白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2013年 01月 ( 42 )   > この月の画像一覧

旧モデルのアイフォンが最大容量モデルでも一括0円というキャンペーン情報です。

情報掲載ショップ:auショップ千城台店


iPhone4Sの64ギガモデルは定価は6万円くらいしましたので(今はもう新規ではauの取り扱いはないのかな?)、値引率としてはかなりのものですね。

条件は誰でも割、ISNET、スマパスなどの各種プランと有料コンテンツも必要そうです。

iPhone4Sを白ロムで転売するなら、64GBモデルでも4万円前後が相場です。ということは、有料契約とプラン解除・違約金を4万円以下に抑えられれば、MNP転売が成り立ちます。細かい条件がわかりませんが、それでも解約しても4万円を超えることはないでしょうから、たぶん利益が出せるでしょう。

4Sのキャンペーンは結構やっているショップが多いので、狙い目かも知れませんね。

ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると、やる気がでて更新頻度が上がりますので、宜しくお願いします⇒
by ke-onblog | 2013-01-06 05:21 | キャンペーン情報 | Comments(0)
昨年12月に発売され、今一番auで人気があるスマホ(アイフォン除く)と見られるHTCのHTL21を白ロム転売するシミュレーションをしてみましょう。

ネットで調べたところ、MNPを使ったキャンペーンでは

・MNP+コンテンツ20個×2ヶ月、パケホプラン強制で一括49800円
・MNP or 新規、2年縛りのプランで48300円

ってところがありました。定価が8万円近いので、MNP一括0円には多分1年以上経たないとムリですね・・・。

で、白ロムショップで最安値はケータイアウトレット の在庫で57000円くらい。これは相当安いですね。

個人がヤフオクで売るなら5万円台半ばが限界でしょう。MNPを使い、コンテンツを買えば5万5000円くらいの出費になってしまいますので、もうこの時点で白ロム転売はアウトですね~。

もっと安いショップがあれば別ですが、人気機種はキャンペーンでの値引き幅がどのショップでも小さいので、転売しても利益がほとんど出ない場合が多くなり、HTL21も例外ではなかったというところです。

今転売するならちょっと型落ちした機種を、大きなキャッシュバックキャンペーンを打ち出しているところを探すことをオススメします。
by ke-onblog | 2013-01-05 17:00 | 白ロム転売法 | Comments(0)
個人でスマホの転売を行う場合、多くの人はヤフオクが手軽ですが、アマゾンマーケットプレイスを使って白ロム転売することもひとつの手です。

アマゾンを使う利点は、なんといっても購入層・閲覧者が多いことです。オークションでは注目を浴びなければ格安で落札されてしまう可能性もありますが、アマゾンなら利益が出せる出品価格を決められますしね(もちろんヤフオクでも価格を高く設定すればいいんですけど、それだと入札者はやっぱり少なくなります)。

実際に白ロムを転売するには、販売価格から各種の手数料が引かれたりします。たとえば、auのiPhone5、64GBモデルを7万円で売ろうとすると、

販売価格70000+配送料450円-販売手数料(エレクトロニクス類なので1割=7000円)- カテゴリー成約料100円- 基本成約料100円-実際の送料1000円くらい=手元に入るには62000円くらいになるでしょうか。

MNPを使って安く仕入れられればいいですが、手数料が1割ってのが結構大きいです。

ちなみに、2013年1月時点で、64GBモデルでもアマゾンでは6万円以下、5万円半ばが相場です。

iPhone 5 64GB au [ブラック&スレート] 白ロム

新品価格
¥55,400から
(2013/1/5 12:09時点)




オークションなら5万円以下でも転売は難しくなっているため、この差がオークションが有利か、アマゾンが有利か、という際どいところになるわけです。

ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると、やる気がでて更新頻度が上がりますので、宜しくお願いします⇒
by ke-onblog | 2013-01-05 12:12 | 白ロム転売法 | Comments(0)
昨年9月に発売されてから早三ヶ月、さすがにiPhone5熱も冷めてきました。

どころか、冷め切ってしまいました。。。話題はもうiPhone5Sのようです。

iPhone5の白ロム相場価格はかなり下がっており、購入者にとっては嬉しい状況。

auの場合、iPhone5の白ロム相場価格によれば、16GBモデルで5万円前後です。

MNPを使って、いろんな条件付ならiPhone5も一括0円で買えるショップもなくは無いみたい。たとえば、2台同時にMNPするとかです。

通常のMNPだとまだ頭金1~2万円くらいは要るかもですね。購入してすぐに売るなら、違約金も要りますし、転売の旨みはあまりないかも。iPhone5の白ロム在庫はすでに飽和状態のため、大手ショップが値下げしてくると、個人では手間の割りに利益は薄くなってしまう、という状況に陥っています。

キャンペーンで安く仕入れればまだ転売も出来るかもですが、なかなか難しい状況のようです。
by ke-onblog | 2013-01-04 13:22 | 白ロムコラム | Comments(0)
ソフトバンクの2011年冬モデル102Pのキャンペーン情報です。

ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると、やる気がでて更新頻度が上がりますので、宜しくお願いします⇒

対象店舗:ドスパラ横浜駅前店

102P自体はすでに時代遅れもいいところなので、白ロムで転売しても1万円にもなりません。が、キャッシュバック額が4万円は結構デカイです。

有料コンテンツ12点を2ヶ月利用することが条件らしいです。個々の内容はちょっとわかりませんが、1つ300円くらいだとして2ヶ月で7200円、そこで全て解約してから転売すれば利益が出せるかもしれませんね。違約金が9975円で、本体は0円なので分割になっていませんし、2ヶ月分のプラン維持費が1万円くらいなら、

CB(+40000円)-契約手数料3150円-維持費10000円-違約金10000円-コンテンツ7200円+白ロム転売費8000円くらい=トータルで1万5000円

くらいの利益がでるかも。4万円のキャッシュバックはそのくらいインパクトがありますね。
by ke-onblog | 2013-01-04 12:52 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ヤフーオークションを使って個人で白ロムを転売する場合のコツを書いてみます。

ヤフオクでは、商品の詳細を色々書くことが出来ますが、必ず書いておくべきなのは以下の6点です

・機種の型番・名称
・製品番号
・状態(新品・新品同様・美品・ジャンクなど)
・付属品

・送料に関して
・公式機種紹介ページへのリンク


公式へのリンクが貼ってあれば、機種のスペックはあえて細かく転載する必要はありません。それでページがごちゃごちゃとするほうが印象が悪くなるからです。

製品番号は必ず書きましょう。携帯・スマホの固有番号・製造番号の掲載はヤフオクの利用規約で義務付けられています(盗品や赤ロムを事前に入札者がチェックできるようにです)。

商品の状態は、新品以外は個人的主観が入ってしまうので、難しいところ。1年以上使っておいても、新品同様、なんて書いて売っている人もいるでしょうけどね。ココはオークションというシステムの駆け引きです。大げさに書いて信頼を下げてしまうか、正直に書きすぎて落札額が低くなってしまうかは、あなたの腕次第ってことですね。ただ、ウソを書いてはダメです。

付属品に関してですが、よく「写真に写っているものが全てです」という書き方をしている人がいますが、これもあまり印象がよくありません。箱や保証書(記入有無も)、ケーブルや取説があるか、詳しく書いてあげたほうが入札は増えます。

コツ・写真編も合わせてご覧下さい。
by ke-onblog | 2013-01-04 04:42 | 白ロム転売法 | Comments(0)
個人でスマートフォン・携帯電話を転売する場合、ヤフオクを使う人も多いでしょう。

ヤフオクでの白ロム転売では、自分で出品・取引・発送をやらなくてはいけませんが、直接顧客と売買が可能なので、その分利益が大きいのも確か。

白ロムに限りませんが、ヤフオクで上手に落札してもらうコツとして、写真の撮り方というものがあります。

特に白ロムの場合、新品未開封のまま転売する場合でも、必ず実物の写真を自身で撮影してアップしましょう。
よく公式ホームページなどの写真をコピーして掲載している人がいますが、それだと入札者が少なくなります。理由は、いたずら出品や在庫が確保できていないのに販売していると思われるからです。

もちろん著作権違反でもありますので、本当はゼッタイやってはだめなんですけど。

写真撮影のために開封したほうが、いっそ未開封品よりも入札者としては安心できるものなのです。そもそも、未開封と言うこと自体が、購入するときに店頭でチェックしているはずなのでありえないです。

写真はなるべく複数、ディスプレイの接写と、傷がつきやすいフレーム角などをアップにして撮影したものがあると良いです。

カメラは携帯やスマホのものではなく、できればちゃんとしたデジカメを使いましょう。スマホで撮る場合は画質を最高画質に設定することもお忘れなく。

オークションの価格は写真の撮り方一つで数割変わる、ともいわれていますので、どうせなら綺麗な写真を使って少しでも利益を上乗せしたいですね。

ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると、やる気がでて更新頻度が上がりますので、宜しくお願いします⇒
by ke-onblog | 2013-01-03 11:54 | 白ロム転売法 | Comments(0)
個人で白ロムの転売でもっとも利益を出せるのは、やはり新品を売るやり方です。個人の中古品販売と言うのはとても難しいものなのです。なぜなら、信頼できない相手から、中古品を買うのはリスクが大きいから。

当たり前と言えば、当たり前です。オークションなどでは、そのリスクを負ってでも安く買えるから購入する人がいるわけですが、当然価格面ではかなり抑えて出品しなければなりませんね。

普通に自分で使っていたスマホ・携帯電話を売る場合、業者に売るか・自分でオークションで売るかのほぼ2択です(アマゾンで売るっていう手もありますけどね)。

業者に売る場合、オークションよりもどうしても買取額は安くなります。一番メジャーなのはゲオ系列のSmarket(スマーケット)というところ。業者買取はなるべく大手のほうがいいです。理由は、中古品の販売は知名度が命だからです。信頼が高い=相場より安く価格設定をしても、薄利多売で商売が成り立つ⇒買取価格も高くてもやっていける、という仕組み。

白ロムの買取業者は何十社もありますが、ゲオに勝てるところはそうそうありませんね。


そして、個人転売でゲオで売るより儲けるためには、自分で売るしかありません。ヤフオクならプレミアム登録が必要ですが、たかだか数百円で個人出品が簡単に出来ます。

ただ、自分で売る場合にはやはり、それなりの手間が掛かります。ヤフオクにしても自分で販売ページを用意し、落札者と個人情報をやり取りし、商品の発送も当然自分でやるわけです。慣れてくれば大した作業でもないですが、個人が初めて・たった1回だけやってみる、となるとその利益は労力に見合わない場合もあるでしょう。

個人の白ロム転売は、どこまで手間をかけて・どれだけ利益が出るのかを自分で妥協できるレベルに収めることが重要になる、ということですね。
by ke-onblog | 2013-01-03 03:01 | 白ロム転売法 | Comments(0)
ショップのキャンペーン情報です。

対象店舗:モバワン調布店

ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると、やる気がでて更新頻度が上がりますので、宜しくお願いします⇒

ISW13HTは2012年夏モデル、IS12Sは春モデル。どちらも型落ちしていますので、白ロム相場はそんなに高くないですが、一括0円なら結構お徳。白ロム価格情報によれば、ISW13HTなら2万円程度で転売できるでしょう。回線を自分で持ち続けるなら(違約金を払わない転売法)、利益が出るかもですね。

条件は店舗問い合わせだそうです。

*情報が古くなると、キャンペーンは終わっている可能性がありますので、ご了承下さい。
by ke-onblog | 2013-01-02 02:13 | キャンペーン情報 | Comments(0)
スマホや携帯電話の発売時期は、今は2012年冬春モデル、ということになります。

2012年の冬から2013年の春にかけて発売される機種はドコモとauではすでにほとんど全ての機種が発売されているはず。

これから発売される機種で注目なのは、ソフトバンクのAQUOS PHONE Xx 203SHくらいでしょうか。アクオスフォンダブルエックス。

これはXxは106SHとして昨年発売されていたモデルのプラチナバンド対応・アップグレードバージョンになっています。で、ドコモからはAQUOS PHONE ZETA SH-02Eとして発売されているものの双子機種と言えます。

このゼータはこの冬モデルで一番人気となっており、SBからの販売も、多少出遅れ感はあるものの、人気が出る可能性もあります。発売は3月上旬となっているので、ドコモ版よりもほとんどワンシーズン遅れになっちゃってますが。

ARROWS A 201Fというのも2月に発売されるようですが、こちらは転売は望み薄。同じくドコモのF-04Eと被ってますし、シャープのSH-02Eの評判がいいので、わざわざ富士通のアローズを購入する人がどれだけいるか、ってことになりますね。

SBの機種は元値が高め(最近はそうでもない機種もありますけど)なので、上手く安く仕入れて転売できれば利益を出す余地もあるかな~、どうかな~、といった具合です。


ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると、やる気がでて更新頻度が上がりますので、宜しくお願いします⇒
by ke-onblog | 2013-01-01 15:14 | 白ロム転売法 | Comments(0)