白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2014年 12月 ( 96 )   > この月の画像一覧

完全にネタ扱いになってしまいましたね~。

昨日のニュースで見た方も、実際に購入に行かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、東京駅で限定販売された記念Suicaが暴騰しています。

iPhone6,6Plusの時もそうでしたが、今回の100周年Suicaの行列も警察沙汰になるまでに・・・。本当にここは日本なのか、と。

マナーやモラルについてとやかく言うつもりはありませんが、行列に並んでいたのはコアな鉄道ファンか転売屋がほとんどだったのでしょう。オークションが凄いことになっています(笑)

なんだろう、某掲示板かどこかでネタにされているのでしょうか?(笑) いくつかの出品に対して明らかにいたずらレベルで入札が繰り返されています。
d0262326_8584227.png


ヤフオクってこんな金額まで入札できるんですね~。これってもともといくらで売っていたんでしたっけ?

普通に落札されたっぽいものでも3~5万円程度の値がついています。100万円以上で落札されているものもいっぱいあるようですが。

あまりの混雑で販売が安全に行えなくなったとして、JRは途中で販売を打ち切ったのですよね。せっかく並んでいた人たちはやはり残念だったでしょうし、中には交通費を払って遠くから来た人だっていたでしょう。

Suicaカードの転売が(法的に)可能なのかどうかはよく知りませんが、このSuicaの限定販売はこうなることは予想できる範囲ですよね~。販売中止や転売されていることもニュースで話題になっているようなので、イタズラ入札にも拍車が掛かっているようです。

購入したくて買えなかった方のお怒りも判りますが、一応ヤフオクのいたずら入札は犯罪になります。購入意思のない入札をして逮捕された事例もありますので、面白半分では参加されないことをおすすめします。

参考:ヤフオク!護身術 > 許さない! 悪質な入札、注文
by ke-onblog | 2014-12-21 09:07 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(4)
ドコモでXperiaZ3 compactが凄いことになってますね~。美味しそうな案件がゴロゴロと。

ここ1週間ほど、ドコモのみから発売されているXperiaZシリーズのコンパクトモデルとなるSO-02Gが大幅に値下げをされており、MNPで本体無料のキャッシュバック付き投げ売り案件が急増しています。

本体が安く買えるのは大変結構なのですが、白ロムとしての価値暴落も進んでいますね・・・。まぁこれは避けて通れない宿命のようなものです。

本体が安い場合はキャッシュバックでひたすら大きな案件を狙うのもありですし、他機種であまり安売りされていないモデルと組み合わせていくという戦略もあります。

対象ショップ:「もしもんメジロダイアン店

ちょっと条件がありますが、ドコモへの2回線MNPとしてXperia Z3 compact SO-02GとiPhone6(広告には書いてないですがたぶん16GBでしょう)セットで本体一括0円にキャッシュバック30000円で投げ売られています。

ドコモのiPhoneはなかなか安売りされていませんので、Z3Cを自分用に使ってiPhoneを白ロムとして転がすという使い方が出来そうです。ドコモ版のiPhone6ならオークションで6万は固いです。

ただ、キャッシュバックの最大額に達するためにはおかえり割かつコンテンツ20個コースが必要です。プランもおそらくある程度のデータパック以上という指定があるはずなので、キャッシュバックをもらうまでの維持費はそれなりに掛かるでしょう。

すでにXperiaZ3 compactの投げ売りが始まって数日経っていますでの、やや白ロム転売のターゲットとしては旬を過ぎていますが、絡め手を使っていけば面白い案件が見つかることも多いでしょう。単にCBの金額だけに踊らされず、いろんな組み合わせや条件を検討して最良の案件を見つけ出してみて下さい。



by ke-onblog | 2014-12-20 15:39 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ソフトバンクでは初めてのAndroidタブレットでもある「GALAXY Tab 4」が早くも新規一括0円で出ていますね~。

例年の流れから12月の案件は優れたものが多いことはわかっていましたが、今週は本当に面白い案件が多いですね。ちょっと気合を入れて情報収集していきましょう。

MNPとのセットですが、キャッシュバックもかなり盛られたGALAXY Tab4の案件が土日限定でセールになっています。

対象ショップ:「 ジョイネット富里店

このショップではソフトバンクへのMNPで2回線分iPhone5sを契約、さらにGALAXY Tab4を新規契約の3台同時購入ですべて一括0円、キャッシュバックも巨額な80000円が付きます。

MNP2発でキャッシュバック8万というのも大きいですし、その対象機種も5sとは。

ギャラタブの方は元の定価が35,280円ですのでそこまで大きな割引感ではないですが、新規0円で追加できるのは良いです。3年契約のタブレット割に入ればサポートで実質0円の月月割も利くはずです。


今はタブレット端末だとドコモのXperiaZ2 Tablet SO-05F, au用のSOT21,ドコモのARROWS Tab F-03Gもセットなら新規一括0円案件があるっぽいです。

いずれもスマホのMNPキャッシュバックが大きな機種とのセットで割引額をタブレットの代金に充てているパターンですが、ほしい機種がある場合は今週末は良い案件が出ている可能性がありますので探してみると良いでしょう。




by ke-onblog | 2014-12-20 12:30 | キャンペーン情報 | Comments(2)
先日は楽天でAscend Mate7が格安で売られているという情報をお伝えしましたが、今度はソネット(So-net)がセット販売+キャッシュバックで対抗してきました。

ソネットでは格安SIMのMVNO「So-net モバイル LTE」をやっていますが、それとの端末セットでキャンペーンが適用されるというものですね。

☆「LTE SIM+スマホセット4980

前回調べた時にはキャッシュバックが1万円だったのですが、12月31日まで1.5万に増額されています。

楽天での価格は「楽天でAscend Mate7が安い 格安スマホ祭 SIMセット限定」で紹介したようにSIMセットで44800円でした。この時点で端末のみの価格は4万円ちょいということになります。

ソネットでは端末の一括価格が58000円に設定されており、そのままでは高いんです。しかし、普通のキャリア契約のように月サポが付き、その額は毎月-811円×36ヶ月分です。

811円×36回=29196円の割引と期間限定のキャッシュバック15000円分で合計44196円となり、本体代金は実質13,804円まで下がります。

プランの方はドコモのLTE通信量上限なし、音声付きで月額4180円のものになります。ネットをたっぷり行いたい人向けのプランしか選べないので気をつけて下さい。格安スマホらしい1000円くらいの安上がりなプランは選べません。

4980円スマホというのはこの4180円のプランと分割代金をプラスし、月サポを引いた維持費が4980円という意味です。本体は一括払いでも買え、その場合もサポートは付きます。

通信量無制限のプランは他社ではぷららのMVNOで3Mbps速度限定2980円のプランがあります。こちらは音声通話は付けられないので、090や080発信がしたい通常回線としての利用に向いています。格安SIMの音声オプションは通常700円前後くらいで追加できることが多いので、LTEによる無制限で4180円というソネットの設定は妥当なところでしょうか。

b-mobileは2780円(税別)で音声プラン+無制限LTEプランがあります。ソネットのプランはこれに近いです。2年間の維持料金を比較すると、

・b-mobile 2780円×24ヶ月 = 66720円
・So-net Mate7セット 4980円×24ヶ月= 119520円

これだけ見るとb-mobileの方が安いですが、Ascend Mate7を単体で手に入れるには最低5万は掛かります。さらに現在のキャッシュバックキャンペーン15000円を考慮すると、

・b-mobile維持費 66720円+端末5万円 = 116720円
・ソネット 119520円 -CB 15000円分 = 104520円

という感じで逆転出来ます。ただ、36ヶ月使い続けると再度b-mobileに逆転されるんですけどね(笑)

24ヶ月時点で端末残金が19140円くらいのはずですから、それを入れるとやっぱりまだb-mobileの方が有利(端末が5万円で手に入ることが前提)。

ここまでではソネットでセット購入するメリットが少ないですが、ソネットのプランには「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」がついています。これが最後の砦。

このセキュリティソフトの通常利用料金は月額500円ですので、2年分(初月無料だとして)で11500円が普通は掛かりますが、これも4980円スマホの場合には含まれているということになります。

ここまで考慮するとb-mobileで無制限プランSIMを購入し、端末を自分で仕入れ、セキュリティソフトを付けた場合とほぼ同じ料金になりますね。ソネットではこれがセットで買えるので、料金的なお得さはあまりありませんが、楽であるのは間違いないでしょう(ただしソネットには1日360MBの上限があります。b-mobileは制限しないとは言っていませんが、これの制限はありません)。

というかそもそも比較対象のb-mobileの無制限プランが現状では抜きん出ていますので、これに対抗できるというキャンペーン内容だとは言えます。

通信上限無しでAscend Mate7を通話付きで運用したい場合にはこのセットは有利です。月に2GBで十分、通話要らないという方は下記の楽天ショップの方が断然安く維持できます(セールは25日まで)。

☆「楽天 NTTコムストア Ascend Mate7




by ke-onblog | 2014-12-20 11:31 | キャンペーン情報 | Comments(0)
何度も中古パソコン情報をお伝えしているイオシスに、今度は新品パソコンでちょっと気になるアイテムが入荷しています。

☆「イオシス

たぶんアウトレット品的な扱いになると思うのですが、発売は1年ほど前ですが今もLenovoで扱われている現役モデルのUltrabook「Think Pad X240」のSSD 128GB搭載モデルが69800円(税込み)で出ています。





新品ではあるのですが、保証書が付かないとのこと。どこから手に入れてきたんだ?ッて感じですが、この価格はアマゾンの中古最安値よりもさらに1万円以上安いと思います。

レノボの公式サイトで販売されている価格はエントリーモデルでも8万円です。ここにCPUをCore i5 4300U(1.9GHz)にすると+9720円、OSのダウングレードが+10800円、メモリ4GBへの増量 +2160円、SSD 128GBへの変更+6480円です。これだけのカスタマイズで余裕の10万円超。

それが税込み6万円台。。。ちょっと古いとはいえCPUはHaswell系ですし 、カスタマイズによって底上げされたスペックもPC中級者以上でも十分普段使いが出来るレベルではないでしょうか。

購入店保証書はありませんが、シリアルNoはあるのでメーカー保証は受けられるとのことです。

OSがWindows7 プロフェッショナルに落とされていますが、これはアップデートも出来るんですかね?せっかくディスプレイがタッチパネルに対応しているので、個人的にはWindows8.1にした方が効率良く使えると思うんですが。

ウルトラブックなので本体は約1.45kgと軽量級。12.5インチのワイド液晶なので据え置きノートとしては小ぶりですが、モバイルPCとしては画面も大きく使いやすいでしょう。新品なのでバッテリーが消耗している心配もありません。。

何よりハードディスクがSSDに変えられていて7万円というノートパソコン自体が今は珍しいほどの低価格ぶり。

私は今はMacが欲しいな~と思っているので買おうとは思いませんが、Windowsノートを買う必要があったならコレを買ってたかも、という程度にオススメです。

在庫は現時点で60台以上もありますが、一般価格に比べて相当安いと思いますので売り切れには一応注意しておいて下さい。




by ke-onblog | 2014-12-20 09:05 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
今日からドコモのオンラインショップで富士通製のスマホやタブレットが限定割引に追加されていますね。割引率は5000~10000円とそれほど大きくはないのですが、公式の値下げは併売店や量販店への価格にも影響することがあるので要チェックです。

☆「ドコモ オンラインショップ期間限定値引キャンペーン

対象になっているのはタブレット機種のARROWS Tab F-03G(新規のみ) 5000円引き、ルータHW-01FとL-02Fが10000円引き(新規のみ)、ARROWS NX F-02Gとらくらくスマートフォン3(F-06F)が1万円引きです(FOMAからの機種変更のみ)。

今回の限定割りではMNPは対象外になってますね。なので激安店などで探す時にも同じ条件だけで割引が実施されている可能性があるので気をつけて下さい。

ルーターはファーウェイとLG製ですが、あとは全部富士通製端末です。F-02GもF-03Gも最新機種のはずですが、売れ残っているのでしょうか(笑)

タブレットのF-03Gは10.5インチの防水タブレットとしてなかなか面白いですね。タブレットながら指紋認証機能もあるので、ビジネス向きという印象。公共の場で使う機会が多いとロック解除の手間が減らせるのは大きなメリットです。

指紋でユーザーの切り替えも出来るんでしたっけ。それならファミリーで共有する端末としても便利ですね。

オンラインショップの定価は93,312円と超高かったですが、月サポの価格も増額されてキャンペーンをかけ合わせると新規でも機種変更でも実質0円近くまで落とせるので、白ロムが今後ちょっと安くなりそう。

ARROWS Tabは性能は高いのにXperiaZ Tabletに比べて安くなりやすいので、欲しい方はセール情報をチェックしておく価値があります。スマホのように一括0円で買えたりする類のものではないのですが、大きな月サポを維持してタブレット運用をするには悪くない機種のはずです。




by ke-onblog | 2014-12-19 19:28 | キャンペーン情報 | Comments(0)
なんだか懐かしささえ覚える、10万円超のキャッシュバック案件がネット上にあふれるこの状況。各ショップ、年末に向けて飛ばしてますね~

携帯ショップ系は年末年始も営業している店舗もあると思いますので、まだ今週末がオーラスというわけではないはずですが、最近では見ないレベルの大型キャッシュバック案件も出てきていますね。

本日は19日で金曜日なわけですが、今週末向け案件は今日のうちから出てきています。12月中に携帯の回線を動かそうと思っている方は、セール情報の最終選定をスタートさせて良い頃合いです。


キャッシュバックが特に盛り上がっている一例として、ソフトバンクのiPhone5sの投げ売りが活性化している模様です。単品MNP一括0円も当たり前、複数台でキャッシュバック額が大台に乗る案件もボロボロと出てきます。

たとえば、

対象ショップ:「携帯の王様自由が丘

こちらは都内目黒区にある携帯販売店ですが、ソフトバンクへのiPhone5s 3台同時MNP契約で本体一括0円にキャッシュバックは135000円付きです。CBの払い戻しはすぐ貰えるわけではないと思いますが、年末・お正月で出費がかさむシーズンが終わった時の臨時収入として、10万円超は大きいですね~。

契約条件は新プランのデータ5GBパックが必須、オプション加入・家族割への加入も要ります。

他の機種でも安ければ良いですが、iPhoneシリーズは本体の転売がし易いですからね。さすがにこの調子で安売りが続いてしまうとまた相場が崩れそうですが、そこそこ安定した価格で今でも売れます。場合によってはすぐ端末は手放さず、相場が戻ってくるのを待つという戦略もあります。

iPhone5sだけでなく、5cやiPhone6, 6 Plusを絡めた複数台MNP案件も見られますね。その時の売買相場を考慮して売る端末・残す端末を選びながら、どのセットに弾を撃ち込むか検討する必要があります。キャッシュバックが少なくても6/6+を選ぶのが良いのかも知れませんし、5cのみの複数台で最大CBを狙いに行くのも手でしょう。

先日は発達した低気圧のせいで全国各地大荒れの天気でしたが、週末は雨でも比較的暖かそうです。雪でスケジュールの変更を余儀なくされる地域は少ないと思いますが、冬休みも近くなってショップの混雑が予想されます。この時期に安売りされた携帯を狙うライバルも多いと思いますので、迅速な行動が出来るように準備しておきましょう(特に手放すまでの手順に抜かりが無いように。年末は白ロムの売買相場が荒れる可能性大です)。



by ke-onblog | 2014-12-19 16:35 | キャンペーン情報 | Comments(0)
昨晩ブログで日記を書いた内容について、興味を持たれた方が多かったようですので、もう少し詳しくそのお得感を考察してみます。

2014年後半に入ってから格安SIM、格安スマホと呼ばれるMVNOによる割安なデータ通信プランが値下げ競争を開始し、通常キャリアのデータパック料金よりも大幅に安いものが登場し出しています。

2014年12月時点での最安値クラスの標準は「月額1000円以下で2GB」だと考えて良いと思います。多くのMVNOがこれにあわせて料金プランを設定しているはずです(いろいろオプション・特典もあるので一概には言えないのですが)。

2GBのプランがある各社の料金の一例を挙げてみますと、

@nifty 「NifMo」 2GB/ 900円
BIGLOBE LTE・3G 2GB/ 900円
hi-ho LTE typeD ミニマムスタート 2GB/933円
ワイヤレスゲート 2GB /853円(2015年1月から)
ビックカメラ BIC SIMicon ミニマムスタートプラン/ 2GB 900円
IIJmioエントリープラン 2GB/900円
OCN モバイル ONE データ通信専用SIM 2.0GB/月コース 2GB/900円

(料金は2014年12月19時点、税抜き表記に統一しています。)

見事なまでに料金は横並びです。この他に2GBで1500円~2000円くらいに設定しているところもありますが、1000円前後というのが今の流行です。


それでは本題の900円で3GBを利用できる裏技的?な運用方法ですが、3GBを利用するためにはイオンが12月から発売を開始したモバイルルーターとのセット販売回線を利用するのです。

icon
icon


ルーターとのセットについては昨日の記事「イオンルーターはひょっとして良案件?900円で3GB使える最強格安SIM回線」を参照して下さい。

イオンが提供するSIMカードは上記にも登場したIIJmioのものです。通常の料金プランであればやはり同じ料金の2GB 900円~となるのですが、現在はキャンペーン中で各プランのデータ通信量が1GB増量されるのです。キャンペーンの開催期間は特に設定されていないようです。

☆「イオンショップ

販売価格は上記イオンショップでNECのルーター「Aterm MR03LN」とSIMパッケージ込みで税抜き23,457円です。

ルーターも使いたい場合はそのままSIMとセットで運用すればOKですが、すでにLTEで使えるルーターは持っているという場合でも、未開封のままオークションやショップに売れば定価よりも多少の損は出ると思いますが、現状ではかなりの高値で売れます。SIMフリー機種ですから、分割払い中でも関係ありません(無論分割にしたなら残債は支払う必要があります。踏み倒すのは普通に犯罪ですので)。

1GBのプラン増量は2年間(24ヶ月)続くという太っ腹な設定です。利用開始月から3GBに増えていますので、初めから安心して使えます。


ここで3GBというデータ量の料金を考えてみますと、たとえば本家のIIJmioでは2GBプランに追加クーポンで500MBプランを2回追加すると、900円+1500円×2回=3900円も掛かります(こんな使い方をする人はあまりいないと思いますが・・・)。

IIJmioの4GBプランでは1520円で利用できますが、月々の維持費は+620円となり、24ヶ月で14880円の負担増です。3GBでは足りなくて4GBが欲しいという方は直接4GBのプランを選べば良いです。

さらに他社でau系のMVNOであるmineoではちょうど3GBのデータプランがあり、これは月額2330円もします(2015年2月から3GBプランは無くなり、4GBプラン1580円というものが始まります)。この裏ワザ回線の倍以上のお値段。

他に3GBを実現する案としてはU-mobile データ専用 ダブルフィックスプラン 1680円(1GB以下の場合は680円)というのもありました。このプランは使わない月の維持費を抑えられて私好みなのですが、常時2-3GB使うよ~という人はやっぱり裏ワザ回線のほうがお得だと思います。


3GBプランで900円は確かに現時点では最強クラスの格安回線であることは断言出来るのですが、この回線を作るには先述したように、モバイルルーターをセットで購入しなければなりません。セットで割り引かれてもな~という方も多いでしょう。

そして端末を売ったとしても、端末代金コストをそのまま全額取り戻すことは無理でしょう。オークションで買う側にすれば、通常価格よりも安いからこそ正規ルート以外から買うわけなので。

端末代金がイオンでは税込み20217円です。これは昨日の時点で価格.comの最安値よりも安かったです。とはいえ、やはりヤフオクでの相場はもう少し下です。

端末の売買で損益が大きくなりすぎると、わざわざこのイオンルーターセットを購入してまで3GBにアップさせたお得感が薄れるのは避けられません。

例えば、1年間だけ900円3GBプランを運用するのと4GBプラン1520円を1年運用するのでは7440円分の差額しかありません。つまり、2万円で買ったルーターを1万3千円くらいで売り、1年間で3GBプランをやめてしまうくらいなら、最初からSIMだけ買って4GBプランに入っていた方が通信量も多くて手っ取り早かった、となってしまいます。

3GBで900円というプランは現在では破格なのですが、今後の料金プランがどうなっていくのかは判りません。どんどんMVNOの料金プランは安くなっていく傾向にあるので、これが来年のスタンダードのなることもあるかもしれません。


このお得感をどう判断するのかは「ルーター本体の転売価格」と「3GBという容量が必要か」、そして「すぐに、ある程度長い期間使いたいのか」に掛かっています。本体を自分で使い、2年間きっちり使いたいという方には相当お得であるとは思います。

MVNOの選び方は人それぞれの利用目的によって最適なプランが違います。格安SIMプランはいっぱいありますので、上記のイオンルータープランがご自身に合っているのか、もっと良い運用方法は無いのかとじっくり検討してみるのが良いでしょう。


イオンのスマホはシンプルな使い方にあったものが多いのですが、このルータープランはやや変則的な使い方をするとお得感がある、という意味でとても興味深いものでした。MVNO、奥が深いです。

イオンショップ

by ke-onblog | 2014-12-19 08:21 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
先週からショッピングセンターのイオンで販売されているというルーターと格安SIMのセットがあるのですが、よく料金プランを見るとお得になっているのですね。どうせ初心者向けの端末・プランだろうから・・・とよく見ていなかったのですが、これは上手く使えるのではないかと。

もう気付いている人もいるのかも知れませんが、私はつい先程思い至りましたので、少々解説をしてみたいと思います。
icon
icon

端末はNECのルーターと、IIJmioの格安SIMがパッケージングされたセットなのですが、それぞれを別々で買うよりも安いのです。

☆「イオンショップ

上記イオンショップで買えるのですが、ルータのAterm MR03LNは税込みで20,217円、SIMプランは毎月3GBのLTE通信付き(上限を超えると200kbps)で972円です。

イオンショップでのパッケージの価格は税込み23,457円となっています。

まず端末なのですが、この機種は普通にアマゾンなどでも扱われているSIMフリー機種で、およそ2万円強で売っていますが、イオンの方が少しだけ安いです。価格ドットコムの最安値が20500円(12/18時点)になってますので、その点一つとっても最安値級といって良いでしょう(クレードルは別売りです)。

ルーター端末としても評価は悪くなく、WiFi接続で連続12時間使えるバッテリーの持ちも上々。アマゾンのレビューを見ると好評価なものが多いのが判ります。機種自体、2014年2月に発売されたもので古いものでもありません。

そしてデータプランの方ですが、IIJmioのエントリープランは通常税込み972円で2GBの通信が出来るのですが、このイオンルーターパックの場合はキャンペーンで3GB使えるんですよね。コレが凄いお得です。

IIJmioでクーポンカードで容量を1GB追加するには500MB×2回で3000円掛かります。千円以下のプランで3GB通信できる格安SIMは他には無いです(私の知る限りでは)。

それでですね、仮にルーターが要らない場合にはルーターを未使用のまま転売し、microSIMカードだけ手に入れて他のスマホで使えば972円のまま3GBの通信が出来る回線が手に入るということに。

IIJmioでは4GBで税抜き1540円というプランもありますので、単純にその間と考えても3GBプラン=1220円(税抜き)の価値があるのです(プランは容量が大きくなるほど通信量単価は安くなっているので、仮に今の相場で3GBプランが出たとしても、1220円以上でしょう)。高々320円の差ですが、2GBでは足りない&4GBは多いという需要を埋めてくれます。

1GBの増量は24ヶ月間続きます。2年後にデータプランの相場がどうなっているかは判りませんけどね。本体の料金は分割にすれば2年間の支払いになりますが、データプラン自体は最低契約期間は無いので900円3GBよりも魅力のあるプランが出て来る頃まで使っていればよいでしょう。

ルーターが不要で、ルーターの転売で多少差額が損だとしても3GBの格安SIMを手に入れるという目的で買うのもありだと思います。イオンのSIMがこんなにお得だとは、思いがけぬ良案件でした。

イオンショップ

by ke-onblog | 2014-12-18 16:11 | キャンペーン情報 | Comments(4)
新規一括0円ほどの見た目のインパクトはありませんが、よく考えるとこれも相当安いです。

サムスンの2014年夏モデルとして登場したGALAXY S5はドコモからSC-04F、auからはSCL23として売りだされました。ドコモ版は未だに安い案件を見かけませんが、au版は完全に投げ売り機種扱いです。

MNPなら一括0円に大きなキャッシュバック付き案件もありますが、新規案件でこのレベルの安さは他の機種ではあまり無いと思います。

対象ショップ:「ケータイショップNo.1京成大久保店

千葉にあるケータイショップNo.1の店舗です。

ここで1台のみの購入でGALAXY S5 SCL23が新規一括1万円也。販売情報にはこの価格で書いてあるだけですが、例えばauの家族スマ得キャンペーンを適用し、2台購入&25歳以下の名義を絡めてやると1台に付き10000円のキャッシュバックがあるはずなので、実質的に新規0円で買えることになりますね。

ただし、コンテンツやauオプションの数が多く、有料コンテンツ10コで2ヶ月分の維持費だけでも7000円掛かります(広告ページにこういうことをハッキリと買いてくれているのがこのショップの良いトコロ(笑))。

新規一括0円のスマホといえばどうしても旧イーモバイルのNexus5が頭をよぎるところですが、Nexus5は本体の価格は約4万円なのに対し、GALAXY S5はもともと7,8万円くらいしたわけで(今は48,600円に値下げされていますが)、単純な性能ならSCL23の方が上です。そんな機種が条件ありとはいえ新規一括1万円なのは安いといえば安いのでしょう。

ちなみにSCL23の白ロムの買取相場はかなり下がっており、2万円台から3万円弱ってところです。オークションに出しても4万円には届かないでしょう。

GALAXY S5は防水にも対応してますし性能は相当に高い機種なので、私なら売らずにこの機種をメインとして使っていくのもありかな、と思います。すでにauの白ロムを持っていて端末が不要というなら売却も良いですが、この性能の機種が3万円でしか売れないというのはちょっと勿体無いと思ってしまいます(逆の視点からすれば、白ロム購入は悪くないです)。

12月も折り返して後半にさしかかり、携帯ショップのセール案件も続々と出てきています。明らかに11月以前に比べて相場が良くなってきていますので、SCL23のみならず、いろんな機種の価格をチェックしながら物色して見て下さい。




by ke-onblog | 2014-12-18 15:23 | キャンペーン情報 | Comments(0)