白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2014年 06月 ( 57 )   > この月の画像一覧

ドコモのGALAXY NOTE3ではちょっと前までMNP一括0円すらなかったのに、やはり公式での値下げは威力がありますね。ついにキャッシュバックの大きな案件もちらほらと見られるようになりました。

キャッシュバックが大きければ良い案件というわけではないことは当然ですが、契約条件さえ飲めるのならばやっぱり巨額キャッシュバックはオイシイですからね。

1回線だけだと5000円くらいのキャッシュバックが相場平均くらい。今回ピックアップする案件はコンテンツの盛り合わせで最大1回線だけでキャッシュバックが20000円に到達できます。


対象ショップ:「テルルモバイルCosmo 吉祥寺店

単一回線でのMNPでオプション加入、有料コンテンツ25件を2ヶ月、楽天でんわに加入という条件が付きますが本体一括0円にキャッシュバック15000円です。MNPでおかえり割が適用できれば+5000円なので、1回線では最大20000円ということになります。

コンテンツ維持費も2ヶ月で16872円と予めはっきりしています。キャッシュバックが3ヵ月後になるのでそれまで回線は残しておきましょう。プランの変更・コンテンツ解除時期はその前に切れるものもあるので個別に確認してください。

GALAXY Note3 SC-01Fはまだかなり高く売れるはずなので、好条件の案件では売り切れも出ているようです。ハンターの皆さんはさすがめざといですね(笑)

GALAXYシリーズ自体が売れ易いので、本当に転売向き。大画面のNote2もかなり高値で売れていた記憶がありますし。

SC-01Fの転売にチャレンジするなら白ロムショップの買い取り価格下落前、オークションの出品が増える前に弾を打ちましょう。需要はそこそこあると思いますが、人気があっても販売流通数が増えすぎると一時的に価値がさがることもあります。3-4月頃のiPhone5sのように。iPhoneは人気が勝ったのでその後相場価格は持ち直していますが、他機種ではそのまま安いまま消えていくモデルの方が多いと思いますから注意が必要です。




by ke-onblog | 2014-06-26 18:37 | キャンペーン情報 | Comments(0)
出ましたね~、auの通話定額プランと新しいデータプラン。ドコモとソフトバンクは最大で30GBを「シェア」することを前提にしたプラン構成でしたが、auは刻んできましたね。

う~ん、やはり通話プランもパケットプランも特に面白くはなかってですね。通話定額基本料金が2700円にデータ2GBで3500円。通話定額に興味がない人間にとっては全く魅力を感じないわけですが、それはまぁ使いたい方が使えばよいと思うのでスルーしておきましょう。


プランや料金はそれほど面白みはありませんが、この新プラン発表にあわせてauではいくつかの新しいキャンペーンが開始されます。どれも新しいプランへの加入が条件になるので通話定額を利用してみたい人は適用できるかどうか確認しておきましょう。

発表されているキャンペーンは以下の5つです。

①電話カケ放題プラン先行キャンペーン・・・ 従来のパケフラに通話定額プランを足せる

②auからのデータギフトキャンペーン・・・ 8~11月の4ヶ月間、新プランのデータ量が2割増しになる

③iPhoneデータ増量キャンペーン・・・ iPhone5以降で新プラン適用時、1GBのデータ増量

④電話カケ放題プランスタートキャンペーン・・・ 新規契約かつ通話定額プラン加入でWALLET チャージ3,000円もらえる

⑤総額1億円! 「カケホとデジラ」エントリーキャンペーン・・・新プランに加入で抽選1万人にWALLET1万円チャージがあたる

詳しくは公式で確認してください。③のiPhoneで増量は適用できる人が多いかも。増量されるのは最大13ヵ月間だけですけど。

☆「7月から音声定額プランを先取り体験! auの新料金「カケホとデジラ」提供開始に伴うキャンペーンについて

新プランだと本体一括0円、月サポが3000円くらいある機種を選んだとしても毎月の維持費が3000円以上になってしまうのでもうなんともなりませんね。メイン機種に使うなら良いですが、多少キャンペーンが優遇されているからといって新プランに変えてしまうと結局高い維持費を払わされるだけで終わるひとも多そうですから、新プランが割引の前提になっている場合は慎重に選ぶようにしてください。


by ke-onblog | 2014-06-25 18:46 | スマホニュース | Comments(0)
先週から安くなっているドコモのGALAXY NOTE3 SC-01Fですが、案件をいろいろ見てみると好条件(転売向きという意味で)のものがありますね。

使えるのはMNP、特にドコモに再び戻ってきた「おかえり割」が適用できる場合ですが、使えなくても即解約で利益が出そうな相場になっているので、ちょっとだけシミュレーションしてみましょう。

MNPを使うのですでに回線がある場合を前提にしますね。ドコモのおかえり割の条件に2年縛りがあるので、これを使います。

似たような条件のショップが多いですが、今回はテルル町田店の条件で計算してみます。コンテンツ3個=1000円くらいにしておきましょうか。

【支出】

・MNP予約番号発行手数料 2000円
・ドコモでの契約事務手数料 3000円
・2年契約の解約違約金 9500円
・初月のプラン・オプション費用 約1万円
・有料コンテンツ3個 1000円

オプションの個別内容が書かれていませんが、フルオプションで加入しても初月は無料のコンテンツもあるはずなのでこんなものでしょう。オプションでもっと初期費用がかさむようなら考え直さなければなりませんけど、合計が3万円以下なら利益がでる可能性があります。

おかえり割の適用で5000円くらいの割引が相場になっているようなので、適用無しでもそこまで大きな差は出ません。

ショップによってコンテンツあり・なしでキャッシュバックの有無は異なりそうですが、MNP一括0円ならどこでもあると思います。

SC-01Fを即転売するとして、今日の買い取り価格はダイワンテレコムのネット買取で36400円。もちろん送料も手数料も要りません。完全新品なら満額で売れるはずです。これにキャッシュバックが5000円で4万円超の収入。

オプションが不明なので適当な計算ですが、支出との差額は15000円くらいになりますね。初期費用がもう少し掛かり、税込み計算にして1万円くらいの利益にはなるでしょう。

要らない回線を単に解約するくらいならドコモへMNPを一発打ち込んでから解約すると儲かってしまう、ということですね。

買い取り価格が今後下ることが予想されるので、もし試すならお早めに。白ロム転売は時間が経つほどに利益が出しにくくなります。下手すれば利益どころか損をする可能性もあるのが転売の難しいところですが、まだ間に合うかな?

使えるMNP弾がある方は上記シミュレーション例と実際の案件を比較してチャレンジしてみる価値があると思いますよ~(最近移動・即解約を行っている場合はブラックにならないように注意してくださいね)。




by ke-onblog | 2014-06-25 12:01 | 白ロム転売法 | Comments(0)
いよいよ今週金曜日にXperia Z2 Tabletの通信モデルがが日本で発売になりますね。Wi-Fiモデルはソニーからも発売されていますし、海外版SIMフリー機種も入ってきていますけど。

auからは7月発売ですが、ドコモのSO-05Fが先行して27日から発売開始です。価格が92,880円とめちゃ高いですが、サポート金額も結構大きめで実質負担としては28,080円と。


白ロム転売というか、SO-05Fを白ロムで買いたいなという人は発売後の白ロムショップの在庫をチェックしておきましょう。Wi-Fiモデルを買おうかと考えていた人も白ロムが入ってくるまで待ちましょう。

というのも、旧モデルのXperia Tablet Z SO-03Eのときにはネットワーク制限が掛かる恐れがある△状態の白ロムがWi-Fiモデルの販売価格より1~2万円安く売られていたのです。分割支払い中の間はSIMを使ってLTE接続が出来ますし、もし制限が掛かってしまったとしてもWi-Fi専用機を安く買ったと思えばよいのです。

発売直後に入荷する初期在庫はおそらく転売屋によるものでしょう。スマホのセットやサポートの利いた回線だけ欲しい人が手に入れて本体を売り飛ばしていると思われますが、白ロムを使う側には新品・未使用で安ければ言うことはありません。

ドコモのSO-05Fだとドコモアプリが入っていること、16GBが無いことくらいでWi-Fi専用として使うならSGP512JPと大きな違いはありません。


ソニーストアのWi-Fi専用機の価格が税別16GBモデルで51000円、32GBモデルで55000円です。制限品白ロムが55000円以下で出るようなら買い、ということですね。

9万円超の定価なのに5万円まで安くなるの?と思いますが、安くなる可能性は十分あります。本体代金完済が確認出来ている○の白ロムでは厳しいと思いますが、△ならいけるはず。そのまま×にならなれけば儲けモノです。

白ロムショップによってはネットワーク制限△のものを一切扱わないところもありますが、ケータイアウトレットでは△在庫がいっぱいあります。ここはフリマ形式なので、個々の返品条件等をよく確認してから購入を検討する必要がありますが、激安で買える可能性があります。去年SO-03Eの格安白ロムを見たのもこのショップです。

XperiaZ2 Tabletを単品で安く買う方法はなかなかありません。スマホのようにMNPでコンテンツを大量につけて・・・という割引がタブレットにはほとんどありませんからね。

というわけで、制限品でも構わないという方は発売後の△白ロムを狙ってみてはいかがでしょうか。55000円を切れる可能性は高いです。




by ke-onblog | 2014-06-25 11:27 | スマホニュース | Comments(1)
ASUSの公式通販サイト「ASUS shop」には箱破れ品や型落ち・返品商品のアウトレットコーナーがあるのですが、そこでWindowsタブレットのVivoTab Note 8が値下げされています。



通常価格が54,800円で以前まではアウトレット品で44800円で売っていたはず。それが値下げされて39800円になっています。

6/27時点で34800円になってます!

型番は「L80TA-DL003PS」でWindows8.1搭載、Office Personal 2013がインストール済みのモデルですね。オフィス込みで4万円を切る価格は魅力的。

アウトレットなので箱破損品、返品が不可であることを気にしなければかなりのコスパですね。ただストレージが32GBのモデルなので、本体にたくさんファイルを保存する場合はかなり厳しい容量です。microSDが使えるのでそちらでカバーすることは可能ですが、使い方を考える必要があるでしょう。クラウドストレージサービスを活用するとかですね。

ちなみに、オフィスソフトが抜かれた本体のみのタブレットでいいならば楽天のカデンショップに2万円台のものがあります。オフィスを別売りしているんだと思いますが、本体だけ欲しい人はこちらでも。オフィスはフリーソフトを追加することもできますからね。

私の持っているT100TAは10インチのWindowsタブレットですが重さが500グラムもあり、やはりタブレットとして持ち歩くのは若干つらい。パソコンだと思えば軽いんですけどね。

その点VivoTab Note 8は重量380グラムとタブレットとしては程よいサイズ。片手で持って、もう片方の手で気軽に操作できるサイズは8インチまでだと私は思いますね。10インチはテーブルに置いて使いたい・・・。Xperia Z2 Tabletくらい軽ければまた違うのかもしれませんけれど。


ASUSのアウトレットコーナーはよく価格が変動する(高くなることもある)ので購入前には価格表示に注意してください。

☆「ASUS shop アウトレットコーナー


by ke-onblog | 2014-06-25 01:00 | キャンペーン情報 | Comments(0)
先週末にauのオンラインショップでXperiaUL SOL22が一括2万円くらいまで値下げされていますが、今のところ目だった投売り案件は出ていないようです。

誰でも割に加入するだけで2万円以上割引かれるので、たとえ2年間使わないとしても加入して値引きを受けて、違約金1万円を支払ったほうがお得という状態ですね。

XperiaUL SOL22はXperiaZベースの2013年夏モデルでしたか。その後のZ1,Z2(auではZL2ですけど)が発売されたおかげで2モデルも型落ちしていることになりますが、まだ十分実用できるレベルの機種だと思います。


公式で値下げがされると安売りショップで投売りが開始されるのが常ですが、古い機種のせいかMNPでもあまり大きなキャッシュバック案件が出ていないようです。今ならXperiaZ1 SOL23もMNP一括0円で買えるので、あえてSOL22を買う理由もちょっと弱いかな、と。

白ロム転売するにも本体の人気は断然SOL23です。SOL22も機種としては悪くありませんが、Z1と似たような購入金額ならZ1の方が断然高く売れますからね。

次の週末以降、セット販売を含めてXperiaUL SOL22の投売り情報が出る可能性もあるので、ちょっと注意してみておきましょう。MNPならコンテンツなしで1回線一括0円にキャッシュバック付きがあっても不思議ではないはず。

今日の時点で2台同時、多分コンテンツあり、スマバリ・050プラス加入などオプション多数でキャッシュバック7万円というのはありましたが、もうちょっと頑張ってほしいところ。このくらいならLGL22、FJL22などの既存投売り機種の方が良い条件があるでしょう。


ということで、今週末の要チェック機種は「au Xperia UL SOL22」ですよ~。旬は終わっているでのどれだけ在庫が余っているのかは怪しいところ。もう取り扱いのないショップも多そうなので在庫があればチェック、という程度で(オンラインショップでもすでにホワイト・ピンクは在庫なしになってます)。



by ke-onblog | 2014-06-24 22:09 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ヤフーニュースに7月からauが通話の定額プランを始める、と出てますね。これで3社出揃うことになるわけですが、ドコモとソフトバンクと同じようなプランしか出てこないでしょうね。


新プランが出ると割引案件の条件に定額プランへの加入必須、というのが増えそうで頭が痛いところ。ドコモやソフバンで発表されているプランにしても、新プランへの加入が必要になると最低の維持費がかなり上がります。実際に使うメイン回線ならともかく、寝かせる回線で新プランは勿体無いことになるでしょう。

案件に新プランへの加入条件がちゃんと書かれていればいいのですが、ショップに行ってみれば実は加入が必須だった、というようなガッカリ案件も出てきそうなのでこれまで以上に案件比較には注意が必要になりますね。


ドコモは長期間利用者の割引があるプランがいくつかあったりしましたね。auでも多少の特色付けはあると思いますが、いずれにせよ定額系プランは白ロム転売法には向きませんので、私はあまり興味がありません^^;

auだとスマートバリュー、スマートパス、au WALLETなどの加入が最大割引適用の条件になったりするのでしょうか。見た目の価格の安さに惑わされず、個々で適用可能な範囲でのチェックを行っていきましょう。


いつからauの新プランがスタートするかはわかりませんが、割引の適用範囲に変更が出る可能性もありますので最新情報には気をつけておきましょう。改善になるのか改悪になるのかは分かりませんけれど・・・



by ke-onblog | 2014-06-24 15:11 | スマホニュース | Comments(0)
今月も残り1週間。6月はあまり大きなキャッシュバックキャンペーンは相変わらずな感じでしたが、白ロム転売・携帯乞食にとってはプリモバイルの新機種発売はチャンスでしたね。

プリモバ史上最高クラスのコスパを誇る301Zの発売&キャンペーンがありましたが、皆さんもう購入は完了しましたか?今からでは多分先着1000名のアマゾンギフト券プレゼントには間にいませんが、本体価格の値引きは間に合います。

5378円で新規のMNP弾を仕込むチャンスはあと1週間ですよ~。1年後、2014年冬~2015年春モデルあたりで収穫に使えるはずです。iPhone6sにはちょっと早いですかね。

301Zと同時に販売された旧モデルスマホのプリスマセールも、残り4機種の在庫は残っています。これはもう売れ残りですね(笑)

102Pは発売時の7機種の中ではスペック的には悪くないと分析していたのですが、需要は少なかったですか。ドコモのオンラインショップで旧モデルのセールをやったときも売れ残りにはバラツキがあったので、こんなものでしょう。

ドコモは6月もいくつかのモデルでMNPの優遇を開始しましたね。今朝方もブログで書きましたが、GALAXY Note3 SC-01FのMNP優遇で一括0円案件がようやく出始めましたし、Xperia Z1f SO-02Fの一括0円もなかなかでした。

来週以降、そして7月に入ってからは夏のボーナス商戦が本格化するでしょう。夏モデルも出揃ってきたので、旧機種の在庫処分の時期としても悪くないはず。MNP弾の準備が出来ている方はセール案件情報にアンテナを張っておきましょう。

7月を見送るなら、次は9月のiPhone6登場を待つべきです。8月は夏休みなので帰省・旅行・イベントでの散財時期ですし、お盆になると小規模の激安ショップなどは休みの場合もあります。

iPhoneが出ると他機種の売れ行きが落ちるため、そこでスマホ値下げによるドーピングもあるかもしれませんしね。白ロム転売・安売りスマホ購入を目指すなら常時チェックは基本ですが、セールが増える時期がこれからやってきますので、狙いの機種を絞って価格比較を始めても良いでしょう。



by ke-onblog | 2014-06-23 20:31 | キャンペーン情報 | Comments(0)
発売直後からセットでMNP、新規や機種変更でさえ一括0円情報があるAQUOS SERIE SHL25ですが、iPhoneとセットにしても0円案件がありますね。

キャッシュバック狙いなら旧機種のSHL23とセットにしたセール情報が狙い目ですが、iPhone5cも欲しいなら使えそうな案件です。SHL23はもう白ロムの相場が下ってますからね・・・。ヤフオクでも2万円は厳しくなっています。

iPhoneは5cでもそこそこの価格で売れるはずですから、セット時の条件とキャッシュバックの金額を比較してどちらを狙いに行くか考えましょう。


ではセット案件の一例をピックアップしてみます。

対象ショップ:「テレウェーブ青葉台店

台数限定とあるのでもう売り切れている可能性もありますが、SHL25とiPhone5cの2回線同時MNPで一括0円に商品券で5000円分キャッシュバックとあります。クーポンで増額もあり、と広告に書かれているので他キャンペーンとの併用もいけるかもしれませんね。

詳しい条件は不明ですが、パケフラは必須みたいです。契約月はずしもOKみたいですが、その場合はキャッシュバックがなくなるかも。

AQUOS SERIE SHL25はソフトバンクの304SHに近いですね。ドコモのSH-04Fはディスプレイサイズと音量キーの違いがあります。auなのでWiMAX2+やキャリアグリゲーションの恩恵がどこまであるのか、というあたりが選択のポイントでしょうか。

AQUOSシリーズはモデルチェンジが早く、全キャリアでほぼ同じモデルが発売され続けるので白ロムの価値が暴落し易いです。もしSHL25をある程度使ってから中古白ロムとして売る場合はあまり高く売れない状況も想定しておきましょう。iPhoneは時間が経っても、中古でさえ比較的高く売れるので、1台を使って1台を売るというのであればiPhoneを使ってみるのも良いかも知れませんね。



by ke-onblog | 2014-06-23 17:20 | キャンペーン情報 | Comments(0)
週末にGALAXY Note3のMNP一括0円案件が増えているな、と思っていましたがドコモの公式で値下げがされていたのですね。気付いていませんでした。

MNPのみが対象ですが、MNP限定特別割引が適用されてパケット定額プランと2年縛りを条件に本体価格が値引きされるため、安売りをしているケータイショップだとMNP一括0円に到達しています。

割引額はオンランショップのもので75600円。もともと9万5000円もするバカ高い機種だったので、一括0円で買えるというのは思い切った値下げのように感じます。


だがしかし、価格をチェックした方なら気付いたと思いますが、この割引が始まった6月20日からSC-01FのMNPの月サポが一気に減らされています。毎月のサポート金額はたったの810円に。これで2年分で本体の残債が打ち消せますので、これまでの「実質0円」と変わらないってことですね。

この値下げは以前ARROWS NX F-01Fでもありましたね。本体分割で実質的なローンを組まされることはなくなりましたが、2年間使えば結局割引前と何も変わらないという・・・


回線が必要ない場合は本体だけ手に入れて違約金を支払ってでもプランを変えてしまう、回線を切ってしまうのも戦略としてアリです。キャッシュバックがある場合は貰うまでの維持も良いしょう。

GALAXY Note3はタブレット代わりにもなるのでWi-Fiでも使い勝手は良さそう。白ロム需要もまだ高いはずなので、転売のチャンスもありそうです。


by ke-onblog | 2014-06-23 09:44 | キャンペーン情報 | Comments(0)