白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2014年 06月 ( 57 )   > この月の画像一覧

auのスマホだとXperia Z1 SOL23の一括0円が増えてきましたが、発売時期としてはより新しいSOL24 ウルトラも一括0円どころかキャッシュバックがつくようになりましたね。SOL24をスマホに分類するのは個人的には若干気が引けますが^^;

Xperia Z Ultra SOL24は今年の1月発売でしたが、実質的には昨年のモデル。海外では先に発売されていましたから。6.44インチという超巨大スマホですが、最近街でSOL24を持っている方もたまに見かけるな、と思っていたところです。でもアレで通話しているところには出くわしたことはまだないです(笑)

6インチ超えのスマホ、と考えると大きすぎて持ち運びも通話もしにくいように感じますが、タブレットに通話機能が付いた、と考えれば結構使いやすいのでしょう。ネットやアプリを楽しむならスマホよりタブレットの方がやっぱり便利だったりします。私もスマホでは通話はあまりしない方なので、外でスマホで遊ぶときにはSOL24も安いなら悪くないかな、と思い始めています。MNPで安く仕入れられるならサブスマホとしても便利そうなんですよね。


条件はちょっと厳しめですが、キャッシュバックを弾んでいるショップもあります。1台でのMNP案件なので、複数台いけるならもっと縛りが緩め・キャッシュバック増額も他店では狙えるでしょう。

対象ショップ:「テルルモバイル 吉祥寺店

東京のケータイショップですが、コンテンツ特盛系案件でXperia Z Ultra SOL24がMNP一括0円にキャッシュバック16000円付。

まったく同じ条件でZ1も出ています。Z1は新規・機種変更の場合はちょっと高いですが、MNPなら同じ価格。一番安いのはFJL22とSHL23がキャッシュバック38000円。キャッシュバックを取るか、Xperia本体を取るか迷うところですね。

SOL24はタブレット代わりに買う人も多いと思いますので、ネットワーク制限△の状態でも買われている白ロムをたまに見かけます。しかし、一括0円で買うなら制限確認が○になってから売れるので高値も付きやすいでしょう(本体分割支払いにして未払いのままにしてはいけませんよ)。

Z1に比べればUltraの方が需要は少ないかもしれませんので、どちらで勝負するかはその時の買い取り相場と自分自身で使う場合の好みに合わせるのが良さそうです。



by ke-onblog | 2014-06-21 07:18 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ASUSのタブレット+モバイルノートパソコンであるTransbook T100TAを購入してからちょうど1か月ほどが過ぎましたので、使用感を軽くまとめてみましょう。というのも、最近少し不具合を感じることが多くなってきたので・・・

T100TAはすでに発売から半年以上が経過していますので、購入時点ですでにいくつかの不具合情報は出ていました。その中で私の購入した端末にも症状が当てはまるな~というものがありました。


まず一番気になった不具合は、キーボードドッグに接続したままスリープにさせると驚くほどバッテリーを消費するという点。ネット情報ではWindows Update系との競合がどうのこうの、という原因が推測されているそうですね。本体およびWindows8.1は最新にしてありますが、未だにダメなようです。

キーボードにつないだまま放置しておくと、1時間で10%くらい減っているようで、一晩放置してしまうと起動すらしないレベルまで放電してしまっていることがありました。ディスプレイだけの状態ならスリープでは1時間に1-2%というところです。明らかにキーボードをつないだときの挙動はオカシイ。

とはいえ、この不具合があることを前提にしていれば長時間スリープは普段からあまりさせないですし、キーボードから取り外しさえしておけばバッテリー漏れは起こりませんので、気をつけさえすれば我慢できないこともない。


次はスリープからの復帰失敗&起動失敗です。ごくまれになのですが、起動ボタンを押してもスリープから復帰せず、パネル照明はつくものの画面が表示されずに強制再起動を余儀なくされたことが複数回ありました(電源ボタの長押しで再起動可能)。シャットダウンからの起動でも同じ現象が起きており、原因はよくわかりません。


また、一部サイトにてメッセージの送信が不可能になったり、ユーザーアカウントにログインできなくなったことがありました。すべてのサイトで、というわけではないところがまた怪しいのですが、例えばこのエキサイトブログにいつまで経ってもログインできず、接続タイムアウトしてしまうことも。この場合、本体を再起動すると何事もなくログインやデータ送信ができるようになったりしました。

サービスの安定性のせいではなくパソコンのせいなのか、あるいはネットワークのせいなのかちょっとよくわからない感じ。他機種では利用可能でT100TAのみログインができず、困った果てに再起動したら普通に入れた、ということがありました。


このほか、スマートフォン用の2AのACアダプタでは充電は可能ですが、キーボードドッグを利用しながら使っているとまったく充電が進みません。2Aでちょうど消費とつりあってしまうので、やはり充電には純正の3Aが必要になるのだな、と。普段使っているスマホの充電ケーブルがそのまま使えないのはちょっと面倒&残念ですね。


メモリは2GBなのですが、あまりたくさんブラウザでタブを開いていくとフリーズすることもありました。低価格モデルのためどうしてもスペックは妥協が必要なところですが、Core iシリーズのようなパフォーマンスと比べるとネットサーフィンレベルの操作でもちょっとだけもたつきを感じました。イライラまではしませんが、やっぱりモバイルだな、という感じです。



価格から考えれば十分なコスパだとは思いつつも、使っていると欲も出てきちゃいます。ハイパフォーマンスマシンに慣れている方は「安いから仕方ない」と念仏を唱えるように心に刻みこみながら使うことになるかもしれません。


サイズも小さく持ち運びには便利ですし、キーボードの使い勝手も悪くありません。私としては価格なりには十分に満足はしていますが、手放しでオススメできるほど万能・最高の機種でもないかなぁ、というのが正直なところです。

T100TAは予算がない人にはオススメ出来ますし、お金のある人にはもっと良いUltrabook買えば?とアドバイスするでしょうね。



by ke-onblog | 2014-06-20 14:53 | T100TA | Comments(0)
今日はXperiaA2の発売日ですね!人気のXperiaシリーズの一台で、ドコモ専用のモデルとして夏モデルになっています。

A2は今一括0円機種になっているXperiaZ1f SO-02Fの後継機です。たぶん今後もauからは発売されないので、コンパクトなXperiaがほしい人はドコモに移るしかありません(グローバルモデルはそのうち出るかも)。しかし、このA2はMNPの割引が貧弱そうなのがちょっと心配です。

本体価格は小さい分だけ少し安い7万円弱という値段でしたが、MNPでも月サポが機種変更や新規と変わらないため、激安系ショップでも今日は一括0円は出せないかもしれませんね。

この価格ならば、MNPで一括0円キャッシュバック付きのZ1fを探した方がお得な気も・・・

XperiaZ1やZ2のサイズが大きすぎると感じる方も多いでしょうから機種の需要はありそうなものです。docomo独占機種ということで白ロム転売には向いているかと思っていましたが、安く手に入れられなければあえてSO-04Fにこだわって仕入れる必要はないでしょう。

今は安いSO-02Fを狙い、XperiaA2は複数台・抱き合わせなどで割引率の高い案件に出会えたら検討してみる、というスタンスで臨むのがよろしいかと思います。



by ke-onblog | 2014-06-19 05:34 | スマホニュース | Comments(0)
MNPで投げ売りが続くauのAQUOS PHONE SERIE SHL23は新規でも一括0円案件が今週も出ていますね。SHL23+新機種の一括0円販売もたくさんあるようですが、いつまでSHl23の投げ売りは続くのでしょうか。

白ロム転売にもってこいな安売り機種は時期によって異なります。auでいえば今年の春ころまでHTL22やFJL22、LGL22などが多かった印象ですが、今はSHL23にシフトしているみたいですね。


詳しい条件が不明ながらauショップで新規一括0円機種として3種類を出しているところがあったので、一例として紹介です。

対象ショップ:「 auショップ蒲田西口

新規一括0円機種として、ARROWSZ, DIGNO M, SHL23という微妙な書き方をしているのが怪しめですが、ARROWS ZはFJL22, DIGNO MはKYL22で3機種とも2013年冬モデルですね。

auショップでもスマートバリューやコンテンツへの加入が価格適用の条件にされることはよくあるので、安いかどうかは何とも言えませんが、この3機種は今投げ売り機種として余っているということなのでしょう。

特にSHL23は新機種のSHL25が発売したばかりなのでこれからさらに安売りが加速することも期待できそうですね。在庫が残っている間はSHL23とのセットを探すのが良さそう。SHL23が少なくなってくればまた新しい機種を目印に探すことになりますね。

今後のねらい目機種は上記のFJL22, KYL22,SHL23、ほかにはXperiaZ1 SOL23,URBANO L02あたりでしょうか。転売用なら本体の好みより売却価格とキャンペーンの優遇だけが重要なので、ねらい目機種のキャンペーンを効率的にチェックして探していけると良いですね。



by ke-onblog | 2014-06-18 18:14 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ソフトバンクのプリペイド型スマートフォン機種の限定販売が先週から行われてきましたが、いよいよ在庫が残り少なくなってきているようです。

売り出し時にはオンラインショップでは7機種があったのですが、現時点で残りは4機種に。101N 102P 101SH 101DLの4機種ですね。前二つが15660円、後ろ二つが10260円です。

私のオススメだった102SH IIも007SHも無くなっちゃいましたね。以前の記事(限定数発売のプリスマ7機種を検討 どれが買いか?)でもオススメ機種分析をしましたが、今残っている機種ならば102Pがいいかな、と思います。

102P本体は転売用というよりは薄型なので普段使い向け。価格が15660円なのでちょいMNP弾専用初期投資としては高めなのでMNP弾という以上にプリスマのサービス、そして機種本体に魅力を感じる人向けです。

プリスマはプリペイドなのでチャージしなければ追加料金、月額料金が一切発生せずに回線を持てるという最大の特徴があり、MNP弾として新規に回線を作れるコストパフォーマンスの良さは皆様ご存じのとおり。スマホ型は初期チャージ額が大きいので投資費用としてはそこまで安く感じませんが、それでも新規一括0円でそこらのショップで買えるスマホよりはMNP弾としての総額費用は安いはずです。

本体に興味がない方は301Zを買っておけば間違いありません。

プリモバ・プリスマはとっても便利な新規MNP弾作成用サービスですが、転出活用期間に制限があることをしっかり理解したうえで利用しましょう(プリモバの転出期間・手数料に関してはこちらの過去記事【プリモバイルの契約期間・手数料を改めて解説】で詳細解説をしてみました)。ご利用は、計画的に。


by ke-onblog | 2014-06-17 13:15 | キャンペーン情報 | Comments(0)
金曜日に発売されたばかりのau 2014年夏モデルとなるAQUOS SERIE SHL25のMNPとセット販売ではありますが新規一括0円案件がもう出てたのですね。

最近のauは新規、機種変更との組み合わせが他のキャリアに比べてかなり優遇されている気がします。もともと投げ売り機種とセットだから、というのはもちろんそうなのですがどんな最新機種でも発売日即日レベルで新規0円、機種変更0円とか見るとお得に見えます。ドコモやソフトバンクではあり得ないです。

週末向け案件っぽいので平日はもう終わっちゃってるかもですが、SHL25と旧モデルSHL23のセットで一括0円案件があったのでピックアップしておきましょう。


対象ショップ:「テレウェーブ緑園都市店

条件は結構盛られていますが、最新モデルのSHL25の新規契約とと大画面AQUOS PHONE SERIEであるSHL23のMNPセットで本体一括0円に商品券でキャッシュバック5000円付です。

SHL23は型落ちとはいえ、まだ発売から半年くらい。普通なら「最新のスマホ」で通るレベルの機種です。普通に使う分には特に問題ないはず。白ロム転売としては投げ売りが進みすぎてちょっと価値は低めですけど。

パケフラに有料オプション系、家族割、通話基本パック、そしてコンテンツ15個がそれぞれに必要ですが、SHL25は新規でいいので既存MNP弾は1回線あればOKです。

個人的にはSHL25, ソフトバンクの304SHよりはドコモのSH-04Fが音量キーがフロントから無くなっている点のみでオススメしたいところですが、割引面では断然auに軍配が上がります。

まだ発売されたばかりなのでSHL25の転売のチャンスはあるでしょう。1-2週間以内くらいをめどにMNP弾を消費&新規で1つ作ってもいいかな、という方は検討の余地ありです。
by ke-onblog | 2014-06-16 04:51 | キャンペーン情報 | Comments(0)
マイクロソフトの日本公式ストア「Microsoft Store」でSurface Pro 2が販売終了になってますね。現在は在庫限りの販売で、14日時点で残りは256GBのみ。

Surface Pro3があと1ヶ月で発売されますから、あえて2を買う人はいないかな?同じ256だと1万ちょいPro3の方が高いですが、12.1インチにサイズアップして重さが100グラム軽くなる新機種を選ぶ人がほとんどでしょう。

Surface Pro2は日本での販売数は相当少なかったのではないでしょうか。売れなかったのではなく、売ってなかった、という感じですが。

一時期Surface Pro2は品薄でプレミア化していたそうですね。さっき相場をチラ見してきましたが今はだいぶ落ち着いていますね。それでも元が高いのでヤフオクの中古もかなりの高値に感じますけれども。Surface Pro3もそうなるのでしょうか。以前もこのブログで書きましたが、もしかすると転売のチャンスもあるかも知れませんね(もし高値が付かないようなら自分で使う、という前提で予約するのがオススメ。iPhoneじゃあるまいし、品薄を始めから期待するのはいささかギャンブルすぎます。投資費用も高いし)。

Surface Pro3はCore i5, i7搭載モデルが7月17日に発売され、現在予約受付中。もう少し安いCore i3搭載モデルは8月に発売されます。標準ノートとしてのスペックを要求するならCore i5以上がやっぱり良いですねぇ。

まだ日本ではSurface Pro 3の実機展示をしているショップはないみたいですが、6月28日のEngadget Fes(東京)で展示するという情報がネットにありますね。このフェスは参加費用が5000円も掛かりますが、Surfaceはビックカメラなどでも販売されますので大型店なら発売前に実機が展示されるでしょう。今のところマイクロソフトストアで予約を打ち切る様子は無いので、実機を見てから購入検討をしても間に合いそうです。

Surface Pro3でMac book airのシェアを奪えるのか、マイクロソフトの本命機種の注目です。


by ke-onblog | 2014-06-14 01:35 | スマホニュース | Comments(0)
最近は特に目新しい案件もないですね。ドコモの春モデルの一括0円やauの旧モデルの一括0円キャッシュバック案件などは見つかりますが、どれもこれも標準レベル。条件が厳しくても奇抜なセット販売などがあると紹介してみたくもなるのですが・・・

それはさておき、近頃再び安く売られている機種としてはiPhoneの廉価版、iPhone5cが目立ちます。auとソフトバンクのモデルは新規でも一括0円案件がいっぱいあります。MNPならキャッシュバックが付くショップもありますね。

一方でかなり長い間投売りが続いているのに、白ロムの価格相場はあまり安くなっていないのですね。あわよくばauのiPhone5cを安く買えないかな?とヤフオクを見てみても、結構落札価格は高めのままのようです。

完全な未使用品、残債なしの白ロムだとキャリアにもよりますが、落札価格は3万円~3万5000円くらい。これって定価よりは安いですが、投売り機種の価格ではないです。同じく投売り機種のauのFJL22なら1.5万くらいで買えますし。

一括払い済みの中古でようやく25000円くらい。分割中(制限△)のものなら2万円くらいでも落札実績がありましたが、やっぱりLTE使えなくなる可能性がある端末は今時ちょっともの足りなくなりますからね。特にauのmineoで使うなら絶対に制限が掛かってはマズイです。Wi-Fiオンリーなら何でもいいですが、それならiPod touchでも変わらないですからねぇ。

これはやはりiPhoneのブランド人気、ってことなのでしょう。安く手に入れられるチャンスがあるなら本体転売による利益率は他の投売り機種より断然高い。キャッシュバックが多く付いた本体の安い機種か、本体が高く売れるiPhone5cか、どちらを選ぶかは戦略次第でしょう。


ちなみに、iPhone5c 16GBの値段で言えば今はソフトバンクが最も安く、ドコモが異常に高くて論外。SBでの一括が39960円なのに対し、auは55,080円、ドコモは62,208円です。サポートに違いがあるとはいえ、ここまで差がつくと違和感がありますね。

いつまでauとソフトバンクのiPhone5c投売りが続くのか、ドコモは投売りにはこのまま参加せずに終わるのかは市場の値動きをよくチェックしておきましょう。白ロム転売をするにしろ、白ロムを買うにしろ出回っている数次第で取引価格が動きます。タイミングを逃さず売買をしましょう。

今は売り手市場といった様相ですが、投売りがさらにヒートアップすれば安く買うチャンスも出てくるでしょう。


by ke-onblog | 2014-06-13 19:38 | 白ロムコラム | Comments(0)
残念ながら私はいけそうにありませんが、今日表参道にアップルストアがオープンします。国内8店舗目で、札幌のオープンから実に8年ぶりの新店舗になります。

具体的には公表されていないみたいですが、何らかのセレモニーやイベントがあるのでしょう。過去のオープン情報を見てみると仙台店がオープンしたときには記念のTシャツが配布されたそうですね。表参道でも何かもらえるかも知れませんね。あとアップルストアではオープン時にショップスタッフとハイタッチが出来るそうです(笑)

⇒追記:先着5000人にTシャツが配られているそうですね。表参道のロゴが入った限定ケースなどが販売されているそうな。行きたい(´・ω・`)

記念品狙い、イベント好きな方がある程度は並びそうですね。過去の札幌・仙台でも特に新製品があるわけでもないのに1000人以上の行列が出来たそうですから、今日の表参道は混雑しそうです。雑誌やIT系サイトの取材とかはいっぱい居そう。

お仕事・私用で表参道駅を利用する方は迂回したほうがいいかも知れません。



by ke-onblog | 2014-06-13 07:27 | スマホニュース | Comments(0)
以前ケータイアウトレットから購入したAQUOS PHONE Xx 203SH。快適に動いてくれていますが、プリインストアプリの一つである「Office Suite6」について、ちょっと残念な仕様であることに気付いたのメモ。


最新のスマホはどうなのかわかりませんが、2013年春に発売されたAndroidスマホである203SHには、オフィスやPDF文書などを表示できる「Office Suite6」というアプリケーションが入っていました。

203SHはお家で遊ぶ用なので今まで気付きませんでしたが、今日ネットサーフィンをしていて、PDFファイルを開いてみたら、とても動きがモッサリ。

203SHは型落ちとはいえ、1.5GHzのクアッドコアを積んでいます。PDFを開くくらいでモタつくか?と思い、ほかのPDFを開いてみても、やっぱり遅い。

しかも表示のずれがあったり、ページ切り替わり時の表示もすごく遅いのです。


仕方が無いのでとりあえず純正のAdobe readerをインストして開いてみると、Office Suite6で表示がイラつくほど遅かったファイルもスムーズに開けました。

ってことは、あの遅さはOffice Suiteの所為だったということに。プリインストされていたOffice Suite6はもともと無料版のようですね。現在は7 Proというのが最新で9.99ドルになっていますが、有料版は快適なのか?


Adobe Readerではオフィスファイルは開けませんが、やはりPDFに関してはさすが本家といったところ。

私はオフィスファイルにしろPDFにしろ、仕事ではスマホ・タブレットでは編集しないので、モバイル用オフィスアプリについては疎いのですが、プリインに頼ってはダメですね、という体験でした。

Office SuiteでPDFの表示が重いと感じるならば、素直にAdobe readerを入れれば改善されるかもしれません。


by ke-onblog | 2014-06-12 17:26 | 203SH | Comments(0)