白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:キャンペーン情報( 1771 )

以前にもお伝えしましたけれど、対象機種が増えましたので追加のお知らせです。
d0262326_12093687.jpg
当ブログの派生サイト「モバイルびより」ではドコモの公式ウェブショップで新規(MNPを含む)契約時に使えるシークレットクーポンを期間限定・数量限定で発行しています。

今シーズンのクーポンは以下の機種で5,400円引きとして利用できますので、他に使えるクーポンを持っていない方はぜひご利用くださいませ。
<対象機種> 2017年9月以降発売のiPhone(最小容量モデルを除く)、iPhone 7*/iPhone 7 Plus  *32GBモデルを除く F-04H、9.7インチiPad*、iPad mini4 128GB  *32GBモデルを除く
9月1日の配布時点では未確定だった「9月以降に発売されるiPhone」が追加されました。まだ新型iPhoneの価格すら発表されていませんが、おそらく定価はそこまで安くはないでしょう。

現時点では11月以降に発売されるiPhone Xへの適用は未定です(´Д`;) もしXが対象に追加されたらまたお知らせしますね(今のクーポンは10月31日までの利用期限がありますので、延長・別のクーポンが発行されることになるかもです)。

このクーポンは既存ユーザー等にDMで送付されている類のクーポン、あるいは「dカード GOLD」の年間利用特典による優待割引とは併用できませんが、誰でもすぐに入手・利用が可能です。

頭金が掛かるショップで新機種を定価購入するよりはおトク&ウェブ注文でも最短発売日入手が可能なので、iPhone8, iPhone8 Plus、あるいは値下げされたiPhone7シリーズの購入にどうぞ。

なお、iPhone8/8 Plusは事前予約をしてから購入すると10,000dポイントが当たるキャンペーンも追加されています。

☆「ドコモ 話題のスマホ購入キャンペーン

iPhone7の在庫もずいぶん減ってきているみたいなので、在庫があるうち・クーポンが使えるうちに買っておいたほうが良いのかもしれません。

新型iPhoneの予約に対するよくある質問ページも新設されていますので、ウェブ予約が初めてという方はチェックしてください。

☆「ドコモウェブ予約 iPhoneのご予約・ご購入に関するよくあるお問い合わせ


クーポン発行用IDは一般非公開となっています。クーポンはサイトの読者登録をして頂いた人だけが見られるシステムにしてありますので、詳しいクーポン取得方法は以下のページを参照下さい。メアドを登録していただく必要はありますが、テキトーにメアドを新しく作って登録していただければOKです。LINEやツイッターでのフォローや連絡といったお手間は取らせません。

☆「モバイルびより-ドコモ 話題のスマホ用シークレットクーポン取得手順・利用方法

ドコモの予約開始日は9月15日16時1分で確定、ウェブの事前手続きは20日午前10時からです。予約はもちろんですが、この事前購入手続きを行った順番にiPhoneが配送されますので、在庫確保連絡が来たらすぐに手続きをしておくことを推奨します。





by ke-onblog | 2017-09-13 12:18 | キャンペーン情報 | Comments(4)
楽天スーパーセールも終わりが近づいてきました。楽天モバイル楽天市場店でのセールも連日盛況でしたが、最後のタイムセールがこのあと日付変更後の7日0時から始まります。
d0262326_19173809.jpg
一昨日・昨日に続きHuaweiのSIMフリースマートフォンより、5.9サイズのファブレット Mate9が64,194円→ 52%OFFの30,400円に割引されて販売されます。

☆「楽天モバイル楽天市場店 Mate9(組み合わせプラン)」/ 30,400円(税別)

販売台数は3色合計で550台となっており、競争率はP10,P10 Plusよりかなり低そうではありますが・・・楽天セールでの半額スマホは知名度・人気ともに高くなっているみたいで、また早い時間で売り切れてしまう展開もありそうです。

Mate9の性能としては、CPU Kirin 960を搭載、ダブルカメラレンズ、RAM 4GB/ROM 64GB、DSDS対応というスペックはP10/P10 Plusともよく似たものです。
d0262326_19261783.png
Mate9は2016年12月頃に発売されモデルですが、今でもスペック的にはSIMフリースマートフォンの中ではトップランクであり、P10 Plusよりさらに一回り大きく、電池容量も大きなところが特徴的です。

今回のセールでP10、P10+は初めて楽天の半額セールに登場したため話題性も高かったと思いますが、Mate9は過去の半額セールでも何度か登場しています。

以下の記事は2017年6月時点のセール時の情報。

こちらが2017年3月時のセール情報。

2017年3月9日に、今回と同じく0時から30,400円で販売された時には500台が30秒で売り切れていました。

一方、2017年6月17日22時から34,664円で販売された時には1,100台が15分程度で完売しています。

そして今回は30,400円で550台ですから・・・5分~10分程度くらいなら保ちそうな気がする一方で、最近の楽天セールの人気っぷりを見るとP10/P10 Plusを買い逃した方が殺到すると短時間で売り切れてしまうこともありえるかもしれませんね。

Mate9の市場価格相場としては、新品未使用品で47,000円(ヤフオク)~52,000円前後(一般通販)です。同じく楽天市場なら、ポイント還元考慮で4万円台での購入が普通に可能です。

☆「NTT-Xストア楽天市場店 Mate9」52,800円

9月7日2時までストアポイントが5倍になっているので、買い回り・ポイントアップ条件を満たせば最大20倍=10560ポイント還元→ 実質42,240円くらいで買えるはずです。

また、2017年7月に実施されたアマゾンのプライムデーセールでは41,990円で売られていたこともあります。今思えばあれも相当な格安でしたが、今回の楽天セールもこれに(即解約した場合のコスト比で)匹敵するということですね。

買取相場もP10/P10+に比べれば安く、P10に44,000円の査定を出している「携帯・スマートフォン買取のダイワン」でも、Mate9は35,500円です(9月6日時点)。

今回のMate9セールは音声SIM契約必須となりますので、普通に音声回線がほしい人・端末が使いたい人にとっては十分おトクなレベルには達しているものの、やはりP10/P10+ほどのお得感があるとは言いづらいでしょう。

Mate9の機種としての評価は上々みたいですので、需要は決して低くはないと予想しています。他のセールのように瞬殺は無いかな?と予想しますが、油断していると買えない可能性も十分です。

【後記】今回の売れ行きは以下の通りでした。

10秒:266/184/27
20秒:83/89/0
50秒:完売

・・・もう楽天モバイルの半額セールは「事前に準備・落ち着いて買えば買える」時代は終わったようです。


特に在庫が少ないブラックはすぐに売り切れてしまうかもしれませんので、セールが始まったら即購入手続きに入ったほうが良いでしょう。夜遅い時間ですので、楽天セール最後の半額端末を狙う方は寝落ちに注意して下さい。


by ke-onblog | 2017-09-06 22:30 | キャンペーン情報 | Comments(8)
つい先程楽天モバイル楽天市場店では上位モデルのHuawei P10が半額で販売されて盛りあがりましたが、今度はエントリーモデルのP10 liteのセール情報です。こちらも売り切れがありそうなので、購入のタイミングには気をつけて下さい。
d0262326_19414858.jpg
8月31日からNTTレゾナントの系列店goo SimSeller・NTTコムストアのヤフー店・楽天市場店で開催中の格安スマホ大特価セールにて値引きされているP10 liteが、この後セール期間中(8/31-9/12)唯一の5の付く日を迎えます。

通常価格23,800円→2000円引きの21,800円(税込23,544円)に割引されており、楽天市場店では先行して始まった買い回りキャンペーン狙いの人が多かったのか、すでに完売しています。

ヤフー店ではまだ在庫が残っていますが、5の付く日に入った途端に購入手続きをする人も多いと思いますので、在庫切れに注意して下さい。

☆「Yahooショッピング Huawei P10 lite(+OCN SIMパッケージ)」/税込23,544円

現時点ですでに人気のサファイアブルーは完売していますけれど、ヤフープレミアム・YJカード・ソフトバンク(ワイモバ)ユーザーであるなどの条件を満たすと、最大で16倍くらい(3,760ポイント相当)のTポイントが付く人もいるはずです。

Tポイント還元を含めれば実質1万円台に到達出来る可能性もあり、これはなかなかのお得感があると思います。

OCNのSIMは契約任意ですが、このセール品は1人1台しか購入できませんのでご注意下さい。

また、同様に大特価SALEとして、

・Huawei nova lite 17,064円(ヤフー、楽天ともに完売)
・gooのスマホ g07 14,364円(ヤフーに在庫あり)
・VAIO Phone A 19,224円 (ヤフー、楽天ともに在庫あり)
・ZenFone3(ZE520KL) 34,344円 (ヤフー、楽天ともに在庫あり)


などの商品もあります。nova liteは楽天の買い回りで買うことが出来ればお買い得でしたね。ZenFone3は先日の楽天モバイルのセールに比べれば1万円以上も高いですが・・・楽天モバイルセールで買いたりなかった人・買い回り達成用に何か買っておこうかなという人はこのあたりも狙ってみるのも良いでしょう。

☆「gooSimSeller 楽天市場店 格安スマホ特価セール


by ke-onblog | 2017-09-04 23:03 | キャンペーン情報 | Comments(9)
今季楽天市場スーパーセール、楽天モバイル半額スマホセットタイムセールの目玉商品がこの後22時30分から始まります。今回のセール品はとにかく競争率が高いので、狙っている人は販売開始時間前に買うかどうかしっかりと決断をしておきましょう。
d0262326_17511084.jpg
HuaweiのP10はスナドラ820クラスのハイスペックなCPU「Kirin960」を搭載、Leicaのデュアルレンズカメラを採用、そして従来のPシリーズとは異なりDual SIM, Dual Standbyに対応しています(詳しいスペック解説は省略しますので、公式サイトでも見てください:http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/tech-specs/p10-jp.htm)。

国内で販売されているSIMフリースマートフォンの一般価格帯が3~4万円であるのに対し、P10の定価は65,800円(税別)と高額なモデルでした。

これが今回楽天モバイルの事務手数料を込みにして、半額(52%OFF)で放出されます。

楽天モバイルスーパーセール P10(音声SIMセット)販売予定ページ」/32,900円(税込35,532円)

楽天市場店での販売ですので、もちろん購入価格に対してポイントも付きます。還元率は達成条件次第で異なりますが、買い回りも達成すれば15%くらいまではいけるでしょう。

このP10のスペックで3.5万円という価格が如何に安いのか、他社のキャンペーン・販売価格と比較してみてみましょう。

HuaweiのP10は国内でも複数のMVNOが扱っていますので、回線とセット契約前提ならある程度の割引がすでにあります。

☆「DMMモバイル」 → 1万円引き(既存ユーザーも適用可能)で55,800円(今はSIMカード手数料0円)

普通に回線契約もしたい・すでにDMMで回線を持っているのならこちらも実は結構おトク度は高い、DMMのキャンペーンが8月末から再開されています。データSIMでも契約OK、新規で契約するならSIM手数料も11月30日まで0円です。

☆「IIJmio」→セット契約5,000円アマギフ還元で52,800円(+音声契約なら月額300円×12回引き

こちらも結構悪くないのですけどね・・・音声SIMの300円1年間引きはmineoの900円×1年値引きが登場したおかげで霞みました(苦笑)

☆「BIGLOBE SIM/スマホ→音声3GB以上15,600円CBで49,200円

ビッグローブのP10はこの価格でも現在は売り切れています。

☆「エキサイトモバイル」→ 音声SIMセット10,100円~CBで44,700円

あとはmineoの59,400円、LINEモバイルは65,800円、イオンモバイルも65,800円です(すべて税別価格で統一しています)。

楽天も音声SIMセット契約が必須ですので上記の他社MVNO音声SIMセットもほぼ同様の条件(事務手数料はエントリーパッケージで無料化出来るところもあります)と言えますが、やはり他社SIMセットキャンペーンと比べても楽天セールの方が1万円以上安いです。

また、SIMセット以外でのセールでは国内アマゾンで60,876円。

ヤフーショッピングでは58,000円~くらいが相場。明日の5の付く日でポイントアップを考慮するのならある程度安くはなりますが、仮に20倍のポイントが付いたとしても5万円前後(そこまでいけば十分安いですけど)。

☆「Yahooショッピング P10本体

あとは・・・そうそう、ひかりTVでも取り扱いがありましたね。

☆「ひかりTV Huawei P10 icon」/ 60,405円(16060ポイント還元)→ 44,345円相当(P還元考慮)

今日はd曜日ではないのでポイントアップが少ないですが、金曜・土曜にdケータイ払いプラスを使うとして、dポイント5倍 3020ポイント+ひかりポイント6040ポイント+クーポン7,000ポイントくらいまでいけるはず。ポイント還元でも良いならSIM契約無しで到達出来る最安値レベルだと思います。

HuaweiのP10シリーズは海外でも販売されていますが、国内価格は海外に比べて比較的安く、輸入すれば安く買えるというものではありません。P10の並行輸入品は普通に6~7万円なので、国内保証の観点からもわざわざ輸入するメリットは小さいでしょう。

以上を踏まえて、単品で買える相場(5万台後半~6万円弱)・他社MVNOのキャンペーン考慮価格(4万円半ば~5万円台)に比べて、楽天モバイルの32,900円(契約事務手数料込み)は圧倒的に安いと言えるでしょう。

P10の取扱店を余さず見たわけではないですけど、たぶん今回の楽天セールより安く買えるチャンスはこれまで一度も無かったと思います。

ここでP10の維持費を考えてみると、1年分の音声回線維持費(13ヶ月めまで)は最安のベーシックプランで考慮すると、

・1,250円×12ヶ月(初月無料)×1.08=16,200円+ユニバーサル料金

契約を1年完走するとなると、購入費用と合わせて5万円強になります。端末だけが目当てで一切回線を使わず1年間放置するのなら、ポイント還元を含むとは言え4.4万円で買えるひかりTVショッピングとあまりお得度は変わらないかもしれません。

MNP弾として即撃やすぐに解約するのなら違約金は9,800円(税別)。端末代込みでおよそ4.6万円の総コスト(転出手数料別途)になります。

他社MVNOではキャンペーン価格でようやく4万円台半ばに達せられますので、他社MVNOを使いたい場合でも端末だけは楽天セールで買い即解約してもある程度まではおトクだと言えます(他社MVNOのSIM契約だけで得られる特典も併用出来ますし)。

では最後にP10の買取価格相場をいくつか。

・I社 40k
・S社 32k
・M社 40.5k
・J社 44k
・O社 40k
・L社 38k
・S社 32k

う~ん、高いところで44k前後でしょうか。「ダイワン」のオンライン買取も44kです。セールの有無にかかわらずあまり国内のSIMフリースマホを高値で買い取るショップは少ないですからね(iPhoneやXperiaのような海外需要がないから)

このあとのタイムセールで販売される台数は、

・グラファイトブラック 50台
・ダズリングブルー 30台
・プレステージゴールド 30台


の合計110台だけです。そうですね・・・やっぱり1分保たない可能性もあるでしょうか。旧モデルのP9からとても人気・評価の高い機種なので、普通に欲しい人はいっぱい居そうです。

購入したい方は22時30分スタートまでしっかりと精神統一をしてから臨みましょう。

楽天モバイルスーパーセール P10(音声SIMセット)販売予定ページ


by ke-onblog | 2017-09-04 19:09 | キャンペーン情報 | Comments(10)
いつの間にかXZではなく、XZsもこんなに安くなって・・・au版の安い高スペックXperiaスマホが欲しい人は検討して見る価値がありそうです。
d0262326_13511862.jpg
Xperia XZsはドコモではSO-03J、ソフトバンクでも同型モデルが販売されています。

2016年冬発売のXperia XZ SOV34の旧モデルからスペック的に変わっていない点も多いので一般的な買い替え対象としてはやや不人気なようですが、値段が安く買えるのであればカメラ関連とRAM容量が進化していますので、そこに魅力を感じるのなら価格差を考えて選択すれば良いと思います。

Xperia XZs SOV35のau公式価格は本体84,240円、毎月割は1,755円×24ヶ月で、実質負担はauパス増額分を含めても42,120円と結構なお値段になっています。auのスマホを定価で買うことなんてありえないことではありますが、白ロムの方が今は安いくらいです。

☆「ゲオモバイル 楽天市場店 Xperia XZs SOV35在庫

昨日も紹介した、ゲオモバイルの楽天市場店の還元を考慮すると状態の良い白ロムが3万円台前半で買えることになります。詳しい還元条件等は公式サイトか昨日の記事(ゲオモバイル・ガラケー生活で白ロムがポイント10倍 楽天買い回り含めて20倍超P還元)を参照。

9月4日時点で、SOV35のランクと価格は以下の通りでした。

・Aランク 43,912円 → 最大 10,975ポイント→ 実質 32,937円
・Bランク 39,521円 → 最大 9,875ポイント→ 実質 29,646円


Aランクの在庫でも個別の状態には多少の差がありますが、傷もほとんど無いレベルの美品在庫もたくさんあります(付属品有りでも無しでも同じ価格になっているので、よく商品説明を読んで掘り出しものを狙いましょう)。

SOV35の白ロムはヤフオクでも42,000円~50,000円くらいが相場なので、ゲオの在庫はかなりお買い得感があります。

ちなみに旧モデルXperia XZ SOV34, さらに1つ前のXperia X Performance SOV33も同じスナドラ820搭載機種なので、コスパの高さは負けていません。

☆「ゲオモバイル 楽天市場店 Xperia XZ SOV34在庫

・Aランク 30,574円 → 最大 7,625ポイント→ 実質22,949円

☆「ゲオモバイル 楽天市場店 Xperia X Performance SOV33在庫

・Aランク 27,496円 → 最大 6,850ポイント→ 実質20,646円
・Bランク 24,747円 → 最大 6,175ポイント→ 実質 18,572円


ゲオのAランクはボディに傷があっても画面が綺麗ならなんでもAランク扱いにしているみたいなので、Aランクの中でも品質に幅があるので良く状態の良いものを探してから購入することをオススメします。

Bランクは画面に傷があるので、実利用したいのならAランク購入を推奨します。

ただ、この時期のauスマホ白ロム購入で注意しなければならない点として、MVNOで使う場合にはSIMロック解除が必要になり、SOV35の発売日が2017年5月26日であったことから、購入後100日が経過していない(つまりまだロック解除出来ない)在庫も見られます。

というか、今日9月4日が発売日から102日目になったばかりですね。

auでは2017年12月1日以降、端末を購入した本人でないと白ロムのロック解除ができなくなる大改悪が待っていますので、「au SIMロック解除の可否判定」で調べて12月1日以降と表示されているものはMVNOでは使えないと思ったほうが良いです(特殊な方法でSIMフリー化する、auが方針を変えてロック解除に対応させる可能性を期待する以外は)。

計算上は2017年8月23日以降に購入されてSIMロック状態のまま売られている白ロムはMVNOでの利用は難しいです。8月22日購入分なら11月30日の1日だけ、SIMロックを外す猶予があります(´∀`;)

Xperia XZsとXperia XZの白ロム価格差は約1万円。

XZsのカメラは画素数をあえて下げて暗い場所でも比較的明るい写真が撮れるようにピクセルサイズを大きくする方針に切り替えました。また、新機能として960fpsのスーパースロー映像(サンプルはこちら:http://www.sonymobile.co.jp/xperia/au/sov35/_common/mp4/slowmotion_movie.mp4)が撮れるようになったのも夏モデルのXZs, Xperia XZ Premiumからです。

2017年冬モデルとして発表されたXperia XZ1はSoCがようやくSnapdragon835になるのですが、お値段的には今買うならXperia XZ, XZsの白ロムもお買い得だと思いますので、楽天市場のスーパーセール中にポイント還元を狙って格安で入手してみるのも良いかと思います。

☆「楽天市場 スーパーセール



by ke-onblog | 2017-09-04 14:36 | キャンペーン情報 | Comments(2)
楽天モバイルのスマホセットがタイムセール以外の在庫が終わってしまったので、次はお買い得な白ロムでも探してみましょう。

楽天モバイルのSIMフリースマホはASUS・Huawei端末は豊富ですが、SIMフリーであること・新品未使用状態に拘らなければ安いスマホ在庫が楽天市場の中古品取扱店にはいくらでもあります。
d0262326_18005388.png
最近私もよくチェックしている「ゲオモバイル楽天市場店」、そしてこちらも良くセールをやっているアワーズの「スマホ生活」および「ガラケー生活」ではショップの基礎ポイントが10倍になっているので、買い回りとポイントアップ条件を満たせば最大25倍までのポイント還元が狙えます。

ガラケー生活とスマホ生活は同じ運営元のはずですが、ショップが違うのでたぶん買い回りは別々でカウントされます。在庫はまった同じというわけではないみたいですが、一部は重複しています(もちろん価格も同じ)。

また、ガラケー生活・スマホ生活では5,000円以上の商品に使えるクーポンも出ています。
d0262326_18024519.jpg
↑個別の商品ページに行くと、こういうポップアップが出てきますので、5,000円以上の白ロムを買うなら使って節約が可能ですね。

ゲオモバイルでお買い得な商品は過去記事でまとめています。

例えばですが・・・今日このあと楽天モバイルのタイムセールで登場予定の「楽天モバイル SIMセット Huawei MediaPad M3」は20,412円(通常価格の52%OFF)ですが、ほぼ同スペックのdocomo dtab Compact d-01Jなら、もっと安く買えます。

☆「ゲオモバイル dtab Compact d-01J未使用品 18,262円

ガラケー生活では未使用品で22800円なので、ゲオの方が断然安いです。過去記事では21,340円だったと記録していますが、3千円も値下がっていますね!

ここでポイント還元を考えてみると、

ストアポイント 10倍
+買い回り最大10店鋪達成 9倍(上限10,000ポイント)
+楽天カード利用 3倍
+楽天アプリを同月に1回以上利用 1倍
+楽天プレミアム/ゴールドカード保有 1倍
+楽天モバイル契約者 1倍


以上合計25倍で、4550ポイントまでいけます。18262-4550=最大実質13,712円でd-01Jが買える計算です。ドコモ端末の白ロムは購入後にSIMロックを外すことは出来ませんが、ドコモ系MVNOで使うだけなら何の問題もありませんので、rMediaPad M3を購入した楽天モバイル回線でも使えます(笑)

dtab Compact d-01JとMediaPad M3(スタンダード) のSIMロック以外の主な違いはメモリ(RAM)。その他にも細々とした違いがあります。

項目
MediaPad M3
dtab d-01J
ディスプレイ
8.4インチ WQXGA
左同
縦幅
215.5 mm
216 mm
横幅
124.2 mm
124 mm
厚さ
7.3 mm
7.3(最厚7.6mm)
バッテリー
5,100mAh
4,980mAh
重さ
310グラム
325グラム
RAM
4GB
3GB
ストレージ
32GB
16GB
LTEバンド
1/3/5/7/8/19/20/28
38/39/40/41
1/3/19
(公式に記載があるもの)
CPU
Kirin 950
Kirin 950
OS
Android 7.0提供中
Android 6.0(7.0対応予定)

こうして書き出すとやっぱり多少違いはありますか~。でも、ドコモ系MVNOでしか使わないのならRAM3GBと4GBの違いはそこまで大きなものではないでしょう。ストレージはmicro SDカードで増やせますし。

d-01Jの白ロムはヤフオクでも2万円前後が相場ですので、ポイント還元を考えなくてもかなりお買い得なレベルに達しています。MediaPad M3のSIMフリーであること・RAM/ROMとの違いと価格差を考えて、興味のある方は狙ってみてはいかがでしょうか。

他にもゲオモバイルには安い白ロムが多いです。すべてが安いというわけではないので相場をよく調べる必要はありますが、基本的にすべての商品は実機の写真が使われているので傷の状態を見ながら購入できて安心出来ます。

☆「ゲオモバイル楽天市場店


by ke-onblog | 2017-09-03 20:00 | キャンペーン情報 | Comments(4)
さぁ、いよいよ3ヶ月に一度のSIMフリースマホ争奪戦の開幕時間が近づいてまいりました。

楽天モバイル楽天市場店で開催される、SIMフリースマートフォンと格安SIMのセット販売ラインナップの告知は月曜日に出ていたのでもう皆さん十分にチェックされたことと思いますれど、狙いは定まったでしょうか?

今回は従来のセールに比べても割引率が高く、かつ初めて半額セールに追加されたモデルがありますのでどの機種がお買い得か迷うところもあると思います。私も今回セール対象になっている端末を数種類持っていますので、ざっくりとした使用感と市場価格相場から各機種の「狙い目度」を紹介してみましょう。
d0262326_12492444.jpg
AQUOSケータイ(ドコモ版)・ZenFone3・honor8の3台ともブルー系ブラックを私は所有しています。honor8のサファイアブルーは他の色よりも人気が高いので狙って買いましたけど。

では、各機種を詳しく見ていきましょう。スーパーセール全体のルールや買い回りキャンペーンは下記公式ページを参照下さい。

☆「楽天市場 スーパーセール・タイムセール会場


【① 9/2 19時開始 honor8 14,800円(デ・音)】

前回は2.5万円で販売されたhonor8のデータSIMセットは大きく値下げされており、かなり高い「狙い目度」だと思います。

5.2インチサイズ、Kirin 950, RAM 4GBのなかなかのハイスペックモデルであり、流行のダブルレンズカメラを搭載しています。そして何と言ってもキラキラと光るボディが特徴的。

バッテリー容量は3000mAhながら同サイズのZenFone3に比べて電池の持ちはあまり良くないという印象がありますが、Huawei端末は指紋認証の精度・速度もとても快適です。

市場相場価格は2017年6月時点から5,000円~7,000円ほど下がり、新品未使用で28,000~33,000円前後(カラーによって若干幅あり)。白ロム単品で買うよりデータSIMセットで6ヶ月維持(ベーシックプランで維持費3.5k)したほうが圧倒的に安いので、honor8の端末が欲しかった人には大チャンス

そして今回はデータSIMと音声SIMで販売価格が同じになっているので、音声SIMで契約するメリットは微妙になりました。

楽天モバイル 組み合わせプランSIMセット Huawei honor 8販売ページ

【② 9/2 19時開始 honor8 9,800円(スーパーホーダイ2年)】

9月1日から始まった新プランの2年版。データSIM/音声SIMより割引が5,000円増えますが、最低利用期間が2年に延びることを考えると回線をしっかりと使う予定の人以外には金銭的メリットはありません。

【③ 9/2 19時開始 honor8 4,800円(スーパーホーダイ3年)】

同上。スーパーホーダイ3年契約はSIMのみの契約でも2万円相当のポイント還元を受けられますので、セットで買っても別々で買ってもさほどトータルコストが変わらなくなるため、あえて今回のセールで買う意味は薄い。

【④ 9/2 19時開始 ZenFone3(ZE520KL) 13,800円(デ・音)】

今回の一番の狙い目機種の一つ、ド定番のDSDSスマホです。データSIM契約でトータルコスト2万円以下に収まります。

今は国内正規版も3万円前後で買えるようになっているため目新しさはありませんが、ZenFone3発売当時の国内価格4万円の半額で入手可能というお得感はあります。

CPUはスナドラ625,RAM 3GB, ROM 32GBという構成で最新のSnapdragon 835,820系の機種に比べると重いゲームを遊ぶ場合には若干パフォーマンスは劣るかもですが、ミドルスペック機種で満足出来る人・サブスマホ用なら必要十分以上です。

現時点でAndroid7.0に対応、将来はAndroid 8.0 Oreoへの更新もたぶんされるでしょう。

ドコモ回線でもソフトバンク(ワイモバイル)回線でも、そしてau VOLTE SIMでも使える便利端末なので、とりあえず迷ったらZenFone3のデータSIMセットを買っておけばOKです。

楽天モバイル SIMセット ASUS ZenFone3販売ページ

【⑤ 9/2 19時開始 ZenFone Go(ZB551KL) 2,280円(デ・音)】

今回のセールで最も割引率が高いスマホです。

5.5インチのHDディスプレイ、スナドラ400,RAM 2GB, ROM 16GBとスペックはかなり控えめですが、この価格ならありでしょう。au VoLTEにも対応します。

市場価格相場は11,000円前後。

楽天モバイル SIMセット ASUS ZenFone Go販売ページ

【⑥ 9/2 19時開始 ZenFone3 Max(ZC520KL) 3,980円(デ・音)】

大容量バッテリー搭載のZenFoneシリーズ。メーカー定価は19800円。

4100mAhという電池容量は特徴的です。その他スペックはCPU MediaTek MT6737M、RAM 2GB, ROM 16GBと、やや他機種に比べても低コスト感が漂います。

市場価格は13,000円~14,000円ほど。ZenFone Goより新しいので、お手軽にチャレンジしたいのなら良いかもしれません。

楽天モバイル SIMセット ASUS ZenFone3 Max販売ページ

【⑦ 9/2 19時開始 arrows M03 9,800円(デ・音)】

前回は19,332円で売られていたarrows M03が一気に半額に。音声のみが対象だったらさほど魅力を感じませんが、データSIMでも9,800円というのなら話は別です。

スペックは低めですが、ドコモ・au VoLTE両対応の国産スマホであり、防水防塵・おサイフケータイに対応できるという点に魅力を感じるのならアリ。

後継機種のarrows M04も発売済みですがスペック的にはほとんどM03と変わらないため、在庫処分状態のM03のお買い得度が際立ちます。

市場価格は20,000円前後。ただし、現状の流通数がかなり多いので今後もう少し相場が下がるリスクは他機種より高めといったところです。

【⑧ 9/2 19時開始 AQUOS mini SH-M03 12,800円(デ・音)】

国内の防水SIMフリースマートフォンとしてarrows Mシリーズと双璧をなすAQUOS miniも6月に続き再登場。前回は最初28,080円で売り出されて在庫が減らず、その後楽天モバイルのサイト・店鋪で台数限定で12,800円(途中で値上げされて12,900円)で売られました。

台数限定セール時も数千台が放出されても短期間で売り切れるほどの人気があったところ、今回は事務手数料込みになってさらにお得感が少し高まりました。前回買い逃した人はここで買っておきましょう。

すでに何千台もSH-M03は楽天モバイル経由でばら撒かれているため、白ロム需要としては難しいところがあります。自分で使いたいのならOKでしょう。

【⑨ 9/2 19時開始 AQUOSケータイ SH-N01 5,800円(音)】

国内では数少ない折りたたみ携帯タイプのSH-N01は、セール対象が音声プランのみである点に注意して下さい。データSIMも同額ならおもちゃとして推したところですが(笑)

SH-N01は2万円前後。ワンセグ+おサイフケータイに対応した同等機種のドコモ版 SH-01Jの白ロム価格相場が2.2~2.5万円(SIMフリーも同額)ほどです。

ガラケー機種としての利用なら問題ないと思いますが、スマホユーザーがメインに使うようなものでもないため、需要が限られます。

もし白ロムを買うにしてもおサイフケータイ・ワンセグ対応のSH-01Jの方が魅力的に思えるので、あえてSH-N01を買うユーザーは如何程か・・・という感じです。

ここからはタイムセール品。

【⑩ 9/3 0時開始 ZenFone3 Laser(ZC551KL) 7,980円(音)】

旧モデルZenFone2 Laserは格安でカメラ性能がほどほどに良いという万人受けするモデルで人気となったスマホの後継機種です。

5.5インチフルHDディスプレイ、スナドラ430、RAM 4GB, ROM 32GBとなっており、ZenFone GoやMaxなどの低スペックモデルよりツーランクくらい上といった感じでしょうか。

メーカー定価は30,024円。市場価格相場は25,000円前後で、まだ比較的流通量が少ないモデルでもあります。

対象が音声回線のみなので、そこをどう考えるかがポイントです。

【⑩ 9/3 21時30分開始 MediaPad M3(4GB/32GB) 18,900円(デ)】

今回唯一のタブレット端末。前回の販売価格は22,244円でしたので、今回は2千円の値下げとなりました。

前回は3分くらいで同じく110台が完売した実績があり、今回も争奪戦になるかもしれません。

ドコモのdtab Compact d-01Jとほぼ同等の機種です。honor8と同じKirin 950を搭載し、8.4インチの2Kディスプレイはとても綺麗です。タブレット端末としてはかなりのハイスペック。MediaPad M3にはWi-Fiモデルもありますが、セール品はLTE対応/ROM 32GBのスタンダードモデルです。

メーカー定価は40,824円、市場相場は3.3万円前後のようです。

☆「楽天モバイル SIMセット Huawei MediaPad M3販売ページ

あとは9月4日以降のP10, P10 Plus, Mate9がありますが、そちらは他社MVNOキャンペーン分も合わせてお得度を改めて比較予定です。

なお、セール販売品はすでに楽天市場にラインナップが出ていますので、販売開始前にブクマ登録をしておき、購入を決めているならすぐにアクセス・購入完了出来るように準備しておきましょう。

本日の販売分はいずれの機種も「数秒で完売」することはほぼないと思うのですが、油断していると買えない可能性はありますので、楽天IDでのログイン・アカウント/パスワードの確認、アカウントにクレジットカードが登録されていない場合は事前に登録しておくなど、準備を整えておきましょう。

☆「楽天モバイル楽天市場店 半額スマホセール品一覧

楽天モバイルセール初参戦の方は「 楽天モバイルのスマホ半額セール攻略法 購入方法や契約後の運用方法情報まとめ」のページも参考にどうぞ。


by ke-onblog | 2017-09-02 17:07 | キャンペーン情報 | Comments(11)
ドコモのiPad mini4はすでに在庫枯渇気味ですので、ラストチャンスになるのかもしれません。

ドコモの公式サイト「ドコモオンラインショップ」で使えるシークレットクーポンをコラボ企画として「モバイルびより」にて今年も配布を開始しました。9月12日発表予定の話題のスマホにも使えるようになる予定ですが、新機種に興味がない人もいらっしゃるでしょうから現行モデルのiPhone7やiPadの購入にも使えるように設定してもらっています。

シークレットクーポンは、2017年9月2日時点で以下の機種の新規・MNP契約時に使えます。

・iPhone7 128GB, 256GBモデルの全カラー
・iPhone7 Plus 全モデル
・iPad mini4 128GB
・9.7インチ iPad 128GB
・arrows Tab F-04H


iPad mini4の32GBモデルはすでに一括0円なので残念ながら適用出来ません(もう在庫も無いようですけど)。

iPad mini4 128GBは通常新規で本体価格実質6,480円のところ、5,400円引き+月々サポートの最大適用時に実質1,080円(税込)で買えるようになります。新しいタブレット回線を安く追加したい人で、他にクーポンを持っていないのなら是非ご活用ください(他の同種クーポンと併用不可。dポイントは併用可)。
d0262326_07274861.png
☆「docomo Online Shop iPad mini4 128GBをみる

もう少し大きい9.7インチ版iPad 128GBも、実質10,368円→4,968円になります(GoGo iPad割による月サポ増額適用時)。

☆「docomo Online Shop 9.7インチiPad 128GBをみる

9.7インチiPad は2017年3月に発売されたA9チップ搭載モデルなので、スペック的にはiPad mini4(A8)より上です。iPad mini4(7.9インチ)は薄くて軽い点は魅力ですが、タブレットとして大きい方が見やすいというのなら9.7インチ版の方がお買い得です。

ちなみにそれぞれのSIMフリー版のアップルストア公式価格は9.7インチiPadが63,800円、iPad mini4は60,800円(それぞれ税別)です。

クーポンの有効期限は2017年10月31日までとなっています。クーポンには配布上限数がありますので、新規で安くiPadを買いたい方はお早めにご利用下さい。昨日からMNP向けに購入サポ入りしたiPhone7/iPhone7 Plusに使う場合にも、端末購入サポート適用価格からさらに値引きとして利用できます。

クーポンの取得方法は以下のバナー(またはこちらのリンク)からどうぞ。去年・一昨年のものと使い方は同じです。SNSの登録・フォローやメアド以外の個人情報は一切必要ありませんのでお気軽にご利用下さい。

クーポン発行は読者登録後すぐに行えます。以前登録したけどメアドやパスワードを忘れてしまった、まだ登録したことがないという方は「 モバイルびより会員登録フォーム」から先に読者登録を行ってくださいね。


*このキャンペーン情報を他サイト・SNS等でシェアしていただくことは構いませんが、第三者とログインID/シリアルナンバーの共有・不正利用・パスワードの使い回しは絶対におやめ下さい。

by ke-onblog | 2017-09-02 09:33 | キャンペーン情報 | Comments(3)
ドコモの2017年夏モデルとしてトップレベルの人気となった、Xperia XZ Premium SO-04Jが本日から機種変更向けに値下げされました。au,Softbankでは取り扱われていない端末ということで白ロム価格が非常に高いモデルであり、機種変更なら端末購入サポートではなく月サポ割引で買えるため、本体一括支払いをすれば即SIMロック解除が可能というメリットがあり、狙い目です。
d0262326_09555760.jpg
☆「ドコモ Xperia XZ Premium SO-04J

昨日までは機種変更向けだと月々サポートは-2,025円/月でしたが今日から2,268円になり、実質負担額は45,360円から39,528円になりました。新規でも同額です。

MNPの場合は端末購入サポートが終了して月々サポートに戻りました(実質15,552円)。

今日はiPhone7/iPhone7 PlusのMNP契約が購入サポ入りしたこともあり、MNPユーザーはiPhoneへ流れるでしょうからXperia XZ Premiumの白ロム流通量が一気に変わるということはないでしょう。

SO-04Jの直近でのSIMロック解除済み白ロムの価格相場は85k前後です。未解除・将来解除可能の場合は80k前後に下がるものの、それでもまだ他機種に比べるとかなりの高額で売買が続いています。


by ke-onblog | 2017-09-01 10:05 | キャンペーン情報 | Comments(4)
これはやばいですね、またしても三木谷割によるSIMフリースマホの価格崩壊がありそうですよ~

ちょうど2個くらいまえのブログでも書きましたが、前回6月に開催された楽天スーパーセールではhonor8が超格安で売られ、私も思わず買ってしまいました。

そして今回、9月2日から始まるセールではそれを上回る、最新ハイスペックSIMフリースマホから格安機種まで目白押しです。

honor8なんて最安4,800円!!!やばすぎます(ただし3年契約が必要ですけど)。

タイムセール系は9月2日19時スタートです。

☆「楽天スーパーセール 開催予告ページ

協賛となる楽天モバイルのスマホセットセールは同じく9月2日19時から特別価格販売が始まり、9月3日0時から全5回のタイムせールが予告されています。

前回は予告分だけでなく、セール期間中に在庫の追加・価格値下げが行われたので目が離せませんね~

セール内容詳細は公式サイトに出ています。
 
9月3日 ZenFone3 Laser 7,980円, Media Pad M3 18,900円
9月4日 Huawei P10 32,900円
9月5日 Huawei P10 Plus 36,400円
9月7日 Huawei Mate9 30,400円

これらがそれぞれ事務手数料を含んで半額~74%オフになっています(上に書いた価格が値下げ後の値段)。P10,P10 Plusは3万円を超える値引き&販売台数も各50台ほどと少ないので、激戦が予想されます。たぶん、1分保ちませんね(´∀`;)

もう市場店にはそれぞれの販売ページとルールがアップされていますので、ブックマークしておきましょう。

☆「楽天モバイル楽天市場店 半額スマホセール品一覧

細かいお得度のチェックはまた後ほどやろうと思います。前回と同じく注文のキャンセル料設定や一部機種では9月1日から始まる新プランの契約が必要なケースがあるようですので、条件は特によく確認してください。


by ke-onblog | 2017-08-28 11:01 | キャンペーン情報 | Comments(2)