白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2014年 12月 ( 96 )   > この月の画像一覧

お~、ついにワイモバイル版のNexus6が来ましたね!

先ほど4日の10時からオンラインサイトでブラック(ダークブルー)の先行予約が始まっています。ホワイトはまだです。数量限定での受け付けで、規定台数に達し次第終了するとのこと。

☆「ワイモバイル

先行予約分で購入すると、初回入荷分では最短で発売日に届くそうです。

価格は16GBで69600円、64GBで79200円(それぞれ税抜き)でMNPだと月サポ(ワイモバは月額割引、というのですね)が540円付きます。2年間で12960円分の割引なので、Google PlayでSIMフリーの端末だけを買うより1.3万円弱安いですね~(定価自体は消費税を入れるとほぼ一緒)。

オンラインショップでは新規・機種変、他キャリアからのMNP分の予約が可能ですが、SB,ディズニーモバイルからのMNPは店頭のみでの受け付けだそうです。

予約は1人1台限りです。海外ではプレミアが付いたNexus6をいち早く手に入れる場合には予約は必須になりそうです。予約は発売日前日まで受け付けられるそうですが、それまでに終わっちゃいそうですね~

ワイモバイル回線では月額維持の最安値は2980円のプランSとなるので、本体一括払いなら月額維持費は2440円~。分割にすれば本体が毎月約+2900円/24回の負担になると思われます。


Nexus6は旧モデルのNexus5に比べてかなり販売価格が高いのでワイモバイル回線とセットで割安感が出るのは戦略として良いですね。新規一括0円で入手するには今しばらく時間が掛かりそうですが、今後のセール情報にも期待ですね。


by ke-onblog | 2014-12-04 12:39 | スマホニュース | Comments(2)
これはちょっと安いかも。この価格でのSIMフリー機種はかなり珍しいとですね。

格安スマホで有名になってきたfreetel(フリーテル)が発売しているLTEモデルの5インチスマホをイオシスが安売りしています。

☆「イオシス フリーテル LTE XM FT142D




この端末はアマ○ンでも売っているのですが、定価は 32,184円、現在の価格も3万円弱です。イオシスの方が1万円くらい安いです。

ドコモのXi、ドコモ系列の格安SIMで使えますので人気も高いですね。イオシスで買ってアマ○ンに転売・・・はちょっと利益が少なすぎ?かもですが、そのくらい安いです。ヨドバシでは31860円、楽天でも3万円前後。

メイン機種として使うには少々物足りないスペックかもしれませんが、格安SIM用なら十分でしょう。2万円で買えるSIMフリーLTE対応機種は少ないので、コストを抑えたい方は購入検討してみる価値があると思います。

5インチ(1280x720ピクセル)、CPU 1.2GHzクアッドコア、RAM 1GB, ROM 16GB,バッテリー容量2300mAh、本体重量132グラムです。



by ke-onblog | 2014-12-03 22:01 | キャンペーン情報 | Comments(1)
先の11月末で携帯電話キャリアによる各種キャンペーンが終了しましたが、12月に入ってから始まっているキャンペーンもいくつかあるようですので、情報をまとめておきます。

*公式サイトに出ていたものを記録用に拾ってきただけです。現在開催中の全てを網羅しているわけではないので、詳しい情報は公式ページで確認して下さい。

<ドコモ>

☆下取りプログラム

9月~11月までやっていた機種下取りの劣化版。これはむしろ今までをよく頑張っていたと評価するべきところでしょうか。各機種を下取りに出して貰えるポイント・割引は先月までより下がっています。最大はXperiaZ2 SO-03Fの28,080円。

新規やMNP・機種変で利用の可否、自社のiPhoneは対象外などの制限もついたので注意が必要です。

☆オンラインショップご愛顧感謝キャンペーン/ 11.29~2015.1.12まで

抽選でキャッシュバック還元があったり、日替わりセールがあったり。目玉商品は29日に販売されたSO-04E ミクスペリアが5400円(または10800円)でした。

☆U25スマホ&タブ割/ ~2015.1.12

2014年冬春モデルの「G」が付くモデルで契約者が25歳以下の場合、月サポが最大10,368円アップ。

<au>

☆家族スマ得!キャンペーンPlus U 25/ 12.1~2015.3.31まで


2台以上の同時購入で新規・MNPで8000円、機種変3000円のau Walletチャージ還元。対象が25才以下だと2000円増額。

☆機種変更 下取りプログラム/ 12.31まで

価格を改定して12月も継続中。iPhone5s 64GBで25000円分です。新規、MNPは対象外になりました(auにかえる割Plusが11月末で終了)。

☆Plus 2GB キャンペーン/ ~2015.3.31

5GB以上のデータプラン加入で2GB分通信量上限がアップ。

☆ビデオパスを楽しもうキャンペーン/ ~2015.3.31

ビデオパス新規加入で562円相当の割引(オンラインショップでの購入は対象外)。

<ソフトバンク>

☆のりかえ下取りプログラム / 12.31まで

SBでも割引率を下げて12月末まで継続。最大で22560円分。

☆ホワイトプラン、BB割、Tabletセット割 / 期限延長

11月で終了とされていた各種旧プランが期限未定で延長されました。

<ワイモバイル>

☆「音声SIMにMNPで10000円キャッシュバック」

これは前からあったかな?2980円からのスマホプランに加入することでSIMカードのみでのMNP契約がCB対象になっています。

☆「PHS CRESTIA 402KC、LIBERIO 401KC セット割に追加」

11月から行われているPHSの複数台同時購入で3年分の基本料金が無料になるキャンペーンに、新機種の402KCと401KCが追加。


気になったキャンペーンは大体こんなところです。新しく始まったキャンペーンもありますが、それほど奇抜なものはありませんね。auでは25才以下の学生さんに有利なキャンペーンが増えています。家族で若い方がいる場合には名義を絡ませて複数台購入をすると大きなキャッシュバックが狙えそう。

これまでと似たキャンペーンでも適用条件が変更されていることも有りますので、キャンペーンの利用を前提に割引額・維持費を試算する場合は改めて確認をしてみましょう。




by ke-onblog | 2014-12-03 21:32 | 白ロム転売法 | Comments(0)
昨日からすでに販売が開始されていますが、ドコモのオンラインショップ6周年記念でご愛顧セールに2013年モデルのXperiaスマホ Xperia A SO-04Eが新規・MNP、10年以上契約中からの機種変で5400円、通常機種変で10800円という特価で販売中です。

先日はコラボモデルのミクスペリアの話題で盛り上がりましたが、通常モデルのSO-04Eはどうなのかな?という検討をしてみましょう。


XperiaA SO-04Eの通常価格は80,352円と非常に高いお値段で販売されていましたので、新規で5400円ならば軽く9割を超える割引率です。いくら1年前のモデルとはいえ、ちょっと安くなりすぎって感じます。

しかしながら、ぱっと見の価格は確かに安いのですが、通常のパケットプランや通話し放題プランなどに加入して適用された「月々サポート」がドコモのオンラインショップ割対象機種にはありません。つまり、本体価格は安くても、通信料・通話料など基本料金に掛かる費用をダイレクトに負担しなければなりません。

言うなれば、2年間の利用を前提にするなら「実質負担5400円」という通常販売と変わらないのです。

新規ではまだ厳しいですが、MNPなら同じディスプレイサイズの最新機種XperiaZ3 compact SO-02GでもU25割などを使えば実質0円なわけです。無論、SO-02GとSO-04Eでは性能に大きな開きがあります。

また、XperiaA SO-04EのOSのアップデートはAndroid 4.1→4.2で終わっています。現在の主要モデルに搭載された4.4(kitkat)や最新のAndroid 5.0(Lollipop)など望むべくもなさそう(グローバルモデルは5.0へアップデートされる予定があります)。

といっても、SO-04Eが使い物にならないほどスペックが低いというわけでは決してありません。CPUは1.5GHzのクアッドコアですし、RAM2GB, 電池も2300mAhと格安スマホとして売られている低性能モデルよりは上のはずです。大概のアプリはスムーズに動くはずですし、モデルとしての評価も悪くないです(発売直後はいろいろと不具合もありましたが、ソフトウェアアップデートが複数回提供されており、今では不具合も少なく使えるはず)。


XperiaAの白ロム相場としては、これまでは未使用品でオークションなら3万円前後で取引されていたようです。ミクモデルは以前は5万円以上の価格が付きましたが、セール開始後はそれはもう・・・

SO-04Eは昨日12月2日にブラック、3日、4日と1色ずつ販売される予定です(6日に予定されていたホワイトの販売スケジュールは現時点では未定になりました)。かなりの数が販売されそうですので、端末を転がす目的で手に入れる場合は、取引相場の下落に注意が必要です。


一方、プランをオンラインショップ割が適用されるプランに変更しても構わない(或いはすでに利用中)という方が機種変更でSO-04Eを手に入れる場合はお買い得とも言えます。先程も書いたように端末自体は白ロムでも3万円前後します。契約期間が10年未満だったとしても1万円でSO-04Eが買えるというのはよくよく考えれば高いわけではありませんので。現在SO-04Eよりも古い機種を使っているドコモユーザーさんはこの機会に取り替えておくのも悪くないでしょう。

さらに、ドコモの旧プランから変えたくないけど新しい機種にしたいという方は白ロムを狙うチャンスが来ます。どうでしょうか・・・来週くらいにはこれまでの相場より2,3割は安く買えるようになると予想されます。具体的には2万円台前半くらいまで下がるかと思われます(そこまで行くと下がりすぎな気もしますけど)。

ドコモのLTE対応モデルのスマホ白ロムは高値で取引が続く機種が多いですので、現在セール対象になっているモデルをセール日時から2~3日後にヤフオクで探してみることをオススメします。


ということで、ダラダラと書いてしまいましたがまとめとしては、

・本体転売だけのために買うには魅力が少ない(売買相場の下落が予想される)
・SO-04E自体の性能は最新機能に拘らなければ妥協できるレベル
・古いモデルから機種変更するならお得感がありそう
・プランを変えたくないなら後の白ロム販売品を狙う

こんなところです。昨日のブラックは何時売り切れたのかチェックしていませんでしたが、1晩は保ちませんでした。もし購入を検討するなら早い内に決めておきましょう。


by ke-onblog | 2014-12-03 10:44 | キャンペーン情報 | Comments(4)
12月1日、レンタルショップで有名なツタヤ(TSUTAYA)が新しくスマホ事業に参戦するために「CCCモバイル」という企業を立ち上げました。これはなかなか面白いことになりそうですね。

今となっては異業種が「スマホ事業」に参加するのは珍しくもないと思われるかも知れませんが、CCCモバイルの場合は単なる格安SIMサービスに参戦するというだけでなく、同時に中古パソコンショップとして有名?なイオシスが資本・業務提携をしている点に注目です。


イオシスはこのサイトでも激安の中古パソコン情報を何度もお伝えしたことがありますが、あんな感じで質はとにかく、そこそこ使えるものを価格破壊的な値段で提供するのが得意なショップです。中古や新品のスマホ、携帯電話の販売もやっていますね。SIMフリーのiPhone6/6+を定価を超える高値で買い取っていたことも記憶に新しいです。

今は売っていないと思いますが、過去にはiPhoneそっくりな「ioPhone」というパクりAndroidスマホを販売していたこともあり、スマホ本体の販売のノウハウは十分に持っているでしょう。こうやって企業が大きくなっていくと、ああいったジョーク系機種はもう出せないと思いますが(笑) あれは訴えられるレベルでしょうし。


まだ昨日の発表ではどこのMVNOになるのかまでは言及されていないのかな?おそらくドコモ系列になると思いますが、他社に負けないプランで追随するとしていますので、それなりに期待できそうです。

格安SIMサービスを提供するサービスではZenfoneのASUSやLG,ファーウェイ、あとは一般人は聞いたこともないような中華SIMフリースマホをセットにしていますが、ツタヤもそういった海外メーカー製の安価なスマホを用意してくると思われます。

既存の端末では本体価格も通信料も似たようなレベルでの争いとなることが多いですので、是非ツタヤには一歩先をゆくプラン・端末を出して格安スマホ業界をリードしていって欲しいですね。そして他社がさらに追いかけて値下げ競争が加速すればユーザーとしては歓迎です。

企業としてはシンプルな構造を目指すということで、誰にでも判りやすい契約が期待できそうです。最近は判りやすい料金プランを重視したはずの格安SIMでも、限定割引キャンペーンなどで若干複雑になりがちですからね。


本格的な事業のスタートは来年春以降みたいですね。まだどこのMVNOかも決めてないようなので、すぐにツタヤでスマホが買えるようになるというわけでは無さそうですが、これまでにない新しいサービスの開始を期待しておきましょう。


by ke-onblog | 2014-12-02 03:09 | スマホニュース | Comments(0)
今年も残すところわずか1ヶ月となり、携帯の激安案件が年間で2番めに出やすい12月がやってきました(1番は3月の年度末です)。

例年であればクリスマスシーズンと冬休み、年末年始に向けて携帯電話・スマートフォンを買い換える方が増えるため、ショップは安売りを始める頃合いです。月日だけでなくモデルチェンジ時期での安売りもあるため一概に12月や3月が最高の時期というわけでもないのですが、お得な案件が増えることは間違いないでしょう。

ドコモでは先日からオンラインショップで大規模な記念セールもやっていますね。11月まではどちらかと言えばau、ソフトバンクの安売り案件に押され気味なドコモでしたが現在のセールは目玉商品もあり、話題になっています。

au、SBではこの時期限定のセールというものは今のところ情報は私は把握していませんが、iPhone5c,5sや旧モデルのスマホ機種が大きなキャッシュバック付きですでに配られており、今月はさらにCB上積みも期待できると思います。

そしてワイモバイルでは今月Nexus6が登場するはずですので、MNPでもいいから一括0円来ないかな~と期待もしています。去年はこの時期にNexus5の純新規一括0円が出ましたから。

安売りが期待できる(期待したい)機種としては、在庫が増え始めたiPhone6, iPhone 6 Plus、3キャリア出揃ったXperiaZ3あたりです。どちらも人気機種なので値引きが始まるまでにちょっと時間がかかると予想していましたが、12月末は値下がり始める良いタイミングなのではないでしょうか。


今月中に回線を動かしたい方は先月までの相場を念頭に置きながら、割引率の増大・CBの増量・契約条件の緩和(維持費・初期費用の軽減)をチェックしていきましょう。


年末年始といえば、1月に入ったお正月時期も買いやすいような気がしますが、携帯ショップに関してはあまり年始のセール(初売り)は見かけません。年度末とお正月を比べるというより、【月末 vs.月初め】の差で12月の方が有利なように感じます。

例えば今年2014年1月の日記を見返してみると、「携帯キャリア各社のオンラインショップ初売りキャンペーン情報」と書いてますが、今見返しても大したキャンペーンはありませんでした。2013年も特に何も日記には書いてませんね(2013年頃は今のように転売できるほどのキャンペーンがゴロゴロあったわけでもないです)。

お正月に粗品程度なら配っているショップはあると思いますが、お正月というシーズンによるメリットはそんなところです。もちろん安いセールが出ないとも限りませんが、お正月はどこも混雑しますし、やるべきことは今年中に終わらせて、年始はゆっくりするのが宜しいのではないでしょうか(笑)


ということで今後の戦略としては、

12月上旬~ 先月までとの案件比較・様子見
12月中旬~下旬 歳末セールを狙う
12月月末 激安案件のピークを狙う
2015年1月 携帯情報よりは福袋案件を狙う

こんなところでどうでしょうか。私は今年は1台Macが欲しいな~なんて思っていますので、アップルストアのLucky Bagにチャレンジするのもいいかなと計画を立てています(毎年計画倒れですけども)。

12月は仕事もイベントも忙しいと思いますので、計画的に行動したいものです。携帯契約のスケジュールはもちろんのこと、売買するときにも白ロムショップが長期休暇になっていたり(特に買取査定を休止するところが多いです)、ヤフオクの出品・入札が増える時期でもあります。

前年のような動きをするのか、それともまた違った戦略をショップが取ってくる可能性もあります。年末で安売りされる機種の相場変動にもついていけるように情報収集はしっかりとしておくのが良いと思います。




by ke-onblog | 2014-12-01 04:14 | 白ロム転売法 | Comments(0)