白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2013年 01月 ( 42 )   > この月の画像一覧

今回はCB=cash back,キャッシュバックつまり、現金還元キャンペーンについて語ってみます。

新機種をショップで購入するときには滅多にキャッシュバックキャンペーンをやっているお店はありません。なぜなら、そんなことしなくても売れるからです。

しかし、発売から半年も経ち、型落ちモデルとなった機種ではしばしば2~3万円のキャッシュバックキャンペーンをやっているお店もあり、これを活用して白ロム転売で利益をだす方法があります。

たとえば、つい先日私の近所の携帯ショップにて、auの2012年春モデルAQUOS PHONE SERIE ISW16SHがMNPを使うと一括0円+CB25000円というキャンペーンをやってました。

これを見たとき、私は結構びっくりしたのですが、ISW16SHの白ロムって、ヤフオクで転売しても2-3万円くらいなら売れると思います。もちろんMNPの条件に2年契約やパケットプランに入る必要はありましたが、スマホを良く使う人なら普通に加入する程度の条件で、本体支払いが済んだスマホが手に入るわけです。

auの別の安いスマホ白ロムを1万円くらいで購入し(いまや1万円以下で買える白ロムというのも結構ある)、ISW16SHは転売、キャッシュバックも25000円貰えば、総額で4万円くらい儲かっちゃったりするわけです。

このように、型落ち旧モデルのキャッシュバックキャンペーンは、契約の条件をよく見る必要はありますが、場合によっては簡単に数万円の利益を出せたりします。

新機種は売りやすくはありますが、こうしたキャンペーンの活用も白ロム転売の方法としてしっかりと抑えておくべきでしょう。

ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると、やる気がでて更新頻度が上がりますので、宜しくお願いします⇒

*当サイトはリンクフリーですが、サイト内の文章の転載・コピーはご遠慮下さい。もし引用したい場合はコメントにてご連絡下さい(非公開コメントで構いません)。
by ke-onblog | 2013-01-01 09:43 | 白ロム転売法 | Comments(0)
皆様、明けましておめでとうございます。

去年もいろんなことがありましたが、今年も良い年となることを祈りつつ、2013年の白ロム市場を先読みしてみましょう。

最近、スマートフォンはどんどん高性能になっていくのにつれて、価格も若干上昇気味です。

1台あたり6万円、7万円は当たり前、最高スペック機種だと8万円台は避けられない状況が続いています。
ここまで価格が上がってくると、なんらかの割引・値引きを使って買うのが当たり前になってきています。

ここで白ロムの強みは、購買者に最も訴えやすい現金価格による値引きとなるわけです。ショップ購入に比べて圧倒的な安さを提供してこそ、白ロム転売の存在意義があるわけです。

昨年の春頃から、auで発売されるスマートフォン機種はキャリア間SIMロックフリーと呼ばれる仕様になっており、au同士でSIMサイズが同じなら、手続きなしですぐに利用できるという、白ロム転売に追い風となる仕様変更となっています。

これに伴い、2013年も白ロム転売はますます需要が増え、マーケット規模拡大が続いていくと期待しています。


2012年はiPhone5の年となりましたが、2013年以内に完成版といえるiPhone5Sの発売もほぼ確実。国内メーカーも毎シーズン新しい機種を出し続けるという状況は、機種変更を安く行いたいユーザーをターゲットにしやすいともいえます。

今年も転売のタイミングを逃さず、人気機種を手堅く売って小遣い稼ぎをやっていきたいと思います。

☆ブログランキングに参加しています。ポチっと応援していただけると、やる気がでて更新頻度が上がりますので、宜しくお願いします⇒
by ke-onblog | 2013-01-01 06:28 | 白ロム転売法 | Comments(2)