白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:スマホニュース( 471 )

3キャリアで最速発表となったソニーの冬モデルスマホ Xperia XZのソフトバンクモデルの先行展示を見てきました。今期はライバル不在ということで、人気が一極集中しそうな一台です。

スペック的にはあまり面白みがない(2016年夏モデルXperia X Performanceからの進化点が少ない)という印象は実物を見ても解説を聞いてもやっぱりあまり変わらなかったのですが、外観についてはちょっと従来モデルからデザインの変更と、タイトルにも書いたように新メタル素材が使われているので、購入予定がある人は先に先行展示が行われているソニーストアに行ってみましょう。

Xperia XZの展示は銀座・名古屋・大阪・福岡にあるソニーストアで実施されています。
d0262326_05471895.jpg
銀座のストアは海外の方にも大人気で、いつ行ってもインターナショナルな雰囲気が楽しめますね。
d0262326_05494315.jpg
新色、フォレストブルーはイメージ画像で見るよりも深い色合いという印象です。見る角度によってはほとんどブラックに近いほど。
d0262326_05494347.jpg
昔のXperiaほどの角張具合はやはりありませんけれど、XPに比べるとボトムとトップが平滑になりiPhoneっぽさが減りました。

カメラやスピーカー・フロントNFC/Felicaの配置、指紋認証・ホームボタン・カメラシャッターボタンなど、ほぼ従来のXperiaシリーズ通りのデザインです。新しさは感じられませんが、旧モデルからの買い替えの方にとっては使い慣れた操作感がXperia XZでも継続していると感じられるのでしょうか。
d0262326_05494374.jpg
カメラ機能が分かりやすいXperia XZの一つの目玉ですね。レーザーAFセンサーとRGBC-IRセンサーを新搭載し、より速く・より正確にフォーカスが合うように。ちょっとこのあたりも細かい説明を聞いてきたので、また改めて書きましょう。まだ発売まで時間があるので(笑)
d0262326_05494497.jpg
この写真はちょっとブルーっぽさが出ていますね。本当に撮影する角度によってブラックなのかブルーなのか、どちらの製品を撮ってきたのだかわからなくなります(´∀`;)
d0262326_05494436.jpg
XPでは流行に乗って「ローズゴールド」がありましたが、XZでは「ディープピンク」に変わりました。色合いとしてはiPhoneのローズゴールドよりもかなり落ち着いた色になっています。
d0262326_05494381.jpg
背面の「パンツデザイン」も少し変わりました。完全な1枚のパネルにはやはりなっていないのですが、XPよりも両サイドの丸みがなくなった分、「パンツ感」が減少しています。これはずいぶんマシになったと感じますね~

そしてこの光を当てた具合で色合いも変わるボディの素材は、神戸製鋼が担当した新しいアルミ合金素材ということです。「ALKALEIDO(アルカレイド)」という名称のもので、たぶん「アルミ」と「カレイドスコープ(万華鏡のこと)」から作った造語でしょう。

アルミ素材の削り出しというデザインではなく、さらさらとしたメタル感になっています。ガラス素材ではないので背面に指紋が目立つこともなく、ケースをつけずに使いたくなるいい感じの仕上がりだと感じました。

ちょっと大きな写真を撮ってくるのを忘れたのですが、プラチナカラーもいい感じでした。ブラックは普通です。

ソニーストア銀座にはスマホだけでなく、カメラやヘッドホンの体験コーナーもあります。そして今高騰化しているアレも。
d0262326_06164421.jpg
予約をしておくとPSVRの体験もできるそうですが、今回は時間がなかったのでスルー。

1階には日産のショールームもあり、GT-Rの展示も。
d0262326_06175463.jpg
う~ん、かっこいい。

Xperia XZはすでにソフトバンクでは予約が始まっており、おそらく同時期にドコモ・auからも発売されます。スペックだけならはっきり言ってXperia X Performanceを触ったことのある方ならなんとなく触らずとも予想できる範囲だと思いますけども、この新素材による質感は実機で見た方が良いです。

ソフトバンクでは予約をしてから購入することでスピーカーが当たるキャンペーンもやっていますので、販売が始まる11月上旬よりも先に機会を作って見に行ってみましょう。

☆「ソフトバンクオンライン限定 Xperia XZ予約キャンペーン


by ke-onblog | 2016-10-18 06:30 | スマホニュース | Comments(2)
docomoのオンラインショップでついにジェットブラックが「在庫あり」表示になりました。
d0262326_11580444.png
オンラインでの購入手続き開始は9月14日でしたから、ちょうど1ヶ月です。まぁ、まだ4.7インチモデルの256GBモデルだけですけど。

☆「ドコモオンラインショップ iPhone7 256GBモデルの在庫状況

「在庫あり」の表示が出たということは、少なくともオンラインで10月13日以前に同モデルを予約した全ての人に在庫が行き渡ったということのはずです。

まだ128GBモデル、5.5インチモデルのiPhone7 Plusの方は在庫あり表示を見たことが私はありませんけれど、10月上旬頃から店舗でも入荷連絡は増えているらしいので、当初のアップルストアの入荷予定と同じく「11月頃」の納期予定分が今頃になって届いたということなのかもしれません。

今回の新色として圧倒的な予約数があったはずのジェットブラックで在庫が行き渡るまでおよそ1ヶ月。これを早いと見るべきか遅いとみるか(苦笑)

iPhone5s,6のときにはもっとひどかった印象があるので、ジェットブラックの入荷は11月以降・下手すれば年内は難しいなどと言われていた発売日当初から思えば、それなりに順調に在庫が増えてきたと言えるのかもしれません。

予約段階でジェットブラックに期待をして予約したけど入荷が遅い・指紋が目立ちすぎるからキャンセル・予約変更をしたユーザーが大量に出た結果としてフリー在庫が出るまでに至った、という可能性も高そうですね。

この状況は3キャリアともほぼ同じみたいです。au,SBのウェブサイト予約では在庫状況が一切表示されないので店舗の入荷数から予想することしか出来ませんが、やはりiPhone7の256GBモデルは店頭でもJBが置いてあるお店は9月に比べて各段に増えました。小型店にはまだ少ないかもですが、都市部の大型量販店ならauモデルは9月末くらいからあったみたいですし。

これまでは品薄商法によるジェットブラック人気が目立っていましたが、ここからどうなるか見ものですね。逆にJBが余り始めて、価格相場が落ちたりして(笑)

iPhone7 Plusの方は需要予想を間違えたのか、明らかに全キャリア・全カラーの入荷がまだ追いついていないので、こちらは本当に11月以降になっちゃいそうですね・・・

by ke-onblog | 2016-10-14 12:15 | スマホニュース | Comments(2)
おそらく3キャリアすべてで取り扱いがあると思われるソニーの最新スマホ Xperia XZのソフトバンクモデルが本日10月14日より予約販売が始まります。

まだ夏モデルのXperia X Performanceが出たばかりという印象があるものの、早くもフルモデルチェンジです。
d0262326_17200284.jpg
Zシリーズから「X」シリーズへの名称変更が行われたXperiaのなかで、「Performance」が今後ハイエンドモデルを継承するものかと思われましたが、冬モデルでは「Z」が復活。スペックはXperia X Performanceにも近いのですが、外観のサイズ・バッテリーは一つ前の「Xperia Z5」に似ています。
d0262326_07334145.png
上記はグローバルモデルの情報が出た時点でモバイルびよりのサイトにまとめたデータですけれど、ソフトバンクモデルはシングルSIMのROM32GBモデルとなりました。

Xperia XZのバッテリー容量はZ5と同じ2900mAhに戻っており、Xperia XPの2570mAhから比べると約13%の増量となります。

ソフトバンクのデータを見ても、電池の大きさはそのまま利用可能時間のアップにつながっており、4G LTEでの連続待機時間は夏モデルの約530時間→冬モデルXZで約710時間まで3割アップとなっています。これは結構嬉しい方も多いのではないでしょうか。

また、画面サイズも5.0→5.2インチへ戻り、かつXperia X Performanceよりわずかながら軽量化されているのもポイントです。こうしてみるとXperia X Performanceが残念な子扱いなのですけど・・・

auではSOV33、docomoのSO-04HはそれぞれMNPでの購入サポート投げ売り段階に入っており、在庫が一掃された後にはこのXperia XZに販売の中心が入れ替わってくるはずです。発売からほんの数ヶ月しか経っていませんが、このままXPの生産を続けるということは無いはずなのでXPのほうが良いという方は早めに購入しておいたほうがいいのかも。

Xperia XPのときには国内向けモデルだけ電波・アンテナの都合で本体下部が「パンツ」を履いているかのような別素材を使われてしまいましたが、Xperia ZXは違和感のないデザインで作れたようですね。

Xperia X Performanceが失敗作だったということもないはずですが、これはXperia XZの方が人気は出そうかなという印象ですね。カラーはたぶんフォレストブルーが一番人気なので、11月の発売日入手がしたいのなら予約をしておきましょう。

☆「ソフトバンクオンラインショップ



by ke-onblog | 2016-10-14 09:55 | スマホニュース | Comments(0)
この話題を目にするだけでイヤになってしまうのですけれど・・・でも、一応状況を把握しておくためにニュースだけでも見ておくべきでしょう。

10月13日、総務省の主導で行われている携帯料金・販売に関わる「モバイルサービスの提供条件・端末に関するフォローアップ会合」が実施されました。

会議の趣旨は総務省のホームページに書かれています。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban03_02000375.html

会合の結果についてはケータイWatchの記事がよくまとまっていますので、そちらを一読することをオススメします。

「実質0円規制」緩和求めるソフトバンク、ドコモは抜け道封じを要望――総務省のフォローアップ会合

さて、今回の会合で総務省・公取委・各キャリア、そして何らかの有識者、それぞれの主張と現状の業界体系に関する認識の違いが見て取れます。

携帯会社はこれまで比較的おとなしく「指導のあった通りに」というスタンスを見せていましたが、今はわずかなの反抗期。ある意味でこれは実際の顧客の側にとっても悪いことではないように見えます。

一方、各会社の主張を見れば「自分は頑張っている、現状では他社にばかり有利になっている」ということを強調しすぎて、結局は自社の利益が一番であるという本音が透けて見えてしまって・・・。慈善事業でやっているのではないのですから、それも当然と言えば当然で、利益を大切にすることは会社としては間違っていないとは思いますけども。。。。販売に関する一般客の視点がまるっきり抜けたままで繰り返される主張は、見ていて残念な気持ちになります。

キャリアは自分の会社の回線数・売上を確保するのに値上げと値引を今後も駆使したいというのは、まぁ良いでしょう。そのあたりの「値上げと値引」の矛盾というか、曖昧さを残しておかないと見せかけ上のオトク感を演出できませんからね。これはきっとどんなビジネスでもそんなものでしょう。それが規制が必要なレベルに達してしまっているかどうかは別として・・・

総務省と公正取引委員会・有識者はいよいよ何がしたいのか判らない方向への迷走っぷりも伺えます。一番簡単なシナリオは「携帯3キャリアとその端末提供メーカーに有利すぎ。これからは複数のMVNO・端末メーカーで顧客を分散せよ」というあたり。どのような利権が絡んでいるのかは知りませんけど、MVNOへの移行を推し進めたいがゆえに3キャリアを攻撃しているようにしか私には見えませんでした。

MVNOへ契約変更が進む=料金が安くてユーザーは幸せだ、とでも本気で思っているのでしょうか・・・。もしそうならどこまで頭の中お花畑なんだとというところ。「MVNOや海外端末メーカーを日本に呼び込むと有利」な立場にいる人が多いということですかね。

それとも「ユーザーのために頑張って議論している自分たち」を演出するための茶番劇なのでしょうか。それならそれで微笑ましてくて良いですね(これが税金を使ってやっているのでなければの話ですが)。世の中の会議の大半がそんなものなのかもですね。あまり突き詰めすぎると「政治活動・経済活動の価値は全て虚構、人間の生きる意味などない」みたいな哲学論になりそうなので、この方向で考えるのはやめておきましょう。


個人的な意見を言えば(ブログで個人的でない意見などありはしないですけど)、それならそれでもいいです。政治・経済とはきっと本質的にそういうものでしょうから。それぞれが自分に有利なように物事を進めていき、意見が衝突すれば今回のように問題が表面化するというだけでしょう。

実質0円をやめて値上げで懐を潤し、反面ではクーポン・セット割引を禁止されて泣くことがあってもそれは自業自得。そして一般客はそれに振り回されるだけという現実がさらに浮き彫りになって見える会合だったのかな、というところでした。

総務省・公取委が何を問題にしていて、キャリアがどう考えているのかは今回の会合の内容を見ると多少なりとも一般の方にも解るところもありながら、結局このさきどうなるのかはよく分かりませんね(´∀`;)  

今回は「会合」であって何かを決めるための場ではないので、今後の総務省の動きには注目しておかなければなりません。

今年の新型iPhone商戦は収束を見せていますが、これから2016年冬春モデルの発売を控え、またいろいろとMNO/MVNOのキャンペーンの仕組みが変わる可能性があるでしょう。特に今回の議題で話題になっていた「特定のモデルに対する実質0円規制の緩和・セット割引・クーポンや特定割引の是非」に対して変更が掛かるのは11月以降になるはず。

おトク度の下がる回線やサービスに別れを告げるときは近いです。

「とにかく無難な落としどころを早く見つけて、何事も無かったかのように以前の状態に戻して欲しい」・・・それが私の立場からの希望です(´∀`) 


by ke-onblog | 2016-10-14 02:09 | スマホニュース | Comments(4)
まぁそうなりますよね~

今日はドコモも10月19日に2016-2017年冬春モデルの発表会予定を出したところですが、ソフトバンクはいきなり今日製品情報・発売予定をリリースしました。スマートフォンを3機種・ケータイ1機種・タブレット2機種・衛星携帯1機種、ワイモバからタブレットと携帯をそれぞれ1機種、合計で9モデルを追加します。

やはり一番の注目株はソニーの新型、Xperia XZでしょうか。ライバルのサムスンが脱落したので(SBではもともと取扱予定は無かったかもですが)、アップルを除けば冬モデルではワントップになれそうですね(笑)
d0262326_17200284.jpg
海外モデルのF8332はデュアルSIM,デュアルスタンバイ(DSDS)でしたが、国内版はやっぱりSingle SIMのようです。ストレージも海外版が64GBなのに対し、32GBに減っています。発売予定は11月上旬で、予約は明後日14日からウェブ・店頭で始まります。カラーラインナップは上記のフォレストブルーの他、ホワイト・ブラック・ピンクがあります。

あとはシャープ製の5.3インチモデルスマホをベースにしたSTAR WARS Mobileというコラボモデルを投入。2017年には同じくシャープからAQUOS Xx3 miniが出るそうです。AQUOS miniはMSM8952なのでスナドラ617のミドルハイスペック。AQUOS Oneと同じですかね。

あとはVoLTE対応携帯のAQUOS ケータイ2が10月下旬から販売開始。ドコモでもLTE携帯が発売されるとかされないとかいうリーク情報がありましたが、これと同型モデルですかね。

12月発売予定の8インチタブレットのLenovo TAB3、来年3月発売予定の10インチタブ MediaPad T2 Pro。

ワイモバからはソフトバンクで発売されるAQUOS ケータイ2とレノボタブをそれぞれワイモバブランドでも売るようです。なので実質的にワイモバのみの新機種はありません。

ソニーが1台、シャープが4台、レノボが2台、ファーウェイが1台、Thuraya Telecommunications Company(衛星携帯のメーカー)が1台で合計9台。サムスンはもちろん、富士通・京セラ・HTC・モトローラ・LGなどはソフトバンクからは登場しませんでした。

☆「ソフトバンクオンラインショップ

iPhone7のジェットブラック、7 Plusの入荷がまだ遅れていますので、11月上旬発売ならXperia XZに乗り換えてしまうのもありかもしれません。

ただ、デュアルSIMではなくなってしまったので、DSDSに魅力を感じるのなら海外モデルを輸入するしか無さそうです。

関連記事:DSDSなXperia XZ F8332がエクスパンシスに入荷中 防水目的ならアリかも


by ke-onblog | 2016-10-12 17:39 | スマホニュース | Comments(0)
結局ここまで来てしまいました。Galaxy Note7の全世界での生産・販売停止が確定し、回収・返金対応が始まるようです。

細かい経緯などはニュースにもバシバシ流れているので改めてここで書く気はありませんが、Galaxy Note3, Galaxy Note Edgeに続いて日本での発売が予定されていたであろうNoteシリーズの最新作国内投入を楽しみにしていた人も多いと思いますけれど・・・
前回リコール・回収騒ぎになったときには「回収の対象モデルであるかどうか」という判定があったはずですが、今回は全回収ですかね。確か以前は韓国だか香港版だかのモデルは対象外になっていたと思います。しかし今回は「修理したはず・安全なはず」のモデルが爆発・発火したという事態を受けての再回収になってしまったので・・・

販売・生産の「中止」であって、「終了」なのかどうかはまだ判らないそうですが、こうなってしまったからにはすぐに販売再開というわけにもいかなそうです。Galaxy Note7はハイエンドのファブレットモデルであるためすぐに世代落ちをするシリーズでは無いのかもしれませんけれど、Note7への機種変更を待っていた方には残念な状況です。

海外版のスマホが日本へ簡単に輸入できる有名ショップ各店も、10月12日時点で販売を再開していた分のGalaxy Note7も全てウェブサイトからページが無くなっています。エクスパンシス・イートレン・1shopmobile・amazon・イオシスでの購入は不可能となりました。さすがに危険物を売るのはマズイという判断でしょう(苦笑)

こうなってくると逆に今後Note7が「幻のスマホ」みたいにプレミアム化するのでは・・・と思わなくもないですけど、どうでしょう(´∀`;) その場合はどうやって爆発物を安全に保管するかがカギになりますが。たかがスマホ1台のために身を危険に晒すのはどうかと思いますけれど、ちょっとそんな邪な考えも浮かんでしまいました。

今買おうと思うと、個人売買が出来るオークションしかないですかね。ヤフオクを見ると10月に入ってからでも10万円超の高値で売買が続けられています。まだ何台か出品もあります。

eBayではさらに多くの在庫がありますね。輸入すると「危険物」ということで関税に差し押さえられたりするかもなのでなんとも言えませんが(でもそれならサムスン自体も回収が困難になってしまうでしょうから、輸出入運送くらいは出来るのですかね)、ある意味で伝説になりそうなGalaxy Note7を買い集めておくのもアリ・・・いや、ナイです\(^o^)/

サムスンにとって数百~数千億円単位(とあるニュース記事では1900万台分=1兆円超えの試算もあるようですけど)での販売機会損失になりそうですけれど、該当モデル向けの専用アクセサリーを売買していたサードパーティメーカーも危ういですね~。再販の可能性がゼロではないとは言え、他のモデルと共通でないアクセサリーの在庫は行き場を失うことになりそうです。

Galaxy Note7難民はどこへゆくのですかねぇ。Note5回帰? Apple Pencilは使えませんが防水ファブレットならiPhone7 Plusへ流れる可能性もあるでしょうか。

5.7インチというサイズだけなら候補はたくさんあり、LGV10, Nexus6P、中華スマホならXiaomi Mi5s Plus、Le Max2、Meizu Pro5, Elephone P9000 edge, Doogee F7 Pro, Huawei honor V8, そしてZenfone3 Deluxe(ZS570KL)も同サイズ。5.5インチなら更に候補は増えます。

でもやっぱりNote愛好家はペンが使えることを重視するのかな?となれば旧モデル。日本での発売はありませんでしたが、Galaxy Note5は完成度が高かったと言われていましたし、価格的にお手軽感が出てくる頃合いでもあります。

新型モデルがダメになって旧モデルが高騰した例はXperia Z4発売時におけるZ3でも観測された現象なので、今輸入するのならデンジャラスなNote7よりNote5でしょう。



by ke-onblog | 2016-10-12 02:04 | スマホニュース | Comments(0)
もういよいよダメな感じになってしまいましたね・・・。

最初の対応がそこそこ迅速で、再販売開始時にはかなりの売上が出たという話だったので期待していたユーザーも多かったはずですけれど、整備済みGalaxy Note7の再爆発問題によりまた中断だそうですねぇ。
販売が再開されていたアメリカでもすでに販売停止措置・返金対応がされているというニュースも出ていたと思いますが、サムスン公式の対応が発表されてしまいました。

Galaxy Note7は日本でもドコモ・auから発売が予定されていたみたいですけれど、現状のままでは国内投入はもう出来ないでしょう。「安全だ」と言ったはずの交換品すら爆発しちゃうのではヤバすぎでしょう・・・。

今回の再生産停止は「とりあえず原因が判るまでの対処」であるのだとは思いますが、しっかりと原因究明・説明をしないと直したつもりが直ってなかったのか、「とりあえず直したということにして再販売していた」という疑念も出てきてしまいます(たとえそうだとしてもそんなこと認めないでしょうけど)。

スマートフォンの発売直後・初期ロットではある程度の不具合やエラーが出てしまうことは仕方がないと思えますが、爆発はいけません。本当に「人柱」になってしまいます。リコール後のトラブルということでサムスンの売上はもちろんのこと、信頼への影響は甚大です。

現状で「リコール品」「バッテリー交換済み」などのGalaxy Note7として国内への販売を再開していたショップもあると思いますが、買わないほうが文字通り"身のため"でしょう。

もちろん大半の個体は問題無く使える可能性もあるのでしょうし、国内投入モデルは別のバッテリーを使っていて安全だ~という流れですぐに売る可能性もあるのかもですが・・・う~ん、やっぱりあまり買いたいとは思えません。

すでに購入済み・リコール対応をしてもらった人も、再度リコールが掛かる可能性があるのでメーカーの声明を良くチェックして、しばらく使用を控えた方がよさそうです。

10月下旬に2016-2017年冬春モデルが発表されるという情報もあるみたいですけれど、果たしてそこに「Galaxy Note7」はあるのかどうか・・・


by ke-onblog | 2016-10-10 13:44 | スマホニュース | Comments(0)
iPhone7/7 Plusの発売に伴い各キャリアが一斉に2015年モデルのiPhone6s/6s Plusの在庫処分をはじめているところですが、ソフトバンクはiPhnoe SE 16GB/64GBモデルも、MNP契約時のみ購入時に値引を行う「一括購入割引(他社でいう端末購入サポート)」の対象としています。

もともと2年間の月額割引分として適用されてきた「月月割」が前借りされるだけなので実質的な負担額が変わるわけではありません。ソフトバンクの購入サポは2年間ずっと違約金上乗せ発生期間が生じてしまうので、結局は毎月割を効かせて買うのと代わりはないのですが、分割購入にはならないので割賦審査が通りにくい人・残債のある状態で使うのが嫌いな人には向いているかもしれません。

☆「ソフトバンク iPhone SE

ソフバンのiPhone SE公式価格は16GBモデルで56,880円、64GBモデルで69,840円です。新規・機種変更・MNPすべて月月割適用時の実質価格は同額で10,800円と16,200円となっています。これがMNP契約時のみ、一括購入割引を選択すると月月割がゼロ円になるかわりに、購入時に一括価格で買えるようになりました。

パケットプランに加入するのであればソフトバンクエアー・光とのセット割引ももちろん効かせられます。

iPhone SEはアップルストアでもSIMフリー版公式価格が値下げされているので、そろそろ在庫をなんとかしたいと各キャリア考え始める頃合いかもしれませんね。SEはCPUにiPhone6sと同じA9チップを使っているので外観は5sと同じですが、性能はかなりアップしていますので4インチサイズが好みの人にはオススメです。

機種としての面白みがあるモデルではありませんけれど、通話がメインで持ち歩く用にはこのサイズがしっくりくるという人も多いかと。今更5sを新品や中古で買うのもなんだかな~という人向けです。
まだauとドコモに動きはありませんが、おそらくはそう遠くないうちにiPhone SEに関しても一括値引対象に入れて横並びしてくるのではないかと予想されるところです。

すでにiPhone SEの買取相場は下がってしまっていますが、中古で手放そうとしているのなら急いだほうが良いかもしれません。さらに安くなってしまう可能性も高いでしょう。



by ke-onblog | 2016-10-08 16:21 | スマホニュース | Comments(3)
携帯情報に興味のある方は今日のニュースをみてそわそわしていることかと思いますが・・・

このタイミングであえて再告知してみましょう。
d0262326_18133554.jpg
現在白ロム転売法およびモバイルびよりでは、ドコモのオンラインショップでiPhone7シリーズにも使える5400円引きクーポンを配っています。

「クレジットカード加入者に対する特典」をお持ちでない方でもつかえますよ~

「端末購入補助を受けない利用者」な方でもメアドの会員登録をするだけですぐに使えますよ~

「端末の購入を条件として経済上の利益を提供するため」のクーポンかもですが(苦笑)、とりあえずまだ使えますよ~

さて、くだらないパロディはこれくらいにしまして・・・

iPhone7の32GBモデルを除く、iPhone7 , iPhone7 Plus全容量、iPad Pro 12.9インチモデル/7.9インチモデル全容量、iPad Air2 64GBモデル以上、さらにarrows Tab F-04Hの新規・MNP契約に使えます。

クーポンの詳しい発行方法は下記のページを参照下さい。こちらからのメッセージ・メールでの連絡などは無く(会員登録時にリマインダーとして自動返信メールだけお送りしています)、すぐに発行出来ます。

☆「読者限定 ドコモオンラインシークレットクーポン発行中

使用期限は10月31日ということで提供していますが、このままだと本当にいつ打ち切りになるか判らないですねぇ。オンラインショップの場合は有料コンテンツや抱き合わせ販売は一切無いので、その分の過剰値引で「実質0円」になったりはしないので規制には引っかからないとは思いますけど・・・

11月以降、またいろいろと情勢が変わるかもしれませんのでクーポンはともかく、店頭で6sをキャッシュバック狙いで契約したい方は流れによく注意したほうが良いかもしれません。一時的にぐっと案件が絞られる可能性は十分あり得ます。

by ke-onblog | 2016-10-07 18:32 | スマホニュース | Comments(0)
ハイエンド中のハイエンドレベルのスマートフォンであるため安くはないだろうと予想されたGoogle 2016年スマートフォン「Pixel Phone By Google」が10月5日未明に発表されました。

Snapdragon821を搭載し、Google Assistant機能に対応した「初のGoogle製」を謳う新機種となりましたが・・・昨日の発表会では日本は一次・二次販売国に含まれませんでした。
d0262326_11080270.png
サイズは5.0インチのノーマル版と、5.5インチの「Pixel XL」の2モデルがあり、スペック情報もほぼ全て事前のリーク情報通りでした。それはまぁいいのですが・・・
d0262326_11101473.png
アメリカでの販売価格は5インチモデルで649ドルだそうです。この価格設定はNexus6P 128GB(日本では未発売)の発売時の定価と同じです。

Nexus6P 64GBモデルは549ドル→日本では8万800円で売られていたので・・・もし今回Google Pixelが日本で取扱があったとしても、9万円~10万円クラスの高額スマホになったことでしょう。

2世代前のNexus5は日本でも「低価格で高性能」なモデルとして大ヒットしましたが、Nexus5X・Nexus6Pは今のところヒットしているという印象はありませんね(´∀`;) 

Nexus5Xの方はSIMフリーモデルのH791が海外サイトから輸入すると3万円という格安で買える状況になっているためお得感はありますが、定価のままではとてもとても・・・

☆「Etoren Google Nexus5X H791」27,630円~

Google Pixelの性能は現状でハイエンドモデルになっているため、ライバルはiPhone7/7 Plusというポジションです。650ドル=そのまま6万5000円くらいで日本で買えるのならまだ悪くないのですが、海外モデルを日本へ輸入したとしても7万円超は避けられないでしょう。

スペック面だけなら、先日シャオミが発表したMi5s, Mi5s Plusが近いのですが、あちらはGoogle Pixelの半額で買えるわけですね。
日本で安くPixelが買える日がやって来れば買ってみたい気もしますが、現状で日本での投入予定無しであるなら日本の技適も通してない可能性が高く、わざわざコスパの良くないPixelを国内へ取り寄せるメリットは小さいです。

iOSのSiriのように音声で利用サポートを行う「Google assistant」はデモ動画を見る限りとても便利そうに見えましたが、日本でのサービス提供はまだまだ先でしょうから、やはりわざわざPixelを価格が高い販売直後に輸入しても体感することすら出来ません。

日本でNexus5X, 6Pがあまり売れなかったから今回販売国から外されたのか、Google Assistantの日本対応がまだ間に合わなかったから見送られたのか知りませんけど、現状では価格面でも機能面でもPixelには期待はずれな発表だったな~という印象です。

Google Pixelを楽しみにしていた方も多いと思いますが、直近ではNexus6Pの値下げに期待した方が良いでしょう。5Xが今3万円ですから、6Pも4万円くらいに下がると良いですね~。

by ke-onblog | 2016-10-05 11:33 | スマホニュース | Comments(7)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン