白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:キャンペーン情報( 1698 )

格安スマホの入門用としては買いやすい値段になってきました。

先日福袋企画の中身としても在庫処分(?)が行われていた、goo SimSellerを運営するNTTレゾナントのヤフーショップ店にてASUSの5.2インチ型 SIMフリースマートフォン ZenFone3 Max ZC520TLが通常価格から5400円引き・税込み15,984円にて販売されています。

goo SimSellerのこのセールは通常の本家サイト・楽天版サイトでもやっていますが、販売価格は同じなのでヤフーショップ店で買った方がTポイントがいっぱい貰えて割安になります。



☆「NTTコムストア ASUS ZenFone 3 Max (ZC520TL) + 選べるOCNモバイルONEセット」/税込 15,984円

ZenFone3 Maxは定価2万円ほどの低スペックスマホです。しかしバッテリーは4100mAhと大きめで電池が長持ちする・日本向けにBandの対応も豊富です。
■ FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28
■ TD-LTE:B38/B41
■ W-CDMA:B1/B2/B5/B6/B8
B18/26は含まれていますが、ZenFone3 Maxは一応公式にはau回線には非対応というスタンスでしたかね。将来的にアップデートで使えるようになったりするかもですが、とりあえずはドコモ・SB系回線の利用を前提にしておくのが良いでしょう。
d0262326_20324419.png
ヤフーショップを使う利点のTポイント還元では、最大還元率は各アカウントで異なるものの、私の場合は最大13倍で2,067円相当のTポイントが貰えると表示されています。

内訳は

通常ポイント 1%
+ヤフープレミアム分 +4%
+ワイモバ契約特典 +5%
+対象者限定ポイント +1%
+YJカード支払い +2%


これで合計13%となり、期間限定ポイントまですべて考慮してしまえばZenFone3 Maxが新品で実質13,917円(還元分は申し込みIDのキャンペーンエントリー条件によって異なります)で買えるということになります。通常の定価から比べれば約3割引です。

搭載されるMediaTek MT6737Mの処理能力は低めなのでハイスペック機種のようにスマホをハードに使う人には物足りないと思いますが、電池の持ちの良さを活かせる使い方(受話専用・ハンディーナビ代わり・サブスマホ)を前提にするなら、このくらいのお値段なら買い増しやすいですね。
d0262326_18072095.jpg
NTTコムストアでスマホを買うとOCNのパッケージが付いてきますが、これは回線契約は任意なので端末だけ欲しい人でも大丈夫です。OCNの回線契約もしたいのなら、購入時に音声SIM/SMS付き/データのみの申し込みパッケージ種別を選べますので、欲しいものを手に入れましょう。


by ke-onblog | 2017-03-16 20:44 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ファーウェイの最新スマホ nova liteを安売りしていることで大注目を浴びているgoo SimSeller。私は運良く初回販売分を入手してこのブログでもレビューをお伝えしてきましたが、本日3月13日10時より再び予約が再開されます。

定価19,800円という価格自体がすでに安いのに、そこからさらに回線契約が必須ではないOCNモバイルONEの申し込みパッケージ(データ・音声各種あり)までセットになって5,000円引き → 14,800円(税別)で買えてしまう超特価品ゆえ、今回も早期注文打ち切りが予想されます。欲しい方は販売開始直後にアクセス出来るように待機しておきましょう。

10時から買えるようになるのはホワイトとブラックのみ?のようです。ゴールドは現時点では入荷未定、白黒も出荷は3月下旬予定とされています。

☆「goo SimSeller Huawei nova lite発売記念キャンペーン」/クーポン利用で14,800円

なお、残念ながら5000円引きを適用するためのクーポン発行はすでに終わってしまっているため、クーポンコードを使わない場合は定価のまま19,800円でしか買えませんので気を付けてください。ハイスペック・高額モデルとはやはり比べられないものの、2万円でも十分その価値はあるとは思いますけども^^;

クーポンを持っていない人は、Yahoo版でTポイント還元を狙いましょう。還元率はひとそれぞれですが、私のIDだと2353ポイントが付き、実質15,791円で買えると表示されています(12日~14日は+10倍の買い回りキャンペーンもやってます)。

☆「Yahooショッピング goo SimSeller SIMフリースマホHUAWEI nova lite+選べるOCNモバイルONEセット

クーポンの使い方はすでに取得している人はチェック済みだと思いますけれど、購入時に表示される備考欄にクーポンコードを書き込む必要があります。商品ページでは「カラーとSIMパッケージの種類」を選び、端末サポートの加入有無を選ぶ必要があります。迷っている間に売り切れる可能性もあるので、予めどれを買うか決めておきましょう。
d0262326_01305751.jpg
gooの「端末サポート」はドコモやauの「端末購入サポート」とは違います。ただの有料保証サービス(スマホの場合月額430円)なので、必要だと思うのなら加入すれば良いです。私は入りませんでした。

買い物かごに入れた後は、発送・支払い情報を各種入力して、最後にクーポンコードを使います。
d0262326_01114376.jpg
コード以外のコメントは書かなくても適用されます。パソコン・スマホからアクセスする前に送られてきたメール(gooポイント事務局より届いているはず)のコードをコピーして待機しておけば良いでしょう。

注文確定時にはクーポン適用前の19,800円のまま表示されていますが、そのまま購入すれば後日に価格が修正された注文確認メールが届きますので心配しなくてOKです。

DSDSが出来るnovaの方はまだクーポンが出せます。

☆「goo SimSeller Huawei nova 発売記念キャンペーン

nova liteは2万円とは思えない出来の良さです。指紋認証の精度・速度は素晴らしいですし、カメラのインターフェイスもよく出来ています。最初からAndroid7.0なのでマルチディスプレイも使えますし、Kirin655のCPUはハイスペックとは言えないながら、大抵のゲームアプリは動きます。

防水やおサイフケータイ、DSDSなどにはさすがにこのお値段では対応させるのは無理だとしても、スマホ初心者・サブスマホには十分なモデルだと思いますので、クーポンは取得したけどまだ買えていないという人は10時の予約再開でゲットしてみましょう。



by ke-onblog | 2017-03-13 01:36 | キャンペーン情報 | Comments(7)
ひとことで「改悪」と言ってしまう事はできないながら、ワイモバイル回線の契約状態によっては今のうちにソフトバンク光・ソフトバンクエアーを申し込みしておいたほうが良いかもしれません。
d0262326_04334032.jpg
2017年3月時点でもソフトバンクが提供しているネット回線である「ソフトバンク光」および「ソフトバンクエアー」および光BBシティと、ワイモバのスマホ回線(S/M/L)を利用していると「光おトク割」が使えます。

詳しくは過去記事にて解説しましたが、光おトク割を使うと毎月最大3,800円(ソフトバンクエアー利用時)をワイモバの料金から割引適用が可能です。この割引の特徴は「最大割引達成条件としてセットにするワイモバ回線に大容量プランが必須ではない」ことでした。
この光おトク割が4月10日を以て終了してしまい、新たに「スマホプラン容量に応じた割引」に変わってしまいます。

ちょっと割引の名称がゴチャゴチャしますが、、、

ソフトバンク回線とのセット割 → おうち割 光セット
ワイモバイル回線とのセット割(現行)→ 光おトク割
ワイモバイル回線とのセット割(4月11日以降)→ 光セット割


こうなっているはずです。

d0262326_04334000.png
新しい「光セット割」では、上記のイラストのように1回線あたりの割引額は500円~1000円に変わり、最大10回線まで紐付けられるようになりました。

現行の「光おトク割」ではソフトバンクエアーとのセットは「スマホプランS×3回線=3,800円割引」→ 4月11日以降の適用は3回線でも1,500円に大幅減額してしまいます。。。

光おトク割では4回線・5回線とたくさんのワイモバ契約を持っていても割引の上限は3800円で頭打ちとなっているため、大容量プランを複数契約している家族であれば、新割引方式の方が割引額が上がる可能性もあります。

ワイモバイルを契約するユーザーは一般的に節約目的で小さめの容量プランに加入する傾向にあるのではないかと私は思っていたのですが・・・例えばスマホプランM(データ3GB)では、家族で5回線持っていても新割引では3500円になり、現状のおトク割よりも条件は悪化しますね。

また、インターネット回線の契約も3月いっぱいで大還元キャンペーンが終わってしまう可能性が高いです。

現在やっている施策だとソフトバンクエアーではソフトバンク経由での申し込みなら、エアーターミナルの分割購入+25歳以下の利用者登録をしておけばもれなくキャッシュバックが2万円・抽選で総額100万円還元というキャンペーンもあります。

☆「SoftBank Air(ソフトバンクのキャンペーン)

Yahoo BB経由では99%オフで商品が買える優待セール、または28000円相当のTポイントが貰えるキャンペーン(条件を満たせばもれなく付与)をやっています。

☆「SoftBank Air(Yahoo!BBのキャンペーン)

*ソフトバンク・YahooBBのどちらで申し込みをしても回線は全く同じです。YahooBBは代理店としてキャンペーンを出しているので、両方の施策は併用出来ません。

特にYahoo経由のTポイント還元はオイシイです。開通の翌月末までに2.8万Tポイントが貰えるので、引越し後に欲しくなった家具家電などをTポイントで買い増すのにちょうどいいくらいのタイミングでしょう。この還元は近日では最大クラスです。

ワイモバイルをSプランで3回線程度運用しているのなら、3月中にソフトバンクエアー・光を申し込んで早くセット割を申し込みしたほうが良いでしょう。先程も書いたように、Sプラン3回線運用+SB Airの場合では割引額が半減する大改悪です。

Sプランを2回線の場合は、現行でも新割引でも合計1000円(500円×2)なので変わりません。

Mプランを6回線以上、またはLプランを4回線以上といった大容量でワイモバイルを契約しているのなら新割引の「光セット割」を使ったほうが安くなりえるので、運用状況を良く考えてどちらの割引を使うのが節約になるのか選択しましょう。

4月10日までに現行の光おトク割を申し込んでおけばそのまま新割引スタート後も同じ割引条件を継続可能です(光おトク割の申し込みはワイモバ回線・ソフトバンクエアー回線開通後にワイモバショップ・My Ymobileから手続き出来ます)。

ちなみに、ADSL回線の「ホワイトBB」はソフトバンク回線とのセット割には使えますが、ワイモバイルとの現おトク割にも新セット割にも使えないはずので混同しないように気を付けてください。

ソフトバンクエアーの申し込み手順・利用方法については以下の記事を参照ください。

☆「 [実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ


by ke-onblog | 2017-03-10 18:05 | キャンペーン情報 | Comments(2)
ドコモのスマホデビュー者向け優遇キャンペーン「はじめてスマホ割」について、タイトルの通り「ケータイからのMNP」でもiPhone・スマートフォンの下取りが出来ることが確認できましたので、一応内容を紹介しておきます。

ドコモのはじめてスマホ割に関する全般的なことは過去の日記を参照してください。
上記の記事にも書いたとおり、ドコモ・ソフトバンク・auの3社ともに「他社ケータイ」からのスマホデビューに対する何かしらのキャンペーンはやっているのですが、ドコモのはじめてスマホ割だけは機種購入時の月々サポートが併用可能です。すぐに他社も追随する(SBの場合は専用の割引機種を用意しているので、それで終わりの可能性も)と思っていましたが、今のところ動きはありませんね。

MNP用の月サポが大きなiPhone7/iPhone7 Plusと、はじめてスマホ割(毎月1520円 or 850円割引×2年)を併用すると、それだけで最大10万円を超える値引き(月サポ・はじめてスマホ割は契約プランによって値引き額が異なる)になります。

そこからさらに安くiPhoneを買うために併用できるキャンペーンとして、家族まとめて割・オンラインショップならiPhone7(128GB以上)にも使えるシークレットクーポンもあります。
d0262326_17572791.jpg
私のサイトで扱っているシークレットクーポンは新規・MNPにしか使えないということでドコモから提供を受けていましたので、機種変更にしか使えない「はじめてスマホ割」とは相性が悪かったのですが・・・3月3日からは「他社ケータイからのMNP」に限り「はじめてスマホ割+クーポン+MNP用月サポ」という合わせ技が出来るようになりました。

ケータイMNPによるはじめてスマホ割が始まった直後は下取りプログラムについての併用条件が未確認だったので上記の図には入れていないのですが、現時点でケータイからのMNP時で「はじめてスマホ割を使っても、下取りプログラムに関する特別な制限は無い」との確認が取れました。

もともと「はじめてスマホ割を使った時にはケータイ機種しか買取をしない」なんて書いてなかったので、当然といえば当然の結果ながら、「”はじめて”スマホ」なのにスマホを持っている(しかも中古)ってどういうことよ?という気はしますよね(笑)

機種変でドコモで使っていた機種を下取りをする場合には「購入歴がある機種」に制限されますが、新規契約(MNPを含む)時には、下取りプログラムの規定にある条件を満たし、買取対象に入っているものであればどの端末を下取りは可能です。他社でどの機種を直前に使っていたかは、下取りプログラムにもはじめてスマホ割にも関係ありません

ドコモの下取りでは「他社ケータイ一律いくら~」というのをやってない(機種購入と同時なら100dポとの引き換えのみ)ので、下取りがおトクな機種とそうでも無い機種がある点には注意しましょう。

☆「ドコモ 下取りプログラム
d0262326_18094145.jpg
月サポや端末購入サポート、下取りプログラム・はじめてスマホ割など各種割引を使うためにもちろんそれぞれの適用条件を満たす必要はありますが、他社ケータイからの乗り換えでも下取りプログラムまで含めたほとんどのキャンペーンが併用可能であるということですね~

割引額の総額が他社に比べてかなり大きくなるため、あるいは何かしらの制限が付くのかと思っていましたが、今のところは大丈夫みたいです(あくまで現時点では、ということで。店舗独自の判断で受け付けないところや、条件が変更になる可能性もゼロではないので気をつけてください)。

☆「ドコモオンラインショップ 実施中のキャンペーン一覧

はじめてスマホ割は2年間の継続割引タイプなので回線を完走させることが大前提となりますが、すでにシェアグループを持っているのなら、他社ケータイからのはじめてスマホ割適用回線を追加して格安維持をするのもありかもしれません。その際には安く仕入れられる下取り用端末を用意し、下取りプログラムでの節約も忘れずにやっておきましょう。

まだ下取り用端末を持っていない場合は過去記事で紹介したような機種の在庫を探してみましょう。リスクゼロというわけではない(下取りに使えないジャンクを買ってしまった場合など)ながら、白ロム購入に慣れているのなら簡単な節約術です。上手くやれば下取りプログラム分だけで実質5000円~1万円近い節約になるはずです。


by ke-onblog | 2017-03-09 18:31 | キャンペーン情報 | Comments(1)
g01は100台でもほんの数十秒で売り切れてしまったので今回も競争率はヤバそうですが・・・

この後3月6日19時より、goo SimSellerの楽天市場店にて日替わりセール品のMotolora Moto G4 Plus 32GBモデルが20台限定、19,800円(税別)で販売されます。

☆「goo SimSeller楽天市場店 Moto G4 Plus + OCNモバイルONE音声対応SIMセット」/税込み 21,384円

間違いなく一瞬で売り切れるでしょうけど・・・一応私もチャンレンジはしてみようかと思います。

Moto G4 Plusは昨年夏頃に日本で販売された、Dual SIM, Dual Standby機種として最初期に投入された機種のはずです。ZenFone3より先に日本では出ていたはずなので。

発売当時の定価は4万円ほど、公式価格も今は少し値下げされており、一般市場価格は3万円前後に下がってきています。さらに最近も続いているヤマダウェブコムの土日タイムセールでは24,800円(税別)で何度も売り出されています。
ヤマダの24800円セールでも毎回瞬殺されているほどでしたので、さらに5000円も安い今回の数量限定セールの競争率は推して知るべし。

ただ、これが転売が出来るほどに高い価値があるかというとそうでもないです。オークションでの新品出品数は少ないので相場はちょっとわかりづらいですが、買取店の査定は18-22kくらいのところが多いようです。

Moto G4 Plusのスペックは低いというほどではないものの、DSDS機種の中では比較的安価なモデルとして出されていますので、、、
d0262326_17441123.png
DSDS機種のスペック比較のフルバージョンは以下のページにまとめてあります。

☆「DSDSが出来る国内SIMフリースマートフォン比較 スペックデータまとめ

スナドラ617なので、docomoのMONO MO-01Jやau AQUOS U SHV35, P9 lite Premiumと同じです。Antutu Benchmarkだと5万点に届かないくらいのはず。

Moto G4 Plusの利点はmicro SDカードのスロットがデュアルSIMのスロットとは別にありますので、2枚のSIM+SDカードの同時利用が可能な点は珍しいです。Moto Z Playも別スロットを持っていますが、他の機種はほとんどがSIMとSDカードは排他利用です。通話・ウェブ閲覧がメインでDSDSが必要かつ、スマホにたくさんのデータを保存出来る低価格機種がほしいのなら便利だと思います。

DSDSが出来て安ければなんでも良いというのなら、同じくgoo SimSellerが楽天ポイント10倍還元をやっているg07もあります。売り切れるほどのお得感ではないので、こちらは9日までいつでも買えそうです。

☆「goo SimSelller楽天市場店 g07 OCNモバイルONEパッケージ付き


by ke-onblog | 2017-03-06 18:01 | キャンペーン情報 | Comments(0)
新しいスマホ代の節約術は「ケータイを準備すること」になるのでしょうか。

先週末から適用範囲が拡大されたドコモの「はじめてスマホ割」。3月に入ってから急に登場したのでどのような仕組み・割引対象になるのか気になっていた人も多いかと思います。

細かい話はモバイルびよりのページにも書いたのですが、公式サイトの表記を見ても大雑把なことしか記載されていないために「どこまでが「ケータイからのMNP」だと判断されるのか」というところがよく判りませんでしたので、ドコモショップで聞いてきました。

公式サイトの表現では、通常の機種変更で適用されるはじめてスマホ割と基本的には加入するプランは同じで、「MNP予定の電話番号をケータイで使っていること」を示す必要があると書かれていますね。

☆公式ページ:「ドコモ はじめてスマホ割 キャンペーン詳細
他社契約でご利用中のケータイを用意し、のりかえ(MNP)を行う自分の電話番号を画面に表示させ、デジタルカメラ等でケータイ全体の写真を撮影
例えば、こんな感じで撮ればOKなのでしょう。
d0262326_04550410.jpg
これはかつてプリペイド携帯としても販売されていた740SCです。ちゃんと3G回線を使っている標準SIMを試しにさしてありますので、「メニューボタン■ → 0」を押すと、このように自分の電話番号が表示されます。大半の携帯電話機種は「メニュー→0」で同じように自分の番号が出るはずです。

通常状態では740SCはキャリアのSIMロックが掛かっていますので、ソフトバンク携帯用以外のSIMは認識しません。4G/スマホ用のSIMも弾かれます。
d0262326_05011217.jpg
認識しないSIMを挿すと、上記のエラーが出て一切操作が出来ないので、「MNP予定の番号を表示する」ことが出来ず、当然MNPのはじめてスマホ割は適用できないでしょう。

公式サイトにシンプルな条件しか書いていないのですが、それは逆を言えば「条件に当てはまっていればすべてOK」と捉えて良いようです。

私が得た回答では、はじめてスマホ割の他社ケータイの定義は「音声通話機能がある携帯電話機種すべて」だそうです。それ以外の決まりはなく、あとはそれを判断するショップ・受付センターのさじ加減なのでしょう。

なので、ソフトバンクのプリモバはもちろん、PHSもOK。SIMフリー携帯機種も、4GケータイもOKだそうです。プリペイド回線でもMVNO回線でも、プラン・通信の種類は関係なくドコモにMNPが可能な回線であり「ドコモがケータイであると判断するかどうか」が基準なのだそうですよ。

ただし、その基準が一定かどうかは知りません。「スマホのように見える3Gケータイ」や「ケータイのように見えるスマホ機種」の場合はどういう判断をするのかは、やってみないと判らないです。フリーテルのMUSASHIとか、微妙ですよね(笑)

旧来の3Gスマホは「ケータイ」ではないためNGだということだけは確認してきました。一般的な感覚で「スマホっぽい機種」はダメだと思ったほうが良いでしょう。「この機能があればスマートフォンである」という定義はたぶん無いですよね。先程も書いたとおり、どの回線を使っているかは関係なく「ケータイ機種である」ことがポイントです。

オンラインショップの場合、「他社ケータイからのMNPではじめてスマホ割を適用出来るかどうか」は通知されない旨が書かれていますので、判断が微妙な機種を使うことはオススメしません。割引が適用されなくても、申し込み自体は完了してしまうでしょうから。

ちなみに、今PHSはワイモバイル(旧ウィルコム)で取扱がありますが、PHSも2014年10月からMNPが出来るようになったので、電話番号が表示できる機種を持っていれば対象になります。
d0262326_05191466.png
ワイモバで通常販売されているPHSはHeart 401ABくらいですが・・・Heartでも電話番号表示は出来るみたいなので、たぶんOKでしょう。
d0262326_05192519.jpg
取説を見ると「自電話番号を表示する」という項目があります。

月額1520円、または850円の割引はかなり大きいので、上手くはじめてスマホ割を活用出来れば大きな節約になります。この先ずっと同じ条件で継続するかどうかは判りませんが、カケホライトプランでも毎月850円(税別)×最大2年分=2万円以上の節約が可能なので、それ以下のコストで携帯回線を用意できるのなら、やっておくべきでしょう。ソフトバンクのプリモバなら将来の転出手数料まで含めて約1万円で用意できます。

☆「ソフトバンクプリペイド携帯 301Z

プリモバ回線は即撃ちすると違約金だけで2万円・転出手数料も割増されているので、1年(12ヶ月の月跨ぎ)はしっかりと待つべきです。

あとはau系MVNO弾で即撃ちする場合はSIMロックを解除したVoLTEケータイを準備すれば(私の認識の範囲では)電話番号さえ表示出来ればいけるはず。VoLTEではないSHF31の場合はSIMロック解除をしなくても使えるという話ですが・・・違約金上等でmineoの通常LTE SIMを発行して撃つことも出来るかもですね。mineoの音声短期解約は1万円以上の「転出手数料」が掛かりますが、はじめてスマホ割の割引総額よりは安く上がるはず(MVNOのBLは聞いたことが無いですが、何度も繰り返すとどうなるのか判りません)。

以上、私が聞いてきたドコモはじめてスマホ割の他社ケータイからの乗り換え時適用条件でした。私の誤解・ショップ・サポートの誤案内、対応は一律ではない・条件変更の可能性もあるので、微妙な端末を使っている場合は各自で最新情報を確認してください。

☆「ドコモ はじめてスマホ割詳細ページ

オンラインショップの申込方法は上記ぺージにも書いてありますが、この記事の一番上の写真のように「電話番号が表示されたケータイ全体の画像」を本人確認書類と一緒にアップロードするだけ。それ以外の申し込みの流れは普通のMNP時と同じです。


by ke-onblog | 2017-03-06 06:07 | キャンペーン情報 | Comments(18)
在庫数が少ないながら、かなり割安にiPhone7の白ロムが買えそうです。

今、Yahooショッピングではヤフープレミアム会員限定でTポイントのポイントがアップするストアキャンペーン(3月6日12時前まで)というのをやっており、さまざまな条件を満たすと最大で39%相当のTポイント還元が受けられるという特大割引が実施されています。

dポイントが貰える春のスーパーチャンスCPではノジマのオンラインショップも対象になっているのでそちらでも白ロムを仕入れることが出来るかもですが、ヤフショの対象ストアに携帯買い取りショップ・アワーズの白ロム販売サイト「アワーズ スマホ生活ヤフー店」が20倍超えのショップに入っており、未使用品のiPhoneなど各種商品が実質価格ながら安くなっています。

例えば, auのiPhone7。

☆「スマホ生活 au iPhone7 32GBシルバー 未使用品」/65,980円(税込)

他にローズ・ゴールドも同価格です。

新品商品の場合は型番が書かれていないので購入日は不明なのですが、赤ロム保証ありでこのお値段。ヤフオク相場が60,000円~62,000円くらいなので、販売価格自体はちょっぴり高いのですが、Tポイントの還元上乗せを最大まで達成するとすごいことに。
d0262326_15112054.png
私の場合は最大32倍、合計で19,498円相当のTポイントが貰える(→3月5日の5の付く日で、アプリ経由で買うとさらに+4%の合計36倍の22,134ポイントで表示されています)と表示されています(期間・用途限定含む)。

内訳は画像のとおりですが、

・通常ポイント 11%
 +YJカード特典:2%
 +ヤフープレミアム特典:4%
 +ワイモバ特典:5%
 +ヤフプレ掲載ストア特典:10%

これで合計32倍です(→5日の付く日なら最大36倍)。ヤフープレミアム限定掲載ストアアップ分は上限5000TPまでなのでちょっと超えてしまっていますが、ソフトバンク版の7 32GBモデルは69980円とちょっと高いので、将来SIMロック解除も有料ながら可能なau版の方がオススメです。

最大ポイントに達するには上記のような条件を満たす必要があり、かつポイント還元を考えればほとんどの商品はお買い得度が高そうには見えますが、価格自体はそれほど安くもない機種もありますので、よく販売価格と価格相場をチェックして購入機種を選ぶようにしましょう。

ノジマと違い、ここの在庫は中古品の場合実物写真を掲載している商品も多いですね。この3月はdポイントだけでなく、Tポイントもガッツリ貯められそうです(ほとんどが期間限定なので使い道は要事前検討ですけど)。有料会員・クレカ払いまで含んでの最大還元なので複垢は無理かもですが、5~6万円くらいで買えそうな比較的新しい白ロムを1台購入したいなら検討の余地がありそうです。

ヤフプレの対象ストアキャンペーンはエントリーも必要なので、各自よく条件を確認してください。

☆「Yahoo!プレミアム


by ke-onblog | 2017-03-05 00:14 | キャンペーン情報 | Comments(0)
今日から楽天スーパーセールおよびそれに付随する楽天モバイルの狙い目機種のお話を書こうと思っていたのですけれど、Huawei nova lite関連でセールを探していたところ、面白いセールが出てました。

私が先日nova liteを買ったのはNTTレゾナントが運営する「goo SimSeller」の公式サイトでしたが、スーパーセールに合わせて楽天版のgoo SimSellerサイトでも日替わりタイムセールをやるそうです。その中で、今日一発目に登場するのはなんと1000円で買えるSIMフリースマホの投げ売りです。
d0262326_12441677.png
まだこんな在庫があったのですねぇ。goo SimSllerのオリジナルモデルとして販売された初代機種、g01(グーマルイチ)。今日の夜7時から、1000円(税別)で販売されます。

☆「goo SimSeller楽天市場店 gooのスマホ g01+OCN SIMパッケージ」/3月4日19時スタート:100台限定

goo SimSellerはNTT系列なのでOCNモバイルONEのSIMパッケージは相変わらずばらまいていますけれど、これはただのパッケージセット販売品なので、契約は任意です(【らくらくセット】として販売されているものは契約必須なことがあるので、他の商品・サイトで購入する場合は違いに気を付けてください)。

ZTE Blade L3 g01は確かもともと1万円で販売されており、今となっては超低スペックな玩具にしかなりませんけれど、1000円なら面白いですね~

g01のスペックは3G専用(LTEには対応しません)、5インチ(ワイドVGA)、CPUにMediaTek MT6582M、RAM1GB/ ROM 8GB
バッテリー容量 1850mAh。本当に最低限のスペックですけれど、通話やメールくらいなら出来るのではないでしょうか。

期間限定の楽天ポイントもあるし、私も買えたら買ってみようかなと思います。クチコミや評価ではディスプレイ・タッチがショボイ、不具合も多いみたいですけど、1000円ならそれもネタとして楽しめるでしょう(´∀`)

楽天モバイルでは同じくZTEのBlade E01が音声契約なら19時から1円で買えるようになります。楽天市場店の販売品は事務手数料・税込み価格なので普段よりも他の機種もお得度が高くなっているようです。

☆「楽天モバイル

楽天スーパーセールの数量限定特価品は人間では買えないくらい一瞬で完売してしまいますが、100台在庫があればきっと買えるでしょう。g01をまともに使いたい人なんてそうそういないでしょうし(笑) でもSB/ドコモ系SIMで受話専用スマホとかになら使えそうです。


by ke-onblog | 2017-03-04 13:10 | キャンペーン情報 | Comments(0)
今日の10時から追加されたドコモの旧モデルセール、やっぱりiPad、iPhoneが最初に終わりました。
d0262326_16553017.png
今朝はゴールドとシルバーの64GBモデルが新規・機種変一括1,080円という驚きの価格・・・というより、どこから在庫が出てきたんだよ的な驚きがあったものの、即日完売と相成りました。

今回の販売品は在庫限りの入荷であり、初期不良があった場合には交換ではなく注文キャンセル・返金対応となるような保守品すら無いような文字通りの「売りつくし」セールでしたので、在庫追加の見込みはありません。

再入荷があるとすれば、特価BLによる販売不可によるオーダーキャンセル品が戻るくらいでしょうか(笑)

本日追加されたドコモの旧モデルセール品では他にもiPhone6 64GBもありましたが、こちらも売り切れているのですね~。一括1.5万円とは言え6もまだそんなに人気があるとは・・・こちらはちょっと私の想像以上でした。やっぱり新品のiPhoneが欲しいという人はまだまだ居るのですね。

現在買えるのはXperiaのタブレット SO-03Eと スマホ A SO-04E。どちらも一括1,080円です。

☆「ドコモ Xperia A SO-04E

☆「ドコモ Xperia Tablet Z SO-03E

10インチの防水タブレットを機種変更で手に入れたいというのなら・・・まだSO-03Eのスペックなら使えなくはないでしょうか。。。中古品ならそれなりに安く手に入れられるかもしれませんが、完全な新品在庫となると探すのはもう難しいので。

同じ10インチならdtab d-01Hも一括0円ですし、d-02Hは2年使えば実質マイナス2万円以下になるので、やっぱりiPad mini3に比べると市場価値的な意味合いではXperia Tablet Zの魅力は一歩届かないです。Xperiaタブレット自体に魅力を見いだせる人以外は、タブレットの買い替えならdtabでも大差は無さそうです。

一方のXperia Aは・・・まだこの価格でも無いですね(´∀`;) 確かすでにこの機種は以前から端末購入サポートとして3,240円になっていたはずですが、この機種を買うくらいならもっと他に機種変更で選択肢はあるでしょう。Nexus5Xの機種変更も今日から一括648円になってますし、低価格な機種でないと買いたくないという人でも、まだそちらのほうがスペックが高くて快適度はマシかと思います。

☆「ドコモ Nexus5X

Nexus5xは在庫処分セールではなく通常販売がまだ続いている機種なので、一時的に在庫切れでも予約購入も出来ます。

個人的にはもう少しお金を出せるのであれば機種変更向けにお得になっているXperia X Compact SO-02J(一括1.5万円)や、ハイスペック機種が欲しいのなら今日から端末購入サポート入りしたGalaxy S7 edge SC-02H(3.1万円)・AQUOS ZETA SH-04H(2万円)やら、2~3万円ほど予算を増やせば2016年のハイエンド機種へ機種変更が出来るため、そちらをオススメします。

☆「ドコモオンラインショップ お買い得機種特集

今日から始まっているドコモサービス・提携・加盟店でのdポイント還元率がアップする「春のスーパーチャンス」ではこのドコモオンラインショップ販売品も対象になっているため、ポイントアップ分を加味してお得度を考えるのが良いでしょう。

オンラインショップ購入者特典は関連サービスの利用で「+2%」になりますので、1万円使えば200円相当・10万円使うなら2000円相当がポイントで還ってきます(ポイントは期間・用途限定)。

額が小さい間は大したメリットではありませんが、今回のキャンペーンはポイント付与の上限は特にないものばかりみたいなので春のスーパァ〜 チャンスCP対象店舗で大きな買い物をする予定があるのなら、それなりの節約効果が期待できますね。

iPad mini3が終わってしまうとお祭り感は一気に終了してしまいましたので、あとは普通にSO-02JとかSC-02Hなどの高スペック機種で使いたいスマホを手に入れておくのが良さそうです。春のキャンペーンでは「dポイントで支払った分」に対しては一部ポイント還元対象外になっているので、ドコモオンラインショップでdポイントの消費をするのもありでしょう。


by ke-onblog | 2017-03-01 17:36 | キャンペーン情報 | Comments(3)
予告だけは事前に出ていた、3月からのdポイント関連キャンペーンの詳細が明らかになりましたね!2月のdケータイ払いプラスによるサンサンキャンペーン(および対象店舗でのセール)は大いに盛り上がりましたが、今月も条件次第では高還元率でのお買い物が可能になりそうです。
d0262326_01121632.jpg
今キャンペーンの条件をざっと眺めてきたのですが・・・もう何がなんだか(苦笑) いろんなキャンペーンの組み合わせで最大26倍のdポイントになることはキャンペーントップページのイラストから判るのですが、還元上限を目指す場合はサンサンキャンペーンのようにただの「買い回り」だけで達成できるものでは無いようです。

細かいキャンペーンの条件・ルールは公式サイトを確認して欲しいのですが、ざっと還元率の計算をチェックしてみましょう。

1. ポイントアップキャンペーン・・・対象サービスごとに異なる、ポイントのアップ (dマーケットで最大20倍)
2. 買い回りキャンペーン・・・対象サービス2つで「2倍」、3つ以上で「3倍」
3. 利用登録キャンペーン・・・dポイントカードの新規利用登録をした上で利用すると、3倍
4. ドコモオンラインショップキャンペーン・・・iPhoneを含む対象機種購入で 2倍
5. dカードキャンペーン・・・ ノーマル・ゴールド、id、Apple Pay利用でなんか色々 最大5倍
6. ギフトコ・・・500円以上の購入で最大20% dポイント還元

とりあえずこんなことが書いてあります(箇条書きの数字は私が勝手につけたものです)。最大の26倍とは、「1」や「6」のショップベース還元の20倍(通常の基礎1%含む)+「2」による買い回り +3倍、そしてdポイントカードの新規登録で+3倍の合計です。使った金額の全部が26%還元になるという意味ではないみたいですね。

dカード/dカードゴールドの新規契約特典も別途継続しています。dカードを使ったときのポイントアップ倍率も加盟店によって異なります。

☆「dカード 入会キャンペーン特典

そういえば今日からマクドナルドでもキャンペーンが始まっていて、dカードを提示で5%ポイント付与・id支払いで3%引き+2%貯まる=合計10%くらいの実質割引が効くようです。Apple Payでも100円で5ポイント還元の期間限定特典が3月末までありますね~

今回のキャンペーンでは提携ショップでの大還元よりも、ドコモオンラインショップが入っていることがちょっと面白いです。やっぱり年度末だから?
キャンペーン期間中にドコモオンラインショップで当社が別途指定する機種をご購入の方が、対象サービスでご購入いただいた場合、更にボーナスポイントとしてポイント倍率が2倍アップ
だそうです。アクセサリーやiTunesコードなどいくらでも買えるものは対象外ですが、iPhoneやiPad, Androidやガラケーも対象で、新規・MNPだけでなく機種変更もポイントアップ対象です。これは買い回りとは別?でポイントアップが出来るということですかね。別途エントリーが必要みたいなので、たぶん10時以降に更新されるのでしょう。購入金額次第で狙えるポイントアップ分を考慮すれば、オンラインで機種変更をしておくのもありかもしれません。iPhone7(32GB以外)/iPhone7 Plusの新規・MNPなら5,400円引きクーポンも併用出来るはずです(私のサイトでのクーポン配布はこちら→http://mvno.xsrv.jp/all-info/dcoupon-for-user/)。

☆「ドコモオンラインショップ

注意が必要なのは、上記で挙げた各キャンペーンでエントリー・情報登録・カードの提示などが必要・キャンペーンの対象外サービスよび商品がありますので、ポイントアップのための条件はよく確認しましょう。

☆「dポイントクラブ 春のスーパァ~チャンス

ひかりTVショッピングでは引き続き今月もdケータイ払いプラスで全品20%還元です。ケータイ払いプラスの最大20%分は、ショップによって10倍・3倍のお店もあるので注意してください(メルカリ・無印が3倍に落ちましたね・・・)。

☆「ひかりTVショッピング

あ、ノジマも20%還元になってますねぇ。土曜日ならこれで25倍?併用可能?ちょっとまだわかりません。

☆「nojima online(ノジマオンライン)

もうこれ以上ほしいものなんてない・・・と言うくらいまで2月中に購入された人もいるかもですが(笑)、一気に購入者が集中したせいで欲しいものが在庫切れだった・引っ越しのタイミングで2月では早かった・これから必要になったものがあったという方はdケータイ払いプラスでお買い物をすると3月もお得になりそうですね~

ひかりTVショッピング

by ke-onblog | 2017-03-01 01:36 | キャンペーン情報 | Comments(15)