白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 01月 ( 115 )   > この月の画像一覧

2月からのGMO系モバイル回線契約のキャンペーンが案内されています。1月よりキャッシュバックが増額されているものもありますね~。

31日分までの内容は「1月31日で終わるGMOのWiMAX,305ZTのキャンペーン特典一覧」としてまとめています。

*たぶん2月1日になるとキャンーンページが切り替わると思いますが、ホームページの案内が日付変更後どこでウェブページが更新されるか判らないので、案内内容を良くみてから申し込むか検討して下さいね。

キャッシュバックはW01,NAD11の2端末で増額されています。

☆「【GMOとくとくBB】WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン

昨日発売されたW01は23790円→27390円(数字が入れ替わっているだけなのでわかりづらいですね)にCBアップ。

NAD11はクレードル付きが売り切れていましたが在庫復活、CBは20790円→29000円へ大幅アップです。

キャッシュバックが増えたのはW01とNAD11だけですね。Wi-Fi WALKER HWD15は変わっていません。

WiMAX2+の現行プランでの無制限利用が可能なのは2月19日申し込み分までなので、特にNAD11で申し込みたい場合は早めに手続きを進めておくことをオススメします(ただ、NAD11はauのLTEエリア接続が出来ないので5月まで無料になっているLTEオプション特典は適用されません)。

サービス利用開始月はどのみち月額料金無料なので、キャンペーン期間自体は2月末までやっていますが月初めに申し込んだ方が長く無料期間が利用出来ます。

ドコモ光、ソフトバンク光などでネット維持費を安く出来なさそうで迷っている場合は、WiMAXを自宅回線が代わりに活用するのもアリだと思います。GMO系のWiMAX2+は月額3609円(CBを考慮した実質なら2千円台です)で使えます(端末も基本一括0円です)。


by ke-onblog | 2015-01-31 23:29 | キャンペーン情報 | Comments(0)
2015年3月3日からヤフオクの出品時ルールが少し変わるので、ヤフオクを利用して白ロム売買を行っている方は注意して下さい。

ヤフオクでは送料や手数料に関するルールを明確にし、安全な取引が出来るようにすることを目的として、いくつかのルールを追加しています。

☆「ヤフオク ご利用にあたっての注意改定のお知らせ

今後は落札額や送料以外の「梱包料」「手数料」「システム利用料」といった名目での料金の上乗せを禁止し、明確な送料に関する規定を設けるとのことです。

確かにたまに「本体100円(ただし送料一律5000円、梱包資材・手数料+5000円)」みたいな詐欺臭い出品がありますからねぇ。。。ヤフオクの利用手数料が「落札額」に対して決められることを悪用した手法なわけですが、これを今後規制するよ~ということですね。

現行ルールでも
商品の販売、落札価格に加えて輸送料や手数料などの名目で、社会通念上不適切な金額を追加費用として落札者に求めることを禁止します。
というようにルールはあるのですが、これに詳しい説明が追加されています。

白ロムの売買で少しだけ気になるのは、オプションとしてドコモのSIMロック解除を有料で請負う、というのをやっている人もいるのではないかなということです。

あくまでオプションとして商品説明文に明記しておき、手数料の必要以上の上乗せをしなければ良さそうにも思える(梱包料に関しても明記した以外の方法で取引を申し込まれた場合は送料を変更しても良いことになっていますし)ので、大丈夫なようにも思われますが。

後から違反だ~といって難癖を付けられるのが面倒なら落札料金に含めるようにした方がいいのですかね~。

今回の改定は「送料に関する」としてあるので、オプションサービスとしての料金ならいいのかな。3月以降に出品する場合は少し気をつけて下さい。IDを削除されてしまうと面倒&評価の高いIDはそれだけで価値がありますし。


by ke-onblog | 2015-01-31 21:05 | 白ロム転売法 | Comments(0)
たまに出ますね、こういう案件。

iPhone5cは今どこまで需要があるんですかね~。ドコモ用は5s,5cともにあまりセールに出ないので、MVNOユーザーなら欲しい人もいるでしょうか。

新規なので月々の維持費はあまり安くないかもですが、下記ショップはシェアオプションでも良いみたいなので使いドコロがあるかもしれません。

対象ショップ:「ピポパーク池袋60階通り店

1セット限り、とされていますがドコモのiPhone5cを2回線同時新規契約で本体一括0円にキャッシュバック10000円付きになっていますね~。

050Plusへの加入、ドコモオプションはありますがその他有料コンテンツ系は不要みたいです。パケットプランサイズについては言及がありませんが、標準以上が必要かも知れません。

ドコモの新規回線を2台以上増やしておきたい方はチェックしてみる価値がありそうです。


by ke-onblog | 2015-01-31 20:44 | キャンペーン情報 | Comments(0)
お~、本当に凄い勢いで売れたようですね~Polaroid pigu。

NTTレゾナントが通販ショップのgoo Simsellerおよび楽天版のNTTコムストアでOCNの格安SIMパッケージ付きなのに4980円という超激安SIMフリースマホとして先週登場した端末でした。

私の確認した範囲では初期出荷分が2月10日、2次出荷17日、3次出荷27日というスケジュールっぽかったですが、1月末時点ですでに予約購入すら出来なくなりました。Simseller,楽天版ともに売り切れ表示です。

☆「goo SimSeller

☆「NTTコムストア 楽天ショップ

2店とも同じ運営元なので基本的には在庫、価格は共通しています。セールを交互にやるようなので、在庫をチェックする場合は両方の価格を比較すると良いです。楽天の方はポイントが付きますので、ポイントアップキャンペーン中などに利用できればさらに有利に使える可能性があります。

今出ているキャンペーンはテレビアニメ(ゲーム?)のラブライブのコラボ商品でZenfone5+SIMカード+オリジナルケースが30000円というのがありますね。





Zenfone5 8GBの市場価格は2.5万くらいです。NTTレゾナントの価格だとOCN SIMセットで2.6-2.7万円くらいが標準でしょうか(16GBで29,115円です)。

ここにアニメスマホカバー・ケースが付いて3万円なので、ケースの付加価値は3000円~4000円くらいと推測できます。

このショップ限定での販売みたいですので、プレミアが付く可能性も・・・あるかな?Zenfone5は比較的ユーザーが多いと思われますが、アニメファン層でこのケースを使える人の需要がどこまであるかは私にはちょっと門外漢なので判りません。

キャラクターを選べるのですが、人気のキャラとかだと高く売れたりしそうです。キャラの人気投票では「西木野真姫」というキャラが人気のようです。

こういうアイテムは実用しないなら、Zenfone所有者でなくても欲しい人は欲しいのかな?プレミアと言わずとも、そこそこの値段でヤフオクに売れそうなので、実質的にZenfone5を安く手に入れられるチャンスはありそうです。

ラブライブケース付きZenfone5セットの出荷は3月6日以降となっていますので、今から発注しても1月以上先になるので気をつけて下さい。
by ke-onblog | 2015-01-31 12:34 | キャンペーン情報 | Comments(0)
最近私の中で注目度がアップしたノジマのオンラインショップで1月30日・31日に「極上中古祭り」としてタブレットや中古パソコンのセールを実施しています。

いや、これはしていました、というべきでしょうか(笑)

☆「ノジマオンライン 中古・白ロム一覧

ウェブショップでは今中古・アウトレット在庫が2000以上出ていますが、そのうちの44種類がセール対象になっていたのですかね?キャンペーンページが上記から見られますが、目ぼしい在庫はことごとく「完売御礼」でした。

その他の中古白ロムも割安なものは本当にすぐに売り切れているんですね~

新入荷順に並べると、こんな感じで半数以上が売約済み。一昨日チェックした時に在庫が2000件くらい、で今が2200くらいで表示されているので、下の画像は少なくともこの2日間に入荷したもののはずなんですけど。
d0262326_854210.png


ノジマで掘り出し物を狙おうと思ったら毎日チェックが必須ですか・・・。読者様に教えてもらった感じではノジマの在庫は注目している人も多いそうで、やっぱり競争率が高いのですね。

今残っている在庫ではdocomo GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01Dが付属品は無しで美品状態、10350円(税込み・送料無料)というのがあります。古いですけどLTE対応なのでMVNO向け。

8インチクラスなら同じく付属品無し美品のGALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eが10110円というのもなかなか(SC-01DとCPUは同じですがRAMが32GBで2倍、200グラムほど軽いです)。

オンラインショップの在庫入荷のタイミングが知りたいですね。誰か知っていたら教えて下さい(笑)


by ke-onblog | 2015-01-31 08:18 | キャンペーン情報 | Comments(16)
NTTの光コラボレーションによる光回線卸売をドコモに続き、ソフトバンクでもサービス内容が具体的に出てきましたね。

サービス名は「SoftBank光」。これで「ドコモ光」「ソフトバンク光」「auひかり」と3種類コンプリート!個性も何もありませんw

名称はどうでも良いとして、サービスの内容もまた微妙な加減です。

☆「ソフトバンク プレスリリース SoftBank光

先日は「最大3200円割引」というぱっと見の割引額だけで顧客を踊らす作戦に出たD社でしたが、ソフトバンクの割引もシンプルとは言いがたい感じに。

d0262326_6415317.png


最大、というだけなら上限は5200円/月額の割引がありますが、実は5200円に到達出来るのはSBではなくワイモバイル(しかも4回線以上保有が条件)だったり、光回線がマンションと戸建てで違ったり。


一例として、旧プランの「パケットし放題フラット for 4G」で適用される500円/月の割引を受けるために、光回線のオプションに光BBユニット(月額467円)+Wi-Fiマルチパック(月額990円)+ホワイト光電話(月額467円)への加入が条件になります。

この3点セットは通常は合計2千円弱ですが、セットで加入すると3つ合計で500円/月になります。つまり、旧プランでは500円の割引を受けるために500円のオプションに入れ、ということですな。

このオプションが利用したい場合には良いのですが、「割引適用を受けるためにオプションに入ってくださいね」とやるとおかしな感じですねぇ。まぁ、どちらにしてもこれまでのホワイトBBやauひかりでさえ、ひかり電話のオプション(それこそ500円程度のオプション)は必須だったので普通といえば普通なんですが、なんだかモヤっとします。


スマート値引きのWi-Fi特典はちょっと良くなったんですかね?前はソフトバンク回線+ルーターの「新Wi-Fiセット割」で月額1008円の割引でしたが、光回線のセットに加入中の場合は1522円割引に2年間だけですが増えてますね。前は「スマホプランの方を割り引く」というシステムでしたが、今度は「Wi-Fiプランの方から割引」という仕様に変わっているようです(現行の新Wi-Fiセット割との併用はもちろん不可)。


利用金額に応じて割引額を変えなければならないのは仕方がないにしても、もう少しこう、シンプルにならないものですかね・・・。

それぞれをよく吟味して加入するなら良いのですが、ドコモ光もSBひかりも客がよく分かってないうちに「お得な割引があるのでオススメです!(ただしオプションに入るから全体の料金はむしろ上がる)」という状況が増えそうで怖いですねぇ。

かつて代理店による複雑なプランやコンテンツの押し売り的セールが問題になったこともあるのに、またこんな複雑なシステムを組んでくるとは。店員さん、大変だろうなぁ(苦笑)


光コラボの適用を考えている方は事前に「割引率」と「割引後の維持費」と「オプションの必要性(本当に利用するかどうか)」、の3点をよ~く吟味したほうが良さそうです。

考えるのが面倒な人は今のままのプランを維持費、あるいはもともとのキャッシュバックの大きなフレッツ回線を今まで通り狙ったほうが総合的に楽で安い可能性も大です。最近はフレッツもオプション加入無しで○万円キャッシュバックというものがありますので。


by ke-onblog | 2015-01-31 07:04 | キャンペーン情報 | Comments(0)
1月24日に注文したDMMの格安SIMサービスですが、今日1月30日に手元にSIMが届きました。営業日で5日分、HPに案内されている通りの目安で到着です。

到着はしたのですが普通のスマホで試しても面白く無いかと思ったので、とあるマイナーな端末を借りてきて設定にチャレンジしていたのですが上手く行かず。。。

DMMのせいではなく、端末のシステム設定が原因です。数時間も格闘したのに解決しないので、今晩は諦めました・・・。

また週末に気が向いたらやってみることにします。成功したら報告しますね・・・。システムの書き換えやオールリセットまでやったので、もうちょっぴり望み薄ですけど。


それはさておき、今日30日夜にSIMが届いたのですが、DMMからの発送メールは30日の午前8時頃に来ていました。おそらくこのタイミングで回線がアクティベートされているようです。

今月はあと2日ですが、日割りされてLTEの容量はマイページで70MBと表示されています。1GB/31日分×2日なら64.5MBですが、切り上げか65MBとして1の位が四捨五入されているようですね。

ちなみに私はSIMサイズはmicroSIMにしておきましたが、テスト端末は標準SIMサイズだったので、台紙をそのまま利用して簡易標準SIMアダプターにしてみました。
d0262326_23142826.png

画像は適当にはさみでチョキチョキとやった後のもの。このあとでもう少し角や幅の調節をしています。これでSIMの認識はちゃんとしてくれました(出来なかったのはAPNの設定なので)。

DMM mobileではLTE切り替え専用のアプリは今はありませんが、将来的にこれも出来るそうですね。そうすれば更に使い勝手も良くなり、月額660円から使えるという安さも相まって初心者や初のMVNO購入者には受けそうです。

☆「DMM mobile

現在行われているキャンペーンとしては音声SIMを契約すると最大2ヶ月基本料金無料、利用料に応じたDMMギフト券の付与、DMMゲームで使えるポイントプレゼントなどがあります。

データプランは7GB 2280円というMVNOの中でも最安値級。低速の200kbps時にもバーストモードで3秒間のLTE速度で通信が可能、余ったデータの翌月繰越可といった長所もたくさんあります。

現在のLTE実測は調子が良いと15~20Mbps,平日なら10Mbps前後、混雑地域で1Mbps程度が一般的です。これだけ出ていれば日常利用には十分でしょう。

私のレビュー計画はいきなり頓挫気味ですが、DMMの契約・カード到着まではスムーズで特に問題は感じませんでした。




by ke-onblog | 2015-01-30 23:28 | 白ロムコラム | Comments(0)
昨晩の時点でニュース報道で割引額を聞いてあらかた予想していましたが、、、。

ドコモはNTTから光回線の卸販売を開始し、「ドコモ光」としてインターネットサービスを3月1日から提供するとしています。

☆「https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/

ドコモ光パックに加入することで最大3200円、スマホや携帯の新規・MNP契約で受けられる「光スマホ割」で最大1350円(1年間)割引が受けられるなどのサービス内容が書かれていますね。

1人用だとデータパックL(6700円)+ドコモ光(5200円)に加入して1000円の割引、ファミリー用だとシェアパック30(22500円)+ドコモ光に加入して3200円の割引が適用されます。

これは通話プラン、spモードなどは入っていません。カケホーダイとspモードでさらに1回線あたり3000円が掛かりますね~。データパックL+ネットで月額14900円→13900円に。これが最大割引です。その他割引を併用出来るものもあるので、実際にはもう少し割引率をアップさせることも可能ですけども。

・・・・・・

・・・・

・・・

え~と、もうこの話はやめにしましょうか。。。なんかもう、ここに書くと良くない言葉を使ってしまいそうで。どうかお察し下さいませ。


これだけではせっかくこのページを開いた皆様に申し訳ないので、ここはあえてauひかりの話でもしましょう。そうしましょう。

auでは「auスマートバリュー」としてインターネット回線とスマートフォンのセット割引があります。割引額は最大月額1410円です。割引額は契約した電話回線の種類によって以下の2パターンに分かれます。
d0262326_5454961.png

うん、つい最近見た割引表に比べて判りやすいですね!

auの場合は新プランだけでなく、旧プランのフラット系でも同じ1410円の割引です。

auのスマバリを利かせる事が出来るネット回線はたくさん種類があるのですが、基本的には「auひかり」というサービス名で提供されています。あとはローカルのCATV系ですね。マンション系なら最近は多くの物件にauひかりは引いてあると思いますし、維持費を少しでも抑えたいならケーブル系も良いでしょう。

auひかりの価格の一例としてこの前から私は良くサイトを見ているGMO系で考えてみます。

☆「GMOとくとくBB auひかりキャンペーン

1月31日までのキャンペーンを含んでいるのでちょっと期限が短いですが、集合住宅用のプランで一番安い「タイプE16」というコースなら24ヶ月間の月額料金は通常3,400円(税抜)→2,150円です。

このプランはキャッシュバックはありませんが、月額費用が安いタイプですね。CBが大きいものは月額費用があまり安くなかったりするので、結局トータルでは同じくらいだったりしますので、こういうもお手軽で良いでしょう。

スマバリを利かせるためにはひかり電話回線の契約も必須(ネット回線だけでは適用外)なので、+500円で「auひかり電話サービス」に加入しておきましょう。通話料も普通のNTT電話回線に比べて安いです(通常回線から電話番号を引き継ぐことが出来る場合もあります)。

この最安値プランでもちゃんとスマートバリューの1410円割引適用に入ります。最近のマンション物件は「マンションギガ(月額2,800円)」のほうが多いですかね。適用プランは物件によって決まっているはずなので、おそらく個人で選べるものではありません。申込時にマンション毎にどれが適用できるか調べられますので確認してみてください。

こんな感じで「対象の光回線」+「auひかり電話」+「スマホ・携帯の指定プラン」に加入していればスマバリ適用可能です。スマートバリュー自体の申し込みも必要なので、スマホやネット回線を別々に切り替えた場合はauショップやネットで申請が出来ます(自分でやらないと自動適用ではないので気をつけてくださいね)。

☆「auスマートバリューの申し込み方法


ついでにソフトバンクのセット割の方も考察してみましょう。SBではADSLのホワイトBBが自宅回線用としては有名ですかね。

ソフトバンクでスマホBB割を適用させるために、これから申し込むならソネットの「NURO 光」といったギガ回線も対象です(NURO光は関東限定です)。

オプション無しで3万円のキャッシュバック(開通後4ヶ月目に貰えます)、毎月の維持費は4,742円(税抜)です。2Gbpsの超高速回線なので普通のフレッツ系光回線より高いですが、その速度は超絶です。普通に500Mbpsとか700Mbpsとか実測で出ちゃいます。

D社の光パックがプロバイダーセットで5200円or5400円でしたが、3万円のCBを考慮したNURO光の維持費は2年分なら実質3492円です(工事費用は別途掛かります。工事費がかなり高いのですが、それを考慮しても速度に比べて割安でしょう)。


さて、記事のタイトルとは全然違った内容になってしまいましたが、ドコモ光と上記で考察したau,SBの既存ひかりセット割をよ~く見比べてみて下さい。冒頭で話題をスルーしたくなった私の気持ちを察して頂けるかと思います(じゃあ書くなよとも思いますけど)。

スマバリ、BB割は回線あたりの割引は最大1410円なので、1個人としてシェアパック15~を超えるパックを契約中の場合は割引が大きいとも考えられるのですが、なかなかそのレベルに達しているユーザーはいないのでは・・・。自身の契約内容に合わせて、それでもお得に感じるなら検討すれば良いと思います。


by ke-onblog | 2015-01-30 06:33 | キャンペーン情報 | Comments(2)
アマゾンを見ていて面白そうだったので衝動買いした「Kenko バリクロス(58mm)」の使用レビューです。

本当はクロスフィルター(kenkoの場合はクロススクリーン)を買ってカメラに付けて遊んでみよ~と探していたのですが、アマゾンではバリクロスのほうがちょっとだけ安かったので値段に惹かれて買ってしまいました。

お正月のセールで購入したデジタル一眼レフカメラ「Canon EOS Kiss X7」のレンズサイズは58mmなのですが、この規格は商品数が多いのかフィルター製品も多くて安くなっています(レンズ径の小さいものより安い)。

Kenko カメラ用フィルター バリクロス 58mm クロス効果用 458068

新品価格
¥1,118から
(2015/1/29 20:43時点)



クロスフィルターはレンズに溝が彫ってあり、強い光源があると溝の形に合わせて光が散乱したかのように見える特殊効果撮影用のアイテムです。

その中でバリクロスというのは、並行した溝がある2枚のフィルターを任意の角度で調整し、「X」にしたり「+」にしたり出来るというシロモノです。
d0262326_20464794.jpg

構造的には写真のように2枚の可動フィルターと、固定枠の3点で構成されています。ツマミ部分を持ってグルグルと回せます。たくさん回すと各フィルターも外れます(1枚の平行線が入ったフィルターとしても使えるってことですね)。

よくクロスフィルターは夜景やイルミネーションを撮影するのに使われますが、手近なアイテムで遊んでみました。

フィルター無しで撮影したものが下の写真。
d0262326_2050082.jpg

バリクロスを使うと~
d0262326_20521761.jpg

強く光を反射している箇所がきらめきます!もっと光を強くしたり絞りを調整するときらめきが伸びたりもします。

ブログにアップすると画質が落ちるのでちょっと見えないかもですが、一番手前でぼけているビーズに反射した光芒にワッフルみたいな縦横の線が入っています。

ただ、光の当たり具合や絞り具合・ズームの位置によっては変なフレアが入ったり、フィルターの枠が写真に入り込んでしまいました(同じくkenkoのプロテクターも使っています)。あとからトリミングすれば気にならないかもですが、たくさん画像処理が必要ならフォトショのほうが・・・と思わなくもないです。

デジタル時代の今ではぶっちゃけこんなフィルターが無くともフォトショでイジれば同じような効果は付けられますけどね。でも、やっぱりフィルターを使うとお手軽で面白いですね~。ド素人でもこんな写真が簡単に撮れます。
d0262326_2122260.png

普段あまり使い道はなさそうですが、実用面ではアクセサリーを売るときのサンプル写真撮影に使えそうです。おもちゃのネックレスもゴージャスに!(笑)
by ke-onblog | 2015-01-29 21:06 | デジイチ | Comments(0)
まだ1月24日に私が注文したDMM mobileのSIMパッケージは手元に届いていないのですが、明日(1月30日)に届きます。

DMM mobileでは申し込みから5営業日程度を目処に発送・開通が可能になると公式ページにかかれていますが、今回のケースではまさしくその通りの5営業日目での到着になりそうです。

☆「DMMモバイル

このSIMパッケージの配送に関して、実は通常ではいつ届くのか?というのを知ることは出来ません。すでに購入した方々のレポートを見る限り、SIMパッケージの到着日に「発送しました」というメールが来るそうです。実際、29日時点では申し込み完了後の連絡は一切DMMからは来ていません。

ではなぜ明日届くというタイミングが判るのかというと、これはDMMが配送業者にヤマト運輸を使っているからです。

ヤマトの宅急便はクロネコメンバーズに加入していると、登録名義宛の荷物の配送状況・予定をマイページから見ることが出来るのです(偉そうなこと言ってますが、つい先程私も某掲示板に書かれているのを見て知りました(笑)皆さん本当になんでもよく知ってるな~)。

☆「ヤマト運輸 クロネコメンバーズ

私は白ロムの売買で良くヤマトは利用するのでクロネコメンバーズに登録しています。そしてログインしてメニューにある「My荷物問い合わせ」のページを見てみると、DMMからの商品(送り主の情報はありませんが、新東京物流システム支店から送ってきているので間違いないでしょう)は1月28日(3営業日目)に発送されており、今日29日には最寄りの営業所で止めており30日の配達指定がされていますね。

おそらくこれは開通の手続きに合わせて日時指定をしているのでしょう。DMMの場合は到着日から料金・プラン容量が日割りでスタートするそうなので。・・・ということは最初は2日分?66MBしか使えない!Σ(゚д゚lll)


ということで、DMM mobileを申し込んでいつSIMが届くのか待ちきれない方はヤマトのメンバー登録をしてみましょう(発送後に登録した場合でも反映されるのかどうかは判りませんけど)。ちゃんと審査(クレカ情報確認)が済んでいれば3営業日くらいで発送をしているようですよ~

これからDMMモバイルを申し込むなら、ヤマトの方を先に登録しておけば確実です。クロネコメンバーズ登録には料金・会費等はありません。

*必ずしもDMMがヤマトを使って送ってくるとは限らないかもしれませんので、そのあたりは気をつけて下さい。


by ke-onblog | 2015-01-29 17:48 | キャンペーン情報 | Comments(9)