白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2014年 06月 ( 57 )   > この月の画像一覧

以前、ソフトバンク プリモバイルを買ったときについてくる4000円分のプリペイド分で何が出来るのかということを話題にしました(過去記事は[ プリモバイルはMNP弾以外にどれだけ使えるか メール・通話編]を見てください)。

前回まとめたのが半年前、2013年12月のことです。あの頃は消費税が5%で、初期の契約費用も無料キャンペーン中だったで4000円分のほとんどを使えたのですが、今はそこから3000円分の初期契約事務手数料が差し引かれてしまうので、あまり使えません。

昨日発売となった301ZはMNP弾としてだけでも所有価値のあるアイテムなので、初期チャージがあってもほとんど使わないまま終わる方も多いかと(笑)

一方で、スマートフォン型のプリモバとなる「プリスマ」は投資額が大きい分ちょっと初期チャージ分も増えます。現在限定販売中の102SH II は15660円の内、10000円分が無料で使えますが、今回はコレでどれだけ使えるのか?という検討をしてみましょう。

*多少の誤差があると思いますので、実際の利用時には残高をチェックしながら使ってくださいね。残高は端末から1400へ発信し、「1」を押すと自動音声案内が出来ます。

お決まりの文句ですが、詳しいことは購入画面のご利用ガイドやヘルプに細かく書いてあるので、プリモバ・プリスマ初購入の方はじっくり読んで確認してみて下さい。

☆「ソフトバンクオンラインショップ

<到着時残高=10000-3240(手数料)-11(ユニバ料)=6749円>

1万円って言ったのに7千円もないじゃないか!とあわてないように。それで正しいです。5000円チャージのプリモバも今夏発売されていますが、その場合は2千円も残らないですね。

<音声通話:約73分>

通話は6秒で8.58円。すべて通話に使えば1時間10分くらい話せるのですね。有効期限が2ヶ月なので、通話回数が少ない人なら丁度良いくらい?でしょうか。LINEなどで無料通話でパケット代金に充てたほうが長く通話は出来ると思いますが、どこにでもかけられる通常音声通話はやっぱり楽ですし。

<パケット・メール通信:7日×2回=最長14日分>

プリスマで3Gデータ通信を行うには、専用の定額パケットプランに入ることが必須条件です。定額プランに入っていない間はメールを出せず、従量課金型のパケット通信は出来ないです。なので、7日を2回(2916円×2)を使うだけで残りは917円。

917円あれば残り2日のプランも行けるんじゃね?と思いましたが消費税分で972円掛かるので足りません。残念。(チャージ金額には消費税は掛かりませんが、利用料金には消費税をかけて計算しなければならないのです)。

30日プランが7000円ですが、こちらも消費税があるので初期チャージでは足りません。+3000円追加して30日プランを運用・・・、いや高い。ありえません。

定額プランには月間で1.2GBの上限(超えると速度制限)があるので気をつけてください。3G通信でそこまで使う方もあまりいないと思いますが、7GBではないので巨大なデータのダウンロードはやめて置きましょう。

残高が無くてもWi-Fiでなら通信はもちろん可能なので、プリペイド有効期間が切れても活用方法はありますね。


昨日追加された7機種のうち、すでに2機種が売り切れ状態(009SHはオンライン購入対象外)。欲しい方は急いだほうが良いです。私のオススメは102SHIIか102Pですよ~。

そんな旧機種イラネ、という方は301Zを買っておきましょう。それなりにガラケーとして使いたいなら105SHでもいいです。1年後にMNP転出を忘れなければきっと損はしません。


by ke-onblog | 2014-06-07 10:58 | キャンペーン情報 | Comments(0)
お昼の更新では新発売の301Zがあまりに魅力的なのでないがしろにしていた、プリスマ7モデルについても一応チェックしておきましょう。

*全機種数量限定なので、売り切れには注意してください。

今回追加されたモデルは7種類。うち1機種「DELL Streak 001DL」はお昼の時点で売り切れていたので割愛です(人気というより在庫数が少なかったのでしょう)。



7機種のうち値段は2種類あり、15660円(10000円チャージ含む)と10260円(5000円チャージ含む)です。チャージが多い分だけ初期費用が増えます。電話本体に魅力を感じるのならばどちらを選んでもいいですが、プリモバのチャージは普通の通話・パケ代に比べて割高なので、5000円分たくさん使えるから、という判断はしないほうが良いでしょう。

ではまず15660円の機種。

1台目はシャープの102SH II。もともとは2011年モデル相当ですが、プラチナバンドに対応させた「II」として2012年夏に再販売されたモデルです。今回の7機種のうちで唯一Andorid 4.0へバージョンアップできるスマホですね。

カメラ1210万画素・防水・ワンセグ・おサイフケータイ機能付きと、とりあえず過不足のない機能です。もちろん最新の機種に比べるとあらゆる点で劣ってしまいますが、実質5000円程度と思えば十分でしょう。中古白ロムでだって5000円じゃ厳しいです。

2台目はMEDIAS CN 101N。今は無きNECのメディアスシリーズです。1.4GHzシングルコア、4インチ、133グラムとコンパクトなモデル。特に面白みはありません。

3台目はパナソニック 102P。全体の性能は102SHに劣りますが、厚み7.8mm、重さは103 gと最新モデル並みの薄型デザイン性能を持った機種です。サブスマートフォンとして持ち運びに重きを置くならばアリ。


続いて10260円の機種行きます。

4台目シャープ 101SH。かなり初期のスマホです。最近は見なくなったスライド式で液晶の下にテンキーがあるタイプ。ガラケー時代の入力が忘れられない方には良いでしょう。私も何だかんだで物理キーは好き(笑)

5台目もシャープ 007SH。折りたたみ式なのにスマートフォン、というハイブリッドタイプ。7機種の内もっともカメラの画素数が高い1610万画素です。通話・メールのしやすさで選ぶならこの機種。

6台目はDell streak pro 101DL。売り切れている001DLの後継機ですが、こちらは余っているのですね(笑)CPUは1.5GHz デュアルコアなので処理能力ならトップ。ただし元がグローバルモデルを日本向けにしているのでおサイフ機能や防水性能がありません。


それぞれの機種の特徴はありますが、私なら102SHIIか102P, ガラケースタイルの007SHあたりを選びます。どれか一つというなら102P。軽さは正義です。


ちなみにどのモデルも白ロムとして価値はあまりありません。白ロムショップに売っても4,5千円がどんなに高いショップでも限界でしょう。オークションに出してもいいですが、正直その手間に見合うかどうか。売却が面倒なら緊急用や通話用に使うのが宜しいかと思います。通常回線を買い増して子供用、シニア用として使うのもありでしょう。

MNP弾になれば機種なんてどうでもいい、という方は素直に301Z一択です。



オンラインショップには在庫がありませんが、店舗予約すると009SHもプリスマとして買えるのですね。101SHがオンラインにはあるので十分な気もしますが。利用用途があるならやっぱり102SHの方がいいと思いますけど。
by ke-onblog | 2014-06-06 22:34 | キャンペーン情報 | Comments(0)
本日はMNP弾に最適なソフトバンクプリモバイルに新機種 301Zが追加されました。5378円でMNP弾が仕込める便利な機種ですが、ちょっと購入システムや料金、MNPの転出時期について混乱し易そうなので改めて解説をしてみます。

今日(6/6)購入した場合でMNP弾として使うことを前提に各時期で転出するとどうなるのか、という観点から説明してみます。計算簡略化のため税抜きでやってみます。実際には今日ネットで注文しても開通日は数日ずれるので、細かい日付はあくまで気休めの例だと思ってくださいね。

一応私自身もソフトバンクショップで確認したことはありますが、規約はソフトバンクオンラインショップのご利用ガイドページで確認するか、ショップ店舗で店員さんに聞いてみてください。

ケース1:<6/6~8/31までにMNP転出>

本体代金 4980円[無料チャージ4000円-(事務手数料+ユニバーサル料金)]+解約違約金19800円+MNP転出手数料5000円=29780円

ケース2:<9/1~2015/6/5までにMNP転出>

本体代金 4980円[無料チャージ4000円-(事務手数料+ユニバーサル料金)]+解約違約金19800円+MNP転出手数料2000円=26780円

ケース3:<2015/6/6~7/31(420日後)>

本体代金 4980円[無料チャージ4000円-(事務手数料+ユニバーサル料金)]+MNP転出手数料2000円=6980円


301Zには4000円分の無料チャージが始めから含まれています。新規の事務手数料とユニバーサル料金が開通直後に4000円の中から引かれます。なので実質使えるのは1000円未満なんですよね。

チャージ分が残っている間、こちらから発信できるのは「開通日から60日間」です。なので8月5日までがプリペイド有効期間です。8月6日以降もチャージなしで電話を受けることはできますが、こちらからの発信は出来なくなります。

プリペイドが無効になった8月6日から「360日間」が電話回線の有効期間です。この期間を過ぎると回線は自動解約されます(チャージすればもちろん延長されます)。


違約金について、かつては違約金が掛からなかったり、9975円だった頃もありましたが今は「契約後1年以内は19800円」です。今回の想定では2015年6月5日までに解約すると違約金が発生し、それを過ぎれば掛からなくなります。

そしてMNPの手数料は通常全キャリア一律で2000円ですが、短期間の転出時に割り増しされる制度がドコモやソフトバンクであります。プリモバイルの場合、「契約の翌々月末」までが割り増し期間であり、ここでは8月末までが5000円になります。それ以降はいつでも2000円ということですね。

プリモバイルを最大限にMNP弾として活用するには上記の「ケース3」の期間で転出すればよい、ということですね。


他に気をつける点としてはプリモバイルは1名義あたり2回線まで、通常の携帯・スマホとあわせて5回線まで、という上限があることです。

今回初めてプリモバイルをMNP用に買ってみようという方はじっくりと利用ガイドを読んでから検討してみてください。


by ke-onblog | 2014-06-06 19:20 | 白ロム転売法 | Comments(9)
来ましたね!301Z!

さすがに発売即完売にはなってませんか(笑)お昼の時点でまだウェブの在庫はありますね。

価格は昨日お伝えしたとおり4000円分の無料チャージ込みで4980円、税込みで5378円。ここから事務手数料・ユニバーサル料金も引かれるので、MNP弾としては5378円以上の支払いは発生しないという究極のコスパです。

そしてオンラインショップ特典として購入後にアンケートに答えると1000円分のアマゾンギフト券までもらえるので、実質はさらに1000円引き!大盤振る舞いですなぁ。


301ZはMNP弾としての効率は最強ですが、同時に7機種のスマートフォンタイプのプリペイド「プリスマ」も新機種が追加されているではないですか!こっちはすでに売り切れの機種も出るほどです。

限定販売される追加機種は102SHII 101N 102P 101SH 007SH 001DL 101DLの7台。前半3台が10000円無料チャージ込み15660円、後半4台が5000円チャージ込みの10260円です。

この中なら102SHIIが一番いいかな?スペック高いし。あるいは1万円の折りたたみスマホの007SH。

プリスマ機種も301Zもすぐに売り切れる可能性が十分に予想範囲内なので、欲しい方はすぐに確保したほうが良いでしょう。

プリスマ限定機種はオンライン限定在庫です。301Zもアマゾンギフト券がもらえるのはオンラインショップだけ。どうせ送料も代引き手数料も無料だったので、私もプリモバはオンラインショップで買いました。

☆「ソフトバンクオンラインショップ


by ke-onblog | 2014-06-06 14:33 | キャンペーン情報 | Comments(5)
明日はMNP弾の最優秀選手となるであろう、ソフトバンクのプリモバ機種、301Zの発売日ですね~

一名義二回線しか持てないという制限はありますが、月額料金無しで回線を維持できるプリモバイルの魅力はもはや語る必要もないでしょう。

明日発売の301Zはプリモバの中でも最安値となる5980円からの販売。しかも今月中に買えば発売キャンペーンで4980円です。

☆「ソフトバンクオンラインショップ-プリモバイル

オンラインショップでも送料無料で買えるので購入開始になったら即手続きを進めることを推奨します。MNP狙いのツワモノによる買い占めが予想されます。

そう、プリモバイルは売り切れる事があるんです。この春まで最安値機種だった740SCも入荷すれば即日完売でしたから、それより安い今回の301Zの売れ行きは想像に難くないのです。

オンラインショップでの販売開始時間は明日9時以降です。ちょうど明日の0~9時でサイトメンテナンスになるので、ここで新機種が追加されるのでしょう。


端末自体はバッテリー大きめで小型という以外面白みがあるものでもないですが、ぶっちゃけ携帯本体はどうでも良くて、回線がほしい人の方がメインでしょう( 少なくともこのブログを見に来ている皆さんならば(笑))

オンラインで買うには本人確認書類をサイトを通じてアップロードするので、運転免許かそれに準ずる書類を今のうちに用意しておきましょう。

必要な本人確認書類はサイトの購入ページに詳しく書いてあるので、免許が無い場合は保健証+公共料金の支払明細なども用意して置きましょうね。

アップロードする書類はスマホ・デジカメで撮影したもので十分ですが、カラー撮影で記載内容がしっかりと読み取れるものにしてください。提出データが判別できないものだと、発送が遅れてしまいます。


4,980円でMNP弾が作れる機会なんて滅多に有りませんので、回線に空きがある方は埋めておきましょう。家族名義でたくさん仕込んでおくのも良いでしょう。

今から1年後だとiPhone6、XperiaZ4, GALAXY S6がメインターゲットですね。来年の収穫を楽しみにして、下準備を始めましょう。


by ke-onblog | 2014-06-05 16:53 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ASUS Transbook T100TAは4万円で買えるノートブックとして便利ですが、スペックはそこまで高いわけではありません。

今日は試しにWindows用のゲームアプリに用意されているアスファルト8:Airborneをインストールしてプレイしてみることに。

アスファルト8はiPhoneやAndroidスマホ用にも配信されていますね。やったことはなかったですが、Windowsアプリ版の要求スペックはメモリ2GB。T100TAもメモリは2GBなので、ギリギリいけると。

アプリの容量は1.4GBほど。でかいです。Wi-Fiでなら良いですが、テザリングやモバイルルーターでのダウンロードはしないほうが良いですね。

d0262326_1365829.png


アスファルト8はインストール、プレイともに可能ですが、初回起動時だけ「Gameloft」のロゴが出たまま進まず、一旦アプリを終了してからゲームを再起動させると開始されました。

動きもとてもスムーズ。車やコースの表示もコマ落ちなどはなく、スルスルと動きます。こんなハイレベルなゲームが無料って、すごい時代になりましたねぇ。

スムーズでゲームは素晴らしいんですが、やっぱり10インチタブレット550グラムは重いですねぇ。ディスプレイを傾けて操作するので、ずっと宙に浮かしたままプレイすることになるわけです。5分もプレイすれば腕がダルくなってきて・・・。

10インチタブレットにはレースゲームはそもそも向かないですね。アスファルト8が楽しめるのは7・8インチの重さ300グラム程度の端末が良いところでしょう。

キーボードでの操作もできるので、ドックに接続して矢印キーで操作しても良いですが、せっかくのセンサーを使った操作感を楽しみたいなら重さを我慢しなくてはなりません。


CPUの使用率はゲームアプリだけの状態で1.2GB/1.9GBです。アプリの占有容量は約200MBだったのでメモリにはそこそこ余裕はありますね。CPUの稼働率は70%ほどでした。

私はパソコンゲームの類は全くやらないので詳しくないのですが、本格的なパソコン向け3Dゲームの場合はグラフィック、メモリ的にもかなり厳しいようですが、Windowsアプリゲームなら当然といえば当然ながらTransbookでもほとんどのものが動くようです。

ただ、問題となるのはデータ容量のほうですね。私の端末はまだ30GB以上空きがありますが、容量の少ない32GBモデルだと高性能ゲームを入れていくとすぐにストレージがいっぱいになりそう。


Transbookでアスファルト8のゲームも楽しめますが、レースの腕と共に腕の筋肉も鍛えられそうだな、というのが今回の印象でした。


by ke-onblog | 2014-06-05 02:05 | T100TA | Comments(0)
auの新規一括0円案件を探していると、今日はDIGNO M KYL22の広告が多く出ていますね。

このDIGNO Mは今話題の格安SIMサービスのmineoでSIMカードとセットで買える端末と同じものですが、新規0円ならわざわざmineoで買わなくても良い、という利用者もいるでしょう。

mineoは確かに1GBのデータ通信なら月額980円で使えるかもしれませんが、auのパケフラだってデータ量は7倍の7GB、これで5700円なので通信をたくさん使う人ならこちらでも良いわけです。

新規一括0円の案件はかなり全国的にたくさんあるようですが、今回は2台セットでキャッシュバック付きという案件をピックアップしてみましょう、

対象ショップ:「テルルランド新座店

埼玉のケータイショップです。ここでMNPではなく新規の契約でKYL22が本体一括0円。単品でも一括0円ですが、2台同時だとキャッシュバック20000円と。

詳しい条件は広告には書かれていませんが、パケット定額やオプション加入はさすがに避けられないでしょう。2台同時でキャッシュバック分があれば実質の負担はかなり押さえられるのではないかと思います。回線に余裕があるなら2台がオススメ。

2台契約しておき、1台分は違約金を支払って短期間解除してもいいでしょう。そのままmineoに切り替えて使えば、mineoで分割払いするより安く済ませられると思います。もちろん転売してみるのもありでしょう。

by ke-onblog | 2014-06-04 17:55 | キャンペーン情報 | Comments(0)
AppleがiOS8を発表していますね。iPhone6は当然のように今回は発表されなかったみたいです(まだイベントは終わっていないですが、まずありえない)。

いろんな機能が追加されるようですが、そのなかで個人的に一番期待するのはサードパーティへの文字入力・キーボードアプリの対応です。

AndroidではATOKやGoogle入力などがありますが、iPhoneではこれまでデフォルトのものしか使えなかったものが、これからはいろんなサービスが参入してきそうです。ATOKはもうやる気満々みたいですね。

iPhoneの文字入力も嫌いではありませんが、私は文字入力はAndroidのGodanキーボードが好きなので、あの入力方式がiPhoneで出来るようになったら嬉しいです。

iOSにGoogle?という気もしますが、なんだかんだで地図はGoogleマップが対応しましたし、キーボードも出してくれないかな~と思います。


そしてiPhone4がiOS8ではアップデート対象外になって、お役御免になりました。もう4年も前の機種ですからね。iOS7まで付いてこられただけでも十分でしょう。Androidなら1-2年でもバージョンアップ打ち切られるところです。

これからiPhone4の白ロムは需要が一気になくなるでしょう。すでに中古買取では価値は低かったかも知れませんが、これからはより一層下りそうです。もし売る予定があったのならばすぐに売るか、もうそのまま音楽プレイヤーとして所持し続けたほうがマシでしょう。

iOS8の正式版を搭載したiPhone6は9月頃に出ると思われますが、どれほどiPhone5sから進化するのか楽しみですね。


by ke-onblog | 2014-06-04 15:09 | スマホニュース | Comments(0)
まぁ、多少のトラブルはつきものですが・・・

ケイオプティコムによるauの格安SIMサービス、今日から始まりましたね~。ぶっちゃけ繋いでしまえばドコモのMVNOと回線が違うだけで別に目新しさもなにもないのですが。特別安いわけでも、速度が早いわけでも、特殊なスマホ機種で使えるようになるわけでもなし。

ネットでは初日から予約して登録しようとしていた方の一部で、クレジットカード登録にエラーが出るとして騒ぎにもなっています。公式では13時時点ではまだ対応していないですね。マイネオのトップページに障害情報出てます。

d0262326_1341177.png


マイネオのサービスがドコモの格安SIMと大きく違うというわけではないのですが、中途半端な知識で登録・利用してみようという方のトラブルはしばらく続くでしょう。

途中解約すると1万円以上の違約金が掛かるとか。iPhone4sで使えないとか、4G LTE端末以外で使えないとか。中には980円で普通に電話が出来ると思っているような方までいたそうですし・・・(IP電話なら出来ますが、090の電話番号取得にはデュアルタイプへの加入が必要、かつ通話料金は割高)。


mineo自身に期待はあまりしていません。むしろこれから競合他社が参入・追随・価格とサービスの競争が始まっていくことに期待しましょう。

auのMVNOの本格始動でこれから業界にどんな影響があるのか楽しみですね。



by ke-onblog | 2014-06-03 13:47 | 白ロム転売法 | Comments(0)
夕方にも速報でSurface Pro 3の日本発売をお伝えしましたが、ネット予約がまだ始まってないな~と思ったら3日の0時と発表されていたのですね。見逃してました;

Surfaceの販売店は家電量販店とMicrosoftの公式通販で行われます。各店舗の価格はまだ発表されていないところもありますが、ポイントで差がつくこともあるので予約前にチェックしておきましょう。

Microsoft Store/0時から予約受付 Tポイントで200円に付き5pt(2.5%)
ヤマダ電機/0時から予約受付 1%ポイント付与
ソフマップ/0時から予約受付 Surface本体は1%ポイント付与

ポイント還元率では本家マイクロソフトストアが一番ですね。予約購入ではどこのショップでも定価販売になると思いますので、すぐに予約するならマイクロソフトで買うのが良いでしょう。Tポイントにできるので使える幅も広いですし。

ただ、マイクロソフトストアは在庫数が少ない可能性が高いです。どれくらいハイスペックなProに注文が入るかはわかりませんが、場合によっては買えない・早期受付終了の可能性もあるので確実に欲しい方は日付が変わったらすぐに予約を入れておきましょう。

今回の予約はCore i5とi7だけですね。廉価なCore i3搭載モデルは8月発売らしいので、予約開始も来月くらいでしょう。


by ke-onblog | 2014-06-02 21:06 | スマホニュース | Comments(0)