白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2013年 12月 ( 79 )   > この月の画像一覧

OCN、昔自宅のネットプロバイダーで使っていたな~という懐かしい思い出がありますが、OCNは今はスマホ用のSIMカード販売もやっています。

格安SIM、最近本当に増えましたね。SIMカードの販売が増えると、当然それを使うための白ロムの需要も増えて嬉しい限りなのですが、そのOCNがSIMカードの面白い販売を始めましたね。


プリペイド式のSIMカードっていうのは前から他社ではあったみたいですが、OCNはプリペイドSIMカードをローソン、つまりコンビニで買えるようにした、と。

値段は初回パッケージが30MB/日のXiが利用できて、1か月分3980円。使いきりなので、パッケージ分だけ若干値段が高いのかな。

私の用途ではちょっとこの程度のデータ量では使い道が無い(データ通信だけならテザリングすれば済みます)ので欲しくはないのですが、「コンビニで買える」ってところがすごいですよね。

そんなことを言えばソフトバンクのプリモバイルだってコンビニでチャージは出来るわけですが、プリスマは古い機種ばかりですからね(その分激安なのですけど)。


プリペイドということは、クレジットカード登録なしで買えるということです。ソフトバンクのプリモバイルで電話、OCNモバイルワンでスマホのデータ通信、両方出来ちゃうわけです。

子供に持たせるならばこういったプリペイド式で制限を掛けるのもアリな使い方かも知れませんね。


携帯にしろスマホにしろ、どんどん色んな使い方・契約方法が登場して面白いですね。昔はショップに行って新規か機種変更しか考えたことが無かったのに、今やMNPで儲けたり、通販で白ロムが買えたりと。


MVNOの格安SIMは使い方次第では面白いツールなので、まずはプリペイドから手軽に始めてみるのも良いかも知れません。



by ke-onblog | 2013-12-16 21:33 | スマホニュース | Comments(0)
大きなキャッシュバック案件を探している方ならば、最近キャッシュバックキャンペーンを良く見るな、と思っているであろうソフトバンクのAQUOS PHONE Xx 203SH、今日16日までの案件で面白いものがありました。

203SHは2013年の夏・冬モデルで2世代型落ちしており、ソフトバンクショップでの価格が値下げされて投売りされて久しいです。

ですが、今平均的なショップでは、単一回線のMNPでは一括0円は当然として、キャッシュバックは5万円くらいが多いではないでしょうか。

もちろんコンテンツを盛りまくれば何処まででも巨額キャッシュバックというのは見つかるかも知れませんけどね。

203SHの案件を探すときは、コンテンツや抱き合わせなどに十分注意して探す必要があります。CBの大きさだけに騙されてはいけません。

下記ショップでは、ちょっと条件は付きますが、他店よりもCB額が大きそうなので、ちょっとピックアップしてみました。


対象ショップ:「もしもしモンキーサルズヒルズ店

先日、このお店で「Xperia Z1 SOL23 一括0円案件」というのを見て、チェックし始めたところなのですが、ソフトバンク用の案件もなかなかです。

AQUOS PHONE Xx 203SHがMNPで本体一括0円に、キャッシュバック65000円付き。

条件としてパケフラ・オプション加入にクレジットカード支払い指定、そしてコンテンツが5件必要ですが、CBのデカさは魅力です。

コンテンツなしのショップだと4-5万円がいいところなので、+1.5万円分を高々5件のコンテンツで増額できると思えば悪くないはず。

ちなみに他店でCB7万円というところもあったのですが、フォトパネル付きだったのでがっかり(それでも価格的には悪くは無いんですけどね。890円×24ヶ月も支払いが掛かると、結局は他店とそれほど差が無いというトラップでした)。


今ソフトバンクで一番MNP転売で稼げそうなのは203SHで間違いないでしょう。本体を売らなくても利益は出そうですし、スマホ本体は白ロムショップへ流せばさらに利益は上乗せできるでしょう。




by ke-onblog | 2013-12-16 07:40 | キャンペーン情報 | Comments(10)
Yahooのトップニュースに、タイトルのような朝日新聞の記事が出ていました。

内容を読んでみると、ドコモの販売店などで多数のオプションに加入することで、店頭で支払う「頭金」を減らす、などとして割引を演出することを抑制するために、10月1日からドコモが「頭金の上限は5000円まで」と決めていたそうです。


これはauのiPhone一括0円問題で苦情になったアレと同じことが、やっぱりドコモでも起こっていたということのようです。


オプション加入で割り引かれるというのは今やどこのショップでも常套手段ですが、ドコモはあまりに露骨な「頭金による値上げ」⇒「オプション加入割引」という手法を自ら禁じてきたようです。


ドコモの「頭金」のシステム自体、若干謎でしたからね。頭金はドコモの販売店舗ごとに設定できるようで、いわゆる小売ショップのマージンのようなものと私は認識していますが、この「頭金」は始めから0円のところもあれば、1万円以上を設定しているところもありました。

これが、「5000円以下」とドコモから指示が出ているとなると、10月からショップの価格って変わって居たのでしょうか。私は最近頭金が付くようなお店には行っていなかったので気付きませんでしたが・・・。


私はそもそも「一括0円」ということを前提に情報を探していますので、頭金がある時点で論外なのです(笑)


今回行われている頭金5000円規制で、価格がわかりやすくなると思いますので、これは良いことなのでしょう。優良ショップならばもともとオカシな頭金の設定などされていませんし、誰にでも判りやすい料金になるのは歓迎ですね。




by ke-onblog | 2013-12-15 21:16 | スマホニュース | Comments(0)
docomo版のXperiaZ1 SO-01Fは今のところ単一回線で条件の良い一括0円案件というのはあまり見かけませんが、今週末のキャンペーンでau版となるSOL23のなかなか良さそうな広告が出ています。

auの方が定価が安いので、一括0円にするのも条件が少し緩いようですね。いくら一括0円でも、その分コンテンツや抱き合わせ購入がたっぷりと付けられてしまうのはちょっと、という方も多いでしょう。

全く条件無しとはいきませんが、これまでこのサイトでチェックしていたものよりも良さそうな案件が今週末からスタートしているようです。


対象ショップ:「もしもしモンキーサルズヒルズ店

携帯系列ショップのもしもしモンキー、「ヒルズ」とついていますが、六本木ではありません。というか都内でもなく、埼玉の北上尾駅近くのショップですね。東京駅から電車なら50分前後です。

ここで、au XperiaZ1 SOL23が単一のMNPで本体一括0円です。キャシュバックはないようですね。

肝心の条件は、LTE NETにパケフラ・スマートパス、au通話定額24のオプションに、有料アプリ5件だそうです。

コンテンツ5件で一括0円までいけるというのは、なかなか無いレベルではないでしょうか。1ヶ月分のコンテンツ費用は高くても1500~2000円くらいなものでしょう。


もしもしモンキーは関東周辺に多数店舗がありますので、似たような案件は他店でもやっているかも知れません。埼玉が遠いよ!という方は近場のショップに問い合わせてみるのも良さそうです。




by ke-onblog | 2013-12-15 08:44 | キャンペーン情報 | Comments(0)
先日の12日に、「[複数MNP]ドコモ版iPhone5s 16GB 一括0円+キャッシュバック30000円情報」というキャンペーンをやっていたショップをお伝えしたのですが、本日15日、さらにその上をゆくショップを見つけました。

条件もよく似ています。もちろん詳しく店頭で確認しないとどちらがお得なのかは微妙なところなのですが、今回の案件のほうが良さそうに見えます。



対象ショップ:「ジョイネット成東店 ‏

千葉にあるジョイネットでの案件ですが、ドコモのiPhone5s 16GBモデル(色は不明)が、明日15日10時から発売分1セットのみ、本体一括0円にキャッシュバックが四万円とのこと。

大前提でタイトルに書いたとおり、3台同時のMNPが必須です。コンテンツ・各種オプションも必須。

これは前回CB3万円の案件でも同じです。

ジョイネットの案件では、コンテンツが約8500円分、1ヶ月のみで良い、というところがポイントです。普通コンテンツ系は2ヶ月以上の維持を求められることが多いのですが、1ヶ月だけでよいのはGOOD。

コンテンツはおそらく3台ともすべてに必要でしょう。それくらいはどうしても割引を受けるためには外せない条件になってきます。


iPhone5sの品薄問題が騒がれた今年のモデルですが、今は在庫が逆に余ってきているのかもしれませんね。

単一回線でのMNPで一括0円という案件はまだほとんど見かけませんが、この調子ならば多少の条件付で1回線MNPの一括0円が登場するのも時間の問題かも知れませんね。
by ke-onblog | 2013-12-15 00:36 | キャンペーン情報 | Comments(0)
千葉県にある携帯ショップで、ドコモ用のiPhone5cで面白い案件がありますね。

パッと見ではビックリするような巨額キャッシュバック付きです。

さぁ、どんな条件がついてくるのかな?と思ってみるだけでもこういう特徴あるキャンペーンは面白いものです(笑)



対象ショップ:「ジョイネット成東店

千葉の山武市にあるケータイショップチェーンの店舗での案件です。

9月に発売された廉価版iPhone, iPhone5cの16GBモデルが本体一括0円に、キャッシュバック九万円というキャンペーンが出ていました。

こんな大きな割引が受けられますが、条件はなかなか厳しいです。まず、同時に3台購入が必須です。もちろん全部MNPでの契約となりますね。

ですが、このほかは意外に緩い。2年契約・オプション・ファミ割に加入必須に、有料コンテンツ約8500円分の購入がいりますが、月を跨がないでよい、ということなので、即解約すれば料金が発生するのは購入月だけで済みます。

iPhone5cが3台手に入り、キャッシュバックが9万円貰えるのなら、まあまあな条件ではないでしょうか。よくあるキャンペーンではどんなに条件のよいところでも一括0円にキャッシュバックは2万円くらいなものでしょう(コンテンツ有りという条件で)。

複数回線でもう使わないものがあれば早々に解約してしまって転売にまわすのもアリですね。

3台同時MNPがいけそうな人は、検討してみる価値があるかもしれません。




by ke-onblog | 2013-12-14 07:12 | キャンペーン情報 | Comments(0)
1回線だけのMNPではiPhone5sを一括0円にすることはどれだけコンテンツを盛ってもまだ厳しいようですが、今週末のキャンペーンでちょっと安くなったな、という印象の案件がありましたのでご紹介。


今回取り上げるのはドコモ版のiPhone5sです。ストレージはあえて16GBではなく32GBです。フォルダ容量が全然いらない人は16GBでも良いですが、音楽やアプリをたくさん入れたい人だと16GBはちょっと物足りないですし、人気があるのはやっぱり32,64GBみたいですね。



対象ショップ:「ケータイショップNo.1 京成大久保店

このブログでは毎度お馴染み、千葉にあるショップでのキャンペーン情報です。

このショップで、docomoのiPhone5s 32GBモデルがMNPで本体一括2万円でした。分割でも買えますが、その場合はキャシュバック30000円だったので、一括支払いのほうがお得です。
(一括の実質負担はマイナス5万円、分割はマイナス3.5万円ということになるようです)


契約条件にパケフラ・コンテンツ21個、050plusなどが必須ですが、1台だけのMNPで一括2万円まで割り引かれるには、このくらいはやっぱり必要ですね。

ちなみに同じショップ、同条件でiPhone5s 16GBも売っていますが、こちらは一括15000円で、32GBと5000円しか差がありません。ドコモショップで普通に買えばこの2台には1万円の差があるはずなので、やっぱり32GBのほうがお得感があります。

詳しい条件は上記のホームページに載ってますので、docomoの32GBを狙っている方はチェックしてみてもよいと思います。




by ke-onblog | 2013-12-14 00:50 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ヤフーのニュースに、こんなトピックが出てました。

<デジタル教科書>政府が「検討」 端末数万円、一部自己負担も


いつの間にか、時代はこんなに進んでいるのか、とちょっと驚きもありつつ、賛否両論な感じになるだろうな~というニュースですね。


学校の教科書もデジタルになる時代ですか。便利なような気もするし、問題もいろいろありそうですね。紙媒体の良さ、というのも私も十分承知してますが。

分からない語句などはすぐに辞書ツールにリンクできたり、教科書自体への書き込みだってデータ上で出来るでしょうし。なんといっても軽いのはいいですよね。

小中高くらいの教科書や参考書なんて大したことありませんが、大学以上だと1冊数キロはありそうな専門書が教科書になっていることもありますし、持ち歩くのが非常に面倒です。あの重さから解消されるなら、デジタル教科書もいいな、って思っちゃいますね。

データをネットクラウド的に保存していれば、端末が2台で学校用・自宅用で教科書・文房具を一切持ち歩く必要がないかもしれません。

う~ん、未来的w


私が子供の頃もすでにコンピューターが学校にありましたが、昔の人から見れば導入初期にはやっぱり物議があったことでしょう。ですが、いまどき学校でパソコンを教えるくらいは当たり前、と思いますし、今のタブレットも将来は同じような感じになるのかもしれませんね。




by ke-onblog | 2013-12-14 00:01 | スマホニュース | Comments(0)
毎週金曜日にセール品が発表されていく「ドコモオンラインショップ創業感謝祭」、今週は3週間目、第3弾のラインナップが発表されていますね。


1弾、2弾、とあわせて、これで7台がセールに登場しています。内訳はスマホが4台、ガラケーが3台です。


今日発表された機種は「MEDIAS PP N-01D」とガラケーの「SH-03D」です。

またしてもスマホの機種が残念・・・。1弾・2弾で販売されている機種も全部在庫が残っているようですし、この機種もどうせ売れないでしょう。

MEDIAS PPは防水とおくだけ充電があるのはちょっと面白いですが、2年も前の機種ですから、やっぱり通常利用には耐えられません。


一方のガラケー機種は、大人気みたいです。これまでの機種も、全部即日で売り切れているのではないでしょうか。前回のN-03Cもたしか3時間後くらいに私が見たときには在庫切れになってました(このブログにコメントいただいた方で購入予定の方もいらっしゃいましたが、どうだったのでしょうか・・・)。

SH-03Dも2011年12月のモデルですが、タッチパネルに1620万画素のカメラ、そしてスマホみたいにWi-Fi接続も出来るハイスペック機です。これは欲しい人多いかもしれません。


いくら安くても古いスマホは要らない(しかもパケフラ必須)、ガラケーは多少古くても最近のものと機能はそう変わらないので、少しでも安いなら需要がある、ということのようです。

あとは4弾・5弾が控えていますが、この感謝祭でガラケーを狙っている皆さんは、販売開始時刻にすぐに買えるように時間には注意したほうがよさそうです。




by ke-onblog | 2013-12-13 19:20 | キャンペーン情報 | Comments(0)
auのオンラインショップではトップページに「売れている機種ランキング」というコーナーがあるのですが、これを見ていて違和感が。


つい先ほど確認した時点でのランキングは、1位「isai LGL22」、2位「ARROWS Z FJL22」、3位「DIGNO M KYL22」になっていました。


・・・え?

iPhoneが入っていない,Xperiaも入っていない、AQUOS Phoneすら入らずに、isaiが一位?そんなことありえるか?と私は思ったのですが、どうでしょうか。


iPhoneの除外はまぁ、判らなくもないです。iPhone入れたらずっとランキングがiPhoneだけになっちゃいそうですし。

でも、XperiaZ1 SOL23が無いのはおかしくないですかね。

[更新]12月15日時点では、SOL23が一位に更新されました。SHL23が2位、3位はHTC Oneと順位が総入れ替えになっており、今度は正しそうな順位に。誰かクレームでもつけたのでしょうか(笑)


全国の家電量販店の売り上げデータをランキングにしている「BCNランキング」では、isaiは62位、DIGNO M KYL22が63位と、相当に下位なんですけど。

そしてARROWS Z FJL22は48位、SHL23が23位、そしてXperia Z1 SOL23は12位なのです。


どう考えてもauが売りたい機種を「売れている機種」の中に表示させているとしか・・・。

別にisai LGL22が悪い機種だとは全く思わないのですが、このランキングの信憑性は疑わざるを得ませんね。

とはいえ、ネットショップの「人気」なんていうフレーズはどこも似たようなもので、売りたいもの・利益率の高いもの・お金を貰って広告を出しているものを上位に持ってくるなんて日常茶飯事のはず。


個々が気に入った機種を選べば何の問題もありません。が、最近auの販売手法が悪質との噂もありますし、ちょっと気になってしまいました。




by ke-onblog | 2013-12-13 07:05 | 白ロムコラム | Comments(4)