白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2014年 10月 ( 106 )   > この月の画像一覧

昨日の夜に予想した展開が当たりましたね。こんなに早く予想が実現するとは思ってませんでしたけど(笑)

10月1日、秋葉原にあるイオシス買取センターにてSIMフリーのiPhone6, iPhone6+の買取が再開されていたようです。買取は台数限定で再開後、たった2時間たらずで上限に達してまた終わってしまいました。

価格はiPhone6が小さい方から78000円、90000円、100000円、6+は90000円、103000円、110000円とすべて定価超えでの買取でした。やるな~。アジア系買取店を含めても、たぶんトップクラスです。

SIMフリーモデルのiPhone6+売買価格は一時最高20万円近くまで上がり、その後急落しており、今は6Plus 128GBでも11万円が辛くなっているはず。そう考えるとイオシスに殺到もするでしょうね~。なにせ手数料も掛かりませんし。交通費が5000円くらいかかっても、ヤフオクで売るよりマシだったはずです。

次の再開はいつか判りませんが、また在庫がなくなったら追加募集があるかもしれませんので、iPhone在庫を抱えている方は情報のチェックを継続しましょう。

☆「イオシス

SIMフリーモデルやネットワーク制限△の格安白ロムも在庫が増えています。ドコモのiPhone6ゴールド 16GB 69,800円でありますね。


by ke-onblog | 2014-10-02 01:39 | 白ロムコラム | Comments(0)
昨日発表されたドコモの2014年-2015年冬春モデルでは、全スマートフォン・タブレットが「ハイレゾ」対応となりました。

ハイレゾ=ハイレゾリューション(high resolution)=高分解能という意味ですよね。従来の音楽ファイルよりも音質の密度を細かく再現でき、よりホンモノに近いサウンドが楽しめるということです。

高音質な音楽が楽しめるのは良いのですが、気になるのはそのデータ容量。これが結構バカにならないです。

ハイレゾ音源のデータにもいろいろ種類があるみたいですが、高音質なもので192kHz/24bitという規格があり、このあたりになるとCDの6-8倍くらいのデータ容量になるそうです。

私はハイレゾ対応の音楽ファイルを持っていない(そもそも再生機器を持っていない)ので実際のところはわかりませんが、計算上1曲5分くらいで200-300MBのデータになるはずです。アルバム1枚入れようと思えば数GBは空き容量が必要になりそうです。


最近はスマホ端末のストレージ容量もアップはしています。先日発売されたiPhone6も最大は128GBになりましたね。ドコモならXperiaZ3 SO-01GやGALAXY Note Edge SC-01G, AQUOS ZETA SH-01Fは本体は32GB。ここにmicroSDカードで128GBまで対応しますので、最大160GBくらいまで増量することは可能です。

ハイレゾを思いきり楽しみたいなら、これからはSDカードも大容量のものを選んだほうがよいでしょう。128GBはかなり高いので覚悟が必要ですが、64GBくらいなら結構安い格安品も出回っているのです。

安くて評判が高いのがこれ↓ 東芝製のバルク品です。こういったものは秋葉原の電気街などにもありますが、一般の量販店ではなかなか売っていないので通販が楽です。

東芝 microSDXC 64GB Class10 30MB/s UHS-I 防水 耐X線 日本製 TOSHIBA 海外向けパッケージ品

新品価格
¥3,340から
(2014/10/1 20:36時点)




簡易パッケージの大量生産品のため、当たり外れがたまにあるようですが、クラス10に対応した中では最も安いといって過言ではないでしょう。

128GBモデルは1万円以上するカードが多いのに、その半分の64GBはこのくらいの価格で買えるものもあるので、今は64GBを2枚-3枚と買ったほうが賢いです。

私なんかはわざと音質を落として大量の音楽を連続再生でBGMにすることが多いので、ハイレゾとかどうでもいいな~とも思うんですけどね。これからはハイレゾ需要が増えるというより、すべてがハイレゾに切り替わっていくのでしょう。


こうしてデータファイル容量は増えていくのに、パケット通信の上限は拡大されないのは何故?LTEでアルバム1枚ダウンロードしたら速度制限掛かったという悲報が増えそうです。
by ke-onblog | 2014-10-01 20:48 | 白ロムコラム | Comments(0)
MNPができるようになったPHS回線の運用方法を振り返っておきましょう。

旧イーモバイル・ウィルコムのPHSでは電話番号をそのままにしてキャリアを変更できるMNPが出来ませんでしたが、今日から各ショップで手続きすれば機種変更ができるようになっています。

MNPを行う場合には「MNP予約番号」を欲しい携帯キャリアで購入する前に発行してもらう必要があります。この予約番号がないとMNP出来ませんので初めてMNPをやってみようという方は気をつけて下さいね。

発行方法は大きく分けて2種類、「直接ワイモバイルショップに行く」か「カスタマーセンターに電話」です(ネットの「My Y!mobile」はスマホ用なので、PHSでは使えません)。

店頭に行く場合は店員さんに「他キャリアに乗り換えたいのでMNP予約番号を発行して欲しい」と伝えればOKなはずです。

【*注意】:元ウィルコムのPHS回線、旧スマホ機種の転出は店頭では手続きできなくなっているそうです。MNP予約番号をもらうにはカスタマーセンターに電話するしかなさそうです(教えていただき有難うございましたm(_ _)m)。

電話の場合はPHSからは「116」、他社携帯や一般電話からは「0120-921-156」に電話します。自動音声にしたがって進み、オペレーターにMNP予約番号発行を依頼しましょう(受付時間は9時-20時)。

ワイモバイルのMNP予約番号の発行手数料は「3000円(税抜き)」です。これはあとから回線料金の請求に加算されて支払うことになります。他社ではMNP転出手数料金って2000円なんですが、ワイモバイルだけ高い・・・


なお、旧ウィルコム・イーモバPHSから10月31日までの間にワイモバイルのスマホ特定4機種に変更する場合はキャンペーンで事務手数料が掛かりません。直接ショップやオンラインストアで「機種変更」扱いで申し込みが可能です。本体も無料です。

☆「ワイモバイル

MNP予約番号の有効期間は発行日を含めて15日です。これを過ぎてしまうと無効になってしまうので、購入予定に合わせてタイミングを測って発行しましょう。連絡をすればすぐに番号は発行されるはずですが、時間によって処理に数十分かかることもあるそうなので注意して下さい。



by ke-onblog | 2014-10-01 18:07 | 白ロム転売法 | Comments(3)
結局どこのキャリアからも発売発表がされないXperiaZ3 Tablet compactでしたが、ソニーがまずWi-Fiモデル(SGP611JPおよびSGP612JP)を11月7日に発売することを決定しました。

公式ストアでもう予約は始まっています。

☆「SONY STORE XperiaZ3 Tablet compacticon

icon
icon


カラーがブラックとホワイト、ストレージサイズも16GB,32GBの2つが用意されています。スペックは公式サイトに書かれていますが、重量270gの薄さ約6.4mm、いいな~

価格も判明しており、16GBモデルが43500円, 32GBモデルが49500円です。8インチに小さくなったのでXperiaZ2 Tabletより1割ほど安いです。

ドコモやauでLTE対応バージョンが出るのを期待していたのですが、遅れるようならWi-Fiモデルでもいいかなぁと。

ソニーストアではオリジナルの専用ケースやクーポンの発行、サービスチケットの割引などが受けられます。So-netとの回線同時申し込みで40000円割引も継続。これを使うと16GBモデルは3500円ですね~。

銀座・大阪・名古屋にあるソニーストア店舗でも先行展示が10月2日から、体験イベントも8日から開始されます。購入前に最軽量の実機を触っておくと良いですね。

また、直営店では12月末までタブレット端末を1万円分のソニーストア商品券と交換する下取りキャンペーンも実施。どの端末が対象なのか詳細はまだ良くわかりませんが、Xperia以外の安いものでも買い取ってくれるなら嬉しいですね。

ソニーストア

by ke-onblog | 2014-10-01 14:14 | スマホニュース | Comments(2)
ソフトバンク初のソニースマホ、XperiaZ3 401SO、ついに出ました!XperiaZ3 compactはau同様ソフトバンクでも無しみたいですね。

401SOの発売日は11月下旬、予約は明日10月2日から受け付けられるとのこと。予約購入をすると1万円分のソニーストアお買い物券がもらえるので、発売前に注文しておきましょう。お買い物券はコンテンツやアクセサリーの購入にも使えるはずです。

☆「ソフトバンクオンラインショップ

スペックはau、ドコモ版と一緒かな?カラバリも白黒に銅と銀緑の4色で全く同じ。価格は未定ですが一括9万円、新規・MNPで実質3-4万円スタートでしょうか。

ソフトバンクではXperiaシリーズ初登場なので、どのような販売戦略が行われるのか気になります。これまではシャープ製スマホを優遇して売ることが多かったですが、もしかしたらソフトバンクでXperiaが買いやすくなることもありえます。そしたら白ロムも安く買えるようになりそうで、面白い。

ドコモのSO-01Gはキャリアロックも外せると思いますが、401SOはソフトバンク専用でしょう。まだ格安MVNOが無いSB回線だからこその白ロム値下がりに期待します。

iPhoneに続きXperiaZ3も同じ仕様で3キャリアから同時発売。値下げ合戦が期待できますね~。楽しみです。


by ke-onblog | 2014-10-01 11:17 | スマホニュース | Comments(0)
今日を待ち望んでいた人も多いことでしょう。本日2014年10月1日より、PHS回線から通常回線へのMNP(番号をそのままに乗り換え)ができるようになります。

PHSユーザーさんはいったいドコに乗り換えるのでしょうか。やっぱりこのタイミングだとiPhone6,6+が多いのかな。

PHSからiPhoneだとどのキャリアに動いたとしても維持費は相当高くなると思われます。MNPの優遇があるとはいえ、PHSのプランとスマホ用のパケットプランでは基本料金設定が全然異なりますからね。

安く通話回線を持ちたいというユーザーはauのGRATINAに人気が集中するのではないかと予想します。GRATINAへMNP転入すれば通話し放題を付けても1026円、最低維持費なら月々3円も今でも可能みたいですからね。


ただ、少し気になるのは今日からは10月で月が切り替わりましたので、このPHSのMNP解禁を見越してキャリアがMNP割引・キャッシュバックを絞ってくることも予想されます。昨日まで出ていた格安案件が続いているのかどうか。

逆にこの機を狙ってPHSユーザーが転入したくなるような優遇キャンペーンを出してくるショップもあるかも。こちらも注意して今日からの案件を見ておきましょう。

あとはPHSからの転入でもこれまでのMNPと同じようにキャッシュバック・割引が適用されるのかどうかもまだ判りません。転入先にとっては元がどんな回線でも関係ないはずなので大丈夫な気もしますけど。キャリア・ショップの出方を少し様子見したほうがいいかも知れませんね。



by ke-onblog | 2014-10-01 09:09 | キャンペーン情報 | Comments(6)