白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2014年 05月 ( 82 )   > この月の画像一覧

昨日、10インチWindowsタブレット&ノートパソコンであるTransbook T100TA DK564Gを充電するには2A以上の出力があるアダプタやモバイルバッテリーじゃなきゃ厳しそうだ、という話をしました。

T100TAに同梱されていたのは5V/3Aの出力の高いACアダプタでしたが、今日試しに同じASUS製であるAndroidタブレット Nexus7 2012年モデルを買ったときについていた5V/2Aのアダプタで充電を行ってみました。

引っ張るほどの内容でもないので先に結論から書きますと、充電はできるけど、純正(3A)の2倍くらい時間が掛かるという結果になりました。

もう少し頑張れるかと思いましたが、かなり遅い。


昨晩T100TAを使ってからシャットダウンせずに昼頃まで放置したら20%くらいバッテリーを消費していました。キーボードは外していたのですが、1時間あたり1-2%の消費です。ちょっとスリープにしてはバッテリーの消費が大きいな、と思ったら複数のプログラムを終了せずにスリープにしてあったからでした。

Windows8ではアプリを「×」で消すのではなく、画面上から下までスワイプさせてプログラムを終了します。これをやらずにいくつものアプリが動いたまま長時間スリープさせるのは宜しくないですね。

で、Nexus7 2012年モデルのアダプタでも充電できる(画面のバッテリーアイコンが充電中・電源接続中になる)ことは昨日すでにちょっとだけ試していたのですが、どれくらい充電速度に違いがあるのかつい先ほどまで試してみた次第です。


出力が弱いことはわかっていたので、本体はスリープではなくシャットダウン状態で3時間充電させてみたところ、20%から60%まで充電できました。1時間あたり13.3%、0%からフル充電するには単純計算で8時間弱かかりますね。

3Aの純正アダプタではスリープ状態で15%から100%まで3時間ちょいでした。パンフの充電時間は4.5時間なので、100%付近で充電速度が落ちることを見込んでも出力の1.5倍の差は大きいのだな~という印象ですね。


同じ10インチのWindowsタブレットである富士通のARROWS Tab QH55/MもACアダプタは出力3A。iPadは2.4Aでしたね。やはりタブレットを充電するにはスマホや7インチタブレットの2Aでは心許ないです。

出力が低いアダプタをつかうことはバッテリーへの負担は少ないかもしれませんが、1時間で10数%程度では利用しながらの充電だとちょうど全く増えないくらいの速度です。アダプタを持ち歩くのは多少面倒ですが、外で使う場合は3Aの純正品を携帯したほうがよさそうですね。




by ke-onblog | 2014-05-31 18:26 | T100TA | Comments(0)
おかげさまでこのエキサイトブログで白ロム転売に関するブログを初めて約2年が経ち、本日サイトについているアクセスレポート機能のカウンターが500000を突破しました^^

実際にはこのブログ開設日は6月14日らしいので2週間後が2周年なわけですが、忘れそうなので今の内にすべてのブログ訪問者の皆様に感謝の言葉を。

いつも拙いな記事に付き合っていただき、本当に有難うございます。ここまで続けられたのも皆様の訪問があってこそです。


携帯電話の格安購入、キャッシュバックの入手、本体の転売も2年前に比べればかなり一般化しましたね。特にここ半年ほどでテレビや雑誌に取り上げられることも増え、誰もがそのメリットを享受できるようになったように思います。そして3月頃のあまりのキャッシュバック競争の過熱が問題となったりもしました。

2012年からiPhone5, iPhone5sと5c、Xperiaシリーズの発売や旧モデルの投売り・何十万円ものキャッシュバックが積み上げられた案件など、いろいろありました。

もう白ロム転売の旬はちょっとすぎたかな~と思いますが、それでもまだお得に端末を手に入れられる機会は続いています。


エキサイトブログのレポート表示はあまり正確ではないらしく、50万という数字もPCからのユニークユーザー数のみの合計のようです。今はスマートフォン・タブレットからご覧頂いている方のほうが多いので、全体のアクセス数はもう少し多いのでしょうけれど、次の目標はやっぱり大台の100万人です!

最盛期に比べて面白い案件も減り、キャンペーン情報の取り扱いが減ってきていますが、今後も興味深い案件やニュースを気が向くままにお伝えしていければと思います。

コメントや情報提供、間違いの指摘などもお気軽にしていただけると嬉しいです。今後とも白ロム転売法を宜しく御願い致します。
by ke-onblog | 2014-05-31 13:07 | 白ロムコラム | Comments(0)
結構前から話題になっていたようですが、東京・表参道駅近くに都内3店舗目となるApple storeがオープンするそうですね。

具体的な開店日は不明ですが、もう店舗予定敷地にもうすぐ開店との看板が出ているそうなので6月中くらいにはオープンしそうです。

表参道の開店セールもあるかも知れませんので、ちょっと期待。アクセサリーの割引やアップル製品の粗品配布くらいはやりそうですよね。


東京には銀座・渋谷にアップルストアがすでにありますが、さらに表参道に店舗が出来るとiPhone6発売時の行列が分散しそうですね(笑)

激しく時期外れですが、新年の初売り・Lucky Bagのセールなども表参道で買えるようになるなら、こちらもチャンスが広がることになりますね。

Apple純正品はネットのアップルストアからでも買えますが、修理・サポートを受けるならやはりApple storeが近くにあったほうが便利なのは確実。アップルストアはまだ都市部にしか店舗を構えていないので、これだけiPhoneユーザーが多い日本なのですからもう少し地方都市にもサポートが出来る公式店舗が増えると良いですね。


by ke-onblog | 2014-05-31 11:40 | スマホニュース | Comments(0)
週末に向けてau系の案件を見ていると、ほとんどの系列ショップは「学割終了」を絡めた駆け込み需要狙いの広告を出していますね。

auの大型キャッシュバック、一括0円までの大幅割引には学割の加入、学生との同時契約が前提となっているキャンペーンも多いので、学割が終了する6月1日以降はauのキャッシュバック・割引相場が様変わりする可能性がありますね。

特に案件が減りそうなのは、最近少し息を吹き返し始めていたiPhone5s, 5cの複数台契約によるMNP・新規一括0円案件です。

一時期iPhone5cですら一括0円案件が全く見当たらないような状況になったこともありましたが、最近は学割とその家族のセット契約でMNP+新規でiPhone5c2台が一括0円、投売り機種のSHL23と一緒でiPhone5sもMNP一括0円というショップが出てきています。


3月以前ならば学割など関係無しにiPhone5sも一括0円までたどりつけていたものの、今では学生の割引特典を上乗せしなければ安く買うのが厳しい状態です。これが終了となると次はどうなることやら、ということですね。


学割終了といいつつ、どうせすぐまた新たな学生向けキャンペーンが出てくるのだろうとは思います。しかし現状の学割が1月16日~6月1日の期間で行われており、進学・入学・卒業シーズンでauも奮発していたでしょうから、次のキャンペーンは条件の悪化も十分考えられます。

学割終了だから今すぐ買わなくちゃと慌てる必要は全くありませんが、狙っている機種や買い替えの時期の方は1日までの案件で良さ気なショップを探して手を打っておくのも宜しいかと思います。


by ke-onblog | 2014-05-30 21:01 | キャンペーン情報 | Comments(2)
Transbook T100TAの仕様書を見ていて気付きましたが、この機種はタブレットとキーボードドックにハードディスクを仕込んだモデルもあるためか、充電に要求されるアダプタ出力が高いです。

HDDレスモデルのDK32G、HDDあり・eMMC32GBのDK532GSは付属のアダプタが5V/2Aらしいのですが、私の購入したHDDあり・eMMC64GBのDK564Gに同梱されていたアダプタは「5V/3A」仕様です(DK532も3Aかも)。

d0262326_17291629.jpg


3A(アンペア)の出力は普通のスマホ用とは異なりますね。ドコモやauから発売されている急速充電向けのアダプタが1.8Aですので、それでは足りない可能性があります。

同じASUS製であるNexus7(2012)用の5V/2AのACアダプタでも充電自体は出来ましたが、充電速度は遅いらしいですね(まだ充電を繰り返すほど使っていないのでどのくらい遅いかは判りませんけど)。

アダブタには「他の機種に使うな」とタグシールが貼られていましたが、Nexus7は普通に充電できました。過負荷を掛けるのはよろしくないので、やらないほうがいいのでしょうけれど。


ネットで情報を探していると、2Aの出力のモバイルバッテリーで充電できなかったというケースもあったそうです。製品同士の相性も影響しているのでしょうけれど、低出力・低容量のものではT100TAの充電には向かないでしょうね。

T100TAのバッテリー容量は7900mAh。大きいような、そうでもないような。これでタブレットスタイルで10時間近く持つなら十分だと思いますが、外で充電したい場合には10000mAh以上・出力も2A以上クラスのモバイルバッテリーがあったほうが良さそう。

2Aのものでも充電できないこともあるみたいです。キーボードドックを外し、電源をオフにして1時間あたり数%~10数%というレベルでしか充電されていかないとか。

モバイルバッテリーを買って試したという情報もネットにはもうたくさん転がっていますが、相当充電には時間が掛かる模様。一晩では足りないくらいに。

モバイルバッテリーは「合計3A」というような商品はたくさんありますが、1ポートに3Aで供給できる製品はないのかな?モバイルバッテリーの特性をよく知らないのですが、単純に足し算できるようなものではないですよね、たぶん(でもパソコンを充電できるように2+1=3Aの出力でどうたらこうたらと書かれたバッテリーも売ってますね)。


私の利用ペースではキーボードドックあり(HDDは無効にしてあります)、バックライトを6割ほどの少し明るめ設定、後ろでストリーミング動画を流しながら1時間ネット閲覧やいろんなアプリのチェックをして14%ほど消費しました。公称7.5時間に対して、実利用時間6時間強くらいのペースです。個人的には十分なレベル。

一方の充電では、件の3AのACアダプタを使いドックなし・スリープ状態で15%→100%まで充電するのに3時間10分でした(何度か画面をオンにして充電グラフをチェックしたくらい)。こちらもパンフには充電時間4.5時間とあり、実際のペースとそれほど変わらない充電速度でした。純正アダプタではそれなりに充電は早いです。


T100TAを7~8インチのタブレットの延長としてすでに手持ちのモバイルバッテリーが使えないかな?という考えで購入を検討される場合はちょっと注意しておいて下さい。

結構バッテリーは長持ちなのでそれほどモバイルバッテリーのお世話になるようなこともないのかもしれませんが、使い方は人それぞれ。電源を確保できない状況が長時間続きそうな目的で使う場合はなるべく大出力の予備バッテリーを選んだほうが良さそうです。

SANWA SUPPLY USB充電ポート付きノートパソコン用モバイルバッテリー BTL-RDC6

新品価格
¥8,790から
(2014/5/30 17:24時点)



by ke-onblog | 2014-05-30 17:33 | T100TA | Comments(0)
普段は携帯電話・スマートフォンの格安販売情報を取り扱う当ブログですが、今日はパソコンの話です。

今週突然購入してみたASUSのTransbook T100TA。店頭で安い在庫を見かけて「買ってしまえ!」と思ったのは衝動的でしたが、実際はここ最近ネットで新品・中古のいろんな通販ショップの在庫を徹底して調べまくっていました。

T100TAはもっとも安いタイプで定価が46080円と、ノートパソコンにしては格安です。でも、タブレットだと考えるとAndroidタブレットの格安品が2~3万円で買えてしまうので、割高にも感じます。

絶対に欲しい人なら悩まず買える程度の値段ですが、若干使い道に悩みどころもあった私は少しでも安ければ中古でもなんでもいいや、と思って在庫を探しました。


現在、新品・中古でTransbook DK32Gを取り扱っているショップとその価格はこんな感じでした。8%の税込みで計算。

ASUS本家 ☆「アスース 公式ONLINESHOPPING」/ 新品 46080円

ヤマダ通販 ☆「ヤマダウェブコム」/新品 40,122円(402P還元)


価格.com最安値☆「あきばお~」/新品 36980円

さすが価格.com登録ショップは安いですね~。先週見たときより下ってる・・・。ポイント利用や安心感を考えるとヤマダ電機の通販が安いです。

続いて中古。


じゃんぱら / 中古 オフィス付きDK532GS 43093円

ソフマップドットコム 中古・アウトレット/ 今日は中古在庫なし 確か3.4万くらいの在庫が先週ありました

新品でも中古でも、やっぱりヤフオクの安さはダントツ。オークションと普通の通販を比べるのはナンセンスかもですが、取引の手間と信頼性を気にしなければ最安値は間違いなくオークション。個人相手なら消費税も掛かりませんし。

ソフマップも安い在庫が有るときはあります。私がチェックしていた間でも入荷したものは数日で完売になっていましたから、新品に比べればかなりの安さでした。


T100TAはかなりの数が売れているとはいえ、リアルショップで中古を探すのはかなり難しいです(実店舗で買った私が言っても説得力低めですが)。発売されて半年しか経っていませんので、まだ手放す人も少ないんですね。それこそアキバのような電気街をハシゴでもすれば見つかるかもしれませんが、時間を掛けて、交通費をかけてまで探すほどの安さにはなっていないみたいです。


ネットで探すときの注意として、一部のショップでは本来オフィスが付いているはずモデルなのに、「Office無し」で売っているところがありました。おそらくライセンスを剥がして別売りしているのだと思います。Windowsタブレットでは良くあることですが新品と言いつつ開封品の可能性もあるため、気にする方は注意してください。


【Amazon.co.jp限定】 ASUS NB / gray ( WIN8.1 32bit / 10.1 inch touch / Z3740 / 2G / 64G / Home&Biz 2013 / スリーブ付属 ) H100TA-DK004HS

中古価格
¥39,381から
(2014/5/30 10:09時点)



by ke-onblog | 2014-05-30 10:13 | T100TA | Comments(0)
今日もまたドコモが新しいキャンペーンを発表していますね。

内容は昨日発表されたiPad向けの「iPadボーナスパケットキャンペーン」と同じく、iPhoneを利用中のユーザーが新しいドコモの料金プランに加入していると1GB/月のデータ通信上限のアップが行われるというものです。

最長13か月分、金額にして13000円分が増量されるわけですが、iPhoneに適用されるのはちょっと嬉しい人もいるかもしれませんね。

適用はどのサイズのパケットパックでも良いみたいですね。1人で使う場合はデータSパックが2GBなので、iPhoneならこれが3GBへアップすると。3,500円で3GB・・・。それでもまだ高いですね~。1人でデータ通信をよく使うなら普通のXiパケ・ホーダイ for iPhoneのほうが良いでしょう(このプランは受付終了ではなかったですよね)。

1回線につき1GBupなのかな?家族で5台iPhoneがあったら、5GB分シェアできるってことなのかな?キャンペーンの詳細には特にシェアに関しては書いてないようです。

詳しくはみなさんも下記公式ページで読んでみてください。

iPhoneボーナスパケットキャンペーン

ドコモのiPhone優遇措置のテコ入れとしてはそこそこ面白いですかね。新プランへ移行させたいがためのエサに釣られてみるのも良いかと。新プランは2年契約が前提なので、それ以前に動いてしまうと(解約だけでなく、定期期間のないプランへの移動も含む)解約金が9500円かかるので、プレゼント分もすべて消し飛ぶので注意してください。


by ke-onblog | 2014-05-29 22:53 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ドコモの投売り人気機種の一つ、AQUOS PHONE ZETA SH-06Eの新規一括0円案件はまだあるんですね。

最近しばらく見てなかったような気がしていたのですが、新規でキャッシュバックまでもらえるショップがまだあります。夏モデルでSH-04Fが発売されたので、2世代落ちということになりますね。

もちろんSH-06Eは新機種には及ばない性能ですが、初心者用というには十分すぎるスペックがあり、安定していますので、新規回線でスマホを持ち始めたい人、2台目用に回線が欲しい人向けってところです。


対象ショップ:「カメラのキタムラ 多摩センター店

東京のカメラのキタムラです。新規のダイレクト割(ダイレクト割って今は公式の名称ではないはずですけどね。デビュー割 or ご愛顧割なのかな)を利用するので月々のサポートはたぶん付きませんが、新規契約でも本体一括0円にキャッシュバック10000円付き。

MNPならキャッシュバック20000円。こちらはちょっと微妙ですが悪くは無いです。

条件にオプション多数、キタムラにしては珍しい有料コンテンツ600円分というのも付きます。そして「カケホーダイプラン」「パケットパック」の加入予約、というのが条件に入ってますね~。これは維持費が・・・

SH-06Eもさすがに追加で入荷しているショップも少ないかもなので、運よく投売り在庫を見つけられれば安く入手できる可能性はありそうです。

解約して本体を白ロムとして転売するもよし、そのまま普段使いのスマホとして手元に取っておくことも良いでしょう。



by ke-onblog | 2014-05-29 19:45 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ドコモのiPad発売発表から一夜明けましたが、やはり反応は微妙。新機種ならとにかく、Appleファンの方ならもう持っているでしょうし、タブレット自体に興味のある方はそこまで多くないか。

日本のタブレット所有率は20%程度だそうですが、そのうちセルラー機能(3G,4Gのデータ通信が出来るもの)を持っている人はどれくらいいるのでしょう?Wi-Fi専用機を持っている人のほうが多い気もしますが、ドコモiPadの参入である程度は増えそうですね。爆発的に増えるとは思えませんけど。

セルラー機能のあるiPadを使うからには当然パケット通信が発生します。ドコモのタブレット用データプランはミニマムな構成にしても結構維持費が掛かります。iPad Air, iPad mini Retinaの本体価格はサポートでかなり割引かれるのでお得感もありますが、スマホや携帯電話代金にプラスされるとなるとそれなりに高額になることは避けられません。


ドコモ回線でiPadを使う特徴として、新プランのファミリーでデータシェアができる「パケあえる」が適用できるそうですが、これは結構危険な可能性も。

パワフルなiPad Airで快適にネットを楽しむのは結構ですが、あまり調子に乗って使うと簡単にデータ使用制限が掛かる恐れも。

タブレットはスマートフォンよりも大画面ですし、動画を見るなら高い解像度のものでないと逆に粗く見えてしまいます。家族でiPadを共有して使ったとして、子供が知らない間に動画サイトでドラマや映画などを視聴して、ほんの数日でシェアプランのデータを使いきってしまう、なんてトラブルが頻発しそう。

慣れている方ならLTE, Wi-Fiの切り替えも忘れず行うと思いますが、新しくドコモでiPadを導入した、という初心者さんが増えそうな状況でデータシェアはトラップ臭が・・・

ドコモのシェアプランは10GB~30GBまでありますが、iPadで頻繁に高画質の動画を見るなら30GBでも危ない可能性も。30GBプランの値段は22,500円もしますし。


ということで、iPadをドコモ回線で初めてタブレットを買って使うようなご家庭の場合はデータ通信量をどれくらい使っているのかを確認しながら使い始めたほうが良いですね。



by ke-onblog | 2014-05-29 08:43 | 白ロムコラム | Comments(0)
Asus Transbook T100TAよりブログ初投稿です。読んでいただいている皆さんから見れば何で書かれていようが関係ないわけですが。

今はベッドに寝転がって、タブレットスタイルで使ってます。

スクリーンキーボードをじっくりと機能を確かめて見ようといじっていたのですが、色んなモードがあるのですね。これは機種依存ではなく、windows8.1の共通機能なのかな。

スクショを撮ろうかと思ったのですが、撮ろうとするとキーボードが終了してしまうので断念。。。まぁいいか。


と、ここまでフリック入力してみました。スマホで慣れている人なら速く打てるかもですが、私は置いて使えるならキーボードスタイルの方がいいかな。片手で持ってフリック入力も出来ますが、重いし落としそう。スマホのような使い方は10インチタブレットには合いませんね。


キーボードの種類は普通のqwerty配列、右にスマホのようなフリック入力+左にテンキー、そして手書きモードが使えます。

フリックスタイルだと片手での入力がやっぱりし易いです。サイズもSMLと変更出来て、一番小さくすると縦横3-4㎝位になります。コンパクトなスマホ並。

左のテンキーはアルファベット順の英字にも切り替えられて慣れれば両手で速くタイピングすることも出来そうですね。

手書きモードも一度に9字まで書けるので、タイプが苦手なPC初心者には使いやすいかも。認識もそこそこ。ひらがなの「で」を打とうとしたら「ゲ」と認識されたりしてますけど。きっと私の字が下手なのでしょう。

やはりブログを書くくらいなら動作も問題ないですね。Firefoxを使ってRAMは1㎇/1.9㎇と余裕です。出先で軽く仕事をするなら並みのスマホやアンドロイドタブレットよりも多少快適かと思います。

画面の解像度はそんなに気になりませんが、充電していない状態だと明るさがデフォルトで40%くらいまで絞られていて、ちょっと暗い。私はスライドバーで6割ほどのところまで上げて使っています。グラフィックオプションも少しコントラストを強く。こういう設定が自在なのも普通のパソコンと一緒。色調調整くらいはandroidでも出来ますけど。

ベッドの上で更新していたら寝落ちして壊してしまいそうなので、今日はここまで。それではみなさんよい夢を:D (顔文字もいくつか入ってますね)



by ke-onblog | 2014-05-29 00:28 | T100TA | Comments(0)

RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン