白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2013年 08月 ( 63 )   > この月の画像一覧

ショップによってはすでにiPhone5の安売りが終わってしまったところも見られますが、探せばまだ一括0円にキャッシュバック付きところもあるようです。

ただし、今投売りをしているショップというのは偏りがあるようで、同じ系列のショップでも全店舗で同じキャンペーンが出ているかどうかは良くチェックする必要がありそうです。


たとえば、今日31日でアイフォンの一括0円をやっているショップは以下のようなところがありました。

対象ショップ:「乗り換え.com お茶の水営業所

ネットでMNPを申し込み、お茶の水にある営業所で手続きを行う場合にキャンペーンコード「001」と伝えると、iPhone5 16GBモデルが一括0円にキャッシュバック15000円が付きます。

条件も緩く、パケフラとオプション2点、初月加入だけでOKです。

このキャンペーン、たしか先週は池袋営業所でもやっていたのですが、今週は池袋は本体分割にキャッシュバック45000円とだけ出ていました。これは、本体一括+1.5kのキャシュバックよりも1万円以上レベルが低くなっており、おそらく先週のキャンペーンで在庫が捌けてしまったのでしょう。

このように、同じ系列ショップでも店舗・在庫状況で大きくキャンペーンに差が出始めているようです。これからiPhone5をわざわざ大量に仕入れるショップもないでしょうから、これからiPhone5の優れたMNP情報を探す場合には注意が必要ですね。
by ke-onblog | 2013-08-31 09:19 | 白ロム転売法 | Comments(0)
30日より、ドコモのXperia A SO-04Eが限定数でXperia feat. HATSUNE MIKU SO-04Eの予約を開始しましたね!

DTM用の合成音声ソフトの初音ミクのキャラクター、非常に流行っていますので、これはひょっとして転売のチャンスかも?と思えます。

ドコモの夏機種でもっとも人気の高かったXperia Aをベースにしているので、機種本来の性能はバッチリでしょうし、あの「初音ミクカラー」とも言えるライトグリーン系のパステルカラーも、思った以上に悪くないです。


これまでにコラボ機種といえば、エヴァンゲリオンとのコラボSH-06A, SH-06D,ジョジョモデルL-06D, そして今はタダでもらえるワンピーススマホ(笑)のN-02Eなどがありますね。

コラボモデルはワンピースモデル以外はそれなりに人気があり、発売直後は白ロムも高値が付くことがあります。たしかJOJOモデルスマホなんて発売日翌日は10万円近い高値が吹っかけられていたこともありました(それが売れたかどうか知りませんが・・・。)


今回の初音ミクモデルは、SONY Xperiaシリーズのコラボモノとしては初ですね。そして、一括支払いでの価格は8万円以上するものの、MNPだと実質負担は最初から0円です。サポート額が非常に大きいのは評価できます。


出荷台数は全国で39000台。すでに100万台近く売れている状態のSO-04Eですから、あと4万台、どうでしょうね?ハイスペック機が欲しい人はXperia Z1 honami SO-01Fの発売を待つでしょうけれど、ボカロファンたちならミクモデル、欲しがる気がします。

ただし、もし転売するのにしてもあまり高値をつけてしまうと、初音ミクのファン世代は10代~20代の若い人が多そうなので、高額すぎると白ロムは売れないでしょう。いくら限定といえど、4万台近くあるわけですし。


事前予約も盛況みたいなので、スピード命ですぐに売却できれば利益も出せるのではないでしょうか。皆さんもとりあえず予約してみてはいかがでしょうか?

9月3日までネットの先行予約をやっています。

公式サイト「dx39.net」



by ke-onblog | 2013-08-31 02:44 | 白ロム転売法 | Comments(0)
とあるブログの訪問者さんから、昨日書いた「白ロム転売で生きていく- 転売業者として独立・法人化する方法」について、会社を作るのに幾らくらい資金があればできるのん?とコメントを頂いたので、サラリと触りだけ解説してみます。


法人化(今回は株式会社の場合にします)に関する諸経費は、実はそんなに大した額じゃありません。

法人化の手続きには、自分でやってもいいのですが、一般的には会社設立代行業者に依頼します。登録免許税、定款認証手数料、収入印紙代に社印などを用意すると、大体20~25万円くらいが掛かります。

これが会社設立の最低限の費用です。昔は株式会社なら1,000万円の資本金を用意する必要がありましたが、2006年に新会社法に切り替わったおかげで、最低資本金規制の特例を適用すれば「資本金0円」すら可能になりました。

白ロム転売業者をやるなら、古物商の免許も欲しいところですね。仕入れは自分でMNPを繰り返して入手したり、ネットで安く手に入れて正しく「転売」、というのもありでしょう。古物商の免許は自分で手続きをすれば約20000円で取れます。

一人法人で、ネット通販やショップへの転売だけに終始するならば、事務所も自宅でいいですし、初期費用なんてほとんど掛からないでしょう。なので、会社の資本金も別に要らないですね。強いて言えば、最初の転売のために契約する回線分の費用を資本として用意すればOKですね。


会社設立を業者に代行してもらう場合、収入印紙代が掛からず、その分を代行業者への報酬分へ充てる事で、自分でやっても代行業者に頼んでも同じような費用で法人化が出来る事務所も多くあります。

また、最近は便利なツールもあり、下記の「新会社設立くん」みたいな書類作成のための入力システムまであります。





というわけで、白ロム転売会社を設立するのには、ざっと最低50万円もあれば余裕で作れます

もちろん1人で会社を運営するなら、会社を作った後は経理を行う必要もあります。簿記の知識があれば自分でやってもいいですが、ぶっちゃけ素人にはキツイ部分もあります。このあたりは税理士を雇ったりすればやはり費用は掛かります。

MNP転売だけを行うなら、最初にMNPできるまでに数ヶ月~1年くらいの時間が空くわけですから、その間の収入がないことになりますし、脱サラして始めよう!と思うならばそれなりに蓄えを作ってからのほうがいいかもしれませんね。


(ブログ管理人は税務関係のプロではありません。上記の内容も情報が抜けていたり、古かったりするかもしれませんので、本気で会社を作りたい方は専門家のアドバイスなどを得てから検討することをオススメします)
by ke-onblog | 2013-08-30 12:15 | 白ロム転売法 | Comments(2)
最近の私のマイブーム、MNPではなくて「新規契約」で本体支払い一括0円情報を探していたところ、驚きのキャンペーンを発見。

2012年12月に限定で発売されたはずの漫画・ワンピースとのコラボレーションモデル「N-02E One piece」が家電量販店のノジマで新規一括0円で売られているのです。

ノジマは全国、というのは若干言いすぎですが、関東圏や静岡、新潟、長野などにも店舗があるみたいで、その共通チラシに在庫限りですが、新規で0円と出ているではないですか。

対象店舗:「ノジマ 店舗一覧

MNPで一括0円ならまだしも、新規で0円って・・・。どんだけ売れてないんだよワンピスマホ、って感じですね。ココまで外したコラボスマホは他にないんじゃないでしょうか。

契約の条件は指定オプションへの加入と、ノジマモバイル会員への加入が必須とあります。指定オプションの中身は私は気にならなかった(笑)の聞きませんでしたが、たぶんパケットプランとか安心サポートかそのあたりでしょう。

この機種、去年は約8万円で売りだしたはずですけど、完全に0円。アニメ大好き~という人ならいいのかもしれませんが、普段使いするにはちょっと恥ずかしいデザインですしねぇ。

新規0円ですので、維持費は比較的安く済ませそうなので、子供用のスマホとかにはいいかもしれませんね。




by ke-onblog | 2013-08-30 06:44 | キャンペーン情報 | Comments(0)
来週の9月6日より、ソフトバンクのプリペイド式電話「プリモバイル」にスマホ型の端末が追加されることが決定しましたよ!

今もすでにプリペイド式でスマホ機種はあるのですが、今回は新しく、スマートフォン向けプリペイドサービス「プリスマ」としてサービスを提供する、とプレスリリースに出ていました。

今回新たに、プリモバイル用のパケットプランが出来るみたいですね。2日プラン/945円、7日プラン/2835円、30日プラン/7350円とぶっちゃけ割高ですが、どうしても1週間だけパケットが使いたい、とかならありかも。

9月6日に 「LUMIX Phone® SoftBank 101P」「PANTONE® 5 SoftBank 107SH」の2機種、そして10月に「STREAM SoftBank 201HW 3G」が発売予定とのアナウンスが出ています。

6日発売の2機種は結構古いモデルですが、201HWなんてまだ2012年の10月発売ですから、そんなに古い機種でもありません(人気があるかどうかは別として・・・)。

台数限定というわけではないのですぐに売り切れる、ということはないかもしれませんが、白ロムとして転売してみようかな、という人も現れればあるいは、といったところでしょうか。

価格はまだ明らかになっていませんが、やはりスマホ本体としての値段は激安で提供されることが期待されますね。要チェックです。

by ke-onblog | 2013-08-29 21:01 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ずいぶん前から話題は出ていましたが、ついにパナソニックが国内のスマホ事業から完全撤退を進め始めたようですね。

パナソニックといえばドコモなどで「P」の型番から始まるELUGAシリーズなどを発売してきましたが、どの機種もパッとせずに赤字続きだったようです。

NECもMEDIASシリーズの開発終了ということですし、これからは日本メーカーのスマホが減ってくるのかもしれません。

携帯時代から使っていた人には寂しい感じもするかもですが、まぁ、開発力・競争力のない企業が淘汰されるのはいつの時代・どんな分野でも仕方のないことでしょう。今後は別の分野で頑張って欲しいところです。


個人的には、パナソニックといえばノートパソコン、Let's noteですね。あの強固なデザインは結構好きです。

9月にも14インチの新機種「LX3プレミアムエディション」が発売予定で、気になっています。次世代インテル®Core™ vPro™ プロセッサー搭載の限定モデル、30万近いんですが、欲しい。白ロム転売の利益で買うには厳しいなぁ・・・


by ke-onblog | 2013-08-29 18:59 | スマホニュース | Comments(0)
白ロムの転売は2年に一度のボーナスとして、たまのお小遣いとしてキャッシュバックで儲けるという人がほとんどだと思いますが、中には白ロム転売の利益だけで生活をしていくツワモノも居ます。

今回は「白ロム転売」を仕事としてやっていくためのノウハウを一部ですが書いてみます。一からすべて独立・法人化の仕方を書いたら分厚い本になってしまいますからね(笑)

法人化するメリット

・たくさん回線を持てる

税金などの一般的なことは横において、「白ロム転売」だけに注目すると、携帯電話の「法人契約」ができるようになります。これが転売業者最大の強みでしょう。たくさんの回線を使ってMNPを順番に繰り返せば不自然な短期間での転出入をしなくて済みます。

たとえば、ソフトバンクなら法人回線は最大100台でも同時契約できます。プリモバイルも個人なら2回線のところ、10回線まで同時に持てます。1人法人なら個人名義と法人名義で同時に12台までいけますね。

プリモバイルの法人契約については、ソフトバンクの法人向けページを参照して下さい。

ソフトバンクオンラインショップ


・手数料などもすべて経費で落とせる

個人事業でもOKですが、契約にかかるあらゆる手数料が経費に出来ますよね。ちょっと遠くのショップまで遠征するのに掛かる交通費だって当然経費になります。

・中古商品を自分で売るなら古物商に

ショップに売ったりするだけなら特に許可は必要ありませんが、自分でネットショップ・店舗販売まで手がけるつもりなら古物商の許可を管轄の警察署で取得する必要があります。これ無しに勝手にサイトで売るとつかまりますのでご注意を。

自分で売るのはもちろん大変ですが、利益率は転売の比ではありません。まぁ、ここまでやると「白ロム転売」の域を超えちゃいますから、詳細な解説はやめておきますが、フランチャイズやネットショップなら結構簡単に出来ます。


ただし、法人契約の場合はMNPのキャンペーンが個人のときと全く同じように適用されない場合もあるようです(ちゃんと法人回線でもキャッシュバックがもらえるところも当然あります)。キャンペーンごとに異なったり、キャリアごとに異なったりと。さらに、法人専用のプラン指定がある場合もあるので、維持費を個人のときと同じようには算出しにくいかもしれませんね。


今は社員は社長一人、資本金1円でも法人が作れるようになり、独立も簡単になりました。本当に、やる気さえあれば誰でも出来るほどに。

マジで白ロム転売で独立・法人化してみたい、という人はじっくり調べてみると良いでしょう。


まぁ、白ロム転売業界はライバルもすでに多いので、個人的にはやはりお小遣い稼ぎ程度でやめておくことをオススメしますけど(じゃあこの記事はなんだったんだ?というツッコミは受け付けません(笑))。


*人を雇って契約手続きを代行するのもいいですが、バイトを雇って名義を使い、分割支払いをせずに転売をする、というような違法転売はやめてくださいね。即捕まりますし、悪質な行為が増えるとMNPキャンペーンそのものが業界から無くなりかねません。

⇒続き「白ロム転売で生きていく-法人化の方法その2 会社立ち上げの費用は?」を読む



by ke-onblog | 2013-08-29 07:31 | 白ロムコラム | Comments(0)
これマジかな~、というような格安でドコモのガラケーを売っているショップが広告を出しています。

MNPなら新規一括0円も今や見慣れたものですが、新規で携帯電話本体が一括0円だというのです。携帯電話の場合はスマホプランのように、パケット定額などをつけなくても割引が適用されるため、維持費はやっぱりスマホに比べて安く出来ます。

といっても、やはり新規で回線を維持するにはそれなりの維持費が掛かるのが常識ですが、今日見つけたショップはなんと月額45円で維持できる、といってますよ・・・


対象ショップ:「テルル南流山店

テルルは当サイトではもはやお馴染みの関東圏を縄張りにする携帯ショップ系列店です。南流山は千葉県ですね。つくばエクスプレスが通っているので、秋葉原からでも30分足らずでいけるはず。ちょっと駅から離れるとのどかな平野になるというイメージの流山です(笑)

さて、そんなショップでドコモの2012年冬モデルのガラケー機種P-01Eが、新規の契約で本体一括支払い0円のキャンペーンをやっていました。

大して面白みのある機種ってワケではないのですが、オンラインショップで買えば定価は26,880円です。それが、0円とな。

シンプルバリュープランが780円、そこに月サポが適用できて-735円で、月々45円(ユニバーサル料金があと3円かかるはずですが)。シンプルバリュープランを適用するためにはファミ割MAX50に入らないといけないはずなので、一人だけドコモ、ではダメなんですかね。たぶん。まぁ、詳しくはショップに聞く必要があるでしょう。

もし月々45円で本当に維持できるなら、2年間の維持費は48円×24ヶ月+3150円(手数料)=4302円と、ソフトバンクのプリモバイル以上の安さです。MNP弾用にいいかも知れませんね。

メールやネットを使うにはもちろんもっとプランに入らないと通常利用には耐えませんが、ちょっと面白いキャンペーンでした。



by ke-onblog | 2013-08-28 22:32 | キャンペーン情報 | Comments(0)
今日発売開始となったNexus7の2013年モデル。全国の販売店などで売り出されているわけですが、今回取り扱う店舗の中で、一番のサプライズだったのはやはり「au」がNexus7を販売した、ということでしょうか。

au店頭や、こちらの「auオンラインショップ」でも売ってますね。ここで注目なのは、その値段。

16GBモデルが30500円、32GBモデルが37000円になっており、なんとGoogle本家や一般量販店の価格よりも1割くらい高いんです。なんですか、ぼったくりですか。

さらに、9月に発売されるLTEバージョンを取り扱う、というわけでもなく、現状ではWiFi版のみの提供を予定しているそうです。


Nexus7のLTEバージョンはLTEの2100MHzというバンド帯に対応しているので、auでも使えるはずです。SIMとセットで発売するならわかるんですけど、なぜwifiモデルを単体で販売したんでしょうか・・・。

auといえばauのスマホを持っていれば無料でレンタルできる「Wi-Fi HOME SPOT」があるので、これとの組み合わせか?と思いましたが、無料レンタルできるのはauの契約回線を持っていることが条件なので、Nexus7だけをauから買ったとしても使えないのです。

auはモバイルルーターも販売していませんし、本当になぜ取り扱いを始めたのか理解に苦しみます。


考えられる理由としては、①Nexus7はドコモ、ソフトバンクでは取り扱っていないので、販売のバリエーションを増やしたかった、②話題のアイテムを取り扱って知名度をアップ、③グーグルの開発するAndroidに替わる次世代OS「Chrome OS」を導入するための布石、 なんてのはどうでしょう?

①では、auのタブレット端末といえば、今はiPad, iPad mini, そしてAQUOS PADがありますが、iPadはソフトバンク、AQUOS PADもドコモで取り扱っており、ライバルとの差を明確にしたい、というのはありそうな話です。

②はiPhoneもSBに遅ればせながら取り入れるなど、ブランドにこだわらず新製品を出すのはauの特徴ですよね。

③は自分で書いておいてなんですが、無いか(笑)

もちろん、今後auがタブレット用回線とのセット販売を始めないとも限らないですが、わざわざ高いお金を出してauから購入する人がいるのかどうか。。。auのポイントで買えるというのは面白いんですけどね。




by ke-onblog | 2013-08-28 18:51 | 白ロム転売法 | Comments(0)
8月ももうすぐ終わりですね。東京は先週の暑さが嘘のように、朝晩は過ごし易くなりました。まだ暑い日はあるでしょうけれど、それでも暑さのピークは超えたみたいです。

さて、各社の2013年夏モデルもすっかり出揃いました。今年の夏もドコモ・au・ソフトバンクでたくさんの新機種が登場しましたが、皆さんはどのように感じたでしょうか。

売り上げ的には、ドコモのXperia A SO-04Eが100万台近い圧倒的な売り上げだったそうですね。その次はGALAXYS4 SC-04Eがその半分程度の数が出たそうです。


白ロム転売としては、やはり上記2機種がたくさん出回った印象です。ツートップ機種としてかなり優遇してMNPキャンペーンも出ていましたしね。

キャンペーンとしてはSC-04Eが7月まで公式で安売りされたため、一括0円・キャッシュバック各種で儲けた方もいるはずです。

今ではややインセンティブが下げられ、しかも白ロム在庫も多数出回っているためにちょっと転売が難しくなっていますけど。


auではHTC One HTL22が途中で値下げされましたね。今夏のauはやっぱりキャンペーンが弱かった印象。iPhone5S待ちの人が多い中、ここで機種変更させるわけにはいかない、という戦略だったのでしょう。ソフトバンクも然りです。


こうしてみると、マイナーな需要を狙うのでなければ、ドコモツートップ以外の転売はやり難かったのでは、という感じです。もちろんいろんな条件で安く手に入れられた人は転売できたかもしれませんけどね。

2013年夏モデルよりは、型落ちになった2012年モデル、春モデルなんかが安売りされていたので、そちらで利益を出せたよ、という方のほうが多そうです。


白ロム転売は最新機種を追うばかりではない、というのがはっきりとしたシーズンでした。

9月に入れば秋モデル、そしてすぐに冬モデルの情報も出てくるでしょう。白ロム転売にチャレンジするなら新機種だけでなく、旧機種のキャンペーンにも目を光らせておきたいところです。


by ke-onblog | 2013-08-28 05:23 | 白ロムコラム | Comments(0)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン