白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2014年 09月 ( 114 )   > この月の画像一覧

昨晩気づいたのですが、ソフトバンクのオンラインショップで行われているプリモバイル・プリスマのアウトレット・中古セール品が一気に売り切れているようです。

ソフトバンクのプリペイドタイプのガラケー・スマホ機種はMNP弾として便利なのですが、準備に1年掛かるため、特定の機種を狙ってMNP回線に使うには計画的な購入が要求されます。

そしてこのタイミングでの売り切れは、明らかに「iPhone6s狙い」でしょう。今回のiPhone6/6+で消費したMNP弾を補充したいユーザーによって安売りされていたアウトレット品がことごとく買い占められたようです(笑)

いちおうまだ在庫のある機種もありますが、いつまで保つかな?

【2014年11月11日追記:10月時点ですべて売り切れていた在庫が、今日復活しました!】

☆「ソフトバンク プリモバイル・アウトレットセール

アウトレット=在庫処分による新品なので、物自体はきれいなはずです。2008-2011年頃のちょっと古いガラケー機種をプリペイドタイプのSIMとセットで売っていました。

そのうちまた再入荷・追加機種もあるかもしれませんが、9月26日時点で残っているのは7538円の001SCだけ。6458円で買える301Zが通常販売で継続中なので、001SC機種本体に魅力を感じない場合は301Zで良いでしょう。

中古機種の007SHが先日まで残っていたのですが、こちらも全カラーが一掃されてしまいました。7020円での販売だったのですが、この機種の白ロムは状態が良ければ1万円くらいでも売れたんですけどね~


ソフトバンクのプリペイド機種はアウトレット販売はオンライン限定です。301Zなら量販店の大型店舗で安く売っていることもあるので、MNP弾として使いたいタイミングをよく考えて探してみましょう。

iPhone6s用に買うならすぐにでも入手したほうが良い(発射まで1年ぴったり掛かりますので、今のiPhoneの販売周期を考えると10月に入ってからでは発売日に間に合わない)ですね。

プリモバイルMNP弾初挑戦の方は「来年iPhone「6s」を数万円安く買うためにプリモバイルを仕込もう」に注意事項を書いてるので読んでみてください。


by ke-onblog | 2014-09-26 08:57 | 白ロムコラム | Comments(8)
最新機種を買うためには少々お高い初期投資が必要ですが、ちょっと型落ちしたモデル・性能が低めの機種だと「新規一括0円」で購入できる端末があることはみなさんもご存知の通り。

新規0円で買える機種は時期によって異なるのですが、2014年9月下旬の現在、一体どんな機種が0円になっているのかざっと調べてみました。

探してみると、結構あるものですね。

*中には複数台セットでないと0円にならない案件もあるかも知れません。パケットプランなどの指定がある場合も多く、新規0円だからといって必ずしもお得に使い続けられるとは限らないので、よく注意して購入検討をしてくださいね。


まずドコモ。

☆LG G2 L-01F

この機種はかなり長い間一括0円出てますね~。よほど売れ残っているのでしょうか。新規で一括0円、5000円キャッシュバック付きくらいまでならあるかもしれません。

一応2013年冬モデルなので一括0円機種のスマホにしては性能は高いです。この機種は音量キーが背面にあるんですよね。操作にはちょっと慣れが必要かもしれません。

☆ GALAXY J SC-02F

日本オリジナルデザインモデルのGALAXYシリーズ。これも一括0円になってから長いです。GALAXY S5はまだ割引が少ないのですが、SC-02Fは新規0円なんですよね~。

あとは旧モデルのスマホで新規0円が残っているところもあるようでした。

☆SH-07E AQUOS PHONE si
☆iPhone5c 16GB, 32GB

スマホ機種では全キャリア共通でiPhone5cの新規一括0円もありますね。今はドコモが多い?かつてはauやソフトバンク用の5cもいっぱい案件がありましたねぇ。32GBモデルだとコンテンツなどでちょっと条件が厳しくなりがちです。


続いてauの新規一括0円。

☆タブレット ASUS MeMO Pad8 AST21

単品では無理なんですが、スマホとのセット割?的な買い方をすると新規一括0円で出しているショップがまだあります。純粋に回線付きタブレットが欲しい方にはなかなかオススメ。

☆GALAXY S5 SCL23

ドコモ版は苦しいですが、au版のGALAXY S5は新規一括0円があったようですね。

☆auケータイ GRATINA

2013年からちょいちょい新規一括0円が出るガラケー機種。GRATINAの新規一括0円案件はレア度が高く、なかなか見つからないんですが、あるところには今でもあるという話。信じるか信じないかはあなた次第(いや、普通に探せばあるはずですけど)。

あと私は未確認なのですが、isai FL LGL24も一括0円があるんですかね?MNPでは相当キャッシュバックが盛られてきているので、新規一括0円があっても不思議ではありませんが、まだ相当新しい機種のはずなのに、投げ売りが始まっているようです。


お次はソフトバンク。

☆携帯電話 105SH, 108SH, 202SH, 301P

このガラケー4機種はずーっと新規一括0円が出っぱなしです。携帯なんて電話とメールができればOK、という人にはこのあたりも良いでしょう。

ソフトバンクのスマホ機種は今は新規一括0円機種はあまり無さそうでした。シンプルスマホの204SHならありますかね? 旧モデルで201HWや202Kあたりが残っていればあるいは、というところです。

ラスト、ワイモバイル。

☆Nexus5 EM01L

言わずとしれた、GoogleのSIMフリースマホ、そのイーモバ版です。毎月月末になると新規一括0円セールが出てきます。今月もありそうです。

☆STREAM S 302HW

ワイモバイルの低価格スマホ、302HWはどこのショップに行っても新規0円です。

☆Pocket Wi-Fi GL10P、GL09P

ルーター機種も新規で0円です。スマホとセットにするとソフトバンクと同じ「Wi-Fiセット割」があります。ソフトバンクのスマホにも割引が適用できるはずなので、モバイルルーターが必要なら回線を揃えるのもあり。


こんなところでしょうか。あとはキッズケータイ・みまもりケータイなど子供用携帯も新規一括0円ですね。お子さんがいると安く維持できる割引もあるので、緊急連絡用などでキッズ携帯を新規0円で持たせてあげるのも良いでしょう。



by ke-onblog | 2014-09-25 20:35 | キャンペーン情報 | Comments(0)
毎月恒例、月末のワイモバイル版Nexus5の新規一括0円案件が今月もあるようです。

もうNexus5が出てから1年が経とうというのに、相変わらずの人気ですよね。月末の数日間しか新規一括0円で買うチャンスは訪れませんが、これからゲットしたい人は今週末も案件を探してみましょう。

今日9月25日でも1件大阪で出ています。本格的にセール情報が出るのは金曜日以降だと思いますが、お近くの方はチェックしてみては?

対象ショップ:「 Goolue北巽

最近ちょくちょく見かけるチェーンの「Goolue」での案件です。

1組のみ、STREAM S 302HW, Neuxs5 16GBが新規でもMNPでも一括0円という情報で出ています。これはセットという意味なのか?と思いましたが単体契約とも書いてありますので、1台でもいいのでしょう。

最近新規一括0円で買える機種がまた減ってきていますね。スマホで買えるのはワイモバイルのこの2台と、ドコモならSC-02F, L-01Fあたりがまだ残っているでしょうか。

2014年の冬春モデルが登場しはじめるとまた型落ち機種が安くなって一括0円情報も増えると思いますので、それまでは上記のNexus5のように単発で出るセール情報を狙っていくのが良さそうです。


そういえば中古のNexus5の白ロムもあまり安くならないんですよね~。1台MVNO用に買ってみたい気もするのですが、1年前のモデルに3万円はちょっと高い。新品でも4万円なのに。

Nexus Xとやらが出ればNexus5も安くなるんでしょうか。個人的にNeuxs5のスペックで十分なので、早く型落ちして安くならないかな~なんて期待もしています。



by ke-onblog | 2014-09-25 11:48 | キャンペーン情報 | Comments(2)
もうiPhone6, 6+発売から1週間が経つのですね。発売前からずっとiPhone6(転売)関連の情報を追いかけてきましたが、なんだかいろいろありました。

一昨日・昨日あたりから、iPhone6+の本体がポケットに入れておいたら曲がってしまった、手で力を加えると曲がってディスプレイが割れた、なんていう話題も上がっています。

本体が曲がるような雑な使い方をするような人はiPhoneを持つべきではない(そしてTORQUE買え)とも思いますが、メタルフレーム系のバンパーがこれから人気になりそうですね。柔らかいTPU製・ポリカーボネート系でも力を掛ければ曲がりますので、頑丈さを求めるなら金属製。

iPhone 6 ケース, Spigen・ [ リアル アルミニウム バンパー] ネオ・ハイブリッドメタル

新品価格
¥3,990から
(2014/9/25 06:10時点)




iPhone6用はありますが、6+用はまだあまりバンパー無いですね。アクセサリーが増えてくるのはまだこれからみたい。メタルバンパーなら「GILDdesign(ギルドデザイン)」というメーカーが11月上旬にiPhone6+用のバンパーを発売しますので、それがオススメ(ごっついですけど、防御力高め)。


iOS8へアップデートされたことによる不具合情報もちらほらと見られます。こちらはiPhone6に限ったことではありませんが、バッテリーの減りが早くなったり(通知・更新機能や健康関係のアプリが増えたのでそのせいでしょう)、一般アプリでiOS8への対応が遅れているものも多いようです。

これらの問題が影響しているのか、iPhone6, iPhone6 Plusの転売価格が急落しています。キャリア版はもちろん、SIMフリー版の下落が半端ない。

ほんの2-3日前までiPhone6 Plus 128GBなら140000-160000円くらいで転売できたのに、昨晩チェックしていたオークションはゴールドだったのに12万円にも届かず終了してました。

まだ定価よりは高いものの、買い時も近づいていると言えます。冷静に値下がりを待っていた方はそろそろ価格チェックを始めても良いですね。SIMフリー版が定価より安くなることは相当先まで考えられません(本格的にいつでも入手できるようになるのは1ヶ月くらい先でしょう)ので、妥協できるところで入札していくのが良いです。

☆「ヤフオク iPhone6出品状況

こうなると、転売品をさらに転売しようと買い集めていたバイヤーは冷や汗ダラダラかもしれませんね(笑)

白ロム売買を行っているショップでは定価を超える買取額を出してSIMフリーのiPhone6を引き取っているところがありましたが、査定を厳しくしたり、そもそも買い取りを停止しているところも出てきています。

まだiPhone6を転売用に持っている方はすぐにでも売り抜けられるようにしましょう。もう損切りの域に近づいています。

iPhone6がキャリアで本格的に安くなるまで、しばらくは静観するのが宜しいかと思います。これからは値下がってきているiPhone5sを狙ったほうが転売は簡単でしょう。



by ke-onblog | 2014-09-25 06:16 | 白ロムコラム | Comments(6)
auでiPhone6を安く手に入れる方法として、「クーポン」を使うと一定金額を割り引くことができるようなのですが、「どの契約に使えるのか?」というのが複雑でよく解らなかったので、調べてみることにしました。

*手元に実物が無いので、ネットで探してきたものをメインにまとめています。もっと他にこんなクーポンがある、適用条件が間違っているところを発見された場合はコメントにてご指摘をお願いしますm(_ _)m

【2月22日更新】:ここで紹介した2014年9月頃に発行されたクーポンは期限が切れているものが多いです。使い方自体は新しく発行されたものも同じ傾向ではありますが、変更点がある可能性もあります。発行日の新しい種類のクーポンなら良いですが、オークションで手に入れる場合は取引に掛かる時間と利用予定をよく確認してから検討するようにしましょう。期限がギリギリの方が安く落札出来るチャンスもあるかも知れませんが、リスクが高いです。

「お客様限定スペシャルクーポン 20000円分」

今ヤフオクで探すと一番多く出てくるクーポンがたぶんこれでしょう。

☆「ヤフオク auクーポン出品状況

利用対象機種:iPhone6を含む au 4G LTEスマートフォン全機種
契約種別:新規・MNPのみ (機種変更は×)
割引額:20000円
併用:他クーポンとの重ねがけ×
その他:法人名義・プリペイドは不可、沖縄のau取扱店では利用不可

オークションでは1枚6000-7000円くらいで売られているみたいです。単純に差額で1万円以上得ですね。

機種変更には使えませんが、クーポン利用自体にはプランの縛りは無いようです(新プランへ加入必須など)。

このクーポンは過去にau回線を利用していたユーザーに向けて、MNPで戻ってくるように誘ったクーポンです。そのため、クーポンにはauの解約時の携帯番号が印刷されているようですが、新規でもOKなのでこの番号でなくても使える、ということなのでしょう。

「ご家族様限定スペシャルクーポン 20000円分」

上記のお客様限定クーポンにくっついてくるクーポンもあるようです。こちらも条件は上記と同じ。割引額に10000円バージョンもあるようでした。

「スペシャルクーポン 5000円分」

こちらはauの系列インターネット回線に加入しているともらえるクーポンのようです。機種変にも使えるのが特徴。

利用対象機種:新規・MNPはスマホ・携帯・タブレット、機種変はスマホタブレット
契約種別:新規・MNP・機種変更
割引額:5000円
併用:他クーポンとの重ねがけ×
その他:機種変の場合は3ヶ月以上利用中の回線に限る、iPadもOK、誰でも割など2年縛り必須

発行されるネットワークプロバイダの地域によって、関東限定、関西限定、中部限定などの利用地域に縛りがあるようです。ネットなどで手に入れる場合は気をつけて下さい。

「ファストクーポン 15000円分」

これがauのオンラインショップでiPhoneを優先して購入できるというタイプの割引券。機種変更限定かつiphone6の発売日が過ぎた今となってはあまり価値はありませんね。

利用対象機種:iPhone6を含むスマートフォン
契約種別:機種変更のみ(該当の番号以外には使えない)
割引額:15000円
併用:他クーポンとの重ねがけ×
その他:オンラインショップ限定での利用、auの指定パケットプランや誰でも割、LTE NETへの加入が必須

「株主さま優待券 5千~1万8千円分」

KDDIの株主に配布されたと思われるクーポン券もあります。

利用対象機種:auのすべての端末
契約種別:新規・機種変・MNPのすべて
割引額:5000、10000、18000円
併用:他クーポンとの重ねがけ×
その他:オンラインショップでの利用は不可。プリペイド機種は不可。

株主のレベルによって、金額は最大18000円まであるようです。

「au割引クーポン」

利用対象機種:auのすべての端末
契約種別:新規・機種変・MNPのすべて
割引額:LTE機種へのMNP時は最大20000円、機種変更・3Gケータイは5000円
併用:他クーポンとの重ねがけ×
その他:LTEのMNPではauスマートバリューの適用が必須

J:COMなどのau系ネット回線の契約者に対して送られているクーポンです。1枚でそれぞれの契約に利用できるようですが、条件にスマートバリューが入っているので気をつけて下さい。


いまヤフオクに出ているauクーポンはこんなことろでした。基本的に他のクーポンとの併用は出来ないようです。

使い方はauオンラインショップで買う場合は入力欄があったのでしょう。au取扱店で使う場合は購入時に提示するだけです(各クーポン番号が判るような状態で持っていく必要があります)。

iPhone6を買う場合にはあまり関係ありませんが、このクーポンは「本体価格を割引額を上回る」ことが出来ません。つまり、もともとMNP一括0円で販売されているような機種には意味がありません(クーポンで増額するタイプの激安ショップもありますので、これは各ショップに個々で問い合わせる必要があります)。

auのクーポンは確かに手軽で割安に、機種を選ばず買える方法ですが、上記のようなクーポンの種類・利用制限などには事前に目を通すようにしましょう。

*こういったクーポンは基本的に譲渡が出来ないことになっています。 他所から手に入れてくる場合は注意して下さい。




by ke-onblog | 2014-09-24 21:03 | 白ロム転売法 | Comments(9)
キャンペーンはまだ始まっていませんので、焦らなくてOKです。

10月1日からPHSからのMNPが解禁されます。これにより、来月1日からPHS回線をMNP弾として発射しようと思っていた方も多いでしょう。

MNP弾として使うのも良いのですが、この流出対策としてワイモバイルは現在発売中のスマホ・DIGNO T 302KCをPHS回線からの機種変更に限り、約4万円の本体を一括0円でばら撒くとの発表をしています。

Y!mobileは合併前のイーモバイル・ウィルコム時代からのPHS回線契約を多く持っていると思われますが、MNP解禁で一気に流出が進んでしまうのを防ぐことをピンポイントで狙ったキャンペーンですね。

キャンペーン開始はMNP解禁日の10月1日から。終了日時は設定されていません。

☆「ワイモバイル

302KCは防水防塵、耐衝撃性などにちょっと特徴がありますが、性能はあまり高くないのでハイスペック機が欲しい方にはそれほど・・・と思いますが、このキャンペーン自体はなかなかのもの。

個人だけでなく法人でもPHS回線なら対象になります。契約は2980円のSプランから適用可能です。機種変更の手数料3000円も無料になるので、文字通り初期費用0円でスマホに切り替えられるということですね。


月額2980円のみで音声付き格安SIMに変えた(しかも通話し放題)と思えば、特に法人利用の場合は利用価値があるかもです。他キャリアでは通話し放題とセットになるパケット代が最低でも3500円なので、本体一括0円で月サポが大きな端末を選んでも月額3千円以下で抑えるのは難易度が高いです。

ワイモバイルでは定期契約をして期間以内に解約すると他キャリアと同じく9500円の違約金が掛かりますので、契約してからの短期解約はオススメしません。が、今回はスマホお試しプログラムというもので契約日から8日(キャンセル期間中に月を跨ぐ場合は翌月5日まで)以内ならPHS回線に戻すことができるというキャンペーンも始めると出てますね。

PHS回線を今後どうやって運用しようか考えている方は、維持費や使い方を考えて、他キャリアへのMNPと一緒に比較検討してみる価値のあるキャンペーンだと思います。




by ke-onblog | 2014-09-24 15:40 | スマホニュース | Comments(2)
このサイトでは何度か激安の中古パソコン・タブレットを紹介したことのある中古ショップのイオシスでSIMフリーのiPhone6, iPhone6 Plusが入荷しています。

☆「イオシス

先日海外から輸入されたiPhone6のSIMフリー版の在庫情報もお伝えしましたが、それよりは幾分安いです。

今さっき調べてきた価格で、以下のラインナップ。

・SIMフリー iPhone6 Plus 16GB シルバー 134,800円
・SIMフリー iPhone6 Plus 64GB スペグレ 149,800円
・SIMフリー iPhone6 Plus 64GB ゴールド 149,800円
・SIMフリー iPhone6 Plus 128GB ゴールド 162,800円

・ドコモ iPhone6 16GB スペグレ 79800円
・ドコモ iPhone6 64GB ゴールド 89,800円

SIMフリーのiPhone6 Plus 128GB ゴールドなんて10台以上在庫ありますね。どんだけ買い集めてるんだイオシスさん(笑)

今はすでにオークションの相場が下がり始めているので、16万だとどちらから仕入れるのがいいのか難しいラインですね。もっと高く売る算段のある人は、買い占めてみては?アップルストアとは違い、購入台数制限は無いはずなので、在庫があるかぎりは買えます。

iPhoneの転売先は中国が多いのかもしれませんが、日本のショップでも買い集めていたようですね~




by ke-onblog | 2014-09-24 11:39 | キャンペーン情報 | Comments(2)
今回はまだまだ需要の多い、ガラケー機種の白ロムについてです。

ドコモの場合はMNPなら実質0円というのはあるのですが、スマホのように一括0円にキャッシュバック付きという案件はみかけませんね。auやソフトバンクではたまにあるのですけど。


ドコモユーザーの方で機種が古くなった、壊れたから新しくしたいという方には白ロムでの機種変更をおすすめします。機種によってはSIMカードの入れ替え手続きが必要な場合もありますが、通常はカードを差し替えるだけで新品の携帯電話に入れ替えることができるはず(SIM交換が必要な場合でも、2000円で発行できます)。

白ロムは0円というわけには行きませんが、プランの変更も必要なく、一括払いだけで簡単に乗り換えられるというメリットがあります。安く本体を買うためだけに新しいプランに変えたくないという方には向いているはずです。


では2014年9月における、在庫が豊富で性能の割に安く買えるおすすめ機種を挙げていきます(情報が古くなると在庫次第で割高になっちゃうこともあります。もし調べて欲しいという要望があればコメントにどうぞ)。

価格はネットの携帯フリーマーケット「ケータイアウトレット」を参考にしています。オークション以外ではここより安いところはほぼ無いと言って過言ではないです。


☆ 【おすすめダントツNo.1 SH-07F 2014年夏モデル】


今、ドコモでガラケーを買うならこの機種以外にはないというほど、コストパフォーマスに優れた機種です。シャープ製。白ロムの在庫数が多いので、価格が下がっているようですね。

定価は29160円ですが、「ケータイアウトレット」での白ロム価格は新品16800円、中古なら12800円ってのがあります。

カメラ500万画素、防水防塵対応、おさいふケータイ、ワンセグあり。重さ113グラムで結構コンパクト。バッテリー820mAhで3G連続待機550時間。

【おすすめNo.2 お値段重視1万円ガラケー P-01F 2013年冬モデル】

パナソニックのガラケーですが、新品が1万円前後で出回っており、安い。中古なら1万円も切れます。
SH-07Fに比べて劣るのはおさいふケータイが使えない点。これがなければP-01Fをオススメ1位にしたかも。

定価29,376円。カメラ500万画素、防水対応、ワンセグあり。重さ119グラム、連続待ち受けは脅威の610時間。

【おすすめNo.3 長時間利用可能1万円ガラケー N-01F 2013年冬モデル】

2位のP-01Fと同時期のNEC製モデル。こちらはおさいふ機能に対応しますが、ちょっと丸っこいデザインが私好みではないので3位です(笑) 白ロム価格はやはり1万円前後で新品が買えると思います。
バッテリーの持ちに定評があり、3G連続待ち受け可能時間は710時間と圧倒的。

定価30,240円。カメラ810万画素、防水とワンセグ対応。重さ118グラム。

【おすすめNo.4 中古狙いなら激安 SH-03E 2012年冬モデル】

ちょっと発売時期が古いので、中古在庫が多いのがSH-03E。オレンジでは黒と橙のファンキーなデザインが印象的でした(普通の色もあります)。中古白ロムなら5000円~8000円くらいで在庫があります。新品でも1万円ちょいなので、在庫が少なくなる前なら安く買えると思います。

定価27,648円。カメラ500万画素、防水とワンセグ対応。重さ109グラムで軽いです。


ここまで性能が似たり寄ったりの機種ばかりなので、次は性能が高いモデルが欲しい人向けに。

【安い中古在庫があれば:F-01E 2012年冬モデル】

富士通のハイスペックガラケーの一つ。カメラが1310万画素あります。防水、ワンセグ、おさいふ機能なども2年前のモデルではありますが、ほとんど最新機種と変わらない多機能性。
価格はちょっと高く、中古白ロムでも2万円前半~新品だと3万円くらいします。3万円以上なら新機種のF-07Fが普通に買えてしまうので、安い中古が出た時だけ検討しましょう。

新機種のF-07Fだとバッテリーが1000mAhにアップしています。9月末時点ではまだF-07Fの白ロムは高いので、あまりオススメできませんが将来的に安くなってきたら買いです。


以上、ドコモのガラケー白ロム機種を紹介してみました。この記事、果たして需要があるのか。

私自身、普段スマホとは別に通話専用にガラケーも使っています。最近のスマホはバッテリーが少しは長く持つようになってきましたが、通話メインならやっぱりガラケーですよ。スマホのようにヒマだからといっていじり回すこともないので、3-4日は充電しなくても楽勝だったりします。

スマホに機種変更したくないガラケー利用者には白ロムの利用を検討してみる価値があると思います。




by ke-onblog | 2014-09-23 18:59 | キャンペーン情報 | Comments(4)
ちょっと心が揺らいでおります。

Xperia Z3 Tablet compactがもうすぐ出るというこのタイミングで、auのXperiaZ2 Tablet SOT21のネットワーク制限△の在庫が白ロムショップに入っています。

☆「ケータイアウトレット

状態は新品同様(フィルムがついたままの未使用)ですが、万が一元の購入者が本体代金分割支払いをやめてしまった場合にLTEに繋がらなくなるので、ジャンク扱いでの在庫です。定価9万1800円のタブレットが、39800円で出品中。

もし制限がかかったとしてもWi-Fi専用として使う分には問題ありません。ソニーが発売している32GB Wi-Fiモデルが55000円ですから、そのまま制限が掛からなければ超ラッキー、制限が掛かってもWi-Fiモデルを買ったと思えば1万円以上の割安感があります。


10インチの防水タブレット。欲しいような、いらないような・・・。う~ん、悩みます。次のタブレットはZ3 Tablet compactの8インチを待とうと思っていたところにこの価格。

ちなみにオークションでSOT21の在庫があれば、やっぱり制限の掛かった端末は3万円台後半が落札相場みたいです。

☆「ヤフオク au Xperia Z2 Tablet SOT21 本体出品状況

この価格差なら安全面でケータイアウトレットをお薦めします。ドコモ版は+10000円くらい相場が高いので、Wi-Fi前提ならau版でOKです。


いや、やっぱり私はXperia Z3 Tablet compactを待とうかなと思います。10インチタブレットはもう持ってますし。10インチタブレットが欲しい方はXperia Z2 Tabletの白ロムは今は値段も下がっており結構買い時です。

ちなみにXperaZ2 Tabletは10インチで439グラム。 Xperia Z3 Tablet compactは8インチで270グラムなのです。439gも10インチだと思えば軽いのですが、片手で使うなら8インチです。家で机に置いて動画を楽しむ、パソコン代わりとしてネットサーフィンがしたいという目的なら10インチもいいと思います。
by ke-onblog | 2014-09-23 14:20 | キャンペーン情報 | Comments(0)
もうiPhone6転売関連のニュースもお腹いっぱいッて感じですが、驚異的な転売価格が付いているというニュースがヤフーに出ていたので、記録がてらチェックしておきましょう。

☆「iPhone 6未発売の中国で転売品続々販売 税関では密輸摘発も

上記のニュースの中に出てくる金ピカに加工されたというiPhone6。販売価格が日本円にして67万円だったのだそうです。この短期間で純金の本体を作っているということもないと思いますので、金メッキ・あるいはただのシールとか?もしかしたらiPhone自体がフェイクの可能性もありますねぇ(たしか中国ではAndroid版iPhone6が販売済みでしたよね)。

普通のSIMフリー版iPhone6 16GBの10倍の値段(笑) 本当にこんなものを買う人がいるのかどうか知りませんけど、中国マーケットでの価格高騰はこれが例外というわけではなく、転売品はどれもこれも高値がついています。

ニュース動画に出てくるのは中国最大のショッピングサイト「淘宝(タオバオ)」 ですね。日本のヤフーショッピングみたいなものでしょう。

日本からでもアクセスできるのでiPhone6で検索してみると、転売品と見られる在庫が出てくる出てくるw 日本モデルも含め、世界各国から買い集めた在庫があるようです。

iPhone6で15~20万円、iPhone6 Plusなら30万円超えの商品もありますね~。日本のヤフオク価格が平和に見えます(日本のSIMフリーモデルの落札相場はこちらで調べています→9/22 iPhone6Plus転売価格相場 キャリア版は定価を下回り始める

ヤフオクで15万円でSIMフリー版を手に入れ、中国に持ち込めばさらに+10万円で売れるってことですね~。ここまでボロ儲けできてしまうと、iPhone6の密輸もしたくなる気持ちもわからないではないです(いや、しないですけど。皆さんも真似しないように)。


ただこのタオバオ、やっぱり中国だな~と思うのは商品画像にiPhone6の画像を使っているのに、商品名が「iPhone5」や「iPhone5s」になっている商品も混ざっています。あからさまに客が間違って型落ちモデルをiPhone6だと勘違いして買っていくのを狙ってます・・・。

中国、いろんな意味ですごいですね~。とても人のよい中国人の知り合いもいるので全体を一概にディスるのは気が引けるのですが、あのバイタリティは商人向きですね。それはもう、怖いくらいに。

中国で売買する勇気のある方は、今からでもヤフオクで仕入れて転売というのができてしまうのかも知れませんね。


by ke-onblog | 2014-09-23 09:53 | 白ロム転売法 | Comments(2)