白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2014年 10月 ( 106 )   > この月の画像一覧

昨日はドコモ版、今日はau版のXperiaZ3の発売日ですね。ドコモ SO-01Gは昨日の時点ではやっぱりほとんど案件情報は出ていなかったようですが、今日のauモデルはちょっと期待できます。週末ですので。

au XperiaZ3 SOL26はドコモやソフトバンクに比べてMNPのサポート金額が少ないため、どこまでMNPの一括価格が引き下げられるかはちょっと予想が難しいのですが、これまでのXperiaシリーズの安売り傾向からすれば、すぐに一括0円が出てもおかしくはありません。


SOL26の情報はこれから収集するとして、Z3の登場で型落ちしたモデルたちがこれからは狙い目になりますね。ドコモだと10月に入ってからXperiaA2 SO-04Fの投げ売りが始まりましたし、単体で安く買いたいだけなら旧Xperiaの案件をこれから探してみるのも悪くありません。XperiaZ3とのセット案件というのも出るかも知れませんね。

複数台買った時に要らない端末がくっついてくる場合、下取りを前提に案件比較をするときの参考に、下記に旧モデルのXperiaシリーズのMNP利用時の月サポ額(今買えそうなモデルのみ)と白ロム買取価格をダイワンテレコムさんのネット査定を利用して一覧にしてみました。

<ドコモ>

XperiaA2 SO-04F:月額1242円/査定 25300円
XperiaZ2 SO-03F:月額3105円/査定 50500円
XperiaZ1f SO-02F:月額810円/査定 25000円
XperiaZ1 SO-01F:月額810円/査定 30500円

Xperia A SO-04E: 査定25500円 ,miku 46500円
Xperia Z SO-02E: 査定26000円
Xperia AX SO-01E:査定 14400円
Xperia SX SO-05D:査定 20300円(ピンクは15900円)
Xperia GX SO-04D:査定 16200円

XperiaA2の査定が酷いことに・・・。まぁ仕方の無いことですね。そして初代XperiaZ、初音ミクスマホの査定が高くて驚きです。mikuモデルって一時期在庫が余って一括0円で買えたこともあったはずですが、あの時買っておけば・・・

<au>

XperiaZL2 SOL25: 月額675円/査定 22600円
Xperia Z Ultra SOL24: 月額1,485円/査定 26500円
Xperia Z1 SOL23: 月額1,485円/査定 25500円
Xperia UL SOL22:査定 15100円
Xperia VL SOL21:査定 9600円

auもSOL25が投げ売り末期状態なので・・・。Z1が頑張ってますね。

こうしてみると白ロムショップの査定って本当に安売り情報や機種としての人気を反映しているのが判りますね。特にダイワンさんは価格変動に敏感な部類ですけど、旧モデルでも人気の機種は高値をつけています。


買取価格が高いものを選ぶのも良いですし、査定が下がっている=キャッシュバックが大きいものが狙える、と考えることが出来ますので、買取価格の大小だけでどれを狙えば良いという問題でもないのです。ですが市場価格チェックは大切ですので、事前に調べておきましょう。

*ダイワンさんはかなりの機種でネット買い取りには強いですが、全機種で最強というわけでもありません。売却先はもっといろいろ検討の余地があると思います。手間を惜しまないなら機種ごとに査定を比較し、売却先を変えるのが良いです。




by ke-onblog | 2014-10-24 09:01 | 白ロム転売法 | Comments(0)
昔はドコモでも売られていたことがあったのでシリーズの名前くらいは知っている方も多いと思いますが、BlackBerry(ブラックベリー)の最新モデルスマートフォンがなんだか人気のようです。

ブラックベリーといえばテンキーではなくパソコンなどのキーボードと同じQWERTY配列のキーが搭載されたユニークなデザインが特徴的でした。

スマホ全盛期の今、いまさらキーボードかよ、とも思うのですが、最新モデルの「Passport」が国内外で人気みたいです。SIMフリーモデルの輸入販売サイト「エクスパンシスicon」に在庫があるのですが、かなり売れてる・・・

iconicon


すごいデザインですよね。ディスプレイ部分が4.5インチで、その下にキーボードがあります。ポータブルゲーム機みたいに両手でプッシュして文字を打ち込むスタイルですが、これが使いやすいらしいんですよ。

エクスパンシスでもつい先日から取り扱われているのですが、以前にチェックしたときは在庫が80台くらいあったのですが、今見ると残り21台。1台10万円近いSIMフリースマホがここまで売れるのかと。

LTEにも対応し、CPUはスナドラ801 2.2GHz、RAMも3GBなので普通にハイエンドモデルです。OSはBlackBerry 10というオリジナルのものですので、Google playやiOSアプリは動かないのかな?専用のBlackBerry App World というストアはありますが、日本ではブラックベリーは衰退してしまったので、アプリ目的では買わないほうがよいです。

ツイッターやLINE,Facebookといったメジャーアプリはありますので、物理キーでバシバシ文章を打ちたい方には向いているのかも。

誰も彼もがiPhoneを使っている日本ですが、中にはちょっと違うスマホを使いたい、というユーザーもいるのですね。あるいは昔のブラックベリーユーザーが懐かしいデザインに惹かれて回帰しているのでしょうか。


こんなに売れるのならebayで個人輸入も・・・と考えましたが、ちょっと今の相場では厳しいです。エクスパンシスが94800円で売っているのですが、ebayでは9万円ちょい、送料含めるとそれだけでエクスパンシスの販売価格を超えてしまいます。SIMフリー機種の転売はエクスパンシスに出てこられると、正直勝ち目がないです・・・やるならエクスパンシスよりも早く仕入れて売らないとダメですね。

オークションで安く入手できればあるいは売れるかも知れませんが、難しいかな・・・。7万円台後半くらいまでbid(入札)が進んでいるものもありますので、普通に買って使いたいなら安く買えそうです。

☆「ebay BlackBerry Passport

個人輸入の商機はすでに逸していますが、面白いスマホが欲しい方はebayで手に入れてみてはいかがでしょうか。
by ke-onblog | 2014-10-23 20:53 | スマホニュース | Comments(0)
月に1台や2台の白ロムを転売するだけならヤフオクが最も手数料が安いのでしょうけれど、もう少し売上が大きくなる場合はヤフーのショッピングストアとしての出品のほうが有利な可能性があるのかな?と疑問に思ったので、調べてみました。


ヤフーのショッピングストア出品は昨年から月額の固定費やロイヤリティを「0」にするという大幅な価格改定が行われたため、個人でも利用しやすくなっています。ネットショッピングサイトだと他にも楽天やアマゾンもありますが、小規模にやるのならヤフーショッピングが一番費用が掛からないようですね。大手ショップはそれぞれにすべて支店を出すようですが、個人の場合はまずヤフーから入ってみるのが良さそうです。


ヤフーショッピングでストアを出す場合、法人・個人事業主の場合は「プロフェッショナル出店」と「ライト出店」、個人での登録は「個人出店」となり、使えるツールに違いが出たりします。
d0262326_10295986.jpg

☆「Yahooショッピングストア 出店のご案内

それぞれの出店形式で支払いに使えるクレジットカードの種類が違ったり、カード決済手数料の利率が異なります。

掛かるコストとしてはプロ<ライト<個人 の順番で小規模の方が割合は高くなりますので、大規模にやったほうがお得では有りますが、個人でも結構安く出店が出来ます。


サイト上で掛かる費用のシミュレートが出来るのですが、ライト出店で月額50万円分の売上を出した場合、下記のようなコストが掛かります(Tポイント・アフィリ報酬原資を1%とする)。

・Tポイント付与分の原資負担 5000円
・アフィリエイトパートナー報酬原資 1500円
・アフィリエイト手数料 450円
・決済サービス個別手数料 16200円

上記合計に8%消費税を加えて、25002円となりますね。これは売上50万円に対してですから、割合は5%です。送料無料で売るなら、その費用は別途掛かりますがヤフオクの5.4%をわずかですが下回ります。

売上50万円というのはスマホ白ロムなら10台くらい売買するだけで超えてしまう額です。SIMフリーの
iPhone6 Plusならたった5台でもこのくらいですよね。

ここでプロフェッショナル出店を選ぶと、同じ売上条件だとして手数料は14,124 円まで下がります。これで2.8%です。やっぱり圧倒的に安いですね。

個人・ライト出店ではあまりヤフオクとの違いはありませんが、固定価格でたくさんのラインナップを用意して売りたい、白ロム以外の輸出入ビジネスも平行して行いたい場合にはストアの方が売りやすいということもありそうでした。規模が大きくなるほど、ヤフオクよりも安定した売買が出来るのがストアの強みのようです。


そしてヤフオクとショッピングストア出品の最大の違いは、本名を出す必要があるかどうかでしょう。ヤフオクで1つ2つと売っているだけならバレないと思いますが、ストア出品をするなら確実に古物商許可証が必要です。そして特定商法取引法に基いて事業名や連絡先などを明記しなければならなくなります。副業の域を完全に超えますので、会社にバレずにやっていきたい、というようなサラリーマンの方はストアはやめたほうがいいですね。

プロフェッショナルの方は自由度が高い反面、設定に時間が掛かったりするので個人向けでは無いです。ニュースレターの配信が出来たりクーポンを出したり出来るのでマジな白ロムショップを経営したい場合はいいですけど、やっぱり個人レベルでは使い道がないかも知れません。


古物商許可証は警察署で所定の書類提出と申請書を書いて、提出すれば基本的だれでも取得できます。手数料は19000円ほど掛かります(代行業者もあるようですが、そんなに難しいことではないので自分で出来るはず)。

転売目的で仕入れる場合、「業」として売買をすることになるため少額の個人取引でも取得しなければならないので、継続的に転売をやっていきたい方は最寄りの管轄警察署に相談に行きましょう。申請は警察署の防犯係が担当していることが多いです(窓口に行けばどこで申請が出来るか教えてくれます)。


こんな感じで転売・輸出入ビジネスをやるためにはストア出店も考慮する価値があります。個人規模ではやっぱりヤフオクは楽で良いですが、古物商のことも含めて副業レベルを超えて新たにビジネスを拡大していきたい方はよく考えてみてください。


by ke-onblog | 2014-10-23 10:57 | 白ロム転売法 | Comments(0)
今日は乗り換え予定の方は待ちに待った?ドコモ XperiaZ3 SO-01Gの発売日ですね。最近の日本メーカーによるスマホで圧倒的な人気を誇るXperiaZの最新機種として、iPhoneには劣りますが注目度は高いです。


デザインやスペックはまぁ良いとして、このブログでは転売の可能性や価格情報について考察・推測してみましょう。

今回3キャリアから同型モデルとしてXperiaZ3が発売されることになったため、各キャリアでXperia専用のキャンペーンを打ち出して来ています(特典については「XperiaZ3 顧客争奪 購入キャンペーン比較 お得なのはどこ?」を参照してください)。価格面についてもショップでは値下げ競争が期待できます。


今日23日はドコモ版、明日24日にau版、11月にソフトバンク版が発売されますが、トップバッターのドコモ版 SO-01Gは発売日初日の一括0円はちょっと厳しいかな?と予想しています。

というのも、ドコモは一括価格が3キャリアで最も高く、最近のMNP大幅値引きも少なめだからです。

旧モデルのXperiaZ2 SO-03Fでさえ、未だにMNPでも一括0円購入は出来ません。それなのにZ3がすぐに0円で買えるという状況にはやっぱりならないでしょう。

しかし、まったく期待が出来ないかというとそうでもありません。

今回のSO-01GではMNP時の優遇が大きく、月サポは24ヶ月で本体分割代金と同じになる「実質0円」での販売となります。さらにXperiaZ3スタートキャンペーンで1万円ほどの月サポ増額があるため、維持費は下がっています。

今日中の単体MNP一括0円は無いと思いますが、同じくXperiaの旧モデル XperiaA2 SO-04Fが安売りされていますので、これとのセットなら0円に届くかも知れません。SO-04F×2、SO-01G×1の3台同時MNPなら届くかな?という感じです。


明日発売のau版も1台では発売直後は難しいかも知れませんが、auは他の投げ売り機種が豊富ですから、今ならLGL24、iPhone5c/5s, XperiaZ Ultra, XperiaZL2あたりとのセット案件は出るでしょう。

auはすぐに本体価格を下げる傾向があるため、早ければ年内にも単体一括0円が出るかもしれません。複数台MNPを狙えない場合はしばらく様子見してみることをオススメします。


最後にソフトバンク401SOですが、こちらはまだ発売日が先なので検討する時間はいっぱいありますけども、事前予約すると1万円分のソニーストア買い物券が貰えるので事前予約は必須です。複数台で買う場合は予約特典は狙えませんが、発売後にiPhone5c,5sとのセットなら安い案件が出そうです。

今回珍しくソフトバンクがiPhone以外の機種で大きめの月月割を設定し、本体価格も3キャリアで一番安く設定、かつ本体ロゴデザインをグローバルモデルそのままにしたことが受けているようですので、そのあたりを考慮してドコモ・auの発売をスルーして待機するのも良いでしょう。

激安系ショップでどこまで401SOが優遇されるかはちょっと予想しづらいところですが、これまでのAQUOSシリーズ並に安売りされるならMNP一括0円もありえなくは無いでしょうか。


ちなみにXperia Z3 compact SO-02Gは11月中旬発売ですので、コンパクトモデル待ちの方は今しばらくの辛抱です。


転売用、将来中古売却を考えて入手するなら、XperiaZ3のカラーはホワイト・シルバーグリーンが良いようです。特にホワイトが人気のようなので、在庫から選べる場合は白がオススメ。カッパーはちょっと・・・避けたほうが無難ですね(笑)

今週末に向けて激安店もすぐに案件情報を出してくると思いますので、今日明日は様子見をしておき、土日に動くのが良いと思います。


by ke-onblog | 2014-10-23 07:57 | 白ロム転売法 | Comments(8)
今日もebay輸入のお勉強タイムです。白ロム転売は全く関係ないですけど、興味のある方はお付き合い下さい。

本日のターゲットはアメリカのアクセサリーメーカー「Invicta(インビクタ)」です。

Invictaは高級ブランドではなく、腕時計を見るとファッション時計系の安価なものが多いようです。定価こそ1000ドル(10万円)前後のものがありますが、市場価格はもっと安いです。高級ブランド品の売買はハイリスク・ハイリターンですので、個人で取り扱いやすいかな?と思ったのでピックアップしてみました。


WikiによるとInvictaは日本のアマゾンとも提携しているようで、アマゾンのサイトを見てもほとんどの型番が並行輸入品として国内でも買えます。アマゾンで取扱があるということは、知名度が多少なりともあるということに繋がり、個人輸入でも売りやすいと言えそうです。

ebayにも多数の在庫が出品されており、国内のアマゾンと価格差が結構あるものが多いです。

例えば・・・

[インヴィクタ]Invicta 腕時計 BLU Analog Display Swiss Quartz Beige 16550 メンズ [並行輸入品]

新品価格
¥14,000から
(2014/10/22 22:38時点)



16550はシンプルなアナログ時計ですが、リストバンドがシリコン製でちょっと変わったデザイン。

これをイーベイで仕入れると・・・

☆「ebay Invicta 16550 Men's

現在のディスカウントで94%OFF、日本円で5,965円(BIN, 送料14.95ドル)。1本での利益はブランド時計には及びませんが、利益率がかなり高いです。同じ時計で日本では2-3万円の価格をつけているショップもあります。

新商品というわけでもありませんし、著名ブランドというわけではありませんが一応日本にも輸入がされているメーカーです。無名ブランド品よりは売りやすく、取り扱いやすいでしょう。

腕時計はメンズの方が多いようですが、Invictaでは女性用の腕時計もあります。デザインは比較的シンプルなものが多いようですが、私好みのクロノグラフ系がたくさんありました。無難なデザインのものが多いので、価格さえ高く設定しすぎなければ売れそうかな?という感じです。


アメリカのアクセサリーメーカー・Invicta、覚えましたφ(..)。 ebayでは腕時計セールで大幅に値引きされるアイテムがあるようなので、割引率と日本の価格を比較して仕入れると上手くいきそうですね。
by ke-onblog | 2014-10-22 22:56 | ebay | Comments(0)
先週に続き、今週もちょっと訳あり・ジャンク級の白ロム在庫をピックアップしてみました。

ジャンク理由にネットワーク制限が▲・×のものを含むため、通常回線で利用したい場合は気をつけて下さい。Wi-Fi専用、サブ利用に使えそうなレベルの在庫だと思って下さい。

前回の激安品情報 → 10月14日 激安ジャンクスマホ白ロム情報

各白ロム在庫は「ケータイアウトレット」と「ダイワンテレコム」にあったものです。機種名の前にケータイアウトレットの在庫を「K」、ダイワンの在庫を「D」と書いておきましたので、在庫を探す際にはそれぞれのサイトで最新情報をチェックして下さい。

☆K:ドコモ ARROWS Tab F-02F タブレット 制限× 新品/ 32,000円

これはかなり安いです。ネットワークが完全にアウトなのでMVNOなどでは使えませんが、高性能な防水10インチタブレットが3万台です。2013年冬モデルですが、十分今でも高性能。

☆D:au SOT21 Xperia Z2 Tablet 美品 制限▲/ 36800円

こちらも防水10インチタブレット。未使用品ではありませんが、ソニーストアで買えるWi-Fiモデルよりも2万円近く安いです。

☆K:SoftBank iPad 第3世代 16GB 制限▲/21800円

2012年モデルのiPadです。Wi-Fi専用の中古品と同じくらいの安さです。セルラー機能が使えなくなっても、この価格なら一時的にでも回線が使えればラッキー、という感覚でどうぞ。

☆K:au DIGNO M KYL22 おサイフ機能ロック 制限○ 中古/ 9980円

ネットワーク制限は掛かっていませんが、IC情報にロックが掛かっているためジャンク扱い。多分前の持ち主がおサイフ情報を消さずに売ったのでしょう。KYL22は一時期安売りされていましたが、mineoの登場でauのLTE機種が高騰したため1万円を切る白ロムは今では珍しいです。

☆K:au iPhone6 128GB シルバー 新品 制限▲/69980円

iPhone6もジャンク扱い品出てますね(笑) 現状で▲でしたので、もしそのまま使えたらラッキー、くらいの感覚でどうぞ。Wi-Fi専用モデルとして使うにはちょっと勿体無いかな・・・。6+ならタブレット感覚で、というのも良いですが4.7インチタブレットが7万と考えてしまうと高いです。

☆K:au SHL21 AQUOS PHONE SERIE 中古 SIMを読み込まない事があるジャンク/ 6100円

Wi-Fi専用として使うならSIMがさせなくても問題ないですね(接触の問題ならスペーサーを入れたり、分解して直せないこともないかも)。2012年冬モデルでちょっと古いですが、6100円は安い。

☆D:Softbank iPhone5 64GB 中古 制限▲/ 21800円

かなり傷がある上に制限▲なため、他の在庫に比べてかなり安くなっています。制限が掛かる恐れがあるので修理してまで使うほどではないかも。


今回はタブレットのジャンク品が豊富でした。iPad Air2が出たのでみんな乗り換えるタイミングなんですかね?(笑) タブレットのネットワークジャンク品は安くていいですよ~。中途半端に高性能なWi-Fi専用モデルを買うくらいなら白ロムをオススメします。セルラーモデルとして発売されるタブレットはもともと最上位機種が多いので、割安になることが多いです。




by ke-onblog | 2014-10-22 17:55 | キャンペーン情報 | Comments(2)
以前、ebay輸入できそうなアイテムとしてモトローラのMoto360を紹介しました(モトローラのウェアラブル端末 Moto360の輸入転売が熱い)。あれも良かったのですが、もう少し日本ではマイナーっぽくて、海外で評価が高い腕時計デバイスを発見。

d0262326_1333468.jpg

Pebble(ペブル?ピブル?)という海外で最近頭角を現してきているメーカーの腕時計端末で、2014年モデルの新作「Pebble Steel Smart Watch」はAndroid, iOS両対応のスマートデバイスです。

高性能デバイスというよりは、昔のファミコンのようなビット表示で文字を表示させたり、音楽をコントロールしたりとしたギミックを楽しむオシャレアイテムとして評価が高いようです。バッテリーの持ちがよく、Apple Watchが毎日充電することを前提に作られているという噂がありますが、このPebble steelは1週間保ちます。

アメリカでは199ドルで売られているようですが、日本ではこんな感じ。

Pebble Steel (Brushed Stainless)

新品価格
¥32,500から
(2014/10/22 12:59時点)



Pebbleのスマートウィッチには2種類あって、「Steel」という名称が入るほうが最新の上位モデルです。E-Paperという99ドルの端末もありますが、こちらは利益率が悪いかな(笑)

日本に仕入れるなら、アメリカのアマゾンから買うかebayのオークションが良さそう。ebayの即決(BIN)にも在庫はありますが、今はamazon.comの方が安かったです。オークション形式でもっと安く仕入れられる可能性はあるので、仕入れたい数にあわせてルートを使い分けるのが良さそうです。

☆「ebay Pebble Steel Smart Watch

ただ、ヤフオクでは一時期2万円台前半まで下がったことがあるので、これから仕入れる場合はちょっと慎重に計画を立てて下さい。日本に入っている数は少ないですが、たぶん有名ではないので売りやすさはMoto360の方が上だと思われます(Moto360はまだ国内で高騰が続いているので、そちらの方が楽に利益が狙えそうです)。
by ke-onblog | 2014-10-22 13:15 | ebay | Comments(0)
ソフトバンクのアクセサリーショップでは5万円で売られていたこともあるワイヤレススピーカー「harman/kardon ONYX STUDIO」が安いですね~。

AQUOS CRYSTAL 305SHに同梱されていたこのスピーカー。発売前からちょっとした話題になりましたが、予想通り大量に転売が行われ、305SH登場直後から値下がりが起きていました。

そして発売から約2ヶ月が経った現在、オークションでの落札相場が面白いくらいに下っています。

最近の落札実績では未開封品で6000円前後です。確か305SH発売前は1万円強、発売後も8000円~10000円程度で取引されていたはずですが、すっかり値下がりしています。

私はスピーカー関連の情報には疎いのですが、このレベルのワイヤレススピーカーが6000円というのは破格のレベルのようですね。


このハーマン・カードンのスピーカーはもともとアメリカブランドのアイテムですが、ある意味「逆輸出」のようなビジネスも成り立つようです。

ebayでは日本からの出品がたくさんされており、ちょっとライバルが多すぎるので利益を大きく得るのは難しそうですが、もっとも安いものでも1万円以上の値がつけられています。

ヤフオクで仕入れてebayで売るというパターンも悪くないですね。特にこのスピーカーは305SHの付属として多くの人が手放したがっているので、綺麗な状態のまま安く大量に仕入れられそうです。

本家のアメリカでは安く売られているので売却先は良く考えなければ売れ残りになってしまう危険性もありそうですが、日本で安く買える家電製品輸出も面白いですね。


by ke-onblog | 2014-10-22 10:04 | キャンペーン情報 | Comments(0)
まだebayについて学び始めて日が浅い管理人ですが、それでも勉強を始める前と後でebay輸出入ビジネスについていくつか実感してわかったことがあるので、つらつらと覚書として文章に残しておこうと思います。


もともとSIMフリー機種のiPhoneの転売方法の一つとしてebay関連の情報を調べ始めたため、まずは私は興味のあるスマートフォン端末の輸出入を検討しました。

スマホの輸出入転売については「ebayで日本未発売モデルスマートフォンを転売できる?」にも書きましたが、個人でもタイミング次第では算入できそうな機種があります。しかし、大半のモデルはすぐに大手業者が大量輸入を始めてしまい、薄利多売になってしまうようです。

スマホ本体は単価が高いのに薄利多売状態になってしまうと、とてもじゃないですが個人レベルでは売買して利益が出せるとは思えないジャンルです。スマホで勝負するなら他者を出し抜くスピーディーな仕入れ、大手よりも少しでも安く価格設定をして売り切らないと危険だな、という感じです。


次にスマホの関連グッズを私はチェックしました。商品の種類が豊富なのでこれは個人でもイケそうな商品がたくさん見つかりますね。このブログでもこの数日間に幾つか紹介しましたが、記事にしていない儲かりそうなアイテムというのも実は結構あったりしたのです(笑) 

儲かりそうな商品を探すには、とにかくいろんな情報を検討しなければなりません。プロの輸出入業を営まれている方には情報網や特殊なツール・ノウハウはあるのでしょうけれど、個人ではなかなか簡単に利益を生み出せそうなアイテムばかりを効率的に探すことは難しいです。

ブログで紹介したような海外と日本で差額のあるアイテムにしても、結構頑張って探しているのです。

儲かりそうな商品=市場で差額のあるアイテム、という単純なものでもありません。仕入れたものが本当に売れるのかどうか、すぐにライバルが増えて値下がりしてしまわないか、仕入れたものがホンモノかどうか、ちゃんと届くかどうか、届くまでに時間がどれくらいかかるのかなどなど、気にし始めるとキリがありません。


日本ですでに売れている商品というのは、ほとんどのアイテムで利益が出るか出ないかギリギリくらいまで値下がりが進んだものばかりです。

たとえばアマゾンで高評価レビューがたくさんついているようなアイテムはたくさんのマーケットプレイス販売者がすでに参入しており、利益は見込めません。

普通の商売なら売れているものをマネして仕入れるところから始める、というのはよくあるマーケティング手法です。しかし、輸出入ビジネスに限っては情報化が進みすぎたせいか誰もが同じことを考えて売買をしようとするため、取り扱い商品が被り過ぎて若干マーケットは過密状態です。

誰も扱っていない、売れそうな商品を探せればそれが一番ですが、今の時代それは本当に難しいことですね。プロバイヤーに負けない選定センスが求められ、ここが輸入転売で成功するかどうかの分岐点になってしまいます。

「輸入ビジネスで簡単に月収100万円儲ける」なんていうホームページやハウツー本がいっぱいありますが、確かに不可能ではないと思いますが、だれでも出来るというものはないのだな~と痛感しますね。上手くやれば確かに儲かるな、という可能性は今でも感じますが、何も考えずに利益を出せるほど甘い世界でもありません。白ロム転売も同じですが、世間がイメージしているほど簡単にお金が作り出せるものではないのですね。


ebayはどんな商品をみても大体安いです。日本メーカーの作っているものは日本で買うより高いですけどね(笑) ショッピングモールとしてはさすがは世界トップクラスの繁栄をしているな、という印象です。

アマゾンで10000円で売っている商品がebayでは送料込みで8000円くらいで買えるものが多いです。でも、それではほとんど個人転売をしても利益にはならないです。普通に利用するなら2000円安いというのは大きなメリットですが、ヤフオクで9500円で落札されたとして、手数料が最低でも514円掛かり、この時点で1回の取引の利益は1000円足らずになってしまいます。それでも利益が出るなら大量に取引が出来れば良いですが、個人ではなかなか量をこなすのは大変です。

取引の手間を減らし、1度の取引で大きく儲けるとなるとブランド品や高級な家電などが次の候補になります。しかし高価なものを海外から仕入れるには資金と勇気が必要です。高額商品が破損していたりニセモノを購入してしまうなどのリスクが非常に高くなります(ebayには保証システムはありますけどね)。

高く売れれば儲けも大きいですが、売れ残れば損失も巨額になります。企業でやるなら一時的に赤字になっても、借金を一時的に作ってでも資金繰りをして売買を続けるのも良いですが、個人でそこまで根性を出してやるのは難しそうです。つまり、大きな失敗せずに続けていく算段がなければ参入が難しいということですね。


ド根性で薄利多売で勝負するのか、高級品を仕入れて一発勝負をするのか、誰も扱っていない穴場商品を見つけて勝負するのか、個人での輸入ビジネスはこの3パターンになるのでしょうか。もちろんどれか1つのスタイルを取らなくてはならないというものでもないので、全部を狙っていく人もいるでしょう。けれど、その労力は半端なものではないと思われます。


ebayにはネイティブのアメリカ人・イギリス人ばかりではないため、よくわからない英語表現が出てくることもあります。日常ではあまり使わないオークションならではの専門用語などもありますね。このあたりは慣れていけば気にならないのかもですが、なかなか難しい。

私も英語はそこまで得意というわけでもありませんが、同業者となら海外の方が相手でもかなり突っ込んだディスカッションが出来るくらいには喋れます。でも身振り手振りが使えない電話は苦手です(笑) ebayではネットでのやりとりなので基本的には英語は適度に読めれば翻訳サイトを使えば事足りますが、たくさんの商品をチェックし始めるといちいち単語レベルで検索していては疲れてしまいますね・・・。

価格だけを見るなら誰にでもできますが、それだけでは商品の詳細を見落としたり、取引の重要情報を見逃したりしてしまうこともあるでしょう。

私の実例としては、パソコンのワイヤレスマウスがとても安く、仕入れてみようかな~と考えながら詳細を読んでみると、実はそれは新品ではなく「Refurbished」=再整備品だったということがありました。コンディショはNewで検索していたのですが、再整備品が混じっていたのです。日本での価格が1万円以上の商品がebayで4000円くらいだったので少し疑って読んではいたのですが、あそこで気付かなかったら買ってしまったかも、と思うとゾッとします。


さて、思いついたままに書き殴ってきましたが、現時点で私自身の興味のある分野・資金状況・売買経験からの感覚でebay輸出入ビジネスを考えると、以下のようにまとめられます。

・個人の副業、個人事業ビジネスとしても十分参入の余地はある
・取り扱いたい商品ジャンルの知識は無くてもなんとかなるが、知識があれば利益を出せる商品を見つけられる
・スマホだけ、とジャンルを絞ってしまうと難しい
・スマホ関連グッズはやりやすそうだが、ライバル多し
・日本では見たこともない商品がたくさんあって、見ているのは面白い

・ビジネスとしてのリスクは取り扱う商品によって大きく異なる
・短時間に大きな利益を出すには投資をするか、薄利多売で時間を消費する
・英語はできなくても取引できるが、ある程度慣れないと効率的な仕入れに支障がある


なんだかたくさん書いたような気もしますが、まだまだここには書いていない輸出入ビジネスのコツや、気をつけなければならない点もあることでしょう。販売先はヤフオクかアマゾン、個人でショッピングサイトを作るという方法もあります。輸入先にしてもebayだけではなく、海外のAmazonやショッピングサイトを使うという手もあるでしょう。まだまだ勉強しなければならないことは多そうです ^^;

ebay転売で上手く小遣い稼ぎが出来るように、引き続き勉強をして経験を積んでいきたいと思います。



by ke-onblog | 2014-10-21 23:12 | ebay | Comments(5)
いつまでたってもmineoはiOS8対応発表しないな~と気にはなっていましたが、結局ダメでしたか・・・。

auのネットワーク回線を利用したMVNOを展開するケイ・オプティコムのサービス「mineo」では、iOS8, iOS8.1など最新のバージョンにアップデートした歴代iPhoneおよびiPhone6/6Plusの対応が事実上不可能であることを公式に発表しました。

ヤフーのトップニュースにも出ており、大きく注目を集めています。

☆「mineo iOS 8およびiOS 8.1での利用不可のお知らせ

これはmineoにとって致命的と言ってもいい残念仕様になってしまいました。もちろん他のAndroidスマホでは使えるのでサービス終了ってことではないですが、やっぱりiPhoneユーザーで格安SIMを使いたかった人も多いのではないでしょうか。

特にツラいのはmineoで使うことを目的にau版のiOS8以降にアップデートしたiPhone白ロムを買ってしまった人でしょう。auの通常回線契約を行えば普通に使えるはずですが、そういう問題ではないですよね。。。

ケイ・オプティコムとしては構成プロファイルでどうにかしようと頑張っていたようですが、もう今後は対応検討も打ち切るようなことが書いてありますね。Apple社に対して使えるように要望を出す、ともありますが、果たしてどうなのでしょうか。

アップルとしては端末さえ売れればどうでもいい気もするので、何らかの対応で使えるようになることもありえなくはないのでしょうか。素人の私にはそのあたりの事情はよく判りませんけども。


今日のこの発表を受けて、白ロム転売業界にも影響がありそうなので注意が必要です。au版のiPhone6, 6+はMVNOでは使えないことがはっきりとオープンになってしまったので、格安SIM運用を期待していた人の需要が急激に減るでしょう。

auのスマホ白ロムはmineoのサービス開始と同時に相場が値上がりした過去がありますので、mineoが使えないとわかった今、iPhone6およびiOS8にアップデートされた旧iPhone, iPadの白ロムの価値が下がってしまいそう。

もしかしたら意外と早くアップルが対応してmineoでも使えるようになるのかもしれませんし、売買は慎重に動いたほうが良さそうですね。

ソフトバンクにはもとから格安SIMサービスはまだありませんし、今後白ロム需要はドコモ・SIMフリー版に集中しそうです。




by ke-onblog | 2014-10-21 17:20 | 白ロム転売法 | Comments(20)