白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:スマホニュース( 477 )

すでにソフトバンク・auではiPhone7/7 Plusの入荷連絡が昨日(12日)あたりから始まっているようで、今日も続々と初回分確保が出来た人へ本申し込み手続きの案内が行っているみたいですね~

SIMフリー版の場合は確か前日に出荷メールが来るはずなので、こちらは9月15日までお預けでしょうか(SEの時には発売日前日の夜メールが来て、ちゃんと当日に配送されました)。

au, Softbankでもジェットブラック以外の4.7インチモデルの各カラーで9月9日~9月10日あたりまでに予約した方ならもう連絡が来ていてもおかしくありません。モデルによっては12日予約の場合でも入荷連絡が来ているので、これからでも予約しておけばすぐに買えそうなモデルもあるみたいです。

auならiPhone7のゴールド・シルバー、ローズなども今からの予約でもすぐに買えそうな雰囲気。5.5インチモデルはまだのようです。

関連記事:iPhone7/7 Plus 色・容量別入手難易度表

大体上記の記事で予想した通りの順番で、SSランクのジェットブラックはキャリア版もSIMフリー版も一切入荷連絡が見当たりません。アップルの姑息な品薄商法は今年も健在のようですね。

ドコモの入荷連絡は9月14日10時から一斉に始まります。ドコモの場合は「購入手続きを完了させた順番で出荷」されるため、在庫の確保が出来ても明日の「購入手続き」を他人よりも早く済ませないと発売日に買えなくなるので要注意です。予約時に頑張った方も、もう一争い必要ということですね。
d0262326_15480049.png
☆「ドコモオンラインショップ 予約後の手続き方法と発送・利用開始の流れ

ちなみに、在庫が確保されてから購入手続きのメールが届くはずですが、実際には確保が完了していれば「本申し込みの案内メールが届く前にdアカウントでログインして購入手続きを進める」ことが出来るそうなので、最速で入手したい方は明日の9~10時頃に予約した回線アカウントでログインしてチェックしてみましょう。

新規・MNPで購入される場合はモバイルびよりで発行中のクーポンを手続き中の「クーポンを利用する」という項目で入力できるはずです。

私もドコモで予約はしたのですが、、、届くのがめちゃくちゃ遅そうならキャンセルもやむ無しと思っていますけど、どうでしょうねぇ(´∀`;) SIMフリー版は発売日に届きそうなので良いですが、初回分以外のiPhoneに10万円の価値は無いです。それなら別のスマホレビュー用に予算を回したいですね。

4.7インチモデルはジェットブラック以外はいつでも買えそうなくらい入荷があるみたいなので、初日予約が出来なかった人もたぶん明日までには3キャリアともに連絡が来るでしょう。逆に、明日までに連絡が来ない場合には発売日入手が難しいと思った方が良いです。

ソフトバンクとドコモは取り置き期間1週間、auは3日間のはずなので、キャリア版の入荷情報をチェックしながら購入するかやめるか明日~明後日くらいまでには決断が必要です。


by ke-onblog | 2016-09-13 16:04 | スマホニュース | Comments(1)
今日9月13日より、ソフトバンクの料金プラン体系が変わりますね。データプランの料金破壊となるでしょうか。
d0262326_08131391.jpg
サービス開始直後はテザリングのオプション料金だけで1000円も掛かるというトラップ料金が炎上気味でしたが、直後に出されたauの追随プランに即座に反応して「5GB以上は繰り越せない→全量繰り越し可能、 2017年4月までテザリングオプション無料化」を発表してきました。

月間20GBのデータ通信が出来て6000円、30GBプランは8000円(税別)。基本料金自体は高いですが、1GBあたりの料金は確かにこれまでのキャリアプランに比べて大きく下がりました。

MVNOなら20~30GBくらいのデータプランも存在しますが、そこはソフトバンクとMVNOでは回線の品質のレベルが違うので、20~30GBぐらいの大容量を欲していた人にとっては、この値段で快適にネット通信が出来るというのなら悪くはないのかもしれません。少なくとも従来のSBの8GB~10GBプランよりはお得度が高いですよね。

私がちょっと気になっているのは、このギガモンスターはソフトバンクのネットと併用すると割引が増える「おうち割 セット」に対応するかどうかということ。

ワイヤレスで20GB使う人がさらに固定回線も使うかどうか、というところを考えるとセット割の対象外になる可能性がありそう(今この記事を書いている時点ではまだセット割の対象プランが古い情報のままでした)。

これまではセット割にするとデータ容量10GBオーバーで月額2000円の大きな割引が受けられますが、今日13日以降は10GBプランへの新規加入はできなくなります。10GBならともかく、20GBを家族で複数人が契約するという使い方は想定しづらいので、「複数人がセット割りを使って大きな節約」という契約の仕方がやりにくくなりそうなのです。
d0262326_08260119.png
上記が9月12日までのセット割引対象と割引額です。5GBプランはそのままだとして、他のプランはどうするのかな~と。

今この時期だと、iPhone7の契約変更とともにネット回線の契約も検討している人が多いはず。このブログで人柱をやったソフトバンクエアーもセット割の対象です。

☆「SoftBank Air

家でも外でもたくさんネット通信が使いたいという需要もあるはずなので、どう対応させるのか気になります。子回線でも満額2000円には届かなくても、多少の割引対象にするとかして欲しいですね。

今日からプランを変えるということは、ソフトバンクは今日あたりからiPhone7/7 Plusの入荷連絡を始めるのかな?auでは昨日から一部在庫確保情報が出ているという話もありますので、いよいよだな~という感じです。

ドコモはまだギガモンスター・スーパーデジラに対抗させてこないのが不思議なのですが、iPhone7発売日前には何か動きがあるのかもしれませんね。


by ke-onblog | 2016-09-13 08:34 | スマホニュース | Comments(3)
アップルの新スマホ iPhone7/iPhone7 Plusについて、3キャリアともすでに9月9日16時1分予約開始、16日の販売開始をホームページに告知を出しています。

今年は例年通りのスケジュールで、「発表から2日後に予約開始」→「予約から1週間で販売開始」というわかりやすいタイミングになりました。

もう皆さんはどのモデルをどこのキャリアで買うか、あるいはSIMフリーモデルを狙うか決心は付きましたか?どこで購入をするのかを決めたら、次は予約ルールの確認をしっかりとしておきましょう。

iPhoneの場合は他の商品販売時とは異なり、専用予約ページからの予約になったり、予約数の上限に関するルール・予約後の在庫確保日数のルールなどがあり、過去にはウェブ上から予約はできるのに、実際には予約が成立しない契約パターンが存在してキャンセルが続出したという事件もありました。

2015年の過去記事: ソフトバンクのiPhone6s予約 自動キャンセルになってしまう「予約不能なパターン」
2014年の過去記事: [重要]ソフトバンクiPhone6自動予約キャンセル原因が判明 機種変更者は要注意

2014年のことがあったので、2015年時にはSBの予約画面の前に注意事項アイコンがデカデカと掲載されていましたね~。今年も状況は同じなので、「予約が出来ないパターン」になっていないかよく確認しておきましょう。

☆「ドコモ iPhone 7およびiPhone 7 Plusの予約開始について

ドコモの場合で気をつけるポイントは、

・スタートは9月9日16時1分から
・未成年の購入不可(これは通常契約時も同様)
・在庫確保は「予約順」、配送は「購入手続き順」
・個人では1名義1台までの予約(機種変の場合は1回線ごと)、法人では10台まで
・法人購入時に分割購入不可

ドコモのオンライン予約の場合、発売日に在庫が届くようにするために「購入手続き」は発売日の2日まえである「9月14日10時」から行えるようになります。そして購入手続きの有効期間は「メール到着時より7日以内」となっているので、いわゆる取り置き期間は1週間ということですね。

ソフトバンクでも購入ガイドがもう発表されています。

☆「ソフトバンク ご購入ガイド ご自宅等へのお届け

SBでは新規・機種変更合わせて「1名義5台まで」という制限があります。これを超えると予約の優先順位が下げられることがあるので要注意です。

また、SIMフリーモデルを買うなら、iPhoneでアップルストアのアプリ経由での注文がオススメです。こちらはウェブ版よりサイトがつながりやすいので。私も今年の春にiPhone SEを買うときはアプリ経由にしました。SE時はさほど混雑は無かったですけどね^^;

iPhoneシリーズ初の防水・おさいふケータイ対応モデルとなるiPhone7/7 Plusなので、これまで防水やおさいふ機能を重視して選んできたユーザーもiPhoneに買い換えるという方が多いかもしれません。その場合は需要が供給を大きく超えて品薄になることも十分予想されますので、何はともあれ予約だけは最速で出来るように予習をしておきましょう。

キャンセルは後からだって出来ますが、初回在庫を確保するためには明日16時台の予約は必須でしょう。


by ke-onblog | 2016-09-08 21:29 | スマホニュース | Comments(0)
おはようございます。昨年はアップル新製品発表会の中継をリアルタイムでみましたが、今年は楽をして終わった頃に起きてからニュースリリースだけ見ました(笑)
d0262326_05453551.jpg
2016年モデル、事前の噂通り「防水仕様」「Felica対応」「デュアルレンズ(7Plus)」「256GBモデル」、そして新色の「ジェットブラック」および「ブラック」が追加されるなど、盛りだくさんの内容で新型のiPhone7およびiPhone7 Plusが登場しました。

簡単なまとめは「 9月16日発売決定! iPhone7/ iPhone7 Plusの新機能と歴代モデルスペック比較表」に書いてきました。スペックデータの比較はテーブルで書きだしてあります。

iPhone7は4.7インチ、7Plusは5.5インチでほぼ6s/6s Plusと同じサイズ。でもカメラが変わったのでケースの互換性がなくなりそう?ですね。7 Plusは完全に合わなくなるでしょう。

SIMフリーモデルの価格も早速発表され、最も安いiPhone7 32GBモデルが72,800円、7 Plusは85,800円でした。


さて、詳しい仕様が明らかになったiPhone7/7 Plus、人気が出るでしょうか?

iPhone6s/6s Plusから比べて確かにいろんなところが進化はしているように感じましたが・・・いずれの新機能もAndroidスマホで事足りると言えなくもない、という印象もあります。

個人的には防水・Felica対応は非常に嬉しいのですが、イヤホンジャック廃止はやっぱりちょっと・・・という感じも。

面白そうなのはやっぱりiPhone7 Plusですかね、デュアルレンズ。広角と望遠の両方を撮影し、ボケを再現するようなこともできるそうです。これも昨日も盛り上がったHuawei P9や honor 6 Plusですでに実装された機能ではありますが、これがiPhoneで出来るようになったのは面白いです。防水だし。

先日みなさんにご協力頂いたアンケートではやはり「新色」に期待を持っている方が多いようですね( [アンケート]新型iPhone7 どのモデル・どのカラーが人気になると思いますか? )。ブルーは無かったですが^^;

ジェットブラックは艶のあるコーティングがされているものの、傷つきやすいとの公式注釈が入っているのがちょっと気になります。
ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします-Apple iPhone7
そうですか~。せっかくのテカりも、ケースで覆ってしまうのではちょっとかっこ悪くなりますかね。実物を早く見たいところです。しかもジェットブラックは128GBと256GBモデルしかないんですよね。お試しで買うにはお高い・・・

でも、やっぱりプレミアム化を期待して予約をするなら「ジェットブラック 256GB」ですかね。128GBでも良いのですが、きっと品薄になるのは256です。そんなに容量が要るか?とも思いますが、相対的な生産量が多分少ないので、高騰化しやすくなると予想します。

おそらく今日中にも日本のキャリアはiPhone7/7 Plusの予約・販売についてアナウンスを出すでしょう。価格はどうせ販売開始直前まで3キャリアで腹の探り合いをするのだと思いますが、予約は9月9日16時1分開始でたぶん間違いないので、その時間のスケジュール調整を今からしておきましょう。

私は9日のスケジュールはもう万全ですよ(笑)

ドコモは一昨日発表した「ドコモ 話題の新スマホ 予約・購入キャンペーン」を一旦昨日取り下げましたが、たぶんまた今日再発表するでしょう。他キャリアもきっとすぐに対抗する施策を出してきますので、そのあたりも含めて要チェックです。

また、アップルストアではiPhone7のSIMフリーモデル追加と同時に旧モデルのiPhoneが値下げされ、iPhone SEも大きく値下げされてしまいました。64GBモデルが49800円になり、3月に16GBモデルを定価の5万2千800円で購入したのは何だったのかと思うほどに。

これでキャリア版のSE, 6sシリーズの在庫処分にも火がつくと予想されますので、旧モデルの投げ売り動向もチェックしておきましょう。iPhone7の新機能に魅力を感じない方は、きっと旧モデルの買い時が近いはず(ドコモ版は某割引システムへの投入がもうネット上では噂されていますし)。


by ke-onblog | 2016-09-08 06:05 | スマホニュース | Comments(9)
「話題のスマホ」としか言ってないので、ダイジョウブという判断なのでしょうか(→ダイジョウブじゃなかったみたいです)。

ドコモは昨年もオンラインショップ限定で予約者にポイントが当たるキャンペーンをやっていたのですが、今年もやることがもう決定しています。これでiPhone7が万が一出なかったらどうするつもりなのでしょうか(笑)

☆「ドコモ 話題の新スマホ 予約・購入キャンペーン

細かいところはモバイルびよりの記事で書いてきましたがキャンペーンの対象期間は「9月9日(金曜)~(→あのスマホ発表後に変更予定)」となっており、これはもう、そういうことなのでしょうね( ゚∀゚)アハハ 随分な見切り発車です。

昨年は予約者に500万ポイントを山分けをして、確か600ポイント弱の配布だったはず。逆算すると予約した人数が割り出せちゃうわけですが、今回は配布ポイントが2倍の999万ポイントです。これで「777万ポイント」でも面白かったですね。

今年の5月~7月頃の夏モデル購入者向けのキャンペーンでは200万ポイントを山分けでした。iPhone7用にはその5倍を突っ込んできたあたり、ドコモの焦り?が垣間見えるようでもあります。ちょうど2年前の2014年-15年頃は確かドコモが「ひとり負け」と言われていたころではなかったでしょうか。その頃のユーザー流出分を取り戻そうという腹なのかもしれませんね。


今季の山分けは人数が多くなっても500ポイント以上が絶対に貰えるという「最低ポイント保証」があります。なので20,000台以上の予約(昨年の2.3倍くらい)をドコモは想定しているということでしょうか。ドコモの契約者数・iPhone利用率を考えるとそんなところかも。

ちなみに私のiPhone発売日予想もやっぱり9月9日か10日の国内予約受付開始です(関連記事: 歴代iPhoneの発売日・予約受付開始日・発表日まとめ)。これまでほとんどのiPhoneで「発表会から2~3日後」が予約受付日になっているので、高確率でドコモのこの予約キャンペーン時期はぴったりハマるのではないかと。

ただ、発売日のほうは上記の関連記事でデータを示したように昨年iPhone6s/6s Plusは発表から2週間以上あとに発売日が設定された事例が出来てしまったため、「16日か23日」のどちらか予想を決めかねるところですね~。在庫不足で大騒ぎになるくらいなら23日でも良いかと思いますけど。

また、ドコモの既存ユーザー向けに数日前からこの時期恒例の「スペシャルクーポン」が郵送され始めているようです。今年は5400円引きだけ?みたいなのであまり魅力はありませんが・・・

ドコモでは9月から家族まとめて割のパワーアップと、下取りの条件悪化という微妙な施策変化が観測されたところなので、この後の動きも注目です。予約キャンペーンは良いのですけど、やっぱり下取りをもう少しアップしてほしいな~というところでしょうか。

一方でau, Softbankはまだ大きな動きは見えません。auはオンラインショップで「店頭受取」を9月1日から停止してますので、準備はしているみたいですね。

今回もSIMフリー版の行列販売は無いと思いますが、何事も無く販売されるのか、あるいは何らかの要因でお祭り騒ぎにならないかと今から楽しみです(´∀`)


by ke-onblog | 2016-09-06 17:45 | スマホニュース | Comments(11)
グローバルでの発売に遅れること2ヶ月半、ようやくASUS ZenFone3の国内投入時期が判明しそうです。

ASUSは9月28日午後2時より、同社のスマートフォンとノートパソコンに関する新製品発表会を行うという通達を関係者に招待状として出しており、ここでZenFone3が登場することはもう疑いないところでしょう。
d0262326_18332924.jpg
ZenFone2の発売時も海外展開をしてから日本への投入だったので今回の遅れは予想の範疇でしたが、iPhone7の発売時期よりさらに遅い時期になっちゃいましたねぇ。。。iPhone7は明後日7日発表→9日か10日予約開始→9月16日発売という予想をしています(関連記事: 歴代iPhoneの発売日・予約受付開始日・発表日まとめ)。

ZenFone3の出来の良さはすでに海外版を入手された方々によって報告されている通りでしょう。後の問題は「いくらで売られ、どのモデルが(どのような仕様で)投入されるのか」という点だけです。

☆「ZenFone 3日本版ついに発表か。9月28日Zenシリーズ新製品発表会の招待状がASUSから到着

いくら機種の性能が良くても、価格が高くては正直iPhoneやGalaxyなどの話題性の高い機種がガンガン発表されており、さらにファーウェイやFreetelといった国内展開が早いメーカーの端末が出回っている状態での販売に苦戦する可能性もあるでしょう。

また、海外版ではデュアルSIMによるデュアルスタンバイが出来ることも魅力の一つとして挙げられると思いますが、これがどうなるのか。

さらには海外では5.2インチモデル(ZE520KL)、5.5インチモデル(ZE552KL)、Ultra 6.8インチモデル(ZU680KL)、Deluxe 5.7インチ(ZS570KL), MAX(ZC520TL)というバラエティー豊かなラインナップがあります。これらの全てが発売されるのかどうか・・・

現時点で間違いなく発売されそうなのはZE520KLとZE552KLでしょう。この二つは「JPモデル」の存在が公式サイトに記載があります(参照:https://www.asus.com/Phone/)。ZE552KLに関してはすでに国内の技適も通っているそうですし(総務省のHPで「ASUS_Z012DA」という名称で検索すれば出てきます)。


ZenFoneシリーズはMVNOで取り扱われることが多いので、SIMとセットでも良いので格安で買えるタイミングが来る可能性が高いというのも楽しみなポイントです。ZE520KLであれば、海外版はすでに2万円台突入済みです。少なくともこれより安くないと購買意欲が湧いてこないところです。

☆「 Expansysで5.2インチ版Zenfone3がさらに大幅値下げ!格安の2万円台に突入

現地価格で言えばZE520KLは25000円前後のはずですが、おそらく日本で発売されれば3万円は超えちゃうと予想されます(過去の販売機種の相場から計算すると2~3割増しになることが多い)。3万円でも十分コスパは高いと思いますが、どうなるのかはあと3週間待つしか無いですね。

私も5.2インチ版が出れば買ってみる予定なので、10月くらいに技適マークのある国内版でレビュー出来る日が来るといいな~と思います(´∀`)

SIMフリー ASUS ZenFone 3 ZE520KL 3GB 32GB ブラック-Black 4G LTE (5.2inch/Full HD/Android 6.0/Qualcomm Snapdragon 625/2.0Ghz)ブラック 海外正規品 [並行輸入品]

新品価格
¥33,200から
(2016/9/6 23:11時点)


by ke-onblog | 2016-09-06 01:01 | スマホニュース | Comments(3)
これは良いです。非常に良いです。売ったら売りっぱなしになりがちな海外製品のサポートを買って出た今回の対応は素晴らしいです。

先日より話題に成っているサムスンの最新スマートフォン、Galaxy Note7の爆発事件は公式にリコール(SM-N930FD)が発表されました。

過去記事:Galaxy Note7爆発問題 韓国でリコール確定 購入された方は型番&サポート状況を要確認
関連ニュース:(CNET JAPAN)サムスン、「Galaxy Note 7」のリコールを発表--バッテリの発火問題を受け

不具合が出てしまったことは大変に残念なことではありますが、比較的早いタイミングでサムスン公式にこういった対応を出してきたことはむしろ私は好印象に感じました。まぁ、そこまで今回のトラブルは超深刻ということでもありますが・・・

爆発の原因はバッテリーにあったことが確認されており、対象となるモデルは海外で発売されたモデルも含みます。これまでに250万台が出荷されているということですので、サムスンにとっては相当な痛手ですねぇ。

バッテリー交換による無償修理は韓国では9月19日以降に実施されるということですが、身近な問題としては海外から輸入した場合のサポートがどうなるのかという点が気掛かりでした。

購入した端末の保証をしっかりと利用して元の販売エリアでのサポートを受けることが出来るスキルがあれば問題ありませんが、このブログでも過去に紹介したように、Galaxy Note7は手に入れようと思えばごくごく普通の通販感覚で買えるサイトでの売買も行われていました。

一般的な国内流通製品はメーカーからの直購入ではなく、どこかの業者による転売品でしょうから「販売者」によるサポートが期待できないかも・・・と心配でした。

しかし、中古スマホ・PCを扱うショップ・イオシスがここで神対応を発表しましたね~

私もこのアキバ中央通り店でGalaxy Note7が入荷しているという情報は掴んでいましたが、イオシスで購入した製品に関しては、イオシスが代わりに修理対応(バッテリー交換)の手続きをしてくれるみたいです。Galaxy Note7はもちろんまだ日本では売られていませんから、サポートに問い合わせる場合も最低限英語でのコミュニケートが必要になったことでしょう。

今の時代は海外通販を使ってスマホを輸入できる=英語も出来るというわけでもないでしょうし、ショップが代行してくれるのはありがたいですね~

正直言ってイオシスのGalaxy Note7の販売価格は安いとは思えませんでしたが(苦笑)、こうしたサポートが出来るのならイオシスでの海外製品購入も安心出来るというものですね。

対応は購入した店舗で行うとのことなので、イオシスからGalaxy Note7を購入した方はイオシスに連絡しましょう。今は不具合が無くても、バッテリーが爆発する可能性のあるものを使い続けるのは非常に危険なので絶対に放置してはいけません。

イオシスの店舗情報はこちら→「http://iosys.co.jp/pages/shop

お金にならないサポートですが、こうした対応をすべての転売業者にやって欲しいものですね。

by ke-onblog | 2016-09-04 07:43 | スマホニュース | Comments(1)
あぁ~、やってしまいましたね。大手スマホメーカーでこのレベルのトラブルは珍しいです。発売直後に一時的に販売停止というのは富○通でもありましたけど。

今朝方、サムスンのGalaxy Note7がドコモから発売される予兆が見られるという話をしたばかりでしたが、雲行きが怪しくなってきました。

過去記事:Galaxy Note7 ドコモからの発売はほぼ確定(SC-03H) ただし発売時期はトラブルで遅延も??

上のブログでは海外において複数件の「Galaxy Note7爆発」が起きたとされる問題で、韓国では販売キャリアへの供給が停止されていたということです。

重要:2016年9月に、Galaxy Note7はバッテリーの不具合により、公式にリコール対象となりました。問題解決前に製造された製品の利用は非常に危険ですので、販売再開まで購入を見合わせることを推奨します】

そしてその続報として、朝鮮日報が報じたところによると今日1日にもサムスン電子は韓国内でGalaxy Note7の全販売分に対してリコールを出すということです。どうやら、スマホに使われているバッテリーに不具合があったみたいですね。

☆「 (朝鮮日報日本語版) サムスン電子「ギャラクシーノート7」全量リコール実施へ

海外へ販売されたモデルでもやはりリコールの対象となる模様です。しかし、記事には「返品・新品交換」での対応ではなく、リコール対象となる場合にはバッテリーの交換・無償修理での対応になるとの記載もあります。このあたりは公式リリースを待ってから動くのが良いと思いますが、海外モデルを輸入した方はどこに連絡すべきか良く購入ショップの保証内容を確認しておきましょう。

Galaxy Note7のバッテリーは脱着式ではありませんので、交換修理の場合は販売国の現地サポートセンターに対応を要求することになるでしょう。もちろんドコモショップやauショップ、格安SIM業者に連絡してもダメです(スマホを輸入して使おうという人にそんな知識レベルの人はいないと思いますけど(苦笑)。

Galaxy Note7にはヨーロッパ・アメリカ・カナダ・中国・韓国・香港・アジアモデルなど、「SM-N930○○」という型番が付いています。所有している端末がリコール対象かどうか、また修理・交換する場合はどこに問い合わせれば良いのか混乱が広がる前に購入元にコンタクトを取ってみるのも手でしょう。誠実なところなら、もしかしたらショップ独自で返品対応などもしてくれるかもしれませんし。

どこのショップとは明言しませんが、「購入後1週間を過ぎるとショップ保証・メーカー保証も一切効かなくなる」という製品を販売している輸入ショップもあります。メジャーなメーカーであれば普通購入後1年のメーカー修理保証は付くものなのですが、それすら付かないという流通路があるみたいなので。。。

これから購入を考えていた方はしばらく様子見をおすすめします。すぐに爆発はしなくても、使っていくうちに電池に不具合が出るという状況も十分考えられるため、今買うのは危険過ぎます。

Noteシリーズは「Sシリーズ」に比べれば出荷台数は少ないと思いますが、一応のフラッグシップ機でリコールは痛いですねぇ。対応は比較的早かったようにも見えますので、傷が広がらないうちにしっかりと対処して日本への投入をおこなって欲しいですね。


by ke-onblog | 2016-09-01 15:56 | スマホニュース | Comments(0)
私も結構気になっている一台、サムスンの最新ハイエンドファブレットモデル Galaxy Note7に関して気になる情報が出ているようですね。。。

国内においてサムスンのGalaxyシリーズはドコモをメインに、KDDI, Softbankの3大キャリアがそれぞれ扱ってきた事例があります。最近ではGalaxy S7 edgeがドコモ(SC-02H)とau(SCV33)から2016年夏モデルとして発売中です。

そして最新モデルのGalaxy Note 7は海外では8月頃より販売が開始されており、輸入した方々ならすでにNote7ユーザーという方もいらっしゃるはず。

そのGalaxy Note 7は公式発表がされた8月初旬より、サムスンの日本向けサイトにGalaxy Note7の製品ページがあったことから「日本でも発売濃厚」と言われてきました。

そして現在はその日本向けサムスンのサイトに、こんなページまで出来ています。まだページの中身はほぼ空なのですが、URLの文字列に注目です。

☆「http://www.samsung.com/jp/support/model/SM-N930DZKADCM

最後の3文字は「DCM」。お察しの通り、DoCoMoのことです。SM-N930という番号がGalaxy Note7に付けられる共通項ですし、そもそも上記のページも「Galaxy Note7」のサポートページとして用意されていますからね。

ちなみにGalaxy S7 edgeのサポートページの場合は「SM-G935DZWADCM」です。SM-G935という部分がS7 edgeの共通項。

auモデルであれば「SM-G930JZKAKDI」というサポートページが作られそうですが、どうやら今のところ該当ページは存在しません。もしかしたらNote7はauから出ない(あるいは発売時期が遅れる)のかもしれません。

ドコモでGalaxy Note7が取り扱われれば、Galaxy Note3 SC-01F 2013年10月17日発売以来の、実に3年ぶりのモデルチェンジ(海外ではNote4, 5が発売済み)ということになるわけですが・・・

このブログサービスと運営が同じエキサイトのニュースにもこんな問題が取り上げられています。

☆「サムスン最新スマホGalaxy Note7がまた爆発か、消費者に不安広がる=韓国ネット「リコールするべき」「新しいアラーム機能?」

Note7、爆発するらしいですね・・・。もちろん事例は何十万、もしかしたら何百万と出荷されたうちの極一部ということのはずですが、スマホ本体が焼け焦げたような画像もネットでは出回っているようです。

爆発が事実であれ噂であれ(あるいは異常な使い方をしたケースであったとしても)、こういうトラブルが表面化してくれば国内への投入に遅延・中止も予想されますね。

Galaxy Note7はいろんな国で発売されていますので、特定の国向けに作られたモデルに問題があるのか、すべての機体に影響するような根本的な問題なのかが気になるところ。過去記事(5.7インチになったGalaxy Note7 SM-N930FD 約9.2万円で予約販売開始 )でも少し紹介していますが、Note7は発売エリアによって末尾の型番が違います。モデルごとに搭載されるCPUに違いもありますので、すでに海外から購入された方は引き続き情報収取を続け、もしトラブルの起きているモデルと同じであると判ればしばらく使用を控えたほうが良いのかもしれません。。。

ニュースには「韓国で」ということなので、”SM-N930S”というのが韓国版になるはずです。これは日本のアマゾンでも並行輸入品として売買されていたことを確認していますので、要注意ですね。

バッテリーが発火・爆発したというのはiPhoneでも他のAndroidスマホでもこれまでに海外では話題になることがあったはずですが、本当に通常通りの使用で爆発するようではデンジャラス過ぎますので、もしドコモから発売するのであればきっちりと安全性を確かめた上でリリースして欲しいものです。

間違ってもiPhone 7と対抗させるために検証が不十分のまま売りだされ、トラブルが起きるということが無いようにしてほしいところです。せっかくGalaxy S7 edgeで少し日本での評判が上がってきた(?)ところなので、しっかりとした対応を期待したいですね。

Galaxy Note7を狙っていた方は、今後のサムスンの動きにも注意しておきましょう。


by ke-onblog | 2016-09-01 07:47 | スマホニュース | Comments(6)
来ましたね!アップルの新製品発表会、2016年は9月7日(水曜日)で確定しました。毎年発表前からさまざまな憶測情報・リーク情報が飛び交うのでおよその予想は付いていた方も多い(というか、毎年ほぼおなじスケジュールなので誰にだって予想はできます)と思いますが、「関係者への招待状」+「アップルのウェブサイトでの告知」が出たので、もう間違いありません。

☆「http://www.apple.com/apple-events/september-2016/

もちろん、まだ新型のiPhoneが発表されると公表されたわけではないものの、4.7インチ・5.5インチモデルのiPhone7およびiPhone7 Plusが出るのでしょう。
d0262326_08494192.png
新モデルでは防水に対応するだとか、FeliCaを搭載しておさいふケータイとして日本でも使えるようになるだとか、いろいろな噂がやはりすでに出ていますね。あとは16GBモデルがなくなり、32GBモデルから256GBモデルも用意されているとかなんとか。

iPhoneは無印→翌年の「同じ数字のs」が付くモデルはマイナーチェンジ、「s」→ 「数字が増えた無印」はモデルチェンジとして多くの変更が入るのが通例です。しかし、現在出ている噂ではサイズは同じという話ですね~

これまでなら、

iPhone4/4s : 3.5インチ
iPhone5/5s/5c:4.0インチ
iPhone6/6s:4.7インチ
iPhone6 Plus/6s Plus:5.5インチ

このように、少しずつ数字が大きくになるにつれてディスプレイが大きくなってきたものですが。。。3GS→ 4ではサイズは同じまま画面の解像度がアップしたので、6s→7でも解像度に変更があったりして???あとは電池容量は微妙に変わったりするのかもしれませんね。

まぁ、新型の性能については後1週間待てばはっきりすることですし、リーク情報もどこまで信じたものか判ったものではないのでこれくらいにして、、、そんなことより気になるのは「発売日」の時期ですね~

発売日についてもおそらくは9月7日の発表会中に発売国とともに出てくるはずですが、発表会→発売日までの期間はこれまでにも結構ばらつきがありました。2014年までなら9月7日発表なら翌週の金曜日にあたる「9月16日発売」が濃厚と予想されるところだったのですが、2015年のスケジュールに近いのなら「9月23日」くらいになってもおかしくありません。

発表日は金曜日が選ばれる確率は非常に高いので、iPhone7を発売日に入手したい方は16日と23日のスケジュールを空けておけばOKでしょう。SIMフリーモデルの当日販売分の行列は無さそうですけどね(苦笑)

ただ、それでも発売日購入を目指すなら予約はやっぱりしたほうが良さそうです。私は今年3月にiPhone SEをアップルオンラインストアで予約しましたけど、当時はかなりあっさりと予約が出来て「SEは在庫いっぱいあるのかな~」と思ってしまったのですが、蓋を開けてみればキャリア版は1~2ヶ月経ってもなかなか在庫が揃わないという残念な流通っぷりでしたし。

ドコモだとウェブの「☆「ドコモオンラインショップ」で予約すると「発売日に自宅へ届く」というのを昨年あたりから強くPRし始めていますね。アップルストアのSIMフリー版も即予約をすれば発売日に届きますが、キャリアでのウェブ契約でも事前手続きが出来るようにシステムを変えたからなのだそうで。

また、ウェブ予約といえば以前どこぞの家電ショップのサイトで「予約の事前予約」をやって、ちょっとした騒ぎになったこともありましたねぇ。結局すぐに受け付けは停止されたと記憶していますが、予約が出来てしまった人はその順番で買えたというような話もあったはず。このあたりの「フライング予約」にも注意しておきましょう(笑)

発表会で発売日が確定してから、iPhoneの予約開始までは数日間の準備期間があるのが通例なので、そこでまた作戦を練ればよいでしょう。

さて、私はiPhone7, 7 Plusどちらを買おうかな・・・やっぱり両方?(´∀`;)

あ、9月7日といえば昨日の記事「Huawei P9が半額セールに登場 楽天モバイル200台限定33,912円」と同じ日程でもありますね・・・。忙しい一日になりそうです。


by ke-onblog | 2016-08-30 08:52 | スマホニュース | Comments(0)