白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2015年 02月 ( 104 )   > この月の画像一覧

ちょっとiPhone5sの案件も減ってきましたが、まだ新規案件を取り扱っているところもあるようです。

最近はiPhone6の組み合わせMNP0円は目立つようになってきましたが、まだ単品一括0円は年末時くらいにしかみかけませんね。そして5sの値下がり具合もイマイチ?

下記ショップではコンテンツを付けた場合はちょっとおもしろい価格になっていました。

対象ショップ:テレウェーブ 船橋・千葉・本八幡・柏店

これは全部千葉にある系列店ですね。auの新規価格の一覧が上記サイトにあります。

ここでiPhone5sの新規契約でコンテンツ無しの場合は一括23000円なのですが、コン有りにすると新規一括5000円。単品でならそこそこではないかと。

ただ、コンテンツで18000円分も割引されるので維持費はそれ相応でしょうね( ゚∀゚)
毎月割は1,395×24ヶ月分ちゃんと付くみたいです。

iPhone5sの新規一括0円も2台以上という条件ならちらほら見られましたが、祭りというほどの安売り感はないまま終わってしまいそうですね。ほとんどの在庫をMNP用で放出しきっておしまい、という感じになりそうです。

そろそろ次のiPhone6案件が待ち遠しい2月の終わりです。今週末案件には期待したいですね。


by ke-onblog | 2015-02-24 09:53 | キャンペーン情報 | Comments(13)
今度の入荷は早かったですね~

正確な日付までは判りませんが、21日頃に売り切れていたソフトバンク公式通販上のシンプルスタイル301Zの在庫が23日お昼頃にまたまた追加されています。23日20時において全カラーの在庫復活を確認しました。

☆「ソフトバンクオンラインショップ 301Z特別キャンペーン

前回は14日完売→17日入荷→21日完売でしたので、以前の在庫切れ期間を半分にしてきました。先着順でのアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンも継続して表示されているので、まだやっているのでしょう。

どうせならキャンペーン分くらいは最初から十分に在庫確保して売れよ、と思わなくもないですが・・・

前回の入荷確認時は[速報]、そして今回はタイトルに[朗報]を付けてみました。ここにはちょっと意味がありまして、今申し込めばまだ2月中の開通に間に合うはず(審査が普通に通れば地域にもよるかもですが2-3日で届きます)。開通日時が来月に入ってしまうとMNP弾として利用できるのが2016年3月1日以降になりますが、2月28日に間に合えば2016年2月1日から違約金が掛からなくなるはずです。

今週はすでに昨日22日が月末の日曜に該当し、28日が土曜日となり週末でもあるためMNP移動される方が増えるはず。そして空いた回線をとりあえずシンプルスタイルで埋めておこうという方もきっと。

今回の301Zの在庫も一応全カラーで素早く入荷はしましたが、どれだけ入っているか不明なので2月中の利用開始を目指す方は注文を急いだほうが良さそうです。たぶん次売り切れて、再々入荷後のオーダーでは来月にずれ込んでしまいます(来年の3月のみをターゲットにするならそれでも良いのですけど)。


by ke-onblog | 2015-02-23 20:04 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ほうほう。

昨日調べた時点でも5万円だったのですが、XperiaZ3 SO-01Gの買取額をヤフーの携帯買取サービスが23日11時点でもキープしてますね。

*Yahoo買取はサービスを終了しました

昨晩のヤフオクでは48000円~50000円が落札相場のようでした。ヤフオクは出品手数料が掛かりますし、やりとりの手間もあります。

この価格をいつまでヤフーがキープ出来るか注目。カラーによる査定偏りも今のところ無い模様。

ヤフー買取では申し込み時点の査定が決定額ではないので注意が必要ですが、在庫が増える前に買取申請が出来ればヤフオクより有利です。ヤフー買取はリアルタイム査定がオンラインから可能なので、今後いつ価格が下がっても不思議ではないので直前に調べ直すことを推奨します。


by ke-onblog | 2015-02-23 11:08 | キャンペーン情報 | Comments(12)
お正月頃に一度Softbank Air(ソフトバンクエアー)について調べたことがありましたが、その当時はまだサービスがスタートしてばかりでユーザーの口コミ・評価もほとんど出てきませんでしたが、2月も下旬になった今だとポツポツと報告が見られます。

今回は最新の情報や数値データを基にして、もう一度本格的に考察してみようかと思います。

☆以前の過去記事から読みたい方はこちらから。→ 自宅ネットの新しい選択肢 Softbank Air コスパはいかほど?

*2016年2月現在、管理人はSoftbank Air (エアーターミナル2)を利用中です。気になることがあればコメント頂ければお答えできるかもしれません。ソフトバンクエアーの実測テストもやりました。


では、私の気になる順にいろいろと考えてみましょう。長文なので忙しい方は飛ばしながら読んで下さい(笑)

【データ通信量は「本当の」無制限、使い放題か?】

最近のモバイル回線で「使い放題」と言いつついろんな制限が入るサービスが多くて辟易するところですが、ソフトバンクエアーの場合はサービス情報を読む限り、データ(パケット)通信量に関しては「一切の制限なし」を謳っています(もちろんP2Pなどによる異常なデータ通信量は個別対応されるのかもしれませんけど)。

もしここに制限が入るようならば、この時点で「固定回線に替われるか?」という考察はやめようと思っていましたが(笑)

*実際に使ってみて、2日で7GBほど通信させてみましたが制限は掛かっていません。2016年2月現在も通信容量に関する速度制限が掛かることはよほど異常な通信でもさせないかぎりないでしょう。

**2016年7月追記** :ウェブ申込みで26000円分のTポイント全員プレゼント、新規に「光セット割」を適用すると1年間毎月1522円割引増額+スマホプランに2GBデータ追加を受けられる「光でギガ特盛りキャンペーン」をやっています。「光で」というキャンペーン名ですがソフトバンクエアーも対象。詳しくは公式サイトで確認してください→「SoftBank Air」 ウェブ申込みをすると、申請用の封筒・書類がエアーターミナルと一緒に届きます。
----------------------------------

スマホのように1ヶ月で7GB、3日で1GBや3GBといった短期間・長期間での制限について現在は規制していない(ということになっている)ようです。モバイル回線ならいざ知らず、固定回線では1日数ギガのデータ通信など、十数年前のネット低速時代とは異なる現代ではハードユーザーで無くても超えることもあるでしょう。

ソフトバンクエアーではとりあえずモバイル回線時に頭を悩ませる「実は制限がある」使い放題プランとは違い、大容量通信も可能となっています。

【実測度、受信感度、速度安定性は?】

次はこれですね。先に料金を考察しようかと思いましたが、いくら安くても速度が出なければ「自宅回線」として使うにはストレスが溜まり過ぎると思うので優先順位は上だと考えます。

Softbank Airで使う「Airターミナル」では、固定回線とは違い携帯回線と同じ「Softbank 4G」での接続になります。従来のADSL(50MB)に比べて速い(下り最大110Mbps)とサービス上はされています。

ソフトバンクのCA(キャリアアグリゲーション)に対応していれば今は165Mbpsまで出るルーターもありますが、ソフトバンクエアーはこちらは非対応です。→ [追記] 今はMIMO機能を搭載したAirターミナル2に切り替わっており、こちらは最大261Mbpsまで対応しています。私が実際に契約して測定したところでは最速130Mbpsまで実測で出ています(ただし100Mbpsを超えられるのは深夜帯が多い)。日中は50-80Mbpsくらいですね。

ネットやスマホを一つでも契約したことがある方ならわかると思いますが、最大110Mbpsといっても本当に110Mbps出るわけではありません。実測度はそれよりも数分の一程度出れば良い方です。

実際にソフトバンクエアーを利用しているユーザーの口コミ情報をネットで収集してみると、以下の様な状況みたいです(2015年1~2月頃の情報)。

・下り速度:最大で60~70Mbpsの実測度結果もある
・下り速度:多くのユーザーで最大20~30Mbpsくらいは出ている
・下り速度:混雑時間時は5Mbp程度まで落ちるという情報多数
・下り速度:最低で1~2Mbps程度まで落ちたという報告もある

・上り速度:下り速度に対して数分の1程度しか出ない
・上り速度:多くのユーザーで最大5~10Mbpsくらいは出ている
・上り速度:遅い場合には2~3Mbps,時には1Mbpsを切る程度まで低速化

・接続エリア:ソフトバンク4Gと基本的には同じなので、電波の届かない一部地域を除けばそれなり
・受信感度:大型のアンテナを搭載しているため、SBスマホ機種よりは高層・ビル内部でも繋がる
・安定性:時間によって下り速度の上下幅は結構ある(混雑する)

*スマホと同じく利用環境によって大きく接続状態が異なるので、あくまで参考程度にとどめておいて下さい

管理人がターミナル2を使って測定したデータはこちら→ソフトバンクエアーターミナル2 実測度と夜間速度制限について

速度報告をいろんなサイトで見てきましたが、一般的なスマホの接続速度報告と似た傾向です。Airターミナル→測定端末・距離や環境の違いもあると思いますので全てを一緒くたに比較するのはどうかとも思いますが、多くのユーザーは「我慢できないほどの遅さ」とは思っていないようです。

ですが、個人的な意見としてはやっぱり固定回線(光回線)に比べれば遅く、不安定なのかな、と。特に上り(アップロード)速度が遅すぎです。あまり大きなデータを送信することはないので支障が少ない人もいるかもですが、クラウドサービスを使って動画や写真を保存したいといった用途だと1Mbpsはかなりキツイ速度です。

ADSLに比べて、という意味であればそこそこなのではと思います。私もADSL環境(50M契約)を使ったことがあるのですが、基地局が遠いのか政令指定都市のド真ん中で2Mbpsくらいしか出ていませんでした。今なら即解約するレベルですが、あの頃はそこまでネット回線に興味もなかったのでそのまま数年使っちゃいました(世の中の多くの人は今でもそうなのかもですか(笑)

料金面は後述したいと思いますが、ADSLの基本料金とも大きく変わらないので光回線がどうしても引けずにADSLから乗り換えたいというケースならアリです。

【料金面はどうか?】

ソフトバンクエアーの利用料金は端末「Airターミナル」をレンタルするか購入するかによって2パターン、YahooBB基本サービスというのに加入するかどうかで2パターン、合計で4パターンのケースがあります。
d0262326_938691.png

一番安い2年契約+YahooBB基本サービス(スタンダード)で月額料金は3,996円(8%消費税込みだと4315円)です。以前はYahooBB基本サービスのプレミアムというのに強制加入だったのですが、2015年2月4日から任意になり、最低維持が下がりました。

Airターミナルの購入代金は40800円→46800円(値上げされました)ですが、分割額と全く同額の月々割1700円/月→1350円/月が付くためスマホの実質0円と同じシステムを採っています。固定回線にしても今は2年単位の契約は当たり前なので、これは気にするところではありませんね。


追記:ターミナルの分割購入が3年縛り(1300円×36回)に変更されました。これにより「割引きは2年なのに分割支払いが3年」という訳の分からない仕様になっていますので、分割購入ではなくレンタル購入を推奨します。分割にして、2年満期で解約すると割高になりますので。

2015年2月時点で幾つかキャンペーン等もあるのですが、加入で大きなキャッシュバックがあるようなものは無いようです。固定回線のフレッツだったらCB数万円というのも当たり前、モバイル回線でもCB2~3万円はあるので、その点はソフトバンクエアーは劣っていると言えます。

「7GBの上限なし」というところで比較すればライバルとなりえるのは以下の3つでしょうか。WiMAXとPocket wifiは固定回線じゃないですけど、あえて価格面だけは並べて比べてみましょう。

・普通の固定回線(フレッツ、光コラボレーション、高速CATV回線)
・WiMAX2+  UQ ツープラス ギガ放題プラン
・ワイモバイル Pocket WiFi

安く快適に、外でも使いたいのならキャッシュバックが貰える「UQ WiMAX」が良いでしょう。SBエアーは外では使えませんので(利用規約的にも使えませんが、電源が必要なので)。

固定回線の場合は価格を下げようと思えばADSL等を選ぶことも出来るかも知れませんが、それはちょっと比較対象としてフェアではなくなるので、光回線だけにしておきましょう。

フレッツ回線なら下りは実測で100Mbpsを超えるものも月額4000円~5000円程度でしょう。今度始まるNTT東西日本による光コラボモデルでは戸建て向けで5000円~6000円でしたね。

光回線は戸建てとマンション(集合住宅)向けで大きく料金が異なり、マンションの場合は月額3000円程度で利用できる契約もあります。その場合はソフトバンクエアーの3996円よりも安いと言えます。しかし、戸建ての場合は4000円では回線を引くことは難しいでしょう。

上記のことがあるので、光回線とソフトバンクエアーを料金面で比較勝負させるのはちょっと難しいです。契約できる種類がありすぎ、キャンペーンや価格にも地域性が出ますので、通常固定回線のほうが安いことも高いこともあるという結論とは言えない程度の考察しか出来ません。

次に「WiMAX2+  UQ ツープラス ギガ放題プラン」について。こちらも2月20日からスタートしたばかりの新接続サービスです。最高速度は下りで220Mbps、オプションでauの4Gエリアにも接続(有料期は月額1000円)といった付加サービスもありますが、料金は月額4380円(UQ公式、2年契約の割引適用時)でソフトバンクエアーよりちょいと高いです。

WiMAX2+の料金については「WiMAX2+のギガ放題プラン向けキャンペーンは旧制限と比べて得か?」というページでガッツリと検討しましたので、こちらも参照下さい。

WiMAX2+の場合も代理店などを通せばCB、端末価格本体一括0円などがあるため料金はソフトバンクエアーとかなり近く、サービスとして競合します。どちらが良い?と聞かれても即答できない程度に。

ワイモバイル Pocket WiFiと比較すると、通常料金は月額3696円とソフトバンクエアーより安くなります。特に今は305ZT向けの案件が豊富で本体一括0円当たり前、CB込みにすれば月額実質負担は2千円台です。

305ZTは料金は安いですが、7GBまで行くと1回あたり500MBのデータ上限開放申請が必要になります。通常はこれが500円/500MBなのですがキャンペーンで今後2年間は無料となっているためにちょっと無理をすれば固定回線の代わりになり得る(固定回線もあまり使わないユーザー向け)ので比較に挙げてみました。


ここまでデータ通信制限・接続状況・料金という回線選びの3大要素を考えたので、次は細かなポイントを。

【ソフトバンクエアーは契約住所以外では使えない】

これはちょっと意外でした。1月時点でサービス内容を見た時には気づかなかったのですが、説明重要事項の中に利用制限項目として「契約住所地のみで利用」というのがあるのです。

固定電源が必要なので外出時には使えない(外部電源装置でも持ち出せば別ですが)にしても、一人暮らしの方なら引越し先の賃貸物件や単身赴任先と自宅といった感じに自由に移動して使えるのかと思っていたのですが、そういう使い方はダメなようです。接続自体に制限が掛けられている(指定エリアの電波しか拾わないようなもの)とは思えないので契約住所以外でも通信は出来るみたいですが、指定住所以外での利用は契約事項違反になるので強制解約や損害賠償等を請求される可能性も無きにしもあらずです。

接続エリア情報の取得は端末情報から出来そうな気がしますので、提供側が本気で対処すればバレると思います。できれば黙認して欲しいところですが、どうなのでしょうか(笑)

【ポート転送が出来ない】

私はゲームのことはよく知りませんが、一部のオンラインゲーム等に影響があるとのこと。

参照:SoftBank Air における機能制限のお知らせ

この制限が致命的な方は避けた方がいいです。

【ソフトバンクエアーでしか得られないメリット】

「固定回線と比べて」という前置きが付きますが、ソフトバンクエアーでは回線開通工事が必要なく、本体が届いたその日からすぐに使い始められます。気分としてはスマホやモバイルルーターを契約するのと全く同じ感覚ですね。

・・・他にはちょっと思いつきません。速度面・価格面は上記で書いたように比較対象のサービスによって良し悪しがあるでしょう。この「開通工事不要」というメリットもモバイル回線なら当たり前なわけですので、特筆すべきほどでも無い気がしますが楽なのは楽ですよね。

【結局固定回線の代わりになるのか?】

いろいろ考えてはみましたが、結論としてはやっぱり曖昧に「人によっては代わりになる」程度しか言いたくありませんねぇ。状況を見る限り全く使い物にならないというような感想は少ないようなので、下記の条件に当てはまる人は検討の余地ありと考えます。

【ソフトバンクエアーを検討すべき人の条件】

・ソフトバンク携帯回線とセットで割引と適用出来そうな方(Softbank Airも固定回線と同じくネット回線とのセット割引対象になる)
・光回線を引くことが出来ない、あるいは月額5000円を超えるような高いプランしか選べない
・光回線の速度(実測100Mbpsオーバー)は必要なく、数Mbps出ていれば満足
・立会が必要な回線工事が大嫌い

続いては逆パターン。

【ソフトバンクエアーを検討する必要のない人の条件】

・Gbps級の速度が出なければ満足できない人
・集合住宅等で3000円程度で安定した光回線が契約できる人
・アップロード速度が十分に確保されていないと困る人
・月間7GB&3日で1~3GBも通信しない人
・ソフトバンク4Gの電波が良く入らない地域の人

都市部であればほとんど4G圏内だとは思いますが、超高層マンションや山間部など一部エリアでは受信感度が悪くなるために契約できないことがあるそうです(契約後に繋がらないことが発覚した場合、8日以内に手続きをすれば解除料なしで解約が可能です)。

1ヶ月で7GBすら使わないライトユーザーの方はWiMAX,Pocket WiFiのほうが安く、手軽な可能性大です。これも接続状況や利用環境に依存するので絶対とまでは言い切れないですが、外部にも持ち運べるモバイル回線のほうが私なら遥かにメリットがあると考えますね。ソフトバンクエアーにも無料レンタルで外に持ち出せるルーター付与、とかあったらいいんですけどね(笑)


ちょっと考察内容が固定回線だったりモバイル回線だったりと行ったり来たりしましたが、私の気になったポイント・調べられる範囲ではこんなところでした。

公式HPはこちら 「SoftBank Air」/2016年9月30日までに申し込むとYahoo限定特典としてTポイント12000円分が貰えます(ウェブ申し込み限定特典)。

【2015年7月の最新情報も調べましたので、もっと知りたい方はこちらをどうぞ→ソフトバンクエアー 最近の利用制限や速度、コスパ考察


by ke-onblog | 2015-02-23 08:22 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
2月19日までの契約分以降には旧プランに月間7GBのデータ通信上限が付いてしまったWiMAX2+。これから新しく開通させる場合には制限付き or 料金アップで上位プランを契約するかの2択になりましたが、制限の前後でキャンペーンがどの程度変わったのか過去の日記と照らしあわせて比較してみましょう。

正直に言えばやはりWiMAX2+に加入するなら制限が掛かる前に契約を終えておくべきだった、という結論は目に見えていますが、変更を知らなかった・忙しくて間に合わなかったという方もいると思いますので。

*月額料金はすべて2年契約を前提にした割引後の価格表記にしました。たぶん2年契約をしない人はいないと思いますので。定期契約による割引額はUQ本家で500円/月です。

【UQ本家】

・UQ フラットツープラス 3696円/月額(旧プラン)
・UQ フラットツープラス ギガ放題  4380円/月額 (新上位プラン)

☆「UQコミュニケーションズ

・特典 W01購入時5000円CB、 HWD15/URoad-Stick購入時1万円CB(商品券)
・W01本体価格 一括2800円

CB額が1月15日に調べた時よりも2000円アップしました(以前はW01で3000円分の商品券でした)。その他本体価格・旧プラン価格は同じです。

次に代理店系。代理店はいっぱいあるのですが、今回は過去との比較が目的ですので1月に調べた時に最も実質的維持費が安かったGMO系を例にあげます。

【GMO系】

*GMOとくとくギガ放題プラン 4263円/月額 (新上位プラン)
*GMOとくとく 通常プラン 3609円/月額 (旧プラン)

・特典 W01/HWD15購入時27390円CB(またはクレードル付きでCB減額)
・本体全機種 新規一括0円
・端末購入月基本料金無料

☆「GMOとくとくBB WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン

新プランの月額料金は本家に比べて117円/月ですが安くなっています。本体0円、CB額は旧プランの2月19日以前のキャンペーン特典と同じです。

*GMO WiMAX2+ 鬼安プラン 2760円/月額 (旧プラン相当)

・特典 端末受け取り月無料
・W01/HWD15 本体一括価格0円

こちらはCBが無い代わりに月々の基本料金が安いタイプ。これが高くなりました。以前は月額2680円または2490円(端末が異なる)でのキャンペーンがあったはずですが、今は2760円に。このキャンペーンは時期的なもので価格が変わるみたいなので今後再び値下げされる可能性が無いとも言えませんが、現行キャンペーンは2月28日まで続くようです。


ということでCB額・割引額はUQ本家が2000円分アップ、GMOの鬼安プランはちょっと値上がり、新プラン・CB用旧プランは変化なしという状況でした。

旧プランの場合は制限が付いて料金そのままなのでもう少し優遇があっても~と思っていましたが、なかなかそうもいかない模様。提供側としては当然新プランの方を今後は推していきたいはずですので、旧プランに対する優遇をこれ以上期待するのは難しいかも知れません。

過去の検討状況を参照したい方はこちら→ WiMAX2+ギガ放題対応端末W01予約 代理店毎の2年間維持費総額比較

ぶっちゃけ、やっぱり今モバイル回線に入るなら維持費アップ確実なギガ放題よりワイモバイルの4G無制限 305ZTの案件のほうが・・・。GMOでは月額2490円ですし。WiMAX2+の鬼安プランより安いです。

☆「ワイモバイル月額2,490円 GMOとくとくBB

月額維持費を取るかCBを取るか、どんな使い方をするかによってWiMAXとワイモバPocket WiFiでは選択が異なりますので、自分の使い方を考えて検討して下さい。


by ke-onblog | 2015-02-22 21:10 | キャンペーン情報 | Comments(9)
先日から始まったばかりの「端末購入サポート」によるXperiaZ3 SO-01GとZ3 compact SO-02Gの安売りは非常に難しい相場ですね。

SO-02Gは以前から投げ売りがちょっと始まっていましたので、白ロムが少し安くなり始めていたところでした。しかしこの新割引による短期解約違約金大増量が決まったため、白ロムの流通を一旦止めてでも値上がりを待つという戦略すらあるみたいです。

一方でこれまではあまり安くなかったSO-01Gが一気に今週末から一括0円祭りになりました。ソフトバンク版(401SO)とau版(SOL26)はかなり早い段階から一括0円にキャッシュバック付きになっていたため、ドコモユーザーとしては待ち焦がれていた状況かもしれません。

どちらも人気のXperiaスマホですし、ドコモ版ということでスマホ転売のしやすさは十分です。

一括0円はもう当たり前として、問題はキャッシュバック金額と白ロム価格相場の変動ですね~。

キャッシュバックの相場として、ひとつショップの例をピックアップしておきましょう。

対象ショップ:「ケータイショップNo.1京成大久保店

このブログではすごく久しぶりの登場。昔は良くチェックしていたんですが、最近ご無沙汰でしたね。

こちらの千葉のショップではこの2機種に対して全く同じ条件でZ3がMNPで一括0円にキャッシュバック5000円、Z3Cが一括0円+15000円キャッシュバックとされています。

複数台案件を使えばもっと大きなCBを狙えると思いますが、そこは例なので後から考えましょう。

上記は1台購入の場合で、有料コンテンツ11個(月またぎで2ヶ月分の維持費7560円)が必須です。コンテンツなしにするとCB・割引額1万円減なので、解除の手間を2440円のアルバイトだと思えば悪くないと思います(笑)

購入サポートでは半年維持が必須となりますので、それまでは月サポが受けられます。本体はどちらも一括0円で初期費用は全く一緒ですが、毎月の維持費に差がでます。

*SO-01G 月サポ 810円×6ヶ月=4860円
*SO-02G 月サポ 378円×6ヶ月=2268円

半年分の月サポによる維持費の差は約2600円分だけXperiaZ3が有利になります。CBは1万円SO-02Gのほうが多いので、差額は約7400円分です。

次に本体を白ロムとして売却するとして利益分を考えて、Z3とZ3Cに7400円分の差があるかどうかが重要となるってことですね。


肝心の白ロム相場ですが、先週までだったらXperiaZ3はヤフオクで6万円以上は余裕でねらえ、制限補償を宣言してヤフオクに出せば7万円すら狙えました。

ですが、昨日(2/21)の落札相場は急落し、5万円台前半で終わっている出品が目立ち、中には4万円台の未使用白ロムまで登場する始末です。仕方がないとは言え、白ロム価格相場崩壊っぷりが半端じゃないです。

一方でSO-02Gの価格は以前から下がってたため、3万円台半ばで昨日も比較的安定はしています。

SO-02Gが3.5万円程度だとして、上記のケータイショップNo.1で仕入れるとすれば7600円分の差、手数料を入れて43000円くらいでSO-01Gが売れれば同等ですね。それ以上の価格で売れればSO-01Gで転売チャレンジした方が有利といえます。

ここで考えなければならないのは今後の相場価格の推移です。上記の想定はあくまで昨日までの価格のもの。今週末以降の変動、特にSO-01Gの相場はもっと下がる可能性が大です。

昨日の時点で5万円台を切り始めていますので、4万円台半ばくらいまでならすぐにでも下がってくる可能性があるかと思われます。ドコモの白ロムはMVNO用に需要が高いので人気はあるとはいえ、供給過剰になれば値下がりは避けられません。

もしSO-01Gが4.5万を切り、SO-02Gが3.5万前後をキープ出来るならもうどちらを選んでもあまり差がないという事態になってしまいますね。

ヤフオク以外の売却先として白ロム専門店の買取にしても、今後価格は大きく下がりそうです。ざっと調べた中ではイオシスが3.5万円まで急落しているようです。

比較的高そうなのは「Yahoo買取」。2月22日10時時点で最高額は50000円でした(たぶん今後すぐに下がると思いますけどね・・・)。

アジアンな買取店でも相場が下がっており、SO-01Gは4万円がギリギリってところでしょうか。価格相場に敏感なショップほど、今は査定が下がってしまっているようです。

販売ショップのCB額も重要ですが、ドコに売るのか、いつ売るのかをよ~く考えてZ3にするかZ3Cにするか選んでみてください。現時点で私が選ぶならZ3のSO-01Gで行くと思いますが、状況によってはZ3Cが有利なこともあるかもしれません。


by ke-onblog | 2015-02-22 10:16 | キャンペーン情報 | Comments(12)
中古携帯電話の在庫をノジマのオンラインサイトでチェックするようになって、ちょっと前から疑問に思っていたことを書いてみます。

ノジマで販売される商品が通販で買える公式サイトでは、トップページのすぐ下の目立ち位置に「最新売れ筋ランキング」というのがあるのです。

☆「nojima online(ノジマオンライン)

画面を開くとこんなページが出ます。この真中にある左右スクロールが出来るコンテンツです。
d0262326_2594015.png

最新の売れ筋商品がランキングされており、結構な頻度で更新されているようです。たぶん1時間毎とかに自動取得しているんですかね。

このスクショにもあるのですが、何故かこのランキングにいつも車用のナビゲーションシステム・カーナビが上位に入っているんですよね。これが不思議で。

いまどきの量販店は家電だけではなく日常品まで取り扱っているのでカーナビ自体があることは良いのですが、他の人気生活家電っぽいアイテムよりも上にランクインしているような印象があるのです。

これだけ売れているってことは何か買いたくなるような理由があるのだろう、と(どこぞのウェブサイトみたいにランキングを操作していない限りは)。

今このブログを書いている時点で1位になっているはトヨタのヴォクシー用カーナビ「10型SDナビ Alpine Style EX1000-VO」という車種限定のモデル。



ノジマの通常価格は238,000円ですが、22日時点の価格は25%OFFで177,483円(税込・送料無料)です。

価格面では、この25%OFFというのも相当安いみたいです。カー用品といえば私の最初に思いつくのはオートバックス。「オートバックスのカー用品通販」もあるのですが、ここではまったく同じEX1000-VOは222,000円でした。

他のカー用品店や通販サイトの価格も調べてみるとこんな感じでした。

・イエローハット(Yahooショッピング内) / 194,545円(税込)
・カーセンサー(ポンパレモール内) / 234,360円(税込) 送料別
・あきばおー / 194,300円 税込み
・ヨドバシ / 192,400円
・au ショッピングモール / 234,360円(税込)
・大阪なび工房 楽天市場店(楽天最安値) / 197,500 円送料別

最後にアマゾン。

ALPINE(アルパイン)カーナビゲーション10型【ヴォクシー専用】 EX1000-VO

新品価格
¥177,484から
(2015/2/22 03:45時点)



お~。たった1円ですが、ノジマがアマゾンを上回っていました(笑)

実は価格ドットコムで先に調べたのですが、現時点でノジマオンラインが1位なんですよね。価格ドットコムに載っていないショップで最安値は無いかしらと思いましたが、見つからず。

価格面でみてもとりあえず最安値級であることはわかりました。
 
この他に売れ筋に入る要因として考えられそうなものはポイントやキャンペーンです。しかしノジマ通販では併用できそうなキャンペーンはあまりないのですが、「カーナビ出張取り付け」というものが書いてありますね。

ふむ、これか。ノジマは工賃も安いんですね。
カーナビのみ(20,000円)、カーナビ+バックカメラ取付工賃(31,000円)、カーナビ+ETC(DSRC)取付工賃(25,000円)、カーナビ+フリップダウンモニター取付工賃(41,000円)、カーナビ+バックカメラ+ETC(DSRC)取付工賃(35,000円) など

ダッシュボードの上に接着シールなどで載せるだけのタイプなら自分でも出来ちゃいそうですが、このヴォクシー用のパネルに埋め込むタイプだと個人で取り付け作業を行うのは難しいのでしょうか?私はあまりこういうのは詳しくないのでやったことが無いですが、上記の価格表を見る限りノジマの工賃は他社に劣らないレベルなのでしょう。

工賃が安くて出張取り付けなのでこちらから出向く必要が無く、しかもカーナビ本体自体も通販最安値ランクとなればオーダーが入る理由としては十分でしょう。

なぜノジマがこんなにカーナビに力を入れているのかはやっぱり不明ですが(笑)、ランキングでよく見かける原因が判りました。

携帯の中古品が安いということに気付いた時も思いましたが、ノジマは価格設定がピーキーですねぇ。特価セール!とか言いつつそれほど・・・と思うこともよくあるのですが、量販店とは思えない安さで勝負しているジャンルがあるようです(通販の楽さに慣れきってしまった私は量販店は基本的に「商品を下見するところ」くらいにしか思っていませんでしたが(笑)


by ke-onblog | 2015-02-22 04:09 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(2)
ネットニュースを見ていると、こんな記事が。

☆「AKIBA PC hotline 京セラの高耐久スマホ「TORQUE G01」が税込32,800円で特価販売中

トルクは2014年夏モデルでしたが、そんなに安くなったのですね。

G01はあまり投げ売られていた印象は無かったのですが、記事を読むと在庫が大量にあるみたいなことも書いてありましたので、メーカーから在庫をまとめ買いでもしたのかな、と(笑)

記事に出てくる32800円という価格が安いかどうかと言われると微妙ですけどね。通販と実店舗を比べるのは酷ですが、「ケータイアウトレット」では最安値は送料込み・税込みで28000円で買えますし。

アマゾンでも相当値崩れしています。

au TORQUE G01 KYY24 [ブラック]赤ロム保証 白ロム

新品価格
¥25,800から
(2015/2/21 22:44時点)




ちなみにこのTorqueには海外で販売されているSIMフリー版もあります。こちらはauモデルのような安売りにはなっていませんが、ドコモ系回線で使いたいならそちらを選ぶ必要があります。

衝撃や高温・低温に強いことがこの機種の特長です。スペックだけ見れば同時期に発売されたXperiaZL2 SOL25あたりのほうが私は個人的に好きですが、アウトドアで使う・屋外での仕事場で頻度高くスマホを使う必要がある、といった明確な目的がある場合にはTORQUEは安心して利用できますね。

最近は他にもタフスマホとしてdocomoなら「GALAXY S5 Active SC-02G」やらワイモバイルの同じ京セラスマホ「DIGNO T」もあります。ソフトバンクからは27日からDIGNO Uを発売しますね(DIGNO Tのソフトバンク版)。

SC-02Gはまだ値段が高いですし、ワイモバやSB用では格安SIMでは使えません。しかしTORQUEならmineoやUQモバイルでも運用が可能ですね。

本体が182グラムと重いので、普通のスマホを求めている人にはお薦めしませんが、上記のようなアウトドアな用途も考えてMVNO運用したい人には白ロムが安くなっているのは良いですね~



by ke-onblog | 2015-02-21 22:45 | キャンペーン情報 | Comments(0)
これはやっぱり昨日のSO-02Gへ駆け込みMNPをした方がプリモバ弾を補充したからなのでしょうか(笑)

1週間前の2月14日もまったく同じ内容をお伝えしましたが、現在2月21日17時時点でソフトバンクオンラインショップ上からシンプルスタイル携帯 301Zの在庫が全色売り切れ状態になってしまいました。

14日に売り切れた後、1000円キャッシュバックのキャンペーンを継続したまま17日に在庫が復活しましたが、そこから4日間で再度の完売ということになります。

18日のブログ([速報]SBオンラインのシンプルスタイル301Z 在庫全復活!CB継続中」)の中でも売り切れの可能性に言及していましたが、思ったよりも早かったですねぇ。。。

まだ一応キャンペーンの告知自体は続いているので、また在庫追加があればアマゾンギフト券を貰える可能性はあります。

ただ、MNP弾として使うならできれば今月中に開通させておきたいところ。キャンペーンは3月16日まで期間はありますが、先着順なのでそこまで残っているかどうかは判りません。

シンプルスタイル回線が欲しかった方は次回の在庫追加をよくチェックしておきましょう。

☆「ソフトバンクオンラインショップ 301Z特別キャンペーン

2月も下旬になりMNPがし易いシーズンになるため、MNP弾発射後の弾補充を考えているライバルも多そうです。またほんの数日で在庫切れを繰り返す可能性もかなりあるのではと予想します。


by ke-onblog | 2015-02-21 17:43 | 白ロム転売法 | Comments(2)
昨年のクリスマスにもまったく同じ在庫が入っていたのですが、再びASUSのアウトレットセールに15.6インチのスタンダードノートパソコン「X550DP-XX083H」が箱破損品として入荷しています。

☆「ASUS公式オンラインショップ

機種スペックは前回紹介したものとまったく同じようなので、過去記事を参照下さい。

ASUSアウトレット テンキー付き15.6インチノートが39800円セール!

前回は結構早いタイミングで売り切れていたように思います(日記によれば1晩で在庫切れ表示になっていました)。日常利用でガンガン使える15インチクラスのノートPCが4万円を切る激安。

アウトレットなので箱の状態はイマイチかもしれませんが、中身は新品です。

DVDスーパーマルチドライブもありますし、自宅やオフィスで据置用としてプライベートにもビジネス用途にも必要十分な性能だと思います。


by ke-onblog | 2015-02-21 17:26 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)