白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2014年 05月 ( 82 )   > この月の画像一覧

やっぱりSHL23が安いですね。SHL23のMNPとセットにすればどんな機種でも、どんな契約形態でも(見た目が)安く買えます。

iPhone5sのセット、しかも新規契約で一括0円、しかもキャッシュバックというセット案件までありますね(ネットを見ていた中で、とあるショップが「一方は0円」という微妙な表現トラップを仕掛けていたので、案件を探すときは変な案件に引っかからないように注意してください)。


対象ショップ:「テレウェーブ緑園都市店

こちらは横浜の携帯ショップですね。

auのオプション複数とコンテンツ10個ずつ、パケフラなども必須ですが、iPhone5s 16GBの新規契約とAQUOS PHONE SERIE SHL23のMNP同時契約で両方とも一括0円に8000円分の商品券でキャッシュバック付きだそうです。

既存回線が1つあればいけるので、これはなかなか良案件のように思われます。最近あまりiPhone5sの新規の相場を見ていなかったのでダントツに安いかどうか判断できかねますが、いかがでしょ?

SHL23のキャッシュバック分が4~5万円あったとしても、新規のiPhone5sまで0円に出来る案件は少なくとも先月にはありえないレベルだと思いますね~。

最近iPhone5sの案件がご無沙汰でしたから、iPhoneが欲しかった人は検討してみる価値はあるかもです。




by ke-onblog | 2014-05-24 16:43 | キャンペーン情報 | Comments(0)
このゼロの多さは久しぶりに見かけましたね~

auの夏モデルで型落ちした2013年冬頃発売スマートフォンが投売りセール真っ盛り。今日は外も暖かくてよい気持ちです。むしろお出かけしてきたらちょっと暑いくらい。

auの冬モデルならどの機種でも相当安くなっていますが、このごろ安くなり始めたのはAQUOS PHONE SERIE SHL23です。この機種はAQUOS SERIE 25が6月に発売されるので型落ちの運命にあり、今が在庫処分のタイミングなのでしょう。

複数台同時なら、3月の最盛期にも引けを取らない巨大キャッシュバック案件もありました。


対象ショップ:「ジョイネット成東店

ジョイネットといえば巨額キャッシュバック、巨額キャッシュバックといえばジョイネットな千葉の案件です。

4台同時というなかなかのハードな条件ですが、学割・オプション・家族割、そしてコンテンツ約8000円分契約も必須ですが、本体一括0円にキャッシュバック20万円付きです。

SHL23の本体価格が今は4万円ほど。発売当時は確か7万円くらいでしたから、もとの定価で計算すると本体28万+CB20万で、500000円くらい割引かれているとも言えます。

コンテンツ代金は多少高いですが、CBでなんとかなるでしょう。

MNP弾がたくさん余っている方向けですね。


by ke-onblog | 2014-05-24 12:32 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ひょっとしてこれは毎週やっているセールなのでしょうか。数週間前に私は広告を見て初めて気付き、その次の週にもコメントで購入してきたというお話を聞きました。

PC DEPOTのウェブチラシを見てみると、24日のウェブ限定チラシ版でSB iPhone4s 16GBが限定300セットで1万円。そしてこちらは地域によってないところもありますが、32GBモデルが15000円です。

Webチラシは全国共通かとおもったのですが、どうやらショップによって在庫があるところとないところがあるようなので(なくても取り寄せはやってくれるようです)、行く前に電話で確認を取ることを推奨します。

う~ん、16GB分の増量で5000円か。自分で使うにしろ転売用にするにしろ、悩ましい価格差ですね。


ただ、PCデポでこの白ロムを買う場合には、PCデポのクラウドストレージサービス「OZZIO Drive」とセキュリティーソフトの無料期間版にクレジットカードで登録しなければなりません。1年以内に解約すれば料金は掛かりませんが、オーバーしてしまうと自動更新され、年額9500円が掛かってしまいます。

1TBのクラウドなんてどうやって使いきるのか。個人でそんなに使うわけないのに、多少ぼった○り感のあるシステムなので、不要な場合は忘れず解約して置きましょう。解約は電話でサポートに連絡して、契約番号を伝えると出来ます(詳しくは契約書に書かれています)。

カスペルスキー10台分っていうのは結構使えますね。普通に買えばファミリーライセンスで4000~5000円くらいですからね。そう考えると9500円という価格設定も高いというわけでもない(むしろ1TBのクラウドのデータ量だけを考えれば格安ともいえます。転送速度が速ければの話しですが)のですが、利用継続するかどうかはお好きにどうぞ。

PCDEPOT WEB本店
by ke-onblog | 2014-05-24 06:22 | キャンペーン情報 | Comments(2)
やはりといいますか、今週末向けの案件でさっそくXperuaZL2 SOL25の方は抱き合わせで一括0円案件が続々と出てきています。

これは、発売日から投売りの気配(笑)

今回ピックアップする案件では、XperiaZL2の機種変更とMNPセットで一括0円という変り種です。既存au回線とソフトバンクのプリモバあたりから1発MNP弾を引っ張ってこられる方などはいかがでしょうか。


対象ショップ:「ケータイキング六ツ川店

横浜にあるケータイショップで、明日の土日、発売記念のセールということで、AQUOS PHONE SERIEの旧モデルSHL23へのMNPと、XperiaZL2 SOL25への機種変同時契約で本体一括0円にキャッシュバック5000円アリ。

他店で、2台ともMNPでキャッシュバック付きという案件もありましたが、それよりこっちの「機種変+MNP」というほうが面白かったので紹介してみましたが、SOL25結構安いんですかね。

ドコモのXperiaZ2 SO-03Fに比べるとちょっとアレですが、最新モデルには違いありません。デザインの好み次第ですから、安ければSOL25でも~という方は週末価格調査をしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、SO-03Fの一括0円は案の定ありませんね。SO-01Fですらほとんど無いので、ドコモのZ2をすぐに手に入れたいなら一括0円探しはハードル高すぎです。




by ke-onblog | 2014-05-23 20:06 | 白ロム転売法 | Comments(0)
今日23日はドコモのAQUOS ZETA SH-04Fと、ソフトバンクのAQUOS Xx 304SHの発売日です。auのSERIE SHL25は6月下旬に発売なので、まだしばらく先。

昨日は「夏モデルのAQUOSスマホ ドコモだけフロント音量キーが無い!」と、音量調整の仕様が新しくなったドコモのSH-04Fに注目しましたが、価格を見てみるとソフトバンク版の304SHのほうがかなり安いんですね。

まず定価。SH-04Fが85,320円なのに対し、304SHは69,120円(税込み)。16000円の違いはなかなか大きいですね。

そしてMNPのサポートも全然違います。MNPの割引といえばドコモが強いという印象があったのに、シャープの機種についてはSH-04Fは月額1,620円割引、304SHは2,880円割引と、ソフトバンク圧勝。

2年間の実質負担で比べると46,440円と0円です。もちろん0円なのはソフトバンク。


なんでドコモのSH-04Fこんなに高い設定なんでしょう?ソフトバンクが安いというよりは、ドコモの価格が高すぎ。ただでさえ新料金プランで安い維持がし難いのに、これはちょっと。

他に適用できるプランやキャンペーンを組み合わせていけばトータル出費費用ではどうなるか計算していないのでなんとも言えませんが(これは各家庭・契約状況によるので一般例を出しても意味が無いです。お店で相談して計算してもらいましょう)、それにしても本体価格だけで4万円以上の差は大きいですね。

せっかくドコモ版は音量ボタンが物理キーになったのに。この分だと安くなるまでにしばらく時間が掛かっちゃうかもしれません。白ロムが安くなったら1台買おうかと思っていたのに。

304SHはMNPの優遇が大きいので、こちらは早い段階で一括0円が出てくるかも知れません。旧モデルの302SHと同じパターンですね。

304SHは5000円分のGoogleプレイクーポンなどもキャンペーンで配るので、価格面では現状304SHが有利といっていいでしょう。。


by ke-onblog | 2014-05-23 07:04 | キャンペーン情報 | Comments(0)
今初めて気付きました。シャープの2014年夏モデル、docomo向け端末のAQUOS ZETA SH-04Fにはフロント音量キーが、無い!!!

ソフトバンク向けの304SHは実機を触って、「あぁ、またこれなんだ・・・」とちょっと白けた印象だったのですが、ドコモのホームページを見ていたら、なんだかデザインがスッキリしているじゃありませんか。

気付いてい方はきっと「え、今更?」って感じかも知れませんし、興味のなかった人は「だから何?」って思われるかもしれませんが、先月オモチャとして買ったAQUOS PHONE(203SH)ユーザーな私にはなかなか衝撃的な気付きでした(笑)


AQUOS PHONEシリーズのボリューム(音量調節)キーにまつわる所感は以前書いた「AQUOS PHONE伝統の前面ボリュームボタン 無効化したいなぁ」をご覧下さいませ。タイトルだけで察していただいても結構です。


旧機種の話はともかく、今年の夏にはシャープは三大キャリアすべてに類似スマホを供給するのですが、明日5月23日に発売されるドコモのSH-04Fにだけ、音量ボタンがフロントに無く、本体横に物理ボタンとして配置されているのですね。

ディスプレイサイズもSH-04Fは5.4インチ、ソフバンの304SHとau SHL25は5.2インチとなっており、サイズ感もちょっと違います。デカイ分、SH-04Fだけ10グラム以上重いですけどね。

それでもフロントボリュームキーが無くなるなら、これはドコモ版を推さざるを得ない。どうせ他の機能は似たり寄ったりで、十分高性能でしょうし。

いえ、人によってはあのボリューム調整が便利だ、という方もいるでしょう。確かに便利に感じるときもあります。でもそれ以上に、私は度々意図せず触ってしまい、気付くと大音量になっててビビることがあります。


そういえば203SHにあったフロント物理ボタンは全機種からなくなっちゃいましたね(むしろあったのは203SHだけ?不評だったのか?)。エッジストで液晶領域を広げるためでしょうけれど、あれは結構便利なのに。使い終わって、本体を保持している左手の位置を持ち替えずに、すぐにスリープに入れるんですよね。

XperiaZ2 SO-03Fが発売中の今、SH-04Fが大人気になるとはちょっと思えませんが、それでもフロント音量キーをなくしたというだけで、私の中の評価は一気に跳ね上がりましたよ~

フロントソフトキーが合わずにAQUOS PHONEから離れた方は、SH-04Fでドコモおかえりボーナスが使えるかもしれませんね(笑)




by ke-onblog | 2014-05-22 17:54 | 白ロム転売法 | Comments(0)
今更iPhone4sが欲しい人がどれくらいいるかわかりませんが、ソフトバンクのオンラインショップでは5月27日まで機種変での16GBモデル購入に限り、本体実質0円にキャッシュバック20000円付きのキャンペーンをやってます。

SBのiPhone4s 16GBといえば中古なら以前PCデポで1万円で買える~という情報を紹介したこともありますが、ソフトバンクショップのはもちろん新品です。

本体代金は分割だと1530円×24ヶ月(一括36,720円)ですが、月々割で1530円引きなので、実質0円ということですね。そしてキャッシュバックが20000円もらえるので、一括で支払ったとしても新品iPhone4sが16720円で手に入ると思えば悪くありません。

ただし、6ヶ月以内に解約やプランの変更をすると、20000円の解除料という違約金でキャッシュバックを回収されますので注意してください。

MNPや新規でなく機種変更でこの条件ならば、まずまずといったところでしょう。iPhone4sより古い機種を使っていてキャリアを動けない事情がある場合はお得と言えます。

32や64GBは在庫がすでにありません。16GBも在庫がなくなると終了するそうなので、iPhone4sに乗り換えたい方は検討してみる価値はあるでしょう。

ソフトバンクオンラインショップ iPhone 4s 特別販売キャンペーン


by ke-onblog | 2014-05-22 07:44 | キャンペーン情報 | Comments(0)
お~、まさかのソフトバンクからプリモバイルで新機種追加のニュースが出てますね~。

6月6日より、手のひらサイズのプリモバイル、というキャッチフレーズで301Zというモデルが追加されるそうです。

約85gという超小型携帯電話。ストレートタイプですね。

販売開始のキャンペーンで、発売日から6月いっぱいは、オンラインショップで通常5980円とのころ、4980円で買えます。4000円の無料チャージ込みでこの価格。

プリモバイルで740SCが販売終了になってから、ひさしぶりのプリモバイル弾を仕込むチャンスがやってきましたよ!

どのくらい数を用意しているかわかりませんが、もしかしたら売り切れもありうる安さなので、弾の補充をしたい方は発売日に購入しておきましょう(予約はやらないみたいです)。

⇒「ソフトバンクオンラインショップ


by ke-onblog | 2014-05-21 21:04 | スマホニュース | Comments(0)
出ましたね、大型Surface。SurfacePro 3は12.1インチのノートブック級タブレットという位置づけで、6月20日からアメリカで発売され、日本にも8月末までに発売されるそうです。

厚み9.1mm、重さは800グラムだそうです。タブレットとしてみるとそれほど軽いとは良いづらいレベルですが、ノートパソコンだと思えば軽いですよね。

軽量ノートパソコンでは「Ultrabook」というジャンルがありますが、キーボードを付ければほとんどウルトラブック相当という感じ。

細かいスペックはITmediaのニュースがすごく詳しいので、参照してみてください。

☆ ITmedia surface pro 3 詳細版

Surfaceも初代が発売された当時は高いだけであまり魅力を感じませんでしたが、2,3とスペックはどんどん上がり、高級路線ではありますが、使いやすそうになってきています。Surface2も結構人気みたいですし。

Surface Pro3もかなり高いですね。一番安いCore i3/RAM 4GB /ストレージ64GBで799ドル。日本円にして8万円強。日本で発売されるとなると、もう少し高いかもしれませんね(逆に安いのか?)。

最高スペックのCorei7, RAM 8GB, ストレージ512GBだと2000ドル近い。ゲーマーが使う高性能ノートパソコンだと10万、20万というのもあるみたいですが、とてもじゃないですが私には手が届きません(笑)

Surfaceを使うなら、タイプカバー(オプションキーボード)を使わなければ勿体ないでしょうね。そうなるとまた費用は高くなりますけど。


8万円か・・・。コスパ優先で考えるなら、私ならASUSのTRANSBOOKをオススメします。4万円でキーボードドック付き、10インチのタブレットスタイルでも使えますからね。

ASUS T100TAシリーズ NB / gray ( WIN8.1 32bit / 10.1inch HD touch / Z3740 / 2G / 32G / JISキーボード ) T100TA-DK32G

新品価格
¥39,394から
(2014/5/21 15:22時点)




事前の噂で出ていたミニサイズのSurface mini,7~8インチクラスのタブレットは出ませんでしたね。小型タブレットのSurfaceはあまり・・・。安いならいいですが、Microsoftの端末なら既存のWindowsタブレットより高そうです。

Surface Pro3は予算があれば使ってみたい一台、というカテゴリーですね。
by ke-onblog | 2014-05-21 15:26 | 白ロム転売法 | Comments(0)
ついにXperiaZ2 SO-03Fがドコモから発売されますね~。私も先日、展示された実機触ってきましたが、少し操作しただけでも良機であるのは感じられました。

とはいえ、ちょっと触ったくらいで悪いところが露見してしまうような機種は最近ありませんけどね(インターフェイス・操作の慣れは別問題として)。

本体のデザインはZ1から大きく変わったわけではありませんので、驚きや新鮮さは特に。普通にカッコイイな、という程度の感想しか。

ちなみに、先日このサイトで行った「[アンケート]XperiaZ2 買うならドコモとau、どっち?」では、ドコモ版の人気がすごいことになってました(笑)

5.2インチで大きく,重量はちょっと軽くなったので、密度は小さくなったな~という感じはしました。この軽量化だけでも持ち比べてみると違うものですね。


購入者として気になるのは、やはり価格。XperiaZ2 SO-03Fの価格はMNPで実質負担1万円強です。もとが8万円半ばとかなり高額なので、発売日初日からのMNP一括0円はちょいと厳しそう。

先週出たGALAXY S5 SC-04Fは単体MNPで一括4~5万円くらいでしたので、これと比べてあと4万円分割引を利かせるとなると、2台セットMNPでもまだ足りないでしょう。

今価格が安いG2 L-01FとSO-03Fの2回線MNP、コンテンツ大量付きならあるいは、という程度でしょうか。

新規・機種変更ではお話にならないですね。MNPと組み合わせ、3台、4台というような同時契約のセット価格なら・・・というレベルでしょう。


白ロム転売の観点では、発売直後でもプレミア価格がつくほどの人気・在庫切れにはならないと思います。いくらXperiaシリーズが人気があるとはいえ、国内モデルで在庫が全然足りないほどの売れ行きにはならないでしょう。全然入荷数が確保されていない、ということも多分ないです。iPhoneじゃあるまいし、国内機種でそんなことをすればコアなファンでもなければ、他に在庫のある機種に客を取られるリスクが高すぎますからね。

Z1から乗り換えるには早過ぎますし、初代のXperiaZからも2年経ってませんので、ちょっと乗り換えのタイミングにしても少し早いです。MNPならともかく、機種変更ではかなりの高額になっちゃいますし。

定価以上での転売はないですが、そこそこ売却利益は高いレベルで維持できるのではないでしょうか。MVNO人気も手伝って、白ロムの需要は見込めそうです。

XperiaZ2登場で、いよいよXperiaZ1 SO-01Fの値下げも期待できますね。先日XperiaZ1f SO-02Fの実質値下げがされ始めたので、SO-01Fも何らかのキャンペーンで安く買えるチャンスが出てきそう。

新機種の価格と共に、旧モデルの値下げ情報も要チェックですね。


by ke-onblog | 2014-05-21 05:37 | スマホニュース | Comments(0)