白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

すべての機種で、というわけではないですが、ドコモがこの夏に発売した新しいスマホ機種の白ロム相場はかなり下がっており、そろそろMNPを使った転売法では利益を出すのが困難なレベルになってきました。

ドコモの夏スマホ白ロム相場を見ると、先週くらいまで人気が高かったXperiaSXの相場もグッと下がっています。

品薄でプレミア価格とまではいわないものの、定価近くでも即売していたXperia機種も、今は定価から1万円以上は引かないと白ロムが売れにくくなってきました。

定価が6万円なので、MNPで5万円引きのキャンペーンを利用したとして、本体を1万で入手、Xiと2年契約の解約違約金が1~2万円くらい掛かります。5万円以上で売れればまだ利益は出せるかもしれませんが、ちょっと手間に合いません。


明日発売のjojoスマホなら転売は可能です。すでにプレミアがつくことはほぼ確定なので、もし入手確定しているなら、10万以上でも売れるでしょう。


それ以外の次の白ロム転売チャンスは秋モデル以降となりそう。ただ、iPhone5が出ると市場がアイフォン一色になること確実ですので、、、。海外からiphone5を輸入して転売するのもいいかもですね(個人で輸入・販売をするなら事業登録が入ります。無許可で販売まですると捕まりますよ。アマゾンマーケットプレイスなどを使うならいいですけど)
by ke-onblog | 2012-08-29 16:19 | 白ロムコラム | Comments(0)
ドコモが早くも秋モデルのスマートフォンを発表しましたね。タブレット機種は転売には向かないので、省略です。

今回の新しいスマホ3機種は、コンパクトなアクオスフォン、ハイスペックなオプティマスG、中国産スマホのアスセンドという機種。

この中でもっとも人気が出そうなのは、シャープ製のAQUOS PHONE si SH-01Eですかね。コンパクトながらハイスペックというXperiaSXのコンセプトと似ています。予想価格はやはり一括定価で6万円半ばくらいでしょうか。転売するにはやや安めになると思われるので、微妙なライン。

一方、Optimus G L-01Eが超ハイスペック機種になっています。1.5Ghzのクアッドコア、メモリRAMも2GBと過去最高スペックであり、さらにバッテリーも2210mAhと大きいですね。

ARROWS X F-10DのCPU性能とGAALXY SIIIのメモリ容量という、夏スマホの最高峰を両方取り入れた機種です。


予想の定価は8万円台から9万円前半くらいでしょう。MNPをうまく使えば4万円程度で入手、違約金を支払っても数万円の利益が出せる可能性ありますね。

ただ、ハイスペックなのはいいんですが、LG電子というのはイマイチ。オプティマスシリーズは人気があまりないので、白ロム価格も下がりやすい機種です。うまく売れれば良し、売り残してしまうと損失が出かねないと予想します。


auやソフトバンクも秋モデルを近々発表するかと思いますが、あちらは完全にiPhone5待ちなので、転売も難しいかな、という状況です。
by ke-onblog | 2012-08-29 01:21 | 白ロム転売法 | Comments(0)
8月上旬に発売されたばかりのドコモの新機種、XperiaSX SO-05Dが9月、10月の予約分を以って生産終了になるとの噂が実しやかに流れていますね。


オレンジ色については、複数のショップ店員や、販売店での広告にも掲載されていた情報から販売終了はほぼ確定。在庫があるから売れていただけで、やはりほかの白・黒に比べれば人気はなかった模様。


生産終了の原因は、スマホに使われるチップが確保できず、追加生産の見通しが立たないためだとか。シャープのアクオスフォンSH-09Dも同様にこのままフェードアウトは間違いない。

同時期に発売されたXperiaGXではそのような話は聞かないが、使っているパーツに共通部分もありそうなので、そちらもそう長くは販売が続くとは思えないですね。


では、白ロムの価格が上がるか?と言われれば、正直微妙です。まだ2ヶ月くらいは市場にも出回るだろうし、プレミアが付くほど台数が少ないわけでもない。定価以上のお金を出すくらいなら、他機種へ流れると思われます。

値段は下がりにくくなりそうですので、とりあえず使っておいて、ほかの機種に変えたくなったら中古白ロムとして売り飛ばす、というのが賢い選択かと思います。
by ke-onblog | 2012-08-24 17:33 | 白ロム転売法 | Comments(0)
さきほどヤフーのニュースで昨日発売予約が開始されたJOJO L-06Dの予約に関する記事が出ていた(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120818-00000008-zdn_m-mobi)


おそろしいまでの長文で、ステマがされている。。。大して面白いことが書いてあるわけではないので、読む必要はありませんよ(笑)


とはいえ、JOJOスマホ、やはり話題性はバツグン。転売にはもってこいの機種ではありそうですね。


ドコモショップでの実売価格は95000円ほどらしいです。ちょうどエヴァンゲリヲンとのコラボモデルSH-06D NERVと同じくらい。最近のエヴァスマホの白ロム相場はこちらの白ロム情報サイトによると、8万円前後になっている。

発売直後は10万円以上の高値でも取引されていたことから、このジョジョスマホも同じく発売直後なら10万円台での転売も可能かもしれません。

ニュースで予約に走ったひとも、大半はファンではなく転売ヤーだったのではと思いますよ。MNPを使った白ロム転売をすれば、3~4万くらいの利益がえられる可能性がありますからね。


もしJOJOスマホの転売をしようと考えているのであれば、発売直後なら9~10万円程度、発売後1ヶ月なら8万円台くらいでの転売価格が適切でしょう。


白ロム転売は時間との勝負です。売るタイミングを逃さないように気をつけてください。
by ke-onblog | 2012-08-19 11:20 | 白ロムコラム | Comments(0)
白ロムを正攻法で転売するためには、ほとんどの場合でナンバーポータビリティ制度(MNP)を使わなければ利益を出すことが出来ません。


電話番号をそのままにキャリアを移動するMNPを利用することによって初めてキャッシュバック特典などが得られるわけです。

しかし、MNPをする場合にはパケットプランや2年契約が必須になりますし、短期間になんども同じ番号でMNPを繰り返すことは、キャリアに目を付けられてしまう可能性があります。

とくに契約1年未満のMNPには高額の違約金が付けられるなど、対策も講じられ始めています。


そこで、SIMを契約した後、低料金の維持費で電話として使わずに保管しておく、「SIMを寝かす」という手法が大切になります。


たとえばソフトバンクでガラケーとiPhoneを持ち込み機種変更で契約をし、パケ放題プランなどを結ばずに、キャンペーンを利用することで月額5円で維持することができます。この状態で数ヶ月保持してから他社にMNPで白ロムを入手するときに使うわけです。

これでほとんど事務手数料だけでちゃんと期間が経っている回線が作れますので、キャリアに怪しまれること無く転売用の回線が作れます。
by ke-onblog | 2012-08-18 14:43 | 白ロム転売法 | Comments(0)
3大キャリアの夏スマートフォン機種がほとんど出揃いました。まだ一部機種は残っていますが、主力は8月上旬で出尽くした感じです。

白ロムの転売は、販売直後が鉄則なわけですが、8月後半でも利益が出せる(当サイトで紹介している転売方法:MNP利用、ちゃんと解約手続きを踏んだ正攻法にて)機種を挙げてみます。

>ドコモ
・Xperia SX SO-05D
・Xperia GX SO-04D
・AQUOS PHONE ZETA SH-09D

・JOJOスマホ L-06D JOJO (予定)

エクスペリア2種は今でも在庫が少なく、需要が多いため間に合います。ゼータは人気はあるのに品薄なので在庫さえ見つけられればプレミア価格を吹っ掛けても売れるかも。こちらのサイトで夏スマホの白ロム相場がわかります。

>au
・転売に向く機種なし。iPhone5待ち。

>ソフトバンク
・AQUOS PHONE 102SHII

106SH Xxもあるが、あちらは不具合が多すぎて転売の信頼性にも関わるのでオススメしません。
by ke-onblog | 2012-08-16 10:00 | 白ロム転売法 | Comments(0)
白ロムの転売方法を当サイトで紹介していますが、正しい手順に従って契約を行い、ちゃんと解約してから転売をしないと、普通に逮捕されます。先月は白ロム転売での逮捕者が出たというニュースにもなっていました。


記事タイトルにも書きましたが、携帯電話の会社にはブラックリストというものが実在します。


このブラックリストは、分割端末料金や通信費用を未払いのまま滞納したりした場合に、大手キャリアで滞納者のリストを共有し、新たに回線の契約を結ぶことができなくするために用いられます。

ブラックリストに乗ってしまうと、国内のほとんどのキャリアで二度と携帯電話回線を契約することが出来なくなるといわれています。


転売用に端末を買った場合でも、端末を分割にしたなら残債をすべて支払い、解約金を払っておかないと、ブラックリストに入れられてしまいますし、料金を払ってないわけですから、訴えられます。


人気機種ならば、ちゃんとMNPを使い、解約金を支払っても利益を出せるはずです。欲に目がくらんで未払い金を残したまま転売するのは絶対に止めましょう。
by ke-onblog | 2012-08-14 13:58 | 白ロム転売法 | Comments(0)
8月10日に発売されたハイスペックなのにコンパクトな新しいエクスペリア機種、SO-05Dが人気になっています。


ほぼ同時発売となったXperia GX SO-04Dはまだ在庫があるのに、SXの方はショップでも在庫切れが増えています。


白ロム需要もSXの方が断然高く、定価はGXの方が一万円くらい高いのに、白ロム相場は完全に逆転しています。安くても定価近くの6万5千円くらいがSXの平均相場になっているようです。 ⇒SO-05Dの相場価格

当サイトで販売前に予想したとおりの展開。GXはスペック自体は高いのですが、在庫数も多くて価格は5万円台前半まで急落していますね。

もし転売用にGXを買ってしまったなら、速攻で売らないと利益が出なくなりそう。


SO-05Dは増産の予定があるのかどうかわかりませんが、今のところ店舗での在庫がほとんどないので、白ロムも需要と供給バランスがあっていないので、白ロム特需となっています。


ちなみに、15日にARROWS Meという機種も出ますが、あちらはコンパクト差はありますが、機能がイマイチなので、、SXほどの人気は出ないと思います。不具合の富士通製ですし。
by ke-onblog | 2012-08-13 23:31 | 白ロムコラム | Comments(0)
8月9日にエクスペリアGX SO-04D, そして今日はXperia SX SO-05Dが発売になりました。


思ったよりも在庫が少ないようなので、転売用に入手できた人はラッキーですね。


それぞれの白ロム相場情報によれば、発売日当日はプレミアすら付いた価格での販売を試みる業者もいるようです。


さすがに定価以上で売るのは厳しそうですが、定価並みの値段でも即売が期待出来ます。SXで6万弱、GXなら7万円強くらいが発売日当日としては妥当な価格だと思われますね。


MNPで購入し、違約金・解約手数料を支払っても1,2万円の儲けが出せるのではないでしょうか(違約金を払わずに転売すると捕まります。分割支払いにして、そのまま転売しても捕まりますから気をつけてください。)。発売日直後は転売目的で在庫確保した人が一気に売りに走るので、値下がりが進む可能性も高いです。

もしもSO-04DやSO-05Dを売りたいならスピードが命です。とくに、公式オンラインショップでもすでに売り切れているので、白ロムの需要も高くなっているはずです。
by ke-onblog | 2012-08-10 14:24 | 白ロム転売法 | Comments(0)
転売目的で買った新品の白ロムじゃなくても、中古の携帯電話やスマホもショップなどで売ることが出来ます。

店舗によっては、機種変更するときに古い電話をリサイクルに出すからといって回収しているところがあると思いますが、ちゃんと売れるものをタダで手放すなんてもったいないので、白ロムにして売った方が絶対にお得です。


とくにハイスペックなスマホやガラケー機種だと、多少傷がついていたとしても売ることが出来ます。

状態による価格の変動はこちらのサイトが参考になります⇒白ロムを高く買い取ってもらうコツ


むろん、綺麗な状態の方が買い取り額は高くなるわけですが、かなり塗装が剥げてしまっていても、人気機種ならば万単位での買い取り査定がつく機種は幾らでもあります。


たとえば、発売されたばかりのスマホ機種を地面に激しく落としてしまったとしても、液晶部分に大きな傷がなければ、それなりの高額が期待できます。液晶面の傷はどうしても気になるものなので、査定が厳しくなりますけど。


また、状態が綺麗なら、すでに販売終了しているような古い機種でも白ロムの需要はあるため、売ることが可能ですね。


売値は下がりますが、付属品が一切無い、本体だけの状態でも売れると思います。ただし、電池パックは絶対に必要です(動作確認ができないからです)。

むしろ、電池パックがついていない機種を買い取っている業者は信用ならないので、利用しない方がいいです。
by ke-onblog | 2012-08-07 07:34 | 白ロムコラム | Comments(0)