白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2013年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

人気機種の宿命ですが、XperiaZ SO-02Eの白ロム相場は発売5日目にして定価よりも2万円以上安い5万円台に突入です。

対象店舗:ケータイアウトレット


ケータイアウトレットはネットショップです。これまでの最安値は59800円ですが、さすがに即売れてしまったようで、今残っているものの最安値は62800円でした。それでも相当安いですけどね。

この最安値もすぐに更新されるでしょうね。普通に機種変更して8万円を分割で支払うのがバカに思える安さです。

ここまでくると白ロム転売としては個人転売だと利益が薄いですねぇ。業者だから出来るレベルに突入しだしています。まだ赤字にはならないと思いますが、契約の手間・発送の手間を考えると、ちょっと悩んでしまうところです。

もう今からXperiaZ SO-02Eを購入して転売しよう、と考えているなら相当MNPで良いキャンペーンを見つけないと厳しいですね。2台一緒にMNPできる人ならまだ行けそうですが、それ以外はちょっと。

白ロムで購入するにはそろそろいい時期に入ってきています。値下がりを待とうと思えば1ヶ月でも2ヶ月でも値段は少しずつ下がり続けるので、欲しいときが買い時です。



by ke-onblog | 2013-02-13 14:01 | 白ロム転売法 | Comments(0)
インターネットでMNPについて調べると、「正規代理店」を名乗るショップが多数あります。これらはauやソフトバンクから契約・販売を代行しており、本家のショップよりも大きなキャッシュバックキャンペーンを行っている場合があります。

たとえば、ソフトバンクの代理店 「乗り換え.com」では最大70000円のキャッシュバックがあります。

MNPといえど、7万円の割引は通常ショップでより1,2万円は額が多いです。

なぜこんな価格がキャッシュバックできるのかというと、扱っている端末がワンシーズンほど古く、発売されたばかりの機種を扱わず、売れ残り系の在庫を通販限定で販売するために、店舗代金・人件費を極限まで減らしてキャッシュバックに還元しているからだそうです。

また、最大金額のキャッシュバックを受けるには、いくらか条件がある場合がありますが、ホワイトプラン/S!ベーシックパック/パケット定額サービスなどわりと一般的な加入条件でした。

欲しい機種があり、条件さえあえば確かに代理店の方が公式SBショップよりキャッシュバックが大きくなるのはこういったカラクリがあるのです。

代理店販売はソフトバンクが多く、キャッシュバックキャンペーンの競争が激しいため、お得なことが多いです。逆にドコモは代理店がほとんどないため、キャンペーンは少ないのが現状です。

次期ごとにやっているキャンペーンが異なるので、欲しいときに以下のような代理店にざっと見積もりを出して比較すると正規ショップより安く買えるのは確実です。

ソフトバンクの代理店
「乗り換え.com」

乗り換え王子

携帯戦隊ジャガーバルカン

おとくケータイ.net



WILLCOM代理店
WILLCOM


au, softbank,ウィルコム、イーモバ(ドコモ以外)
レクサスプランニング

by ke-onblog | 2013-02-12 15:56 | キャンペーン情報 | Comments(0)
まったくの予想通りの展開になっています。

ドコモのXperiaZ SO-02Eはやっぱり人気でしたが、その分在庫過剰です。白ロム市場の流通量も多くて価格はダダ下がりですね。

発売日こそ7万円後半で定価との開きはあまりありませんでしたが、すでに白ロムショップでも6万円台後半、ヤフオクなら6万円ちょうどくらいまで今日中におちてしまうかもしれません。

6万円だと、入手が8万円-MNP割引分3万円、違約金手数料などを踏まえてギリギリ利益が出るか出ないかというラインに入ってきます。

5万円台に入ってしまうと転売のうまいがかなり減ってしまいますね。もしXperiaZを転売用に購入しているならなんとしても今日中に売り払わなければ危険水域に達してしまいそうです。

逆に、白ロムで購入を考えている場合は、明日以降になれば価格の急落が期待できます。時間が経てば経つほど値段が下がるのは当たり前なので、どのラインで妥協するかは転売ヤーとの駆け引きですね。

SO-02Eの白ロム在庫が大量にあるケータイアウトレットでも、毎時間のように価格が更新されています。転売者も自分の提示した価格は常にチェックしておくべきで、随時引き下げも検討に入れておくべきでしょう。



by ke-onblog | 2013-02-11 15:13 | 白ロム転売法 | Comments(0)
MNP(マイナンバーポータビリティ制度)を使って最新機種を安く購入するのは、最近ではわりと浸透してきましたね。

MNPを使わない通常の機種変更だと割引がほとんどなかったりと、既存ユーザーが全然トクじゃないのが最近のキャリアの流れです。

昨日発売されたばかりのXperiaZ SO-02EでもMNPを使うと4万円引きくらいまですでにキャンペーンが出ていました。

一般的に最新機種のMNPで割り引かれる金額は3万円程度が多いです。それ以上の価格を提示している場合は2台以上複数同時契約であったり、有料のコンテンツを強制購入させられたりするトラップがほとんどです。

こういったキャンペーンでは分割でキャッシュバックor一括支払いで本体から割り引きの2つの支払い方法が選択できる場合が多く、一般的には一括の方がやや総支払い額は安く済む場合は多いです。

お金を用意できるなら、XperiaZは一括で買ってしまった方が今はお得なことが多いでしょう。キャッシュバックは購入後2,3ヵ月後にならないとキャッシュバックされない場合も多いです。あまり無いことだとは思いますが、購入したショップが潰れた場合などは保証もないと思いますし。

ということで、確かに分割も便利なんですが、お金があるなら一括支払いの方がお得だといえます(すべてのキャンペーンでそうとは限りませんので、自分でよく確かめてくださいね。)

XperiaZのMNPキャンペーン情報はこちら



by ke-onblog | 2013-02-10 19:06 | 白ロムコラム | Comments(0)
機能発売されたばかりのエクスペリアZのMNP情報です。

対象ショップ:テレウェーブ鶴見店

このお店だけではないと思いますが、テレウェーブ系ではLET、パケットフラットなどの加入を条件にして一括38800円でした。コンテンツてんこ盛り(20個)バージョンだとさらに2万円引きで18800円になっています。

定価が約8万円なので、最新機種で4万円引きなら平均かそれよりややお得といった感じです。コンテンツを使いたい人なら有料コンテンツ契約を利用すればさらに頭金が減らせますね。

XperiaZは売り切れも出るかと思いましたが、在庫は各ショップかなり豊富みたいです。

白ロムも初日からガンガン出ており、すでに7万円台でケータイアウトレットで売っています。このレベルなら個人転売でも利益が出せそうですが、入荷数が多いので価格は数日以内に急激に落ちそうな気配もあります。




by ke-onblog | 2013-02-10 09:31 | キャンペーン情報 | Comments(0)
発売日当日からキテますね!やはりXperiaZ超人気みたいです。

店舗の行列も出来るほどの人気あり、ドコモショップで売り切れの店もあるようですので、近日中の転売は結構な値段でも売れてくれそうです。

発売日当日の今日はSO-02Eの価格はほぼ定価の8万円台半ばくらいになっています。白ロム専門ショップやヤフオクにも在庫すぐに出てきそう。

さすがに定価超えだと発売日以降は売れないでしょうから、今週末は7万円台後半、来週に入ったら6万円台くらいまで一気に価格は下がりそう。転売をするためにXperiaZを入手したなら、なんとしてでも今日売ってしまいたいところです。

とくにヤフオクで売る場合は在庫が増えると一気に値下げがされてしまうので、気をつけましょう。

XperiaZの白ロムヤフオク在庫情報はこちらから
by ke-onblog | 2013-02-09 14:49 | 白ロム転売法 | Comments(0)
今日は国内端末ではなく、海外版の白ロムのお話です。

日本では携帯電話・スマートフォンを購入すると、ほとんどの機種はその端末を売っているキャリアのSIMでしか通信することが出来ません。しかし、海外で発売されているモデルの多くは「SIMロックフリー」と呼ばれるように、どこのキャリアのSIMカードでも通信方式に対応さえしていれば使えるモデルがあります。

たとえば、昨年発売されたiPhone5。日本ではauとソフトバンクから発売されていますが、日本のiPhone5を白ロムとして購入しても、ドコモのSIMカードを差し込んだところで使えませんね。

一方、近場だと香港で発売されているSIMロックフリー版iPhone5というものを購入すれば、ドコモ回線でiPhone5が使えます(iphone用のnanoSIMもドコモで取り扱っています。ただしLTEは出来なかったと思います)。

ほかにも、日本では販売されなかったモデルなどのスマートフォン白ロムというのも実は需要が結構あるようです。有名どころではiPhone、motorola、BlackberryやXperiaシリーズにも海外のみで販売されたSIMロックフリー版というものが出回っています。

これらのロックフリー端末を海外から個人輸入して、白ロム転売をする、という方法もあります。ただし、額が大きくなると副業の域を超えますので、税金関係はしっかりとしておいてください。

転売というよりは輸入代行による小遣い稼ぎですが、海外からそういった端末を取り寄せるのが苦にならない人ならば、最近はちょっと円安が進みましたが、それでもまだ儲けるチャンスはあるかもしれません。



by ke-onblog | 2013-02-07 15:57 | 白ロム転売法 | Comments(0)
ドコモが新しいターゲット層を作り出すために発売したスマートフォンforジュニア SH-05Eが2月1日に発売されましたが、いまだ白ロムはまったく出回っていないようです。

発売から1週間経つにも関わらず、取り扱いをしているショップが一店も見つかりませんし、ヤフオクなどのオークション系の出品も本日は1つたりともありませんでしたね。

SH-05EはMNPなどによる公式キャンペーンを大々的にやっているため、ひょっとしたら安く入荷する業者もあるかな~と思っていましたが、やはりコドモにスマートフォンという需要がまだあるのかないのか分からない機種は取り扱いを控えている模様です。

定価は65000円ほどだったので、発売日当日でも白ロムなら4万円くらいで在庫があってもおかしくないところですが、やっぱりな、という感じで売れていないようです。

購買層である小中学生がいきなり白ロムを自分で買うはずも無いですし、白ロムの持ち込み新規契約が出来ると知っている親も少ないのかもしれませんね。白ロムといえば通常は機種変更のイメージですし。

あえて供給の少ないところを見込んで高く売るという転売戦略もありですが、まったく売れないのでは困り物なので、SH-05Eの白ロム転売を考えるならば上手く在庫を転がさないと危険かもしれません。



by ke-onblog | 2013-02-07 10:58 | 白ロム転売法 | Comments(0)
今日は転売目的でなく、白ロムを購入して使うという視点で現在流通しているスマホ機種を見てみます。

白ロムを購入してお得かどうか、なんていうのは使いたい機種・欲しい機能に依存しますので、あくまでわたしが考える使いやすく、そして定価に比べて割引率が高い機種を選んでみました。

お得だと思う機種No.1 「au Motolora IS12M」

ナンバーワンはモトローラ製のスマホです。このスマホはスペックの割りに白ロムがめちゃくちゃ安いのです。ケータイ★アウトレットでは、現在の在庫で新品が12800円で買えます。定価が55,440円なので、77%OFFです。まだ発売から1年も経っていません。ただ、おさいふ機能や防水、テザイリングなど最近の機種ではあたりまえに使える日本向け機能がないのが難点。

お得だと思う機種No.2 「au Infobar C01」

二位もau。こちらは来月A02が出るため、激安に。新品白ロムも1万円以下で買えます。スマートフォンが1万円以下で買えるって、信じがたいですよね。こちらは防水はないものの、おさいふケータイは付いています。

お得だと思う機種No.3 「ソフトバンク AQUOS PHONE 104SH」

3位はあえてソフトバンク。この機種はもう公式では販売終了になっている機種ですが、定価72,600円に対し、現在でも白ロム在庫が豊富で2万円以下で買える激安機種に。ソフトバンクは白ロムの流通はiPhone以外は少ないのですが、この104SHは例外的に数が多く、値段も定価で買うのが馬鹿に思えるほど安いのです。2011年冬モデルですが、アンドロイド4.0にCPUも1.5GHzデュアルコアと、最新機種には劣りつつもコストパフォーマンスは十分でしょう。

ドコモの機種はランキングに入りませんでしたが、P-01Dなど1万円以下で買える機種とかは結構いいかもしれません。ドコモは販売する機種が多い分、ちょっと古い機種はそれぞれの在庫が分散して激安な機種が少ない傾向にありますね。






by ke-onblog | 2013-02-05 17:22 | 白ロムコラム | Comments(0)
docomoは22日に春モデルの発表を行いましたが、エクスペリアとアクオスフォンが圧倒的人気で、他機種が割を食いそうだということです。

春モデルで一番の注目されている機種はAQUOS PHONE EX SH-04Eだというアンケート結果がネットに出ていました。次点はXperiaZ SO-02Eで、この2機種がダントツ人気だそうです。

スマホの転売は人気機種かどうかというのはかなり相場に影響を及ぼしますので、人気が偏った場合には注意が必要です。

では、人気があるから白ロム転売がしやすいかどうかというと、実はそうでもなかったり。品切れになるほどの人気ならば価格は高く売れるのですが、在庫が豊富な場合は逆に一気に価格が下がり、利益は薄くなってしまいます。

不人気機種を買って売れ残ってしまうのも問題ですが、高く売れないならせっかくの転売も意味が無いですからね。

人気が無い機種も、まったく需要がないというわけではないので、かえってそういった機種のほうが利益率は良かったりと、白ロム転売の難しさが如実に現れそうな流れになっています。

わたしのオススメ転売機種はやはりXperiaZです。理由は、人気と白ロム購買層となるターゲットが若い人が多そうなので、ヤフオクなどネットでの購入者が多いだろうという予測ができるからです。ただ、あまりに在庫が増えすぎると価格が暴落しますので、タイミング命ですね。



by ke-onblog | 2013-02-03 22:19 | 白ロム転売法 | Comments(0)