白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2014年 02月 ( 85 )   > この月の画像一覧

まだまだ続くHTL22の投売り、セット販売はとどまるところを知りませんね。

ちょっと考えたのですが、ひょっとするとこのレベルに至ってはソフトバンクのプリモバイル回線の「即解約」も損にはならないのでは?と。


昨年9月28日以降の購入分から、ソフトバンクのプリペイド携帯電話回線「プリモバイル」では短期間でのMNP転出に対して厳しい条件をつけてきました。

購入から即MNP転出しようとすると違約金が19800円、転出手数料も5000円が掛かります(そういえば税抜き表示に変わってますね。)。プリモバ最安値の740SCで6279円ですから、それと合わせて3万円超の出費が必要になるので、プリモバイルをMNP弾として入手後にすぐに転出するという方法は事実上使えなくなっています。

だがしかし、今のau HTC One HTL22の投売りはどうでしょう。2,3回線同時にMNPしてやれば、このプリモバイルの即解約違約金すらも賄えてしまうのでは?と思います。

もちろん1年間しっかりと寝かせれば違約金無しで動けるので最もお得ではありますけど。


たとえば,auのXperiaZ Ultra SOL24が欲しいな~と思うのなら、既存回線を1つMNPするとして、新たにプリモバ回線を作って2台セットで移動してやれば、HTL22+SOL24の抱き合わせ案件で本体一括0円+キャッシュバック5・6万円ってのも普通にあります。

このキャッシュバック分がプリモバイル即解約の手数料を超えればOKなわけです。HTL22を使えば、かなりの機種で余裕でしょう。

ただお金が欲しいだけなら、プリモバイルを2回線購入して2台ともHTL22に移ってもいいかも知れません。家族名義を使えるなら3台以上でも。そのままCBを貰ったらHTL22も解約してしまえばよいですしね。


この方法はやりすぎると怒られる(ブラックリストに入りかねない)と思いますので頻繁にはやらないほうがよいですが、普段プリモバイルを使っておらず、今の回線もそこそこ使ってから移動しようというのであれば、まず問題にはならないと思います。


こういうことが出来ないようにソフトバンクは違約金を上げたのだと思いますが、それ以上にauのMNP値引きが尋常では無いレベルってことですね。

これがスマホ業界の「適切なキャッシュバック」なんですね~(笑)


by ke-onblog | 2014-02-20 23:45 | キャンペーン情報 | Comments(0)
今日はいつになくマジメな話しをしてみましょう。

今週から確定申告が始まっていますね。私は白ロム転売は趣味でしかやっていないためとりあえず関係ないのですが、携帯電話のMNPや機種変更で貰った「キャッシュバック」が年間で大きな額になっている方は、確定申告が必要になります。

小遣い稼ぎレベルの人にはまず関係ないですが、MNP転売で荒稼ぎした人は要注意なのです。


国税庁のHPを見てみると、キャッシュバックは給料ではないため、所得の分類としては「一時所得」になるようです(MNPを貰うことだけを「事業」としているプロの場合は事業所得ですね)。

この一時所得は特別控除額50万円というのが設定されてますので、年間で「500000円」を超えるCBを貰っている場合に納税の必要性が出てきます。

⇒コメントにて詳しい解説をNaogさんにしていただきました!とても参考になりますので、CBで儲けている方は必読です。*非公開になっていますので、抜粋だけ。

100万円CBをもらった人は [100万円-50万円(控除分)] > 20万円(一時所得の確定申告が必要な上限) のケースに当てはまるので確定申告が必要となるそうです。この時の課税対象額は[100万円-50万円(控除分)]×1/2となり、25万円分に対して所得税が発生します(もちろんそれに応じた地方税や保険料にも掛かってきます)。


50万円の総額には携帯キャッシュバックだけでなく、競馬や福引などの懸賞も入ります(宝くじは非課税なので入りません)。キャッシュバックをギフトカードなどで貰う場合も、その額面の額で評価されるようです。


MNP乞食のプロの場合は携帯を本体価格や手数料、維持費・違約金などを「収入を得るために支出した金額」として経費に出来るのですが、個人ではちょっと難しいですね。「個人で消費した分」に関しては経費に出来ないので、普段使いの回線分は「収入を得るための支出」とは言えないようです。


本体売却・白ロム転売によって手に入れた売り上げ金額は個人の場合は「雑所得」になるので、上記の一時所得50万円枠とは別に、サラリーマンなら20万円を超えると確定申告しなくてはならなくなりますね。

いや、待てよ・・・MNPのキャッシュバックで家族の回線などを含んでいる場合は、それぞれの名義に対してCBを貰っているとすれば50万円を超える人はやっぱり普通はいないのかな?


本当に確定申告・納税の必要がある人はそんなにたくさんいないと思いますが、このブログをご覧になっている方の中にも一部のツワモノたちはいらっしゃるのではないでしょうか。

納税は大人の義務です。確定申告なんて知らなかった、では済まされません。去年から白ロム転売を始めて大もうけしてやったぜ!という方は一度税務署や税理士の事務所に相談に行くことをオススメします。




by ke-onblog | 2014-02-20 14:15 | 白ロムコラム | Comments(6)
Xperia Z ultra SOL24の一括0円案件はないかな~と思って探していたところ、単一回線ではないものの、面白い組み合わせのセット販売があったのでピックアップです。

2回線でもHTL22と組み合わせた時点でZ Ultra分も一括0円にはなるはずですが、もう一台加えてGALAXY Note 3 SCL22付きです。


対象ショップ:「テルルモバイルせんげん台店

テルルモバイル系列、埼玉の越谷市千間台にある店舗での情報です。

え~と、Xperia Z Ultraが6.4インチ、GALAXY Noteは5.7インチ、そしてHTL22は4.7インチのディスプレイ。

「大・中・小」ではなく、「超巨大・巨大・大」みたいな3点セットです。大きなスマホが好きな人にはトキメク組み合わせですねw

冗談はさておき、条件を見てみると最新モデルが2台入っていながら本体はすべて一括0円、キャッシュバックが70000円付きで、パケフラにコンテンツ4個、auオプション4つとそれほどきつくないです。むしろ緩いといってしまってもよいかもです。

SOL24とSCL22は人気があるので白ロム転売もまだいけるでしょう。3回線同時なので全部転売に回すか、そのまま生かす回線があるなら欲しい機種を手元に置いても良いですね。

他にもテルルモバイルでCB75kで出しているところもあるようです(詳しい条件が分からなかったのでこのブログでは埼玉の案件を扱いました)。他のショップでもセット割引があるかもなので、近くのショップで聞いてみる価値はありそうです。




by ke-onblog | 2014-02-20 06:28 | キャンペーン情報 | Comments(0)
HTL22ほどではありませんが、auの2013年冬モデルスマートフォンLGL22がMNPで投売りされていますね。

isai=異彩はやっぱり受け入れられませんでしたか・・・。まあ発売当初からヒットとは露ほども思ってませんでしたけども、まだ発売3ヶ月で安売りというのはハイペースですね。

MNPなら本体一括0円は当たり前、キャッシュバックの額もかなり大きくなってきています。しかもコンテンツなしのショップでもキャッシュバックがあります。

HTL22よりはLGL22の方が白ロム転売しやすいと思いますので、安く仕入れて儲けることもできるかも知れません。

たとえばこんなショップで案件があります。


対象ショップ:「もしもしモンキー狭山サトル店

埼玉にあるケータイショップ、23日までの広告とされていますが、LGL22へのMNP契約で本体0円+50000円キャッシュバックと案内が出てました。

パケフラやオプションは必要ですが、有料コンテンツ系は無しでOKだそうです。オプションが2~3ヶ月ほど維持だとして、その間の維持費が3万円程度としましょう。キャッシュバックを貰ってから即解約、違約金1万円払ってもキャッシュバック分で余裕で賄えます。

LGL22の本体はダイワンテレコムだと今は2万円以上になりますので、その分くらいは丸儲けできそうですね。

CB狙いならまだHTL22の方が有利な案件を簡単に見つけられそうですが、これからはLGL22も狙い目になりそうですね。




by ke-onblog | 2014-02-19 20:20 | キャンペーン情報 | Comments(0)
auの2014年春モデルとしてURBANO L02が2月に発売されたばかりですが、型落ちモデルの2013年夏機種、L01が新規で0円になりました。

ぶっちゃけあんまり人気無い機種ですが、発売から1年足らずで新規でも本体0円とはなかなかの在庫投売り、ってことでしょうか。

2年くらい経ったモデルだと新規一括0円もセールとして登場する機種もありますが、夏モデルですからね~。今絶賛投売り継続中のHTL22でさえ新規の場合は0円にはならないですから、L01がどれだけ安いかは理解できるところです。


分割無しの0円ではありますが、ちょっと条件はきついです。コンテンツ山盛りコースです。

対象ショップ:「テルルモバイル 吉祥寺店

このブログでこのショップの登場頻度高すぎな気がしますが、最近はあまり面白い案件が他にないんですよね・・・。それぞれいろんなショップで安売りはしているのでしょうけれど、同じレベルの案件を紹介してもツマラないので。

その点ここのテルルは見ていて面白いです。総合的な支払い金額はコンテンツ分があるせいでそこまで安いわけじゃないですが、最新機種も何とかして一括0円にしてやろう、という意気込みが伝わってきます(笑)


auのURBANO L01の場合はパケフラ加入にコンテンツ30個、オプションなども要りますが本体が0円です。本来の定価も37,800円と安いので、その本体価格分をコンテンツやオプションを楽しめる、そしてコンテンツ維持期間が終わったらオプションを外しまくれば結構安くスマホ回線を維持できるのではないでしょうか。

新規契約なので転売にはあまり向きませんが、回線保持用のスマホが欲しい場合には悪くないです。L01の白ロム価値も低そうですが、売って売れないことはないでしょう。




by ke-onblog | 2014-02-19 18:06 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ドコモ版はまだなのかな? SONY XperiaZ1 SOL23が発売から4ヶ月、ついに1回線だけのMNPで一括0円、どころかキャッシュバック付きの案件来ました~

1月の時点で一括数千円の案件もあったのであと一息!と思ってましたが、ようやくです。

条件はあまり緩いとはいえませんが、とにかく1回線だけで一括0円です。1回線での運用でもHTL22巨額キャッシュバックからの機種変更でも事実上変わらないくらいの値段で買えたりもするのですが、回りくどいことをしたくない方には向いていそう。


対象ショップ:「テルルモバイル吉祥寺店

条件にパケフラや2年縛り・コンテンツも大量に必要ですが、抱き合わせ必要なしのXperiaZ1 SOL23が本体一括0円にキャッシュバック6000円、きました。

XperiaZ2の登場直前ですから、Z1の値下げもありうるかと思ってチェックしてみると案の定です。

投売りとまではまだ言えないかも(定価が高いハイスペック機なので)ですが、確実に先月より安くなってくるでしょう。

2月~3月頃、XperiaZ1を買うにはよいタイミングがやってくるかもな~と思ってます。



by ke-onblog | 2014-02-19 12:16 | キャンペーン情報 | Comments(0)
昨年私も購入したイーモバイルのモバイルルーター機種の「Pocket WiFi(D25HW)」のアウトレット品が、公式通販サイト「イー・モバイル オンラインストア」でまたセールになってます。

セールの内容はD25HWのアウトレット端末本体と10000円分のプリペイドチャージが10000円で買え、さらに期間中だと3000円分のチャージ額が増額プレゼントされるというものです。

今回のキャンペーン期間が昨日の17日~3月2日になっていますが、昨年からほとんどこのきゃんぺーんをやっていない時期はないくらいに、何度も同じキャンペーンやってるじゃん・・・・


D25HWは古い機種ですが、SIMが挿せないタブレットを外でネット接続するには便利ですよ。まぁ、買った私はほとんど使ってないんですが(笑) 先月家族が旅行に行くときに持たせてあげたので、もう購入時の目的は果たしましたw

D25HWは3G通信しか使えませんが、自宅で実測2-3Mbps出たので軽くネットサーフィンするくらいなら快適でした。キャンペーン中の13000円分チャージが本体込みで1万円で買えるという値段だけに惹かれて飛びついて買ったわけではありませんが、目的があって購入するならば損はしないと思います。

どうせまた今回のキャンペーンが終わってもすぐに再開するんだろ?とは思いますが、焦らずに欲しいときに買えば宜しいかと。




by ke-onblog | 2014-02-18 22:15 | Comments(0)
最近は在庫が安定していたと思ったのですが、ここにきて再びMNP弾の申し子、ソフトバンクのプリモバイルの740SCがオンラインショップ上で売り切れに。

740SCのプリモバは昨年は5079円で販売されていた時期もありますが、初回のプリペイドチャージ額が3千円から4千円に増額され、販売価格は6279へ値上がりしていました。

それでもまだまだMNP弾として使い道があったので人気はあったはずですが、今日2月17日19時時点で740SCの在庫切れを確認しました。

ソフトバンク プリモバイル

前回在庫が再入荷したのは2013年12月、その前は10月と定期的に売り切れになる740SC。これは私が気付いたときだけですけれど、流通がしっかりしているはずのオンラインショップで在庫切れになるって・・・。もうこのブログで売り切れのお知らせをするのは3回目になりますね・・・

タイトルにも書きましたが、ひょっとして大雪の影響とかじゃないですよね?関東でも山梨は陸の孤島状態だったり、高速道路は大渋滞のマヒ状態とシャレにならないレベルの災害に発展している今回の雪ならば、ありえなくはないかと思ってしまいます。

確か私が以前注文したときには川崎の物流配送センターから来ていたと思いますが、運送の遅延なども十分考えられそうです。

雪の影響で本当に困っている、生命の危機にあるような方までいる状況でプリモバイルくらいなんだよ、とは思うのですが、欲しいときに買えないのは残念ですね。


単純に売り切れなのかどうなのか、気になるところ。プリモバイル機種だと105SHはまだ在庫がありますが、単に効率だけを求めるなら740SCがやっぱり一番。

今回売りきれを確認したのはオンラインショップだけです。どうしても急ぐなら近くのショップに在庫がないか確かめて見ましょう。プリモバはそもそも扱っていないショップもあるみたいなので、探すなら大型店の方がいいのかな。


by ke-onblog | 2014-02-17 19:27 | キャンペーン情報 | Comments(5)
イーモバイルのオンラインストアでは、先週からNexus5の32GBモデルの販売が始まっています。

このサイトでも何度か16GB版のキャンペーンを紹介してきました。16GBモデルはMNPなら本体価格一括0円は当たり前のレベルになりましたが、32GBはオンラインストア公式でMNP一括5000円でキャンペーン開始です。

Google playで一括払いで買うと44,800円ですので、MNPに使える回線があるならイーモバで買うのも悪くはないはず。16GBとの価格差をそのまま反映した5000円という価格。ストレージ容量に関しては使い方次第なのでどちらがお得かは一概には言えませんね。わたしならmicroSDにデータはいれればいいや、と思うので少しでも安い16GBかな。16GBのmicroSDなんてメーカー製でも2~3千円、バルク品なら1500円くらいで買えちゃいますからね。

*本記事公開当初Nexus5はmicroSDスロットがないことを失念しておりました、申し訳ありません。余計なことを書いてしまいました。オンラインストレージなどを使えば実利用上拡張は出来ますが、データ通信量を抑えたい場合には32GBの選択肢もありかも知れません。

イーモバのホームページトップに書かれているのですが、4月1日の増税の影響もありますね。4月以降に契約した場合、これまでと割引額は変わらないのに、利用料金は上がるんですよね・・・。

本体を分割した場合でも分割した金額が値上がりすることはありません。2年使うならどのみち実質は0円なのは変わりませんけれど。


たとえば、利用料金(通信料とかプラン料金とか)が税抜4000円、月割2000円だとすれば、消費税5%時は2000円×1.05=2100円ですが、8%になると 4000円×1.08-2000=2320円になるってことですよね。つまり支払い金額が単純に3%分増える、ってわけじゃない可能性があるのです。

4月前に買えば本体分の増税は免れる、というわけですね。意味も無く急いで買う必要はありませんが、やはり増税前に買っておくという選択も人によっては必要になるみたいですね。


それと、イーモバイルがGoogle playで買ったNexus5の持ち込み契約OKになりましたね~。音声SIMなのでSMSも使え、5GBのデータ通信付きで月額2980円。イーモバかソフトバンクのポケットWi-Fi回線を使っていればセット割が利いて月額2000円。

5GBの3000円も悪くないですが、ルーターセット割が使えるとかなり有利になりますね。イーモバイルはNexus5の取り込みに本気ですな~。MVNOも最近はサービスの種類が増えているようですし、イーモバに勝ち目はあるでしょうか。




by ke-onblog | 2014-02-17 10:45 | キャンペーン情報 | Comments(2)
au春モデルの面白機種、G Flex LGL23は結局どうなったのでしょうか。店頭では良く見かけるようになりましたがまださすがにあまり安売りされている印象はないです。

売り上げランキングサイトでもかなり下のほうらしいですし。

個人的な推測ですがたくさん数を製造しているとは思えないため、時間が経っても投売りにはならないんじゃないかな?と思ってます。こんな機種を大量に在庫を用意しちゃうようなら、au(というよりLGですか)の戦略は残念すぎます。

たくさん売れないことはわかってる、でも扱っちゃうよ、というauは大好きですけどね(笑)


1台ではまだ一括0円には届きませんが、投売り機種のHTL22とのセットなら本体無料で巨額キャッシュバック付きの案件もあります。LGL23の安売りというよりは、HTL22のCB恩恵を受けているだけですが、それでもなかなか安そうなのでピックアップしてみましょう。



対象ショップ:「テレウェーブ緑園都市店

緑園都市店は横浜のケータイショップです。

ここでコンテンツ無しの2台同時MNPでLGL23+HTC One HTL22のセット契約で本体一括0円にキャッシュバック45000円付きだそうです。

HTL22は1台だけのMNPならコン無し0円にCB5~6万円くらいが相場ですから、2台に増えたといえども低価格が85,680円のLGL23を0円に持っていき、さらにキャッシュバックが付くなら安いといえると思います。

LGL23の曲面ディスプレイはさておき(一番の特徴ではありますけどね)、本体の性能自体は最新モデルらしい高性能機種なので、慣れれば普通のスマートフォンとしてそれなりに使えるはず。


LGL23は白ロム転売はちょっと向きません。やはりというか何というか、白ロムショップも売れない機種は在庫を増やしたくはないでしょうから・・・。定価の割に買取額はすでに下がり気味のようです。全く売れないということは無いと思いますが、転売目的に買うなら上手く売らないと利益は薄いかもしれません。
by ke-onblog | 2014-02-16 13:00 | キャンペーン情報 | Comments(0)