白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2013年 07月 ( 42 )   > この月の画像一覧

夏休みが始まって最初の休日ですが、イマイチMNPキャンペーンの美味しい情報が少ないですね。

いろいろ探していると、auの2013年夏モデル、人気のXperiaZをベースにしたXperia UL SOL22の一括0円案件を探している人が多いようです。

最新モデルではそれなりの人気が出ているらしいSOL22ですが、まだ一括0円で買うのはかなり難しい、というのが現状のようです。

しかし、クチコミによれば(ショップの広告ではなかったです)、都内の某家電量販店では、auオプションだけでXperiaULの一括0円キャンペーンがあったという情報もあります。

7月下旬現在の平均的なMNPキャンペーンだと、抱き合わせやコンテンツなしならば、分割でキャッシュバック30000円~40000円くらいがいいところ。一括0円にするにはまだ20000円くらい割引が足りていません。

この2万円分を企業努力で0円に出来るショップはなかなか・・・。少なくとも、都内以外では報告例すら聞いたことがありません。抱き合わせアリ、コンテンツ30個くらいを2ヶ月、というのならMNP本体支払い0円もあり得るでしょう。


XperiaULの一括0円情報は正式広告では一つも見当たらないため、お得な情報を探すには大手量販店などに凸電するしかないですね。行ける範囲のビックカメラ・ヨドバシ・ヤマダ・コジマ・カメラのキタムラあたりに手当たり次第に電話して安いところを探すのが良さそうです。

電話して聞くときは、不慣れなオペレーターに当たってしまうと「一括0円」と「実質0円」の違いすら理解していない担当もしばしばいますので、よく確認することが大切です。



by ke-onblog | 2013-07-21 06:31 | 白ロム転売法 | Comments(0)
夏休み突入!そろそろ各社が争うようにサマーキャンペーンを始めているようですよ~。夏は格好の機種変更シーズンですから、携帯電話ショップも顧客の争奪戦を勝ち残るためにMNPでのキャッシュバックを奮発するところが出てきます。

今キャッシュバックに強いのはドコモとソフトバンクが目立ちます。auは夏モデルが不振だったせいか、それともキャンペーンが弱いのか、あまりお得な情報が出てきません。iPhone5S用に今は抑えているってことでしょうか。

ともあれ、今週末もモソフトバンクのiPhone5が安いですね~。投売りですね~。今日は大阪でのキャンペーン情報いって見ます。

対象店舗:「乗り換え.com 南森営業所

ネット申し込み型のソフトバンク代理店、大阪に出来た新しいショップです。確か先週も同じキャンペーンが出ていたんですが、今週も台数限定でiPhone5 16GB,32GBが入荷したようです。

まず16GB版は初月だけ2つのオプション加入が条件で本体一括0円+10000円キャッシュバックです。

32GB版の場合はパケットフラットに加入で本体一括0円となっています。

どちらを選ぶかは、あなた次第です!(古い;)在庫があれば、お好きなほうを、といった感じです。

どちらのモデルもMNPの条件としては緩く、割引率は定価から60000円ほどです。1台単体でのMNPで緩い条件で六万円分の値引きは相場平均レベル以上でしょう。

ちょっと前まではauの方がiPhone5一括0円は多く出ていたのに、今はソフトバンクのキャンペーンのほうが目に付きます。auはiPhone5のLTEカバー率の偽そu、いえ、誤記載で問題になりましたからね~。あれが効いているんでしょうか。

学生はこれで夏休みが始まりましたが、一緒に携帯の契約を出来る親が休みになるまではお盆までもう少し時間がありますから、このタイミングでMNPを使うなら、キャンペーン情報には敏感でいたいところです。
by ke-onblog | 2013-07-20 06:06 | キャンペーン情報 | Comments(0)
白ロム転売の王道、ソフトバンクのプリペイドシリーズ「プリモバイル」に、台数限定でスマートフォン機種が2台追加されていますね!!

新規にプリモバイルに追加されたのは「Libero 003Z」 「Star7 007Z」という、2010年・2011年のちょっと古い機種ですが、その値段は激安です。

販売価格は、契約手数料無料・送料・代引き手数料も無料で、初回チャージ分を含んで以下の値段です。

Libero SoftBank 003Z・・・13440円(10000円分のチャージ付き)/Aプラン
                ・・・19425円(20000円分のチャージ付き)/Bプラン
STAR 7 SoftBank 009Z・・・19425円(10000円分のチャージ付き)


カラーもたくさん用意されています。

003Zなんて、Aプランで本体が3440円、Bプランなら0円なんですけど!009Zも本体が1万円切っています。

このプリモバイル祭りはオンラインショップ「ソフトバンクオンラインショップ」限定です。店頭ではやっていないようですのでご注意を。

プリペイドカードだけゲットして本体はすぐに転売するも良し、ちょっと古い機種ですけど激安でスマホ機種を購入できるチャンスでもあります。

プリモバイルは1名義あたり2回線までなので、もっとたくさん欲しい場合は家族名義などで買うのもありですね。MNP弾の用意には絶好のチャンス。

プリモバイル祭りの在庫は飛ぶように売れてすぐなくなるので、早めにゲットしておきたいところです。今回はカラーがたくさん用意されていましたが、転売するならブラック・ホワイトの定番の色を選びましょう。


by ke-onblog | 2013-07-19 11:40 | キャンペーン情報 | Comments(0)
昨日は、「ドコモの機種変更キャンペーンで5000円引き」という情報を扱いました。

正直、シケてるな、と。

ならばauはどうか?と思ってサマーキャンペーンを見てみると、auでは「夏トクキャンペーン」をやっていますね。こちらもau内の機種変更に関するキャンペーンでした。MNP用ではないので、あまり転売には関係ありませんが。

対象は、auで16ヶ月以上3Gスマホ機種を利用していて、4G LTE対応スマホに機種変更した場合に10500円分のポイントがもらえる、というものでした。期間は9月1日までだそうです。

まぁ、額はドコモよりも上なんですけどね・・・。やっぱり、MNPの旨みと比べると見劣りしすぎ。

しかも、iPhone5への機種変更が対象外とか。だれがこんなキャンペーン使うんだろう?と疑問に。auさん、夏のキャンペーンはこれで終わりじゃないッスよね???

これっぽっちでは、みんなソフトバンクのiPhone5にMNPしますよ???まぁ、また2年経ったらMNPを使って戻ってきてくれるかもしれませんけどね。




by ke-onblog | 2013-07-18 11:56 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ヤフーのニュース記事に、7月19日金曜日から、ドコモのスマートフォン機種で携帯機種からスマホへ機種変更をすると、これまでのツートップXperiaA SO-04E,GALAXYS4 SC-04E以外の機種で5000円くらい値下げされるとの情報がありました。

・・・う~ん、5000円ですか。

MNP流出を阻止させるためのキャンペーンなのかもしれませんが、たかだか5千円くらい値引いたくだけでは、MNPでソフトバンクやauに行ったほうがまだまだお得。MNPなら一切縛りが無い条件でも2~4万円くらいは値引いていることになるのですから。

一方、MNPは7月いっぱい、オンラインショップでMNP値引きが+20000円になってるんですよね。7月末時点で回線を保持していることが必須条件なので、すぐに解約・転売はしてはいけませんが、これを過ぎたら大量に白ロム転売する人が出始めそうです。

8月はドコモの白ロム転売祭りになりそうですね。8月は毎年白ロムが大量に出回りますから、もしすでに白ロムを入手している場合には、7月中に売りぬかないと価格が下がるかもなので注意です。

夏の大幅キャンペーンを狙いつつ、何時転売用の白ロムをゲットするかはタイミングが難しいですね。

逆に白ロムを買いたい人は8月まで待つべし。旧モデルはあまり変わらないと思いますが、春・夏モデルはたぶん値下がりが7月末~8月上旬が一番進むでしょう。



by ke-onblog | 2013-07-17 13:19 | 白ロム転売法 | Comments(0)
連休も終わり、もう7月も半ばです。学生はそろそろ夏休みに突入ですね。

夏休みの直前というこのタイミングは実は白ロム買取には向いている時期です。というのは、夏休みやお盆の連休シーズンに向けて白ロムで機種変更をしようかな、という顧客が増えて、毎年白ロムショップの在庫が一気に希薄になるからだそうです。

ということで、今白ロムの買取キャンペーンをやっているショップと、そのキャンペーン内容をまとめてみます(期間限定のものもありましたので、終わっていた場合はご了承下さい)。

対象店舗:「ダイワンテレコム
キャンペーン内容:複数台同時申し込みで、最大30000円査定増額キャンペーン / 特定機種の買取強化(例:INFOBAR A02 NISHIKIGOI)
金・プラチナ・貴金属との同時買取でギフトカード最大20000円分(こちらは店頭限定)

対象店舗:「白ロム.comのケータイ買取サービス
キャンペーン内容:特定機種の買取強化(例:2013年春モデルメイン)

対象店舗:「ソフマップ・ドットコム 買取りサイト
キャンペーン内容:スマートフォン 買い替えキャンペーン 10%査定増額=ソフマップ・ビックカメラ・コジマのいずれかで新規にスマホを購入したレシートのコピーを同封して送ると、査定が増額されます(期間は8月4日までとなっています)


と、こんな感じで通常より査定アップしているところがあります。

ただ、注意が必要なのは、いざ夏休みに突入してしまうと、今度はサマーセールなどで投売りされた機種が大量に白ロムショップに売られ、在庫が増えてしまった機種は元の買取価格自体が下がることが多いです。

白ロム転売をこれから近いうちに行おうと思っているのならば、出来れば7月中に完了させてしまうのが良いでしょうね。
by ke-onblog | 2013-07-16 09:12 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ドコモツートップの一角、ギャラクシーS4の一括0円情報がちらほらと出始めています。

Samsungが世界でトップを目指して販売するGALAXYシリーズのハイエンドスマートフォンのSC-04Eですが、国内ではソニーのXperiaAにダブルスコアで売り上げに負けているそうですが、それでも数十万台が売れている人気機種。

発売されてからすでに2ヶ月ほどが経っていますが、まだ一括0円には条件がつきますね。


対象ショップ:「モバワン池袋東口店

東京の池袋にある携帯ショップチェーン店でのMNPキャンペーンの広告で出ていました。

一括0円の条件は、同じくドコモのF-02Eとの2台MNPです。2台とも一括0円で、さらにキャッシュバックが10000円付きます。

SC-04EとF-02Eの定価がそれぞれ83160円と82950円ですからCB入れると実に175000円以上が割り引かれているわけです。そう思うと、MNPキャンペーンって一体どこで元取ってるんだろう?と不思議になりますね。まぁ、パケットプランなどでそのくらいは簡単に儲けがでるってことなのでしょうけど。

詳しい条件はショップ問い合わせですが、おそらくある程度プランに縛り・コンテンツも必要かも知れません。F-02EはARROWS Xの2013年春モデルですが、今は型落ちして人気がない機種なので、抱き合わせでなんとか在庫を処分しよう、ってことでしょう。

F-02Eは白ロムも相当出回っていますので、白ロム転売をしてもあまり本体の価格は付きにくいです。売るならショップにサクっと流すことをオススメします。逆に、F-02Eを白ロムで買いたい人にとっては、普通に契約するより白ロムで買うのが今は安いです。白ロムショップの「ケータイ★アウトレット」では、新品が2万円以下で売ってますから。定価8万円が2万円以下、発売時に定価で買ってしまった人は涙目ですねぇ。。。
by ke-onblog | 2013-07-15 07:17 | キャンペーン情報 | Comments(0)
iPhone5の一括0円情報はありふれていますが、今日は特に条件緩めのキャンペーンがあったのでご紹介です。

緩い、というか、一切なしです。コンテンツを盛ったり、抱き合わせ販売で大きなキャッシュバックの恩恵を受けられるのもいいですが、シンプルな契約でiPhoneを手に入れたいと言うかたには向いていそうです



対象ショップ:「携帯屋 PCサテライト千葉C-ONE店

ショップは千葉駅のすぐ近くにあるC-oneというショッピングモール内にあるケータイショップです。

料金は、MNP契約で本体支払い一括0円のみ。LTEnetやLTEフラット、有料コンテンツも一切不要とのこと。3円運用もできます。

通常契約だとキャッシュバックが現金5000円、U22au家族セット割が適用できる場合はキャッシュバックが一万円増額で15000円になるそうです。

煩わしいプランが嫌な人、Wi-Fi専用端末として使うには良さそうです。初月の維持費も安いので、解約手数料を支払ってすぐに転売するのにも使えそうなキャンペーンでした。
by ke-onblog | 2013-07-14 10:37 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ずっと前に「ヤフオクで白ロム転売を上手くするコツ 写真編」、「ヤフオクでの白ロム転売のコツ 必須記入次項編」なんて記事を書きました。

では実際に出品に掛かる料金や手数料、手間ってどんなもんよ?という問い合わせがあったので、解説してみます。

まず、手数料から。

ヤフーオークション(現在はヤフオク!というのが正式名称らしいですが)では、出品するのに有料のプレミアム会員登録が必要です。たま~に登録なしでも出品できるキャンペーンがかつてはあった気がしますが、普通は登録必須です。

ヤフーの会員登録の方法は「Yahoo公式ページ:プレミアム会員登録について」を参照してください。今は月額399円が掛かりますね。

実際の出品には、1回に付き10.5円が掛かりますが、一ヶ月10回までは無料で出品できます。普通の人はそんなにたくさん出品しないでしょうから、出品自体はほぼ無料と考えて良いです。

ほかにも「注目のオークション」「目立ちアイコン」などを利用すると手数料が増えますが、特にそういったものを使わなくても白ロムは売れますので、お金の無駄遣いは止めておくほうが無難です。もちろん、使ったほうが目立つには目立ちますけどね。

出品につかう商品のページは、フリーソフトのテンプレートを使うと簡単です。わたしは「@即売くん」というのをいつも使っています。フリーソフトなので、当然無料です。


続いて実際の取引ですが、高い落札額が見込まれる商品ならば、送料はこっち負担、つまり出品者負担にして、落札者には送料無料としてアピールすることも有用です。スマホ・携帯電話は箱にしてもそんなに大きくないので、国内の送料は大したことありませんし。個人的な意見としては、落札額が1万円以上なら絶対に送料無料にしたほうが、客の喰い付きはいいですね。

もちろん、送料は落札者の負担にして着払いで送るというのも普通に行われています。送料無料にするかどうかは魅力的に見せるコツみたいなものなので、自己判断でどうぞ。

あとお金が掛かるのは銀行の振り込み手数料くらいですが、こちらは落札者の負担でいいでしょう。振り込み手数料も出品者負担にするひとはあまり見ません。

落札が確定すると、Yahooから(落札額×5%)×税率の落札システム利用料が掛かります。(今は5.25%ですが、おそらく2014年からは税率が8%、2015年からは10%に値上げとなる見込みです。詳しくはヤフオクの最新ヘルプを参照してください。)

以上、ヤフオクで白ロム転売をするのに掛かる手数料というのは、普通は月額の399円+5.25%の落札手数料だけで出来る、というのが結論です。


出品の手間については、以前解説した写真の掲載なども踏まえて、慣れてくれば1つページを作るのに1時間も掛かりません。取引にはメールなどで1~2日で数回のメッセージ交換をして、お金を払ってもらって、実際に発送するだけです。へんな落札者に引っかからなければとくに難しいことはありません。

新品の最新スマホなどを転売する場合は、落札者もかなり大きなお金を出すわけですから、相手を不安にさせないようにメッセージの返信はなるべく早くするのがコツです。

売ってもあまりお金にならないような古い機種をヤフオクで売るのは手間暇のほうが負担になるので、そういった場合は白ロムショップにさっと売ってしまうのが得策、最新機種で需要がありそうな機種は、ヤフオクで売る、というふうに使い分けるのがポイントですね。
by ke-onblog | 2013-07-13 01:30 | 白ロム転売法 | Comments(2)
皆さんは白ロム転売をする際に(もちろん転売に限りませんが)、少しでも安く回線を維持したいと考えるはずです。そのために有名なのがMNPのサポートを使って大幅に割引されたプランを利用する、「SIM寝かせ」か、ソフトバンクのプリペイド式携帯電話の「プリモバイル」を使う方が多いのではないでしょうか。

今回はどちらが低コストか、どうやって使い分けるか、という解説をしてみます。

まずはSIM寝かせについて。

「SIMを寝かせる」というのは、MNPを過度に同じ番号で繰り返すとキャリアにマークされ、契約の審査が通らなくなることを避けたり、欲しい機種が出るまで回線を待機させておきたい場合に使います。

そのときに便利なのが、MNPを使った3円運用です。これはドコモの回線でよく言われるものです。ドコモはMNPを使った契約だと、基本料金から3000円以上割り引くようなキャンペーンが良くあります。これによってすべての基本料金を0円にして、残ったユニバーサル料金の3円だけを毎月支払っていくことで運用が出来るというものです。

ココで気をつけなければいけないのが、3円運用には、そもそもMNPで移動しなければできないと言う点です。新規ではサポート額が小さいので、3円運用はまず出来ません。そして、毎月の支払いは3円かもしれませんが、そのときの端末購入代金は一括で支払っておく必要があります。一括0円の機種ならいいですが、それ以外だと始めに数万円が掛かります。

一方のプリモバイルによる回線保持では、現在一番安い機種を選べば5000円ちょっとで1年間回線を保持できます。ソフトバンクオンラインショップで買えば、送料も無料・契約手数料・本体代金・3000円分の通話プリペイド込みで、5000円なんです。

こんな低額で回線をもてるのはソフトバンクのプリモバイルだけでしょう。前述の3円運用にしても、事務手数料だけで5000円近く掛かりますから。

プリモバイルの欠点としては、チャージをしないと1年(正確には420日)で回線が自動的に解約されてしまうことです。なので、MNP転出のタイミングを間違えると、せっかくの回線が無駄になってしまうのです。あと、もちろん同じソフトバンクへのMNPは出来ないので、自然とau,docomoへのMNPがメインとなります。


つまり、「3円運用はSIMを寝かせたい場合に使う」、そして「プリモバイルは新規回線が欲しいときに使う」、ということですね。この2者は白ロム転売を考える上で役割としては似ていますが、使う状況は全く別とも言えます。


転売で稼ぎたいならば、2者をうまく使い分けて、最小限のコストで運用できるようによく考えることが大切です。

*プリモバイルの期限については「ソフトバンクオンラインショップ公式ページ」に詳しく書かれているので、購入前に必ずチェックしましょう。
by ke-onblog | 2013-07-12 20:57 | 白ロム転売法 | Comments(0)