白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2013年 11月 ( 73 )   > この月の画像一覧

シャープ製スマートフォンシリーズのドコモ向け最新機種、AQUOS PHONE ZETA SH-01Fがそこそこ人気があるみたいですね。

XperiaZ1ほどの売り上げにはなっていないと思いますが、IGZO液晶で3日のバッテリー長持ち機種、フルセグ対応となれば、これまでのゼータシリーズを圧倒するハイスペックですし。

まだ発売から2週間ほどですが、もう一括0円案件がありますね~。ただし、1回線では購入できませんが・・・

下記のショップで、抱き合わせ販売ではありますが、MNPで一括0円に、巨額のキャッシュバックを付けるという広告が出ています。


対象ショップ:「ケータイショップNo.1 京成大久保店

また出ました、京成大久保。千葉の京成線沿いのショップですが、このあたりは携帯ショップが多い所為か、見た目に物凄いキャッシュバックを打ち出してくるところが多いですね。

このショップで11月25-28日のキャンペーンで、AQUOS PHONE ZETA SH-01Fと、auのHTL21への2台同時MNPで両方とも本体一括0円に、商品券キャッシュバック51000円付きです。

HTL22と同時でCB 36000円とも出ていますね。

SH-01Fの月サポももちろんフルで付きますので、2年使えば70560円分さらに実質的に割り引かれます。HTL22のときですが、こちらも月額630円ですが一応サポートがありますね。

契約条件としてオプション系ほとんどと、コンテンツ大盛りです。コンテンツだけで1ヶ月の維持費は11575円掛かり、それを2か月分は維持が必須です。

それでもSH-01Fが0円、そしてキャッシュバックがいっぱいもらえるので、維持費分くらいはすぐに元が取れます。

au,docomoへの2回線MNPになるので、この案件が適用できるユーザーは限られてくるかも知れませんが、それでもこの割引き額はハンパじゃないので、ショップに行けそうな方は検討してみると良いでしょう。

上記ホームページにはかなり詳しく条件が書いてあるため、安心です。




by ke-onblog | 2013-11-26 17:29 | キャンペーン情報 | Comments(2)
アンドロイドな人も乗り換えたくなっちゃうね海外のデザイン投稿サイトBehanceにて、デザイナーのIskanderUtebayev氏が『iPhone6』のコンセプトデザインを投稿していました。き...
ブログを更新しようかと思ってエキサイトのニュースを見ていたら、次世代のiPhoneとなる「iPhone6」に関する物凄い噂が出ているのですね。

来年発売されると見られるiPhone6は、ディスプレイが一面だけではなく、その横側・側面までもすべてディスプレイになってしまう、というのです。


ニュースをよく読むと、画像は海外のサイトに投稿されたデザイナーが考えたものだそうです。ということは、リーク情報などではなく、ただの妄想だということですね。

すごく綺麗に画像が作られているので、本当にこんなのあったら面白いな~と思えるものでしたが(笑)

実際側面がタッチパネル式になったら、誤動作しまくりでしょうし、すぐに傷が付いて液晶割れちゃうでしょうね。とても実用に耐えられるようなものではなさそうですが、でも面白いw


iPhone6といえば、次は4.9インチの大型ディスプレイになるという噂が多く出ていますね。iPhoneは1年に1回ずつ新機種が出ますので、タイミング的にはそろそろデザインやコンセプトくらいは決まっていてもおかしくありません。

たしか、今のiPhone5sも1年前の今頃にはすでに工場で試作機を作り始めている~なんて情報もありました。

来年の夏くらいまでに登場する次世代iPhoneの噂は話し半分どころか、話し1/10くらいで聞きながら楽しむのが良いでしょうね。

by ke-onblog | 2013-11-26 08:50 | スマホニュース | Comments(0)
お気付きでしょうか、MNP転売の必須回線であるソフトバンクのプリモバイルラインナップから、もっとも安かった5079円の740SCがずっと在庫切れになっていることを・・・

正確にはいつから売り切れているのか判りませんが、もう数週間くらい「在庫あり」の表示を見ていません。

今年に入ってからたびたび売り切れになっている740SCですが、10月に一度再入荷があり、その後売り切れてからはたぶん一度も入荷していません。


プリモバイルは最近「プリスマ」としてディズニーモバイル機種が増えたり、先週もブログでお伝えした(「プリモバイルに新機種ガラケーPANTONE4 105SHが追加!本体実質5千円」をご覧下さい)ように、新しいガラケーも一応追加されています。

740SCは最高のMNP弾だったわけですが、これは諦めて別の機種で回線準備をすることも考えておかなければならない状況となっていると判断せざるを得ません。


では、740SC以外の在庫がある機種ではどれが一番いいのか、コストパフォーマンスを考えてみましょう。

【プリスマ機種】

☆LUMIX Phone® 101P 価格:19425円(チャージ1万円)=本体実質9425円
☆STREAM 201HW    価格:19425円(チャージ1万円)=本体実質9425円
☆PANTONE® 5 107SH 価格:24150円(チャージ1万円)=本体実質14150円
☆DM012SH         価格:13440円(チャージ1万円)=本体実質3440円
☆DM011SH         価格:13440円(チャージ1万円)=本体実質3440円

【ガラケー機種】

☆PANTONE® 4 105SH 価格:9429円(チャージ4千円)=本体実質5429円

プリペイド分を差し引いた本体の価格が安いのはディズニーの2機種でした。次いで105SH。107SHは高いですね。

お次はプリモバイル本体を白ロムで売った場合のコストを計算します。フィルムも剥がさず完全未使用状態にしておけば、白ロムショップならそこそこの額で売れるはず。今回は新品の査定が業界最高レベルに高い「ダイワンテレコム」の査定を使って比較してみます。

・101P 価格:19425円-白ロム売却4600円= 実質出費  14825円
・201HW 価格:19425円-白ロム売却7600円= 実質出費  11825円
・107SH 価格:24150円-白ロム売却2000円= 実質出費  22150円
・DM012SH 価格:13340円-白ロム売却1400円= 実質出費  12040円
・DM011SH 価格:13340円-白ロム売却2200円= 実質出費  11240円

・105SH 価格:9429円-白ロム売却6500円= 実質出費  2929円

実質な出費としては、断然105SHが安いですね。まだプリモバイルとして登場したばかりなので、白ロムの査定も高め。今後は査定が下っちゃうかもですが、すぐに転売するなら105SHが最強、という結論になりました。

↓ダイワンテレコムの査定サイト




プリモバイルは1年間維持しないと違約金が高額に掛かるため、回線の仕込みは1年後を見越して行う必要があります。持てる回線は1名義あたり2回線なので、上手く運用する必要があります。よく注意してプリモバイルの入手を検討してみてください。

コストだけを考えるなら現状は105SHのプリモバイル一択ですが、サブスマホとして本体を利用するならプリスマ機種も悪くはないはずです。


by ke-onblog | 2013-11-25 19:36 | キャンペーン情報 | Comments(0)
最新機種ではありませんが、auのXperiaシリーズ、UL SOL22がMNPでだいぶ買いやすくなってきていますね。

MNPならばほとんどどこのお店に行っても一括0円でやっているみたいですし、キャッシュバックがあるショップも少なくありません。

条件さえつけていけばいくらでもキャッシュバック額は高いところは見つかるでしょう。見た目だけの安さ・キャッシュバックの大きさに騙されてはいけませんが、そこそこに条件の良くてキャッシュバックも付いてくるショップを探してみるのも良さそうです。

たとえば条件が緩そうなショップとして、下記のようなところがあります。


対象ショップ:「auショップいわき内郷

福島県のいわき市、御厩町というところにあるauショップにて、XperiaUL SOL22がMNPで一括0円に、キャッシュバックが25000円です。

他店では15000~20000円というCBのところが多かったのですが、ちょっとだけ額が大きいのです。

そして条件がauオプションのみ、と。「オプション」の中身が店頭でないと判らないようですが、コンテンツ無しだけでも十分でしょう。パケフラが要らないなら最高ですね。


現在の一般的なキャッシュバック相場としてはパケフラ付きで20000円が良いところです。それと比較していける範囲のお店でSOL22の案件を探してみると良いかも知れません。

SOL22は白ロムとしてもまだそこそこ人気はありますので、使わないなら売ってしまっても良いですし、普通に使うのも悪くなさそうです。


by ke-onblog | 2013-11-25 08:34 | 白ロム転売法 | Comments(0)
お昼にソフトバンクのiPhone5s一括0円案件を紹介しました(「[東京MNP]ソフトバンク iPhone5s 16GB 一括0円+キャッシュバック1万円情報」)が、ドコモ版もありますね~

しかもキャッシュバック額がさらに大きな20000円だというのです。

これは相当な抱き合わせ商法を覚悟したほうが良さそうですが、それにしてもあの異常なまでの価格の高さになっていたドコモ版iPhone5sを0円を超えて割り引くとは、相当なモンです。

広告が出ているのは下記のショップです。

対象店舗:「ジョイネット成東店

ジョイネットは関東を中心に展開するケータイショップですね。ほとんどの店舗は千葉県にあります。千葉県はケータイショップ激戦区なので、なかなか面白いキャンペーンで客引きをやっている印象です。

詳しい条件は店頭でないと確認出来ないみたいですが、ここでMNPでdocomo iPhone5s 16GBが一括0円にキャッシュバック20000円と広告が出ています。

尋常じゃない割引率なので、ドコモオプション系やパケフラ、コンテンツもどれだけ必要か・・・。2回線同時MNPとは書いていなかったので、最初は1回線分でいけるのではないかと思います。

あと、ジョイネット系はフォトパネルの抱き合わせ販売も多いです。キッズケータイの同時購入というのもよくあります。

⇒やはりフォトパネルは必須のようです。コンテンツも月1万円分くらい付くそうです。

一時期は10万円近い定価だったドコモのiPhone5s(一括で買えば7万円くらいになりましたね)が0円に、キャッシュバック2万円分ですから、それ相応の条件は付くはずですが、それにしても、この額はすごいですね~

どのくらい実用性のあるキャンペーンかはわかりませんが、近隣の方はチェックしてみるのも良さそうです。




by ke-onblog | 2013-11-24 16:50 | キャンペーン情報 | Comments(0)
先日のiPhone5s SIMフリー版がアップルから出たのは驚きでしたが、やっぱり一括定価で最低でも7万円というのは安くないし、普通にキャリアで使えればそれでいい、という方には余り関係ない話といえるのかも知れません。

特にMNPが使える方ならば、SIMフリー端末なんかよりも断然安く買えますしね。

そう、MNPさえ使えば条件付でiPhone5sだって一括0円で買えるショップがすでにあります。

たとえば下記のようなショップが今週末のキャンペーンで広告が出ています。



対象ショップ:「携帯の王様町田店

さすが、王様というくらいのショップですから、面白いキャンペーンを出しているようです(笑)。店舗は東京の町田市、原町田というところにあるケータイショップです。

条件は2台MNP必須。iPhone5sと同時に、AQUOS PHONE Xx 203SHのMNP契約が要ります。これで本体が両方0円、しかもキャッシュバック10000円が付きます。

ソフバンの203SHは今とても安い機種で、完全に投げ売られています。この203SHのキャッシュバック分をiPhone5sのほうへ当てて一括0円を実現しているのですね。

詳しいパケットやコンテンツなどの条件は要店舗問い合わせですが、投売り機種との2台なら、ついにiPhone5sも一括0円の領域に届いた、ということですね。


ちなみにauのiPhone5sも抱き合わせで一括0円になっているショップも他店ですが今週末ありました。2回線分用意できる方は、いけそうな範囲でiPhone5s一括0円案件、探してみる価値はありそうです。
by ke-onblog | 2013-11-24 11:45 | キャンペーン情報 | Comments(0)
投売り機種として定着してきたauの夏モデル、HTC One J HTL22ですが、いよいよキャッシュバック額がおかしなことになってきていますね。

今やMNPならコンテンツ無しでも一括0円にキャッシュバック付きの案件がありふれていますが、コンテンツやプランに縛りのあるところだと、びっくりするようなキャッシュバック額を提示しているショップが出てきています。

コンテンツを盛れば、CB5万円超えも普通にありますが、今週末のキャンペーンでさらに上を行く案件があったので,ためしにピックアップしてみます。



対象店舗:「テルルモバイル コスモ吉祥寺店

上記ショップで、一応まだ型落ちもしていない最新機種のHTL22が本体一括0円に、キャッシュバック63000円付きです。抱き合わせではなく、ちゃんと1回線のMNPだけでこの額ですよ~。

キャッシュバックは並々ならぬ額ですが、条件は結構いっぱいありますので覚悟が必要です。

パケフラ2ヶ月以上必須に有料系auオプション、有料コンテンツ30個(2ヶ月の維持費が二万円)、050plusも要ります。

オプションとパケフラ分も入れてざっと計算しても1ヶ月の維持費は15000円を軽く超えます。それでもキャッシュバックですぐに元は取れちゃうので、トータルでは儲かるはず。

HTL22はまだそこそこの白ロム買取額も付きますし、キャッシュバックが振り込まれたら即解約するMNP転売には向いているでしょう。


各強制コンテンツ系も無しでも契約はもちろんできますが、そのかわりキャッシュバック・割引額が減っていきますので、これだけはオプション付けたくない、というようなものがあれば相談に乗ってくれるでしょう。




by ke-onblog | 2013-11-24 01:39 | キャンペーン情報 | Comments(0)
なんと、アップルが公式でiPhone5sの白ロム販売を始めていますね~

Apple storeのオンラインショップから、SIMロックの掛かっていないiPhone5sとiPhone5cが買えるようになりました。

これで格安SIMと組み合わせてiPhone5sが使えるようになるのかな?だとすれば、これはiPhoneの白ロム転売泣かせになりそう・・・。

白ロムの購入メリットはなんといってもトータルで安上がりに出来ることが魅力なわけで、今のドコモやソフトバンク・auといった縛りがあるiPhoneよりも、SIMフリー版が公式で定価で買えるというのはすごいことです。

海外から買い付けてアマゾンなどで転売している業者もありますが、Apple本家には太刀打ちできなくなるでしょう。たとえばSIMフリーのiPhone5s 64GBをアマゾンで今買おうとすると10万以上ですが、これからはApple online storeで9万円で買えちゃうわけですからね。


海外から仕入れちゃった業者さん、ご愁傷様です・・・。不良在庫にならないうちに、ある程度値を下げてでも売り切ったほうが良いかも知れませんね。

これでキャリア向けiPhone5sの白ロムも多少売れ難くなるでしょう。MNPで安く仕入れて売れるなら今後も活路はありますが、定価以上に値をつけたものは、ゴールドだろうが売れ残りそうです。


スマホは流行りモノですからね。いろんな状況によって価格相場が変動するのは仕方のないことですが、仮に損を出してしまう可能性があったとしても、白ロム転売も少しでも損益を少なく乗り切れるようにしたいところです。




by ke-onblog | 2013-11-23 06:56 | スマホニュース | Comments(0)
白ロム転売の必須回線、ソフトバンクのプリモバイルに新しい携帯電話機種が追加されましたよ!!

最近は「プリスマ」と呼ばれるスマートフォンのプリペイド機種がいくつか入っていましたが、どうせMNP弾にしか使わないよ、という人にはガラケーのほうが安くていいですからね。

今回追加されたのは「PANTONE® 4 105SH(パントン4)」というガラケー。カラーはブラックとホワイトですね。

これまでの001SCや740SCに比べて随分と新しい機種を入れてきましたね。740SCがずっと売り切れが続いているので、これは朗報です。

価格は送料無料・手数料全部込みで9,424円。無料チャージが4000円分入っているので、本体の価格は5424円ですね。やっぱり安いw 普通に購入したら契約手数料だけで3150円、送料も掛かるはずなのに。

105SH自体はやっぱり安い機種なので、白ロムとしての価値はあまりありません。本体が要らないならすぐに白ロムショップへ売ってしまうのが良いでしょう(保護フィルムもそのままなら未使用品扱いになるはず)。

これから一気に値下がりするかも知れませんが、今日の買取価格でダイワンテレコムだと6500円出してますね。プリペイド分を考えれば、それだけで儲かってしまうんですけど(笑)

ショップの査定が下るのが早いか、プリモバイルを仕入れて売るのが早いかのスピード勝負になりそうです。


by ke-onblog | 2013-11-23 01:18 | 白ロム転売法 | Comments(0)
さきほど、文字通り「朝飯前」にブログをアップしたばかりだというのに、ゴハンを食べて出勤前にNexus7をチェックしたら、アップデート通知来てるではないですか!

帰宅したらアップデートしようかな・・・。もう少し待とうかな・・・。

夜になるころにはきっとたくさんの人柱さんたちが現れて、アプリの動作なども確認できると思われますので、お楽しみは夜まで取っておくことにします (´∀`*)

キットカット4.4でもそれほど変化はないと思いますが、でも期待しちゃいますね~




by ke-onblog | 2013-11-22 07:49 | スマホニュース | Comments(0)