白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2013年 03月 ( 63 )   > この月の画像一覧

MNPで荒稼ぎをしたい人向けの情報です。

携帯電話・スマートフォンの白ロム転売には、MNP弾が欠かせません。しかし、MNPは1回線で何度も繰り返すことは実質不可能です(やってみてもいいですが、ブラックリストの載せられてしまうと、二度と携帯電話を国内で持つことができなくなります。これは都市伝説じゃなく、マジです)。

何度もMNPを利用するには、それぞれの回線を1~2年は保持しておくことが望ましいのですが、では一体何回線まで契約できるのかとなります。

一般的に、1つのキャリアで保持できる回線は、どこも5回線まで、というようになっているようです。

ドコモ・ソフトバンク・au・ディズニーモバイル・イーモバイル=各5回線×5=25回線

ウィルコム=3回線(家族が居れば最大18回線までいけるらしい)もう1台無料キャンペーン副回線でさらに契約も可能。

このようにメインキャリアでは通常個人でも28回線以上の契約が可能です。

ここにさらに日本通信のb-mobile SIMなどのデータ通信系回線を足すと、30,40回線以上も同時に契約可能です。

後者のいわゆる仮想移動体事業者では、SIMを眠らせるのに向かない(最低維持費が高いし、そもそもMNPが使えない場合もあり)ので、転売用には使えるとは思いませんが、キャンペーン次第といったところでしょうか。


ということで、少なくとも20回線くらいは個人で運用することも出来ます。これだけあれば何十万円、下手すれば100万円以上MNP転売で稼ぐことも出来ますが、そこまで行くと収入を税務署に申告しなければいけなくなるので、ある程度のところでやめておくのが吉です(サラリーマンなら1年の副収入20万円以下にとどめておきましょ)。

*白ロム転売をする場合は、絶対に違約金・本体料金未払いはやめましょう。他人・バイトをつかって不正入手するなんて以ての外です。



by ke-onblog | 2013-03-25 21:23 | 白ロム転売法 | Comments(0)
先週、auのiPhone5公式価格が値下げされたため、各ショップで一括0円で買えるところが出ています。今や全国ドコでも一括支払いは0円が当たり前になっています。

たとえばこんなお店で、、、

対象ショップ:「テルル中野駅前店

テルル系のショップで各店同様のキャンペーンが出ています。学生には便利な場所にあるショップです。

iPhone5の16GBモデルが学割を使うと一括0円です。学割が使えない場合は1万円だそうで。条件は2年契約、LTENET、フラット、通話定額24、スマートパス、ビデオパス、APP、コンテンツ3個。

定額系がいくつか入っていますが、まぁこのあたりは通常使用者ならほとんどの人が加入しているプランです。コンテンツ3つにしても、まぁ1000円くらいのものでしょうから、優良な部類ですね。

お店によってはコンテンツなしでも一括ゼロ円はあるでしょう。学割なしで0円はまだないかな?コンテンツ次第ではあるでしょうけど。

iPhone5 16GBモデルならスマーケットに即転がせば、38000円で売れます。本体が0円で手に入るのですから、違約金手数料などを支払ってもまだまだ利益が出るおいしい状況になっています。

あまりにもキャンペーンが全国展開されているので、ショップの相場が近いうちに下がるかもしれませんので、転売するなら早めに手放してしまうことをオススメします。
by ke-onblog | 2013-03-25 10:42 | キャンペーン情報 | Comments(0)
スマートフォンや携帯電話を買うとき、MNPを使えば一括0円で購入出来てしまう機種はたくさんあります。

発売されたばかりの最新機種、今ならiPhone5だってMNPを利用すれば一括0円で購入できる時代です。

しかし、ただ一括0円なだけでは、それがお得なキャンペーンなのかどうかは判断できません。0円という言葉に安易に飛びついてはいけないのです。

一括0円トラップには、たとえば2台同時契約が必須であったり、大量の有料コンテンツを契約しなければならない場合が多くあります。というか、ほとんど、といっても過言ではありません。

一般的に有料コンテンツは1個あたり315円、という計算でいいでしょう。それと、何ヶ月コンテンツを契約しなければならないのかが重要です。

10個のコンテンツを2ヶ月なら、およそ6000円前後の費用が発生するのです。中には20個、30個というコンテンツ契約が条件になることも。


たとえば、一括0円(コンテンツ20個×2ヶ月強制)と一括9800円(コンテンツ無し)ならば、場合によっては後者の方がお得になるのです。

このように、トータルでいくら費用がかかるのかを事前に比較できない人は、0円トラップに引っかかってしまうこともあるでしょう。お得なキャンペーンを探すには、初期費用だけでなく維持費がいくらかかるのかが重要なのです。

白ロム転売をうまく行うコツは、情報収集を徹底して行い、見落としなく条件を確認し、費用を見積もることです。それが出来ない人は、手を出さない方が無難です。



by ke-onblog | 2013-03-24 14:43 | 白ロムコラム | Comments(0)
auのURBANO PROGRESSO 、ISW12Kが投売りどころか、現金をばら撒いて配られています・・・もともとそれほど高い機種ではありませんでしたが、キャッシュバック額がすごいですね。

対象ショップ:「テルル梅島店

東京足立区の梅島駅にあるショップ情報です。一括価格が0円かつ、キャッシュバックが現金50000円という大盤振る舞いですが、条件のコンテンツが多めなので、契約期間後に解約することだけ注意です。

条件は学割適用に2年契約、ISNET、パケット定額、安サポ、スマパス、ビデオパスにコンテンツ20個x2ヶ月継続だそうです。学割無しの場合でもキャッシュバック40kです。

コンテンツ20個なので、コンテンツ維持費は付き7000円から8000円くらいが掛かっちゃいますが、それでも5万円のアドバンテージがあれば余裕でプラスに落ち着くでしょう。

URBANO系の機種は携帯電話は結構人気があったのに、スマホは不評でしたね。デザインが悪いことはないんですが、あまりに普通すぎて在庫があまっているのでしょう。



by ke-onblog | 2013-03-24 14:07 | キャンペーン情報 | Comments(0)
現在一番人気のあるスマホ、SO-02E エクスペリアZもMNPなら一括0円で買えるキャンペーンが出てきていますね。

対象ショップ:「ピポパーク池袋60階通り店

ショップの場所は池袋サンシャインどおりの近くです。XperiaZが一括0円ですが、条件はHW01D(キッズケータイ)との2台同時MNPです。回線が2つあれば相当お徳なキャンペーンですね。

2台というハードルはありますが、それ以外の条件が非常に緩いのがいいですね。有料コンテンツも一切無しで、学割なども必要ありません。それで8万円引き以上ですから、最新機種でこのキャンペーンは上々のレベルだといえるでしょう。

エクスペリアZは非常に人気が高いので、あまり投売り状態にはならないです。この先もしばらくは人気が続きそうですからね。

2台とも即解約して転売するなら、スマーケットで4万円以上で売れるでしょうから、違約金を支払っても利益が出ます。どのカラーが在庫であるかはお店にいかないとわかりませんが、もしあるならパープルがいいでしょう。パープルは人気が高く、ショップによっては他のカラーよりも高い値段で買取している場合があります。

by ke-onblog | 2013-03-24 07:54 | キャンペーン情報 | Comments(0)
白ロムとは関係ありませんが、インターネットが出来る通信端末と、ノートパソコンがセットになって0円でもらえるキャンペーンがありました。

対象ショップ:「メディアワールド

メディアワールドはソフトバンクの正規取次ぎ店ですね。SoftBankデータ通信端末(ULTRA WiFi 4G 102Z)で「4Gデータし放題フラット」を契約することにより、パソコンがタダでもらえるというものです。

よく家電量販店でインターネット契約するとパソコンが0円!みたいなのがありますが、アレのソフトバンク版という感じです。データ端末だと回線工事が必要ないので、引越ししたりするときにすぐにネットが使えて便利です。

もらえるパソコンは東芝dynabook Satellite B551というWiindows7搭載ノートパソコンです。ネット閲覧やメールだけのパソコン初心者から中級者程度なら十分に対応できる機種ですね。

最新のWindow8がいいなら、lenovo G580のセットでも4800円で買えるキャンペーンが同時に出ていました。大学生や新社会人ならこっちの方がいいのかもしれません。わたしなら断然Windows8にしますが。

ネットの利用料金も総額5780円で使いたい放題なので、ずいぶんと安くなったものですよね。昔はつなぎ放題だと1万円くらいしたものですけども。

同系統のショップで、こちらのZEROストア
というショップではXperiaタブレット、Nexus7などのタブレットとの組み合わせで0円キャンペーンもあります。契約プランは同じなので、欲しい端末・パソコンがあるほうを狙ってみると良さそうです。
by ke-onblog | 2013-03-24 07:32 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ドコモの秋モデルスマホのHW-01Eがもう一括0円にキャッシュバックまでつけたキャンペーンを出していますね。世界最速5秒起動という特徴的な機種でしたが、半年足らずで人気もなく、投売りになっている模様です。

対象ショップ:「テルル常盤平

情報が出ているのは千葉県のショップですが、たぶん同系列のテルル店舗なら同じようなキャンペーンがあるのではないでしょうか。

価格はMNPで本体がタダ、キャッシュバック10000円です。新規契約でも一括1万円以下だそうですが。4月に後継機のAscend D2 HW-03Eが出ますので、先行叩き売りセールといったところでしょうか。

HW-01Eはミドルスペックのスマホ機種として、ファーウェイという中国のメーカーが作ったシリーズです。中華スマホということで、非常に安価なのが特長でした。

投売りはされていますが、まだ古い機種というわけではないので、白ロムのショップ買い取り価格はかなり高めです。下記のスマーケットでヤフオクの相場とほとんど同じ20000円での買い取り査定が出ています(3/23時点)。

by ke-onblog | 2013-03-23 15:32 | 白ロム転売法 | Comments(0)
MNPを使った白ロム転売法を当サイトでは解説していますが、今日はお得なキャンペーンの選び方講座です。

MNPで大幅な割引・キャッシュバックをやっているお店はどこにでもあります。正規ショップであったり、代理店であったり、量販店であったりします。

チラシ広告やホームページなどで「○○円値引き!」「x万円キャッシュバック」という宣伝文句がありますが、ここで値引きやキャッシュバックについての価格をよく見る必要があります。
まず一番重要なのが「一括価格」なのか、「実質価格」なのかということです。この両者には越えられない壁のごとく、大きな差があります。

実質価格というのは、月割りサポートなどを本体価格から差し引いた場合のことを示すことが多く、実質0円というのは最新機種でも結構当たり前の話です。

入手した機種を白ロム転売用端末とするならば、いくらで売れるのかということも知っておく必要があります。オークションで売るのか、ショップに転がすのかも重要ですね。オークションのほうが高く売れますが、その分手続きはもちろん面倒です。相手とメールのやり取りをしたり、梱包・発送の手間が割に合うのかを判断しなければなりません。

白ロムショップに売る場合は、手続きはお店やネットで申し込み、本体を送るだけで簡単ですが、やはり利益は自分で売るほどは出ない場合が多いです。送料などについても、余計なコストが掛からないショップを選ぶのが儲けるコツになります。

わたしが良く利用するのは(よくと言っても、そんなにMNPを繰り返すことはできないので、それぞれ数回程度ですが。)、以下のようなショップが高額かつ迅速で評価の高い買い取りショップです。

スマーケット
ダイワンテレコム

上記2社とも送料が無料で、ネット上で査定がすぐにわかるため、転売前にここで値段をチェックします。ヤフオクなどの相場が安ければ、ショップに即転売しています(売るタイミングはどの機種でも早ければ早いほうが良い)。

動作確認や初期化などのために本体を触るのはいいですが、初めから付いているフィルムなども剥がさないようにしましょう。でないと、新品買い取り額の最大支払いにならない場合がありますので。


まとめると、本当に割り引かれている値段はいくらなのか、そして転売したことによって得られる総合利益はいくらなのかを事前シミュレートすることが大事、というお話でした。
by ke-onblog | 2013-03-23 09:09 | 白ロム転売法 | Comments(0)
型落ちした旧モデルのAQUOS PHONE IS15SHが超巨額キャッシュバックをやっているショップがありました。性能的には最新機種に大幅劣りますが、キャッシュバックだけで十分おいしい話です。

対象ショップ:「テレウェーブ NEW横浜西口店

情報を発信していたのは横浜店でしたが、たぶんテレウェーブ系ならどこでもやっていそうです。価格は本体支払いはタダ、学割を利かせると現金キャッシュバックで50000円だそうです。どんだけお金くれるんだよ、って感じです。

条件は誰でも+ISNET+パケ+あんサポ+スマパス+ビデオパス+有料コンテンツ20個だそうです。

コンテンツ20個の維持費は一ヶ月7000~8000円くらいでしょうか。維持期間は店舗に依存するかもしれませんが、たぶん2ヶ月くらいでしょう。何も言われなければ即切ってしまいたいところです。

コンテンツ特盛りプランではありますが、学割が使えるなら50000円ですからね。学割が使用できない場合でも40000円バックです。

IS15SHは古い機種なので、0円で売っているのはもう当たり前です。なので、白ロムの需要もあまりなく投売りレベル。自分で売っても5,6千円がいいところです。下記のダイワンテレコムの買取が3月現在5000円で買い取っているので、さっとショップに売るのが吉です。たぶんここより高額で売る方法はあまりないでしょう。情弱を捕まえて高値で売るのも、売れればいいですが、売れ残るとゴミにしかなりません。

あるいは、電話専用機として保管しておくのもありかもしれませんね。



by ke-onblog | 2013-03-22 23:26 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ドコモのタブレット端末、SC-01E GALAXY Tab 7.7 PlusがMNPで相当安く出しているキャンペーンがありますね。

SC-01Eは2012年10月にでた秋モデルです。

対象ショップ:「モバワン西新井店

お店の場所は足立区ですね。一括支払いが0円に、プラスしてキャッシュバックが20000円というマイナス売りです。定価は84,840円もするんですけど、もうタダどころか、買うとお金がもらえるようになっちゃいました・・・。定価で買った人はほんとうにバカみたいですけどね。

条件も緩く、有料コンテンツなどはありません。通話機能がそもそもない機種なので、加入しなければいけないのはXiの定額プランなどドコモの基本プランだけでしょう。

キャッシュバックしてくれるタイミングは明らかではありませんが、とりあえず2ヶ月後だとして、発売からすでにおよそ半年が経っている機種なので、そんなに白ロム相場が変わることもないかと。自分で販売できるなら2万円台前半がいいところです。

今現在新品状態でショップ買取額が下記ダイワンテレコムで17000円でした。初期チェックだけで保管しておけば、まず間違いなく満額もらえるでしょう。オークションで売ったとしても2万円がいいところでしょうから、送料や手数料を考えたらショップのほうが便利で早く、確実です。

発売直後の人気機種なら自分でオークション出品したほうが利益が大きい場合がほとんどですが、一定時間が経つとショップのほうが手間隙分だけお得になる場合も多いです。



by ke-onblog | 2013-03-22 15:16 | キャンペーン情報 | Comments(0)