト ポイントゲットキャンペーン詳細

対象となるドコモセレクトの商品は14種のヘッドホン・イヤホン・スピーカー系商品の中で、最も安いのはエレコム製のステレオイヤホンですね。

☆「ドコモセレクト ステレオイヤホン」/1,728円(税込)

最近発売されたテレビターミナルも対象です(2月時点では在庫がないですけど、入荷待ちの予約が出来ます)。

☆「ドコモテレビターミナル(TT01)」/16,848円(税込)

このテレビターミナルを買って対象のサービス・ドコモ光を使っていると別途ドコモのポイント最大8,000ポイント付与のキャンペーン対象にもなるはずです(1000ポイントはドコモセレクトのキャンペーンで、8000ポイントはドコモ全体の施策)。
(1)ドコモ光新規ご契約あり
ドコモテレビターミナルのご購入、ドコモの映像サービスへのご契約、およびドコモ光の新規ご契約を同月内に行っていただいた方に、dポイント8,000ポイントを進呈いたします。
(2)ドコモ光新規ご契約なし・ドコモ光を既にご契約いただいている方
ドコモテレビターミナルのご購入、ドコモの映像サービスへの加入を同月内に行っていただいた方に、dポイント3,000ポイントを進呈いたします。
対象の映像サービスもdTV/dTVチャンネル/DAZN/アニメストアと、両キャンペーンで重なっています。ドコモ光では、シェアパックとのセット割引も2月から増えているので、この機会にドコモ光+テレビターミナルをセットを購入/契約を促進したいという狙いがあるのでしょう。

いろんなキャンペーンが2月1日から始まっているので、この春に生活環境を新しくする方はネットや関連サービスの契約を見直す良いチャンスになりそうです。


by ke-onblog | 2018-02-02 07:11 | キャンペーン情報 | Comments(0)
先月準備記事として2018年1月分のWiMAX案件をチェックしましたが、やっぱり2月のほうが条件が良くなりました(一部減額した機種もあり)。

過去記事:2018年1月末 GMOのWiMAXキャッシュバック状況(2017年比データ)

2018年2月より、GMOのWiMAX契約時に先月は32,000円だった最大キャッシュバックが、35,200円まで増額されました。
d0262326_06303457.jpg
2年契約の場合は+100円~一部減額された機種もありますが、au回線のLTEオプション接続プランが無料になる3年契約時に、CBが35,200円に増額されています。

旧モデルのW04の2年契約時のCBは30,500円→34,000円まで増額されました。

また、据え置きタイプとして使うSpeed Wi-Fi HOME L01は2年契約でもCBが29,100円→35,000円に大幅アップ

GMOのWiMAX端末・クレードルはすべて一括0円です(CB額で調整されているため)。キャッシュバック額と、機種の性能で妥協点を各自で探しましょう。
d0262326_06380027.png
W04とW05ではほとんど性能が変わらない?っぽいので、2年契約をするのなら旧モデルで34,000円を狙った方がいいかもしれません。

☆「GMO WiMAX キャッシュバックキャンペーン詳細


3月・4月に転勤・引っ越しを控えている場合、先にモバイルネット回線だけでも契約しておけば引っ越し本番の忙しさを軽減出来るでしょう。WiMAXは普通のネット回線と違って契約をそのまま持っていけるので、一人暮らし・単身赴任等で実家を離れる人には向いています。

おそらく3月も今月と同等のキャッシュバックを維持すると思いますが、毎年4月に入ってしまうと条件が悪化しますので、これからの2ヶ月間のうちに検討・契約を進めるのが良いと思います。


by ke-onblog | 2018-02-01 06:45 | キャンペーン情報 | Comments(0)
先週このブログでも紹介し、現在私も端末到着待ちのソトバンク iPhone 8のMNP+スマホデビュー割案件の価格が1月29日~2月4日申し込み分に更新されました。

2~3月はMNP最盛期なので同額で継続するのかな?と思ったら値上がりました。

28日までに申し込み・1月中に開通した分はiPhone 8 64GBへMNPすると、上記過去記事の通り本体価格から購入時に一括5.9万円引きに、スマホデビュー割+特別割引の合計月額4,044円引き×24ヶ月が受けられ、毎月の維持費は1000円台前半で購入できる格安プランがありました。

これが29日以降、割引適用条件等はほぼすべてそのままですが、購入時のキャッシュバック相殺分が5.4万円に減り、一括40,000円+月額1,048円(税込)~になりました。

本体価格以外の適用条件は全て私が申し込んだときと同じみたいなので、「ソフトバンクiPhone8 MNPスマホデビュー割一括3.5万+月額割引4,044円付き」あたりの記事も参照下さい。

5千円値上がったので、すでに1月下旬に問合せをして今開通待ち・申し込み途中の場合は、中途半端にキャンセルせずそのまま開通させる(旧条件のまま適用できる場合)ほうがおとくでしょう。

また月末になれば条件が改善する可能性もありますが、MNP転入出・回線数の関係で早めに動かしたい場合は「キャンペーンID:0109 iPhone8(64G) について案内して欲しい」と以下のフォームから問い合わせてみてください(IDを伝えないと通常価格や、別の機種へ誘導されたりするかもしれませんので気をつけて下さい)。

☆「おとくケータイ.netお問い合わせフォーム

iPhone 8のデビュー割以外の現在実施中のキャンペーン別IDは、

【キャンペーンID:2580】でDIGNO G 一括0円+CB 4万(MNP専用・デビュー割)
【キャンペーンID:0103】でiPhone X(64GB/256GB), Xperia XZ1 55,000円引き(MNP限定・月月割あり)
【キャンペーンID:0106】でiPhone 8 64GB 一括0円+CB4万円(MNP限定・一括購入割引適用(月月割なし)


の3つと、iP8のスマホデビュー割用 ID 109を合わせて4つです。先月あったAQUOS Xx mini3の在庫は終わったようです。

SBネット代理店契約は、実際に今契約を進めている感想としてはネットで全て完結出来る点は便利ですが、月末で混雑しまくっているのか問い合わせの電話になかなかつながらない・担当者がコロコロ変わる(ちゃんと内容は伝わっているので問題は全く無いですけど)・確認事項の数もしっかり読み込むと結構多いので、公式のSBオンラインショップで契約するよりかなり面倒、といった手間もあります。

しかしながらネット申し込みでは誰が情報を入力してもいいので、自分以外の名義や利用者登録をする場合にも、委任状作成や家族のご機嫌とりをしなくても簡単に申し込みが出来る点は良いですね(笑) 慌てて契約する必要がなければオンラインで一括0円案件が簡単に手続き出来る気楽さは、やっぱり大きなメリットです。

混雑時は契約までにそこそこ時間が掛かりますが、月初めの申し込み開始ならば、更新月の終了が迫っていて焦るということも無いと思いますので、近くのショップで良い案件が見つからないのならば問い合わせて比較してみればよいでしょう。問い合わせるだけなら、3分もかかりません。

案内の電話がかかってくるのがうざいと感じる方は、問い合わせ時にメアドを登録し、「忙しいので電話ではなくメールで案内して」と書いておくと、メールだけで案内してくれるのでゆっくり検討出来るので初心者にはオススメです。


by ke-onblog | 2018-01-29 21:18 | キャンペーン情報 | Comments(0)
先日紹介したソフトバンクの代理店でやっていたスマホデビュー割を使ったiPhone 8案件、申し込みをしてみました。
d0262326_19405037.png
まだソフトバンク側での登録が終わっていないので確定ではありませんが、利用者登録もするのでたぶん大丈夫でしょう(´∀`)

料金プラン・値引き額の詳細は先日の記事に書きましたが、スマホデビュー割による特別割引+MNPによるキャッシュバック相殺で、iPhone 8 64GB本体と1GB+5分間カケホ付き、2年完走総額コストが8万円を切れるはずです。

問合せをしたらこの案件は1月28日までの申し込みの場合のみ適用され、現時点では次の期間の価格は不明とのことでした(ショップのインセンティブ次第で上下するのでしょう)。

また、最終日の28日は代理店の対応が混雑する可能性が高く、最初の問合せ→契約者情報等の申し込みフォーム送信までのステップは27日までに完了させておくと安全だということです。

iPhone 8の在庫はまだいっぱいありそうですが、ショップの販売傾向では12月後半あたりからiPhone 8 64GBが一番の売れ筋(次がiPhone X 256GB)になっているそうなので、一時的な在庫切れ等で転入のタイミングがズレたりしないように、なるべく早めに問合せて在庫確保したほうが無難かもしれません。

今回使ったSBのネット代理店であるおとくケータイの場合、スマホデビュー割の適用条件は「携帯機種を使ってると自己申告すること」だけなので、ハードルが低いです。

また、スマホデビュー割自体は「一括購入割引」(ドコモでいう端末購入サポート)ではないため、本体代金を一括で支払えば、システムに反映され次第すぐにSIMロック解除が出来るようになるそうです(サポートに聞いたところでは、最短即日)。

大容量プラン+学割+おうち割光セットなどを使うのならギガモンスター50GBプランに加入したほうが便利に使えると思いますが、学割なし・パケットも少しでいいから安く維持したいという目的ならばスマホデビュー割を使ってMNPすると格安でiPhone8と、ヤフープレミアム会員相当の特典(スマートログイン利用可能機種)などが得られますので1台くらいソフトバンク回線も持っておこうかな?という方にはオススメ。

学割も下取りもネットセット割引も無しという、非常にハードルが低い案件なところが良いですね。初月はかけ放題・20GB以上と即解約可能な安心保証・基本パックが必須ですが、それを込みで2年総額およそ7.5万円で済むため、MNP出来るなら格安SIM+SIMフリーiPhone8を買うよりも、間違いなく安いです(アップルストアでのiPhone8 64GBの定価は85,104円)。

・通話し放題ライト +1,836円
・ウェブ使用料 +324円
・データ1GB +3,132円
・スマホデビュー割 -2,614円
・スマホデビュー割の機種限定特別割引 -1,430円×2年


iPhone 8 64GB購入時一括3.5万+月額1,248円(税込)で維持

iPhone 8のスマホデビュー割案件は以下の問合せフォームで「キャンペーンID:0109のiPhone8,、MNP スマホデビュー割について知りたい」と記入しておくと、最初の返信からすぐに料金詳細案内から始まり話が早かったです。

☆「おとくケータイ.netお問い合わせフォーム

1月29日以降に申し込む場合は条件が変わっているかもしれませんので、各自で還元額や割引条件を確認してください。

1名義で複数のスマホデビュー割を使うことも出来ますが、3回目以降は利用者登録が必須となりますので気をつけて下さい。


by ke-onblog | 2018-01-26 20:16 | キャンペーン情報 | Comments(19)
ちょっと日が空いてしまいましたが、前回幾つかの業者で2017-2018年比のWiMAX関連キャッシュバック・値引きキャンペーンがどう変わっているのか変化をチェックしました。

去年は無かった2018年のトレンドとして「3年契約時の還元」というパターンが増えているため直接の比較がしづらくなっていますね。

もう間もなく引越しシーズンの本番になりますので新しく引越し先で固定回線代わりにしてみたり、過去に引っ越しをして固定回線の契約更新時期に料金を見直したい・CBキャンペーン等の優遇特典を使って節約を試みたいというケースも多いかと思います。

前回調べたところではいくつかのWiMAX代理店は2017年に比べて還元条件が悪くなっているところも、若干良くなっているところもありました。

今回はGMOのとくとくWiMAXです。これは去年ちょうどキャッシュバックの一覧データも保存してあったので、比較は簡単でした。
d0262326_11422115.png
これが昨年3月の最盛期のCBです。

そして下が2018年1月31日までの各機種・プラン別のCBリストです。

d0262326_21451079.jpg
昨年3月の最大CB機種はWiMAX2+ W02で34,000円還元でしたが、2018年1月時点ではW03・W05の2年契約が32,000円となっており、若干まだ弱い印象です。

一方で据え置き型WiMAXルーターのSpeed Wi-Fi Home L01のキャッシュバックは、昨年は26,000円→今年は新機種L01sでも29,150円にアップしています。

新旧モデルのHome L01/L01sの違いは本体の重さが軽くなったこと・対応のSIMがmicro→nanoに変わったなどがあるようですが、基本的な機能はほぼ変わらないようです。CBはなぜか新機種のほうが50円だけ多いので、あえて旧機種を選ぶメリットは無さそうです。

GMOのWiMAX向けCBは時期によって大きく変わるので、今スグ契約する場合でも昨年最盛期比で1,000~2,000円程度の違い、2月・3月になればもう少し条件が良くなる可能性も無きにしもあらず、というところでした。

また、キャッシュバックタイプではなく月額料金から割り引くタイプの販売も健在です。


CBが無い代わりに2年間の維持費が安くなります。
d0262326_21540572.png
キャッシュバックタイプに比べて、

・初月日割り分が割安
・1~2ヶ月目 差額1,019円×2ヶ月割安
・3~24ヶ月目 差額919円×22ヶ月分割安


これで2年維持費の総額差は22,256円+日割り分となりますので、キャッシュバックタイプのほうが確実にお得ではありますが、CBの貰い損ねの危険性がゼロになるという利点を取りたいのなら、値引きプランを選ぶことも出来ます。

GMOのWiMAX契約は初月は日割り料金になりますので、月末でも月初めでも、好きな方を選べば良いでしょう。

☆「GMO WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン詳細

WiMAXのキャンペーンは2-3月が本番だと思いますので、1月は様子見として情報を押さえておき、2月の特典と見比べて申し込みするかどうか判断してみるのがオススメです。

by ke-onblog | 2018-01-25 22:03 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ソフトバンクが学割と同時に発表したiPhone8/8 Plusのスマホデビュー割落ち。これまでのスマホデビュー割では比較的安価なスマホや型落ちした古めのモデルを対象としていましたが、1月18日から最新のiPhone8を投入するという戦略に変わったということで、なかなか衝撃的でした。

スマホデビュー割では、通常のプランとは違い最小容量のデータ1GBプランでも事実上月額割引が適用されるということで、小容量のプランで安くiPhone8/8+を契約したい人にとっては有力な選択肢になりそうな展開です。

そしてさっそくソフトバンクの代理店としてネットでは有名なおとくケータイがMNP専用の案件詳細を出しています。スマホデビュー割は通常は機種変やワイモバからの番号移行でも使えますけれど、下記価格はau/docomo回線からのMNP限定(ドコモ・au系ならば格安SIMでもOK)とされています。

・iPhone 8 64GB 本体価格 94,320円→ 一括35,000円(MNP時,1/28までの条件)

月額維持費は、最安の5分のかけ放題プラン+1GBの組み合わせで、

・通話し放題ライト +1,836円
・ウェブ使用料 +324円
・データ1GB +3,132円
・スマホデビュー割 -2,614円
・スマホデビュー割の機種限定特別割引 -1,430円×2年


これでiPhone 8 64GB購入時一括3.5万+月額1,248円(税込)で維持できます。

値引きの条件として、31日間以上(つまり2ヶ月分)は通話し放題(上記に+1080円)とデータプラン20GB(上記+3,348円) or 50GB(上記+4,428円)、即解約可能な安心保証パック(月額896円)・基本パック(月額540円)の加入が強制となります。

上記値引き条件分の上乗せコストを計算すると(1080+3348)×2+896/日割り=9千円弱なので、2年間の総額維持費は7.5万円くらいです。

2年分の5分かけ放題+1GBプラン+iPhone 8 64GBをセットにして、7.5万円。もう格安SIM+SIMフリーよりも安いですね~(SIMフリー版をアップルストアで買えば定価だけで8.5万円)。


月額割引という観点で見ると、1GBプランの契約でスマホデビュー割分 2,614円+iPhone用の特別割 1,430円=合計4,044円相当の月月割が付くことと同等です(デビュー割分は機種変しなければ3年目以降も継続)。MNP限定・初月に大容量プラン契約が必要とは言え、一括値引き+2年で合計10万円弱の月額割ありは強力です。

これが型落ちの不人気機種であれば驚きはそれほどでもないのですが、iPhone 8で出来てしまうところが衝撃的です。

おとくケータイでスマホデビュー割を使う場合、ケータイ機種のチェックはなく「自己申告でOK」ということで・・・

また、上記では省略しましたがガラケーの下取りで200円×24ヶ月引き+おうち割光セット(最大1,080円~1GBプランなら540円引き)も併用可能です。1GBプランだけの運用はさすがにキツイと思いますので、固定回線もこの機会に切り替えてオクのもありでしょう。現在、ソフトバンクエアー契約でも現金キャッシュバックが貰えます。

SBの総合判断中ではないのなら、ドコモ・au回線(MVNO回線もドコモ/au系ならOK)を純解約するくらいならソフトバンクのデビュー割を活用してiPhone 8をゲットしつつ、5分かけほ+1GB運用をしてみましょう。

おとくケータイのiPhone8用問合せは「おとくケータイ.netお問い合わせフォーム」から、「キャンペーンID:0109」と問合せ欄に記入するとさらに詳細な条件が案内されます(上記価格は1月23日時点。価格・条件は変更される可能性もありますので各自で最新情報を聞き出してから申し込みしてください)。

おとくケータイはネットから契約オーダー・割引の確認が出来ますので、とりあえず問合せて近所のショップと条件を比較してみればよいでしょう。

by ke-onblog | 2018-01-24 12:08 | キャンペーン情報 | Comments(15)
いろんなキャンペーンでたっぷりと貯めたdポイントを使って贅沢品を買ってみたいと思っているのなら、このタイミングでApple Watch Series3を入手してみるのも良いかもしれません。

昨年9月の発売直後には多くのモデルが入手困難なレベルで品薄になったりもしましたが、今ではドコモのオンラインサイトで全モデルがすぐに買えるようになりました。
d0262326_18313254.jpg
第三世代のアップルウォッチはGPS+Cellularモデルならば、iPhone無しのスタンドアロンでのネット接続・通話が可能です。

ただし、日本国内(海外でも多分同じですが)でApple Watch Series3の通信機能を使うためにはキャリアで契約した電話番号・プランを共有する専用のオプションサービス(ワンナンバー・ナンバーシェア・Apple Watchモバイル通信サービス)をドコモ・au・ソフトバンクのいずれかと契約する必要があります。

ドコモの場合は「ワンナンバーサービス」という名称で、このサービス開始記念キャンペーンであるところの「登録事務手数料(500円/回)」および月額料金500円(税別)が180日間無料になるキャンペーンの締め切りが2018年3月末までとなっており、あと残り二ヶ月に迫っています。

キャンペーンの延長があるかどうかはわかりませんが、トータルで3500円分のコストが無料になる3月末までの申込みに間に合わせたいのなら、そろそろアップルウォッチを手に入れておくべきでしょう。

ドコモで買えるアップルウォッチ3の種類は38mmと42mmのサイズ、各種標準のベルト・NIKEモデルです。価格は49,464円(税別)~。送料は2500円以上で無料なので、アップルウォッチの本体やベルトはすべて送料は掛からないはずです。

☆「ドコモセレクト(オプション品)


まだApple Watch Series 3はほとんどのお店で定価販売だと思いますので、dポイントを消費して買う場合にも割高感は少ないでしょう。

Apple Watchの通信機能をどれくらい使うか良くわからない人も、半年の無料期間分だけ試してみて価値がない・めったに通信することがないと判断すれば無料期間だけで終わらせればOKですね(ドコモで買ったApple Watchを他社の回線・オプションで契約することもできるはずです)。

関連記事: Apple Watch Series3セルラーモデルは格安SIMでは使えない iPhoneのSIMを入れ替えた場合の挙動


by ke-onblog | 2018-01-22 18:53 | キャンペーン情報 | Comments(2)